「女性活躍」の記事

PMS(月経前症候群)記録デバイス「Monicia」が、600万円超の支持を集めた理由

PMS(月経前症候群)記録デバイス「Monicia」が、600万円超の支持を集めた理由

2019.03.05

PMS(月経前症候群)のモニタリングツール「Monicia」

クラウドファンディングで目標達成、今も支援が集まっている

コニカミノルタの新規事業に寄せられた声は

女性を悩ませるPMSこと「月経前症候群(Premenstrual Syndrome)」。近年、その認知度はじわじわと上がってきているものの、症状の内容や強度は個人差が著しく、月経の俗称「生理」からの連想もあってか、治療対象としてのイメージが向上しているとは言えない。そのため、当事者である女性達にとっても、いまだ自分事とされていない部分が多いのが現状だ。

PMSの症状例(Monicia CFページより)

しかしながら、働く女性を対象にした調査では、女性の半数以上がPMSの症状を抱えているという結果(日本医療政策機構「働く女性の健康増進調査2018」より)も出ている。勤労人口の減少が進み働き方改革が叫ばれる中で、女性のQOLを著しく下げるPMSが放置されてしまうことは、当事者以外の人々にとっても見逃せないリスクといえる。

そんな中、コニカミノルタがPMSの症状を記録するセルフモニタリングツール「Monicia」を発表。クラウドファンディング(以下、CF)で支援を募ったところ大きな反響があり、目標金額の500万円を上回る635万円(3月5日現在)を集めることに成功した。

Monicia

大手メーカーのクラウドファンディング利用は近年散見されるようになったが、このプロジェクトではどのような経緯でCF活用を決めのだろうか。

支援募集の締め切りを間近に控える中、自らもPMSに悩み、体調改善に10年を費やしたというプロジェクトリーダーの江尻綾美氏に、「Monicia」のCF活用の経緯、そして支援者からの反響について語ってもらった。

Moniciaとは?

女性が自身のPMS症状を把握するには、毎月の月経周期に伴う心身の変化を記録することが必要となる。しかし、長いスパンでの継続は難しく、PMS由来の体調不良の折にそれ自体の記録を取ることは難しい。先述の調査でも、「女性の半数以上がPMSの症状を感じている一方、有症者の63%が特に対処を講じていない」という結果が出ている。

「Monicia」製品構成(スマートフォンは含まれない)

「Monicia」は、PMS症状を感じる女性のセルフモニタリングを支援するためのデバイス(衣類内体温計)とスマホアプリのセットとなっている。無理なく計測・記録を続けられる製品を提供するため、サービスデザインの検討に対しデザイン・イノベーション・ファーム「Takram」の協力を受け、デバイスは衣服内温度計開発メーカーと共同開発。アプリは、京都大学COIにおいて京都大学大学院医学研究科婦人科学産科学 江川美保 助教、万代昌紀 同教授らの研究グループとの共同研究成果を活用するなど、コニカミノルタ社内にとどまらず、各所と連携し、良質なデバイス提供を目指している。

PMSの記録には体温計測が必須となる。睡眠中に計測可能な衣類内体温計と連携するアプリで、手軽な記録をサポートする

CF活用で生まれた波及効果は?

――大企業がクラウドファンディング(CF)で新規性の高いデバイスの支援を募る例は近年散見されますが、御社がCFを活用したいきさつを教えてください。

江尻氏:私たちは、PMS(月経前症候群)の悩みを持つ女性に寄り添うサービスとしてセルフモニタリングツール「Monicia(モニシア)」を届けたいと考え、PMS症状の重たい方へのインタビューや、イベント・セミナーなどで様々な方のご意見を聞きながら、Moniciaの開発を進めてきました。

しかしながら、社内で量産化に向けた審議をうけるにあたり、

・PMSの認知度がまだまだ世の中には広まっていないのでは?
・PMSに関する商品・サービスが世の中に本当に受け入れられるのか?
・PMS症状を抱える方がお金を払ってでも体調記録によるセルフモニタリングツールを試したいと思っているのか?

