自治体を直撃する人口減に対し“移住”で活路を見いだす霧島市

自治体を直撃する人口減に対し“移住”で活路を見いだす霧島市

2019.01.18

人口減を抑制する施策に積極的に取り組む霧島市

霧島市への移住を決意した市民の経済活動の一端

移住を後押しする霧島市の観光資源を巡ってみる

全国には1,700以上の自治体(市区町村)が存在する。それぞれの自治体には特色もあり課題もあるが、都市圏以外の自治体、いわゆる地方自治体には共通の問題がある。それは“人口減”だ。都市圏への人口流出、少子高齢化が起因となっている自然減により、地方自治体の人口減は加速している。2045年には自治体の半数が維持できないというショッキングな分析もある(日本創成会議)。

では、この人口減を少しでも抑制するために、地方自治体は何をするべきか。「子育て支援」「大企業誘致による雇用創出」といったところが思い浮かぶが、やはりもっとも基本的なのが「移住の促進」ではないだろうか。移住については、どの地方自治体も注力しているが、積極的に推進しているのが鹿児島県・霧島市だ。

霧島市は過去5年間、九州の自治体で移住者数ナンバーワンとなっている(2016年に行われた西日本新聞社による、各自治体のアンケート結果より)。移住先として霧島市が選ばれている理由で真っ先に思い浮かぶのが移住者に対する補助金。霧島市でも、市外からの転入で中山間地域(平地から山間地にかけての傾斜地)に住宅新築を行えば、100万円が補助される。だが、補助金に関しては、額や条件の違いこそあるとはいえ、どこの地方自治体も実施していることだ。

では、移住者はなぜ霧島市を選んだのか……。実際に霧島市に飛んで、移住者の現状を確かめてきた。

まずは移住者の声を聞いてみる

最初に向かったのは、割烹&CAFEを運営する「露乃樹さこう」。築90年の古民家をリノベーションして誕生した食事処だ。古民家とあって、いわゆる“田舎”という雰囲気が満喫できる。ところが、出てきたランチは、山の幸・海の幸が豊富な彩り鮮やかなものだった。店舗の外見からは「もっと野趣あふれるメニューかな」と思ったが、いい意味でその期待は裏切られた。それもそのはず、料理長は京都の懐石料理店で長年修業した人物だ。雅なメニューには納得できる。

古民家をリノベーションしたお店。レトロな雰囲気が漂っている。右は「露乃木名物だしかるかん」

続いて話題だというジェラート店「ジェラテリアクオーレ」へ。ご年配の方やこども連れの家族、カップルとひっきりなしに入店し、10種類以上のフレーバーが並ぶ冷凍ディスプレイの前で、何を選ぶか悩んでいた。こちらの店主は、関東地方でパティシエとして働いていたそうで、ソフトクリームに興味がわいたそうだ。そして、霧島市でのジェラート製造・販売に踏み切った。その理由のひとつに、霧島市の素材の豊富さがある。乳製品はもちろんのこと、各種フルーツ生産が盛んなことも移住のきっかけになった。

三叉路のあいだに建っているお店。多くの客が来店し、夕方には品切れになるそうだ。右は霧島市の素材で作られたジェラート。左から「キャラメルパンプーキン」「焼きいも」「霧島茶ソルベ」「クオーレ ミルク」
クルマ修理店のガレージをリノベーションした「CAFE 510」

そして最後は「CAFE 510」へ。店主は東京生まれ東京育ちだが、霧島市出身の奥さんと東京で出会い、結婚を機に霧島市に移住。店内は満席でスタッフは忙しく、お話をすることはできなかったが、活気を感じることができた。

3店巡ってみて気づいたのは、どこも多くの店が集まる立地ではなかったこと。都市圏では、ある程度店舗が集まることで、地区全体の集客につながるイメージがある。露乃樹さこうにいたっては、道路を挟んだ正面は閉鎖した映画館。数メートル先には完全な廃屋が残されていた。それなのに多くのお客が訪れ、活況を呈していた。移住ということになると、経済活動に不安を覚えるが、話題になれば遠方からのお客も来るということが実感できた。そして三者とも“霧島の食材”“霧島の自然”に魅せられ、移住を決意したことが伝わってきた。

