「新型スマホ」の記事

「折り畳みスマホ」はスマートフォンの新ジャンルとして定着するのか

知って納得、ケータイ業界の"なぜ" 第33回

「折り畳みスマホ」はスマートフォンの新ジャンルとして定着するのか

2019.03.19

大画面化の限界を破ろうと登場した「折り畳みスマホ」

2019年にスマホ大手が参入し、本格的なトレンドに

普及する? 価格とコンテンツが最大の課題に

2018年末から2019年初頭にかけ、ディスプレイを折り曲げて畳むことができる「折り畳みスマートフォン」大きな注目を集めている。閉じた状態では普通のスマートフォン、開くとタブレットサイズで利用できるのが特徴だが、新しいスタイルのスマートフォンとして市場に定着し、普及していくには課題も多い。

大画面化の限界から生まれた折り畳みの発想

ここ最近、にわかに注目されるようになった「折り畳みスマートフォン」だが、そもそもどんなものなのか。簡単に言えば、これはディスプレイ素材に、一般的なLEDとは異なる面光源で、かつフレキシブルな特徴を持つ有機ELを採用することで、1枚のディスプレイを2つに折り曲げられるようにしたスマートフォンのこと。いくつかの企業が折り畳みマートフォンを相次いで発表したことから、一気に注目を集めるに至ったようだ。

折り曲げられる7.8インチのディスプレイを備えたRoyoleの「FlexPai」は、世界初の折り畳みスマートフォンとして注目を集めた

最初に折り畳みスマートフォンを発表したのは中国のRoyoleというベンチャー企業で、2018年11月に7.8インチのディスプレイを折り曲げられる「FlexPai」という機種を発表している。だがより本格的に注目されるようになったのは、2019年2月に入ってからであろう。

その理由は、2019年2月20日(米国時間)にサムスン電子が「Galaxy Fold」、ファーウェイ・テクノロジーズが2019年2月24日(スペイン時間)に「HUAWEI Mate X」と、スマートフォン大手が相次いで折り畳みスマートフォンを発表したからだ。いずれの機種もFelxPaiより洗練され、より日常使いに適したスタイルながらディスプレイを曲げられるという機構を実現したことから、がぜん折り畳みスマートフォンに対する注目が高まったのである。

サムスン電子の「Galaxy Fold」。7.3インチのディスプレイを内側に備え、本を開くようにして開くと大画面ディスプレイが現れる仕組みだ

ディスプレイを曲げられるというだけでも十分に大きなインパクトがある折り畳みスマートフォンだが、その誕生にはやはり「スマートフォンの大画面化傾向」が影響している。初代iPhoneが登場した頃には3インチ程度だったスマートフォンのディスプレイも、年を追う毎に大画面化が進み、いまでは6インチを超えるディスプレイも当たり前のものとなってきている。

だが人間が片手で持つことができるスマートフォンのサイズ、特に横幅には限界がある。6インチ超でも、18:9や19:9の縦長比率として片手に持てる横幅に抑えていたのが最近のトレンドだが、従来の方法によるディスプレイの大画面化は限界に達しつつある。しかしながら特に海外では、消費者がスマートフォンに一層の大画面化を求める声が非常に強い。そうした市場ニーズに応えるべく、持ち運ぶ時はコンパクトで、必要な時だけ大画面で利用するという、折り畳みスマートフォンの開発を推し進めるに至った訳だ。

ファーウェイの「HUAWEI Mate X」。さらなる大画面化を求める消費者ニーズに応えるべく、3年もの歳月を費やして開発されたとのこと。同社初の5G対応スマートフォンにもなるという

各社の折り畳みスマートフォンは、開いた状態では7.3~8インチと、小型のタブレット並みのサイズ感を実現している。従来より一層の大画面でコンテンツを楽しめるというメリットが生まれる訳だが、大画面によってもう1つもたらされるメリットは、表示できる情報量が増やせること。実際Galaxy Foldはそのメリットを生かし、画面を3つに分割して3つのアプリを同時に利用できる機能を搭載している。

さらに今後、次世代通信の「5G」が普及していけば、通信速度が一気に高速になりコンテンツのリッチ化が進むことから、大画面を生かせるシーンも現在以上に増えていくことが考えられる。それゆえ折り畳みスマートフォンこそがスマートフォンの将来像と見る向きもあるようだ。

