「海運」の記事

臨海部の交通利便性をアップ! 首都高晴海線3月10日開通

臨海部の交通利便性をアップ! 首都高晴海線3月10日開通

2018.03.06

2018年3月10日(土)に、晴海と豊洲を結ぶ首都高速道路の晴海線が開通する。首都高は2015年に中央環状品川線を全線開通させ、その利便性を増した。これにより、世田谷区方面から湾岸地区へのアクセスがしやすくなった。

今回、開通する晴海線は晴海出入り口から豊洲出入り口を結ぶ約1.2kmの新路線。距離は短いが、この道路の開通は大きな意味がある。

左:メディアに公開された開通前の晴海線。右:天気がよければ、レインボーブリッジと富士山も確認できる

選手村の利便性をアップ

まず、東京オリンピックを控え、選手村が晴海に建設される予定だ。ただ、この地区は公共交通が乏しく、大江戸線やゆりかもめといった鉄道に頼らざるをえない。しかも、メイン会場となる千駄ヶ谷の国立競技場やサッカーなどが行われる調布市の東京スタジアムへのアクセスもあまりよくない。

一方、有明テニスの森やトライアスロンなどが開催予定のお台場海浜公園には近い。東京オリンピックでは、ベイエリアにある多くの競技場を活用予定だ。そう考えると、晴海という場所は選手村にはよいのかもしれない。ただし、ベイエリアは港湾が近いのでトラックなどの物流車両が多い。基本的に埋め立て地なので、幹線道路にかかった橋をわたることが多く、抜け道が利用しにくいということもある。

また、土壌汚染など問題があるとはいえ、豊洲市場が稼働したときの利便性にも寄与する。市場ということになれば、入出場する運搬車両が激増することはまちがいない。こうした輸送需要にも晴海・豊洲を結ぶ高速道路の開通は貴重だ。

さらに利便性が上がると考えられるのが、将来的な都心環状線との接続だ。これにより、千葉方面から湾岸線でやってきたクルマが汐留や銀座方面にアクセスしやすくなる。

これまでは、湾岸線から西進してきた車両は、辰巳ジャンクションから深川線を北上し、箱崎ジャンクションを経由するというのが、首都高を利用する場合の経路だった。または有明ジャンクションからレインボーブリッジ、芝浦ジャンクションを経由して、台場線・羽田線から都心環状線に入るという方法になる。

左:晴海線至近にある豊洲市場。右:晴海線はゆりかもめと交差する

だが、前者は渋滞で悪名高い箱崎を通過せねばならず、後者は千葉方面から来た車両にとっては、遠回りな経路だ。晴海線が都心環状線と接続すれば、それらの経路に続く、第3のルートとなる。

こうしたルート拡張以外にも、注目したい点がある。それは、防災機能の強化だ。首都圏は、いつ直下型地震がくるのか、予断を許さない状況だ。しかも、都心環状線は老朽化が指摘されており、補修は随時行われているものの、巨大地震に対してどれくらいの耐久力があるのか疑問視されている。前述した中央環状品川線をはじめ、晴海線のような新しい高速道路は、こうした事態への緊急時の避難経路として期待される。

災害時の活用に期待

さらに、晴海線の場合、避難・救助・物資供給の役割が大きい。東雲ジャンクション付近には、基幹的防災拠点(有明の丘地区)が設定されているうえ、港湾に近い。災害時には、まず機動力の高いヘリコプターの空輸や、緊急車両・輸送車両がフル回転するだろう。 だが、首都圏以外からや海外からの大量の支援物資の受け入れには、やはり船舶が中心となる。受け入れた物資を都心部へ輸送するのに、晴海線の価値は重要だろう。

さて、少し物騒な話になったが、レジャーにも期待できる。都心環状線から舞浜の「夢の国」(ディズニーランド)へアクセスしやすくなるからだ。前述のとおり、箱崎経由で夢の国に訪れる際、渋滞に巻き込まれる可能性が高い。体力のある往路はまだいい。夢の国で遊び疲れた体で復路の渋滞に巻き込まれたら、それこそ辟易だ。

