「流行の仕掛人」の記事

元劇団四季俳優が、徳川伝説の巨船「安宅丸」を復活させるまで

元劇団四季俳優が、徳川伝説の巨船「安宅丸」を復活させるまで

2019.01.10

東京湾に浮かぶ朱色の舟「安宅丸」復活秘話

仕掛人は、元劇団四季俳優?

時間と空間のプロデュース、カギは「ディズニーと茶室」にあり

運がいいとディズニーランドの花火も見えるんです――。

日の出桟橋から東京湾を遊覧する人気の御座船「安宅丸(あたけまる)」にて、“演出”を担当する森健太郎氏はこう語る。都会の喧騒を忘れて東京湾を優雅に航行することのできるこのクルーズ船は、江戸時代に日本一の帆船と言われた「安宅丸」をモチーフに開発され、現代に蘇った。

日の出桟橋に着港する御座船「安宅丸」

忘年会や新年会など、さまざまなイベントで引っ張りだこなこの船を盛り上げるのが、森氏が演出を手掛ける、飲食と演劇が合わさった「宴」だ。驚いたことに、同氏は元々「劇団四季」の俳優だったそう。俳優の憧れの舞台を離れ、今こうして安宅丸のプロデュースをするに至ったのは何故なのか。実際に船に乗り、その魅力を味わいながら話を聞いた。

森健太郎氏。劇団四季出身、ライオンキングやアイーダなどに出演する。2012年退団後、アートカンパニーピエロを設立。2013年に株式会社オフィスピエロを設立し、代表取締役に就任。東京湾御座船安宅丸の演出を担当している

元劇団四季の俳優が「宴」をプロデュースするに至るまで

――今日はよろしくお願いします。非常に豪華な船ですね

森健太郎氏(以下、森):ありがとうございます。安宅丸での「宴」を楽しんでください。

乗船すると、「千と千尋の神隠し」の「油屋」のような光景が広がる

――森さんは以前、劇団四季の俳優だったと聞きました

森:はい。2005年から2012年まで在団していました。退団後、独立をして企画制作の仕事を行う中で、偶然出会ったこの船の演出を手掛けるようになったんです。

――劇団四季から独立したのはなぜですか?

森:色々と理由はありますが、「俳優が活躍できる新たなマーケットを作りたい」と思ったのが大きな理由の一つです。

演劇のマーケットは他のマーケットと比べると小さいんです。そのため、俳優がステージに出ながら食べていくということは難しく、技術や想いがあってもなかなか活躍の場がありません。

そこで、どうすれば俳優が活躍できる場所を作れるか考えました。劇場で勝負しても、すでにある市場を食い合うだけで俳優の救済にはつながらないので、それならばと「大衆が演劇に触れる機会を増やす新しい方法」を考えました。その一つが、この「宴」というわけです。

――俳優にとっては新たな活躍できる場所ができ、普段劇場に足を運ばない人にとっては、クルージングをして食事を楽しみながら、気軽に演劇に触れられる場所になる――、win-winな形ですね

安宅丸では、「WAGAKU」と呼ばれる役者が宴を盛り上げる。毎回3人の役者が出演し、中には劇団四季を退団後この船に携わる人もいるそうだ

多額の借金から始まった、安宅丸の厳しい船出

――安宅丸のプロデュースを始めたのはいつからですか?

森:2014年からです。初めて安宅丸に出会ったのは2013年のことで、この船に出会ったときには一目惚れしましたね。「ここなら俳優を使った新たなマーケットを作れる! 」と。その後、船の運営会社(両備ホールディングス)と何度も交渉を重ね、今のような運営形態をとることになりました。

交渉を重ねる中で、船の会社にイメージを伝えるためにプレゼン公演という形で、単発イベントも行いました。もちろん知名度も何もないので、最初は小劇団のように、知り合いに声をかけて来てもらうところから始まったのですが、そのイベントを好評で終えることができ、手ごたえを感じました。

――では、初めから順風満帆だったのでしょうか?

