「Apple」の記事

新MacとiPad Proから読む「iPhone減産時代」のアップル

新MacとiPad Proから読む「iPhone減産時代」のアップル

2018.11.08

方針が変わった? アップルの製品発表会を紐解く

売り上げ安定へ、ファンが求める「手堅いMac」を再評価

iPadはタブレットからコンピュータへ脱皮できるのか

アップルは10月30日(現地時間)、ニューヨークで記者発表会を開き、MacとiPadの新製品を発表した。

発表会場は、米ニューヨークのThe Brooklyn Academy of Music

今回の発表では、iPad発売以来最大のリニューアルといっていいほどの変化を遂げた「iPad Pro」に加え、「MacBook Air」「Mac mini」といった、人気はあるが最近新モデルが出ていなかった製品の改訂が行われた。

特にMacのリニューアルについては、ファンの多くが驚いた。長年待ち望みながら、アップルが応えてはこなかったラインアップだからだ。どのくらい驚きだったかというと、「おかしい! 私たちが思う通りのものが出てくるなんで、アップルらしくない!」という皮肉な声が聞こえてくるくらいである。

「iPad Pro」。iPad発売以来、最大といっていいほどの大幅なリニューアルを遂げた
「MacBook Air」。ほぼ7年ぶりのデザイン刷新であり、2010年代末のノートPCらしい製品になった
小型デスクトップの「Mac mini」も刷新。CPU変更も含め、実に4年ぶりの新モデルになる

それでは、アップルは現在どのようなハードウエア戦略を持っているのだろうか? 新製品群から考察してみたい。

ようやく期待に応えた「Macのリニューアル」

今回の発表のポイントは、簡単にいえばふたつに絞れる。ひとつは「iPadのてこ入れ」であり、もうひとつは「Macの再評価」である。特に、同社の戦略を語る上での大きな変化は後者にあたる。

正直、ニュースバリューという意味では、iPad Proの方がずっと大きいだろう。そして、今後のアップルの売り上げに対する貢献度も、新iPad Proの登場による「iPadの変化」がもたらすものの方が大きい。だが、「アップルが今後どういう会社になろうとしているのか」を考える上では、MacBook AirとMac miniの復活は、分析しがいのある要素だ。

冒頭で述べたように、MacBook AirとMac miniは、長らくリニューアルされてこなかった製品群である。MacBook Airは、CPUなどの刷新こそ2年おきに行われていたが、デザイン的には2011年からそのまま。Mac miniに至っては、2011年にデザインが変わり、2014年にCPUが刷新されて以降、実に4年も新製品がなかった。どちらも、設計は古いが価格が安く、手に取りやすい製品として扱われてきた。

今回も壇上で多くの発表を行ったアップルのティム・クックCEO

特にMacBook Airについて、アップルは2015年以降、明確に「旧モデルを安価に売る」路線と位置づけてきた。メインストリームは、新たに設計し直した「MacBook」と「MacBook Pro」だとしていたのだ。

だが、この路線は成功とは言い難かった。MacBookは、Airのヒット要因である「13.3インチという、世界的に見ると使いやすいサイズ」「高性能なわけでも、劇的に軽いわけでもないが手頃な価格」といった要素を満たせていなかったからだ。

ではなぜAirをアップルが刷新してこなかったのか? その謎は解けないままなのだが、少なくともアップルは、MacBookではAirの人気を引き継げていない、と認めたことになる。ニューヨークでの発表会で実機を短時間だがチェックすることができた。実際よくできた製品で、ヒットする可能性は高い。

長らくリニューアルしてこなかった人気の2製品が合わせて刷新された

Mac miniに至っては、後継機すらなかった。PCのメインストリームがノート型になり、デスクトップも一体型が主流になった昨今、分離型のデスクトップの需要は減っていた。だがなくなったわけではない。特に小型のデスクトップは、PCのことがよくわかっているマニアや、業務で多数のPC(Mac)を必要とする人に根強い需要がある。

アップルはこれまで、MacBook AirにしてもMac miniにしても、消費者の需要を満たしきる製品を出してこなかった。そこにリソースを注入するよりは、iPhoneやMacBook Proに使った方が経営上有利だ、と思っていた可能性は高い。

だが今年、その方針は大きく変わった。Macに関する需要のアンマッチを解消し、ファンが求める「手堅い」Macを発売することで、売り上げを安定させる戦略を採ったのだろう。