こうした渋滞を少しでも解消するのに、晴海線の延伸が待ち望まれる。

青春18きっぷで海外旅行? 乗り鉄が生んだ隠れた人気商品

青春18きっぷで海外旅行? 乗り鉄が生んだ隠れた人気商品

2017.12.15

青春18きっぷがあれば、格安で海外に行くことができる−−。そんなユニークなキャンペーンを行っているのが、山口県の下関港と韓国の釜山港を結ぶ関釜フェリーだ。下関港を毎日19時45分に出港し、翌朝8時に到着する定期船で、2013年から毎年春夏冬の3回、「青春18きっぷ旅大応援キャンペーン」を開催している。

これは、電話予約のうえ青春18きっぷを下関港の窓口で提示すると、2等運賃が半額の4500円(通常9000円)になるというものだ。往復で購入すればわずか9000円+港湾使用料で海外旅行ができる。正規運賃での差額を支払えば、一等や特等も利用可能だ。提示する青春18きっぷは、そのシーズンに有効なきっぷであれば良く、すでに5回分使い切っていても構わない。

青春18きっぷと海外旅行。一見、無関係に思える組み合わせだが、発売の意図はどこにあるのだろうか。関釜フェリー旅客営業課の中野洋平氏は、「私自身が、学生時代からずっと使い続けてきた青春18きっぷのヘビーユーザーだからです」と語る。意外にも、レールファン寄りの発想から生まれた商品だという。

左:下関~釜山間を毎日1便運航している関釜フェリー「はまゆう」。韓国籍の「星希」と交互に運航されている。右:下関駅には、115系などの国鉄型電車が健在。懐かしい汽車旅を楽しんで、そのまま格安で海外に足を伸ばせる

「大阪を朝8時頃に出発すると、山陽本線の普通列車を1日乗り継いで、関釜フェリーに乗り継げるんです。そこで、18きっぷを1日分使い切って、当社のフェリーに乗っていただこうという発想が出ました」。

欧亜連絡ルートの名残

下関港国際フェリーターミナルはJR下関駅から徒歩7分。満席の恐れがあるため事前の電話予約が必須だが、窓口で18きっぷを見せれば即半額になる

もちろん、それだけではない。下関~釜山航路は、戦前には日本とヨーロッパを結ぶ欧亜連絡ルートの一部だった。第二次世界大戦勃発までは、東京駅などの主要駅で、日本から釜山、ハルビン、モスクワを経由してパリまでの「欧亜連絡乗車券」を購入することができたという歴史がある。東京~パリ間は最短16日かかったが、45日かかる船よりも圧倒的に速かった。

「飛行機ではなく、昔ながらの列車と船で海外に出かけるという”旅”を、商品化したいという思いがありました」。列車と船を乗り継いで韓国へ出かける商品といえば、JR発足直後に発売された「日韓共同きっぷ」があった。しかし、格安航空券の普及によって相対的に割高となり、商品力を喪失。販売区間が縮小され、2015年に廃止されている。一方で、列車と船を乗り継ぐ旅には独得の旅情があり、一定のニーズがある。JRとの共同商品の開発には大規模な手続きが必要だが、自社のみの割引キャンペーンなら、比較的容易に実施できる。

2隻あるフェリーは460~562人と十分な収容力があり、思い切った割引が可能だった。こうして2013年春期から「青春18きっぷ旅大応援キャンペーン」がスタートした。

学生時代から20冊以上、延べ100回以上、青春18きっぷを使ってきたという関釜フェリーの中野洋平氏

キャンペーンは、ほぼ自社サイトでのみ宣伝されており、時刻表にも一切掲載されていない。それでも、毎シーズン数百人規模の利用があり、年々増加しているという。

「最初は関西圏からのご利用をイメージしていましたが、実際には首都圏の方のご利用が多いです。東京〜大垣間の夜行快速”ムーンライトながら”でもギリギリ間に合いますが、実際には岡山や尾道で一泊される方が多いようですね」(中野氏)。

