2018年版の新iPad Proは、「働き方改革」のキーデバイスになるかもしれない

2018年版の新iPad Proは、「働き方改革」のキーデバイスになるかもしれない

2018.10.28

10月30日、アップルより「iPad Pro」の新モデルが発表されそう

ワークスタイルの多様化に伴い、タブレットが進化し続けている

PCの代替品として使えるようなデバイスとなるかが見どころ

10月30日にアップルが米ニューヨークで開くイベントでは、3月にモデルチェンジしたiPadに続く、クリエイターやビジネスパーソン向け「iPad Pro」の新モデルの発表が予想されている。

Appleが10月30日にイベント開催を予告

イベントが近づくにつれ、新製品の外観やサイズの変化に注目が集まっているものの、仕事に使える機能が加わるかどうかも気になる点だ。本記事ではこれまでのiPadの動向を振り返りながら、タブレットを取り巻く状況をまとめておきたい。

閲覧用と仕事用に分かれたタブレットの方向性

世界のタブレット市場は伸び悩んでいる。2018年第2四半期の出荷台数は3300万台で昨年同期比13.5%の下落となり、シェア1位のアップルと3位のファーウェイを除く主要メーカーが出荷台数を落としている(IDC調べ)。

その要因として、スマホの大画面化以外にも、そもそもタブレットは買い換え需要が低いという傾向もある。動画などコンテンツの再生や紙のカタログを電子化して持ち歩く用途では、多くのスペックを要求しないので古いタブレットでも用が足りるというわけだ。

一方、タブレットの中にはキーボードやペンを駆使して本格的な仕事をこなせるモデルも増えてきた。その代表例が、マイクロソフトの「Surface」シリーズを始めとするWindowsのタブレットや2-in-1製品だ。

マイクロソフトの「Surface Pro 6」

そしてグーグルもその流れに続く。直近では10月に、これまではChromebookに搭載してきたChrome OSベースの「Pixel Slate」を海外向けに発表し、Androidアプリの動作に加えて、複数のウィンドウを駆使したPCに近い使い方ができる点をアピールした。

グーグルの「Pixel Slate」

タブレット市場を見る上で注目すべきは、ワークスタイルの多様化だ。テレワークやフリーアドレス制といった新たな働き方を活用する企業の増加、シェアオフィスサービス市場の拡大などに見られるように、ワークスタイルは変わりつつある。そうした中、移動しながら出先で使えるモバイルマシンの需要が高まってきているのだ。

PC版相当のPhotoshopがiPadに移植

iPad Proもこれまで、そうした世の中の変化に合わせて進化してきた。

2017年6月発表の現行モデル「10.5インチiPad Pro」

2010年の初代モデル以来、9.7インチの画面を搭載してきたiPadは、2015年に12.9インチと大型化した「iPad Pro」が登場。「Apple Pencil」によるペン入力や、「Smart Keyboard」による文字入力が可能になった。

ここで変わったのはハードウェアだけではなかった。従来のiPadではPCでできるようなマルチタスクやファイル操作ができないことが弱点だったが、iOSのバージョンを重ねるごとに徐々にこうした機能をサポートするようになってきている。

またビジネス用途で考えると、「PCの仮想化」というトレンドも追い風になっている。これはクラウド上で稼働するPC環境にiPadからリモートデスクトップで接続し、フル機能のWindowsを利用するというもの。iPadの弱点をカバーすることでストレスなく使えるようになり、かつ重要なデータはクラウド上に置かれているため、安全性も確保できる。

iPad Proの進化に伴い、筆者のようなフリーランスの中にはiPad Proだけで大半の仕事をこなす人も現れ始めた。「iPad Proを本格的に仕事に活用できないか」と考える人はますます増えているのではないだろうか。

クリエイティブ業界に影響力を持つアドビもこうした動きを後押ししており、写真編集ツールの定番「Photoshop」のiPad版アプリを、2019年に投入すると発表している。これにより、MacやWindowsと同等の作業をiPadでこなせるようになってしまう。

PC並みの機能を備えた「Photoshop CC for iPad」が2019年に登場する

これまでのiPadには限定的な機能のアプリしかなく、本格的な作業をするにはオフィスに行く必要があった。だがiPad Proでこなせる仕事が増えれば、台風などの自然災害時に自宅で作業したり、移動中の隙間時間に作業を終わらせて直帰したりと、ワークスタイルの選択肢を間違いなくひろげる。

iPadがよりPC並みに進化するトレンドが生まれれば、幅広いビジネスに活用できる可能性が高い。果たしてそのポテンシャルを備えたデバイスになるかどうかも、新iPad Proの見どころになりそうだ。登場すれば”満を持して”と言って差し支えないタイミングになるだけに、期待しておこう。