普及にはコンテンツや価格など多くの課題あり

だが実際の所、折り畳みスマートフォンが真に普及して定着に至るかといえば、まだ多くの課題があるように感じる。理由の1つは、折り畳みスマートフォンに適したコンテンツが少ないことだ。その最大の要因はディスプレイのアスペクト比で、折り畳みスマートフォンでは開いた状態のアスペクト比が、アナログテレビで主流だった4:3に近い比率になってしまう。これは折り畳むという構造状どうにもならない課題だ。

折り畳みスマートフォンは、開いた状態では4:3、あるいはそれに近いアスペクト比となることから、オフィス文書や地図、Webサイトなど情報量が求められるコンテンツは見やすい

この比率は、オフィス文書などを利用するのには適しているといわれる一方、映像やゲームなどのコンテンツでは横長の傾向が強いため、あまり適していない。実際、折り畳みスマートフォンで16:9や21:9の映像コンテンツ再生すると、どうしても上下の黒帯が目立ってしまうのだ。

一方で映画などの動画コンテンツ再生時は、上下に黒帯が目立つなど大画面をフルに生かせていない印象だ

そうしたことから折り畳みスマートフォンを普及させるには、それに適したコンテンツの開発も同時に求められているのだ。そのためにはいかに多くのコンテンツホルダーから協力を得られるかが、非常に重要になってくるだろう。

そしてもう1つの課題は価格だ。折り畳みスマートフォンは最新の技術を詰め込んで開発しているため、Galaxy Foldは1980ドル(約22万円)、HUAWEI Mate Xは2299ユーロ(約29万円)と、価格が非常に高い。現在は“初モノ”ゆえにこれだけの価格でもやむなしとの認識がなされているようだが、普及を考える上では少なくともその半額程度、つまり現在のフラッグシップスマートフォンと同程度にまで価格を落とす必要がある。

折り畳みスマートフォンの実用化を実現した今後は、いかにその価値を落とすことなく価格を落とすかという、難しい課題をクリアする必要がある訳だ。そうした課題をクリアできなければ普及にはつながらないだけに、折り畳みスマートフォンが今後の主流になるかどうかは、現状ではまだ見通せないというのが正直な所でもある。

ソニー渾身の「Xperia 1」は素晴らしいが、日本では苦戦する?

ソニー渾身の「Xperia 1」は素晴らしいが、日本では苦戦する?

2019.02.28

MWC 2019でソニーが新型スマホ「Xperia 1」を発表

機能の先進性、本体デザインの原点回帰が好評

日本市場の変化を受け、「ミッドレンジ戦略」を見直し?

スペイン・バルセロナで開催されたモバイル業界最大の展示会「MWC19 Barcelona」で、ソニーモバイルコミュニケーションズがXperiaシリーズの新製品「Xperia 1」を発表した

Xperia 1

ソニーの技術を結集した「シネマ体験」が売りのハイエンドスマホだが、国内市場ではより手頃な端末の需要が伸びる傾向にある。モバイル事業が苦境に陥っている中、ソニーは新製品で起死回生を図れるのか。

ソニーのプロ用機器の知見をスマホに投入

ソニーが2月1日に発表した2018年度第3四半期決算では、モバイルの苦境が明らかになった。通期での予測は650万台に下方修正し、1350万台を出荷した2017年度から半減する見通しだ。同社はコスト削減により収益改善を図るものの、商品展開にも抜本的な変革が求められていた。

これを受け、MWC19で登場した新製品が「Xperia 1」だ。前モデルのXperia XZ3から製品名を一新し、シリーズで最もシンプルな名前になった。これまでにない縦横比「21:9」の縦長画面を搭載し、ソニーモバイルは「1から生まれ変わった」と自信を見せる。

縦横比「21:9」の画面を搭載

最大の特徴は21:9の4K有機ELディスプレイを中心にした「シネマ体験」だ。テレビや映画の制作現場で使われるプロフェッショナル機器のエッセンスを凝縮しており、シネマ映像やシネマ撮影を楽しめるという。

新たに搭載したディスプレイの色設定機能「クリエイターモード」では、映像制作の現場で使われる「マスターモニター」の技術を投入することで制作者の意図を忠実に再現。

制作者の意図を忠実に再現する「クリエイターモード」

カメラの新機能である「Cinema Pro」では、映画撮影機材と同じカラー設定が用意され、映画のワンシーンのような映像を手軽に撮影できる。誰もがスマホのカメラで写真や動画を撮る時代だが、Xperia 1を手にしたことをきっかけに映画制作に目覚める人が出てきてもおかしくなさそうだ。