など、世の中への受容性が不確かなことへの懸念がでていました。そこで、Moniciaの受容性調査を目的としたテストマーケと、量産化に向けた評価資金の獲得を目指してCFに挑戦しました。

月経周期を管理するサービスには「月」を想起させるものが多いが、「Monicia」は「PMSに悩む女性の寄り添うサービスであることを大切にする」という意味で、「朝:Morning」を想起させるデザインをコンセプトに盛り込んだ

――支援を募るなかで応援コメントが多く寄せられたと思いますが、印象的なものにはどんなものがありましたか?

江尻氏:今回印象的だったのは、PMS症状で困っている方からのMoniciaへの期待の声、そしてMoniciaによる体調記録を続けることによって、症状が良くなっていくといった声を多数いただくことができたことです。

また、男性の方からのコメントの中には、このクラウドファンディングのプロジェクトページを知ったことで、パートナー、家族とPMSについて話すきっかけになったとの声もいただいており、PMSの理解を深める一助になれたこと嬉しく思います。

――支援者、ならびにMoniciaに注目している人たちに向けて、コメントをお願いいたします。

江尻氏:私自身、以前はつらい症状に悩まされていた中、体調記録を通して、生理前に繰り返す症状に気づいたことから、症状改善に向けた一歩を踏み出すことができました。

PMSで悩む女性が周期的なココロとカラダの変化に気づき、つらい時期に備えることや、スケジュールの調整や生活の工夫を続けていくことで、自分らしく前向きに仕事や生活を続けていくような社会の実現への一助となれたら、そんな願いを込めてMoniciaの開発を続けてきました。

「体調記録」によるセルフモニタリングがPMSの対処の基本になることは、まだ世の中にあまり知られていない状況です。多くの皆様にPMS症状への理解を深めていただけるようMoniciaの事業化と啓発活動を今後も進めていきたいと思います。皆様、引き続きこのプロジェクトへの応援をよろしくお願いいたします。

見えた糸口、集まった支援

600万円超もの支援額が集まった「Monicia」。その裏には、ばらつきの大きいPMS症状への対処法を見つけられずにいた女性たちの期待があったのではないだろうか。

個人差も大きく、女性間でも共感が難しい症候群であるが故に、どんな対処を行えばいいか、という情報は広がりにくい。専用デバイスとアプリによる記録を行えば、ひとり一人異なるであろうリスクファクターや症状の傾向をつかみ、必要な処置・治療を行う糸口となりうる。当事者にはなりえない男性からも、発現する症状だけでなく、その背景にある仕組みを知ることは納得感を生み、対話のきっかけになるようだ。事業化に向けた「Monicia」の今後の動向にも期待したい。

「Monicia」先行申し込み券、3月10日まで受付中

「Monicia」の購入権を含む支援コースはすでに閉め切られているが、PMSや月経不調に関しての基本がわかるMOOK本と、Monicia先行申込み券がセットになった「1000円コース」を受付中。初回発送の次の段階で手にできる権利を得られるので、申し込みそびれた人、今回存在を知った人は検討してみては。

華やかなファッションの祭典「TGC」に託された社会的な役割

華やかなファッションの祭典「TGC」に託された社会的な役割

2019.02.01

地方都市へと活動の場を広げるTGCのねらい

数千人規模の集客が地方に経済効果をもたらす

「SDGs」という国際的な開発目標を強力に発信

きらびやかなステージライトが降り注ぐなか、最新ファッションに身を包んだモデルたちが颯爽とランウェイを歩く……。ファッションイベントとして、毎回大きな注目を浴びる「TOKYO GIRLS COLLECTION」(TGC)ではお馴染みの光景だ。そのTGCの地方イベント「SDGs推進 TGC しずおか 2019」が開催された。

「SDGs 推進 TGC しずおか 2019」のオープニング

単なるファッションショーではない側面

もともとTGCは“日本のガールズカルチャーを世界へ発信”というのがおもな役割といえるだろう。事実、筆者もTGCをそのように捉えていた。だが、数年前から単なるファッションイベントというだけではない側面が目立ち始めている。

ランウェイから観客席にプレゼントを投げる乃木坂46の白石麻衣さん

たとえば福岡県・北九州市で開催されている「TGC北九州」。TGCといえば国立代々木競技場やさいたまアリーナといった、首都圏の大規模会場での開催が目立つ。宮崎県や福島県で開催された例もあるが、“単発”といったイメージが強かった。だが「TGC北九州」は、2015年の開催を皮切りに計4回行われ、地方都市で開催されるTGCとしては、過去最多を誇る。