左から霧島市役所 企画部 地域政策課 中山間地域活性化グループ 藤田友成氏、霧島市役所 企画部 地域政策課 貴島俊一氏

とはいえ、霧島市役所 企画部 地域政策課 貴島俊一氏によれば、中山間地域の人口減少は歯止めがかかっておらず、市全体の人口は微減傾向にあるという。ただ、貴島氏は、霧島市が鹿児島空港へクルマで20分かからない立地にあることが大きな光明だと強調した。鹿児島市ならまだしも、薩摩半島南部にある指宿市から鹿児島空港にアクセスするのは大変だ。そうしたこともあって、鹿児島県内各地から霧島市に移住する動きが目立っているそうだ。

大規模工場と伝統の産業が同居する霧島市

これまで巡った店舗は完全なる個人商店だが、霧島市は企業誘致にも積極的だ。その象徴ともいえるのが、京セラだろう。同社は霧島市と立地協定を締結しており、約4,500人が働く工場を稼働させている。そもそも、京セラ創業者の稲森和夫氏は、鹿児島県鹿児島市出身。鹿児島県に多額の寄付をするなど、郷里に対する情にあふれている。また、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリングも2,000人規模の工場を霧島市で稼働させている。

延べ床面積29,232.18 平方メートルという広大な京セラ 鹿児島国分工場。付近の城山公園から全貌が確認できる

一方、伝統的な産業も盛んだ。有名なのは焼酎と黒酢。今回の取材では、昔ながらの壺によって黒酢を醸造する坂元醸造を拝見した。坂元醸造は創業約200年の老舗で、5万本以上の壺により黒酢を生産している。霧島市には多くの壺酢醸造所があり、その壺の総数は約10万本といわれているが、その半数を坂元醸造が占めていることになる。

5万本以上の壺を保有する坂元醸造。なかには200年前の創業時から使われている壺もある

なぜ、霧島市で黒酢の生産が盛んなのか。担当者によると、良質な地下水と蒸し米、米麹が入手しやすいからだという。そして何よりも、九州の南端という立地がカギとなる。燦々と降り注ぐ陽光により暖められた壺が、良質な黒酢生産に最適なのだという。以前、坂元醸造の壺を他所に運び、黒酢生産を試みた人がいたそうだが、うまくいかなかったとのことだ。

今回、大規模工場の取材はできなかったが、京セラ4,500人、ソニー2,000人のなかには、移住者も多くいるに違いない。また、伝統産業が盛んなので、そうした産業に興味を持つ若者にとって、移住のきっかけになるかもしれない。

霧島市最大の財産は豊富な観光スポット

さて、移住を促すかもしれない観光資源の多さも霧島市の財産だ。まずは桜島。正確には所在は鹿児島市なのだが、霧島市からも眺められる。むしろ鹿児島湾(錦江湾)越しの雄姿を楽しもうと思ったら、霧島市側からのほうが迫力はあるかもしれない。

噴煙を上げる鹿児島のシンボル、桜島。ここ最近は比較的におとなしいそうだ

建造物についても見所が多い。まずは「霧島神宮」。6世紀に造られ、建国神話の主人公「ニニギノミコト」を祀っているという。荘厳な社殿は霧島市のシンボルだ。

また、JR九州・肥薩線「嘉例川駅」も隠れた人気スポットだ。こちらは霧島神宮とは比べるまでもなく新しいが、それでも築116年を誇る県内最古の駅舎だ。印象的だったのは、ホームに入ると20代前半の女性が複数いたこと。しかも彼女らは一眼レフを手にしていた。ボディサイズからするとミラーレス一眼だろうが、“若い女性はスマホで撮影”と思い込んでいたので新鮮な光景だった。

いわずと知れた観光スポット「霧島神宮」。日本初の新婚旅行をした坂本龍馬夫妻が、訪れている。右は「嘉例川駅」。カメラを持った女性たちは、駅舎のほかここに停車をする「特急 はやとの風」もお目当てだったようで、しきりに線路の先を凝視していた。ただ、残念ながらこの日は運行はなかった

また、霧島市といえば温泉で有名だが、体験取材に訪れたのは「家族湯」という様式。家族湯とは首都圏では聞き慣れないが、霧島市で発祥し、今や西日本に広がっている温泉様式のことだ。湯船(露天付きもある)と個室がセットになっており、“家族でくつろげる”からというのが家族湯の由来だ。

