「NTTドコモ」の記事

ドコモが2〜4割程度の値下げを明言、減益覚悟も利益回復に自信

ドコモが2〜4割程度の値下げを明言、減益覚悟も利益回復に自信

2018.11.01

ドコモが料金プランを「2~4割程度」値下げする方針を発表

値下げの背景に、料金プランへの不満の声

KDDI、ソフトバンクの料金施策にも期待が集まる

10月31日、NTTドコモは2018年度第2四半期決算説明会において、料金プランを「2〜4割程度」値下げする方針を発表した。新たな料金プランは、2019年第1四半期に発表・提供開始する。

決算説明会で「2〜4割程度の値下げ」を発表したNTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏

この値下げに伴う契約者への還元額は、1年あたり最大4000億円規模になるという。値下げによる一時的な減益は避けられないものの、5年後の2023年には現在の水準まで利益を回復できると自信を見せるドコモ。ではどうやって実現するのか、カギとなるのは「非通信」サービスの拡大だ。

「2〜4割程度の値下げ」 背景に料金プランへの不満の声

携帯キャリアは儲けすぎとの批判が強まる中、2018年8月の菅義偉官房長官による「携帯料金は4割程度の値下げ余地がある」発言を契機に、値下げへの期待が高まっていた。

その中でドコモは、他キャリアに先んじて値下げへの取り組みを発表。2019年第1四半期に料金プランを大胆に見直し、「2〜4割程度」値下げすることで最大4000億円規模の還元するという計画を明らかにした。

「大胆な料金プランの見直し」を発表

具体的には、端末代金と回線料金を分けた「分離プラン」を軸に検討しているという。ドコモが政府の圧力に屈したという見方もできるが、吉澤氏はあくまで自主的に決めたものとしている。同社の調査で、約5割の客が「料金プランがわかりにくい」と回答していたことが、プランの見直し理由の1つだ。

値下げにより4000億円を還元することで減益は避けられないが、2021年度には営業収益5兆円、2023年度の営業利益は現在の水準である9900億円に回復する見通しだという。ドコモがその根拠に挙げたのが、スマートライフや法人ビジネスなど通信以外のビジネスの拡大だ。

スマートライフ領域や法人ビジネスの拡大で減益を補う見通し

ドコモが拡大を狙う「非通信」サービスとは

NTTドコモの事業は、大きく分けて携帯やスマホの「通信事業」と、それ以外の「スマートライフ領域事業」に分かれている。スマートライフ領域とは、「あんしん系サポート」や「コンテンツ・コマース」、「金融・決済」、「法人ソリューション」などが占める。

例えば、「dカード」や「d払い」など金融・決済サービスの取扱高は、前年上期から22%増の1兆8300億円に、dカード契約数は同6%増の1941万件と順調に伸びている。dポイントの利用は1年で1.5倍、dポイントが使える店舗は2.1倍に増えるなど、さらなる成長が見込める領域だ。

ただし、ドコモの軸足はあくまで通信事業にある。2018年度上期の営業利益6105億円のうち、通信事業は5245億円で約86%を占める。一方のスマートライフ領域は約14%の860億円に過ぎない。値下げによる減益をカバーするには、スマートライフ領域の大幅なてこ入れが必要となる。

そこでドコモの中期経営戦略では、「会員基盤」からの収益拡大を目指すという。たとえばドコモの回線契約がなくとも、無料のIDである「dアカウント」に登録すれば、dポイントを貯めたりdマガジンを購読したりできる。

こうした会員を2021年度に7800万人、将来的には1億人にまで拡大する。パートナー企業も2021年度に5000社に増やすことで、両者をドコモの5GやAI、dポイントなどで結びつける「+d」構想を拡大。そこから収益につなげようという戦略だ。

ドコモの会員基盤とパートナー企業を結びつける

次世代ネットワーク「5G」についても、2019年から2023年度の累計で1兆円を投資することを発表。2019年のラグビーワールドカップで先行して5G体験を提供し、2020年春の商用サービスを目指すとした。

5Gインフラ構築に5年間で1兆円を投資

このようにドコモは「2〜4割値下げ」を打ち出しつつも、減益を5年程度でカバーできる見通しを出してきた。その中で、2019年第1四半期という提供タイミングについては、下半期の「新規事業者の参入」も意識したという。携帯電話事業事業に参入する楽天を牽制する構えだ。

