「洗濯機」の記事

縦型洗濯機でも

モノのデザイン 第40回

縦型洗濯機でも"空間価値"を追求 - パナソニック「NA-FA120V1」(後編)

2018.06.22

パナソニックとしては、ドラム式の「Cuble」に次ぎ、縦型としてもデザイン性の高い洗濯機として6月1日に発売された「NA-FA120V1」。同製品の発売経緯や意匠としてのデザインのポイントと構造上の工夫などについて2人の担当者に語っていただいた前編に続き、今回は縦型洗濯機ならではのデザインのこだわりや、海外のチームとの議論を通して得られた日本と海外を比較した際のデザイン志向の違いなどについて、エピソードをご紹介したい。

縦型ユーザーのニーズに応じた「道具感」

6月1日発売のパナソニックの縦型洗濯機「NA-FA120V1」。洗濯機としての性能や機能を損ねることなく、縦型の長所も活かしてデザインが考えられた新製品だ

ボディをデザインするにあたり、最も意識されたのは"道具感"だという。ユーザーのアンケート調査などから「たっぷりの水でしっかり洗う縦型洗濯機は、ドラム式以上に道具としてしっかりと使いこなしたいというユーザーが多い」(阿部氏)ことが理由の1つだ。

製品の開発に携わった、パナソニック アプライアンス社デザインセンターの村上浩司氏(左)と同社コンシューマーマーケティングジャパン本部洗濯機商品課の阿部彩氏(右)

道具感を表現するために、本体上部の周囲にフレーム形状を配することで道具としての堅牢さと信頼感を演出したとのこと。だが、よく見るとフレーム構成は全面にではなく、奥側には付けられていない。その理由やデザインの狙いを村上氏は次のように語った。

「たっぷりの水で洗えるという縦型洗濯機の特長も表現するために、あえて奥の側はフレームを付けずに、リゾートホテルなどにある奥に縁のないインフィニティ・プールのようなイメージを出しました。ボディ正面は面積が広い部分なので、半光沢で落ち着いた雰囲気の質感にし、フレーム部分は印象的な高輝度のメタリックに仕上げています」

全体の外観は、たっぷりの水でしっかりと洗える機械であることと、道具としての堅牢性や信頼性が感じられることを目指してデザインされている

天板部分にはスモークの入った半透明のクリアな素材が採用されている。ドラム式のCuble同様に、洗濯中の中の様子が見たいというユーザーは多く、その要望に応えつつも、生活のノイズにはならない程度のバランスが配慮されたという。

真ん中で折れる構造ながらもできるだけ段差を抑えてストレートにつなげるように意識された天面。フラットにすることで見た目の美しさとお手入れのしやすさを兼ね備える。中の様子がうっすらと確認できるものの、丸見えにならない程度にスモークのかかった半透明の素材が用いられている

さまざまなこだわりが詰まった同製品のデザインにおいて、特筆すべき点は"大容量"という製品特長をデザイン上でいかに表現するかを目指したというところだ。空間調和を意識した場合、通常その2つはセオリー上相反する要素となりうるものだが、それらを成立させるために、デザインの方向性はどのように考えられていったのだろうか。

「空間との調和を考えると、スリムさやコンパクトに見せるというのが一般的なセオリーです。しかし、同製品が目標とする大容量は実現できません。その長所を活かすために、正面は使いやすい高さをキープしつつ後方へ向かって伸びやかに広がるデザインを用い、限られた中でできるだけ広く見せようという方向になりました」 (村上氏)

操作パネルや表示部といったインタフェースも家電製品のデザインを左右する重要な要素だ。同製品では操作・表示部が後方に移動している以外にも、デザイン性を意識してディスプレーに大きめのホワイト液晶を採用するなど多数のこだわりが詰め込まれている。

「見た目をスッキリさせるためにボタン類に関しては最小限に絞り込みました。そのぶん液晶側でコース選択ができるように機能を集約していているのですが、大きな液晶を採用しているので周囲の明るさで明暗が変わってしまうため、コントラストが均一になるようにバックライトを微妙に調整しているんです。直観的で動線よく操作ができるように"スタート"ボタンと各選択キーの配置も一直線になるように揃えています」(阿部氏)

ボタン類を最小限に抑え、一直線に配置することで操作性も見た目もスッキリとさせられている。電源ボタンやスタートボタンは外枠だけで色分けされている他、ディスプレーにもホワイト液晶を採用するなど周囲から浮かないように全体的な調和を意識してデザインされている