背景に見える「iPhone依存」からの脱却

今後もアップルにとって、iPhoneが稼ぎ頭であることは変わりない。だが、スマートフォンのハードウエアは陳腐化しており、そのためハイエンドモデルの価格はジワジワと高価になっている。その結果、今後スマホの買い換えサイクルはより長期化していく。15年前にPCのスペックが陳腐化して以降、買い換えサイクルはどんどん長期化していった。それと同じことが、より速いペースで再現される可能性が高い。

そうなると、アップルとしてはiPhoneを「台数で勝負するモデル」と位置づけるのが難しくなっていく。実際、アップルは11月1日、2018年10~12月期決算より、iPhoneの販売台数を公表せず、売り上げだけを発表する形に変える、と発表した。これは、台数で勝負するモデルから売り上げ・利益率重視に切り換える証であり、「台数だけを見られても経営状況を適切に示さない」と判断しているからである。

かといって、いきなりiPhoneの販売台数が急落するとは思えない。だがハイエンドな最新機種は利益率が良いが台数が出ず、台数は旧機種で稼ぐモデルは広がっていき、結果的に、アップルのビジネスにおける「iPhone依存度」は下がって行かざるを得ない。少なくとも、今のような株価を維持して株主を納得させ続けるには、成長源泉をiPhone以外にも求めざるを得なくなる。

成長源泉としてもっとも有力なのは「サービス収入」の増加だ。過去15年に渡り、アップルは「ハードを差別化するためのソフトやサービスを利用する」というスタンスをとってきた。やれGAFAだ、やれ独占的プラットフォーマーだ、と世間では色々言われるが、アップルの利益はあくまでハードウエアの販売から生まれており、ハードを便利で魅力的なものにするための存在が、ソフトでありサービスだったわけだ。

しかし、アップルはこの方針を改めつつある。サービスを広く他社機器に公開するスタンスにはならないようだが、オリジナル映像の配信を含めたコンテンツビジネスを軸に、「サービスだけでも収益を得る」部分を増やしていく。要はユーザーひとりあたりの収益に着目し、ハードウエアよりも成長率の高いサービス部分の売り上げにフォーカスすることで株主に対するイメージを変えたい……という意図が読み取れる。

もちろん、それだけでは終わらない。現状はiPhoneほど大きな売り上げではないiPadやMacの部門についても、より「売れる」「売りやすい」機種を用意することで、売り上げ増を狙っているのだろう。今回ファンが待ち望んでいたモデルがリニューアルしたのは、やはりそれだけ「売りやすい」からだ。

「新しいコンピュータ」への脱皮を図るiPad

Mac以上に「稼ぎ頭」としてアップルが期待しているのがiPadだ。iPadは初期から完成度が高い製品だっただけに顧客満足度が高い。一方で、「ビュワー」として使う分には性能が陳腐化しづらいので、なかなか買い替えが進まず、急速に需要が満たされ、販売数が伸びなくなっていった。

そこでこれからは、安価な製品を買い替え需要に頼って売っていくのではなく、ビュワーではなく「コンピュータ」としての価値を拡大することで、他社との競合から離れてiPadの市場を作る……これが同社の戦略だ。

そのひとつが今年3月にも発表会が行われた「教育向け」であり、もうひとつが「アーティスト向け」のニーズである。

iPad Proは「ペン」を重視しており、今回も「アーティストが自由に絵を描けるコンピュータ」としての価値をアピールしていた

Macを含むPCの市場は安定的なものになっており、大きく減る要因はないし、いきなり伸びる要因もない。一方、タブレットを「ビュワー」ではなく「新しい個人向けコンピュータ」と定義した場合、市場開拓はまだできる。むしろ、カメラやペンを活用したアプリの市場は、PCでは開拓できておらず、スマホではサイズの問題でやはり開拓できていない。

タブレット市場を「新しい個人向けコンピュータ」にトランジションできれば、PCから一部の市場を奪い、まだまだ成長できる……というのがアップルの発想だ。他のメーカーは、タブレット市場そのものの開拓を諦めた雰囲気があり、「新しい個人向けコンピュータ」としては、教育市場に向けて、低価格なChromebook(Google)を売る流れがあるのみだ。

ただ、この市場開拓が成功しているか、というと、まだ疑問はある。タブレット市場が年率10%・20%の単位で減少しているなか、アップルとファーウェイだけが数を伸ばしている。積極的な製品展開をしているから市場を維持できているのだが、逆にいえば、他社はすっかりやる気をなくしている。