森:いえ、現在で運営開始から4年が経過しているのですが、初めはとにかく大変でした。プロデュースを始めて3カ月が経ったころには、1000万円ほどの借金を背負ってしまいました。

――!!! 1000万円ですか……

森:起業をする上で1000万円という額はそこまで驚かれないかもしれませんが、演劇というビジネスを行う中では驚きでした。当時は苦労しましたね(笑)。

左が両備グループ代表 兼 CEO 小嶋光信氏、右が水戸岡鋭治氏(画像は内装リニューアル後に行われたメディア向けクルーズ体験時のもの)

でもそれから、少しずつサービスの改良を重ね、徐々にお客さんも増やすことができました。元々、この船の内装も今のものとは全然違ったんですよ。今の内装は2017年に作られたもので、JR九州の「ななつ星」をデザインした、インダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治さんに手掛けて頂いたものです。

ほかにも、かつてシャッター街同様だった場所をプロデュースし「恵比寿横丁」として復活させた、浜倉的商店製作所ともタッグを組みました。そういった多くの人たちの協力もあり、徐々に多くのお客様に足を運んでいただけるようになりました。

――乗船客はどういった方が多いのでしょうか?

森:日本人と外国の方で、半々くらいといった感じです。さらに人気を爆発させるには、インバウンドの取り込みがもっと必要になるかと思っています。また、企業が懇親会のために利用する、というパターンも多いですね。メインのステージの部屋が108席、別室にはビップ席も用意していて、総席数は188席あります。リピーターになってくれる人も増えてきて、中には1年間で100回以上乗ってくれた方もいらっしゃいました。

船の外に出ると、東京湾の夜景が広がる。日の出桟橋から出航してしばらくすると、レインボーブリッジや東京タワーも見ることができる

演出の根幹は「ディズニーと茶室」

――安宅丸に一目惚れしたのはなぜですか?

森:元々、時間と空間の演出をしたいと思っていて、例えるならば、『ディズニーランド』のような空間を作りたかったんです。駅を降りたところから夢の国が広がる――。そういう、“入口から出口まで一貫した世界観”を演出したいと考えていた中で、初めて安宅丸を見たときにこの船で『千と千尋の神隠し』のような世界を作りたいと思ったんです。「ここなら、自分の描く時間と空間の演出ができるぞ! 」と確信した瞬間でした。

――確かに、船に入った瞬間から、乗船する前と見える景色、周りの雰囲気が一気に変わったのが印象的でした

森:安宅丸では、お出迎えの瞬間から演出された空間が広がるように努めています。役者もホールスタッフも巻き込み、もちろん「飲食」にも力を入れて、乗船した瞬間から日常とは異なる体験をしてもらえるようにしています。

食事は、いくつかのコースから選ぶことが可能だ (安宅丸 Facebookページより)

森:今は、スマートフォンさえあれば、無料で気軽にいろいろなサービスを受けられる時代です。当然、スマートフォンの利用者は多く、アプリ・サービスを開発している企業も多い。そこにはとても大きなマーケットが形成されています。一方、僕たちが提供しているものは、「人のコミュニケーション」によって生まれる価値です。

当然、ITの世界と比較するとマーケットは小さいです。無料でさまざまなサービスを受けられる時代、モノに溢れている時代に、たった1.5時間~2時間という短い時間で、お客様を満足させる必要があるからこそ、パフォーマンスのみならず「時間と空間の演出」が重要なんです。この考え方に至るには、ディズニーランドのほかに、「茶室」に影響を受けました。

――茶室?