そして、地方都市開催という流れはより一層加速し、広島県や富山県もTGCの舞台となった。さらに2019年、この年最初に開催されたのが「SDGs推進 TGC しずおか 2019」だ。ちなみに静岡県でTGCが開催されるのは初めてで、4月にはこちらも初となる熊本県開催が控えている。

ランウェイを颯爽と歩くモデル

もちろん首都圏でのTGC開催はメイン路線だろう。それプラス、地方進出を強めている背景は何か。それは“地方創生”にある。TGCは、SNSのフォロワー数が数十万人もいるモデルやアーティストが100~200人参加する。彼ら彼女らがSNS等でイベント告知を行えば、それだけで相当な情報拡散につながる。日本国内だけでなく、海外でも注目されているイベントなので、インバウンドへの影響も少なくないはずだ。これだけでも、地方都市には大きなメリットといえる。

そして直接的な経済効果も十分に期待できる。まず、TGCといえば多くのモデルやスタッフが参加・活動するイベントだ。交通機関や飲食・宿泊施設への経済効果は少なくない。事実、会場となった「ツインメッセ静岡」にタクシーで移動する際、運転手さんは「今日はツインメッセ静岡を目指すお客さんで、朝から会社を挙げてのフル稼働です」と話した。そして、開場ともなれば約7,000人もの観客が会場を目指す。どのくらいの経済効果になるのか、見当もつかない。

「SDGs推進」を強烈にアピール

そして「SDGs推進 TGC しずおか 2019」には、地方創生と並ぶ大きな役割がある。まさにイベントのタイトルにある「SDGs推進」だ。「SDGs」(エス・ディー・ジーズ)とは“持続可能な開発目標”のことで、「貧困」「飢餓」「保健」「教育」「ジェンダー」といった17の国際目標により、「誰一人取り残さない持続可能で多様性と包摂性のある社会」を実現するというもの。2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された開発目標だ。

ステージのスクリーンに映し出された「SDGs」の開発目標
タレントの早見優さんが国連旗を掲げてランウェイを進む(後方の2人は娘さん)。「SDGs」が国連主導の開発目標であることを示す象徴的なシーンだ

この「SDGs」を推進するために、強いメッセージを込めて開催されたのが「SDGs推進 TGC しずおか 2019」なのだ。静岡県知事・川勝平太氏もイベントを訪れ、県を挙げての「SDGs推進」を宣言した。

ステージに上がった川勝平太静岡県知事(右から2番目)。知事が着用していた遠州織物の展示・販売も会場で行われていた

ではなぜ「SDGs」をTGCが推進するのか。W TOKYO 東京ガールズコレクション実行委員会 チーフプロデューサー 池田友紀子氏は「これまで『TGC 地方創生プロジェクト』を通じて地方の活性化を進めてきましたが、今回は『SDGs推進』という国際的な目標もテーマにしました」と話す。

「『SDGs』は2030年を年限とした開発目標ですが、まだまだ認知度が低いのが現状です。そこで『SDGs 推進 TGC しずおか 2019』を開催することで、若い人たちに少しでも知ってもらえればと思っています」(池田氏)

インタビューに応じてくれた深川麻衣さん

事実、ショーに参加した乃木坂46の深川麻衣さんは、「『SDGs』という言葉にあまりなじみがなかったのですが、今回イベントに参加させていただいて理解が深まりました。今後も『SDGs』に関わる機会があれば、積極的に参加したいです」と話す。またイベントを裏で支えた学生ボランティアも、それまで「SDGs」という言葉を知らなかったという。

前述の池田氏は、「この『SDGs推進 TGC しずおか 2019』が開発目標のとっかかりになればいいと思います。若い世代に『SDGs』という言葉を知っていただき、今後、多くの活動を生み出すきっかけになればと思います」と話す。

2019年は「G20サミット」「TICAD7」(アフリカ開発会議)「初のSDGs首脳級会合」が開かれる。「SDGs」の浸透がさらに進む年になるだろう。

一風変わったCSRを続けるマツモトキヨシ

一風変わったCSRを続けるマツモトキヨシ

2018.05.01

企業が大きくなればなるほど、顧客や地域、従業員といった存在に社会的利益を還元しなくてはならない。そうした活動をCSR(Corporate Social Responsibility)と呼び、多くの企業が取り組んでいる。

