「CSR・CSV」の記事

お酒の原料を国内生産にこだわるキリンの意図

お酒の原料を国内生産にこだわるキリンの意図

2018.11.14

さまざまな個性を楽しめるクラフトビールが人気

ワイナリー新設を急ぐメルシャンの狙いは?

国内各地に農園保有はCSV活動の側面も

大手飲料メーカー、キリンホールディングス(以下、キリン)から相次いで取材のお誘いがあった。ひとつは岩手県・遠野市、もうひとつが長野県・塩尻市。

お酒好きなら、この2つの地名を聞いてわかる方もいるかもしれない。そう、遠野市はホップ生産が有名なところ。塩尻市はブドウのヴィンヤード(農園)が点在する場所だ。つまり、ビールとワインの原料生産地となる。

まず遠野について。遠野は、作家・柳田國男が記した「遠野物語」でも有名だ。柳田は“民俗学の父”とも呼ばれ、多くの物語を集め、遠野物語を完成させた。なぜ、遠野に多くの物語が伝わったのか。それは、7つの街道が集まる交通の要衝で、旅人や商人が各地の伝承を伝えたといわれているからだ。そして、雪に閉ざされた冬に、民家で地元の方々がその物語を語り合ったため、多くの物語が伝承されたというのが有力な説だ。

さて、遠野物語から離れてビールの話に移ろう。実はビールは苦戦している。昭和期にはもっとも人気のあるお酒として、親しまれた。ただ、今は当時の約3割減の消費量といわれている。

クラフトビールに視線を注ぐビールメーカー

こうした状況のなか、ビールを扱う企業は、新たなジャンルに注目し始めた。それは、いわゆる“地ビール”だ。20年ほど前、地ビールブームが訪れたが、現在はそう呼ばれていない。「クラフトビール」という名前が定着している。

遠野で醸造されているビールもクラフトビールだ。遠野の農園で生産されたホップを、地元のビール工場に運び、そして醸造。そうして生まれたクラフトビールを、キリンが流通させている。

正面奥のこんもりした場所がホップ畑
収穫を待つホップの実
ホップのツルは、約5mまで伸びる。そのためリフト搭載のクルマで収穫する
痛んだホップなどを選別して取り除く

もちろん、「一番搾り」や「ラガー」のような流通量ではない。ほんのわずかの流通量だが、ビール人気の復調のためにもクラフトビールは期待されている。そして、毎年この時期には遠野産ホップを使用した「一番搾り とれたてホップ生ビール」が販売される。遠野産ホップを使ったビールに興味があれば、手にとっていただきたい。

農園の近くにあるレストランで自家製のクラフトビールなどが楽しめるほか、ビールに合うおつまみ、週替わりの数量限定カレーが味わえる
遠野醸造では6種類のビールが用意されている。壁から突き出た6本のレバーとカランが、なかなか壮観

ワイナリーの新設を急ぐメルシャンの動き

一方、長野県・塩尻市ではワインの原料となるブドウが生産されている。塩尻市にある桔梗ヶ原という場所にヴィンヤードを拓き、ブドウ栽培が行われている。なお、ワインに関しては、キリン傘下のメルシャンが事業主体だ。ここで生産されたブドウによる「桔梗ヶ原メルロー」は、リュブリアーナ国際ワインコンクールでグランド・ゴールド・メダルを受賞したことで有名。以来、海外からの引き合いも強くなった。

これまで「シャトー・メルシャン」のワイナリーは甲州市・勝沼町のみだった。それが昨年から大きな動きを見せている。塩尻市・桔梗ヶ原と上田市・椀子にワイナリーを新設するとアナウンスしたのだ。

メルシャンが2カ所もワイナリーを増やすのはなぜか。まず挙げられるのが、日本産ワインの人気が向上したことだろう。和食が世界文化遺産に指定され、海外で和食人気が高まった。そうした食事にはやはり日本産ワインを合わせたいという需要が増えたからだろう。もちろん、国内でも日本産ワインの人気が高まっている。

