「AI」の記事

AIでスマートな制御を実現! 伊藤忠が提案する次世代蓄電システム

AIでスマートな制御を実現! 伊藤忠が提案する次世代蓄電システム

2018.10.25

伊藤忠商事がエヌエフ回路社と開発した蓄電システムにAIを搭載

AIを手がけるのはイギリスのスタートアップMoixa

P2Pによる電力売買を実現するプラットフォームの構築を目指す

伊藤忠商事は2018年10月24日、イギリスのMoixa Energy Holdings(以下、Moixa)とエヌエフ回路設計ブロック(以下、エヌエフ回路社)、TRENDEと連携し、AI技術を活用した次世代蓄電システムならびに蓄電池専用電力料金プランの販売を開始すると発表した。本稿では、英国大使館で行われた製品発表会の様子をお伝えする。

AIが各家庭の消費傾向を学び、電力計画を作成

伊藤忠商事は、2013年から一般家庭用蓄電池ビジネスに参入しており、エヌエフ回路社とともに開発・製品化した独自ブランドの蓄電システム「Smart Star L」を販売している。今回、そのSmart Star Lに、MoixaのAIソフトウェア「GridShare Client」を搭載した状態で、11月1日から販売を開始する予定だ。

蓄電システムとは、繰り返し充電して家庭内の電気機器に電気を供給するシステムのこと。屋根などに取り付けた太陽光発電による充電や、電力会社から電気を購入して蓄電システムに電気を蓄える。

太陽光であれば電気を蓄えるためのコストは不要。電力会社から電気を購入して蓄電する場合でも、利用量の少ない夜間に料金が安くなるプランなどを活用することで、コストを抑えることが可能だ。また、蓄電システムがあれば、災害などで地域が停電してしまった場合でも電気を使うことができるため、災害時の対策として導入する家庭も少なくないだろう。

発表会ではまず、伊藤忠商事のSmart Star Lについて、製品の紹介が行われた。

「Smart Star Lの強みは、家をまるごとバックアップできる点、出力の大きさ、太陽光発電の出力という3つ。一般的な蓄電システムでは停電時に特定のコンセントしか利用することができないうえに、出力が100Vまで、太陽光発電の自立運転出力が1.5kWまでに制限されてしまいます。一方、Smart Star Lでは、家のコンセントすべてで使用できるだけでなく、出力が200Vまで、太陽光発電も9kVAまで使用可能です。2018年10月までに出荷累計台数が1万台を突破しました」と伊藤忠商事 工業原料化学品部 無機電子材料課 担当課長の村瀬博章氏は、Smart Star Lの強みと実績に胸を張る。

また、システムを共同で開発しているエヌエフ回路社 代表取締役会長の高橋常夫氏は「我々は、独自のIoTプラットフォームを構築しております。API接続によって、各種システムとスムーズな連携が可能。今回は英国MoixaのAIソフトウェア『GridShare Client』と連携することで、AIが気象予報やユーザーの電力需要・発電予測等を分析・学習し、太陽光ならびに蓄電池の効率的な運用が可能になります」と同社のIoTプラットフォームの接続性の高さを主張した。

伊藤忠商事 工業原料化学品部 無機電子材料課 担当課長の村瀬博章氏
エヌエフ回路社 代表取締役会長の高橋常夫氏

続いて、今回伊藤忠がSmart Star Lに組み込むMoixaの「GridShare」の紹介が行われた。

Moixa CTOのChris Wright氏は「GridShareでは、接続している世帯のデータを集め、機械学習のアルゴリズムを用いて、各家庭の電力消費パターンを学びます。それに加えて天気予報などの情報から、翌日の電気消費量などを予測。世帯ごとの電力消費計画を作成し、時間帯ごとに電力の消費を最適化。また、アプリを通じてエネルギーの流れを確認することもできます」とGridShareの概要を説明した。

Moixa CEOのSimon Daniel氏は「イギリスも日本と同じ島国。国内で使われている電力はほとんどが国内で生み出されたものです。そのため、電力をしっかりと管理しなければなりません。増加が見込まれる電気自動車に対応していく必要もあるでしょう。余剰電力をストレージとして使い、夜間にスマートチャージを行う。これにより効率的な電力消費が可能になります」と、AIを活用した蓄電システムの重要性を述べた。

Moixa CTOのChris Wright氏
Moixa CEOのSimon Daniel氏

これらSmart Star LとGridShareが連携することで、自動で賢い充電と利用が可能になる。例えば、翌日が住民不在の平日で、晴れの予報である場合、日中の太陽光発電による蓄電が期待できるため、通常深夜に電力会社から購入している電力は少なくしておくといった判断をするのだという。

AI蓄電システムに合わせて、専用の料金プランもスタート

また、同蓄電システムでは、TRENDEが提供する専用の時間帯別電力料金プラン「あいでんき」を活用することができる。「あいでんき」は午前1時から午前5時までの深夜帯(蓄電タイム)と、それ以外の時間帯で料金が設定されているプラン。条件やエリアによって価格は異なるが、東京エリアの蓄電タイムでは19.5円/kwh、それ以外の時間が31円/kwhだ。