映画のような動画を簡単に撮れる「Cinema Pro」

このようにXperia 1は、単にスマホの流行を追うのではなく、ソニーが蓄積してきた強みを投入することで差別化した端末といえる。本体デザインはフラットな一枚板に戻り、全盛期に人気を誇った「パープル」の復活など、基本に立ち戻った仕様はMWC19会場でも好評だった。

だが、2019年の国内スマホ市場は状況が一変しつつある。それが端末販売と回線契約を分けた「分離プラン」の拡大だ。

日本市場の変化で注目される「ミッドレンジ戦略」

Xperia 1は、MWC19で話題の次世代通信「5G」にこそ対応しないものの、最新のSnapdragon 855、世界初の4K有機EL、3眼カメラなどスペックはてんこ盛りで、販売価格は10万円を超えてもおかしくないハイエンドスマホだ。

それでも、大手キャリアの端末購入補助があれば回線契約と引き換えに毎月2000〜3000円が割り引かれ、「実質3万円」程度で買うことができる。だが、総務省が進める「端末と回線の分離」では、端末の割引を制限し、代わりに毎月の通信料金を下げる方向に議論が進んでいる。

総務省の最終的な方針にもよるが、端末の「定価」販売が基本になれば、一括で買いやすい価格帯の端末が重要になってくる。すでにNTTドコモは「docomo with」で4万円以下の端末を揃えており、今後は各キャリアが中低価格の端末ラインアップを厚くしてくる可能性が高い。

そこで注目されるのが、端末メーカーのミッドレンジ戦略だ。これまでソニーモバイルはミッドレンジ製品を海外向けに展開し、日本市場への投入は否定してきたが、MWC19では初めて「日本市場にも導入を検討する」と姿勢を変えてきた。

MWC19で発表したミッドレンジ端末「Xperia 10」
欧州では199ユーロで売られている「Xperia L3」

ミッドレンジの新製品「Xperia 10」の欧州での価格は349ユーロ、「Xperia 10 Plus」は429ユーロと、いずれも魅力的な価格が設定されている。日本においても、大手キャリアやMVNO各社がミッドレンジのXperiaを広く取り扱う日が来るのか注目される。

折りたたみスマホ「Mate X」の狙いは? ファーウェイCEOに聞く

折りたたみスマホ「Mate X」の狙いは? ファーウェイCEOに聞く

2019.02.27

今後のファーウェイ、アップルを超えても拡大成長の余地あり

HUAWEI Mate Xは「5G」のために開発したスマートフォン

米中摩擦の影響あっても、サムスン抜きトップ奪取に自信

ディスプレイを折りたためるスマートフォン「HUAWEI Mate X」を発表して大きな注目を集める一方、2018年末より米中摩擦の影響が顕在化しビジネスにも大きな影響を与えているファーウェイ・テクノロジーズ。同社のコンシューマービジネスグループCEOであるリチャード・ユー氏に、Mate Xをはじめ5G時代を見据えた今後のスマートフォン戦略について話を聞いた。

“アップル超え”実現も高付加価値モデルに拡大の余地あり

中国のスマートフォン大手であるファーウェイ・テクノロジーズが、ディスプレイを折りたたむことができる新機軸のスマートフォン「HUAWEI Mate X」を発表して大きな注目を集めている。だが一方で、米中摩擦の影響を受け米国市場への進出が難しくなるなど、同社のビジネスを取り巻く環境は複雑になりつつある。

そうした中にあって、同社はどのようにしてスマートフォン事業の成長戦略を描こうとしているのだろうか。2019年2月25日よりスペイン・バルセロナで開催された「MWC 2019」にて、コンシューマービジネスグループCEOであるリチャード・ユー氏にグループインタビュー形式で話を聞くことができた。

ファーウェイでスマートフォンなどの事業を取り仕切るリチャード・ユー氏。手にしているのは発表されたばかりの「HUAWEI Mate X」だ

ファーウェイは2018年の第2・第3四半期に、スマートフォンの出荷台数シェアでアップルを抜き2位に躍り出るなど、足元の業績は非常に好調だ。リチャード氏は「グローバルの色々な所に伸びしろがある」と話し、スマートフォンに限定することなく、ウェアラブルデバイスやIoTなどさまざまなデバイスに注力し、総合的に販売を伸ばす戦略をとる考えを示した。

