「au」の記事

KDDIが楽天と提携、ドコモ「2~4割値下げ」への追従を否定

KDDIが楽天と提携、ドコモ「2~4割値下げ」への追従を否定

2018.11.02

値下げ論争で注目集まる、KDDIが第2四半期決算の説明会

KDDIと楽天がローミングや物流、決済などで提携へ

ドコモ「2~4割値下げ」には安易に追従しない考え

11月1日、KDDIは2018年度第2四半期決算についての記者会見を開き、その中で、楽天とローミングや物流、決済などで提携することを発表した。2019年10月に携帯電話事業に参入する楽天は、auのネットワークを利用して当初から全国展開する。

KDDIと楽天が「事業協争」を発表、両社の強みを相互利用へ

10月31日のドコモの携帯料金値下げ発表を受け、携帯各社の株価は大きく下落する中での決算会見となったが、KDDIはすでに値下げと還元してきたことを理由に追従値下げは明確に否定。自らを「民間企業」と強調し、持続的な成長に向けた取り組みをアピールした。

楽天提携、ローミングや決済・物流で「協争」関係に

KDDIの第2四半期の連結業績は前年同期比で増収増益となった。au契約者1人あたり通信料収入(au通信ARPA)が前年同期の5970円から5870円に下がるなど本業の通信料収入は減少したが、非通信事業の付加価値ARPAやビジネスセグメントの増益でカバーする結果となった。

説明会におけるサプライズとなったのが楽天との提携発表だ。KDDIと楽天がお互いのアセットを相互に利用する形で経済圏の拡充を狙うもので、KDDI 代表取締役社長の高橋誠氏は両社の関係を「協調」と「競争」を組み合わせた「協争」という言葉で表した。

楽天との提携を発表したKDDI 代表取締役社長の高橋誠氏

携帯電話事業に参入する楽天にとって、目下の課題が基地局の全国展開だ。だがKDDIとのローミング協定により、東京23区、大阪市などの混雑エリア以外ではauの基地局を利用する形で、2019年10月のサービス開始と同時に全国でLTE通信を提供できるという。

一方、楽天はKDDIに決済や物流基盤を提供する。これによりKDDIは、準備を進めていたQRコード決済を「au PAY」の名称で2019年4月に提供開始する。このau PAYでは楽天ペイのシステムを利用し、対応店舗にも相乗りする形でサービス開始と同時に全国120万カ所に展開する見通しだ。

QRコード決済「au PAY」を2019年4月に開始。楽天Payのシステムを利用

このように2019年には、KDDIはQR決済、楽天は携帯電話事業にそれぞれ新規参入する。そこでお互いに相手方の基盤を利用すれば、サービス開始直後から全国展開できるというわけだ。

楽天との提携に踏み切った経緯について高橋氏は、「我々が断っても、どこかと組んでいたはずだ」と語る。ドコモやソフトバンクに比べればKDDIと楽天は相性が良く、現状考え得る選択肢の中ではベストな組み合わせと評価する声は多い。

KDDIは「値下げ済み」、下落した株価は「お買い得」

次に、携帯キャリアにとって避けて通れないのが携帯料金の値下げ議論だ。10月31日にドコモが「2~4割程度の値下げ」を発表したことについて高橋氏は「正直に言って驚いた」と語る。その一方で、安易な追従値下げはしないとの姿勢を貫いた。

その背景として、ドコモが導入を検討している端末代金と通信料金を分けた「分離プラン」は、KDDIは2017年夏から提供しており、1年後に通信料金の平均請求額は約3割下がったという。これによる減収額は3000億円規模に達しているとして、「ここから(ドコモのような)4000億円の還元というのは絶対にない」と明確に否定した。

分離プランの導入で平均請求額は約3割低下したという

一方でKDDIの株価は11月1日に年初来安値を更新するなど、ドコモの発表を受けた収益悪化懸念から大きく下落した。この点については高橋氏は「業績は好調で、これからドコモが取り組む分離モデルの導入や端末インセンティブの抑制といった『宿題』は終えている」と違いをアピール。株価の下落は市場の勘違いであるとして、「ちょうどお買い得ではないか」と笑いを誘った。

ドコモにつられて下がったKDDI株は「お買い得」と反論

KDDIが目指すのは「非通信」事業の拡大だ。通信ARPAが下がっていく中、auかんたん決済やau WALLETなど金融サービスの手数料収入、auスマートパスプレミアムなど「付加価値ARPA」でカバーすることで、両者を合算した「総合ARPA」を伸ばしていく。その方向性自体はドコモと大きく変わらないといえる。