ハンズオン会場で実機を紹介するティム・クックCEO

そこで、アップルはどう「孤軍奮闘」するのか。スマホ市場がiPhoneとAndroidの競争で伸びてきたように、1社で市場を構築するのは非常に困難だ。ファーウェイはタブレットにおいてはまだ非常に弱く、アップルのライバル、というのは難しい。

ハードだけでは市場はひっくり返らない

10月30日に発表された新iPad Proは素晴らしい製品だ。アップルがいう通り「過去最高のiPad」であり、購入した人の満足度はきっと高いだろう。だが、それだけで市場はひっくり返らない。

アップルは数年をかけて、「新しい個人向けコンピュータ」市場がビジネスとして旨味があることを証明する必要に迫られている。そこに旨味があると思えば、他社ももちろん黙っていないはずだ。アップルは単価の高いiPad Proで旨味の大きなビジネスをしつつ、「こっちの水は甘い」と他社にアピールする必要がある。そうやって、スマホの販売量減少をカバーする製品へと育てていくことが、アップルという会社にとっても急務なのである。

そのためには、iOSをよりPC的な汎用性の高いものに進化させる必要があるし、アプリ市場の活性化も必要だ。まだこの市場については、「ファンが欲しいと思うものを作る」だけで伸びる段階ではない。

iPhone XRは日本の「新・定番スマホ」になれるか

iPhone XRは日本の「新・定番スマホ」になれるか

2018.11.06

2018年iPhoneシリーズで”本命”の「iPhone XR」が発売

端末割引が減る中、iPhone 7・8と同価格帯な点に注目

販売店も「売れ筋」と判断? ショップの値引き合戦が開始

2018年モデルのiPhoneの中でも「本命」と目される「iPhone XR」が、いよいよ発売された。上位モデル「iPhone XS/XS Max」に近い機能を備えながら、価格を従来モデル並みに抑えた新機種として注目されている。

従来モデル並みの価格で登場した「iPhone XR」

2017年秋の「iPhone X」で大きな進化を遂げたiPhoneだが、実際に売れ筋となってきたのは「iPhone 8」や「iPhone 7」だった。アップルの戦略が大きく変わりつつある中、iPhone XRは新たな定番スマホになれるだろうか。

「iPhone XRこそ本命」の背景に7・8の絶大な人気

11月1日に米アップルが発表した2018年7〜9月期決算は、同四半期で過去最高の業績となった。好業績を牽引するiPhoneは約4689万台を販売したが、今後の決算では販売台数の公表をやめるという。

iPhoneが売れていないから公表しないのか、との見方もあるだろう。実際のところ、7〜9月期のiPhoneの販売台数は前年同期とほぼ変わっていない。だが、売上高は約3割も増えた。これはiPhone1台あたりの単価が大きく上昇しているためだ。アップル自身、台数よりも単価を重視する方向にシフトしている。

サービスやコンテンツの比重を高めたいとの思惑もあるようだ。iPhone XSの発表会では「iPhone 5sを使い続ける選択肢もある」とアピールしたように、Androidに乗り換えるくらいならいまのiPhoneを使い続けてほしいとアップルは考えている。

その中で、デジタルコンテンツやApple Payなどサービス部門の売上高が伸びており、過去最高の100億ドルに達したという。今後はiPhoneのユーザー基盤を活かし、台数が伸びなくなったとしても利益が出せる体制を確保しようというわけだ。

アップルがiPhoneの販売価格を大きく引き上げたのが、2017年に登場した「iPhone X」だ。だが、このXの発売後も日本ではiPhone 7や8が売れ続けており、ランキング上位を独占してきた。日本で最も一般的に普及しているスマホは、これら従来型のiPhoneといえる。

iPhone 6以来、長く続いたこのデザインもいよいよ終わりが見えてきた

9月にはiPhone XSが発売されたものの、価格はXと同じく高い水準にとどまっている。「携帯電話料金はあと4割値下げできる余地がある」といった総務省の指導を受け、キャリア各社は通信料を値下げする一方で端末インセンティブを減らす流れが続いており、なかなか手を出せない人も多いようだ。

その中で登場してきたiPhone XRは、iPhone XSの機能の大部分を受け継ぎながら、iPhone 7や8と同程度の価格帯に投入されるモデルになる。iPhoneが2018年の本命とされる理由がここにある。