そして、もうひとつがブドウ生産のヴィンヤードが増えたこと。ワインを醸造したくても、ブドウがなければ叶わない。その課題を解決するために農園を増やし、ブドウの収穫量を上げたことが根底にあるのではないか。

桔梗ヶ原ワイナリーは1938年に建てられた歴史のあるワイナリーだ。ただ一時、醸造をストップ。今回、新設されたワイナリーで約30年ぶりの仕込みが始まった
ワイナリーの敷地には、小さいながらもブドウ畑がある。敷地にこうしたブドウ畑があると、ワイナリーの雰囲気が増す

そして、いよいよ桔梗ヶ原のワイナリーが完成した(椀子はまだ)。その新設された桔梗ヶ原ワイナリーの初仕込み式に招待された。神主さんを呼んで、ワイナリーの安全を祈願したあと、仕込みが始まった。御神酒はもちろんワイン。ワインボトルの前で厳かに大麻(おおぬさ:神事で使われる棒)を振る神主さんの姿は、なかなか見物であった。

初仕込みということもあって、厳かに神事が行われた
御神酒はもちろんワイン。しかも「桔梗ヶ原メルローロゼ」だった

地方の農業を活性化するため国内に農園を拓く

仕込みが済んだということは、もっとも早く出荷される「プリムール」(新酒)が来年の春頃には飲めるのではないか。筆者は大のワイン好きなので、このワイナリーで醸造されたワインをいただくのが楽しみだ。

農園の話に戻ろう。もちろん、国内で生産された原料により醸造されるお酒は、少量となる。ではなぜ、キリンは国内各地に農園を保有しているのか。担当者は、「品質を調整しやすいのは確かですが、地方の農業を活性化する側面もあります」と話す。キリンは「健康」「地域社会」「環境」といった社会課題に、CSVとして取り組んでいる。こうした農園もCSV活動の一環なのだろう。

クリーンエネルギーの代表格「水力発電」の現場を見学

クリーンエネルギーの代表格「水力発電」の現場を見学

2018.07.21

EV「BMW i3」で丸沼ダムを目指す

尾瀬探索に隠されていた東京電力のねらい

尾瀬人気の低迷も大きな課題

MINIのショールームが併設されたBMW GROUP Tokyo Bay

7月中旬。東京・お台場にある「BMW GROUP Tokyo Bay」に数人のメディア、BMWジャパンのスタッフ、東京電力の職員らが集まった。総勢10名強。なぜBMWと東京電力の組み合わせなのか不思議に感じる方もいらっしゃるだろうが、両社はある取り組みにおいて同じベクトルを向いている。

ちなみに、BMW GROUP Tokyo Bayは、BMWグループのフラッグシップ・ショールーム。BMWはもちろんのこと、同グループのカーブランドMINIのクルマも展示されている。付近にはトヨタの多目的型ショールーム「MEGA WEB」もあり、クルマ好きにはたまらない地区だ。

さて、なぜBMWと東京電力が同じベクトルを向いているのか。まず、東京電力だが、知ってのとおり福島原発において大きな事故が起こった。以前から再生可能エネルギーの活用を模索していた同社だが、この事故以降、その姿勢は一層加速した。一方、BMWは電気自動車(EV)の普及に積極的だ。つまり、水力発電によるクリーンな再生可能エネルギーと、クリーンなEVの組み合わせを意識づけるために、今回メディアが招待されたのだ。

そして、この招待のもうひとつの理由が「アクアエナジー100」という電気料金プランをローンチしたこと。これは、水力発電100%のプランで、自宅のクルマがEVならば、このプランによりCO2排出が限りなくゼロに近くなる。料金は通常プランよりも約2割増しになるが、その分、環境保全に生かされる。今回は、そのプランのプロモーションも兼ねたメディアツアーでもある。

目的地は丸沼ダム

目指す場所は群馬県・丸沼発電所(以下、丸沼ダム)、そして移動手段は「BMW i3」。当日は数台のi3が用意され、メディアやBMWスタッフ、東京電力職員が分乗し、関越自動車道を北上した。

