Xperiaで仕掛けたソニー、世界初4K有機ELの超縦長スマホ

Xperiaで仕掛けたソニー、世界初4K有機ELの超縦長スマホ

2019.02.25

MWC 2019でソニーがスマホ「Xperia」の新型を発表

フラグシップモデルには4K有機ULディスプレイを採用

「Xperia 1」は初夏以降に、「10/10Plus/L3」は本日より発売

モバイルコミュニケーションズは2月25日、スペイン・バルセロナで開幕した「Mobile World Congress(MWC) 2019」で、次世代スマートフォン「Xperia 1」「Xperia 10/10 Plus」「Xperia L3」を発表した。

世界初の4K有機ELの採用や、最新のトリプルカメラなど性能面で目新しさを出したほか、今回の新製品からモデル名の名称ルールを変更し、ブランドイメージの巻き返しも図る。

「Xperia 1」

「Xperia 1」は2019年初夏以降に日本を含む各国・地域にて発売予定、「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」「Xperia L3」の3機種は本日より発売する。

Xperiaのモデル名称は、これまでフラグシップが「Xperia XZ(1~3)」などと続いており、新モデルはXZ4になると見られていたが、今回の製品からはこれを一新。フラグシップモデルの名称が「Xperia 1」(エクスペリア ワン)、ミッドレンジが「Xperia 10」(エクスペリア テン)と、新たな名称ルールが採用されている。

「Xperia 1」。iPhoneが「9」を飛び越えて「X(テン)」に変わったときには、画面上部にノッチ(切り欠き)が登場し、ホームボタンが消えるという大きな変更があった。今回のソニーの名称変更でも、従来のXperiaから色々と変化した部分が目立つ

世界初の4K OLED、デザインは先祖返り?

Xperia 1の最大の特徴は、世界で初めて「4K有機EL」(3840×1644ピクセル)をスマホのディスプレイとして採用したことだ。

画面比率も他に類を見ない「21:9」の"超縦長”になった。それにより本体の形状もかなり変化しており、Xperia XZ3が6.0インチ、アスペクト比が「18:9」で本体幅が「73mm」であったのに対し、Xperia 1は6.5インチ画面ながら本体幅は「72mm」と逆に狭くなった。

Xperia 1は「縦長」の特徴的な形に

Xperia 1の6.5インチというサイズは「iPhone XS Max」と同等であるにも関わらず、その横幅はXS Maxが横幅77.4mm、Xperia 1は72mmと結構違う。ちなみに「iPhone X(およびXS)」の横幅は70.9mmであるため、実際に手に取ってみると、数値以上に「これまでになかった感」が際立ちそうだ。

そして、21:9という新たなアスペクト比を活かすための工夫もなされている。ソニー独自のUIで最適化することで、動画を視聴しながら、SNSを閲覧したり、メッセージをやり取りをしたりといった「二画面同時表示」での使い勝手が良くなっている。

独自のUIによって、21:9のアスペクト比ならではの分割画面の使いやすさを実現

カメラ機能も待望のトリプルレンズカメラに進化した。また、瞳を検出してオートフォーカスする「瞳AF」にスマホとして世界で初めて対応した。有効画素数が各1200万画素の26mm(F1.6)・52mm(F2.4)・16mm(F2.4)レンズを標準・望遠・広角と自在に切り替えることができる。光学ズームは2倍で、暗所撮影に強く、背景ぼけ撮影にも対応する。

デザインも大きく変わった。XZ3から本体幅を維持したまま薄型化し、縦長になっただけではなく、過去のXperiaで評価の高かったスレート状のデザインに回帰している。Xperia 1の湾曲していないガラス背面は、昔からのXperiaユーザーには特に美しく見えるだろう。

ほか主な仕様は、プラットフォームがクアルコムの「Snapdragon 855」。メモリは6GBで、ストレージはmicroSDXC(最大512GB)をサポート。

本体サイズは縦167mm×横72mm×厚さ8.2mm。画面サイズは6.5インチ4K HDR OLED(3840×1644ピクセル)。重量は約180グラム。バッテリ容量は3330mAh。IP65/IP68の防塵・防水性能に対応。指紋認証センサは本体右側面。