日本と海外、洗濯機に求める「デザインの違い」

今回の洗濯機の開発にあたっては、日本に加えて、上海、マレーシアのデザインセンターのメンバーとも議論が行われたとのこと。「以前はそれぞれの地域でバラバラにデザインをしている感じでしたが、同じパナソニックブランドの商品として、デザインアイデンティティをどう創っていくか、そしてグローバルで事業を展開している企業として、ひと目見てパナソニックの製品とわかるにはどうすべきかを話し合いました。地域ごとで価値観は多少異なりますが、"洗濯機=洗うもの"という本質的な価値は共通しており、しっかりと押さえていかなければいけない要素だと確認しました」と村上氏。

海外のデザイン担当者と議論を重ねる中で、浮き彫りになったのは、空間価値にへのこだわりは日本のユーザーが特に高いということ。日本以外の国で、デザインに強く求められるのは堅牢感。というのも「そもそも洗濯機が置かれる場所や環境が異なる」のが理由だ。

裏を返せば、海外のユーザーに比べると、日本の消費者にとって家電製品は丈夫で長持ちすることは大前提ということだろう。それゆえに、一歩進んだより成熟した商品価値が求められているのだとも言える。

以前の日本では、洗濯機が庭やベランダなど、屋外に設置されているケースが多かった。それがいまやサニタリールームが主流となり、室内へ入り込んだ。昨今、洗濯機にも家具やインテリアとしてのデザイン性が求められるようになったのはそうした生活スタイルの変化が一因にある。

そんな中、「洗濯機は大きい商品だからデザインもよいものであるべき」「見せるものにしたい」と語る、今回お話を伺ったパナソニックの両氏。人々のライフスタイルに合わせて求められるニーズが変化していくのは必然。家電の"家具化"はもはや機能の一部になりつつあることを、今回のインタビューを通じて実感した。

縦型洗濯機でも

モノのデザイン 第39回

縦型洗濯機でも"空間価値"を追求 - パナソニック「NA-FA120V1」(前編)

2018.06.21

パナソニックから6月1日に発売された縦型洗濯機の新製品「NA-FA120V1」。家電製品に対する消費者のデザインへの意識が高まる中、2016年に同社が発売したドラム式洗濯機「Cuble」に続いて、縦型洗濯機においてもデザイン性を追求した新製品だ。

同製品でデザインの見直しが図られた経緯や背景、開発秘話などを、パナソニック アプライアンス社デザインセンターの村上浩司氏と同社コンシューマーマーケティングジャパン本部洗濯機商品課の阿部彩氏に伺った。

ドラム式の「Cuble」に続いて、縦型にもデザイン性を重視した製品として登場したパナソニックの「NA-FA120V1」。"見せたくなる洗濯機"としてデザインされた

ドラム型から縦型へ、空間価値を追求

前述のとおり、パナソニックではデザイン訴求の洗濯機としてすでに発売された「Cuble」が好評を博している。同社としてはドラム式に続いて、空間調和を意識したラインナップを縦型洗濯機においても広げたかたちだが、Cubleで得られた手応えや知見は縦型洗濯機へも活かされているのだろうか。

「Cuble発売時の洗濯機市場は、すでにコモディティ化が進んでいて、できるだけ安ければいいというニーズがある一方で、空間に対しての価値を求める消費者も増え始めていました。そしてその当時、パナソニックとしてはドラム式洗濯機に注力していこうという時期だったこともあり、まずはCubleの開発に至りました。結果、消費者の方からの反応も上々で、洗濯機に対するニーズが変わってきているという手応えをしっかりと感じ取ることができました。そこで、空間に対する価値について、縦型では提供できないのだろうか? という原点に立ち返り、今回の商品につながっていきました」

空間に対する価値に応えるとはいえ、縦型洗濯機としての機能、性能を十分に満たしていなければ意味はない。老舗電機メーカーであるパナソニックとしては、「電化製品としても完成度の高い商品を送り出さなければなりません」と村上氏。

週末のまとめ洗いや毛布などの大物洗いへのニーズに応えるため、「NA-FA120V1」は、洗濯容量を従来の10kgから12kgに増量したというのが新製品としての大きな特長の1つである。もちろん、設置スペースの制限を考慮した中での大型化が図られた。