携帯料金値下げの議論で政府からも期待される楽天だが、ドコモが先んじて「4割値下げ」を実現すれば、KDDIとソフトバンクも何らかの形で追従せざるを得なくなり、楽天参入のインパクトは弱まることになる。年明けから来春にかけて、各キャリアがどのような料金施策を打ち出してくるか、目が離せない展開になりそうだ。

5G実装まで1年、CEATECで未来を先取りしてきた

5G実装まで1年、CEATECで未来を先取りしてきた

2018.10.19

5Gの実装が1年前倒しされることに

「CEATECH」で5G技術を体験してきた

恐竜ハントや建機の遠隔操作などの技術を紹介

「5Gで世の中が大きく変わる」とは、ここ数年で聞き飽きた言葉だ。同時に、変わる未来に期待を持たされるのも確かである。

5Gとは第5世代移動通信システムの略。あらゆる物がインターネットに繋がるようになったIoT時代をさらに次の次元へと導く技術であり、世界中で研究開発が進められている。もっとも身近な存在であるスマホはもちろん、遠隔医療や自動運転などへの活用も期待されている。

さまざまな業界から社会実装が待ち望まれる5Gであるが、数年前から語られていた「2020年の実用化」を目前にして、「実用化を1年前倒しする」との報道がなされた。まず大手キャリア3社は、5G対応端末の貸与で限定的なサービスを開始し、2020年からユーザー所有のスマートフォンで使えるようにするとのことだ。

では具体的に、5Gの登場によって世の中がどう変わるのか? 2018年10月16日~19日にかけて千葉県・幕張メッセにて開催されている「CEATEC JAPAN 2018」における携帯キャリア各社の展示から、変わる未来の一部を覗いてきた。

例えば、無人島で恐竜を狩れる

まずはauのブースから紹介する。ブース内でもっとも目を引いたのは、森をモチーフにした大きな展示とそこに吊るされた大きなモニター、そして何やら楽し気にしている高校生。気になって近づいてみると、なぜか大きな銃を手渡された。

ブースに入ると、大きな銃を渡された

「CEATEC会場内に恐竜が侵入しました…! おちおちブース見学なんてしてられませんよ!」(auブースの説明員)

ただならぬ緊張感が漂うauブース……。もちろんブース内に恐竜なんていない。銃をよく見てみるとそこにはスマホが搭載されており、『ジュラシックアイランド』という表記が。

スマホを覗くと『ジュラシックアイランド』と表示されている

数秒経つと、スマホがカメラモードに切り替わり、恐竜の足跡が表示された。その足跡を辿って銃先を向けると、スマホ越しにCEATEC会場を歩き回るティラノサウルスを見つけた。

登場したティラノサウルス(のイメージ)。筆者が片手で銃を持ち、画面を撮影していたところ「銃は重いので両手で持ってください」と注意されたので、実際のプレイ画像は撮れなかった

実はコレ、長崎のハウステンボスですでに実装されているもので、一世を風靡した『Pokemon Go』よろしく、AR技術を用いて現実世界で遊ぶことのできるゲームだ。

現状、このアトラクションは4Gにて提供されているそうだが、5Gを使用することで、より多くの人数でプレイができたり、恐竜の出現位置を共通化させたりできるようになるそう。筆者が体験したのも4Gを用いたものであったが、ティラノサウルスのほか、『ジュラシック・ワールド』で活躍したヴェロキラプトルなども登場して、思いのほか楽しめた。

「5Gによって大量のデータを迅速に端末に送信できるようになれば、従来モバイル側で行っていたデータ処理を、クラウド側で担当し、それをモバイルに送信することができるようになります。現在はハウステンボス内の特定のエリアにいるユーザーがプレイできるこのゲームですが、この技術を応用することで、将来的には遠隔地にいる人同士でも同じ恐竜を狩ることができるようになるでしょう」(技術説明員)

例えば、空を飛べる

次に目を引いたのは、大きな半球体のスクリーンに映された綺麗な映像だった。

「半球体スクリーンによる非日常体験」と題された展示。auブース内でもっとも行列が長かったのがこの展示だった

これは、エアレースやドローン、もしくはSUPER GTのマシンで撮った映像を、リアルタイムでスクリーンに映して体験できるというもの。ブースで実際に使用されていたのはすでに撮影された映像であったが、それでも雄大な映像を見ながらまるで自分が飛んでいるかのような体験ができるため、多くの人たちが並んでいた。

