「Adobe」の記事

新iPad Pro発表 GPU強化のA12Xチップ搭載、MacBook AirとMac miniも新型に

新iPad Pro発表 GPU強化のA12Xチップ搭載、MacBook AirとMac miniも新型に

2018.10.31

Appleが新「iPad Pro」発表、A12のGPU強化版チップを搭載

「MacBook Air」と「Mac mini」も最新ハードウェアに刷新

Appleの”コンピューター”、MacよりiPad重視が鮮明に?

米国時間の10月30日、米Appleがニューヨーク・ブルックリンにて製品発表会を開催した。あえてブルックリンを舞台にした理由を、「ここが世界のクリエイティビティの本拠地だから」と語るとおり、新製品はすべてクリエイターの念願に叶うものだという。

iPad Proの新型が発表された。クリエイター向けを強く意識した製品となっている
Tim Cook(Apple, CEO)が登場しラブ・ニューヨークで発表会が始まる

発表された新製品は3つで、「iPad Pro」、「MacBook Air」、「Mac mini」。3つとも即日オーダー可能となっており、11月7日より出荷する。

「iPad Pro」はA12X Bionicチップ搭載、ホームボタンが消えた

iOSタブレットの新型iPad Proは、SoCチップにA12X Bionicを搭載し、従来機から性能を大きく引き上げた。このチップはiPhone XSで採用していたA12 BionicのGPU強化版と見られ、グラフィックス性能はマイクロソフトの最新家庭用ゲーム機「Xbox One」に匹敵すると説明している。

ホームボタンがなく、全面ディスプレイ化した新型「iPad Pro」

新たに狭額縁なベゼルレスデザインとなり、本体からホームボタンが消えたことも特徴だ。あわせて、顔認証機能であるFace IDに対応した。画面サイズは12.9インチと11インチの2モデルで、従来機から薄型化したほか、ベゼルレスデザインとなったことで外形も小型化している。

ベゼルレスデザインで、従来機(左)にくらべ画面サイズの割に本体は小さい
額縁は細いが、いつものカメラやセンサー類はちゃんと内蔵している

また、Lightning端子が廃止され、代わりにUSB-C端子を採用した。外部ディスプレイに5K映像を出力できるほか、iPad Proのバッテリーから電力を送ることもでき、iPhoneをつないでiPhoneのバッテリーを充電するといった使い方ができる。

SoCはGPUが強力なA12X Bionic
USB-CでつないでiPhoneを充電することも

ペン入力デバイスの「Apple Pencil」も新しくなり、iPad Proの側面に磁石で装着できるようになり、さらにその状態でペンの充電と自動ペアリング、ペンを側面から外すとスリープから復帰し利用できるようになった。従来同様、専用キーボード&カバーの「Smart Keyboard Folio」も用意する。

Apple Pencilを装着。充電中の表示も見える
キーボード&カバーのSmart Keyboard Folio

価格は12.9インチモデルが999ドル(税別111,800円)から、11インチモデルが799ドル(税別89,800円)から。10.5インチモデルの旧型iPad Proも649ドルで併売する。

「MacBook Air」は13.3インチRetinaと狭額縁化、Touch IDも

新型MacBook Airは、13.3インチのRetinaディスプレイ(2,560×1,600ピクセル)を搭載し、ディスプレイが従来機よりもはるかに高精細化した。CPUも第8世代の最新Intel Coreプロセッサ(1.6GHzデュアルコア)へと更新された。

新型「MacBook Air」

一方でベゼルレスデザインにより額縁が削減され、本体サイズが小型化したほか、厚さも従来から10%ほど薄型化した。サイズはW304.1×D212.4×H15.6mmで、重量は2.75ポンド(約1.25kg)と、従来のAirよりも持ち運びやすい。バッテリーライフは公称で12時間。

