「Xperia」の記事

デュアルカメラを搭載した新Xperiaで見えた光明と課題

デュアルカメラを搭載した新Xperiaで見えた光明と課題

2018.04.16

国内のスマホメーカーとして、実質的に最後の砦であるソニーモバイルコミュニケーションズだが、ここのところ冴えない状況が続いている。従来のものよりワイドな液晶に、ディスプレイをほぼ全面に据えたデザインや、2つのカメラセンサーを搭載してボケ味や擬似的な高画質ズームを可能にした"デュアルカメラ"など、グローバルのトップメーカーが作り出した潮流にことごとく乗れていないためだ。

グローバルだけではない。国内でも、MVNO向けに製品を投入しているシャープがAndroid端末として最大シェアを獲得。安価な製品ラインナップも持つシャープと異なり、ソニーはプレミアムセグメントのみの製品ラインナップという事情もある。ただ、長年「Android No.1ブランド」を国内では維持してただけに、それなりにインパクトのあるニュースだった

今夏にXperia XZ2 Premiumを投入

そのソニーは4月16日、フラグシップモデルとなる「Xperia XZ2 Premium」をグローバル向けに発表した。現時点で国内向けの投入は発表されていないが、2年連続で「Premium」製品をドコモ向けに投入していることから、そう遠くないうちに発表される可能性が高いだろう。

Xperia XZ2 Premium

XZ2 Premiumの最大の特徴は、ソニーとして初めて「デュアルカメラ」を採用したこと。すでに、スペイン・バルセロナで2月に行われた「MWC 2018」において、Xperiaの次期モデルにデュアルカメラを採用すると明らかにしていたが、これがPremium向けのモジュールだったわけだ。

MWC 2018で言えば、ソニーモバイルコミュニケーションズのEVP, Global Sales & Marketingの古海 英之氏が発表会の冒頭に、「Xperia XZ2 Premium」と誤って発言したことが一部で話題となったが、同日にデュアルカメラの技術発表があっただけに、混同してしまったのだろう。

ただ、ソニーとして初めてであっても、世界のスマホメーカーは2016年頃からデュアルカメラを採用してきた。2周遅れと言ってもいい状況だが何が違うのか。同社が謳うのは「専用プロセッサー」による「超高感度撮影」だ。

一般的に知られているデュアルカメラのスマートフォンと言えば「iPhone」だが、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xは基本的に1200万画素の広角カメラと1200万画素の望遠カメラを組み合わせて写真を作り出している。望遠カメラは光学的に2倍のズームが可能で、これを広角カメラと組み合わせることで画質を落とさずに1~2倍の擬似的なズームを可能にしている。

待望のデュアルカメラを採用したXZ2 Premium

一方で、ソニーのデュアルカメラは12メガピクセル の モノクロCMOSセンサーと19メガピクセルのカラーCMOSセンサーを搭載した。こちらは、Huaweiが2016年に発表した「HUAWEI P9」と似た構成で、モノクロセンサーで明るさの情報を取得し、カラーセンサーで色情報を取得する。

まさにちょうど2年かかっての"キャッチアップ"となるが、ソニーはセンサーに加えて専用の画像融合処理プロセッサー「AUBE」を搭載することでノイズを減らし、より明るい動画・写真の撮影を可能にしたと謳う。その超高感度撮影は、動画で最高ISO 12800、写真ではISO 51200で撮影を可能にしており、従来難しかった薄暗いシーンも撮影できるようになる。

将来的には、モノクロセンサーやデュアルカメラの利点を活かした"モノクロ写真"や"ボケ味ある写真"を撮影できるソフトウェアアップデートも予定しており、XZ2 Premiumに搭載されている4Kディスプレイをフルに活かした迫力の写真体験が可能になるだろう。