森:茶室は「非現実」の空間を作るために、さまざまな工夫を凝らしているんです。待合室に入り、そこから造りこまれた庭を通って、躙口(にじりぐち)と呼ばれる、低い入口から茶室へと入る――。茶室に入るまでの行動を演出することで、緩やかに日常から、非日常へと誘うのです。

限られた時間の中で、食事や演劇をただ楽しんでもらうだけではなく、その前後の時間も演出することによって、より満足度を高めたい。朝起きたときからワクワクして、駅を降りたところから楽しめるような世界を作りたい。そんな演出を実現するために、ディズニーと茶室のエッセンスを取り入れたんです。

森さんオススメのシャッターチャンスは東京ゲートブリッジを抜け、船が折り返したこの瞬間。恐竜が向かい合っているような特異な形状をしている事から「恐竜橋」とも呼ばれるこの橋の全景を見ることができるスポットだ

「生産性の先」にある感動を目指して

――人気が右肩上がりの安宅丸ですが、今後はどういったことに取り組んでいく予定なのでしょうか?

森:例えるならば、「サグラダファミリア」のようなものを作り続けていきたい、と思っています。まだ足りぬ 踊り踊りて あの世まで――、とは、歌舞伎役者の六代目 尾上菊五郎さんの言葉ですが、これが僕には非常に印象的でして。「芸」に終わりはなく、一つ課題を乗り越えると、さらに違うものが見えてくるもの。それを一つずつ超えた先により大きな感動が生まれ、その取り組みの精神性そのものもまた、新たな感動を生むと思っています。

安宅丸にはまだまだ伸びしろがあります。段階を踏みながら、少しずつサービスの質を上げていき、より多くの人を感動させられるような空間を作っていきたいですね。

――また時間をおいて、安宅丸に乗船するのが楽しみです。貴重な話をありがとうございました

クルージングの最後は、WAGAKUによる歌や舞を楽しめる

***

数百年の時を越えて現代に蘇った「安宅丸」。森氏の話を聞き、その人気の秘訣は「生産性の先に生まれる感動」にあると感じた。

「僕らの業界は生産性が非常に低いと思っています。ビジネスの仕組みという意味では生産効率を上げる努力はしなくてはいけません。一方で生産性を越えたところに大きな価値が生まれ、そこに人は感動すると思うんです。終わりのない非生産的な探求。そこを追い続けていきたいですね」(森氏)

一瞬で世界中の人々とコミュニケーションをとれるITの世界と比べると、クローズなコミュニケーションが求められる演劇や飲食というマーケットは必然的に小さくなる。しかし、そこには単なる「効率の良さ」や「生産性の高さ」では測れない、血の通った人間だからこそ生み出すことのできる感動がある。

そこに価値を見出し、多くの人を魅了するコンテンツを創り上げるのは、「元俳優」という経験を持つ森氏だからこそできることだろう。同氏が「空間演出」を手掛けるのは、安宅丸に限らない。今後の安宅丸の動向はもちろん、森氏が仕掛ける、次の一手にも期待が膨らむ。

「食事に合う」缶チューハイをつくってしまったストロングゼロの仕掛け

「食事に合う」缶チューハイをつくってしまったストロングゼロの仕掛け

2018.11.20

サントリー「ストロングゼロ」の新商品が11月20日より発売

「食事に合う」を押し続けた広告展開の狙い

-196℃製法は居酒屋の「不味い」チューハイから誕生?

サントリーの缶チューハイ「-196℃ ストロングゼロ」という商品に、どのような印象を持っているだろうか?

飲みやすい、度数が高い、お手頃価格――。さまざまなイメージを想起することかと思うが、サントリーの打ち出すメッセージは、一貫して「食事に合う」だ。特に、「唐揚げとよく合う」という点を全面に押し出した広告を見たことがある、という人も多いのではないだろうか。

確かに、味そのものを広告で伝えるのは難しいし、度数が高いからお得に酔えるとお茶の間に出すのはなんだか気が引けるのも想像できる。とはいえ、コーンポタージュ味のガリガリ君くらいディープなイメージになりかねない「食事に合う」缶チューハイというメッセージも、かなりの勇気が要ったのではないだろうか。

なんで缶チューハイが食事に合うなんて言ってるの? サントリー商品開発センター(神奈川県・川崎市)で聞いてきた

居酒屋の「美味しくない」チューハイがキッカケに

そもそも、ストロングゼロのきちんとした商品名で記載される「-196℃」とは何だろう。これは、果実などを-196℃で瞬間凍結し、パウダー状に微粉砕したものをアルコールに浸漬してチューハイに仕上げるという、サントリー独自の「-196℃製法」を意味するもの。