待望のRetina化で高精細に
狭額縁化で、画面サイズ同等でも小さくなった

ほか、独自のセキュリティチップ「T2」を搭載し、キーボード部分に指紋認証機能の「Touch ID」モジュール、ベゼル部にFaceTimeカメラも備える。外部端子にUSB-C(Thunderbolt 3対応)も採用した。

キーボード右上隅にTouch ID搭載
USB-C(Thunderbolt 3)端子も2系統備える

価格は1,199ドル(税別134,800円)から。

「Mac mini」は最新CPUと大容量メモリ搭載で性能を大幅強化

Mac miniの新型は、CPUにモバイル向けではなく、デスクトップ向けの第8世代Intel Coreを採用し、CPUコア数が最大6コア(Core i7)、メモリが最大64GB、SSDが最大2TBまで搭載可能と、ワークステーション用途も視野に入る性能を盛り込んで登場した。

新型「Mac mini」

本体はW197×197×H36mmでいわゆるminiな小型サイズだが、外部端子も4系統のUSB-C(Thunderbolt 3対応)と2系統のUSB-A、HDMI、10Gb有線LANなど豊富で、プロ向けを意識している。

本体カラーは「クリエイター好み」というスペースグレイ
豊富な外部端子。周辺機器を多く接続できる拡張性もプロ向けを意識したもの

価格は799ドル(税別89,800円)からだが、前述のような6コア64GBメモリなど上位構成でオーダーすると、日本円で40万円を超えるような価格になる。

iPadは最も売れたタブレットではなく、最も売れたコンピューターに

Apple製品が世界中のクリエイターから支持を得ていることは言うまでもないが、わざわざブルックリンで開催し、そのクリエイターへの訴求を前面に出した今回の製品発表会で主役として扱われたのは、iPad Proであって、Macではなかったように見えた。

Appleは、好調なiPadのセールスをアピールする際に、他社のタブレットではなく、他社のノートパソコンの販売台数と並べて、「iPadは世界で最も人気のある”コンピューター”だ」と紹介した。

iPadと他社のノートパソコンのセールスを比較。iPadは、最も人気のある”コンピューター”だと紹介

クリエイティビティでもゲーム体験でも、iPadは既存のコンピューターが強かった分野でも十分な性能を獲得し、すでに同じ土俵にあると印象付けられる場面が多かった。例えば発表会では米Adobeのデザイン部門VP, Jamie Myrold氏がゲストで登場し、iPad Proでフル機能のPhotoshopが利用できるというデモンストレーションを披露した。

Adobeのデザイン部門VPがゲストで登場
フル機能のPhotoshopがiPadでスムーズに動く

これは先日のAdobeユーザーイベントで発表されたばかりの「Photoshop CC for iPad」で、デスクトップコンピューター用のPhotoshopの機能は、iPad Proでごく普通に使うことができると、100枚以上のレイヤーを重ねたGB単位のファイルを編集し、編集したファイルをその場でAR化する様を実演して見せていた。

会場で編集したpsdファイルを、その場で会場の風景にAR合成して見せた

世界中でネット接続が当たり前になった時代に、主役がパソコンからスマートフォンに、AppleでいえばMacからiPhoneになったように、今度はクリエイティブデバイスの世界で、iPadがポストMacになっていく流れが強くなるのかもしれない。

Adobeが巻き起こす「クリエイターデバイス市場」の大激震

Adobeが巻き起こす「クリエイターデバイス市場」の大激震

2018.10.26

Adobeが「iPad向けPhotoshop」をリリースしクリエイターが注目

既存のモバイルアプリは機能制限があったが、今回はフル機能

Adobeが舵を切ったことで生まれる市場の変化とは

Adobeは、10月15日~10月17日の3日間に渡り、同社の主力製品であるサブスクリプション型クリエイターツールの「Creative Cloud」に関する年次イベント「Adobe MAX」を、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市のロサンゼルス・コンベンション・センターで開催した。

この初日にあたる10月15日に行なわれた基調講演の中で、Adobeは「Photoshop CC for iPad」、「Project Gemini」、「Project Aero」と呼ばれる新製品を、2019年に投入することを明らかにした。