デュアルカメラ搭載、だけでは厳しい競争環境

ただし、ソニーがXZ2 Premiumがキャッチアップできた要素はここまで。RAMメモリが6GBまで増強されているほか、XZ2でも対応したワイヤレス充電(Qi)やダイナミックバイブレーションシステム、より大容量化したバッテリー、画面の明るさが30%アップなど、細かい部分での改良・改善はある。

トリプルカメラを搭載した「HUAWEI P20 Pro」(Huawei Webサイトより)。こちらはカメラメーカー「ライカ」との協業モデルだけに、フルサイズミラーレスで評価が高いソニーとしては負けられない相手だ

一方で、前述のHuaweiは先日発表した「P20 Pro」でデュアルカメラを超えるトリプルカメラを採用。1/1.7インチの4000万画素センサーとモノクロセンサー、3倍ズームの望遠カメラセンサーを搭載し、ユーザーの「コンパクトデジカメを買わずとも望遠できる」というニーズと高画質化のニーズを両方押さえた。なお、一部報道では次期iPhone Xでもトリプルカメラが採用されるとの話もある。

P20 / P20 Proについては、iPhoneやGalaxyでもお馴染みとなった"ベゼルレス"、狭額縁で、ディスプレイが全面的にスマートフォンの前面を占めたデザインも採用した。これに対してXZ2 Premiumは、前代のXZ Premiumよりも狭額縁化しているものの、依然として上下左右に"額縁"が残ってしまっている。また、4KディスプレイはZ5 Premium時代から画質こそ素晴らしいものの、アスペクト比が18:9ではなく16:9のため、昨今のトレンドからするとデザイン面でやや野暮ったくも見える。

発売当時はAndroid端末として随一の高いデザイン性で話題をさらったXperia X10や、背面が弧状に反ったデザインで人気を博したXperia Arcなど、"デザインのソニー"の貫禄を見せつけていたXperiaだが、XZ2 / XZ2 Compact / XZ2 Premiumで採用されたデザインコンセプト「Ambient Flow」は、Web上の評判が良いとは言いがたい。

XZ2 Premiumではないが、XZ2に触れた筆者としては、端末の質感はそれなりに高く、他社スマホより狭額縁化できていないとはいえ、新シリーズは、Web上の評価より「断然良いものだ」と言いたい。ただ一方で、その評判通りにどこか周回遅れのモノに思えてならない思いもある。

Xperia XZ2。賛否両論あるものの、実際に触れると端末の質感は上々だ(撮影・石川 温)

XZ2 Premiumは、他国で既に発売がスタートしているXZ2 / XZ2 Compactと異なり、グローバルで2018年夏の発売を予定していることから、MWC 2018では発表せず、あえてこのタイミングでの発表になったとみられる。しかし、XZ2 / XZ2 Compactとあまり差がない製品仕様で、あえて時期を外す必要があったのかという声が上がる可能性も否めない。

いずれにせよ、一般的に批判の声が上がる理由は、それだけ国内ユーザーがXperiaに期待している裏返しでもある。ソニーは、全社的に「プレミアムセグメントで利潤を確保しつつ、技術面も含めたリーディングカンパニーになる」という方針をとっている。それは、絶好調のカメラに加え、ソニー低迷の象徴とも言われたテレビでも"ソニー復活の象徴"として取り上げられるほどに好調だ。

ソニーは、ラジオやウォークマンなど、"小型化"や"モバイル化"で成功してきた企業だ。それら製品の最終到達点の一つと言っていいスマートフォンは、今後のソニー全体を左右する「切るに切れない」かつ、もっとも大切な製品セグメントでもある。

モバイル子会社である「ソニーモバイルコミュニケーションズ」では、「Xperia Hello!」や「Xperia Touch」「Xperia Ear Duo」といった新基軸の商品が登場し、一定の評価を得ている。これらには、今「次の技術トレンド」の最先端であるAIを活用したAIエージェント機能を搭載している。