2つの相反する要素の両立を実現したのは、洗濯槽の上部に備えられる"バランサー"という部品の改良にある。バランサーとは、脱水時に洗濯槽内の偏りを調整し、振動を抑えるためのパーツだが、内部に収められた液体の流動性を保ちながらも従来よりも厚みを約11ミリも薄型化することで、洗濯槽の内径を広げることに成功した。これにより、洗濯槽の投入口の幅は従来の381ミリから437ミリにまで拡大している。そのため、本体のフタを開けると思わず「大きい! 」と感嘆の声が漏れてしまうほどのインパクトがある。

左側が旧機種。設置スペースはあまりかわらないものの、投入口幅がこれだけ広くなっている
新製品「NA-FA120V1」のバランサー(右)。容量10キロタイプのものよりも直径が広がっているが、機能を損ねずに約1センチほど薄型化されている

新製品の外観をデザインするにあたっては、まずはその特長である大きな投入口を"機能美"として際立たせることを意識したそうだ。「フタを開けた時に、大容量で大きいと感じられるようなデザインを考えました」と村上氏。

具体的なところでは、洗濯槽を手前に配置し、操作部が後方に配置されている点が目を引く。阿部氏は「まずは使いやすさを見せたいというのがありました。それと同時に、洗濯槽と人との距離が近くなるため、洗濯物の出し入れの負担が軽減されます。槽内も見渡しやすくなりますし、小さな洗濯物の取り残しも防ぐことができます。操作部が手元から遠くなってしまうということも当然ありますが、濡れて重たい洗濯物を引き上げることと、どちらが身体にかかる負担は大きいのか? を比較した結果、このスタイルが採用されました。小さなお子さんの手が届かなくなったり、本体手前の操作パネルに身体や洗濯かごが当たって誤作動するのを防止できたり、というメリットもありますしね」と説明する。

洗濯物の出し入れのしやすさが最優先と考え、投入口を手前に、操作部は後方に配置された

大きく丸い投入口へのこだわり

村上氏によると、大きな投入口を"円"で表現するというのもこだわりの1つだったという。「大投入口という新製品の技術とデザインの特長を表すアイコニックな形として、円にはこだわりがありました。投入口の周辺には洗剤ケースや給水口のレイアウトといった設計上の制約がありましたが、できる限りより広く見える円を描きました。また、洗濯槽へ向かって傾斜を設けることで、衣類の出し入れもしやすくなっています」

投入口はよく見ると、上方に向かって広がるように傾斜が付いている。投入口を大きく見せる視覚的効果と洗濯物の出し入れのしやすさの両方を兼ねてデザインされた

ドラム式のCubleと同様に、洗濯機と空間との調和を考えた時には、フラットで凸凹が少ないデザインというのは重要な要素だという。「デザインのセオリーから言うと、凹凸が少ないほうが当然スッキリとキレイに見えます。フラットなデザインはお手入れもしやすいという長所もありますし」と村上氏。

ただし、ドラム式と違って縦型洗濯機の場合には、上から洗濯物を出し入れする構造だ。そのため、フタは本体上面に備え付けられるのが一般的だが、この構造が今回の製品デザインにあたって苦労した点の1つだと明かす。

上面にフタを備える縦型洗濯機の場合は、設置の関係上、フタは真ん中で畳める機構が必須。フラットにしたいという思いに反して避けられない要素でもある

「日本の家庭の洗濯機の上の空間は棚などが備えつけられているケースが多いです。そのため、当社の縦型洗濯機のフタは高さを抑えるよう真ん中で折れる形状になっています。フタの分割がないほうが見た目はスッキリしますが、お客様にとっての使いやすさは無視できません。フタの部分を横方向に観音開きにするような考え方もありますが、洗濯する上での一連の操作や空間での視線の流れを考慮し現在の構成にしています。ただ、中折れの形状にしつつも、継ぎ目部分に極力段差が出ないようストレートにつなぎ、スッキリとしたデザインにしています」(村上氏)

製品の企画・設計・デザインを担当した、パナソニック アプライアンス社デザインセンターの村上浩司氏(右)と同社コンシューマーマーケティングジャパン本部洗濯機商品課の阿部彩氏(左)

ドラム式のCubleに続き、デザイン性を強く意識したラインナップとして登場したパナソニックの縦型洗濯機の新製品。前編では、開発経緯や"機能美"に対するこだわりについて話してもらった。

