「食品」の記事

「亀田製菓が大豆でおつまみをつくった」が、単なる新商品発表ではない理由

「亀田製菓が大豆でおつまみをつくった」が、単なる新商品発表ではない理由

2018.11.06

亀田製菓が「大豆でつくったやさしいおつまみ」を発表

商品開発の背景に、世界的な食糧危機の懸念

ゲストでメイプル超合金、夏奈が登場! 気になる味は?

亀田製菓は11月5日、植物性原料の大豆でつくった新商品「20g 大豆でつくったやさしいおつまみ 旨口さきいか味」「24g 大豆でつくったやさしいおつまみ 黒胡椒ジャーキー味」を、東京都内にて期間限定で販売すると発表した。

亀田製菓が発表した「大豆でつくったやさしいおつまみ」シリーズの「黒コショウジャーキー味」(左)と「旨口さきいか味」(右)

これは一見、単なる”新商品発表”に過ぎない出来事だが、実は亀田製菓にとっては社運を賭けた挑戦の第一歩でもある。では同社が「大豆でつくったやさしいおつまみ」から始める挑戦とは何か。11月5日に行われた記者会見の様子と合わせて紹介する。

「さきいか」と「ジャーキー」で食糧危機を救う?

亀田製菓の挑戦とは、将来的な「食糧危機への対応」、および世界市場を獲得するための「構造改革」である。では、大豆でつくった「さきいか」「ジャーキー」風のおつまみを売り出すという発表とそれらがどう結びつくのか。まずは食糧危機への対応について説明する。

総務省統計局の「世界の統計 2018」によると、地球の総人口は2017年の75億5000万人から、2055年には97億7000万人にまで増加すると予想されている。人口が増加すると、当然これまで以上の食料が必要になるだろう。

しかし、普段当然のように摂取している動物性タンパク質(牛、豚、牛乳など)を得るためにはその何倍ものタンパク質が消費される。牛や豚は毎日多くの餌を食べるし、生きるためにはそこから得た多くのエネルギーを消費する必要があるためだ。

人口が増加しても、これまでのペースで人類が「肉」を食べ続けると、いずれその供給が間に合わなくなるタイミングがくる。これを「タンパク質危機」と呼び、早ければ2025年~2030年にはその危機が訪れるとも言われている。そのため今は、タンパク源を得るための選択肢として「昆虫食」なども流行っているが、やはり食べなれた牛や豚の肉を食べたい、というのが多くの人の本音だ。

その問題を解決するための亀田製菓の一手が、動物性タンパク質を植物性タンパク質で代替する技術の開発。つまり、大豆で「さきいか」と「ジャーキー」をつくったのは、迫る食糧危機を救うための第一歩であるというわけだ。

新規事業で欧米市場の獲得へ

植物由来の代替商品を開発する企業は、グローバルで増えている。植物由来の人工肉や乳製品を製造する米インポッシブル・フーズは、1000以上のレストランで”植物肉”を使用した「インポッシブル・バーガー」を販売して人気を博している。同社や、同じく人工肉を製造・開発する米ビヨンド・ミートはVCや投資家から多くの資金調達を果たしており、「植物由来の代替食品製造」は、今注目の市場の1つといえる。

もちろん、そうした企業に資金が集まるのは、そこに大きな市場成長の可能性があるためだ。特に欧米市場はチャンスで、健康意識が高く、お肉のように美味しく食べられるのにヘルシーな「人工肉」のニーズは高いのだという。亀田製菓も「大豆」商品で、健康志向の高い人たちを対象に市場の獲得を目指す。

そこでの同社の強みは、これまで培った経験にある。代表取締役会長 CEOの田中通泰氏は「当社が培った製造技術を活かし、まるで本物、むしろ本物よりも美味しい新感覚の食品を作っていきたい」と意気込んだ。

亀田製菓 代表取締役会長 CEO 田中通泰氏

 具体的には、原料の水分をコントロールすることで独自の食感に仕上げる技術や、調味・味付け技術などを活用するとのこと。ただの「代替食品」ではなく、低カロリーで美味しく食べられることを前提に商品を開発したといい、新商品を指して、「ビヨンド・ミート」ならぬ「ビヨンド・おつまみ」とも表現した。

