「女性活躍」の記事

陸上女子の高男性ホルモン選手排除は「差別」? それとも「平等」?

カレー沢薫の時流漂流 第42回

陸上女子の高男性ホルモン選手排除は「差別」? それとも「平等」?

2019.05.13

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第42回は、陸上女子で高男性モルモンの選手が排除された問題について

陸上女子800メートルで五輪2連覇中のキャスター・セメンヤ選手が「男性ホルモンのテストステロン値の高い女子選手の出場資格を制限する国際陸上競技連盟の新規定撤回」を求めたことについて、スポーツ仲裁裁判所はその訴えを退けたという。

世界陸上2009で「男性に見える選手が女子800メートルに出場している」と話題になったことを覚えているだろうか。

その昔、娘の代わりに女装して受験に挑もうとした父親が御用になるという事件、というか事故があったが、本件はそんな単純な話ではない。

先天的に男性ホルモン値が高いだけで、違反はなかった

当時も「みなさんお気づきになられてないかもしれませんが、男性が出場していませんか?」と疑惑が持たれ、セメンヤ選手は性別検査をすることとなった。その結果は卵巣と子宮がなく、精巣が体内にあり、男性ホルモン値は通常の女性の3倍だと判明した。

これは先天性のものであり、セメンヤ選手は作為的に違反行為をしたわけではない。

しかし、今度は「セメンヤ選手はこのまま女子の競技に出場していいのか」という議論が起こった。実際セメンヤ選手は世界陸上では二位の選手に2秒の差をつけて圧勝している。

つまり、フェラーリと、オートマなのにまさかのエンストをする私の軽自動車は同じ「クルマ」だが、それが同じルールでレースをするのは果たして公平といえるのかという話になったのだ。

端的に言えば「それはズルくね」という意見が出たのである。

よって国際陸上競技連盟は「男性ホルモン値により出場を制限する」という、どう考えてもセメンヤ選手対策のために作ったとしか思えない新規定を出したのだ。当然、セメンヤ選手側はそれを差別であると争ったのだが、冒頭に言った通りこの訴えは退けられた。セメンヤ選手は当面、特定の女子陸上競技には出場できなくなる。

生まれ持った「才能」との線引きはどこで?

一応そのような結果になったが、それが誰から見ても正しい結論であるかというと疑問が残るところだ。

セメンヤ選手の体質を、足が速い、頭がいい、ワキが臭いなどと同じ「生まれ持った才能」だとしたら、それを理由にセメンヤ選手を締め出すのは「才能があるやつが出場するのはフェアじゃない」と言っているようなものになってしまう。

それが不公平となると、もはや選手全員が手をつないでゴールするという、強烈なモンペがいる小学校の運動会状態にするしかない。

では、男性ホルモン値で出場が制限されるなら、選手が薬や何らかの医療行為で男性ホルモン値を下げれば出場できるようになるのだろうか。

それでは「あなたは酒を飲まないとこのカーレースに出場できません」と言っているようなものだ。逆にそれこそ「ドーピング」である。

そして生まれつきの体を変えなければ出場させないのであれば、それは「人権侵害ではないか」とも言われている。

これは、学校などで、生まれつき茶髪の生徒の髪を黒く染めさせるのと似ている。髪を染めることが悪いのではなく「皆と同じじゃないのが悪い」という問題にすり替わっているのだ。

では、選手は男性競技なら出場できるのか、というとまた難しいだろうし、女性として生きてきて女性選手として活動していきたいという選手に、男性としてなら出て良いというのもまた人権侵害だろう。

そうなると選手は陸上選手として活動する場がなくなってしまう。

差別には違いないが、「平等」と両立できない状態に

生まれつきの身体的特徴で活動が制限されてしまうのはやはり差別といえよう。

しかし、もし私がアイドルになりたいと言っても「先天的な顔の特徴」により、活動の場が制限される可能性が高く、それが「差別だ」と言って聞き入れられるかは別の話だ。

つまり良くも悪くも「生まれ持った才能」のせいで何かを断念しなければいけないのは誰しもあることであり、セメンヤ選手の件もその一つと言えなくもない。

もし今後、今の状態のままセメンヤ選手が女子競技に出られるようになったとしても、今度は一緒に走る選手が「不公平感」を感じてしまうだろう。

つまりどのような結果になっても「誰かが納得できない」案件なのである。

ところで、選手は女性として生まれながら、その容姿ゆえ、からかわれることが多かったという。そんな彼女が見つけた陸上競技という居場所を、生まれつきの体質を理由に奪うのは酷な気もする。コミュ症がやっと見つけた居場所であるネットを奪われるようなものだ。

