「在宅勤務」の記事

デジタルホワイトボードにグーグルが参入、独自の強みとは?

デジタルホワイトボードにグーグルが参入、独自の強みとは?

2018.09.04

ライバルひしめくホワイトボード市場に巨人が挑む

グーグルが指摘するホワイトボードの問題とは何か

独自機能やAI技術の投入でライバルに対し差を生む

8月にグーグルがデジタルホワイトボード「Jamboard」の国内発売を発表した。タッチに対応した大型のディスプレイで、オフィスの会議室などに置くことを想定した製品だ。

グーグルの「Jamboard」と、Google Cloud 日本代表の阿部伸一氏

このデジタルホワイトボードは、教育市場では電子黒板とも呼ばれており、マイクロソフトなど多数の競合製品がひしめいている。日本では後発となるグーグルだが、その強みはどこにあるのだろうか。

ホワイトボードの課題を解決し、遠隔地とコラボ

働き方改革によるワークスタイルの多様化に伴い、課題として持ち上がってきたのが複数の拠点をまたぐコミュニケーションだ。地方の支社やサテライトオフィス、在宅勤務など、さまざまな拠点から会議に参加する場面が増えている。

だが、多拠点の会議でも「ホワイトボードを使い始めると、問題が起きる」とGoogle Cloud 日本代表の阿部伸一氏は指摘する。ホワイトボードを写真として共有するなどの手段はあるものの、微妙なタイムラグから距離感が生まれ、対等な議論が進まなくなるというわけだ。

そこでグーグルが開発したデジタルホワイトボードが「Jamboard」だ。2017年5月に米国で発売後、Dow JonesやNetflix、Whirlpool、Spotifyなどが続々と導入。世界展開において、日本は14カ国目の発売になるという。

本体は55インチのタッチ対応ディスプレイとなっており、素手による手書きや付属のペン、消しゴムを用いた操作にも対応する。壁掛け用マウントやオプションのスタンドで設置し、実際の導入作業も有償のサービスとして提供するという。

素手や付属のペン型デバイスで自由に書き込める

特徴は、グーグルが企業や教育機関に向けて提供するクラウドサービス「G Suite」との連携だ。Googleドキュメントやスプレッドシートの文書を呼び出せるのはもちろん、検索やGoogleマップといったサービスとも連携するという。

多拠点での利用時には、複数のJamboardを連携したコラボにも対応。スマホやタブレットのアプリを用いることで、Jamboardがない拠点や在宅勤務でもリアルタイムに内容を共有できる仕組みだ。

スマホやタブレットからも会議に参加できる

グーグルのクラウド連携や価格に強み

調査会社のリサーチステーションによれば、2018年時点でのデジタルホワイトボードや電子黒板の市場規模は世界で43億1000万ドル。2023年には51億3000万ドルにまで伸びる見通しだという。

日本市場では、グーグルの直接のライバルとしてはマイクロソフトが「Surface Hub」を投入しているほか、総合電機メーカー、黒板メーカーなどがさまざまな製品を展開している。

その中でグーグルは、Jamboardの強みとしてG Suiteとの連携や人工知能(AI)技術、価格を挙げている。

たとえば書き込みの内容はGoogleドライブに自動的に保存される。企業の会議室ではホワイトボードの消し忘れがセキュリティ上の問題になりがちだが、Jamboardならクラウドに保存し、会議を再開したいときには簡単に復元できるというわけだ。

書き込んだ内容はGoogleドライブに自動保存される

また、グーグルが一般向けに提供するインターネットサービスとも連携できる。グーグル検索でヒットした画像の取り組みや、誰もが見慣れたGoogleマップの地図を貼り付けられるのは、グーグルならではの強みといえる。

グーグルのAI技術も活用されている。日本語に対応した文字認識機能では、ペンで手書きした文字を認識し、キーボードから入力したものと同じテキストとして扱える。手書き文字がテキストになれば検索にヒットするので、後から参照しやすい。