家族湯は基本的に個室と湯船がセットになっている。利用したのは「かれい川の湯」の「かわせみ」という貸し切り湯。ちなみに霧島市には、家族湯施設がそこかしこにある

このほかにもまだまだ観光スポットはあるが、ここまでにしておこう。黒豚や和牛、野菜類などの食材、豊富な観光資源、空港に近く都市圏への移動に有利なことなど、移住促進のための要素は多い。これらをいかに移住に生かすか、それがカギになりそうだ。

Slack、2019年最初の仕事はロゴ変更!? 目的はデザインの統一

Slack、2019年最初の仕事はロゴ変更!? 目的はデザインの統一

2019.01.17

チャットサービスのSlackがブランドロゴを変更

リニューアルに込められた想いとは?

1月16日(米国時間)、Slackがブランドロゴのリニューアルを発表した。

変更の理由としては、「Slackサービス開始から約5年の間の成長や変化を受けて、ロゴを以前よりシンプルでわかりやすくかつ一貫性のある、新しいデザインに進化させる必要性を感じたため」だという。

今回発表された新ロゴ

もともと、Slackの最初のロゴは、創業前に作られたもの。チャンネル名の前についている「#(シャープ)」に似せたものだった。

しかし、「11色という多数の色で構成されていること」「白地以外の背景に配置したり、角度を間違えたり、色の微調整を誤ると微妙な見た目になる」など、扱いが難しかったのだという。そのため、用途別に複数のバージョンをデザインしていたが、利用シーンによって異なるロゴが表示される結果を招いてしまった。

さまざまなパターンのロゴが存在していた

そこで、「色使いもよりシンプルに。そして洗練されていながらも、元のロゴの本質を引き継いだ従来のロゴの進化版であり、あらゆる場所で柔軟に活用しやすく、なによりも Slack というブランドをうまく象徴するロゴ」として、新しいデザインを発表するに至ったわけだ。(参考:同社ブログ)

さまざまな場所でも対応できるようになった

たしかに、さまざまなパターンのロゴやアイコンがあり、統一感はなかった。本誌で連載中の「はじめてのSlack 超活用マニュアル」でも、どの画像を使えばいいのか迷った記憶がある。

一般的に、ブランドロゴは、RGB・CMYKの数値が決まっているのはもちろん、周辺の余白の幅など、明確なレギュレーションを持っているケースがほとんど。今後のブランド展開を考えていく中で、ロゴのレギュレーションをしっかり決めておくことは、Slackにとって非常に重要なことだったのだろう。

なお、今回のブランドロゴのデザイン刷新は、Twitterでトレンド入りするほどまでに至った。単なるロゴ変更が話題になることは、多くのユーザーの関心を集めている証拠。日本でも社内のビジネスチャットとして、Slackを導入する企業が増えているのだろう。

使用する色が少なくなった反面、やや複雑になった新ロゴ。見慣れないうちは戸惑う人も出てくるだろうが、それも程なくして目に馴染んでいくのだろう。

辞める“元気”がない人の代わりに動く「退職代行サービス」

カレー沢薫の時流漂流 第22回

辞める“元気”がない人の代わりに動く「退職代行サービス」

2019.01.07

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第22回は、辞める人と会社の間に入る「退職代行サービス」について

去年、本人に代わって会社退職手続きをしてくれる「退職代行サービス」が話題になった。

このサービスのメリットは、「人生で勇気のいることベスト3」に入るであろう、憂鬱で仕方がない「会社への辞意の連絡」を代わりにやってくれるところにある。その後の退職手続きもすべて間に入ってくれるため、「会社と直接関わらなくて済む」という。

会社で辛い状況にある人間にとって、これは福音とも言えるサービスである。「いざとなったらここに依頼しよう」と思うだけで、かなり気が楽になるのではないだろうか。

このように「良いサービスだ」と評価する声もあるが、「退職手続きぐらい自分でしろ」「非常識」という批判の声もある。しかし、「なぜ自分で言えないのか」と言うのは、性犯罪の被害者に「抵抗すれば防げたはずだ、お前が悪い」と言っているようなものなのだ。

大体、上司などに直接「辞めます」と言うには、元気玉級の元気がいる。それもみんなの元気をちょっとずつ集めたやつではない。みんなからギリギリまで搾り取り、魔人ブウを倒したやつに相当する。

