「東急電鉄」の記事

根付き始めた「必ず座れる」通勤、 鉄道に続いてバス業界も熱視線

根付き始めた「必ず座れる」通勤、 鉄道に続いてバス業界も熱視線

2018.11.19

座席指定の通勤電車から”通勤の高級化”の流れ?

ハイエンド通勤バスの実証実験を東急電鉄が実施

たまプラーザを舞台にした、日本初の郊外型MaaS

全席指定の通勤電車が首都圏の私鉄で運行され始めている。西武鉄道を主体に東急電鉄、東京地下鉄(東京メトロ)、横浜高速鉄道の各路線を乗り入れる「S-TRAIN」や、京王電鉄の「京王ライナー」などだ。座席指定ではなく、着席整理券による着席定員制の東武東上線の「TJライナー」もある。

帰宅時間に運行される京王ライナー

なぜ、私鉄各社がこうした通勤電車を運行し始めたのか。ラッシュを避けゆったり座ってオフィス街に移動できる利便性を提供するためだ。京王ライナーの場合、帰宅時間に下り方面に運行されるだけだが、これも「仕事で疲れているのに立って帰りたくない」という通勤需要に応えている。

S-TRAINやTJライナーの場合、休日には観光列車としての役割も果たす。S-TRAINはデートスポットとして注目される豊洲や、“食の街”として名をはせる横浜中華街を結んでいる。TJライナーは“小江戸”と呼ばれる川越や森林の多い憩いの場「森林公園」にアクセスできる。森林公園は今の時期、紅葉をライトアップするイベントが行われており、相当の集客がある。

ただ、どちらも平日はビジネスパーソンの脚となるという特徴を考えると、観光色の強い西武鉄道の「レッドアロー」や東武鉄道の「スペーシア」とは性格を異にする。

ハイグレード通勤バスでゆったりと

こうした“通勤の高級化”が、バスにも波及しそうだ。

東急電鉄は「ハイグレード通勤バス」の実証実験を2019年1~2月に行うと発表した。

ハイグレード通勤バスの外観(写真提供:東急電鉄)

ハイグレード通勤バスは客席が24席と広々としており、しかもかなり深めにリクライニング可能。Wi-Fi対応、USB、ACアダプタも装備し、パソコンなどが置けるテーブルも用意されている。そして、長距離バスのようにトイレまで備えているのだ。

座席は3列で、シート数は24席とゆったりしている(写真提供:東急電鉄)
かなり倒れるリクライニングシート(写真提供:東急電鉄)
テーブルにPCを置いて作業可能。写真左隅にACコンセントも確認できる(写真:東急電鉄)
通勤用バスながら、トイレ洗面台を完備(写真提供:東急電鉄)

 以前、両備グループの中国バスが運用する「ドリームスリーパー」という、超高級バスを拝見したことがある。しかもこちらは、さらに座席数が少ない14席で、個室タイプだ。とはいえ、ドリームスリーパーは東京~大阪や東京~広島を結ぶ長距離高速路線バス。睡眠を取ることが必須になると思うので、個室という選択肢になったのだろう。

一方、ハイグレード通勤バスは、読んで字のごとく“通勤”という言葉が入っている。つまり、長距離高速路線バスであるドリームスリーパーとは、まったく性格が異なる。

さて、今回の実証実験では、実験区間にたまプラーザから渋谷が選択された。このたまプラーザ駅がある東急田園都市線は、首都圏屈指の混雑路線だ。二子玉川や三軒茶屋からも乗客があり、朝の通勤ラッシュはすさまじいと聞く。国土交通省によると、ラッシュ時は185%の乗車率であるらしい。この田園都市線の混雑を少しでも緩和しようと、ハイグレード通勤バスの実証実験を開始する意図がみえる。

ただ、田園都市線の混雑は、東急電鉄そのものにも原因がある。というのも、東急の本拠である渋谷の再開発を急激に推し進めたからだ。セルリアンタワーや渋谷ヒカリエ、そして渋谷ストリームも開業した。どれもオフィス、商業施設、ホテルといった施設からなる複合ビル。オフィスが増えれば通勤客が増えるし、商業施設も朝の仕込みなどでラッシュ時に通う場合も十分に考えられる。そうした混雑を緩和するために、今回ハイグレード通勤バスを実験し、本サービスにつなげたいのだろう。

一方、東急電鉄はハイグレード通勤バスだけでなく、あわせてたまプラーザでオンデマンドバスやパーソナルモビリティ、マンション内カーシェアリングの実証実験も行う。オンデマンドバスはスマートフォンで乗車予約を行い、病院や公共施設への移動手段になる。パーソナルモビリティは、坂道や細い道路を移動しやすく買い物などに向く。マンション内カーシェアリングは、余っているクルマのリソースを同じマンション内で共有しようというものだ。

東急電鉄はこれらを日本初の「郊外型 MaaS」(Mobility as a Service:利用者の目的や嗜好に応じて最適な移動手段を提供すること)の実験だとしている。

このMaaSという考え方には、あのトヨタ自動車も積極的だ。トヨタは東京2020オリンピック・パラリンピックを舞台に「Mobility for All」を実現したい考え。パーソナルモビリティもこの施策に組み込まれる。