この中でAdobeは、同社の新戦略として「マルチデバイス、マルチプラットフォーム」という新戦略を明らかにした。この新戦略は、今までAppleのMacBookシリーズがリードしてきたクリエイター向けのデバイス市場に、激震をもたらす事になる。

最も注目を浴びた「Photoshop CC for iPad」

AdobeのCreative Cloudユーザー向けの年次イベントとして行なわれているAdobe MAXにおいて、Adobeは18年向けのCreative Cloudアプリケーションの各種アップデートと19年に投入する計画の新アプリケーションについて説明を行なった。この中で最も注目されたのは、「Photoshop CC for iPad」と呼ばれる新製品だ。

これまでAdobeは、モバイルアプリ(スマートフォンやタブレット向けのアプリという意味)として、Photoshopのブランドを冠した製品を複数提供してきたが、いずれも機能は限定的で、プロのクリエイターからは"使えない存在"という扱いをされていた。

多くのクリエイターは、作画などにデスクトップアプリ(PC向けのアプリという意味、WindowsやmacOS向けのソフトウェアのこと)の「Photoshop CC」を長年利用しており、レイヤー(層のこと、作画に複数層をもうけることで書き終わった後の編集などを容易にする)、ブラシ(Photoshopではクリエイターが自前のブラシを作成し、それを利用して効率よく作画できるようになっている)といった、Photoshopを特徴付けている機能を必要としている。従来のPhotoshopブランドのモバイルアプリは、そうした機能が搭載されていないか、一部の機能に限定されていたのだ。

レイヤーやブラシなどPhotoshopの主要機能を実装しているPhotoshop CC for iPadの画面

だが、Photoshop CC for iPadは違う。レイヤーやブラシの機能などは皆搭載されており、デスクトップアプリと全く同じように使える。Adobe MAXのデモでは200のレイヤーを使って編集している様子、そして独自のブラシを利用して作画している様子などがデモされ、詰めかけた「Photoshop使い」のクリエイターから拍手喝采を浴びた。

「フル機能モバイルアプリ」実現の背景

AdobeがPhotoshop CC for iPadのようなモバイルアプリケーションに取り組むには、いくつかの背景がある。

1つは、モバイルデバイスの処理能力がここ数年で大きく上がったこと。AppleのiPhone/iPadに搭載されているAシリーズのSoCは、既にノートPCのCPUやGPUに匹敵するような性能を備えつつあり、メモリも4GBなど大容量に強化され始めている。このため、クリエイターがPhotoshopにさせようと考えているような重たい処理でも十分にこなせる性能になりつつある。

iPadでノートPCに匹敵する処理が可能になり、「フル機能」が実現した。

もう1つは、AdobeがCreative Cloudの導入と共に進めてきたクラウドストレージの活用、そしてクラウドを利用した各種サービスの提供というモバイルアプリを必要とするための前提条件が整いつつあることだ。

モバイルデバイスは、デスクトップPCに比べると大容量のストレージを持っていない場合が多く、同時にOS側の制約でローカルにファイルを保存したりしない仕様になっていることも多々ある。このため、ファイルを更新するときには、ファイルサイズが大きくなってしまい、通信費の増大を招きかねない。

AdobeのPhotoshop CC for iPadでは、「クラウドPSD」という新しい仕組みを導入してこの課題をクリアする。Photoshopでは.psdの拡張子が付けられたPSD(Photoshop format、日本語だとPhotoshop形式)ファイルが標準のファイル形式とされている。このPSD形式で保存することで、レイヤーやブラシなどの情報を含めて保存して、他のPCで続きを編集したりすることができる。Photoshop CC for iPadで導入されるクラウドPSDはそうしたレイヤーやブラシの機能を含みながら差分だけを更新することが可能になっており、iPadのようなモバイル機器でも効率の良い取り扱いが可能になる。

