「VR」の記事

うんこミュージアムで一躍話題に、「アソビル」は横浜の新名所となるか

うんこミュージアムで一躍話題に、「アソビル」は横浜の新名所となるか

2019.03.15

「うんこミュージアム」で話題になった横浜の新スポット「アソビル」

体験型コンテンツ、飲食店、クラフト教室など多種多様な内容を展開

目指すは年間200万人来場、コンテンツの試金石として運営

“うんこミュージアム”という強烈なインパクトを持つキーワードが一時SNSを騒がしたが、これは横浜駅東口に3月15日より開業する複合施設「アソビル」の一角にある期間限定コンテンツ「うんこミュージアム YOKOHAMA」のことだ。

内覧会でも一番の賑わいを見せていた「うんこミュージアム YOKOHAMA」

実はこのインパクト大な催し以外にも、「アソビル」では数多くの店舗・エンタメコンテンツに触れることができる。百貨店やショッピングモールが目立つ横浜駅東口エリアには、これまでなかったタイプの施設だ。その開業の狙いについて、施設内の様子を交えてお伝えしたい。

「アソビル」外観

「うんこ」だけではない、エンタメ複合施設

「(うんこミュージアムに関して)ここまでの反響があるとは予想外でした」

「アソビル」を運営するアカツキライブエンタテインメント(ALE) 代表取締役 CEO 香田哲朗氏は、SNSでの盛り上がりについてそう語った。強烈なインパクトの「うんこミュージアム」に注目が集まっているが、「アソビル」は複合型エンターテインメントビルを謳っており、さまざまなコンテンツを提供しているため、そちらも楽しんでほしいともコメントした。

古い歴史を持つ日本郵便別館ビルをリノベーションして作られた「アソビル」。B1F~屋上(5F)の6フロア構成だが、3月15日の開業段階では、以下の4フロアを中心とした営業となる。

■1F:横浜の有名店や都内の人気店が集結

1Fの名称は「横浜駅東口 POST STREET」、飲食店と常設アートのフロアだ。

1店舗ごとのスペースは小ぶりで、軒を連ねる屋台のようなレイアウト

出店ラインアップはシウマイで知られる「崎陽軒」のバル業態をはじめ、「横浜らーめん 壱六家」、「丿貫(へちかん)」といった人気ラーメン店、 「野毛焼きそばセンターまるき」、ピンチョス専門店「Spinx」など、横浜にゆかりを持つ店が集う。

蒸したての崎陽軒のシウマイ盛り合わせが食べられる
ひとつ150円~のピンチョスとワインなどをペアリングして楽しむ「Spinx」

一方で、横浜初出店となる都内の人気店も。麻布十番の人気ドーナツ店「DUMBO Doughnuts and Coffee(ダンボ ドーナツ&コーヒー)」や新宿はじめ都内中心に展開している「もうやんカレー」のほか、青山のチーズ専門店の別業態「DAIGOMI BURGER」など、合計18店舗がオープンする(※一部店舗は3月下旬~4月以降に開業)。

「DUMBO Doughnuts and Coffee」は、シドニー発の「テラボールシェイク」風にドリンクの上にドーナツを載せてInstagramに投稿されることでも知られる人気店。ドーナツは大きさに反して軽い食べ応え
チーズのシズル感が目をひく「DAIGOMI BURGER」

■2F:「うんこミュージアム」ほか体験型コンテンツを提供

2Fは「ALE-BOX」、映画館のシアターのような扉が複数立ち並ぶフロアで、各部屋で異なる体験型コンテンツを楽しむことができる。「うんこミュージアム」があるのもこの階だ。コンテンツは定期的に入れ替わる。

「ALE-BOX」フロアは体験型コンテンツの集合シアターのような趣
インスタ映えならぬ「うんスタジェニック」を狙う一角。このコンテンツは面白法人カヤックがALEと共同で企画。会期は7月15日まで

話題の「うんこミュージアム」、“ミュージアム”と銘打っているが、内覧した感触としては、スタッフのアテンドの仕方や設置内容などが、池袋のナンジャタウンなどの施設に近い雰囲気。「インスタ映え」するスポットも多く、グループや親子連れでの来館向きとなっていた。

オープン時は、SCRAPが提供する脱出ゲームや、キングコング・西野亮廣氏の絵本「えんとつ町のプペル」の世界を表現したVRコンテンツ、体験型ショートフィルム「THE STORY HOTEL」が展開される。

「リアル脱出ゲーム」を提供する「横浜ヒミツキチオブスクラップ」。オープン時には2つのコンテンツが展開される
「えんとつ町のプペル」VRコンテンツは、VRが得意な「奥行き」と「浮遊感」が活かされた構成。脅かす要素はないのでVR初心者でも安心して楽しめる