買って実感した「iPhone XS Max」の最高さ、でも「XR」に浮気しそう

買って実感した「iPhone XS Max」の最高さ、でも「XR」に浮気しそう

2018.10.16

「iPhone XS Max」を3か月使ってみた感想と、他機種との比較

動画視聴における、XS・XRの画面サイズの罠

XRはカラバリ・広角ポートレート・バッテリー持続時間等で強み

2018年のiPhoneのラインアップの中で、筆者が選ぶとしたら、「iPhone XS Max」だ。すでに使い始めて3週間が経過しており、想像していた部分、それと異なる部分、他機種との比較などをご紹介したいと思う。

筆者はケータイ世代の走りであり、インターネットへのアクセスデバイスははじめからモバイルだった。そのこともあって、スマートフォンはPCやタブレットよりも長い時間接している、いわゆる「メインデバイス」となる。

サイズのマジック

スマートフォンをメインとする一方で、手が大きい方ではなく、iPhoneが4インチから4.7インチに拡大した2014年には、片手で握りながらの操作を危なっかしいと感じるようになった。ならばと、その後はできる限り画面サイズが大きなモデルを選び、両手で使うスタイルにしている。

iPhone XS Maxは6.5インチの有機ELディスプレイを備え、これまでのiPhoneの中で最大の画面サイズを備える。ただ端末サイズでいえば、iPhone 8 Plusなど従来の5.5インチ モデルと比べ、わずかだが小さくなった。縁までディスプレイを敷き詰めるオールスクリーンによって、より大きな画面サイズと同等の端末サイズを両立させているのだ。

端末サイズ比較。「iPhone XS Max」(左)は、高さ157.5mm×幅77.4mm×厚さ7.7mm。「iPhone 8 Plus」(右)は高さ158.4mm×幅78.1 mm×厚さ7.5 mmで、iPhone XS Maxの方が小さくなっている

2018年モデルのiPhoneは全モデルでオールスクリーンが採用されたが、興味深いことに、iPhone XS、XR、XS Maxの3モデルとも、端末サイズはiPhone 8と8 Plusの間に収まっている。そのため、もしiPhone 6 Plus以降の5.5インチモデルを使っている場合は、どれを選んでも端末サイズで困ることはないだろう。

筆者の場合、操作する上ではいずれにしろ両手が前提となるため、画面サイズの拡大はキーボードなどのインターフェイスの操作のしやすさにつながり、むしろありがたい対応となる。ただそのサイズが故に、持ち運ぶ際には問題が生じる場合も多い。ズボンやジャケットのポケットに収まらない点は、ジレンマとなる。

PlusユーザーはMaxしか選べない

もう1つのジレンマは、5.5インチのPlusユーザーと画面サイズの問題だ。

iPhone Xが登場した2017年、それまでで最も大きな画面サイズとなった5.8インチのディスプレイを備えていた。しかし「最大の画面サイズ」という表現は、NetflixやYouTubeなどで映像を楽しんでいる人から反論されることになる。

確かに表示領域の対角は5.8インチかもしれないが、横幅は5.5インチのPlusモデルより狭く、縦の長辺がぐっと伸びている。そのため16:9の映像を見る際は短辺の長さで映像のサイズが決まるため、iPhone 8 PlusよりもiPhone Xの方が小さくなってしまうのだ。

iPhone XRも、横の幅はiPhone 8 Plusより狭いため、やはり映像を楽しむ際のサイズは小さくなる。結果としてiPhone 8 Plusと同じ画面の幅があるiPhone XS Maxを選ばなければ、同等の視聴体験を楽しむ事はできない。

Plusサイズでビデオを楽しんでいれば、その体験を維持するためにはiPhone XS Maxを選ぶしかなくなる。

価格はだれにとっても問題

そのiPhone XS Maxは米国で64GBモデルが1,099ドルから販売されているが、ビデオやゲームをダウンロードして楽しむ事を考えれば、1,249ドルの256GBモデルを選んでおくべきだ。ちなみに日本のApple Storeでの価格は141,800円(税抜)。

