「文房具」の記事

「情報」と「経験」はお金にならない?

文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」 第5回

「情報」と「経験」はお金にならない?

2019.04.25

私は文房具関連のイベントに出演させていただくことがあるのだが、いつも不思議に思うことがある。それは、ほとんどのイベントが入場無料であることだ。

文房具の世界において、イベントは主にトークイベント、実演販売、ワークショップの3種類に分かれているのが定番だが、いずれにしても入場(参加)無料であることが多いのである。

どのイベントでも、来てくれた方が新たな情報や経験を得て帰っていくことは間違いない。それなのに無料ということは、情報や経験はあくまで販促にしか使えない、つまりお金にならないものだと、文房具界が考えているということだろうか?

リアルの逆襲

おそらくどの業界でもあることだと思うが、昨今はモノを売ろうとするとインターネット販売vsリアル店舗、という構図が存在する。文房具界も同じだ。

インターネットでは店頭よりも安く文房具を買えることが多いし、外出の手間もかからない。また、売る側にとっては万引きの心配が要らない(文房具店の万引き被害は深刻なのだ)。そういう事情から、文房具店は数を減らしていている。ネットに押されているわけだ。

しかし、店舗だけが持つ価値も、もちろんある。実際に商品を手に取ることができるし、ウィンドウショッピングで思わぬ出会いもあるかもしれない。どちらもお客様にとっては大きなメリットだし、その価値が認められているからこそ文房具店が消えていないのだろう。

そして、リアル店舗だけの強みをさらに打ち出そうと文房具店(やメーカー、代理店など)が近年力を入れているのが、冒頭で述べたイベントだ。

イベントなど「場」への回帰は、文房具業界に限らない近年の流行りともいえるし、そういったイベントから私に声がかかるのは非常に光栄なのだが、さて、どうして「入場無料」なのだろうか。

情報と経験は価値になる

入場無料の背景には、イベントでの直接的な利益ではなく、間接的な利益を狙っているということがある。たとえばイベントに足を運んでくださるお客様が店で買い物をしてくれることや、イベントをきっかけに店のリピーターになることだ。

そのため、「(入場料を取ることで)お客様が来ないと困るから」というイベント主催者側の不安が先に立ち、無料となる。まったく同感だ。私も集客の恐怖はよく知っている。その根底には、具体的なモノを手に入れられないならお金はもらえない、という発想がある(その証拠に、少ないながら行われる有料のイベントは、お土産つきの場合が多い)。

だが、よく考えるとこの発想は変だ。コンサートや映画、著名人の講演は有料なのが普通だが、そこでは情報や経験に値段をつけている。映画が有料だと言って文句を言う人はいないだろう。

なぜ文房具界には情報や経験を売るという発想がないのだろうか?

「情報」を売ったことがない文房具界

思うに、文房具界はモノを売って生きてきた業界だから、情報を売ってきたコンテンツ業界並にとは言わないにしても、情報に価値があることに気づけていないのではないだろうか。

しかし、ネットvsリアルという普遍的な構図の中では、情報や経験の価値こそが鍵を握る。単にモノを売るだけならネットには敵わないからだ。

文房具は実に楽しい。だが、その楽しさの何割かは文房具そのものではなく、その周囲にある、新しい使い方や楽しみ方といった情報・経験なのだ。文房具の楽しさは、文房具というモノを超えていく。だから、店舗やイベントにはお金を払うような価値があるのだと、改めて考えてみるべきだと思うのだ。

「介護文具」をご存知ですか?

最近の文房具界では、ノート術である「バレットジャーナル」や勉強術「スタディプランナー」、あるいは「女子」向け文房具が注目されている。だが、その陰で静かに盛り上がっている文房具があることをご存じだろうか。

それは、介護の現場に向けた文房具だ。

なぜ、介護現場で文房具が求められるのか

今の日本では高齢化により要介護者が増加しており、将来的には介護業界が人材不足に陥ると予測されている。そして実は、介護や看護の世界は文房具との関係が強い。

介護業界では、書類仕事が多いわりに電子化が進んでいない施設が多く、紙をよく使う。また、介護・看護の世界に入るための勉強でも筆記用具などの文具需要が大きい。

実際、私に対する介護・看護業界からの取材依頼は多いのだが、これも文房具への需要を反映しているといえるだろう。したがって、文房具業界にとって、介護・看護の世界の人々は重要なクライアントになるのだ。

もちろん、文房具業界もそのことに気づいている。具体例を見てみよう。

介護・看護業界向けの文房具

オフィス用品に強いプラス(PLUS)社は、介護市場向け文具の新ブランド「たすけあ」を2019年2月に立ち上げ、いち早く介護職へアプローチしている。

介護文具のブランド「たすけあ」

同じくPLUSのファイル・バインダー「Pasty smart(パスティ スマート)」、老舗文具メーカー・ゼブラのボールペン「ライトライト」「タプリ ホールドクリップ」も、介護業界に注目して開発された面がある。

「パスティ スマート」はもともと、女子高生をターゲットにしたクリアファイル「パスティ」だった。クリアファイルは売り場で目立つように濃い色のバリエーションが多いのだが、パスティは女子高生に訴求するべく、珍しいパステルカラーを採用したのである。