■3F:作家からレクチャーを受けハンドメイドを体験

3Fは「MONOTORY」、「ものづくりワークショップ」のためのハンドメイド体験フロアだ。

他のフロアと比べゆったりとしたレイアウトとなっており、多数の講師が一度にレクチャーを行える
アクセサリーや彫金加工、陶芸、レザークラフト、食品サンプルなどさまざまなジャンルの手仕事を体験できる

手仕事のレクチャーのほか、3DプリンタやUVプリンタ、レーザーカッターなどの機材も設置。20ジャンル、200種類以上の「ものづくりワークショップ」を展開予定となっている。

UVプリンタなどの機器も設置されており、ハンドクラフトのみならず、デジタルファブリケーションにも触れられる
内覧会当日は、好みの施設のマスコットキャラと枠を選び、名入れをしてUVプリンタでオリジナルキーホルダーを作るコーナーが展開されていた

■RF:元プロ選手に教わるスポーツ教室を実施

屋上は「マルチスポーツコート」として、フットサル・バスケットのコートを1面ずつとれる広さのコートを用意し、3月1日より運営をすでに開始している。この2競技に限らず野球から最新アクティビティなどの実施も予定する。

駅至近にありながらスポーツを楽しめる

このほか、B1Fにバーラウンジ「PITCH CLUB」(3月15日はプレオープン、グランドオープンは4月5日)、4Fに子供向け施設「Puchu!」(5月初旬オープン)がある。

バーラウンジ「PITCH CLUB」

東口のあらたな目的地となれるか

1つのビルにこれだけ多数の要素の「アソビ」を盛り込んだこの施設だが、横浜東口の開発想定エリア内に位置しており、期間限定の運営を前提として開業する。説明会では「最低3年は営業する」と明言されたが、再開発の動向を見て営業期間を判断するという。

駅出口からアプローチした場合アソビルそのものは見えないため、横浜中央郵便局を目印に、向かって右手にある「みなみ東口通路」を進むことになる

横浜駅東口エリアに隣接するみなとみらいエリアには、資生堂など大企業の本社機能が移転される。そういった意味でも今後、同エリアの人の流れは増加することが予想される。

同施設の各コンテンツに対する予約動向も明かされた。年齢は30代を中心に前後10歳がボリュームゾーンとなっており、男女比率はやや女性が多くなっていたという。予約者の住所は、7割の人が神奈川県、次いで都内が2割、そのほかは日本各地、海外の合計で1割となる。まずは地元民の心をどれだけつかめるかということになりそうだが、ALE香田社長はそのフェーズを越えて「今後はインバウンド含め、旅行の目的地としてより多くの人に来てほしい」と展望を語っていた。

こうした背景を受けてか、初年度の目標は「200万人来館」と大きな数字を掲げる。今後5年以内に日本では主要都市を中心に展開、海外展開も意欲的に行う。「アソビル」は館全体でもフロア単位でも横展開が可能であるとし、この施設での反応を見て、多店舗展開の内容を決めていくという。各コンテンツの反響を見る試金石としての役割を重要視しているようだ。

その一方で、横浜観光という視点でみれば、横浜駅東口エリアはショッピング目的の来訪であれば利便性に長けているものの、観光面での魅力は多いとは言えなかった。

また、同施設ほど近くに大きなレストランを運営している崎陽軒を例にとっても、価格帯が高めであったり、混雑するため予約なしに立ち寄るのは難しかったりと、横浜ならではの飲食店を気軽に利用するのは意外に難しい。そのため、アソビル内の多様な体験コンテンツや飲食店は、観光客にとっても見どころのあるものになっていると感じた。

「アソビル」は「うんこミュージアム」を起爆剤に横浜駅東口の新しいにぎわいを創出できるか、オープン以降の動きに注目していきたい。

日清×輝夜月×マキシマム ザ ホルモンによる、常識破りの「バーチャルCM発表会」

日清×輝夜月×マキシマム ザ ホルモンによる、常識破りの「バーチャルCM発表会」

2019.03.14

日清が「日清焼そばU.F.O.」の新CM発表会を開催した

CMキャラクターはバーチャルYouTuberの輝夜月さん

発表会場ではVRゴーグルを装着したおじさんがズラリ

日清食品は3月14日、「日清焼そばU.F.O.」の「バーチャルCM発表会」を開催した。今回CMキャラクターに起用されたのは、バーチャルYouTuber(VTuber)の輝夜月(かぐやるな)さんだ。