近年は、社会的価値共有を実現するCSV(Creating Shared Value)を採り入れる企業が増えたが、これは企業の利益と社会貢献を両立するもの。自社の強みを生かしながら社会貢献をするというものだ。その意味で、純粋に社会貢献を目指すCSRとは別物といえる。

さて、このCSRで一風変わった活動を行っている企業がある。ドラッグストアチェーン最大手のマツモトキヨシだ。

実はマツモトキヨシは、創業86年の長い歴史を誇る。千葉県・松戸市に松本清により創業され、以来業績を拡大させ、現在は700を超える店舗数となった。

そのマツモトキヨシが行っているCSR活動はセルフメディケーションフォーラムというもので、4月に行われたフォーラムで25回目となる。セルフメディケーションとは、疾病したりケガをしたりした際に自分で服薬や薬の塗布を行うことだが、健康維持のために薬品を用いることも含まれる。

マツモトキヨシが推すセルフメディケーション

マツモトキヨシは特に健康維持の面でセルフメディケーションの訴求を行っている。ドラッグストアといえば、風邪を引いたときに感冒薬を購入したり、ケガをしたときに消毒薬を買ったりするイメージが強い。だが、日常で利用してもらうため、イメージ転換を図るドラッグストアがほとんどになった。その最大の成功例がマツモトキヨシといえよう。

同社が行ったCSRは「美と健康のエキスパートから学ぶ 今日から始めるワタシ磨き」というもの。自分の健康は自分で守るという、セルフメディケーションについて啓蒙活動を行うのがマツモトキヨシのねらいだ。

マツモトキヨシホールディングス 常務取締役 松本貴志氏

もちろん、単純に啓蒙活動しているわけではないだろう。セルフメディケーションが広まれば、健康維持のためにドラッグストアを利用する機会が増える。栄養剤や化粧品といった日常で使う製品を購入してもらうという意図もありそうだ。

さて、セルフメディケーションの様子をみてみよう。まず登壇したのはマツモトキヨシホールディングス 常務取締役 松本貴志氏。店頭で猿を飼っていたこと、アメ横に東京進出したことなど、同社の歴史を語った。

そしてゲストの登場となる。毎回、アスリートといった健康に見識があるゲストが招待されるが、今回はスキーノルディックの荻原次晴さんと、カーリング日本代表の両角友祐さんだった。荻原さんはいわずとしれた長野冬季五輪個人5位入賞、両角さんは近年大きく注目されているカーリングの立役者だ。その2人が、健康について語った。面白いなと思ったのは、両名とも兄弟で活躍したということ。ねらった人選なのかそれとも偶然なのかわからないが、ともに兄弟アスリートとして名をはせている。

左:スキーノルディックで活躍した荻原次晴さん。右:カーリングの両角友祐さんも参加してトークショーが行われた

メイクアップ講座も開催

BEAUTRIUM Hair & Make Up Artist イガリシノブさん

続いてプロのヘアメイクによるメイクアップのコツが疲労された。担当したのはBEAUTRIUM Hair & Make Up Artist イガリシノブさん。「WHOMEE」(フーミー)というコスメブランドをプロデュースしたことでも知られている。

ヘアメイクアーティストにアスリート、まさに美と健康をテーマにしたフォーラムにふさわしい内容だった。

印象的だったのは、会場のよみうりホールに訪れた招待客がほぼ女性だったということ。男性は関係者か筆者ぐらいのものといっても過言ではないくらいだ。やはり美と健康に対する感度は女性のほうが圧倒的に高いのだろう。

なお、このフォーラムには味の素と花王も協賛している。マツモトキヨシやそうしたメーカーの製品がお土産として用意されていた。帰りの電車のなかで、同じ紙袋を持った女性が多くいて、唯一男性で紙袋を持っていた筆者は、少し気恥ずかしかった。

左:協賛企業の製品が展示されていた。右:マツキヨのアイデア商品。ラジカセのようにみえるが、実はトイレットペーパーだ