通信ARPAの減少を付加価値ARPAで補う

ドコモの値下げ追従は否定したが、楽天については「出方を見てから対応する」(高橋氏)と慎重だ。ローミングでは協調する一方、全国のauショップで楽天の商品を扱う予定はなく、競争の部分も残している。楽天側は実店舗展開も課題となっており、auショップを利用できなければ苦しい展開が予想される。協調と競争をどこで線引きするのか、両社の駆け引きに注目したい。

KDDIと楽天が携帯事業で提携、値下げ論争にも影響か

KDDIと楽天が携帯事業で提携、値下げ論争にも影響か

2018.11.01

KDDIと楽天が通信ネットワークで提携へ

楽天は2026年3月までKDDIのLTEを利用する

決済・物流でも両社がタッグ、業界に波紋

通信大手のKDDIは11月1日、携帯電話事業への参入を予定している楽天と、新たに業務提携をすると発表した。決済、物流、通信ネットワークの主要な3分野で、両社の保有する資産を相互利用し、それぞれの事業領域における競争力を強化する。

KDDIと楽天が提携。両社の弱みを相互補完する

楽天はKDDIのLTE利用し参入

10月31日には、ドコモが「料金プランを2~4割程度値下げする」と発表し、残るソフトバンク、KDDIの動向が注目されていた。楽天はMVMO事業「楽天モバイル」をMNO事業へ移行させるかたちで、国内4社目の携帯電話事業社として参入する予定だった。

今回の提携でKDDIは、楽天が2019年10月より開始予定のLTE通信(第4世代移動通信サービス)に対して、通信ネットワークを提供するローミング協定を結ぶ。これにより楽天は、サービス開始当初より日本全国でLTE通信サービスの提供が可能となる。

なお、本協定の提供期間は2026年3月末までとなっており、楽天はそれまでに自前での全国ネットワーク建設を進める必要がある。

既存3社の携帯電話事業社が寡占する市場に対し、楽天の参入は特に通信料金の価格競争を促すという期待が大きかった。両社の提携が、今後の通信料値下げ論争にも大きく影響することは間違いないだろう。

KDDI×楽天、巨大経済圏の誕生か

両社は決済、物流の分野でもお互いの強みを活かし、競争力を強化する考えだ。KDDIは、巨大なインターネット・ショッピングモールを運営する楽天の加盟店網や物流網を活かし、非通信事業のサービスを強化する狙いがある。

決済サービスでは、KDDIは2019年4月より開始するスマホ決済サービス「au PAY」を、楽天の決済プラットフォーム「楽天ペイ」や加盟店網で利用できるようにし、普及を加速させる。物流では、KDDIの総合ショッピングモール「Wowma! (ワウマ)」に対し、楽天が2019年4月より同社の物流サービスを提供することで、大幅な効率化を狙う。

5G実装まで1年、CEATECで未来を先取りしてきた

5G実装まで1年、CEATECで未来を先取りしてきた

2018.10.19

5Gの実装が1年前倒しされることに

「CEATECH」で5G技術を体験してきた

恐竜ハントや建機の遠隔操作などの技術を紹介

「5Gで世の中が大きく変わる」とは、ここ数年で聞き飽きた言葉だ。同時に、変わる未来に期待を持たされるのも確かである。

5Gとは第5世代移動通信システムの略。あらゆる物がインターネットに繋がるようになったIoT時代をさらに次の次元へと導く技術であり、世界中で研究開発が進められている。もっとも身近な存在であるスマホはもちろん、遠隔医療や自動運転などへの活用も期待されている。

さまざまな業界から社会実装が待ち望まれる5Gであるが、数年前から語られていた「2020年の実用化」を目前にして、「実用化を1年前倒しする」との報道がなされた。まず大手キャリア3社は、5G対応端末の貸与で限定的なサービスを開始し、2020年からユーザー所有のスマートフォンで使えるようにするとのことだ。

では具体的に、5Gの登場によって世の中がどう変わるのか? 2018年10月16日~19日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されている「CEATEC JAPAN 2018」における携帯キャリア各社の展示から、変わる未来の一部を覗いてきた。

例えば、無人島で恐竜を狩れる

まずはauのブースから紹介する。ブース内でもっとも目を引いたのは、森をモチーフにした大きな展示とそこに吊るされた大きなモニター、そして何やら楽し気にしている高校生。気になって近づいてみると、なぜか大きな銃を手渡された。