コンパクトな「BMW i3」。テールの形状がカワイイ

実は筆者は、EVに乗るのは初めてだった。そのためEVに対して誤った固定観念を持っていた。「高速道路を走行する性能はないのではないか」「山道を登坂するパワーはないのではないか」「航続距離が短く実用的ではないのでは」といったことだ。だが、この日、i3に乗ってみて、そのすべてが間違いだったことを思い知った。高速道路では、追い越し時にグイグイ加速するし、登坂時もスムーズ。むしろガソリン車よりも速いのではないかと感じるほどだ。給電も往路で1回のみ。サービスエリアで30分の急速充電が可能なので、昼食を食べているあいだに完了する。

SAの急速充電器。プラグを差し込んで充電する

EVの実用性は十分だし、そしてクリーンなことを考えれば、もっと日本で普及してもよいのではないかと思った。ただ、今回乗せていただいたi3は、諸経費を含めると600万円ほど。国から補助金が出るとはいえ、やはり価格で躊躇している方も多いのだろう。ただ、ガソリンが高騰している折、ランニングコストを考えれば、もとは取れそうな気もするのだが……。

丸沼ダム見学に戻ろう。今回は一泊二日の旅程だったが、ダム見学は2日目で、まずは宿泊宿のある尾瀬ヶ原に向かう。尾瀬にはクルマが乗り入れられないので、途中の駐車場にi3を駐車。あとは乗り合いバス(ワンボックスの乗り合いタクシー)で、尾瀬入り口まで進んだ。

そこから約1時間ほど、ブナ林の中に設けられた遊歩道を歩く。基本的には緩やかな下りなのであまり苦ではなかったが、帰りに今度は登りになることが頭をよぎった。だが、ブナ林ならではの木漏れ日や吹き抜ける風、そして東京では味わえないさわやかな気温が、そんなことを忘れさせてくれた。

そして到着した宿は「尾瀬ロッジ」。いかにも山間の宿といった風情の外観だが、内装は清潔で旅館などと遜色はない。食事も品数豊富で満腹感が得られる。ちなみに夕食のメインディッシュはお肉の陶板焼きで、ビールやワインも飲むことができた。クルマが通行できないところで、お肉やお酒が楽しめるのは「ボッカさん」と呼ばれる運搬係の貢献があるからだ。食事のハナシのあとで申し訳ないが、トイレの一部がオシリ洗浄機能付きだったのを付け加えておく。

いかにもな雰囲気の尾瀬ロッジ。食事は陶板焼きがメインで、ポン酢を付けて食べる

何もみえない漆黒の闇

さて、ロッジでの印象的な体験を2つ。ひとつは、夜間外に出てみると、まったくもって漆黒の闇だったこと。視界は皆無といってよい。星空が見えればよかったのだが、どうやら空は雲で覆われているらしい。何十年も生きてきたが、これほどの闇は初めての経験で逆に新鮮だった。できれば、その闇をお目にかけたいのだが、カメラで撮っても仕方がない。フラッシュをたいてしまうと、そもそも闇ではなくなる。

そしてもうひとつがロッジの水。ミネラルウォーターを買うためにフロントに行ったのだが、置いてないという。「洗面台の水を飲んでください」といわれ、そのとおりにしたのだが、冷たくてウマイ! こんな水が蛇口から飲めるのならば、ペットボトルの水など確かに不要だろう。

そして20:30ぐらいに消灯。やはり山の夜は早い。

翌朝、朝食のあと、尾瀬探索に向かった。メディアはもちろん、BMWスタッフ、東京電力職員も一緒だ。

今回は丸沼ダム見学が主目的だったが、東京電力のねらいが尾瀬探索に隠されていた。実は尾瀬の約4割が東京電力の土地。もともと水力発電のために用地を取得したのだが、観光客の増加、住民の反対(最初は一人だけが反対運動)などがあり、計画を断念した。以降、保全という立場に回り、尾瀬の土地を守っている。ある意味、CSRといえるだろう。さらに国立公園特別保護地区にも指定され、開発は不可能になっている。

そして今回、尾瀬探索にメディアを招待したのは、尾瀬人気の復活のため。最盛期には約70万人が訪れていたが、現在は30万人ほどまで減ってしまったそうだ。これには、ある仮説がある。尾瀬人気が高かったころ、「夏の思い出」という歌がヒットし、小学校や中学校の合唱では、定番の曲となっていた。

尾瀬人気が低下している理由は?

