「外食産業」の記事

若気の至りとネットが結びつくリスク、「アルバイトの不適切行為」

カレー沢薫の時流漂流 第28回

若気の至りとネットが結びつくリスク、「アルバイトの不適切行為」

2019.02.18

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第28回は、「アルバイトの不適切行為」について

「バカッター」という言葉をご存じだろうか。

アルバイト先で食材を使って遊ぶ、買う前の商品を汚損するなどの悪ふざけを行い、その写真や動画を「こういうの面白いやろ」とツイッター(Twitter)にあげて大炎上する奴を指す言葉であり、主に若者が多い。

まず一番に思い出されるのは、ローソンのアルバイトがアイスケースに入った事例だろう。しかし、実はあれはツイッターではなく、Facebookに投稿されたものなのだ。

ツイッターへの熱い風評被害。ヘビーすぎるツイッターユーザーとして憤りを隠せないが、アイスケース事件以降、ツイッターで類似案件が多発したため、結局「バカをやるのはツイッタラー」ということになってしまったようだ。ツイッタラーはバカの上にインフルエンサーでもないという悲しい事実である。

その後、一旦「バカッター騒動」は落ち着いた。これは、バカがいなくなった、というわけではなく、SNSでは連日連夜、彗星の如くバカが現れ、それが若者やアルバイターだけではなく、良い年した地位のある大人だったりするため、バカをさらなる巨バカが飲みこむ形で徐々に目立たなくなってしまった、という感じがする。

しかし最近、また「おっさんたちは引っ込んでな」と若者アルバイターの「不適切行為」が話題になっているという。だが出火元はまたしてもツイッターではなく、今度はインスタグラム(Instagram)だ。

このように、SNSの中でもツイッタラーは民度が低いと言われがちだが、不祥事ブームの先駆けは意外と、キラキラ側のツールだったりする。柄の悪い雑誌を作っている編集部の人間は意外と逮捕されておらず、逆にインテリ系雑誌の編集部の人間の方が、突然タクシーの運転手を殴って逮捕されるのと同じ現象である。

なぜインスタグラムが火元になったかというと、インスタグラムには「ストーリー」という機能があるからだ。「ストーリー」に投稿した動画や画像は24時間後に自動的に消えるようになっている。よって「1日で消えるならいいべ」というノリで若者が不適切動画を上げてしまったりするのである。

ネットで“バカをやる”、あるいは“特定する”ことのリスク

今回大きな問題になったバカスタグラマー(こう書くと「バカッター」の語呂が如何に優れているかがわかる)は、すき屋とくら寿司のアルバイトが投稿した動画だ。

すき屋の動画は店内で氷を投げ合ったり、おたまを股間に当てたりと「インスタグラマーのセンスも俺たちと大差ない」とある意味ツイッタラーを安心させてくれる内容だったが、くら寿司の方はまな板で切った魚をゴミ箱に入れ、ゴミ箱から出した魚を再びまな板に載せる、という笑うところがない上に、飲食店としては致命的な動画であった。

おそらく、このアルバイターたちも「24時間で消えるし」という軽いノリで投稿したのだろうが、その動画は瞬く間にツイッターに転載され大炎上となった。さすがツイッタラーさん、こういうことは仕事が早い。

結果として、両者ともクビになった。そこでは終わらず、くら寿司はこの一件を受けて全従業員を再教育し、動画に関与したバイトに対しては法的対応をする準備に入ったと発表した。しかし、インターネットの処罰は光の速さで行われるため、それ以前に当人たちは氏名、年齢、学校などを特定され、顔写真なども晒されているという。

これは「最近の若者は」という話ではない。太古の昔からこのような若者による「悪ノリ」は行われており、40歳以上のパイセンが和民で語る武勇伝も、大体似たようなことだったりするのだ。ただ、パイセンの時代はインターネットがなかったため、その悪ノリが全国展開してしまうことがなかっただけなのである。