確かに値は張るが、iPhoneは他のスマートフォンに比べ、ソフトウェアのサポート期間も5年近くと長く、昨今はiOSの刷新で過去のモデルの速度向上も見られている。「A12 Bionicプロセッサ」も、2~3年はハイエンドスマートフォンの性能を発揮し続けるだろう。

それでも、SIMフリーモデルを手に入れようとすれば1度の出費は大きいし、12回払いにしても毎月の支払いは12,000円を上回る。

米国などでApple Storeが提供するiPhone Upgrade Programを利用できれば、24分割して毎月60ドル33セントを支払い、12回払った段階で新モデルに乗り換えられる。かつAppleCare+が付帯するため、日本での分割払いより有利だ。

注意が必要なのは、10万円以上の製品でローンを組むことにもハードルがあるといわれている点。これはApple Storeだけでなく携帯電話ショップでの購入の際にも障害となってくるだろう。

iPhone XRとの比較

10万円のハードルという点では、売れ筋となる128GBモデルが10万円を切っているiPhone XRは、価格面でより魅力的と言える。iPhone XS Maxと比べると、

・ディスプレイのテクノロジー
・ディスプレイのサイズと解像度
・シングルカメラ
・4×4 MIMOへの対応

の4点が性能面での違いとなる。

ディスプレイは有機ELではなく液晶となり、解像度はフルHDに満たない。

またiPhone XS Maxより画面が小さいため、iPhone 8 Plusと比較すると、映像を楽しむ際のビデオの領域もわずかに小さくなる。しかしiPhone 8と同じドットの細かさで画面を拡大していることから、画面が粗く感じるわけではない。

シングルカメラの問題もある。望遠やマクロ撮影を好む人にとっては、瞬時に2倍に切り替えられるデュアルカメラの方が便利だし、人以外のポートレート撮影にも向いているだろう。その一方で、iPhone XRで実現する広角でのポートレート撮影は、グループショットにも向いており、使い勝手が良い場面もあるかもしれない。

一方で6色のカラーバリエーションは、iPhone XRならではの特徴と言える。

ホワイト
ブラック
ブルー
イエロー
コーラル
(PRODUCT)RED

そして、iPhone XS MaxはXよりも1時半のバッテリー持続時間向上を実現しているが、実はiPhone XRはXS Maxよりも、インターネットやビデオ再生で更に長い持続時間を実現していることも知っておきたい。

XR(右)のインターネット利用は最大15時間、ワイヤレスでのビデオ再生は最大16時間を実現。これはXS Max(左)のインターネット利用最大13時間、ワイヤレスでのビデオ再生最大15時間よりも長い

まだ試していないiPhone XRに高い評価を与えることは早計だが、A12 Bionicを搭載し、長く高い性能を維持できる点はiPhone XS Maxと同様であり、2018年のiPhone体験を十分楽しめることは間違いない。

iPhone XRについてはまだ見どころがありそうなので、機会があれば実機レビューを通じて、改めて考えてみたいところだ。 

新iPhoneに関する記事はコチラ

24時間365日 Apple Watchを身に着ける私が「Series 4」を買う理由

24時間365日 Apple Watchを身に着ける私が「Series 4」を買う理由

2018.10.05

Apple Watch Series 4を絶賛し、即購入してしまった理由

思い描いていた機能や性能が、Series 4でやっとカタチに

Apple Watchの基本形ができた今、本当の進化が期待できる

腕時計をはめなくなって十数年から一転、毎日ほぼ24時間Apple Watchを身に着けるようになって約2年。今やApple WatchがあるからiPhoneを使い続けているような状態の筆者にとって、Apple Watch Series 4は"神"を付けたくなるようなアップデートになった。その理由とは……。

不満だった初代から、Series 4を即決するに至るまで

Apple Watchは初代から買い続けて「Series 4」で4台目だ。今年は、Nikeとのコラボレーションモデル「Apple Watch Nike+」(10月5日発売) の40ミリを購入した。

9月21日の「Apple Watch Series 4」発売に続いて、10月5日に登場する「Apple Watch Nike+」。新しいNikeスポーツループには光があたった時に反射する糸が用いられている

かく言う私も、無条件でApple Watchを買い続けてきたわけではない。ファッション性と通知機能を訴求点としていた初代モデルには満足できず、同じ路線のままだったらSeries 2には手を出さなかった。しかし、Series 2でAppleがアクティビティ/フィットネスの強化に乗り出したことで、がぜん面白くなってきてコンプリートが継続している。