ところがだ。現在はこの曲を歌う学校が激減しているという。それにともない、尾瀬の知名度が低下した。実際、筆者がよく行く居酒屋のアルバイトに「明日から尾瀬に行く」と伝えたところ、「それどこですか?」という返事が返ってきた。

さて、尾瀬ヶ原はまさに写真などでみる景観と一緒だった。広大な湿原の中に木道が延び、燧ケ岳(ひうちがだけ)や至仏山(しぶつさん)がみえ、白樺も点在している。実はこの木道、東京電力や群馬県、福島県、新潟県などによって設置されたものだ。もし、尾瀬を訪れることがあれば、木道の板を確認してほしい。設置した企業や自治体、いつ造られたのかといった刻印が押されている。

左上:木道がどこまでも延びる、尾瀬おなじみの光景。右上:沼に燧岳が映る「逆さ燧」。残念ながら山頂部は雲に覆われていたが、これはこれで風情がある。左下:白樺林が点在し、高原の雰囲気を演出。右下:木道に刻まれた、TEPCOのマークと設置時期

ただ、それは気づいたときでいい。やはりみるべきは広大な湿原と点在する沼、そして豊かな植生だ。残念ながら尾瀬のシンボルともいえる水芭蕉のシーズンは終わっていたが、「ニッコウキスゲ」や「ヒオウギアヤメ」など、数々の花が咲いていた。本来、取材できたのだが、花の図鑑でも作るのかというくらい、さまざまな花を夢中で撮った。

尾瀬の花々。左上:ニッコウキスゲ、右上:ヒオウギアヤメ、左下:オゼヌマアザミ、右下:コオニユリ

尾瀬探索のあと、本来の目的である丸沼ダムを目指す。ブナ林の復路で駐車場に向かった際「オヤッ!?」と思ったのは、国際色が豊かだったこと。ハイキングではすれ違うハイカーに挨拶するのが基本だが、私の「おはようございます」の言葉に、「ニーハオ!」「グッドモーニング」という言葉が返ってきた。尾瀬人気は低下しているが、インバウンドの知名度は高いのかもしれない。

さて、いよいよ丸沼ダムだ。このダムは昭和3年から建設され昭和6年に完成。コンクリートが少なくて済む「パットレスダム」となっている。当時、マンパワーはあったが、コンクリートが高価だったのでこの方式が採られたという。日本には8カ所しかなく(うち2カ所は廃止・現在6カ所)、貴重な存在なのだそうだ。

その証拠に、「ぐんまの土木遺産」、そして国の重要文化財に指定されている。そのダムの上を歩かせていただいた。普段は関係者しか通れないので、柵は低めだが、景観がすばらしかった。丸沼を東西に分けるように堰堤が延び、ダムの上流と下流でかなりの高低差がある。

重要文化財を示す石碑と重要文化財指定書。下段は堰堤の上から上流側と下流側を撮った写真。同じところから撮ったが、上流(左)と下流の水面の高さがかなり異なる

美しい景観の丸沼ダム

ただ、丸沼は美しく、エメラルドグリーンの水が印象的だった。多くのダムは川をせき止めるため、大雨が降ると土砂が流入しやすい。ところが、丸沼には小川しか注いでなく、大雨が降っても濁りにくいのだそうだ。上流にも下流にもボートが浮かび、フライフィッシングなどを楽しむ釣り客も多かった。水面をみると、40cmぐらいのニジマス? が悠々と泳いでいるのが確認でき、しかも人の目の前でライズ(水面の虫を補食すること)を繰り返していた。あまりの警戒心のなさに、少し驚いた。

そしていよいよダムの中へ。70段以上の階段を降りると、堰堤の最下部に出る。ここからダムの全景が見わたせる。高さ約32m、長さ約88mの堰堤は圧巻だ。ただ、瀑布のように水を流し発電タービンを回すのではない。沼上流から水を取り込み、それを下流の沼底から排水する仕組みだ。なので、ボート客に与える恐怖は少ない。