先日発表されたXpeair Ear Duoは、開放型のイヤホンにAIエージェントの「Assistant for Xperia」を搭載し、耳元にコンシェルジュがいるかのような体験を提供する

Googleの「Google Assistant」やAmazonの「Alexa」、Appleの「Siri」、サムスン Galaxyの「Bixby」など、各社がこぞって開発しているが、ソニーはAIのコアとなるディープラーニング技術を全社的に一元開発しており、それをさまざまなソニーグループの製品に応用している。あの「aibo」でも採用しているのが良い例だ。この取り組みを途中で止むことなく続ければ、いつか次の勝機が見えてくることだろう。

とはいえ、テレビのBRAVIAと同様に、「スマホの次」を見据えつつも、いかに"スマートフォンのXperia"が表舞台へと舞い戻るかが重要であることに変わりはない。

鴻海傘下になったシャープや、国内専業ながら投資ファンドに一部資本を売却した富士通、KDDI向け製品を中心に事業を続ける京セラなど、国内メーカーはいずれも状況があまり芳しくない中で、グローバルスマホメーカーとして日本勢最後の砦であるソニーの真価がいま、問われている。

正念場のソニー・Xperia、次期モデルのデュアルカメラを

正念場のソニー・Xperia、次期モデルのデュアルカメラを"チラ見せ"

2018.03.10

2017年、スマホ業界のトレンドと言えば「有機ELディスプレイ」「18:9の縦長ディスプレイ」「デュアルカメラ」だった。アップル・iPhoneを筆頭にサムスン電子やLGエレクトロニクスなど、様々なメーカーが採用。ここ数年、「スマホの進化は止まった」と言われて久しいが、2017年に関しては一気にハードウェア的な進化があったように思う。

そんななか、頑なに進化を拒んできたのがソニー・Xperiaであった。

2017年のXperiaは、デザイン面で小ぶりな変更しかなく、目新しさに欠けてきた。カメラのセンサーこそ進化していたものの、消費者からすれば「使ってみなければわからない機能強化」。もはや、他社から数周遅れた雰囲気すら漂っており、メディアの関心も失いつつあった。

事実、2017年の日本国内におけるAndroidスマホの販売シェアで、長年定位置となっていた1位の座をシャープ・AQUOSが抜き去った。

シャープはこれまで、3キャリア向けに異なるAQUOSを納入していたこともあり、プロモーションやブランド認知が分散していたという課題があった。そこでシャープは、2017年から3キャリア向けに「AQUOS R」で製品名を統一した。さらに、格安スマホ(MVNO)向けに安価な「AQUOS sense」を投入することで、シェア拡大を果たしたのだ。

フレームレスならず、理由は「アンテナ」

"ジリ貧"ぶりが鮮明となりつつあるXperiaは、毎年、2月末にスペイン・バルセロナで開催される世界的なモバイル関連展示会「Mobile World Congress」で、その年のフラグシップモデルを発表している。今年も、どんな製品が発表されるのか注目されていた。

2月26日に発表された「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」は、デザインを大きく刷新してきた。背面に3D曲面ガラスを採用し、丸みを帯び、持ちやすいデザインに生まれ変わった。

Xperia XZ2に関しては、プレスリリースなどの画像ではイマイチな雰囲気もあり、ネットで賛否両論といった状況。ただ、実際に製品を触ってみた限りでは、かなり高級感のある作りで、所有欲を満たしくれるデザインとなっている印象だ。

Xperia XZ2

液晶ディスプレイもアスペクト比が18:9のものを採用し、トレンドに乗ってきた格好。ただ昨今、流行している"フレームレス"かと言えば決してそんなことはなく、画面下にSONYロゴをプリントできるほど、それなりにフレームが残っている。

なぜ、ソニーはフレームを残すデザインにしたのか。今のトレンドを追う気が無いのか。それとも技術力がないのか。

率直な疑問を、開発担当者であるソニーモバイルコミュニケーションズ UX商品企画1部 商品企画課の染谷 洋祐氏にぶつけたところ「フレームをなくし、液晶画面にアンテナを近づけると液晶からのノイズの影響受けて、電波の感度が悪くなる。アンテナの受信感度を最優先にするために、この機構になった」という。