私の知人も「高校時代、みんなで『そこら辺の木』を燃やして、メチャクチャ怒られた」と言っていたが、インターネットやSNSがある時代だったら、その木の物理的炎上動画を「俺たちおもしろくね?」というノリでSNSにアップし、概念的大炎上をして「メチャクチャ怒られる」程度では済まなかったかもしれない。

私はオタクなので、そのような「ヤンチャ」な過去はないが、その代わり、俺の考えた最強のイケメンキャラなどが記された「黒歴史ノート」などがある。それもインターネットがない時代だったので、見られるとしても家族程度だが、それに関しても今はインターネットがある。SNSに限らずインターネット上に投稿されたものはどこの誰に見られるかわからないし、一度拡散したら半永久的に残り、自分の手で全てを抹消することはできない。

インターネット、SNSが当たり前な今の若者たちは、「若気の至り」や「黒歴史」に対しもっと慎重にならないと、人生が変わりかねないのだ。その点で、若い頃にネットがなかった我々は恵まれている。

しかし前述の通り、ネットでバカをやるのは若者だけではないので我々も気をつけねばならない。この炎上アルバイターたちは一様に、「面白いやろ?」という動機でやっていると思うし、我々もここまでしなくても、「これはウケる」と思って言ったことで周りをドン引きさせた経験があるのではないだろうか。

SNSで注目を集めることに執着しすぎると感覚がマヒし、明かに倫理に反していることを「これはSNSでウケる」と思ってやってしまうのだ。

また、ネット炎上は義憤にかられた「正義の人」による私刑までがワンセットだが、それも度を越し過ぎると、今度は逆に訴えられる側になりかねない。

炎上アルバイターが「特定」されるように、「正義」も匿名で執行できるわけではない。そして悪い事をした人間は罰せられるべきだが、バカがいるからといって、そのバカを罰する権利が自分にあるとは思わない方がいいだろう。

プラ製ストローの撤去を試験導入中のデニーズ、2月12日から全店で撤去へ

プラ製ストローの撤去を試験導入中のデニーズ、2月12日から全店で撤去へ

2019.01.18

デニーズが全店でプラスチック製ストローの撤去を決定

国内大手飲食でも相次ぐプラ製ストローの廃止の流れ

環境配慮の観点から、世界的にプラスチック製の使い捨てストロー撤廃の動きが加速している。日本国内でもファミリーレストランやコーヒーチェーンを中心に、プラ製ストローの撤去や、代替品への切り替えが検討されているが、セブン&アイ・フードシステムの運営する大手ファミレスチェーン「デニーズ」が、2月12日から全店を対象にプラ製ストローの提供を原則中止することがわかった。

同社はこれまで、昨年11月よりプラ製ストロー提供中止のテストをデニーズ40店舗で実施していた。今回、店内にドリンクバーを設置しているデニーズ全店舗(デニーズ全体の9割に当たる)で、ドリンクバーコーナーのプラ製ストローの設置を中止する。なお、児童などストローを必要とする来店客には、プラスチックを代替し環境に配慮した植物由来素材「PLA」を使ったストローを提供する。

近年、プラスチックごみの廃棄による海洋や生態系への影響が大きくクローズアップされ、外食店のプラ製ストローに批判が集まったことで、環境意識の高い欧米を中心に対策すべきとの流れが盛んになっていた。日本国内では当初、ごみ処理技術への自負から経済性を優先し、対策は遅れるだろうという見方もあったが、行政などパブリックな組織が動く前に、まずは当事者である企業が率先して反応していた。

昨年末にはファミレス最大手のガストがプラ製ストローを廃止し、今月はグループ780店舗のリンガーハットも紙製への切り替えを発表している。一方で検討中や態度保留という企業も多いが、大口の需要家となるチェーンが相次いで具体的な施策に乗り出していることから影響は大きく、今年は国内のプラ製ストロー排除の論調が更に強まると見られる。プラスチック代替素材の開発競争は世界規模だが、日系化学メーカーにとっては国内特需は追い風となる可能性がある。