カラバリはブラック、ホワイト、グレーのほか、Xperiaでは馴染みのあるパープルが復活しており、4色展開。

ミドルレンジ端末も「21:9」対応

「Xperia 10」と、「Xperia 10 Plus(エクスペリア テン プラス)」も、フラグシップモデル同様に21:9の縦長画面を備える。

「Xperia 10」(左)、「Xperia 10 Plus」(右)

10と10 Plusの最大の違いは画面サイズで、前者が6インチ、後者は6.5インチ。解像度はともにFull HD+。

Xperia 10の幅は68mm。約6.0インチで13MP/5MPのデュアルカメラを搭載しているほか、クアルコムの「Snapdragon 630」を採用。

Xperia 10 Plusは幅73mm。約6.5インチで、こちらはデュアルカメラが光学2倍ズームに対応する。プロセッサはクアルコムの「Snapdragon 636」。

スペックを抑えたローエンド端末も登場

「Xperia L3」(エクスペリア エルスリー)は、「Xperia L2」の後継機にあたる。

「Xperia L3」

なお、今回の新製品でXperia L3のみアスペクト比は18:9。5.7インチのHD+液晶を搭載。13MP/2Mのデュアルカメラ、プロセッサにMediaTek製の「Helio P22(MT6762)」を採用している。

サムスンが折り曲げスマホ「Galaxy Fold」発表、4月に約22万円で発売へ

サムスンが折り曲げスマホ「Galaxy Fold」発表、4月に約22万円で発売へ

2019.02.21

サムスンが曲がる有機ELの折りたたみスマホを製品化

超ハイスペックだが、日本円で約22万円と高額に

「折りたたみ」はスマホの未来? 中国勢も積極的

韓国サムスンが折りたためるスマホ「Galaxy Fold」を発表した。曲がる有機ELディスプレイによって、開いているときはタブレット、折りたたむとスマートフォンのように使える。グローバル市場向けとして4月26日に発売し、価格は1,980米ドル(約22万円)。

折りたためるスマホ「Galaxy Fold」

同社はかねてより「折りたためるスマホ」を開発していると明かしていたが、ついに製品が登場した。ディスプレイを開いた状態では7.3インチのやや小型のタブレットとなり、複数のアプリを同時に立ち上げマルチタスクで使うことができる。ディスプレイを真ん中から折りたためば、ポケットにも入る4.6インチのスマートフォンへと変化する。

開いた状態ではタブレット。複数のアプリを同時に表示して使うことができる
本体を真ん中から折り曲げれば4.6インチのスマートフォンに。スマホ用の画面はタブレット用画面とは別に、裏側にあるという位置関係
折りたたむので厚みは出てしまう。数値では厚さ17ミリ程度とのこと

カメラは折りたたんでも開いてもシームレスに使えるよう、背面にメインカメラを3つ、前面にも3つの計6カメラと豪華な仕様だ。メインカメラのスペックは16メガピクセル F2.2超広角、12メガピクセル F1.5/F2.4広角、12メガピクセル F2.4望遠で、2倍の光学ズームもつく。

性能もハイエンドクラスで、CPUは7nmプロセスの64-bitオクタコアプロセッサ、メモリー12GB、ストレージ512GB、4,380mAhのバッテリーという構成。ディスプレイ解像度はタブレット時にQXGA+(画面比率4.2:3)、スマホ時にHD+(同21:9)。OSはAndroid 9.0。LTE版のほか5G版もラインアップする。

「Galaxy Fold」はスムーズに折れ曲がる有機ELをはじめ、最新の技術的ブレイクスルーを盛り込んだスマホであることは間違いないが、果たして「折りたたみスマホ」は今後のトレンドになるのか、それともマニア向けのキワモノで終わるのか。まずはスマホとタブレットを別々に買っても余りある価格設定がネックになりそうだ。少なくとも業界の「ニュース」としては今年のトレンドになるだろう。

2枚の液晶を使った折りたたみスマホであれば、既に日本でも購入できる。写真はNTTドコモの「M」(ZTE製)
成長を続ける中国ファーウェイ、快進撃を支えるのは日本的品質の高さ?

成長を続ける中国ファーウェイ、快進撃を支えるのは日本的品質の高さ?