Adobeではこうしたクラウドをハブとして、そこにモバイル向けのPhotoshop CC for iPad、デスクトップ向けのPhotoshop CCがぶら下がり相互にやりとりができる仕組みのことを「マルチサーフェス」と呼んでおり、モバイルとデスクトップ、モバイル同士、あるいはデスクトップ同士でシームレスにコンテンツをやりとりできる仕組みを既に構築している。

Adobeの本当の狙いは「モバイルファースト」

このように、モバイル機器の処理能力が向上し、マルチサーフェス戦略によりどのデバイスからでもシームレスにデータにアクセスできる環境が整え終わっているからこそ、Adobeは満を持してPhotoshop CC for iPadを導入できる訳だ。

Adobeの製品面での最高責任者になるAdobe CPO(最高製品責任者) 兼 Creative Cloud担当上席副社長 スコット・ベルスキー氏は、「我々のお客様が欲しがっているモノは、プラットフォームに依存しないということだ」と述べ、Adobeがプラットフォーム(AppleのmacOS/iOS 、GoogleのAndroid、MicrosoftのWindows)に依存しないソフトウェア展開を真剣に検討していると強調した。

このことを素直に解釈すれば、今の時点ではPhotoshop CC for iPadはiPadのみとなっているが、今後はiPhone版も登場するだろうし、Android版もいつかは登場する、そういうことだろう。

これまでPhotoshopのフル機能を使いたいと思っているクリエイターにとっての選択肢はWindowsかmacOSしかなかった。しかし、今後はまずiPad向けにPhotoshop CC for iPadが登場し、将来的にはスマートフォンで使えるようなフル機能のPhotoshopだって登場する可能性がある。

それが何を意味しているのかと言えば、Adobeはデスクトップファーストのクリエイターツールから、今後はモバイルファースト(モバイル優先)でクリエイターツールを提供していく方向に大きく舵を切ったということだ。

もちろん、今すぐデスクトップアプリを廃止する訳ではない。今後も相当な期間、併存していくことになるだろう。だからこそAdobeのメッセージは「マルチデバイス、マルチプラットフォーム」なのだ。

だが、Photoshop CC for iPadがAdobe MAXの最大の発表だったこと、同じくAdobe MAXでデモをした新しいアプリProject GeminiやProject AeroのデモがいずれもiPad版で行なわれたことを考えれば、そこに隠されたメッセージがモバイルファーストであることは明らかだ。

Adobeが舵を切ったことで、市場は大きく変わっていく

こうしてモバイルファーストへとAdobeが舵を切ったことで、クリエイターのデバイス環境はどう変わっていくのだろうか? 1つには、iPad Proのようなタッチとペンが使えるモバイルデバイスへのシフトが発生することは容易に想像ができる。同時に、MicrosoftのSurfaceシリーズのようなiPad Proと同じようにタッチとペンが使える2-in-1デバイスも選択肢になっていくだろう。

Adobe MAXのステージには、Apple ワールドワイドマーケティング担当上級副社長 フィル・シラー氏も登壇し、両社が協力してPhotoshop CC for iPadをアピール。Adobeだけでなく、AppleもiPad Proをクリエイターツールとしていくことに本気だ。

それに対して、トラディショナルなクラムシェル型のノートPCへのニーズは減っていくだろう。AppleのMacBookはiPad Proに代替され、Windowsのクラムシェル型ノートPCは2-in-1型デバイスへと置き換えられていくだろう。クリエイターにとって、その方が生産性は向上するからだ。

これまで、クリエイターのデバイスと言えば、長らくMacBookシリーズが大きなシェアを占めており、その後にWindowsのワークステーションというのが一般的だった。だが、そのクリエイターにツールを提供しているAdobeがモバイルファーストへ大きく舵を切ったことにより、クリエイター向けのデバイスも今後はモバイルへのシフトが進んでいくことになりそうだ。