それが、なぜか病院関係者に人気が出た。PLUSが聞き取り調査をすると、病院の内装はパステルカラーが多いので、色合いが合うためだとわかった。このことを知ったPLUSが、パスティをビジネスパーソン向けにしたパスティ スマートを作ったというわけだ。

ペン先にライトを搭載したゼブラの「ライトライト」は、暗い病院内でも明かりなしで筆記でき、看護師さんにうってつけだ。また、同じくゼブラの「タプリ ホールドクリップ」のクリップには、胸ポケットから落ちにくいギザギザがついているが、これも患者さんを支える際に前傾姿勢になるなど、一般的な企業のビジネスパーソンとは違う動きが多い介護士さんや看護師さんたちの役に立つ。

女性が多い介護・看護業界

文房具業界では「女子文具」がブームだが、このような介護・看護職向け文具もまた、業界が取り組むべき分野に違いない。介護・看護職には女性が多いからだ(たとえば、介護業界で働く人の7割から9割は女性である(※厚労省「社会保障審議会(介護給付費分科会)資料」より)。

彼女たちは介護・看護の現場で役立った文房具を日常的に愛用するだろうし、逆に、日常的に使っている便利な、あるいは素敵な文房具を介護・看護の現場で使うことになるだろう。

企業として利益の面はもちろんのこと、今後ますます介護・看護に対する社会的な要請が拡大することを考えても、文房具業界はここにもっと力を入れるべきだと私は思うのだ。

文具の世界の魅力を伝える「文具ソムリエール」として、TVやWebで活躍する菅未里さん。本連載では、そんな菅さんならではの視点で、文具に反映される現代社会の構図や情勢に思いをはせたコラムを展開します。

「文具ソムリエール」としてメディアで文房具の紹介をしている私のところには、たまに、文房具メーカーさんからサンプル品が送られてくる。根っからの文房具好きの私にとっては、ありがたいお話だ。

ところが、あるとき妙なことに気づいた。送られてくる文房具が、ことごとくピンク色なのだ。今の文房具はカラーバリエーションが豊富で、相当数の色を揃えてある場合が多い。それなのに、メーカーを問わず、ピンポイントでピンク色が送られてくる。なぜだろう?

私は少し考え、思い当たった。私が女だからだ。

女性=ピンク好き?

これらは、筆者が気に入っている「考えられた」ピンク色の文具。しかし、世に出ている文具の中には「美しくない」物もあり…。

女性=ピンク、という発想は根強いらしい。女性とピンクの関係について論じた『女の子は本当にピンクが好きなのか』(ele-king books)という本が出ているくらいだし、書店で女性向けの本の棚に行くと、一面がピンク色だ。

しかし、本当に女性はピンク好きなのか? 

たしかに、ピンク色が好きな女性は少なくない。たとえば、私がそう。だけど、メーカーさんには一言も、自分がピンク好きだとは明かしていなかった。それでもピンク色が送られてくる理由は、女性=ピンク、という発想があるからだろう。

だが、繰り返しになるが、本当に女性たちは皆、ピンクが好きなのだろうか? それは偏見ではないのか?

ピンクへの無理解

ピンクの文房具について、もう一つ気になることがある。それは、ピンクの扱いが雑である点だ。より平たく言うと、“美しくないピンク”の使い方がまま見受けられる。

一般に、無条件に美しい色というものはない。青も、赤も、緑も、美しく見える使い方もあれば、そうではない場合もある。あるペンケースでは、キャンバス地にパステルピンクを配していた。こうした素材選びや配色は、女児向けのピンクの使い方だ。子供向けではないペンケースでこのようなピンクの使い方をするのは、明らかにおかしい。

このペンケースは8色展開だったのだが、ピンク以外のカラーは、ごく普通のデザインだった。ピンクだけ、大人の女性に向けて、女児向きの色を使うという問題があったのだ。

もちろん、ピンクを上手に使った文房具も少なくない。たとえば、スケッチブックで有名なマルマンの大人向けブランド「グランジュテ」の一筆箋と封筒にピンク色のものがあるのだが、やや落ち着いたピンクがアクセントになっている金色のラインと調和し、「上質なピンクの文具」になっている。

マルマン「グランジュテ」の一筆箋と封筒

知られざる「女性」

このようなケースは少なくない。冒頭のように女性=ピンクという思い込みがあり、かつ、先ほどのペンケースの例のように、ピンクへの理解がない。大人の男性に向けて、男児向きのデザインをしてしまった例は聞いたことがないが、大人の女性に、女児向きのデザインを作ってしまうことは起こっている。つまり、女性を年齢・属性問わず同一視しているようなのだ。

だが、実際の女性たちは当然ながら多様だ。全員が全員ピンク好きではないし、仮にピンク好きでも、すべてのピンクを無条件に好むわけではない。女性が歳を重ねれば、好むピンク、似合うピンクは変わる。あるいは、ひとりの女性に限っても、複数の顔を持つのが普通だ。母親、子、ビジネスパーソン、妻、ひとりの女……。

難しい話ではない。男性だって多様ではないか。それなのに、なぜ、女性はそう見られないのだろうか。

ぱっとしないピンク色の文房具を見るたびに、ひとりのピンク好きの女として、残念に思うのだ。