使い心地はほぼXS、ショップも値下げ合戦を開始

iPhone XRは、アップル直販の本体価格は8万4800円(税別)からとなっており、決して安くはないものの従来のiPhone並みといえる。iPhone XSとの違いとして、ディスプレイが有機ELではなく液晶で、望遠側のカメラがなく広角側のみとなっているが、プロセッサーは同じものを搭載しているなど、その差は意外なほど小さい。

iPhone XRの画面サイズは6.1インチで、5.8インチのiPhone XSと6.5インチのXS Maxの中間に位置する。本体サイズはiPhone 8と8 Plusの中間でもあり、これまでのiPhoneにはないサイズ感だ。

左からiPhone XS、iPhone XR、iPhone XS Max

有機ELとは異なり、コントラストや彩度の面で弱い印象のある液晶だが、発色はこれまでのiPhoneと同じく十分に綺麗なもので、日常的な利用シーンで不満を感じることは少ないだろう。

背面のカメラは1個のみだが、iPhone XSの広角側カメラと同じものを搭載しており、望遠以外の画質は同等とされる。背景をぼかすポートレート機能はソフトウェア的に実現し、顔認証の「Face ID」を含むインカメラの機能はまったく同等となっているなど、Xシリーズの体験を手軽に得られるのがメリットだ。

iPhone XRのリアカメラは広角側の1基のみ

販売店による値引きも話題となっている。新型iPhoneの登場に伴い、iPhone 8とiPhone Xは「一括0円」をうたうショップも珍しくない。さらにiPhone XRは新製品にも関わらず、発売直後から大きな値引き合戦が始まっているようだ。

iPhone XRの体験は、iPhone XSとの違いがすぐには分からないほど作り込まれており、安売りをうまく利用できればお買い得感は高い。iPhone 7や8を置き換え、日本の新たな定番スマホになる勢いは十分にありそうだ。

新iPad Pro発表 GPU強化のA12Xチップ搭載、MacBook AirとMac miniも新型に

新iPad Pro発表 GPU強化のA12Xチップ搭載、MacBook AirとMac miniも新型に

2018.10.31

Appleが新「iPad Pro」発表、A12のGPU強化版チップを搭載

「MacBook Air」と「Mac mini」も最新ハードウェアに刷新

Appleの”コンピューター”、MacよりiPad重視が鮮明に?

米国時間の10月30日、米Appleがニューヨーク・ブルックリンにて製品発表会を開催した。あえてブルックリンを舞台にした理由を、「ここが世界のクリエイティビティの本拠地だから」と語るとおり、新製品はすべてクリエイターの念願に叶うものだという。

iPad Proの新型が発表された。クリエイター向けを強く意識した製品となっている
Tim Cook(Apple, CEO)が登場しラブ・ニューヨークで発表会が始まる

発表された新製品は3つで、「iPad Pro」、「MacBook Air」、「Mac mini」。3つとも即日オーダー可能となっており、11月7日より出荷する。

「iPad Pro」はA12X Bionicチップ搭載、ホームボタンが消えた

iOSタブレットの新型iPad Proは、SoCチップにA12X Bionicを搭載し、従来機から性能を大きく引き上げた。このチップはiPhone XSで採用していたA12 BionicのGPU強化版と見られ、グラフィックス性能はマイクロソフトの最新家庭用ゲーム機「Xbox One」に匹敵すると説明している。

ホームボタンがなく、全面ディスプレイ化した新型「iPad Pro」

新たに狭額縁なベゼルレスデザインとなり、本体からホームボタンが消えたことも特徴だ。あわせて、顔認証機能であるFace IDに対応した。画面サイズは12.9インチと11インチの2モデルで、従来機から薄型化したほか、ベゼルレスデザインとなったことで外形も小型化している。

ベゼルレスデザインで、従来機(左)にくらべ画面サイズの割に本体は小さい
額縁は細いが、いつものカメラやセンサー類はちゃんと内蔵している

また、Lightning端子が廃止され、代わりにUSB-C端子を採用した。外部ディスプレイに5K映像を出力できるほか、iPad Proのバッテリーから電力を送ることもでき、iPhoneをつないでiPhoneのバッテリーを充電するといった使い方ができる。

SoCはGPUが強力なA12X Bionic
USB-CでつないでiPhoneを充電することも

ペン入力デバイスの「Apple Pencil」も新しくなり、iPad Proの側面に磁石で装着できるようになり、さらにその状態でペンの充電と自動ペアリング、ペンを側面から外すとスリープから復帰し利用できるようになった。従来同様、専用キーボード&カバーの「Smart Keyboard Folio」も用意する。