ストロングゼロの開発に携わるサントリースピリッツ商品開発研究部の藤原裕之氏によると、この製法が誕生したキッカケは、居酒屋での「美味しくないチューハイ」にあったのだという。

「居酒屋で飲む“生絞りチューハイ”って、美味しいですよね。でもある日、レモンは入っているのに、全然美味しくないチューハイがあったんです。なぜ同じ組み合わせなのに、味が変わるのか。それは“自分でレモンを絞る・絞らない”の違いにあったんです」(藤原氏)

「-196℃」製法、誕生のキッカケは居酒屋にあった

つまり、美味しさの要因は「手についたレモンのフレッシュな香り」にある、というのだ。

そこで、「レモンを、丸まる1つ使ったチューハイを作りたい」というコンセプトのもと、「果実」だけではなく、「果皮」に含まれる香り・美味しさ成分まで余すことなく作る製法として、果実を瞬間冷凍し、まるごと砕いてお酒に入れる「-196℃製法」を開発した。同じようなコンセプトのチューハイは他社でも見られるが、この製法はサントリーの特許技術だ。

こちらは「-196℃製法」を再現した実験。写真は液体窒素を容器に流し込んでいるところ
ちなみに、液体窒素の中に花を入れると、すぐに凍ってしまう。軽く握っただけでパラパラと粉々に砕ける
レモンを数十秒いれると、こちらも完全に凍ってしまった。さすがに素手で砕くのは無理だそうで、本来は機械でクラッシュしてパウダー状にしているそう

市場拡大の追い風に乗り、「食中酒」として存在感増す

余談になるが、ここ最近はストロングゼロを筆頭に、「ストロング系チューハイ」がSNSで異様な広まりを見せている。昨年末には「#ストロングゼロ文学」という大喜利ネタが流行り、今年も「#わたしのストロングゼロ」なるハッシュタグが誕生し、盛り上がった。このあたりの話題に興味のある人は、こちらの記事(「ストロング系チューハイ」、なぜ人気? 愛飲者が理由を分析)も読んでみてほしい。

では、なぜここまでの人気がある商品になったのか。それは、市場全体の盛り上がりをタイミングよく追い風にできたことも大きい。

「RTD(Ready to drink:缶チューハイやカクテルなど、フタを開けてすぐにそのまま飲める飲料のこと)市場は、2007年から、10年連続で伸長しています。この傾向は2018年も継続しており、本年度は1~9月だけで、前年比111%増えています」(藤原氏)

RTD市場・アルコール度数別販売状況。ちなみにサントリーが「-196℃」シリーズを発表したのは2005年、ストロングゼロシリーズが生まれたのが、2009年だ

RTD市場の中でも、特に高アルコール(アルコール8%以上のもの)飲料が市場を牽引する存在になっていて、これらは2012年に市場シェア24%だったところ、2017年には33%にまで伸長している。

高アルコール飲料が伸びている理由は「お得に酔える」ことが求められたからと考えられるが、「経済性のみでここまでの伸びがあるとは思えない」と藤原氏は説明する。

「なぜ、高アルコール飲料を飲む人が増えているのか。我々の見解としては、それは『食』にあると考えています。2015年、2018年の『食事中にRTDを飲んでいる数』を比較すると、ここ3年で約5%伸びていることがわかりました」(藤原氏)

特に40~50代の伸びが大きく、これまで食事中にビールを飲んでいた所を、チューハイに置き換える傾向にあるようだ。スーパードライやプレミアムモルツ、一番搾りといった人気ビ―ルの度数は、5~5.5%。そこから流入した層が、「低アルコールのチューハイでは物足りないから」と、高アルコールのものを選ぶようになっているのかもしれない。