“脱カラオケ”に舵を切った「シダックス」の多事業戦略

“脱カラオケ”に舵を切った「シダックス」の多事業戦略

2018.12.25

シダックスが閉塞感にじみ出るカラオケ事業から撤退

中伊豆を総合リゾート&ワインの一大生産地にして集客

「500の仕事。」をかけ声に多岐にわたる事業展開を目指す

昭和期から現在にかけて、多くの人に親しまれているカラオケ。ただ、底堅い人気のレジャーではあるものの、閉塞感が漂い始めている。それは、カラオケ参加人口(以下、カラオケ人口)やカラオケボックスルーム数が微減、もしくは横ばいとなって久しいからだ。

一般社団法人全国カラオケ事業者協会がまとめた「カラオケ白書2018」によると、1995~1996年頃、カラオケ人口は約6,000万人だったが、2017年は約4,700万人にまで減少。カラオケボックスルーム数も全盛期は16万件を超えていたが、2017年には13万件ほどにまで減っている。

折れ線グラフが店舗数、棒グラフが参加人口。急激な落ち込みではないが、微減傾向だ(一般社団法人全国カラオケ事業者協会「カラオケ白書2018」より)

この最大の原因はバブル崩壊だが、それでもレジャーとしては健闘しているといえる。たとえばスキーと比べてみる。スキー人口は一時期2,000万人を超えていたといわれるが、今ではスキー・スノボ合わせても約700万人ほどまで減っている。釣りに関しても、2,000万人ほどの需要があったが、こちらも約700万人まで減少したそうだ。ともに全盛期の1/3ぐらいまで需要は減ったが、カラオケ人口は全盛期の約75~80%ほどで抑えている。冒頭で「底堅い人気」と記したのは、“落ち込みがほかのレジャーほどではない”という印象を受けたからだ。

とはいえ、不安材料がないわけではない。真っ先に思いつくのが「人口の減少」。これはすべてのレジャーに当てはまることだが、将来的にレジャー需要が下がるのは容易に予想できる。そして、カラオケの“お供”ともいってもよいお酒需要が減少していることも不安材料だ。特に“若者のお酒離れ”といわれて久しく、なかでもビール人気が落ち込んでいる。さらに、国民的な大ヒット曲が生じにくくなっているという背景も、カラオケ需要の減少を後押しする可能性があるだろう。

こうした状況に対し、カラオケ産業に関わる企業は、新たな収益源を模索している。なかでも積極的な姿勢をみせているのがシダックスだ。シダックスといえば、カラオケの大手企業と思われがちだが、2018年5月にカラオケ事業からの撤退を発表している。カラオケ事業を行っている子会社、シダックス・コミュニティの株式をカラオケ館を運営するB&Vに譲渡し、今後は“食の仕事”を収益の柱にしていく。

カラオケ事業を切り離し本来の姿に回帰

そもそもシダックスは、給食や食堂などの受託運営が本業で、レストランやホテル、コンビニ、エステ、道の駅などを手がけている。もとはカラオケ事業もこうした食の仕事の派生で、外食産業のノウハウを生かした「レストランカラオケ」という分野を築いた。だが、カラオケのイメージが消費者に強く浸透したため、シダックス広報担当者によると「外食ではなくカラオケ専門企業」という印象を持つ人がほとんどだそうだ。実は筆者もカラオケの企業だと信じ切っていた。

そんなシダックスが力を入れているのが、中伊豆での総合リゾート業。首都圏からアクセスしやすく、伊豆の名瀑「萬城の滝」「浄蓮の滝」や「天城山」といった見所もある。そしてワサビ田に代表されるように、山の幸・海の幸が豊富で、何よりも名湯が集まっているところだ。そして天気がよければ、富士山を眺められるロケーションであることもポイントだろう。何よりもシダックス創業者・志太勤氏が生まれ育った地で、伊豆に対しての思い入れが深かったことが、「中伊豆に総合リゾート業を!」という原動力になったのかもしれない。