ダムの最下部に向かうには、秘密基地のような階段を降りていく。丸沼ダムの全景。この堰堤の向こう側が上流側

こうして、丸沼ダム見学は終了した。BMW i3に分乗し、復路を走った。残念だったのは、あのロッジの水をもう一度飲みたかったこと。ところが、片品村で訪れた建設中の道の駅「尾瀬かたしな」で、尾瀬の水を引いた水くみ場があった。飲むのは自己責任とのことだが、躊躇なく飲んだ。もちろん、おいしかった。

飲料提供だけの時代から発展! 付加機能を持ち始めた自動販売機

飲料提供だけの時代から発展! 付加機能を持ち始めた自動販売機

2018.07.10

普段、何気なく使っている自動販売機。日本自動販売システム機械工業会によると、清涼飲料を提供する自販機だけで、約2,130,000台になるそうだ(2017年12月時点)。もうこうなると、単なる販売チャネルのひとつというよりも、ある意味インフラともいえそうだ。

実際、ライフラインといえなくもない。特にこれからは熱中症の季節。熱中症で亡くなられる方は毎年300~500人といわれており、猛暑の年だと1,000人を超えることもある。気軽に水分補給できる自動販売機は、清涼感やテイストを味わう以外の役目も果たしていることになる。

防犯カメラ搭載の自動販売機。ピーポくんイラストの使用許可も得ている

その自動販売機において、大手飲料メーカーが付加価値を模索し始めた。奇しくも7月初旬、キリンビバレッジとサントリービバレッジソリューションが相次いで付加機能付きの自動販売機を発表した。

まずは、キリンの自動販売機について。簡単にいえば防犯機能付きということになる。飲料サンプルの一部に監視カメラを備え、街の状況を撮影する。つまりは防犯カメラの役割を自動販売機に内蔵しているわけだが、一般的な防犯カメラとは大きく異なる。

犯罪解決に加え抑止効果も期待

というのも、一般的な防犯カメラは高い位置に設置されるので、顔の細部などがみえない場合がある。一方、自動販売機は人の高さとほぼ同じ位置から撮影をする。これならば、映像から人物を確認しやすく、いざ犯罪が発生した場合、解決につながりやすい。そして何よりも、高い位置に設置する一般的な防犯カメラに比べ、安価なコストで導入可能だ。

左:2段目、左から2番目のサンプルにカメラが設置されている。このデモ機の場合、右側の「生茶」のところにある。右:撮影した映像。魚眼によりかなりワイドな範囲を撮影できる。遠くのほうも鮮明だ

もうひとつ利点がある。それは、防犯カメラを搭載した自動販売機には、そのことを伝えるPOPが掲げられる。一般的な防犯カメラは高い位置にあるので、それに気づかずに犯罪につながる可能性がある。だが、自動販売機に防犯カメラが内蔵されていることをあえて伝えることで、犯罪の抑止につなげようというワケだ。ないとは思うが、その気になればカメラを内蔵していなくても、POPだけで効果が生まれる可能性もある。

とにかく、防犯カメラ内蔵の自動販売機が存在していることを、広く知れわたらせることが犯罪への抑止につながる。

今回、この防犯自動販売機の取り組みを始めるのは、東京都足立区の警視庁西新井警察署(以下、西新井署)管内。まずは30台の自販機を導入し、効果検証を行う。

なぜ西新井署なのかというと、この地域は都内でも犯罪がもっとも多く発生するところのひとつだからだ。西新井署は、防犯のためにとにかく大きな声を上げていたらしい。その声にキリンが応えたカタチだ。

左:西新井警察署管内が検証地域。右:みまもり自動販売機への期待を語る西新井警察署長 福山隆夫氏。防犯カメラのほか、自販機の明かりも心強いと話す

防犯カメラ内蔵自販機は「みまもり自動販売機」と名付けられた。子どもたちを見守るため、通学路や公園といった場所に重点的に設置される。キリンによると、開発には西新井署の助言を受け、画質や記録時間、映像提供までの速度などを決めたという。