利用者の年代は20代、40代、60代が多く、30代、50代はやや少ない。大学生など、比較的休みが自由に取れる20代、仕事や立場が落ち着き休みも取れる40代、退職して時間ができた60代に好まれるということ のようだ。

多彩な使われ方がされる18きっぷ

男女比は、若干男性が多め。カップルや夫婦での利用も多い。韓国好きの女性が、鉄道好きの恋人や夫を誘って利用するというケースもあるそうだ。「アンケートによって、お客様のご利用の仕方を調査しているのですが、最近はリピーターの方が増えて、青春18きっぷの利用の仕方も多彩になっています。例えば、サンライズ出雲で出雲市まで来て、しばらく観光したあと、青春18きっぷを使って山陰本線を下関まで来るとか」。

ほかにも、広島まで夜行バスで来て、広島・山口のJR線に乗ってから来るケース、大分や熊本に飛行機で入り、青春18きっぷで九州を旅してから下関に来るケースなど、様々な使われ方をしている。中には、北海道から青春18きっぷ5回分を使い切って下関まで来た人もいたという。18時頃までに下関駅に着けば、あとは寝る場所も食事も心配ない。往復、つまり2泊で9000円なので、宿代わりに使う人もいるだろう。

左:「はまゆう」の桟敷席。日本式のコンセントが取り合いになること以外は快適だ。大浴場も無料で利用できる。右:差額を支払えば、一等船室も利用できる。二人で利用すれば、1人当たり片道8000円(通常1万2500円)

青春18きっぷ愛好家が生んだ、「青春18きっぷ旅大応援キャンペーン」。視点を変えると、日韓航路が抱える問題が生んだ商品とも言える。ここ数年、日韓航路は韓国人利用者が全体の8割を占める状況が続く。国土交通省九州運輸局の2016年度上半期統計によれば、関釜航路は韓国人乗客6万5075人に対し、日本人乗客は1万2057人。日本人の利用が多い博~釜山間の高速船「ビートル」も、6割以上を韓国人が占めている。

焼肉やチゲを食べるのを目的にしても良い

釜山港から釜山駅までは徒歩10分。電車でわずか40分ほどで、こんなのどかな景色が待っている(京釜線院洞駅)

訪韓日本人旅行者は回復基調にあるが、まだまだ絶対数は少ない。訪韓日本人旅行者の比率をいかに上げるかが日韓航路共通の課題だが、ただ「安くて近い韓国」をアピールしても、最近はなかなか難しい。そこで、年間約70万枚を売り上げ、抜群の知名度を誇る青春18きっぷを“勝手に応援”するキャンペーンの登場となる。国内の旅に、ちょっとプラスするだけで海外に足を伸ばせ、昔の青函連絡船のように宿代わりとしても使える。極端な話、焼肉やチゲだけ食べて帰ってきても良い。なかなか、目の付けどころがうまいと商品と言えそうだ。

「青春18きっぷは、とても自由なきっぷです。必ずしも、大阪や東京から普通列車を乗り継いで来る必要はありません。日本の鉄道ファンの方にも、ちょっと足を伸ばしていただいて、韓国の電車や高速鉄道に乗ってみていただきたいですね。なかなか韓国の鉄道も良いものですよ」。この冬は、乗り鉄の旅に海外旅行をプラスしてみてはいかが。

現代に甦る絢爛豪華な「御座船」! ゆうゆうと“江戸湾”を廻遊

現代に甦る絢爛豪華な「御座船」! ゆうゆうと“江戸湾”を廻遊

2017.03.10

徳川3代将軍・家光は、自らの威光を示すためなのか、それとも純粋に遊行するためなのか「御座船」を建造させた。そして造られたのが「天地丸」「安宅丸」。その安宅丸の名を継ぐクルーズ船が御座船「安宅丸」だ。