ブースに入ると、大きな銃を渡された

「CEATEC会場内に恐竜が侵入しました…! おちおちブース見学なんてしてられませんよ!」(auブースの説明員)

ただならぬ緊張感が漂うauブース……。もちろんブース内に恐竜なんていない。銃をよく見てみるとそこにはスマホが搭載されており、『ジュラシックアイランド』という表記が。

スマホを覗くと『ジュラシックアイランド』と表示されている

数秒経つと、スマホがカメラモードに切り替わり、恐竜の足跡が表示された。その足跡を辿って銃先を向けると、スマホ越しにCEATEC会場を歩き回るティラノサウルスを見つけた。

登場したティラノサウルス(のイメージ)。筆者が片手で銃を持ち、画面を撮影していたところ「銃は重いので両手で持ってください」と注意されたので、実際のプレイ画像は撮れなかった

実はコレ、長崎のハウステンボスですでに実装されているもので、一世を風靡した『Pokemon Go』よろしく、AR技術を用いて現実世界で遊ぶことのできるゲームだ。

現状、このアトラクションは4Gにて提供されているそうだが、5Gを使用することで、より多くの人数でプレイができたり、恐竜の出現位置を共通化させたりできるようになるそう。筆者が体験したのも4Gを用いたものであったが、ティラノサウルスのほか、『ジュラシック・ワールド』で活躍したヴェロキラプトルなども登場して、思いのほか楽しめた。

「5Gによって大量のデータを迅速に端末に送信できるようになれば、従来モバイル側で行っていたデータ処理を、クラウド側で担当し、それをモバイルに送信することができるようになります。現在はハウステンボス内の特定のエリアにいるユーザーがプレイできるこのゲームですが、この技術を応用することで、将来的には遠隔地にいる人同士でも同じ恐竜を狩ることができるようになるでしょう」(技術説明員)

例えば、空を飛べる

次に目を引いたのは、大きな半球体のスクリーンに映された綺麗な映像だった。

「半球体スクリーンによる非日常体験」と題された展示。auブース内でもっとも行列が長かったのがこの展示だった

これは、エアレースやドローン、もしくはSUPER GTのマシンで撮った映像を、リアルタイムでスクリーンに映して体験できるというもの。ブースで実際に使用されていたのはすでに撮影された映像であったが、それでも雄大な映像を見ながらまるで自分が飛んでいるかのような体験ができるため、多くの人たちが並んでいた。

例えば、建機を遠隔地から動かせる

次はKDDIブースへ移動。こちらでは、同社がコマツと共同実験を進めている「5G活用による建設機械の遠隔制御」などの展示が行われている。

少子高齢化が進み、かつ職種が徐々に増えている今、人手不足に悩まされる業界は多い。建設業界もその1つであり、その問題を解決しようと開発されているのが同システムである。

遠隔操作コクピット。実際の建機と同じような操縦感で操作することが可能
遠隔で動く建機側で撮った映像を、リアルタイムで確認することができる

「これによって、例えば東京にいる建機の操縦者が、地方の建機を動かせるようになります。建機を操縦するタイミングは、ほかの工程との兼ね合いによって決まるため、デッドタイムが多いという問題がありました。しかし、このシステムを用いることによって、人が1カ所に留まりながら複数の場所で建機を動かせるようになります」(技術説明員)

ほかにもau、NTTドコモブースでは、好きな場所からスポーツを観戦できるシステムや、遠隔でのロボット操縦を実現するシステムなど、数多くの展示を行っており、そのどれもがどこか未来を感じさせるようなものであった。

5G実装まで1年

CEATECでは、紹介した2ブースのほかにも多くの企業が5Gに向けた取り組みを展示していた。それらを見ていると、「5Gで何ができる?」という疑問に対して「なんでもできる」と解答したくなるほど、どの技術も、仕事や日常生活がより便利に、より楽しくなりそう、と思えるものばかりであった。

なお、NTTドコモはラグビーワールドカップが開幕する2019年9月に「プレサービス」を始め、2020年春から「商用サービス」をスタートする予定だとしている。つまり、5Gの実装まで残り1年を切ったこととなる。

CEATECで体験したいくつもの技術が社会実装される日は近い。5Gという、どこか未来的な技術の足音が、もうすぐそこまで迫ってきている。