だが、そもそも活躍できたのが、その体質のおかげ、と言えなくもないのが、さらに事態を複雑化している。誰かにとっての平等が、他の誰かにとって不平等になる以上、完全なる平等、というのは難しいのかもしれない。

もはやお互いが「向こうのケーキの方がでかいような気がしないでもない」と思っている状態が一番平等なのかもしれない。

新元号「令和」が公表された日に新社会人! 資生堂の入社式を見学

新元号「令和」が公表された日に新社会人! 資生堂の入社式を見学

2019.04.02

ド派手で有名な資生堂入社式、今年も注目

画一的な会社員ではなく、個性の発揮に期待

4月1日、全国各地の企業で入社式が行われた。これから社会人として活躍する彼ら彼女らは希望に満ちあふれていることだろう。そしてこの日、元号が「令和」と5月1日から改められると発表があった。“入社初年に元号が変わる”……これは、例年の新社会人では味わえないことといえる。

資生堂入社式のオープニング

そんな日に、ある企業の入社式を取材した。化粧品大手の資生堂だ。その最大の理由は“ド派手”だからだ。

会場は、2,000席以上の客席数を誇るアンフィシアター舞浜。大きな舞台を備え、普段は観劇やコンサートなどに使われている施設だ。それがこの日、資生堂の社員で埋め尽くされた。

なお、2019年の資生堂の新入社員は850名(新卒)ほど。「2,000名規模の会場が要るのか?」という疑問を持った方もいらっしゃるだろうが、新入社員を迎えたいという先輩社員も集まる。本来ならば就業中であるはずの先輩社員も参加するのだ。

そして、入社式が始まった。これは、毎年恒例のことだが、資生堂 代表取締役 社長 兼 CEOの魚谷雅彦氏が観客席の通路に立ち、入場してくる新入社員とハイタッチを交わす。新入社員約850名+中途採用約400名とのハイタッチだ。魚谷社長の手がどうなってしまうのか、心配になる。

新入社員とハイタッチを交わす魚谷社長

魚谷社長は、手のひらの痛みと闘うことになるが、新入社員にとってはこれほどの思い出はない。会社トップといきなりコミュニケーションが行えるからだ。取材しているこちらも、新入社員の楽しそうな笑顔をみていると、なぜだか昂揚してくる。

ハイタッチが終わったあと、いよいよ魚谷社長のプレゼンテーションだ。それまで、楽しそうに入場してきた新入社員たちの顔が、いくぶん引き締まってみえる。

魚谷社長がまず触れたのが、資生堂はグローバルな企業だということ。日本国内で約23,000人、そして海外でも約23,000人が活躍しているという。ちなみに、今年の新入社員は12カ国から受け入れたそうだ。さらなるグローバル化を目指す企業らしいといえる。

印象に残ったのは「資生堂はグローバルで業績を上げなくてはならない」と意気込みを語った直後の魚谷社長の発言。突然「新入社員のみなさん。急ですが、明日からドバイ(アラブ首長国連邦)で、研修していただくことになります」と告げたのだ。会場が一瞬ザワついたが、実はこれは魚谷社長の冗談。何せこの日は4月1日、つまりエイプリルフールだ。ただ、グローバル企業であるという自覚を新入社員に持たせるには、そこそこの効果はあったかもしれない。

プレゼンを行う魚谷社長。年限は明言しなかったが、売上2兆円、経常利益3,000億円を目指すとした

そして魚谷社長は表情を引き締めて、こう続けた。「これからの大事な人生をどう生きるのか。これからの社会は変化が大きい。特にグローバルという概念はなくなることは明らかでしょう」。これは“国境”というのが、ビジネスにおいては無用になっていく、ということを示唆しているのだろう。さらに、会社に埋もれない個性を発揮してほしいと、新入社員に訓示した。