だがスマートフォンに関しても、「シェアでアップルを抜いたといっても、アップルは平均単価が高く、売り上げが非常に高い」とリチャード氏は回答。ハイエンドモデルの販売ではまだアップルに追いついておらず、拡大の余地があるとの認識を示している。

HUAWEI Mate X

「HUAWEI Mate X」は5Gのために開発された

ハイエンドモデルの拡大という意味でも注目されるのが、MWC 2019に合わせて発表された「HUAWEI Mate X」の存在だ。Mate Xはディスプレイを直接折りたためるというスタイルが大きな驚きをもたらしたが、こうした端末を開発するに至った理由として、リチャード氏は大きく2つの要因を挙げている。

1つは、消費者がスマートフォンを利用する時間が年々長くなっていること。利用頻度が増えている現在ではディスプレイの大きさが利便性に大きく影響することから、「より良い体験ができる新しい端末を開発しなければならないと思った」とリチャード氏は話す。

そしてもう1つは、次世代通信「5G」の存在だ。5Gでは通信速度が大幅に向上しコンテンツがよりリッチになることから、より大画面に対するニーズが高まると考えられている。だが単に画面を大きくしてしまえば持ち運びにくくなってしまうため、程よい大きさと優れた体験を提供するべく、3年をかけて開発を進めたのがMate Xなのだという。

Mate Xの機能や特徴について説明するリチャード氏。Mate Xの開発には3年の歳月をかけているという

それゆえMate Xは5Gで新しい体験が利用できることに強くこだわり、折りたためるディスプレイの採用に至ったとのこと。それゆえ「(Mate Xの発表後に)『4G版は出ないのか』という声もあったが、5Gの製品として構想していたので、4G版として提供することは考えていなかった」とリチャード氏は話している。

ファーウェイは5Gのスマートフォンを開発する上で、チップセットやモデムを自ら開発していること、長年スマートフォンなどを手掛けてきた経験、そしてライカと提携し高い表現力を実現するカメラなど、多くの部分で優位性を持っているとリチャード氏は話す。Mate Xの機能や性能を見ても、同社の高い技術力が存分に生かされているのは確かだろう。

Mate Xにはファーウェイ独自開発の5G対応モデムチップ「Balong 5000」を搭載し、やはり独自開発の「Kirin 980」と組み合わせて5Gへの対応を実現している

ちなみに折りたたみスマートフォンには、Mate Xのように外側にあるディスプレイを折り曲げるタイプと、サムスン電子の「Galaxy Fold」のように内側のディスプレイを折り曲げ、本体を開くと大画面のディスプレイが現れるタイプの2種類が存在する。

Mate Xが前者の仕組みを採用した理由について、リチャード氏は「どちらも試作してみたが、内側に折り込む仕組みの方が開発は簡単だ。ただ本体が重くなるし、熱くなりやすいので不便になる。外側に折り込む仕様の方が薄くできるし、ディスプレをより大きくできる」と、ユーザー体験を高められることがその理由だと話している。

米中摩擦の影響を受けても“サムスン超え”を目指す

一方で、日本でも2018年末より話題になった通り、中国企業であるファーウェイは米中摩擦の影響を受けている。米国でのスマートフォン販売拡大も難しくなり、それが同社のビジネスに大きな影を落とすことにもつながっている。

特に米国側は、同盟国ではない中国企業の製品が入り込むことで、中国政府の影響を受ける形でセキュリティ上の問題が発生することを強く懸念しているようだ。だがリチャード氏は「この業界で最も優れた安全性とプライバシー保護の実績を持っている。弊社のポリシーとして、政府からの盗聴やバックドアなどの要請は一切受け付けない」と回答。政治の関与を明確に否定し、セキュリティ上問題ないことを訴えている。

ただ一方でリチャード氏は、「いま米国市場に入り込めないが、他国のキャリアとの対話は進めている」とも話している。ファーウェイを取り巻く問題には解決の見通しが立っておらず、現実的に見れば当面米国での端末販売拡大は難しいだけに、米国以外での販売を伸ばして売上拡大を図る考えのようだ。

だがそれでも、スマートフォンの出荷台数シェアで最大手のサムスン電子を超え、首位の座を獲得することに対しては「自信がある」とリチャード氏は回答。技術力を武器として長期的に“サムスン超え”を目指していくようだ。

Mate X発表時のプレゼンテーションでも、サムスン電子の折り畳み端末「Galaxy Fold」との比較が多く登場するなど、強く意識している様子を見て取ることができた