トヨタが実用化を進める「i-ROAD」(写真提供:トヨタ自動車)

 東急電鉄は実証実験でどのような結果を得るのか。“地獄”とも表現される通勤ラッシュの課題や少子高齢化への対応、高齢者の移動手段確保など、MaaSが貢献できる問題解決はさまざまだ。たまプラーザ~渋谷という、屈指の住宅街と屈指のオフィス街を結ぶこの取り組みが、“住みよい街づくり”にどのように関わっていくのか、楽しみだ。

輸送障害が起因となった東急電鉄の緊急安全総点検

輸送障害が起因となった東急電鉄の緊急安全総点検

2018.02.13

2017年11月15日、東急田園都市線で輸送障害が発生。約5時間にわたって運休し、通勤に大打撃を与えた。以前から田園都市線における輸送障害は目立っていたが、設備の老朽化に起因するものが多く、対策は進められていた。

ところが昨年に起きた輸送障害は、比較的新しい設備の不具合によるもの。これを受けて11月18日から12月13日の期間中、のべ2,120人を投入して点検を行った。この際、緊急性の高い不具合は見つからなかったが、対策を強化。たとえば、11月の輸送障害の主原因になった「き電・高圧配電ケーブル」の精密点検を、これまで5年に1回実施していたが、2年に1回に改める。また、緊急時の要員は二子玉川に集中していたが、地下路線区間にある各駅に配置するとした。

地下路線は夜間の点検がメイン

そもそも田園都市線は地下路線区間が長く、緊急事案が起きた際、その箇所までの移動に時間がかかることは容易に想像できる。地下路線区間の各駅に保安員を配置することで、初動を速くし、迅速に対応しようというわけだ。また、地上路線区間ではおもに昼間に点検、地下路線区間では営業が終了した夜間に点検するという。これは地下路線区間には待避場所が少なく、点検作業の安全性を高めるための措置だ。

点検作業が公開された渋谷駅付近

そんな東急電鉄が2018年2月に保守・点検作業をメディアに公開した。鉄道事業者が地下路線区間の点検作業を公開するのは、異例のことといってよいだろう。それだけに昨年11月の輸送障害発生により、東急電鉄が受けた危機感の高さがうかがえる。

点検作業が公開された区間は、渋谷駅~池尻大橋駅のあいだ。すべての電車が車庫に入ったことを確認した午前1時30頃より作業が開始された。

おもな点検箇所はき電ケーブルや電車線、信号ケーブル、高圧配電ケーブルなど。オレンジ色の作業服を着用した複数の保安員により、現状の目視、接続部や湾曲部などを中心とした触手点検、軌陸車による点検作業が行われた。点検時間は2時間30分ほど。早朝5時頃には始発電車が走り出すため、4時頃までには撤収作業を終えなくてはならない。その後、各職場において始業点検や確認が行われる。

上段左:信号ケーブルの点検。上段右:ホーム下の高圧配電ケーブルをチェックする。下段:軌陸車により、トンネル上部の電車線を点検

短い時間でこれだけの点検作業を行っているとは考えたことがなかった。電車の終電から始発まで、鉄道事業者は静まりかえっているのかなと思っていたが、まさに鉄道事業者は昼夜を問わず活動しており、その結果、われわれに“脚”としてサービス提供されているのだなと素直に思った。

東急電鉄がトップ人事をリリース

左が新会長就任予定の野本氏。右が4月に新社長就任予定の髙橋氏

話は変わるが、メディアへの点検作業公開の数日後に、東急電鉄に大きなトピックがあった。東急電鉄代表取締役の人事異動の発表だ。これまで同社の代表取締役社長を・社長執行役員を務めていた野本弘文氏は、4月に代表取締役会長に就任。新たに代表取締役社長を・社長執行役員は、髙橋和夫氏が務めることになった。髙橋氏は東急バスに勤めた後、東急電鉄取締役、同社経営企画室長などを歴任した人物。経営企画室長という、企業の“かじ取り”を担ってきただけに期待がかかる。

東急電鉄は鉄道事業者としては多角的に事業を展開しているイメージが強い。鉄道事業の安全を第一に、輸送力の強化・最適化はもちろんのこと、沿線の活性化にも力を注いでいる。たとえば二子玉川ライズ。30年以上の長い年月をかけて再開発されたこの地は、今や郊外における商業施設やオフィス、レジデンスの複合施設として多くの集客を獲得している。

東急グループの拠点ともいえる渋谷地区も、セルリアンタワーや渋谷ヒカリエといった代表的なランドマークのほかに、再開発が進められている。旺盛なインバウンド需要を取り込むホテル・リゾート施設も強化しなくてはならない。このほかにも多くの事業を手がけている東急電鉄だけに、新社長の手腕が試されるところだ。

さて、話を2017年11月に戻そう。実は11月下旬に東急電鉄などが進めている、旧東横線渋谷駅跡地で進められている再開発の見学に誘われていた。ところが、この見学予定日の直前に田園都市線の輸送障害が発生し、この見学は中止となった。渋谷駅前のさらなる変化を見学できるとあって楽しみしていたが、少し残念だ。また機会があれば誘っていただきたい。