実は、この個性を重視するある演出があったのだ。これまでの資生堂の入社式では、新入社員は皆、赤いバラの胸飾りをつけていた。ところが今年は、色とりどりのバラの胸飾りをつけている。自分の個性を表す色のバラを選んだことが想像できる。さらに、スーツの個性も目立った。広報担当者によると「例年の入社式はリクルートスーツばかりでしたが、ようやく自由度の高い服装による入社式になりました」と笑みをみせる。こうした個性を重視する企業だからこそ、就活生に高い人気があるのだろう。

1人5秒で資生堂での目標を発表する新入社員たち。胸飾りのバラが何色用意されていたのか確認できなかったが、写真中央の女性は黄色いバラをつけていた
資生堂の入社式といえば、同社のCMキャラクターがサプライズで登場するのが通例となっている。今年も例外ではなく、「インテグレート」のCMに出演中の小松菜奈さん、以前「シーブリーズ」のCMに出演していた中川大志さんが登場。会場は割れんばかりの歓声に包まれていた
PMS(月経前症候群)記録デバイス「Monicia」が、600万円超の支持を集めた理由

PMS(月経前症候群)記録デバイス「Monicia」が、600万円超の支持を集めた理由

2019.03.05

PMS(月経前症候群)のモニタリングツール「Monicia」

クラウドファンディングで目標達成、今も支援が集まっている

コニカミノルタの新規事業に寄せられた声は

女性を悩ませるPMSこと「月経前症候群(Premenstrual Syndrome)」。近年、その認知度はじわじわと上がってきているものの、症状の内容や強度は個人差が著しく、月経の俗称「生理」からの連想もあってか、治療対象としてのイメージが向上しているとは言えない。そのため、当事者である女性達にとっても、いまだ自分事とされていない部分が多いのが現状だ。

PMSの症状例(Monicia CFページより)

しかしながら、働く女性を対象にした調査では、女性の半数以上がPMSの症状を抱えているという結果(日本医療政策機構「働く女性の健康増進調査2018」より)も出ている。勤労人口の減少が進み働き方改革が叫ばれる中で、女性のQOLを著しく下げるPMSが放置されてしまうことは、当事者以外の人々にとっても見逃せないリスクといえる。

そんな中、コニカミノルタがPMSの症状を記録するセルフモニタリングツール「Monicia」を発表。クラウドファンディング(以下、CF)で支援を募ったところ大きな反響があり、目標金額の500万円を上回る635万円(3月5日現在)を集めることに成功した。

Monicia

大手メーカーのクラウドファンディング利用は近年散見されるようになったが、このプロジェクトではどのような経緯でCF活用を決めのだろうか。

支援募集の締め切りを間近に控える中、自らもPMSに悩み、体調改善に10年を費やしたというプロジェクトリーダーの江尻綾美氏に、「Monicia」のCF活用の経緯、そして支援者からの反響について語ってもらった。

Moniciaとは?

女性が自身のPMS症状を把握するには、毎月の月経周期に伴う心身の変化を記録することが必要となる。しかし、長いスパンでの継続は難しく、PMS由来の体調不良の折にそれ自体の記録を取ることは難しい。先述の調査でも、「女性の半数以上がPMSの症状を感じている一方、有症者の63%が特に対処を講じていない」という結果が出ている。

「Monicia」製品構成(スマートフォンは含まれない)

「Monicia」は、PMS症状を感じる女性のセルフモニタリングを支援するためのデバイス(衣類内体温計)とスマホアプリのセットとなっている。無理なく計測・記録を続けられる製品を提供するため、サービスデザインの検討に対しデザイン・イノベーション・ファーム「Takram」の協力を受け、デバイスは衣服内温度計開発メーカーと共同開発。アプリは、京都大学COIにおいて京都大学大学院医学研究科婦人科学産科学 江川美保 助教、万代昌紀 同教授らの研究グループとの共同研究成果を活用するなど、コニカミノルタ社内にとどまらず、各所と連携し、良質なデバイス提供を目指している。

PMSの記録には体温計測が必須となる。睡眠中に計測可能な衣類内体温計と連携するアプリで、手軽な記録をサポートする

CF活用で生まれた波及効果は?