TRENDE 代表取締役の妹尾賢俊氏は「再生可能エネルギーを積極的に活用した社会を実現するというミッションのもとで事業を展開しています。今回のあいでんきで蓄電システムの導入を促進し、最終的にはP2Pの電力取引を実現するためのプラットフォームの構築を目指したいと考えています」とビジョンを述べた。

TRENDE 代表取締役の妹尾賢俊氏
あいでんきの概要

Smart Star Lの希望小売価格は285万円(税別・工事費別)で、GridShareは月額料金が1200円(税別)。AIがある場合とない場合を比較した経済効果は、約1500円/月だと試算されているという。また、「あいでんき」の対象エリアは東北・東京・中部・関西・中国・九州の電力エリア管轄内に限られる。

グリッドシェアプラットフォームを活用した将来のビジネス展開図(イメージ)。ゆくゆくは、家庭間で電力のやり取りを行える環境の構築を目指す

昨今、相次いだ自然災害。電気を止めることが許されない病院などは、おそらくすでに自家発電システムなどを導入しているだろうが、より効率的に蓄電・電力消費・売電できるシステムが構築されていけば、“停電のない社会”の実現もあり得るかもしれない。

また、2009年に始まった太陽光発電の固定価格買取制度は、2019年10月より順次終了していく予定であり、今後は太陽光で発電した電気を自宅で使う流れが拡大していくだろう。その際、自動で効率化してくれるAI蓄電システムは、大いに活躍してくれるはずだ。

「アップル超え」のファーウェイがMate 20に仕掛けた”種”

「アップル超え」のファーウェイがMate 20に仕掛けた”種”

2018.10.24

ファーウェイがスマホ新製品「Mate 20」シリーズを発表

AIやワイヤレス充電などで他社との差別化へ

独自規格のメモリ「NM Card」で、利益の確保を狙う

ファーウェイがスマホ新製品「Mate 20」シリーズを発表した。ロンドンで開かれた発表会では、同社の研究開発の集大成といえる新機能が続々と披露された。一部のモデルは日本での発売も期待される。

2018年第2四半期、アップルを抜き、世界のスマホ市場シェアで2位に浮上(IDC調べ)したファーウェイ。同社はスマホ商戦を勝ち抜くため、最新モデルにどのような仕掛けを入れてきたのか。

ロンドンで「Mate 20」シリーズを披露した、コンシューマー部門のリチャード・ユーCEO

「AI」「充電」で他社の1歩先へ

ついにアップルを抜いたファーウェイであるが、年末商戦が含まれる第4四半期では依然としてアップルが強い。とはいえファーウェイは昨年より早い時点で1億台の出荷を達成するなど、サムスン・アップルを追い上げる勢いは増している。

高価格帯から低価格帯まで、スマホの新製品発表ペースも衰えていない。最上位モデルは年に2回、カメラを中心としたPシリーズと、最新プロセッサーのMateシリーズを出しており、今回のロンドンでは「Mate 20」シリーズ4機種を発表した。

最新機能満載の「Mate 20 Pro」

独自のプロセッサー「Kirin 980」では、同社が得意とする人工知能(AI)分野の演算能力を強化。新たに搭載した動画の特定の色を着色する機能や、食べ物の写真からカロリーを計算する機能でAIを活用しているという。

しかし、今回の発表でファーウェイは、これまでのように「AI」を連呼しなくなったように感じた。多くのスマホメーカーがAIの活用をうたい始めた中で、独自プロセッサーを持つファーウェイは”それらの一歩先を行く”と言いたいのかもしれない。現に同社は、AI (Artificial Intelligence)を上回る「AI(A HIGHER INTELLIGENCE)」というキャッチフレーズを披露した。

「WELCOME TO A HIGHER INTELLIGENCE」というキャッチフレーズを強調

最近、中国メーカー各社のスマホは高機能との評価が定着してきたが、ファーウェイのMate 20 Proはその典型だ。画面内に埋め込まれた指紋センサーや、3Dに対応した顔認証、他のデバイスをワイヤレス充電できる給電機能などは、多くのAndroid端末メーカーより半年から1年先を行く機能といえる。

iPhone XSをワイヤレス充電できる機能を発表。会場を大いに沸かせた

台数シェアUPに加え、高価格帯へのシフトも

スマホ世界シェアで2位を狙うファーウェイだが、出荷台数を大きく左右するのはMate 20シリーズのようなハイエンド機種ではない。たとえば日本国内のSIMフリー市場で、最も売れているのは3万円前後の「P20 lite」や、5万円前後の「nova 3」だ。