映像確認は西新井署のみ可能

なお、映像提供に無線機器は使用しない。無線だと第三者に映像がわたる可能性があり、プライベート保護の面で危険があるからだ。映像は、すべてマイクロSDカードに記録される。それを定期的に抜き取り、西新井署にわたされる。ちなみに、このマイクロSDカードはキリンの職員は一切アクセスできない。西新井署にあるこのシステム用の3台のパソコンでのみ、データを閲覧できる。つまり、個人情報の流出の可能性はきわめて少ない。

キリンは以前からCSV活動に積極的だ。社会と企業の共通価値創造を軸にした活動が目立つ。もちろん、キリンにはねらいもある。こうしたCSVを展開することで、総合飲料メーカーとしての存在感を高め、結果的に商品購入に結びつけたいということだろう。

企業であるので、利益追求は当然のことだと思う。ただ原資を投入して社会貢献をするCSRではなく、何かしらの利益(売上だけではなく、社会利益を含める)を生み出すCSVに軸足を置いているのだ。

続いてサントリーの付加価値自動販売機をチェックしよう。こちらは、かなりユニークだ。自動販売機といえば、飲料を買うもの、あるいはタバコを購入するものと思うだろう。少なくはなったが、カップ麺を購入できるものもある。

ところが、今回サントリーが投入するのは、お弁当が購入できるというもの。もちろん、ガシャンと音を立ててお弁当が落とされるのではない。そんなことをすれば、盛りつけは崩れるし、何よりも衛生的ではない。売れ残ったお弁当の廃棄リスクも少なくないはずだ。

そこで、サントリーでは自動販売機にお弁当ボタンを用意し、それで購入をすると付近の飲食店からお弁当がデリバリーされる仕組みを採った。デリバリーというカタチなので、不特定多数の購入者が相手の街中の自動販売機ではなく、企業に導入された所在が明確な自動販売機のみになるが、いくつかメリットが生じる。なお、飲食店のコーディネイトはぐるなびが行う。

上段:お弁当が購入できる自動販売機。その日の日替わりメニューのほか、お弁当購入ボタンが用意されている。下段:お弁当を購入すると、飲料で使える10円分のコインが出てくる。届けられたお弁当パッケージの一例

昼休みの有効活用に最適

その最大のメリットが食事時間の短縮だろう。朝10時までに自動販売機でお弁当をオーダーすれば、近隣の飲食店から12時までに届けられる。わざわざ、近隣の飲食店に歩かなくてよいので、昼休みの時間を有効に活用できる。「コンビニでもよいのでは?」という意見もありそうだが、昼休みのコンビニのレジは混雑する。しかも、温め待ちでレンジの前に行列ができることもある。

そして日替わりなのもウレシイ。飲食店に足を運ぶと何しようか迷ったり、逆に同じメニューばかりを選んだりすることもある。日替わりならば“問答無用”で、メニューが決め打ちされる。

メニュー例。左は水曜日の「二種味比べ牛タン弁当」。右は木曜日の「宅弁限定 梅の花特製 2段弁当」

一方、飲食店側のメリットも大きい。店舗内の食事のほかにお弁当を用意する飲食店も多いが、お弁当があまる可能性があり、廃棄ということにもなる。だが、事前に自動販売機からの発注数がわかっていれば、廃棄の可能性はなくなる。昼間のお弁当を気に入ってくれて、夜の飲食に利用してもらえることも考えられる。

問題はセキュリティ。基本的に発注されたお弁当は、自販機近くのテーブルなどに置かれるのだが、発注者以外の人が持って行ってしまう可能性がある。また、最近のオフィスは厳重な入室管理により、部外者である飲食店スタッフが入れないシーンもありそうだ。ただ、オフィスグリコのように、総務や事業部の担当者と取り決めが交わされれば、クリアできそうだ。

いずれにせよ、自動販売機に新たな機能が組み込まれ始めた。今後、どのような自販機が出てくるのか、楽しみである。