そこでサントリーは、「食事に合う」チューハイという立ち位置を明確にする戦略に動いた。味の改良だけでなく、世の中のニーズの変化にも敏感に反応した結果の、「食事に合う」だったのだ。

「食事に合う」というイメージ訴求を続けてきたサントリー

市場を牽引する「ストロングゼロ」、次の一手

サントリーが初めて「-196℃」の缶チューハイを商品化したのが2005年。それ以降、RTD市場の成長に沿って売り上げを伸ばし続けている。特に、-196℃のラインアップに高アルコールの「ストロングゼロ」を追加してからの成長が顕著だ。市場の成長に沿って、というよりはむしろ同社のイメージ戦略も相まって、「市場を牽引している」ともいえるかもしれない。

「-196℃」シリーズの販売実績。ストロングゼロが誕生したの2009年以降、急激な成長を遂げている

「食事中のお酒にチューハイが選ばれるキッカケとなったのは、『レモン』味のフレーバー。今後もレモンをRTD市場の成長のキードライバーと捉え、力をいれていきたいと考えています」(藤原氏)

既存の人気商品「ストロングゼロ ダブルレモン」に続き、ストロングゼロが次に指す一手も、やはり「レモン」だ。さらにレモンを”マシマシマシ”した、その名も「ストロングゼロ トリプルレモン」で、まだ食事中に缶チューハイを飲んでいない新規層への訴求を目指す。

「-196℃ ストロングゼロ トリプルレモン」は、11月20日より販売開始。価格は350mlが141円、500mlが191円(税抜き)
同社が押し出す「食事と合う」チューハイ。見ているだけで仕事を放棄したくなってくる
ゴンチャに日本独自メニューが登場 既存客層「以上」にリーチなるか

ゴンチャに日本独自メニューが登場 既存客層「以上」にリーチなるか

2018.09.26

台湾ティーカフェ「ゴンチャ」に日本オリジナルメニューが登場

独自に開発した「ほうじ茶のミルクティー」で客層の広がり狙う

既存店と同数を翌年に出店し、店舗網の拡大も

近年、台湾発のカフェがにぎわい、タピオカ入りミルクティーをはじめとした茶飲料が人気を集めている。

中でも若年層からの強い支持を受けているのが、台湾発祥のグローバルカフェチェーン「ゴンチャ」。日本への出店は他国と比較して後発となったが、2020年までに100店舗という目標を掲げ急拡大している。

このほど、ゴンチャは進出3周年を記念し、オリジナルの日本茶を国内の茶問屋と開発し、9月26日よりメニューに加えた。「台湾の茶」にこだわる同ブランドが、国産のオリジナルメニューに着手した理由とは。

日本独自メニューは「ほうじ茶 ミルクティー」

日本の茶、と言っても種類はさまざま。今回、ゴンチャが静岡の茶問屋・マルニ茶藤と開発したのは「ほうじ茶」だった。この新しい茶葉は、期間限定メニュー「ほうじ茶 ミルクティー」として提供される。

価格はSサイズ420円、Mサイズ470円、Lサイズ570円。既存ラインアップと比較すると「基本メニューより数十円高いが、スムージーよりは安価」という立ち位置にある。

同社の開いた試飲会で提供された「ほうじ茶 ミルクティー」。同日より"復刻"するトッピング「あずき」が追加されたもので、和を全面に押し出した構成だ

飲んでみると、ミルクと合わせてもほうじ茶の味わいが色濃く感じられ、既存商品とは違う口当たり。自宅やペット飲料で飲む"ストレート"のほうじ茶と比較して濃厚で、香りに華やかさがあり、渋みもなく飲みやすい。

ほうじ茶を決め打ちで開発したのではなく、煎茶、玉露、和紅茶、玄米茶、ほうじ茶で検討を開始し、ほうじ茶に決定した後も15種の茶葉、300のブレンドで試作が行われた。ちなみに、既存メニューの抹茶 ミルクティーはグローバルメニューのため、こうして日本での提供のためだけに開発された茶葉は初めてとなる。