次回、後編では縦型洗濯機ならではのデザインのこだわりや、海外のチームとも話し合われたというデザイン志向の海外と日本との違いなどの開発秘話をご紹介していく。

ハーフミラー採用の

モノのデザイン 第30回

ハーフミラー採用の"ミニマムでシームレス"な洗濯機 - シャープ ドラム式洗濯乾燥機「ES-P110」 タテ型洗濯乾燥機「ES-PU11B」

2017.12.25

シャープが今秋発売した、ドラム式洗濯乾燥機「ES-P110」とタテ型洗濯乾燥機「ES-PU11B」の2モデル。いずれも洗濯容量11キロ、乾燥容量6キロで、同社の各カテゴリー商品においては最上位の新製品だ。扉部分にハーフミラーを採用するなど、どちらのモデルも従来の洗濯機にはない斬新かつ先進的なデザインで、店頭でもひと際目立つ。そんな2つの新製品について、シャープ 健康・環境システム事業本部 デザインスタジオの桑原多美子氏に、デザインの意図や開発秘話などを伺った。

シャープのドラム式洗濯乾燥機「ES-P110」(左)とタテ型洗濯乾燥機「ES-PU11B」(右)。シャープの洗濯乾燥機としては初めてデザイン性を前面に打ち出した商品だ
シャープ 健康・環境システム事業本部 デザインスタジオの桑原多美子氏

今回、2つの製品に共通するコンセプトとして掲げられたのは、"キレイに、こだわる"。洗濯機は衣類をキレイにする家電製品だが、機能性だけでなく、見た目の美しさや設置場所での佇まい、お手入れのしやすさなどすべてにおいて"キレイ"であることを新製品で目指した。

前述のとおり、新製品の2モデルは、ドラム式、縦型とタイプは違うものの、いずれも扉部分に採用されたハーフミラーと、まるでスマホのような高精細なタッチパネル式の操作が目を惹く。洗濯機としてはいささか挑戦的とも言えるような今回の大幅なデザインの刷新の背景について、桑原氏は次のように語る。

「消費者の間で心地よい暮らしやリビング、インテリアとのマッチングという需要が近年高まってきました。また、弊社としては特にドラム式洗濯機の売り上げを強化していきたいという狙いもあり、思い切ったデザインの要素を取り入れようということになりました」

桑原氏によると、デザイン部門で最初に検討されたのが、これからの洗濯機のあり方。従来の洗濯機は"クリーンデザイン"と呼ばれる清潔さをイメージさせるデザインだったが、家電製品にも空間との調和が求められる傾向にある昨今に必要なのは、"サニタリーファニチャー"との融合であるという結論に至ったという。そこで家電らしさをあえて外したデザインの追求がスタートした。

結果、辿り着いたのが洗面台のイメージだ。洗面所の鏡と陶器の洗面ボウルをモチーフに、艶のある陶器の質感や、汚れをふきとりやすいなめらかな形状といった、サニタリー空間におけるインテリアとしての美しさを洗濯機に取り入れるというデザインの方向性が定まったのだという。

"サニタリーファニチャー"のコンセプトのもと開発された「ES-PU11B」のデザインで意識されたのは、洗面ボウル。美しさや清潔さとともに、フラットでお手入れがしやすいといった要素も取り入れられた

「デザインする上で目指したのは、ミニマムでシームレスであること。ハーフミラーのガラストップの採用以外にも、凸凹のない形状やなめらかな投入口といった要素を実現するために、徹底的に要素を絞り込みました」

しかし、新製品におけるシンボリックなパーツであるハーフミラーのガラストップの採用は、技術的な課題も多く抱えていたという。「技術的に最も苦心したのは、ハーフミラーをどの素材にするかの検討ですね。この部分はタッチパネルにもなっているため、ハーフミラーの素材はどれでも大丈夫なわけではありません。通電性もありますし、乾燥機の稼動時には熱が加わりますから熱伝導性への耐性や剥離に強い素材である必要があります」と桑原氏。そのためハーフミラーの素材は当初のイメージよりも暗い色調になったそうだ。

今回の新製品で縦型・ドラム式ともにシンボリックであるハーフミラーのガラストップ。美しい反面、目の前の景色を写り込ませやすいという難点を克服するために、扱いやすさと両立させる適切な角度での取り付けも検討された
インテリアのようにサニタリー空間になじむ洗濯機にするために、従来機種(右)では手前に常に見えていた操作パネルを取りやめ、タッチパネルを採用し、表示を極力排除してスッキリさせた