Adobe本社で働く日本人に聞いた、「Tech Transfer」

Adobe本社で働く日本人に聞いた、「Tech Transfer」

2018.05.31

カリフォルニア州サンノゼにあるAdobe本社。Adobeといえばフォトショップなどで有名だが、その基幹技術の開発は、この地で行われている。というのも、本社には「Adobe Research」があるからだ。現在、AIやイマーシブなど、バズワードであり、確実に今後5年、10年を形作る技術の開発を行っている。同組織に所属する日本人、技術アーティストでコンセプトデザイナーの伊藤 大地氏に技術開発の最先端を聞くことが出来たのでお伝えしたい。

Adobe Research 技術アーティスト コンセプトデザイナー 伊藤 大地氏

Tech Transferが実現する未来

Adobe Researchが目指すことのひとつは、「Tech Transfer」だと伊藤氏。AIやAR、VRに関連した特許、技術はこれまでもAdobeとして数多く保有しているが、「さまざまな技術カンファレンスに参加して技術動向を見ながらコンセプトを固め、どうAdobe製品に応用していくのか。それを固めていくことが大切な役割」だという。

こうしたバズワードを用いることは業界のトレンドであり、もはや聞き飽きたという読者も少なくないだろう。ただ、Adobeというテクノロジー界の大企業の技術部門が真正面から取り組んでいる事実は、重要な意味を持つ。AIはともかく、ARやVRは一部の端末でしか再現できないため、「そもそも文化として定着するのか?」と疑う人も少なくないだろう。

だが、これらの製品に対してAppleやGoogle、Microsoftなどのアメリカ勢、SamsungやSonyといったメーカー勢も取り組んでいる。何より、多くの人が織り成す文化を形成する「エンターテイメント」の領域において、フォトショップなどの製品で絶大な影響を持つAdobe製品がARやVRに取り組むことで、エンタメのクリエイティブを作る時間、お金の両方のコストが劇的に下がることになる。

現時点では、確かにARやVRは一歩先の未来だ。だが、ハードウェアの面でインフラが整えば、コンテンツは数年先というそう遠くない未来に、Adobeが製造しやすい手段を整える。もちろん、研究開発部門がARやVRに取り組んでいるというだけで、実際に製品に技術が適用されるのかわからない。だが、確実に技術開発している事実は、見逃してはならないだろう。

特に、AIについては、すでに日本の「先生」をもじった「Adobe SENSEI」として機能をリリースしている。今後もAIをすべてSENSEIとして展開するのかはわからないものの、先生のようにユーザーを自然とクリエイティブ作業に集中できるよう導くという機能開発をやめるとは考えにくい。AIに至っては「未来」ではなく、「現実」なのだ。

スニークプレビューで新技術を見せる意味

Adobeは、かねてよりクリエイター向けイベント「Adobe MAX」を開催しているが、伊藤氏は日本向けに「スニークプレビュー」と呼ばれる、リサーチ部門で開発した技術の"チラ見せ"を行ってきた。

なぜ研究開発部門が、技術をチラ見せするのか。もちろん、AdobeやGoogleなどのテクノロジー企業が最先端の技術開発を行っていることに疑う余地はない。だが、世界は多様で、さまざまなプレイヤー、業態、業界がある。テクノロジーはあくまでユーザーに企業が届けたい価値の柱の一つであり、価値そのものではない。

もちろん、技術が占める割合は大きくなっているものの、例えば外食産業であれば、その価値は「よりよい飲食物を、その企業が考える最大価値で、低コストに提供する」というものだろう。技術は低コスト化や、利便性などに寄与するものであって、飲食物のアイデアなどがコアだ。

その応用するための技術は、そうした企業主体が存在することで初めて意味あるものになる。だからこそ、将来製品に応用していく技術を"チラ見せ"することで、その技術が本質的に求められているのか、改良する必要があるのか、「ユーザーが、開発者が考える『いいね』を見る事が出来て、それにユーザーがどれくらい『いいね』と思ってくれるのか見られるのがスニークプレビューなんです」(伊藤氏)。これまで、多くの機能がプレビューで見せられ、実際に機能化されているものの、細かい部分では「出ていない技術もある」(伊藤氏)という。