本体価格は64万円(税別)で、マイクロソフトの55型モデルが100万円を超えていることを考えれば大幅に安い。米国の4999ドルよりは高いものの、これは日本の商流を考慮したものだという。

国内では法人市場に強いNTTドコモやソフトバンクなど7社が販売パートナーとなっており、関連したサービスやソリューションとのセット導入で値引きを期待できそうだ。

青空の下でビジネス! スノーピークが仕掛けるチームビルディング

青空の下でビジネス! スノーピークが仕掛けるチームビルディング

2018.04.18

1980~1990年代、アウトドアブームが起こった。キャンプや登山といった楽しみ方のほか、バーベキューのみのワンデイキャンプも人気だった。ただ、その後バブルがはじけて、アウトドアブームは失速した感がある。

しかし、ここにきてアウトドアの人気が高まってきた。そして新たなカタチとして浸透しそうな気配が生まれている。アウトドアという空間をビジネスに生かそうという試みだ。 この試みを積極的に仕掛けているのがスノーピークビジネスソリューションズ。スノーピークといえば、鍛冶による鉄製品づくりが盛んな新潟県・三条市を本拠にする。テントのポールやアウトドア向けクッカーといった道具は、鉄製品づくりが盛んなこの地域だからこそ製造しやすいのだろう。

スノーピークビジネスソリューションズは、三条市ではなく愛知県・名古屋市に本拠を置く。名古屋といえば中部圏の中心というだけでなく、首都圏や関西圏にもアクセスしやすい。多くの企業が集まる圏内への足がかりとして、都合がよいといえるだろう。おそらく、多くの企業にソリューションを提案・提供するのにこの地が最適と考えたのかもしれない。

アウトドアブランドが集積した街

そんな、スノーピークビジネスソリューションズが東京・昭島市にある「モリパーク アウトドアヴィレッジ」でキャンピングオフィスの体験会を行った。ちなみにアウトドアヴィレッジは、スノーピークを始めコールマンやTHE NORTH FACEといった、アウトドアに関わるショップが集まるところ。こうした大規模なアウトドアショップ集積地が誕生したという意味でも、人気が高まっていることがうかがいしれよう。

左上:多くのアウトドアショップが集積したアウトドアヴィレッジの案内図。右上:簡易的なトレイルコースもある。下2枚:スノーピークが運営するレストランや、コールマンといったショップが並ぶ

さて、キャンピングオフィスのレポートに移ろう。設営されていたのは大型のタープとツールームテント。そこに10人強の参加者が集まってきた。テーブルの上にはガスバーナーやケトル、マグカップなどが用意されており、ここで参加者が本格的にコーヒーを淹れようというのだ。

左:スノーピークのプレゼンを受ける参加者。右:タープの下にはコーヒーを淹れるツールが並んでいた

スノーピークビジネスソリューションズのプレゼンのあと、コーヒー作りが始まった。3~4名にチームを分け、それぞれが協力して珠玉のコーヒーを仕上げていく。何せ本格的なものだ。まずコーヒー豆を煎るところから始まる。フライパンに豆を入れ、ツヤツヤの黒さになるまで煎っていく。そして、各チームが相談してコーヒーの名前と「これだったらこの値段」というのを決める。

コーヒー作りで協業を

端からみると、仲良しグループがアウトドアでコーヒーを楽しんでいるようなものだ。ところが、仲良しグループでも何でもなく、お互い初対面という方が多い。1チームのみ、同じ企業の従業員ということだったが、事業部が異なる方々の集まりだという。

では、スノーピークビジネスソリューションズのねらいは何か。それはチームビルディングにある。ある目的に対し、個々が能力を生かし協働で動くというのがチームビルディングだ。今回は、本格的なコーヒーというのが目的で、そのためにチーム内の個々が力を合わせようというのがねらいだ。仲良しグループの集まりではなく、自らのビジネスに生かすために、この取り組みに参加したというワケだ。