厚さの検討も重要な事項だ。桑原氏によると、初期のモデルではより薄いデザインだったものの、「内部が基板、LED、リフレクター、タッチパネルシート、ガラスという構造のため、最小限にしても相当厚みが増えてしまった」と明かす。

しかし、こうした数多くの難題を抱えながらも、タッチパネルのキーを美しく光らせるために、リフレクターの深さと色調、拡散性を最後までかなり詰めて検討が重ねられたとのことだ。デザイン面で他にも縦型の場合は薄く見せるために外枠の部分に微妙な傾斜を設け、一部のパーツの色調を変えていたり、ドラムの場合は操作部を見やすくするために設けた傾斜を美しく見せるようにさまざまな角度が検証されたという。

タテ型の初期段階の操作部のコンセプトモデルの一例。最終形に比べると、よりエッジが効いていて黒物家電っぽい印象だ

また、ドラム式のハーフミラーのガラスドアには裏面からグラデーション印刷が施されている。周囲の映り込みを抑えるための工夫だが、天面にフタがある縦型の場合は天井面からの光が反射して自然のグラデーションの効果が得られるため採用されていない。今回発売された新製品2機種はデザインモデルという位置付けではなく、従来モデルの後継機としてラインナップすることから、ここまでデザイン面が大きく変わりながらも価格は極力据え置くことを目指したがゆえに、コストとデザイン性を両立する細かな工夫が随所に隠されている。

サニタリー空間における設置イメージ。ハーフミラーの部分にはドラム式のみグラデーションがかけられている。天面に備えられている縦型と異なり、設置されている場所上、正面のものを写り込ませてしまうため、それを抑えるために考え出された措置だそうだ
操作部が本体側にある従来のドラム式とは違い、ドア部分に装備されている。この設計により、ドア部分に制御基板などの電気系統を収めつつ、強度を保ちながら見た目も美しいデザインに仕上げるという課題に特に苦労したという

そのもう1つの例がタッチパネル操作部のLEDライトだ。外観をスッキリと美しく見せるため、そして「洗濯機のボタンが多すぎてどれを押せばいいのかわからない」という操作性の問題を、操作の順番に従って使用するボタンのみを点灯させることで解決を図った。そのために起用されたタッチパネル操作部だが、ホワイトとブルーの2色のライトを採用しているのもこだわりの1つだという。

しかし、LEDも1灯1灯が製品コストに反映する要素だ。今回、ドラム式の製品の操作部で使用されているLEDライトは全部で114灯あり、コストダウンを図るために、「ボタンをタッチすると光の色が変わる部分以外は、モジュールを用いずにシートを張り合わせることで光り方を分けるようにしました」と明かす。

操作部のLEDはデザイン上ブルーとホワイトの2色を基調とすることは絶対に譲れないポイントだったが、如実にコストに反映されるため、もっとも工夫が施された部分の1つだ

縦型の洗濯乾燥機では、"超音波ウォッシャー"と呼ばれる、昨年単体で発売された製品と同様の付属品を本体天面に装備する。単体の製品では充電をUSB経由で行う方式だが、縦型洗濯機ではワイヤレスで行える非接触式の仕様を採用。この充電部も本体のどの部分に収めるかをはじめ、取り出しの方法などさまざまなデザインが検討されたそうだ。

縦型に採用されている"超音波ウォッシャー"。検討段階では、本体にどのように収納するかだけでも多くの案が議論された

今回、"サニタリーファニチャー"を起点に、デザインの大リニューアルが図られたドラム式と縦型洗濯機の2モデルだが、ハーフミラーのガラストップとタッチパネルの採用という大きな要素が共通していながら、テイストはそれぞれに異なっているのも印象的だ。桑原氏によると、陶器の洗面ボウルのイメージである縦型に対して、「ドラム式は家具のイメージ。最近はインテリアにウッドや金属などの素材感をストレートに用いているものが多いのでそれに合うようなデザインを心掛けました」とのこと。

家具をイメージしてデザインされたというドラム式。サニタリー空間の床や洗面台と調和する色味や素材が選ばれている

洗濯乾燥機の性能や機能だけでなく、デザイン訴求にも力を入れる日本のメーカーが相次いでいる。他の家電製品と比べると、防水パンの規格や給水設備などデザイン上の物理的な制約が多いカテゴリーの製品だが、見た目のデザインの美しさへのこだわりが導く新たな技術革新も含めてさらなる発展が楽しみだ。今回のシャープの洗濯乾燥機の2つの新製品の登場は、それを期待させる好例とも言える。