なお日本市場でも、「健康志向の女性への展開を見込んでいる」とのこと。

亀田製菓の「食感技術」と「調味技術」

食感は完全にジャーキーで「ビールに合いそう」

記者会見では、芸人のメイプル超合金(安藤なつさん、カズレーザーさん)と女優の夏菜さんが登場。その美味しさを伝えるための「食レポ」に挑戦した。

メイプル超合金の安藤なつ(左)とカズレーザー(右)、女優の夏菜(中)

黒胡椒ジャーキー味のおつまみを食べ、「ジャーキーと同じ食感で驚いた。ビールに合いそう。美味しい」と夏菜さん。続けてメイプル超合金の安藤なつさんは「これは本物のジャーキーに違いない。ドッキリでしょ? 責任者を呼んで来い」とコメント。もちろん本物のジャーキーのはずはなく、”責任者”どころか亀田製菓のCEOである田中氏も同席していたため、少し現場がピリついたが、カズレーザーさんが「……出てくるのは我々の事務所『サンミュージック』の責任者となりそうです」とすかさずフォロー、会場の笑いを誘っていた。

「本当に大豆でできてるの? 」と思わず成分表を確認する2人

ちなみに筆者も食べてみたところ、「大豆でつくった」と知っていても、本物のさきいか、ジャーキーとの違いはほとんど感じなかった。強いて言うなら、初めの噛みごたえは本物と相違ないものの、唾液に溶けやすいのか、数度噛むと柔らかくなりやすいような印象を受けた。だが、違和感を感じるほどの違いではなかったため、「カロリーや塩分を抑えたい」という人には積極的に選びたい選択肢になることだろう。

「大豆でつくったやさしいおつまみ」は11月6日から11月末まで、東京限定でテスト販売する
「チョコフレーク販売終了」、最大の原因とは?

カレー沢薫の時流漂流 第12回

「チョコフレーク販売終了」、最大の原因とは?

2018.10.22

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第12回は、「チョコフレーク販売終了」について

また巨星が堕ちた。

森永製菓が「チョコフレーク」の販売終了を発表したのである。チョコフレークとは、その名の通りコーンフレークにチョコがコーティングされた菓子で、1967年から販売されているという。私よりも遥かにパイセンである。

チョコフレークが私にとってどんなポジションの菓子だったかというと、子供の時は「家にあったら嬉しい菓子」だったし、大人になってからも「まんざらでもない」と言ったところだ。

ちなみに「家にあっても大して嬉しくない菓子」は「かりんとう」だった。母親が好きで良く買っていたのだ。一瞬チョコに見えなくもないのがまた憎い。

ロングセラー菓子の「終了」、最大の原因は

チョコフレークのみならず、その前にはカールなど「昭和の子どものテンションを上げていた菓子」が次々と販売終了している。(編集注:カールは関東で販売終了したが、関西では今も販売されている)。そういう時、もはや風物詩と言っていいのが、「オークションサイトなどで、販売終了になった菓子が高値で出品される現象」だ。

我々はそこまでバカで良いのかと思う現象だが、毎回起こるということは毎回買う奴がいるのだろう。確かに、チョコフレークやカールなどがなくなるのは、それらが血肉(主に下腹)になっている昭和の人間としては寂しいものがある。

しかし何故なくなるかというと、「それがないと禁断症状で死ぬ人間がそれほどいなくなった」からだ。わずかに残った禁断症状で死ぬ人間のためにチョコフレークを作るのではもう採算がとれなくなったので、その数人には申し訳ないが死んでいただこうという話である。利益を追求する企業としては当然だ。

そして、その数人以外は、なくなって寂しいとは思っても、実際なくなって何か困るかというと大して困らない。つまり、「なくてもどうとでもなる物」になったから、なくなるだけである。

そもそも、なくなる最大の原因は「俺たちが買わなかった」からだ。よって、「なんでなくなるんだ!」と騒いでいいのは、恒常的にチョコフレークを買い、ソバガラの代わりに枕にチョコフレークを詰めていた人間だけだ。

私も10年近く作家をやってきて「買う人間がいないから終わる」という現象は身をもって何度も体験してきているので、チョコフレークに同情している場合ではない。むしろチョコフレークぐらいのレベルになると、「騒がれた結果ワンチャン(復活)ある」ので、ますます同情できない。