今回のインタビューで伊藤氏、そしてAdobe ResearchのPrincipal ScientistであるVishy Swaminathan氏に解説してもらったのは、昨年末のAdobe MAXと、今年春の Adobe Summitにおけるスニークプレビューでもプレゼンした技術だ。今回見せてもらったものの多くは、ディープラーニング技術を用いたもので、AIの進化をまざまざと見せつけられた。

例えば、「Video Ad AI」は映像解析によってメタタグを自動付加するもので、名前の通り急伸する動画配信プラットフォーム向けの動画広告に応用される。

これまでは広告担当者が動画をすべて見てタグデータを考え、割り当てていたものが、その作業を簡素化出来る。もちろん、これはAdobe SENSEIの画像データへのメタタグ割当と同じ機能と言えるが、Video Ad AIはこれにとどまらない。

Adobe Research Principal Scientist Vishy Swaminathan氏

例えば、YouTubeではある程度の"じっくり視聴"が許容されるものの、配信先をFacebookやInstagramに切り替えれば、インフィード広告で一瞬のブランディングが肝になる。そうした配信先の違いを読み、最適な動画トリミング、さらに言えばその動画再生時間の短縮も、切り出しではなく、「人が感動するポイント」をピックアップして再構成してくれるようになる。このアウトプットしたデータは、完成品としてだけでなく、Adobe製品の動画編集専用のファイル形式で出力されるため、再編集も可能になる。

「ディープラーニングにおけるニューラルネットワークの再現のように、脳の働き方を再現したものだ。一つのオリジナルビデオを見て(読み込ませて)、人が思い返す時に印象深いシーンだけ思い浮かべるように、印象強いタグの部分などをピックアップする。その作業を、1000件を超える動画で学習させたことで、このような機能を実現できた」(Swaminathan氏)

一方で、自身もアーティストとして活動する伊藤氏に紹介してもらったものは、「Project Scribbler」と「Makeup Transfer」「Project Puppetron」「Project Cloak」だ。「Project Scribbler」と「Makeup Transfer」「Project Puppetron」の3つは、いずれもさまざまな画像データを学習させたディープラーニング技術を適用させたものとなる。

Scribblerは、白黒写真を自動カラーリングするもので、実に数万枚も学習させたという。

「ポートレートは自分自身、描きますが、デッサンしても色付けまでかなり時間がかかる。絵だけじゃなくて写真も可能で、対応できる画像の幅はかなり広い」(伊藤氏)。Makeup Transferは文字通り、メイクアップした画像のメイク要素を抜き出してほかの人物に適用できるもので、肌の色の違いを乗り越えられるほか、男性にもメイクを施せる柔軟性を持つ。また、Project Puppetronについても、銅像などの特徴をAIが学習して人物に適用可能となる。

Project Cloakについては、動画で不必要な領域の存在を消すことが出来る機能だ。

例えば観光地における電柱や、結婚式における新郎新婦の横に写り込んだ人など、「どうしても消したい存在」を消せる。これまでは、手作業で1フレーム毎に作業するか諦めなければならなかったが、これを自動的に、背景を計算して上塗りしてくれる。「無ければいいのに、というものを周囲のパターンをコピーして消すというやり方だと連続再生した時に違和感を覚えるケースがある。全フレームを加味して前後のフレームから必要部分のみをコピーする事で、自然に消すことが可能だ」(伊藤氏)。

これらの技術は、いずれも非常に完成度が高く見えたものの、Adobeとしてはあくまで研究開発の位置付け。もちろん、製品に組み込むとなれば、無限大のシーンに適用できるようにしなければならず、そこで完成度の低い技術と印象づけてしまっては元も子もないということだろう。

だが、β版としてでもこの機能を開放して利用できるようになれば、恩恵を受ける企業は少なくないはず。数年後と言わず、すぐそこの未来を感じた取材だった。