だが、ファーウェイは台数を追うだけでなく、利幅の大きい高価格帯へのシフトを同時に狙っている。それを象徴するのが、ポルシェデザインとのコラボモデル「Mate 20 RS」だ。最上位モデルの価格は2095ユーロと、iPhone XS Maxを400ユーロも上回る。

最上位は2000ユーロ超のラグジュアリーモデル「Mate 20 RS」

一方、iPhone対抗の主力機で日本での発売も期待されるMate 20 Proは、欧州価格が1049ユーロとなっている。高価格帯の中でも、iPhone XSに対して100ユーロ、XS Maxに対して200ユーロ安く、戦略的な価格設定がうかがえる。

独自規格のメモリ「NM Card」で利益拡大へ

その中でも、ファーウェイが独自の利益を確保する秘策として繰り出してきたのが新規格のメモリーカード「NM Card(Nano Memory Card)」だ。これまでmicroSDが世界的に普及している中で、サイズを小型化。SIMカードと同じ形状にすることでスロットを共有できるのが特徴だ。

microSDよりも小さい新規格のメモリーカード「NM Card」を採用

実売価格は同容量のmicroSDよりも割高になるとみられ、メモリーカードの買い直しが必要な消費者からは反発がありそうだ。特に新興国では、スマホを買い換えてもmicroSDを使い回せる経済性が支持されており、普及は容易ではない。

だが、アップルはこうした独自規格を得意としており、巨額の利益の源泉となってきた。現段階での対応機種はMate 20シリーズに限られるが、今後は他のモデルにも拡大する可能性が高い。ファーウェイの新たなチャレンジとして注目したい。

ファーウェイが高性能スマホ「Mate 20」発表、自社規格などで独自色高める

ファーウェイが高性能スマホ「Mate 20」発表、自社規格などで独自色高める

2018.10.17

ファーウェイがフラグシップスマホの新製品「Mate 20」発表

AI処理に優れたSoC「Kirin 980」など最高クラスの性能

動画・ゲーム向けや20万円超の高級機など多彩な派生モデル

中国通信機器メーカー大手の華為(Huawei:ファーウェイ)が英国ロンドンでイベントを開催し、フラグシップスマホ「Huawei Mate」の新機種として、「Huawei Mate 20シリーズ」を発表した。

世界最高クラスの性能を特徴とするAndroidスマートフォンだが、Huaweiと関係の深い中国HiSilicon社が独自設計し、AI専用チップも統合した新型SoC「Kirin 980」を搭載するほか、メモリカードにはmicroSDを代替し、nanoSIMサイズまでコンパクト化した独自規格の「NM Card(ナノメモリカード)」を採用するなど、独自色も高めた。

全機種で新型SoCのKirin 980と、ライカ共同開発による背面3眼カメラの搭載は共通。欧州市場では今月から発売し、日本市場に向けた展開は未定だが、前例から主要商品の日本への投入も近いと見られる。

microSD比で45%小型という「NM Card」。独自規格なので汎用性が課題か
アウトカメラはライカ3眼。他社にない機能や性能を"テンコ盛り"した

発表されたMate 20シリーズの主な機種は以下の通り。

Huawei Mate 20

6.52インチの2244×1080ドット液晶を搭載する基本モデル。IP53の防水性能も備える。メモリ(RAM)とストレージ(ROM)の組み合わせで製品をラインアップし、価格は4GB RAM+128GB ROMの製品が799ユーロ、6GB RAM+128GB ROMで849ユーロ。

基本モデルの「Mate 20」

Huawei Mate 20 Pro

6.39インチの3120×1440ドット有機ELを搭載する上位モデル。IP68の防水・防塵性能を備える。指紋センサーが本体背面ではなく、表の画面内にあるというユニーク機能も。価格は6GB RAM+128GB ROMの製品で1049ユーロ。

「Mate 20 Pro」は有機ELを搭載する上位モデル
画面に指を置くだけで解除できるディスプレイ内蔵の指紋センサー

Huawei Mate 20 X

Mate 20シリーズで最も大きな7.2インチ有機ELの画面を持ち、バッテリーも大容量化することで、Mate 20の性能を踏襲しつつ動画・ゲーム体験を高めた、スマホというよりはファブレットと呼ぶべき派生モデル。専用オプションのゲームコントローラーをドッキングすることで携帯ゲーム機のように操作することもできる。価格は6GB RAM+128GB ROMの製品で899ユーロ。

ゲームや動画に適した「Mate 20 X」

Huawei Mate 20 RS

ドイツのPorsche DesignとコラボレーションしたMate 20 Proベースの特別モデル。従来のMateシリーズでも同様の特別モデルが存在していたが、今回も外装にレザーをあしらうなど高級感を高めるデザインを施している。価格は8GB RAM+256GB ROMの製品で1695ユーロ、8GB RAM+512GB ROMでは2095ユーロと、日本円で20万円を軽々と超える強気な設定だ。

Mate 20 Proをベースにポルシェとコラボしたスペシャルモデル「Mate 20 RS」