例えば、建機を遠隔地から動かせる

次はKDDIブースへ移動。こちらでは、同社がコマツと共同実験を進めている「5G活用による建設機械の遠隔制御」などの展示が行われている。

少子高齢化が進み、かつ職種が徐々に増えている今、人手不足に悩まされる業界は多い。建設業界もその1つであり、その問題を解決しようと開発されているのが同システムである。

遠隔操作コクピット。実際の建機と同じような操縦感で操作することが可能
遠隔で動く建機側で撮った映像を、リアルタイムで確認することができる

「これによって、例えば東京にいる建機の操縦者が、地方の建機を動かせるようになります。建機を操縦するタイミングは、ほかの工程との兼ね合いによって決まるため、デッドタイムが多いという問題がありました。しかし、このシステムを用いることによって、人が1カ所に留まりながら複数の場所で建機を動かせるようになります」(技術説明員)

ほかにもau、NTTドコモブースでは、好きな場所からスポーツを観戦できるシステムや、遠隔でのロボット操縦を実現するシステムなど、数多くの展示を行っており、そのどれもがどこか未来を感じさせるようなものであった。

5G実装まで1年

CEATECでは、紹介した2ブースのほかにも多くの企業が5Gに向けた取り組みを展示していた。それらを見ていると、「5Gで何ができる?」という疑問に対して「なんでもできる」と解答したくなるほど、どの技術も、仕事や日常生活がより便利に、より楽しくなりそう、と思えるものばかりであった。

なお、NTTドコモはラグビーワールドカップが開幕する2019年9月に「プレサービス」を始め、2020年春から「商用サービス」をスタートする予定だとしている。つまり、5Gの実装まで残り1年を切ったこととなる。

CEATECで体験したいくつもの技術が社会実装される日は近い。5Gという、どこか未来的な技術の足音が、もうすぐそこまで迫ってきている。

世界最薄・最軽量のカード型ケータイ、ドコモが今年の冬春スマホで

世界最薄・最軽量のカード型ケータイ、ドコモが今年の冬春スマホで

2018.10.17

NTTドコモが2018-19年冬春向けのケータイ新製品を発表

世界最薄・最軽量、名刺サイズのカード型ケータイが登場

NTTドコモは17日、2018-19年冬春向けの新製品を発表した。米Googleの「Pixel 3」をはじめ、最新のスマートフォンやフィーチャーフォンなど11機種を、今月下旬から順次発売する。

新たに提案する「カードケータイ」は、名刺などを収納するカードケースに収まる、薄さ5.3mm、重量約47gの世界最薄・最軽量というボディサイズが特徴の4Gケータイ端末だ。製造は京セラ。11月下旬に発売し、各種割引サービス適用後の実質負担額は10,000円程度という。

手のひらに収まる「カードケータイ」(KY-01L)

機能を通話やSMS、テキストベースのインターネットといった基本的なものに絞り込むことで、本体サイズが横幅55mm×高さ91m×厚さ5.3mmで重量47gという従来にない本体形状を実現した。

画面は電子ペーパー。本体カラーはブラックのみ

シンプルなケータイが欲しいという層に向けて提供するが、VoLTEによる高品質な通話や、Wi-Fiテザリングにも対応することでビジネス需要も狙う。ディスプレイには日光下での視認性や電力消費の少なさを特徴とする電子ペーパー(2.8インチ 480×600ピクセル)を採用し、約100時間の連続待受も可能とした。

名刺入れと比較してもこのサイズだ

スマートフォンの高機能化、大型化が進む中で、シンプルでコンパクトな端末が欲しいという声は高まっていた。最近ではKDDI(au)も、いわゆるガラケーと呼ばれるようなケータイを今年の新製品として発表している。

ドコモは今回の新製品として他にも、有機ELを搭載するソニーモバイルの新スマートフォン「Xperia XZ3」や、手書き操作などタッチペン機能が特徴のサムスン電子「Galaxy Note9」、米Googleが日本投入を発表したばかりの「Pixel 3」といったラインアップを発表している。