ともかく何かが終わると言うと「なんで」と脊髄反射で言ってしまう我々だが、何かの陰謀ということはなく、ほぼまちがいなく「金にならなくなったから」である。

〇〇離れした若者が張り付いているモノ

しかし、何故チョコフレークは売れなくなったのだろうか。味に関しては、今の子どもが喜ばない、などということはないはずだし、昔の子どもだってまだ喜んで食っている。

その原因は「スマホ」では、という分析がある。最近の若者は小腹が空いた時、菓子など食わずにスマホを舐めているというわけではない。チョコフレークは手の体温でチョコが溶けるので、スマホを操作しながら食うとスマホ画面が汚れるために敬遠されはじめた、というのだ。

そう言われれば、私のスマホ画面は常に汚い。何故こんなにいつも汚いのだろう、と家人に問うたところ「あなたの手がいつも汚いからだ」と言われたことがある。そして私の手がいつも汚いのは、いつも手でなんか食っているからである。

すべてのパズルのピースがそろった、という感じでその時はいたく感動したのだが、原因がわかった後も私のスマホ画面は24時間汚い。「スマホの画面が汚れる」程度のことで、手が汚れる菓子を食うのを止めなかったからだ。

つまり、チョコフレーク販売終了の要因はスマホの普及ではなく、「スマホの画面が汚れるという些末な理由で手が汚れる菓子を食うのをやめる軟弱な精神を持つ者が増えた」ことにある。

スマホが原因とされているのはチョコフレークだけではない。同じく販売終了が決まったガムの「キスミント」に関しても、「レジで並んでいる間スマホを見るようになったため、レジ前のガムを見なくなったから」売れなくなったのだとも言われている、魔王かよというぐらいなんでもスマホのせいだ。

ちなみに、キスミント販売終了の報に、「若者のガム離れ」という見出しを使ったところもあったそうだ。もはや、世の中には「若者の○○離れ」という言葉を聞くと絶頂する人間が一定数いるとしか思えない。

このようにありとあらゆるものから離れているらしい若者が逆に何に張り付いているかというと、やはり「スマホ」がその一つであることは否めない。しかし、スマホが汚れる菓子はチョコフレークだけではない。ポテトチップスなどその典型だが、こちらはまだなくなる様子はない。おそらく手や画面が汚れようと、それが嫌なら箸を使ってでも、ポテチを食いたいと思う人間の方が多いのだろう。

「スマホ画面が汚れてでも食いたい」

それが、今後菓子が生き残る条件なのかもしれない。

80年ぶりとなるチョコレートの新カテゴリ「ルビー」登場、その味わいは?

80年ぶりとなるチョコレートの新カテゴリ「ルビー」登場、その味わいは?

2018.09.20

ミルク、ダーク、ホワイトに続くチョコレートの新カテゴリ「ルビー」

着色料なし、天然のピンク色が特徴

9月下旬から店頭にルビーのスイーツが続々登場

ダーク、ミルク、ホワイトに続く新しいカテゴリのチョコレートが登場した。

「ルビーチョコレート」

それが第4のチョコレートの名である。

バリーカレボー社の発売する「ルビーチョコレートRB1」(製菓材料)のパッケージ

スイスに本社を置くグローバルチョコレートメーカー・バリーカレボー社が生産し、10月3日から日本でも業務用として発売。すでにパートナー企業ではルビーチョコレートを使用した新商品が開発されており、9月から順次、先行発売される。

9月18日、そんなルビーチョコレート「RB1」のお披露目がANAインターコンチネンタルホテル東京で行われた。

発表会の場では、ルビーチョコレートを使ったさまざまなスイーツが披露された。詳細は記事下部にて 

発表会にはバリーカレボージャパン 代表取締役社長、パスカル・ムルメステール氏が登壇。ルビーチョコレートの発売は「ここ数十年のチョコレート業界でもっともエキサイティングな出来事」と語った。

ムルメステール氏によると、ルビーチョコレートの特徴は甘さが控えめでかすかな酸味があること。これまでにない新しいコンセプトで生み出された商品とのことで、「日本のような洗練された消費者には必ず喜んでもらえるはず」と自信をのぞかせた。

今回、バリーカレボーが発売するルビーチョコレートは業務用で、内容量は1.5kg、価格は5,400円(税込)となる。前田商店を始めとする従来の卸店、または楽天市場のカレボー公式オンラインショップで購入することができる。

ルビーチョコレートとペアリングできるさまざまなもの。定番のコーヒー・紅茶だけでなく、ロゼシャンパンやビール、ハーブ、塩気のある食べ物ともマッチする

同社グルメセールスダイレクターの押切一浩氏によると、ルビーチョコレートは10年以上をかけて開発したとのこと。ルビーカカオになりうる成分を持つカカオ豆を選別し、特別な加工を施して美しいピンク色に仕上げている。もちろん、着色料や香料は一切使用していない。