「コーヒー作りなど簡単」と思われる方もいるだろうが、参加者は豆から煎るコーヒー作りなど初体験。どのくらい煎ればいいのか、ミルの使い方はどうするのか、持ち込んだデバイスで調べながら作業を進めるところもあった。1~2人で豆を煎り、1人が最適な煎り具合を調べ、1人がミルの使い方を確認する。まさに自然と協業が生じたのだ。ビジネスにおけるチームのあり方というのを再認識した感覚だ。

左上:コーヒー作りの前に手をつなぎ目を閉じて、四角や三角の輪になるトレーニング。かなり難しかったようだが、角になるのを率先する人が生まれ、チームとして機能し始めた。右上:コーヒー豆を煎ることから始める。左下:テントの中でも1チームが作業。右下:そしていよいよ珠玉の1杯をドリップ
コーヒー名やキャッチ、価格をチームで考える。それにしても価格が800円って……(笑)

参加者の声を拾ってみよう。ある参加者は「従業員が急激に増えたので、チームビルディングの必要性を考えて参加しました」と話す。またある方は、「ICTを使ったコミュニケーションも大切ですが、フェイス・トゥー・フェイスの大切さを再認識するために体験会にきました」と笑みをみせた。また「チームビルディングの考え方を自社にフィードバックするのが主目的ですが、本格的なコーヒー作りは楽しい(笑)」と目を輝かせた参加者もいた。

働き方改革から働きやすさへ

近年、働き方改革が叫ばれている。第1段階は、ノー残業デイや有休消化の奨励といった時短だろう。そして第2段階は、オフィスのICT化による効率のよいビジネス環境の構築となった。だが、ここにきて「働きやすさ」という側面が注目され始めている。オフィスを緑化したり、木のデスク・チェアを用意したりする動きが広がっている。さらに、自席が用意されながらも、集中したいときはコワーキングスペース、簡単な打ち合わせやコミュニケーションを取りながら仕事ができるスタンドデスクなど、どこで作業してもよい「Activity Based Working」という考え方も注目されている。

ビジネス環境のICT化は、席から立たない社内コミュニケーションやリモートワーク化を推進してきた。だが、やはり人と人が顔をあわせてコミュニケーションするというのが、根幹なのかと痛感した。

さて、この体験会が行われた日はあいにくの曇天。気温が低く、桜が散った東京の4月中旬には合わない言葉だが、“花冷え”といった様相だ。しかし、参加者からは笑顔がもれ、寒かっただけに淹れたてのコーヒーがおいしかったに違いない。

定着しないプレミアムフライデーが開始から1年経過

定着しないプレミアムフライデーが開始から1年経過

2018.02.26

2017年2月24日、鳴り物入りで開始されたプレミアムフライデー。これは毎月最終金曜日に15時に業務を切り上げ、プレミアムな週末を過ごそうという試み。2018年2月23日の金曜日に1年を迎えた格好だ。

ただ、広く定着したかというと、まだまだといわざるをえない。プレミアムフライデー推進協議会によると、今年2月16日時点で、プレミアムフライデーの認知度は約9割、施策の理解度は約7割に達したとしている。つまり、認知度や理解度は広く浸透したということになる。

プレ金活用企業はまだまだ少ない

ただ、問題は広く実施されるかどうかだ。推進協議会によると2月16日時点でプレミアムフライデーのロゴマークの申請件数は8,182件、早期退社等に取り組む企業は800社にのぼるという。昨年2月のスタート時にはロゴ申請件数4,261件、早期退社等に取り組む企業が130社だったことを考えると一定の成果はあった。ただ、これまで12回実施されたプレミアムフライデーによる平均早期退社率は11.2%とまだまだ低い。

そもそもプレミアムフライデー開始時から懐疑的な見方が多かった。まず「月末の忙しい時期に早期退社できない」というもの。なかには「プレミアムマンデーに変更して午前はゆっくり休みたい」という意見も聞かれた。ただ政府や経団連がプレミアムフライデーを推奨する大きな理由は消費拡大にある。月曜午前中休みでは寝てしまい、消費行動にはつながりにくい。

この消費拡大という政府や経団連の思惑にも否定的な意見が聞かれた。それは「せっかく早く退社しても使えるお金がない」というものだ。さらに飲食店や小売店では、プレミアムフライデーはほぼ実施不可能という指摘もあった。