そう言うと、アクティビティ/フィットネス「だけ」がApple Watchを買う理由だと思うかもしれないが、そうではない。私が思うApple Watchの最大の長所は「常に身に着けていられること」だ。私はアクティビティ/フィットネスが入口だったが、その長所は全ての人に当てはまると思う。

Apple Watchを手にするまでは、アクティビティバンドをランニングの距離/ペースの記録やレース前の調整に使っていた。でも、毎日の歩数とか、カロリー消費量といったアクティビティは記録していなかった。アクティビティバンドを常時身に着けていなかったからだ。軽くて着けやすいアクティビティバンドでは機能が限られ、逆に十分なセンサーを備えている製品はサイズが大きく、多くはアクティビティ向けのデザインで服によっては悪目立ちしてしまう。

Apple Watchは、シリコンのスポーツバンドやカラフルなスポーツループを付けたらアクティブなデバイスになり、ミラネーゼループを合わせたら高級感を漂わせる。バンド交換が面倒でも、自分の服装を考えてバンドを選べば、1つのバンドで幅広いファッションに対応してくれる。そして、他の多機能時計や高機能スマートウォッチが大ぶりなデザインのものばかりであるのに対して、Apple Watchは様々なセンサーを備えながら本体サイズはコンパクトだ。ずっと装着し続けても苦にならない。

アクティビティ向けのバンドでも色を選べばカジュアルになりすぎない。バッテリー持続時間は約1日。就寝時に充電する人が多いが、AutoSleepを使った睡眠トラッキング、スマートホーム機器の操作、振動による無音目覚ましなど、ベッドでも活用している筆者は2台使いでほぼ24時間身に着けている

常に身に着けるからこそ、価値がある

なぜ、それが大事なのかというと、ウェアラブルは身に着けてこそ価値があるからだ。重くて身に着けるのが苦になったり、服装によって外すようなデバイスでは得られるデータが限られる。逆に言うとユーザーが常に身に着けているデバイスであることで、スマートウォッチで「できること」が大きく広がる。

Series 2が発表された後、アクティビティ/フィットネスはスマートウォッチの機能の1つでしかなく、そこに力を注ぐのをリスクと見なす声が当時はあった。だが、それはきっかけに過ぎない。スマートウォッチに関心を持ってもらう最初の市場としてアクティビティ/フィットネスが適していただけで、本当の狙いは、多くのセンサーを備えたスマートウォッチを常に身に付けてもらうことだ。

それによって新たな可能性が広がる。例えば、ウェアラブルを運動の記録にしか使っていなかった人が生活全体の活動データを取るようになることで、体の変調のアラートといったヘルス分野に活用が広げられる。今年の2月に起こった飲酒運転による事故で、乳児と共に被害に遭った女性がApple WatchのSOS機能によって自ら救急車を呼ぶことができた。いつ事故に遭うかなんて予測することはできない。SOS機能も、ユーザーが常に身に着けるデバイスであってこそ有用性が増す。

Series 4の要が「ヘルス機能」という話は誇張ではない

前振りが長くなってしまったが、小さなバッテリーしか積めない限られたサイズの中で、性能と効率性を向上させながら、Series 2でGPS機能と水泳にも使える耐水性能、Series 3でセルラー機能を実装するなど、ユーザーが常に身に着けていられるデバイスとしてApple Watchは着実に進化してきた。その上で、次のステップに進むのがSeries 4である。

私がSeries 4を買った最も大きな理由はヘルス向け機能だ。通常よりも高い心拍数に加えて低い心拍数を検知する機能やECG (心電図、米国のみで年内に提供開始)など、心拍計に関する機能が強化された。スマートウォッチの一般的なセールスポイントとして、心拍計強化は弱いと思う。「カメラ搭載」とかの方が話題になるだろう。だが、すでにApple Watchを常に着けて生活している私のようなユーザーにとって、ヘルス機能の強化は大きなプラスである。

心拍数を知るのはスポーツのリカバリーなどで役立つが、普段の生活においてもストレスがかかっている時に無理をせず、休んだり、気分転換で体を動かすといったブレーキをかける指針になる。心拍数を測るデバイスを使っていない人がこの感覚をイメージするのは難しいと思う。例えるなら、携帯電話を持ち始める前と後だ。以前は携帯なしで外出しても気にならなかったのが、携帯を持ち歩くようになると携帯なしの外出が考えられなくなる。同じように、心拍について知るようになると、体の声を聞かずに生活するのが無鉄砲なことに思えてくる。