日の出桟橋に着港する御座船「安宅丸」

この御座船安宅丸に乗船し、東京湾クルーズを体験する機会があった。

実はこの御座船安宅丸は、進水年月が昭和61年5月、就航年月が昭和61年7月と、30年ほどの年月が経過しており真新しいものではない。だが、同船を管理する両備ホールディングスがメディアを招待してまで、御座船安宅丸による東京湾周遊を行ったのにはワケがある。 それは、同船のリニューアルを大幅に行ったからだ。

船体後方にある展望デッキ(左)。デッキサイドには灯籠まである

両備グループデザイン顧問の水戸岡氏

左が両備グループ代表 兼 CEO 小嶋光信氏、右が水戸岡鋭治氏

そして、このリニューアル・デザインを監修したのが水戸岡鋭治氏だ。水戸岡氏といえば日本を代表するインダストリアル・デザイナーで、JR九州の車両デザインで有名。日本初のクルーズ・トレイン「ななつ星in九州」のデザインを手がけたといえば、ピンとくる方も多いのではないだろうか。

その水戸岡氏が、なぜ御座船安宅丸のデザインを手がけたのか。ハナシは簡単だ。JR九州のデザイン顧問のほか、両備グループのデザイン顧問を引き受けているからだ。ちなみに“両備”とは、その名のとおり「備前」「備中」、つまり岡山県に由来する。そして、水戸岡氏は、九州のイメージが強いが、岡山県出身。氏が両備グループのデザイン顧問に就任したのは、至極自然な流れだ。

さて、この両備グループだが、全国に存在感を強めている。

もちろん同社の収益の基盤となるのは岡山県で、「岡山電気軌道」をはじめ、バス、タクシー、そして瀬戸内海のフェリーなどを運営する。それだけでなく、和歌山電鐵をグループ化。ネコの駅長「タマ」で一躍名をはせた鉄道だ。タマ駅長だけでなく、水戸岡氏が手がけた「いちご電車」でも知られている。

さらに今年に入ってから、東京と大阪を結ぶ完全個室の深夜高速バス「ドリームスリーパー Ⅱ」を導入。多くのメディアに採り上げられた。

余談だが、筆者はこのドリームスリーパー Ⅱの内覧会の際、両備グループ代表 兼 CEO 小嶋光信氏に「ドリームスリーパーは流行の豪華列車を意識しているのか」と問いかけたが、その答えは「意識していません」というものだった。だが、豪華絢爛な安宅丸の内装をみせられて、やはり同社は“豪華路線”を模索しているのではないかと思えた。

内覧会では軽食やデザートがふるまわれ、演劇界のパフォーマーによる「大江戸宴舞劇」も披露された

大型客船を造船

さて、両備グループが岡山県や瀬戸内海以外にも存在感を強めていると前述したが、安宅丸もその表れといえる。というのも、この安宅丸は「御座船 備州」として、瀬戸内海を中心に西日本でのクルージングに用いられてきた。

それが、7年前に東京湾に廻送。そして現在、東京湾唯一の“和船風大型クルーズ船”として活躍している。岡山県や瀬戸内海以外でも、両備グループが進出している、その象徴ともいえるのではないだろうか。

さて、両備ホールディングス CEO 小嶋氏によると「30年経ったとはいえ、まだ安宅丸は現役。あと20年は運行できる」とはなした。そして、8~9,000トンクラスの客船を建造中であることも明かした。

安宅丸自体が486トン、総長49.7メートルだ。それに比べると、桁違いに大型な客船となる。小嶋CEOによると、なんとか2020年東京五輪までに、造船および艤装をまにあわせたいというが、ハナシを聞いてみると、どうやら五輪の年からずれ込みそうだ。

家光の時代に造船された御座船だが、安宅丸は維持費などの問題で解体されたが、天地丸はその後も残った。だが、幕末を迎えた際に、来港した“黒船”の偉容に幕府はあらがえないと判断し、廃止された。