「日清焼そばU.F.O.」のCMキャラクターに起用されたVTuberの輝夜月さん

ソフトバンクの新製品発売イベントにキズナアイさんが出演したり、グリーの決算発表にいそら真実さんが登壇したりと、企業とのコラボを目にする機会が増えたVTuber。輝夜月さん自身も、すでに「日清どん兵衛」のタイアップ動画や、タペストリー、クリアファイルといったコラボグッズを展開していた。

だが、今回は業界初の「バーチャルCM発表会」である。いったいどのような発表会になるだろうか。

来場者は全員VRゴーグル着用

受付を済ませて会場に入ると、各席に置かれたVRゴーグルの「ハコスコ」が目に飛び込んでくる。どうやらこのゴーグルを用いて会見を視聴するのが今回の趣旨らしい。

会場に置かれていたU.F.O.シール付きVRゴーグル

「まもなく開始です」

係の人の声とともに、来場者はハコスコを持ち上げる。きれいに並んだ椅子に、ハコスコを装着したおじさんたちが座っているという光景は、誰が見ても奇妙なものだっただろう。

そんななかスタートしたバーチャルCM発表会。ハコスコを装着しているので自分の目では確認できないのだが、映像に映された会場の様子を見ることができた。そこから何となく周囲の雰囲気が伝わってくるのだが、やはり、なんとも言えないシュールさがある。輝夜月さんからも「みんな仲良く見てくれてるね。仕事してないみたい」と言われた。

右下には会場の様子が映し出される

あとは、基本的にハコスコでスマートフォンの画面を見ているだけである。何度か「はたして会場に来た意味はあったのか?」という疑問が頭をよぎったが、「完成したCM映像を来場者のみが先行して見ることができる」というメリットがあった。

CMの内容については詳細を書くことができないのだが、輝夜月さんらしいハイテンションかつカオスな仕上がりという印象だ。

輝夜月さんいわく「ソースが濃いU.F.O.の、濃さを表現しました。月の化粧も濃くて、コラボのオリジナルコスチュームもカッコいいから、マジで楽しみにしといてください!」とのことである。

とはいえ、CMの初回放送は、バーチャルCM発表会が行われた本日3月14日の23時30分ごろ。記者と一般視聴者でそこまでの時差はない。『アメトーーク!』の間に放送される予定なので、興味がある人はぜひ。

CMが会場内で放送されているときの発表会映像。CMを見ている来場者の様子がただただ映し出されていた

輝夜月とマキシマム ザ ホルモンの“濃い者同士”がコラボ

そして、今回のCMのもう1つのポイントは、マキシマム ザ ホルモンの曲を輝夜月さんが歌っているというコラボだ。発表会にはシークレットゲストとしてマキシマム ザ ホルモンが登場。両者ともに濃いキャラクターであることは、濃いソースを売りにしているU.F.O.にぴったりなのかもしれない。

シークレットゲストとして登場したマキシマムザホルモン

ちなみに、今回は特に生放送ということもあり、日清側もコンプライアンスを意識。問題発言が起きたらすぐに「しばらくお待ちください」という映像に切り替えることができるようになっていた。

おそらくだが、前回のどん兵衛コラボ動画のように、輝夜月さんが他社製品をバットでボコボコにするようなことが起きないよう注意していたのだろう。

しかし、実際は下ネタなどを投下してきたマキシマム ザ ホルモンに対して多くの「しばらくお待ちください」映像が使われることになった。

日清がコンプライアンス的にまずいと判断したときに切り替わる映像

また、発表会ということもあり、質疑応答の時間も用意されていた。

「今年の目標は?」という記者からの質問に対しては「U.F.O.の魅力をたくさんの人に伝えるのと、次のCMが決まることです。待ってまーす!」と、答えたかと思えば、好きなU.F.O.の味について聞かれると「たらこがめっちゃおいしい! 子ども! シャケの子ども! え……、待って、ふぐたたらお…え?」と、輝夜月さんらしい一面も見せた。

質問するときもハコスコは装着したまま

以上のような感じで、不思議なバーチャルCM発表会は幕を閉じた。「VTuberを起用する」というだけでなく、「発表会自体をバーチャルにする」という点は斬新なアイデアである。多くの人に話題性を提供できたのではないだろうか。

また、インパクト抜群の輝夜月さんがマキシマム ザ ホルモンの曲とともに地上波のCMに流れることで、きっと多くの人の脳裏にその存在が焼き付けられるはずだ。ノリと勢いが溢れる彼女の活躍には、これからも注目していきたい。