心拍を測るようにしておくと、調子が出ない時、ストレスを感じる時などに休むべき状態であるのが見えてくる。緊張対策、呼吸法などの効果の目安にもなる

個人的には、転倒検知も購入を後押しする機能になった。転んだ時にアラートを表示し、ユーザーからの反応がなかったら転倒を緊急連絡先に発信する。65歳以上を除いてデフォルトでオフになっているため高齢者向け機能と見なされるが、私はオンにするつもりだ。というのも、この3年で2回も転倒して負傷しているからだ。一度はトレイルランでスリップして肘をケガ、次は遊歩道をジョギングしていた時にコントロールできなくなった自転車に正面から突っ込まれてしばらく満足に膝を曲げられなくなった。どちらも緊急連絡は不要だったが「転ばぬ先の杖」である。

落下、つまづき、スリップなど、転倒のパターンを学習させて転倒検知を実現

2012年ごろから北カリフォルニア地域で自転車の事故が増加している。最初は原油価格の上昇で通勤・通学や日々の移動に自転車を使う人が増え始めたのが理由だったが、ここ数年は自転車や電動スクーターのシェアリングサービスの台頭も原因の1つになっている。サンノゼやサンフランシスコでよく見かけるようになった自転車やスクーターのシェアリング利用者の中には、危なっかしい人が少なくない (特に電動スクーター)。自転車の事故で最も多いのは自動車との衝突である。自転車の専用レーンがあいまいなまま、マイクロライド・シェアリングが台頭しているのだから事故の増加は避けられない。私自身、シェアリングの自転車を使うことが増えている。だから、転倒検知とSOS機能の恩恵を受けるのは高齢者だけではないと思うのだ。

米国の主要都市で電動スクーターや自転車のシェアリングが増加、操作に慣れない人も多く事故が増加

進化の段階は例えればiPhone 4、大きな発展はここから

Series 4の新デザインは、画面が大きくなったのが個人的にはプラスになっている。これまでステンレスモデル、アルミニウムモデル、42ミリ、38ミリと全てを実際に使ってきて、最終的には毎日常に身に着けるものだから「より軽く」を優先して、38ミリのアルミニウムを選んでいた。でも、画面が小さすぎるというトレードオフがあった。それが40ミリに大型化して"改善"され、さらに大きな画面のSeries 4向けに情報の視認性が高い新しいUIが用意されて"解消"した。ただ、42ミリや38ミリが「ちょうど良かった」という人も少なくないので、これは個人差のあるポイントだ。

グラフやアイコン、文字をバランスよく盛り込んで、小さな画面で豊富な情報を伝える。インフォグラフィック的な新しい文字盤

デザインほどではないが、性能アップも大きい。文字盤の切り替えやスクロール、タッチの反応がなめらかで、なによりSiriのレスポンスが良くなっているのがうれしい。メッセージの音声入力など、音声を使ったインタラクションをスムーズに行える。

Series 4は、より機能的でパワフル、そしてよりモダンで、より面白い。ただ、そう思うのは私が初代からSeries 3までのユーザーだからであって、Apple Watchはまだ基本的な機能や性能が形になり始めた段階に過ぎない。iPhoneに例えるなら、Retinaディスプレイを搭載しデザインが刷新された「iPhone 4」ぐらいだろう。「iPhone 5s」や「iPhone 6」シリーズに比べたら、iPhone 4は足りないものばかりの発展途上だった。だが、スマートフォンの進化を実感でき、使っていてワクワクした時期だった。

順風満帆に見えるApple Watchだが、不安点もある。サードパーティのアプリ開発環境である。Overcastの開発者であるMarco Arment氏は、次のようにツィートしている。

「Apple Watch向けの開発はひたすら時間がかかって、フラストレーションがたまり、やる気が失せ、腹立たしい。理由は明白で、デプロイメントとデバッグの基本ツールが機能しないから。それがWatchアプリが少なく、良いものが出てこない大きな理由である」

ユーザーが常に身に着けるデバイスというのは、アプリ開発者にとっても大きな魅力であり、それを活かしたアプリやサービスの普及がスマートウォッチの進化を後押しするのは明らかである。でも、サードパーティのアプリの多くはiPhone用アプリのおまけのような存在でしかなく、Apple Watchのために作られ、Apple Watchで役立つアプリは少ない。その問題をクリアできたら、iPhoneにおける「iPhone 5s」~「iPhone 6」の爆発的な販売の再現が現実味を帯びてくる。