首都圏から約2時間ほどで修善寺駅へ。そこからシャトルバスで20~30分で、シダックスのリゾートにアクセスできる。写真は伊豆箱根鉄道駿豆線・修善寺駅
天気がよければ富士山を眺められる。富士山に近いロケーションなので、首都圏から眺めるよりも迫力のある光景が楽しめる
伊豆箱根鉄道線沿いには史跡も豊富。左は国指定史跡「韮山反射炉」。右は重要文化財の「江川邸」。反射炉建設や幕末の海防政策で活躍した江川英龍の屋敷だ

この地をリゾートの一大拠点にしたいシダックスの考えに、地元観光協会も期待を寄せており、伊豆市観光協会 中伊豆支部 支部長 内田幸利氏は「今後、オリンピックの影響などで、インバウンドの需要が増すと思う。シダックスには中心となっていただき、中伊豆の観光活性化を引っ張ってもらいたい」と話す。

中伊豆を総合リゾート&一大ワイン生産地へ

中伊豆の観光資源について軽く触れたが、特筆したいのがシダックスのワインへの積極的な取り組みだ。同社は「中伊豆ワイナリーヒルズ」を2016年にリニューアルしたが、ここには「ヴィンヤード」(ブドウ農園)のほか、本格ワイナリー「中伊豆ワイナリー シャトーT.S」、温泉を備えたホテル「ホテルワイナリーヒル」といった施設が集まっている。そのほか、野球場やサッカー場、テニスコート、チャペル・式場、さらには乗馬コースなども用意され、総合リゾートとしての存在感を示している。

「中伊豆ワイナリーヒルズ」の中心的建物「中伊豆ワイナリー シャトーT.S」。周囲には約10ヘクタールのブドウ農園が広がり、9種・約30,000本のブドウが栽培されている
ブドウ農園の近くに乗馬コースがあり、乗馬体験が可能
シャトーにはワインコレクションセラーがあり、貴重なボトルが保管されている
シャトーにはレストラン「ナパ・バレー」が併設されている。ブドウ農園見学だけでなく、アクティビティや食事ができる総合リゾートとして、意識していることが伝わってくる

ここが、ほかのワイン産地と差別化できるところといってよい。一般的にワイン用ブドウというと、山梨県や長野県などがおもな産地。というのも、ワイン用ブドウの栽培地は、降雨量が少なく寒暖の差が大きいところが選ばれるので、標高数百メートルの山腹にヴィンヤードが造成されることが多い。そのため、総合リゾート施設とヴィンヤード・ワイナリーの併設は難しい。だが、中伊豆ワイナリーヒルズは急激に傾斜している山腹ではなく、高原の広々とした場所にある。そのため、グラウンドなどを併設可能で、日中にワイナリー見学や球技、乗馬を楽しみ、食事やワインが味わえ、そして温泉で疲れを癒やせる施設になっているのだ。

シャトーから歩いて10分ほどのところにある「ホテルワイナリーヒル」。サッカー場や野球場、テニスコートやプールもあり、スポーツの合宿所としても利用できる
宿泊客にはワインが1本サービスとなる。サービスウォーターはよくあるが、サービスワインは珍しい
露天風呂を備えた大浴場。日帰り温泉としても利用されている

さて、シダックスはあるスローガンを掲げている。それは「500の仕事、シダックス。」というもの。これは文字通り、500の事業を展開することを目標にしたものだ。前述した総合リゾートのほかに、多岐にわたる事業を行っている。外食産業もレストランのほか社員食堂、寮、研究所などの食事提供、医療・高齢者施設向け給食、カフェ、ケータリングなど多岐にわたる。そのほかにも食材や冷凍総菜の販売なども手がけている。

これら以外にも食器用洗剤、洗濯用洗剤、アルコール除菌ジェルといった衛生製品の販売、役員車の運行管理、路線バス、貸し切りバスといった交通業務、秘書、受付、案内業務といった企業サポートも行っている。

すべての事業の紹介はできないが、“500の仕事”というかけ声は、あながちウソとはいえない。シダックスのカラオケ店舗名は、しばらくは残るということだが、いずれは消えることが考えられる。ただ、撤退を発表したカラオケは、シダックスにとって事業の一部でしかなく、今後は“食”を中心にしたビジネスで存在感を示すだろう。