とはいえ、働き方改革を進めたいと考えている企業は増えており、プレミアムフライデーを含め、定時退社や有給休暇の取得を推進している。推進協議会では730社にアンケートを行ったが、351社が何かしらの取り組みを実施。サンプル数は少ないが、半分以上の企業が取り組んでいる。

こうした背景やプレミアムフライデー開始から1年という節目もあって、2月23日に多くの企業でイベントが行われた。そのうちのひとつがサントリービール。同社はTSUTAYAを運営するCCCとタイアップし、2月23日からある施策を開始した。それは毎週金曜日にTSUTAYAの店頭で「ザ・プレミアムモルツ」(以下、プレモル)を掲示すると、旧作DVDが無料になるというもの(上限200円)。

これにはサントリービールとCCCそれぞれにメリットがある。サントリービール プレミアム戦略部 豊島孝郎氏によると、金曜日はビールの売り上げが伸びるそうだ。明確な統計はないが、月曜日~木曜日までは“第3のビール”で晩酌を経済的に済ませ、金曜日には少し贅沢なビールを手に取るというストーリーが考えられる。豊島氏は「金曜日にCMを多く打つ戦略を採っています」と話す。また、「プレミアムフライデーの日にどこかでポスターなどをみて、同じ“プレミアム”という文字を含んだプレモルを手にとってもらいやすくなるかもしれません」(豊島氏)と笑みをこぼす。

プレ金を利用したライフスタイルの提案

左:TSUTAYAに提示されているプレモルとのキャンペーン告知。右:カウンターでプレモルを提示すれば旧作は無料だ

一方、CCCはホームエンターテインメントの加速が期待できる。ずいぶんと前に「カウチポテト」という言葉が聞かれたが、これは長イスなどでくつろぎながらポテトを食べビデオやテレビを楽しむライフスタイル。このカウチポテトという言葉は死語となってしまったが、こうした習慣を根付かせるのにレンタルDVD・BDとポテト、そしてビールという組み合わせを提案できる。

これは私見だが、ワインとチーズ、そしてDVD・BDという取り合わせも悪くないと思った。映画は約2時間だ。お酒に強い人なら、そのくらいの時間でワインボトルを飲みきってしまう。

話は少しそれたが、企業のプレミアムフライデーの取り組みに話を戻そう。東京駅至近にある百貨店、大丸でもイベントが行われた。こちらはゴルフウェア新作のファッションショーという内容だ。「オヤジを磨く金曜日」というキャッチが銘打たれ、ファッションショー以外にもワンポイントアドバイス&パターゲーム、てもみんプレミアムコース、プレミアムゴルファーコースメニューといった施策が行われた。

“オヤジ”に訴求しやすいゴルフ中心の内容だが、アウトドアスポーツの人気が高まっていることもあり、このテーマになったのだろう。プレミアムフライデーとなれば、早く帰宅して翌日のゴルフの準備に充てられるというメリットもある。

左:ゴルフとプレ金をあわせたロゴ。右:ゴルフウェアの新作ファッションショーが行われた

ただ、大丸の広報担当によると、基本的に金曜日の夕方以降は売り上げがもっとも高いらしい。特にプレミアムフライデーだからといった効果ではないようだ。東京駅付近というビジネスパーソンが多い地区のため、仕事帰りの買い物客が多くなると考えられる。一方で、休日はそうした需要は見込みにくい。

サントリービールもそうだが、基本的に毎週金曜日には需要が高まる。特にプレミアムフライデーという制度が消費を促進するとはいえなさそうだ。

そのほか、パーソルホールディングス、ソフトバンク、リンクバル、オークウッドプレミア東京、串カツ田中、静岡市といった企業や自治体がイベントを行った。

いずれにせよ、プレミアムフライデーの定着はまだまだだ。しかし、土曜日休日の定着には長い年月がかかっている。それを考えると、継続的にプレミアムフライデーの施策を実施するのが大切だ。