今回、MWCの会場では「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」を分解したものが、メディアに公開されていた。確かに画面下部にはアンテナがきちんと配置されている。

ソニーモバイルコミュニケーションズ UX商品企画1部 商品企画課 染谷 洋祐氏
Xperia XZ2の分解サンプル。確かにアンテナパーツが画面下部に配置されている

ここ最近、世界各国の携帯キャリアはさまざまな周波数帯を利用している上、しかもキャリアアグリゲーションで複数の周波数帯を束ねて高速化させていることもあり、アンテナの感度が今まで以上に重要度を増している。特にソニーがメインに相対しているのは、品質管理に厳しい日本の携帯キャリアという点も無縁ではないだろう。

Xperia XZ2の背面素材が従来の金属からガラスに変更されたのも、非接触充電「Qi」に対応したところが大きい。実際に他メーカー製品を見渡しても、非接触充電対応モデルは、ガラス素材へと切り替わっている。このあたりは「非接触充電対応=ガラス素材採用」というトレードオフの関係のようだ。

筆者の正直な感想を言えば、Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compactが披露されたとき、「ここでもデュアルカメラを搭載しないのか」と嘆き、悲しもうかと思った。その矢先、最後の最後で「デュアルカメラの技術開発を行っている」というアナウンスがあった。

さらに、ソニーモバイルとしては「単なるデュアルカメラ」のモデルではなく、それに合わせた画像処理を行う専用のチップも開発している。これにより、レンズ交換式デジタルカメラでしか撮影できないとされた最高ISO感度51200(静止画撮影時)の超高感度撮影を可能にするという。

Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compactの発表後、デュアルカメラシステムを開発中とアナウンスした

Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compactはデュアルカメラではない。だが、発表端末に搭載しない技術をわざわざアナウンスしたからには、近い将来にデュアルカメラ対応モデルが発売される可能性が高い。

ただし、この発表の仕方も賛否両論で「デュアルカメラモデルを開発しているとアナウンスしたら、Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compactへの注目度が下がるではないか」という批判的な声もあれば「デュアルカメラモデルが待ち遠しい」という好意的な意見もある。

個人的には、このタイミングでデュアルカメラの発表がなければ「ソニーモバイル、終わったな」という感想で終わったかも知れない。しかし、「ソニーの技術が詰まったデュアルカメラを開発中」という宣言をしてくれたことで、首の皮一枚つながった感があり、かなり待ち遠しいとさえ思う。

ここからは勝手な推測となるが、おそらく「Xperia XZ Premium」の後継機種として、4Kディスプレイモデルにデュアルカメラを載せて登場するのではないか、と期待している。ソニーは会社全体として「プレミアムモデルで勝負する」という路線を貫いている。だからこそ、競合メーカーのように格安スマホを作ろうという気はさらさらない。

Xperia Z5 Premiumから4K大画面のフラグシップモデルとしてラインナップされており、Xperia XZ Premiumはその後継。3代目に、デュアルカメラは果たして載るのか

昨年、子会社が提供するnuroモバイル向けにXperiaを納入したが、それもXperia XZ Premiumであってプレミアム路線を貫いた。ただし現状では、「プレミアム路線で勝負していく」という気概こそ感じるのだが、グローバルでiPhoneやGalaxyに対抗できているかといえば、もうちょっと頑張りが必要な立場にいるように思う。

そうした厳しい状況の中で、「4Kディスプレイ」と「デュアルカメラ」という組み合わせは、おそらく他社のフラグシップモデルに対抗できるプレミアムモデルに仕上がっているのではないかと期待する。Xperia XZ Premiumの後継機種の出来が、今後のソニーモバイルを占うことになりそうだ。