2018.12.04

中国ファーウェイが高級スマートフォンの新型を日本投入

コストパフォーマンスではなく、技術力・高品質にシフト

世界で急成長、日本市場でもアップルの牙城に挑戦へ

11月30日、中国ファーウェイの最新型スマートフォン「HUAWEI Mate 20 Pro」が日本市場に向けて発売された。それに先立つ28日にはメディア向けの発表会も行われたが、受付に長蛇の列ができるほど多くの記者が訪れていた。会場は結婚式場として有名な白銀台の八芳園。庭園の一部を貸し切って、実際にMate 20 Proを使った体験撮影会が行われるなど、同社日本法人のファーウェイ・ジャパンも力が入っていた。

Mate 20 Proの発表会にて。左から、安田美沙子さん、呉波さん(ファーウェイデバイス 日本・韓国リージョン プレジデント)、皆藤愛子さん

これほどの注目を集めるのも無理からぬところではないか。2018年、ファーウェイのスマートフォン端末はグローバル市場、日本市場とも躍進を続けている。

・世界2位 世界スマートフォン市場 2018年第2・第3四半期
・日本1位 日本スマートフォン市場アンドロイド部門6~10月期(BCN調べ、キャリア・SIMフリーの類型)
・日本1位 日本スマートフォン市場前年同期比成長率(MM総研調べ、上位5社を対象にキャリア・SIMフリーの類型)

発表会の冒頭、ファーウェイデバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波氏は、胸を張りつつ、この輝かしい数字を発表した。

アップル、サムスンの牙城を崩した中国スマートフォン

世界のスマートフォン市場ではファーウェイをはじめ、中国勢の快進撃が続いている。出荷台数上位10社のうち7社は中国企業だ。しかし、これまでは1位サムスン、2位アップルの二強は地位を守り続けてきた。今年、四半期ベースとはいえ、ファーウェイがアップルを抜き、2位となったことは“事件”と言える。2019年には年間ベースでも2位になる可能性が高い。

日本市場での成長はそれ以上の勢いだ。2017年はトップ5にすら入っていなかったにもかかわらず、今年はアップルに次ぐ存在感を示している。その原動力となったのがキャリア携帯の発売だ。ファーウェイは2017年時点でSIMフリー市場ではトップの座についていたが、携帯電話市場全体に占めるSIMフリーの比率は10%弱に過ぎない。飛躍のためにはキャリア携帯に採用されることが不可欠だった。

そして今年、ドコモがP20 Pro、ソフトバンクがMate 10 Pro、auがP20 liteとファーウェイ携帯を採用。これによりファーウェイは日本市場でも飛躍的に成長した。今回発表されたMate 20 Proは、その状況下におけるファーウェイの最新フラッグシップモデルだけに、注目を集めたのだ。

同機種は海外では一足先に販売されている。10月26日に発売となった中国では、予約開始からわずか8秒で1億元(約16億3,000万円)の売り上げを記録したという。ファーウェイのコンシューマー向け端末事業グループを率いる余承東氏は、中国メディアの取材に対し、Mate 20シリーズの出荷台数は2,000万台を超え過去最高を狙っていると話している。

コストパフォーマンスから技術力・高品質にシフト

ファーウェイの勢いを支えるのは技術力の高さだ。同社の基本方針を定めた「ファーウェイ基本法」では売上高の10%以上を研究開発投資にあてると規定していて、2017年は売上高の14.9%に相当する896億9,000万元(約1兆4,600億円)を拠出した。米コンサルティング企業Strategy&が出している企業研究開発費ランキング「Global Innovation 1000 study」を参考にすると、ファーウェイは非上場企業のためリストに掲載されていないが、2017年実績はインテルを上回り、マイクロソフトに次ぐ6位に相当する。ファーウェイの研究開発費はコンシューマーデバイスだけではなく、通信基地局設備や企業向け製品をも含んだものではあるが、アップルを上回る資金を開発に投じていることになる。