なお、発表会自体の内容については、実際の映像が輝夜月さんのYouTube公式チャンネルにアーカイブとして残っているので、そちらもチェックしてみてほしい。

CM発表会のアーカイブ映像
世界シェア1位の「360度カメラ」が日本市場を狙うワケ

世界シェア1位の「360度カメラ」が日本市場を狙うワケ

2019.03.14

360度カメラのトップメーカーが日本でVRカメラを展開

1台でVR撮影と360度撮影ができる「Insta360 EVO」

今年こそ本当にVR元年? VRがSNSで普及する可能性

SB C&S(旧:ソフトバンク コマース&サービス)が国内代理店となり、Shenzhen Arashi Vision社の360度カメラ「Insta360 EVO」を日本市場向けに発売する。360度カメラというと、日本ではリコーの「THETA(シータ)」、海外勢でもGoPro社の「GoPro Fusion」あたりが知られているが、実はこの分野のトップランナーなのが「Insta360」だ。

新製品の「Insta360 EVO」

Shenzhen Arashi Visionは中国・深センに本拠地を置き、製品開発のスピードを武器に市場ニーズを捉え続け、一気にのし上がってきた若いカメラメーカーだ。Insta360は、この市場の先駆者たるリコーや、スマホ大手のSamsung、アクションカムで依然強いGoProを押さえ、世界シェア1位の360度カメラブランドとして君臨している。

Insta360 EVOのスペック

「Insta360 EVO」は4月12日に販売を開始する予定で、SoftBank SELECTIONやAmazonなどの各オンラインショップのほか、家電量販店でも取り扱う。価格は税込み5万6,570円。

Insta360 EVOの仕様

本体は5センチ四方の2つのカメラを連結したような折りたたみ式で、たたんだ状態では360度カメラ、広げた状態では180度の3Dカメラとして機能する。画質は360度撮影では5.7K(5,760×2,880)画素の動画、約1,800万画素の静止画。180度3D撮影でも同様の画素数で使える。

折りたたんで360度、開いて180度3Dカメラに
2つのアクションカムを連結したような本体

撮影したコンテンツは、製品付属のスマートフォン用3Dグラスで視聴できるほか、Oculus GoやGearVRなどのVRヘッドセットでも再生できる。スマートフォンに連動アプリを入れておけば、360度/180度3Dコンテンツに対応するFacebookやYoutubeなどのメディアへの投稿も手間なく行える。

製品にはスマホ用3Dグラスが付属。撮影コンテンツの視聴や、撮影中のプレビューにも使える

拡販の理由は、日本のVR市場を有望視しているから?

新モデル「Insta360 EVO」最大の特徴は、従来機が得意とした360度撮影だけでなく、いわゆるVRコンテンツ用の180度3D撮影も、この製品1台だけで対応できる点だ。

360度撮影だけでなく、VR用の180度3D撮影も1台でできる

VR市場は2016年頃に「VR元年」が叫ばれ、PlayStation VRなど家庭用のVR機器も登場したことで、昨年はグローバルでの市場規模が2016年比で2倍の4,000億円まで拡大した。その後も任天堂がVRキットを発表したり、AppleのVR参入も盛んに噂されたりしている。調査によっては、VR市場は2022年にはグローバルで1.8兆円まで拡大するという予測もある。一方日本に限れば、アナリストの派手な市場予測やVR元年の掛け声の割には、VRが広く普及したかといえば、いまいち伸び切れていない印象がある。

だがSB C&S コンシューマ事業本部 IoT事業推進本部の東俊介氏は、「YouTubeやFacebook、PlayStation、ニンテンドースイッチといった、一般家庭でも広く利用されているプラットフォームを持つ企業が、現在VRに熱視線を送っています。また半導体大手のインテルも、大規模スポーツイベントでVR生中継を計画しており、そう遠くないタイミングで、VRという存在が身近になるのではないでしょうか」と、VR普及の大波の到来はむしろ今こそ迫っているという認識だ。

また「EVOを使うことで、3D映像と360度映像のどちらも気軽に楽しむことができる。日々の生活の思いがけない瞬間や、臨場感強く記録したいシーンを、簡単に記録・再生(3Dメガネを同梱)できるEVOは、今後急速にVRの映像体験が身近になる中で、時代の先駆者になるのではないかと思い、今回の取り扱いに至りました」と、Insta360 EVOを日本市場に投入する狙いを説明した。

本体を開くと、2つのアクションカムが連結したような形状になる。この状態で180度3D撮影ができる

これまではゲーム体験がクローズアップされたVRだが、アクションカムの手軽さで、SNSのプラットフォームを通して個人の体験を3D映像でシェアする流れができれば、より身近でカジュアルに、VR普及の余地は大きく広がることになるだろう。Insta360はそもそも、360度カメラの体験を、SNS上で気軽にシェアできるというコンセプトがヒットした商品だ。