バリーカレボージャパンはルビーチョコレートをダーク、ミルク、ホワイトに続く「第4のチョコレート」に位置づけ、幅広く活用されることを期待しているという。特に相性が良いのはチーズやスパイス、ナッツ類。爽やかな酸味を生かして、塩味の料理にも合わせられるという。

ルビーチョコレート「RB1」だけをチョコレート原料とした製品に付加される専用ロゴ

バリーカレボージャパンは、原材料のうち、チョコレートに関してこの「RB1」のみを原料に使用した商品に対し、専用ロゴの使用を認めている。ロゴがパッケージに表示されていれば、その商品のピンク色は着色料ではなくルビーチョコレート由来だとわかるわけだ。ロゴを使用したい場合は、商品が基準を満たしているかどうか、同社のチェックを受ける必要がある。

コンビニスイーツから本格派の菓子までラインアップ

ルビーチョコレート「RB1」が発売されるのは10月3日だが、先行していくつかの企業とシェフがルビーチョコレートを使用した商品を開発している。

ローソン Uchi Cafe プレミアムルビーチョコレートのロールケーキ

ローソンからはUchi Cafe プレミアムルビーチョコレートのロールケーキ(9月25日発売/350円)とUchi Cafe ルビーチョコレートのショコラケーキ(12月2日~25日/3,200円)。

ユーハイム ルビーミルフィーユ
ローゼンハイム ルビー&チョコレートヒストリー

ユーハイムからはルビーミルフィーユ(9月25日発売/540円~)、ローゼンハイムからはルビー&チョコレートヒストリー(10月上旬より順次発売/3,456円)。

モンサンクレール ソシオンショコラルビー

著名シェフともコラボレーションした。モンサンクレールの辻口博啓シェフはソシオンショコラルビー(2019年1月中旬発売/2,300円)。ルビーチョコレートのフルーティーな香りを生かすために、酸味のあるフルーツと組み合わせた。

パティシエ エス コヤマ 小山チーズ エチオピアンコーヒー+ルビーチョコレート

パティシエ エス コヤマの小山進シェフは、ルビーチョコレートをエチオピアンコーヒーを引き立たせるパートナーとして採用したチーズケーキを作成(11月1日発売/1,728円)。クリームチーズとコーヒー、そしてルビーチョコレートの組み合わせはカフェオレを思わせる上質な味わいだ。

アステリスク ケイク ルビー

アステリスクの和泉光一シェフは同店のパウンドケーキのシリーズ「ケイク」に新しくケイク ルビー(10月初旬発売/2,000円)を追加した。全体をルビーチョコレートでコーティングし、さらに生地にもルビーチョコレートが練り込まれている。

洋菓子マウンテン×CELLAR DE CHOCOLAT by Naomi Mizuno ルビーココ

洋菓子マウンテンの水野直己シェフはルビーチョコレートの酸味を生かしてクランベリービネガーを合わせガナッシュに。ルビーココ(9月22日発売/1,080円)として発売する。

発表会の会場となったANAインターコンチネンタルホテル東京も、ルビーチョコレートを積極的に取り入れていくという。

ホテル内のレストラン、ピエール・ガニェールのランチコース「ピンクレディーランチ」に、ルビーチョコレートをふんだんに使用したデザート、スフィア・ルビーを用意する。

「チョコレート・センセーション」の提供例

また、来月からはアフタヌーンティーやスイーツブッフェなどさまざまな形態でチョコレートを提供するイベント「チョコレート・センセーション」を開催するとのことで、用意される約200種類のチョコレートメニューのうち、47種類はルビーチョコレートを使用したものとなる。

発表会では、ルビーチョコレートを使用した商品を試食することができた。

ムルメステール氏が言うように、たしかにルビーチョコレートは心地良い酸味とベリー系の香りを持っている。ダークチョコレートがビター、ミルクチョコレートがクリーミー、ホワイトチョコレートがマイルドだとしたら、ルビーチョコレートを一言で表す言葉は「フルーティー」だろう。甘さもクドいものではなくエレガントだ。これはシェフにとっても創造力が刺激されるに違いない。

今月末からルビーチョコレートを使用した新商品が続々登場する。第4のチョコレートを日本の消費者がどう評価するのか注目だ。