中国企業のスマートフォンはコストパフォーマンスが売りだが、その一方で初期不良率や故障率の高さなど品質面にはまだ課題も残る。ファーウェイはその弱点を、故障しても速やかに交換するといった割り切りで乗りきってきた。筆者にも印象深い実体験がある。中国の通販でスマートフォンを購入した時のこと、箱から出して携帯を手に取ると、カラコロと音がする。中の部品が固定されていないという、なんともお粗末な初期不良だ。クレームの電話を入れると、向こうも慣れた様子ですぐに対応してくれ、翌日には代わりの製品が届けられた。とんでもない初期不良という残念さと、急速なリカバリーとの双方を見せつけられた。

この「中国あるあるエピソード」だが、ことファーウェイは初期不良率が低いとの印象がある。現時点で初期不良率などのデータが出回っているわけではないが、クオリティ的に安心できるというイメージは確実にひろがっており、他の中国企業と比べればやや高い金額でも売れる要因となっているとみられる。

筆者は今年4月、広東省東莞市松山湖近隣にあるファーウェイのスマートフォン製造工場を訪問した。完璧に整理され高度に自動化された生産ラインもさることながら、それ以上に印象的だったのは壁に張り出されたQCサークルの活動報告だ。部品の置く位置を変える、棚の高さを変えるといった、ラインで働く作業員からの提案を取りあげ、現場の改善を進める活動だが、これまでの中国では見たことがない、まるで日本の工場のようなレベルで徹底されていた。毎月、日本から専門家を招き、QCサークルを含めた現場の改善の指導を仰いでいるという。

また余承東氏は2016年に日本メディアの取材に答え、同社のハイエンド・スマートフォンの部品は50~60%が日本企業から調達したものだとも明かしている。コストパフォーマンスは高いが荒さが目立つ中国流に対し、ファーウェイは日本的な品質の高さが売りというわけだ。

日本市場でもアップル対抗の急先鋒に?

今回発表されたMate 20 Proはそのファーウェイの集大成だ。前世代から75%ものパフォーマンス向上を果たした新型SoC「Kirin 980」が搭載されたほか、スマートフォンから他のデバイスに充電できるワイヤレス充電というユニークな機能も搭載した。

Mate 20 Pro

 

新機能で特に筆者が強く印象づけられたのは、超広角レンズとAI機能の進化だ。前モデルのMate 10 Proと同様、ライカブランドのトリプルカメラを搭載しているが、モノクロレンズが廃止され、代わりに2000万画素の超広角レンズ(16mm)が搭載された。ユーザーから強いニーズがあったために搭載したとの話だったが、標準の広角レンズと比べるとその差は歴然。他のスマートフォンとは違う写真が撮影できる。

左の写真は超広角レンズ、右は広角レンズで同じ場所から撮影。近距離でも石塔の全体が撮影できる

AI機能はできることが大幅に増えた。ユニークなのが画像認識機能だ。カメラで観光地を捉えるとその名称を表示する、食品を識別するとカロリーなど栄養成分を表示する機能がある。また、動画撮影時に被写体の人物だけが彩色され背景は白黒になるAIカラーなどシネマモードも搭載された(発売時には非対応。アップデートにより機能追加される)。これはリアルタイムで動画を処理できる強力なNPU(ニューロ・プロセッシング・ユニット)を搭載したことによるものだ。NPU自体はMate 10 Proから搭載されていたが、対応アプリが少なくその恩恵を感じられる機会は少なかったが、今回は活用の幅が大きく広がっている。

AIポートレートカラービデオのデモ

Mate 20 ProはSIMフリー機が主要MVNO、大手家電量販店で販売されるほか、キャリアではソフトバンクが取り扱う(12月7日午前10時予約開始)。SIMフリー版はトワイライト、ミッドナイトブルーの2色。ソフトバンク版はブラック、ミッドナイトブルーの2色というカラーバリエーションだ。なおソフトバンク版はプレインストールアプリが異なるほか、デュアルSIMに対応していないなど仕様の違いがある。

前述のとおり、2019年には年間ベースの出荷台数でアップル超えを実現する可能性が高い。「量」に続いて求められるのは「単価」の向上だ。高価格のハイエンド機ではアップルの独壇場が続いている。10万円を超える価格帯でもユーザーの支持を取り付けられるのか。Mate 20 Proは今後のファーウェイの戦略を担う機種と言えそうだ。