ゴンチャ ジャパン 取締役社長兼COOの葛目良輔氏(左)、マルニ茶藤 加藤重樹代表取締役(右)

ゴンチャ ジャパン 取締役社長兼COOの葛目良輔氏によれば、ほうじ茶を選択した理由は、「ほうじ茶が、近年デザート類のフレーバーで高い支持を得ていること」、「試作した他の種類に比べて、求める風味に一番近いのがほうじ茶だったこと」の2点にあったという。

確かに、ほうじ茶をベースにしたスターバックスのフラペチーノをはじめ、パフェやケーキなどにもほうじ茶を使ったものはあり、抹茶に次ぐフレーバーとして定着してきた感がある。

また、既存の茶葉はミルクティー・ストレートティーいずれでも選択できるが、ほうじ茶に関してはアイスのミルクティーでメニューが固定されている。これは、「自信を持って提供できる状態」がこのメニューであったため。

ゴンチャでは今回の限定メニューやスムージーなど一部を除き、茶葉の種類や氷の量、甘さなどをカスタマイズできる自由度を持ち味のひとつとしている。グラフ下部の四角い枠内の数字は、注文全体においてどの選択肢が選ばれたかというパーセンテージだ

その裏には、ミルクティーが注文の7割を占める人気という状況もある。「提供時期はホット・アイスどちらもご提供可能な季節ですが、アイスの仕上がりに自信があったので、アイスに絞って提供したいと考えた」(葛目COO)

外食で「茶」はまだ伸びる

試飲会の中では、コーヒーではなく茶を主軸とした「ティーカフェ市場」のポテンシャルについて、葛目COOのプレゼンテーションが行われた。

カフェ市場の規模と提供形態の割合

現在のカフェ市場の39パーセント、4000億円強がセルフサービス型コーヒーショップであるが、紅茶などのティーメニューの認知度はきわめて低い状況にある。

同社では、「ティーカフェ市場」のポテンシャルは1800億円に届くと予想

それに反して、「お茶」というカテゴリはペット飲料や茶葉含め市場規模が大きい。外食での提供機会がまだ少ないため、「ティーカフェ市場」には現在の3~6杯の市場機会があると考えている、と葛目COOは語った。同社の経営理念については、本誌が行った葛目COOのインタビューに掲載しているので、こちらを参照してほしい。

2018年の出店予定

続々と進めている出店について、2018年中にさらに店舗数を伸ばし、年末の段階では23店舗となることを発表。2019年は新たに約30店舗を出店予定で、既存店と同数を翌年に出店するような想定で伸ばしていく想定だという。

既存客層「以上」にもリーチ狙う

同社はターゲット層を「20代の女性」と設定しており、実際に店頭に列を成す人たちを見ると若い女性が中心。赤いストローの刺さった容器を持って飲み歩く姿を見ると、ゴンチャでの喫茶は若者のトレンド、という印象を受ける。一方、取材する側の記者にその年代はほぼいないため、現在の人気についての質問が相次いだ。

中でも、現在の客層より上の世代の支持の有無について質問を受けた葛目氏は、「若年女性に支持いただいている反面、それ以上の年齢層の方にとって遠い存在であることも事実と受け止めている。しかし、住宅地、ビジネスエリアの店舗では(客層は)その限りではなく、男性の来店者も全体の3割まで増えている」とコメントした。

今回開発されたほうじ茶の茶葉。収穫時期が最も早く、高品質な一番茶にカブセ茎茶をブレンドした。

今回リリースしたほうじ茶は「全年齢にリーチしやすい商材」のため、この新メニューで客層を広げていきたいと抱負を語った。

台湾発祥のティーカフェが新たに開発した「日本茶」メニュー。ほうじ茶に関して、反応次第で定番化も検討ということだが、葛目氏は今回見送ったその他の種類の茶葉についても、開発の意向をのぞかせていた。

ほうじ茶しかり、長く親しまれてきた日本茶は、客層拡大に寄与する可能性がある。台湾文化であるティーカフェが日本独自に広がっていく可能性について、今後も注視していきたい。