――大企業がクラウドファンディング(CF)で新規性の高いデバイスの支援を募る例は近年散見されますが、御社がCFを活用したいきさつを教えてください。

江尻氏:私たちは、PMS(月経前症候群)の悩みを持つ女性に寄り添うサービスとしてセルフモニタリングツール「Monicia(モニシア)」を届けたいと考え、PMS症状の重たい方へのインタビューや、イベント・セミナーなどで様々な方のご意見を聞きながら、Moniciaの開発を進めてきました。

しかしながら、社内で量産化に向けた審議をうけるにあたり、

・PMSの認知度がまだまだ世の中には広まっていないのでは?
・PMSに関する商品・サービスが世の中に本当に受け入れられるのか?
・PMS症状を抱える方がお金を払ってでも体調記録によるセルフモニタリングツールを試したいと思っているのか?

など、世の中への受容性が不確かなことへの懸念がでていました。そこで、Moniciaの受容性調査を目的としたテストマーケと、量産化に向けた評価資金の獲得を目指してCFに挑戦しました。

月経周期を管理するサービスには「月」を想起させるものが多いが、「Monicia」は「PMSに悩む女性の寄り添うサービスであることを大切にする」という意味で、「朝:Morning」を想起させるデザインをコンセプトに盛り込んだ

――支援を募るなかで応援コメントが多く寄せられたと思いますが、印象的なものにはどんなものがありましたか?

江尻氏:今回印象的だったのは、PMS症状で困っている方からのMoniciaへの期待の声、そしてMoniciaによる体調記録を続けることによって、症状が良くなっていくといった声を多数いただくことができたことです。

また、男性の方からのコメントの中には、このクラウドファンディングのプロジェクトページを知ったことで、パートナー、家族とPMSについて話すきっかけになったとの声もいただいており、PMSの理解を深める一助になれたこと嬉しく思います。

――支援者、ならびにMoniciaに注目している人たちに向けて、コメントをお願いいたします。

江尻氏:私自身、以前はつらい症状に悩まされていた中、体調記録を通して、生理前に繰り返す症状に気づいたことから、症状改善に向けた一歩を踏み出すことができました。

PMSで悩む女性が周期的なココロとカラダの変化に気づき、つらい時期に備えることや、スケジュールの調整や生活の工夫を続けていくことで、自分らしく前向きに仕事や生活を続けていくような社会の実現への一助となれたら、そんな願いを込めてMoniciaの開発を続けてきました。

「体調記録」によるセルフモニタリングがPMSの対処の基本になることは、まだ世の中にあまり知られていない状況です。多くの皆様にPMS症状への理解を深めていただけるようMoniciaの事業化と啓発活動を今後も進めていきたいと思います。皆様、引き続きこのプロジェクトへの応援をよろしくお願いいたします。

見えた糸口、集まった支援

600万円超もの支援額が集まった「Monicia」。その裏には、ばらつきの大きいPMS症状への対処法を見つけられずにいた女性たちの期待があったのではないだろうか。

個人差も大きく、女性間でも共感が難しい症候群であるが故に、どんな対処を行えばいいか、という情報は広がりにくい。専用デバイスとアプリによる記録を行えば、ひとり一人異なるであろうリスクファクターや症状の傾向をつかみ、必要な処置・治療を行う糸口となりうる。当事者にはなりえない男性からも、発現する症状だけでなく、その背景にある仕組みを知ることは納得感を生み、対話のきっかけになるようだ。事業化に向けた「Monicia」の今後の動向にも期待したい。

「Monicia」先行申し込み券、3月10日まで受付中

「Monicia」の購入権を含む支援コースはすでに閉め切られているが、PMSや月経不調に関しての基本がわかるMOOK本と、Monicia先行申込み券がセットになった「1000円コース」を受付中。初回発送の次の段階で手にできる権利を得られるので、申し込みそびれた人、今回存在を知った人は検討してみては。