そんな元気、ブラック企業で疲弊している人間にあるはずがない。ましてパワハラやセクハラの被害者は恐怖で支配されている可能性が高いので、もはや面と向かって相手と話すことさえ難しいだろう。

そういう人間に対して「辞表くらい自分で出せばいいのに」などと言うと、本人は「直接言えない自分が悪いのだ」とさらに自分を責めてしまい、ある日、本人の代わりに病院の診断書が出勤してくるか、最悪の場合「退職日と命日の日付が同じ」という事態になりかねない。

疲れ果てている人に「自分で何とかしろ」と言っても、そんなガッツが残っているはずがない。こういう問題は、とにかく間に誰か入ることが重要なのだ。

未だ輝く「黒歴史」と日本の根深い「風習」

この代行サービスはまさに「間に入るサービス」であり、本人にも会社にも関係ない他人が対応するというのがさらに良い。

私も新卒で入った会社が若干ブラック気味でメンをヘラッてしまい、会社を辞めることにはしたのだが、それを自分で会社に伝えることができなかった。

そこでどうしたかというと禁じ手「お母さん」である。さすがにお母さんだけを行かせたわけではなく、「お母さんと診断書と私」という鉄壁の布陣で上司に辞意を伝えたのだ。

しかし、私の3億個ある黒歴史の中でも、この「お母さん同伴退職劇」は未だ輝きを失っていない。二十歳の時のこととはいえ、今でも思い出して顔真っ赤になる。あの時にこの退職代行サービスがあれば、もう少し傷が浅かったはずだし、お母さんにもあんなキツイ仕事をさせずに済んだ。

本人だって、自分で辞意を伝えられず、他人にやってもらうというのは少なからず恥ずかしいと思っているものだ。それを赤の他人に相応の対価を払ってやってもらえるとなれば、少なくとも身内を立てるよりずっと気が楽であり、次へも進みやすい。

このように、とにかく会社の人間と顔を合わせることなく一瞬で会社を辞めたい時、この退職代行サービスは実に有用である。しかし、「辞めるだけでは済まない」時には注意が必要だ。

退職代行サービスはあくまで間に入って退職手続きをするだけなので、弁護士のように「退職交渉」はできない。つまり、サビ残の補填など給料に関する要求や、退職理由を「会社都合」にしてくれといった交渉はサービスの範囲外になる。

というのも、退職代行サービス業者の中には、それらの交渉をして良い資格を持っていないところもあり、対応すると違法になってしまうのだ。現時点でも、この退職代行サービスはグレーだという指摘もある。

追いつめられている時は、とにかく会社を辞められればそれで良いと考えがちだ。だが、それだと自分が不利な形で辞めさせられ、受けられるはずの権利を失うかもしれない。そのため、はっきり白黒つけたいことがある、場合によっては訴訟も辞さないという場合は、弁護士などしかるべき資格を持った者を間に入れる必要がある。

もちろん退職代行サービスより費用も時間もかかるので、ギリギリどころか地球のみんなが死ぬぐらいの元気を集めないと、なかなかそこまで踏み切れないとは思う。とはいえ、職を失った上に泣き寝入りも良くないだろう。

しかし、日本には「退職=会社や周りに迷惑をかけること」と思わせる風潮がある。普通の退職でさえ、「そういえば全然使ってない有給はどうなったんだろう」と思ってはいても、辞める身ではそこまで言い出せず、「夜空に消えたんだな」と飲み込んで、そのまま退職してしまうケースも少なくない。

だいぶ変わってきたとはいえ、日本人には「自分の権利主張するのヘタクソか」という面がある。ただ、もちろんヘタクソにしたのは、権利を主張しにくい環境を作った社会だ。真面目な人ほど辞める時もキレイに辞めたいと思いがちだが、そうしている内に取り返しがつかないほど病んでしまうこともある。

大体、キレイな退職などない。結婚や出産などの慶事で辞めた人間でさえ、「この忙しい時に」と1回は陰口を言われているものである。しかし、もう辞めているんだから、その陰口が本人の耳に入ることはない。つまり、辞めたあと自分が何を言われるかなど考えなくていいのだ。

誰もが、辞表を社長の眉間めがけて矢文で飛ばせる人間というわけではない。いざという時、第三者に頼るのを恥とは思わず、この「退職代行サービス」のことを胸に置いておくといいだろう。