Apple Pencilを装着。充電中の表示も見える
キーボード&カバーのSmart Keyboard Folio

価格は12.9インチモデルが999ドル(税別111,800円)から、11インチモデルが799ドル(税別89,800円)から。10.5インチモデルの旧型iPad Proも649ドルで併売する。

「MacBook Air」は13.3インチRetinaと狭額縁化、Touch IDも

新型MacBook Airは、13.3インチのRetinaディスプレイ(2,560×1,600ピクセル)を搭載し、ディスプレイが従来機よりもはるかに高精細化した。CPUも第8世代の最新Intel Coreプロセッサ(1.6GHzデュアルコア)へと更新された。

新型「MacBook Air」

一方でベゼルレスデザインにより額縁が削減され、本体サイズが小型化したほか、厚さも従来から10%ほど薄型化した。サイズはW304.1×D212.4×H15.6mmで、重量は2.75ポンド(約1.25kg)と、従来のAirよりも持ち運びやすい。バッテリーライフは公称で12時間。

待望のRetina化で高精細に
狭額縁化で、画面サイズ同等でも小さくなった

ほか、独自のセキュリティチップ「T2」を搭載し、キーボード部分に指紋認証機能の「Touch ID」モジュール、ベゼル部にFaceTimeカメラも備える。外部端子にUSB-C(Thunderbolt 3対応)も採用した。

キーボード右上隅にTouch ID搭載
USB-C(Thunderbolt 3)端子も2系統備える

価格は1,199ドル(税別134,800円)から。

「Mac mini」は最新CPUと大容量メモリ搭載で性能を大幅強化

Mac miniの新型は、CPUにモバイル向けではなく、デスクトップ向けの第8世代Intel Coreを採用し、CPUコア数が最大6コア(Core i7)、メモリが最大64GB、SSDが最大2TBまで搭載可能と、ワークステーション用途も視野に入る性能を盛り込んで登場した。

新型「Mac mini」

本体はW197×197×H36mmでいわゆるminiな小型サイズだが、外部端子も4系統のUSB-C(Thunderbolt 3対応)と2系統のUSB-A、HDMI、10Gb有線LANなど豊富で、プロ向けを意識している。

本体カラーは「クリエイター好み」というスペースグレイ
豊富な外部端子。周辺機器を多く接続できる拡張性もプロ向けを意識したもの

価格は799ドル(税別89,800円)からだが、前述のような6コア64GBメモリなど上位構成でオーダーすると、日本円で40万円を超えるような価格になる。

iPadは最も売れたタブレットではなく、最も売れたコンピューターに

Apple製品が世界中のクリエイターから支持を得ていることは言うまでもないが、わざわざブルックリンで開催し、そのクリエイターへの訴求を前面に出した今回の製品発表会で主役として扱われたのは、iPad Proであって、Macではなかったように見えた。

Appleは、好調なiPadのセールスをアピールする際に、他社のタブレットではなく、他社のノートパソコンの販売台数と並べて、「iPadは世界で最も人気のある”コンピューター”だ」と紹介した。

iPadと他社のノートパソコンのセールスを比較。iPadは、最も人気のある”コンピューター”だと紹介

クリエイティビティでもゲーム体験でも、iPadは既存のコンピューターが強かった分野でも十分な性能を獲得し、すでに同じ土俵にあると印象付けられる場面が多かった。例えば発表会では米Adobeのデザイン部門VP, Jamie Myrold氏がゲストで登場し、iPad Proでフル機能のPhotoshopが利用できるというデモンストレーションを披露した。

Adobeのデザイン部門VPがゲストで登場
フル機能のPhotoshopがiPadでスムーズに動く

これは先日のAdobeユーザーイベントで発表されたばかりの「Photoshop CC for iPad」で、デスクトップコンピューター用のPhotoshopの機能は、iPad Proでごく普通に使うことができると、100枚以上のレイヤーを重ねたGB単位のファイルを編集し、編集したファイルをその場でAR化する様を実演して見せていた。

会場で編集したpsdファイルを、その場で会場の風景にAR合成して見せた

世界中でネット接続が当たり前になった時代に、主役がパソコンからスマートフォンに、AppleでいえばMacからiPhoneになったように、今度はクリエイティブデバイスの世界で、iPadがポストMacになっていく流れが強くなるのかもしれない。