「レクサス」の記事

FFでも侮れない実力派! 日本導入が決まったレクサス「ES」に試乗

FFでも侮れない実力派! 日本導入が決まったレクサス「ES」に試乗

2018.06.28

レクサスは今秋から「ES」を日本に導入する。「LS」「GS」「IS」とレクサスのセダンはそろっているが、そこに「ES」が入り込む余地はあるのか。プレミアム・セダンでは珍しいFFを採用するクルマの出来栄えは。ナッシュビルで試乗して確かめてきた。

レクサスが2018年4~5月の北京モーターショーで世界初公開した新型「ES」。ナッシュビルで試乗した

プレミアム・セダンの主流はFRだが……

そもそもレクサス・ブランドは1989年に米国で創設され、最初のモデルはフラッグシップの「LS」と「ES」だった。プレミアム・セダンの多くがFR(フロントエンジン・リアドライブ)であり、レクサスでも「LS」「GS」「IS」はそうだが、「ES」はFF(フロントエンジン・フロントドライブ)だ。

FRは前後重量配分が50:50、もしくはそれに近く、運動性能の資質に優れるため、走りや乗り心地をハイレベルに仕上げやすい。また、前輪は駆動せず操舵だけなので、ステアリングを操作したときのフィーリングが良好な点なども高級車向きなのだ。ただし、エンジンが縦置きになること、エンジンの力を後輪へ伝えるためのドライブシャフトが必要なことなどで、室内空間が多少犠牲になる。

ハイレベルな走りを実現するため、プレミアム・セダンではFRを採用することが多い(画像は「LS」)

かつてはレクサスの“ドル箱”だった「ES」

一方のFFは、効率的に広い室内が確保され、世の中の乗用車の大半を占めるゆえ量販効果が高くてリーズナブル。「ES」は走りの質感や楽しさなどでFR系に一歩譲るかもしれないが、特に後席の広さは圧倒的で、なおかつ割安感があるなど米国で一気に人気者になった。今までの累計販売台数は218万台でレクサス内トップ。最近は人気がセダンからSUVに移っているので「RX」の方が売れているが、レクサスの“ドル箱”として長く君臨してきたのだった。

そんな「ES」が日本および欧州へ初めて導入されることになった理由は、セダン人気の陰りを懸念してデザインや走りをアグレッシブに攻めた結果、これなら日欧でも勝負になると踏んだからだという。噂では「GS」が現行世代限りで消滅するため、後継的な意味での導入ではないかとも囁かれているが、レクサスに聞くと「GSもちゃんと販売していきますよ」とのことだった。

日欧でも勝負できるレベルに仕上がったという新型「ES」

なぜナッシュビルで試乗会なのか

とにもかくにも、新型「ES」の開発には気合が入っている。最初の試乗会の地に米国はナッシュビルを選んだのも、全米で最も変革している街だからだという。

カントリーミュージックの中心地として知られるナッシュビルだが、それにとどまらず、様々なジャンルの音楽やエンターテインメントの発信地として近年、求心力を高めている。また、移民に対してウェルカムな政策がとられており、その多様性が活気につながっているようだ。

変革の街、ナッシュビルを試乗会の地に選んだレクサス

たまに米国を訪れるが、そのほとんどはロサンゼルスやサンフランシスコといった西海岸かニューヨーク近辺。そういった地域とは全く違った古き良き米国といった雰囲気をナッシュビルは持っていた。“洗練されてはいるが田舎っぽい!?”と評したら失礼だろうか。日本にいると、トランプ大統領が当選し、今でも高い支持率を保っていることをちょっと不思議に思ったりもするが、米国は広く、真の姿はなかなか見えにくい。ちなみに、トランプ大統領が尊敬してやまないアンドリュー・ジャクソン第7代大統領の地元はナッシュビルだという。

流行の先端をゆくクーペルック

「GA-K」と呼ぶ新しいプラットフォーム(車台)を導入したことにより、レクサスでは新型「ES」のデザインと走りを大幅に進化させることが可能になった。低重心化が1つのテーマでもあるGA-Kは、パワートレーンなどのユニットをなるべく低くレイアウトしているのでボンネット高も下げられる。ワイド&ローなプロポーションを造りやすいのだ。

実際に目のあたりにした新型「ES」は、想像よりも立派な体躯であり、駆動方式がFFかFRかをあまり意識させないスタイリッシュなエクステリアだった。一般的にFFは、フロントアクスル(前車軸)がFRよりも後ろ寄りになる。ロングホイールベース・ショートオーバーハング(前後輪の間は広く、車軸より外側の部分は短い形)はクルマのカッコよさの基本であり、その点ではFRの方が有利なのだが、「ES」は全長4,975mmに対してホイールベース2,870mmとまずまず。ちなみに、FRの「GS」は全長4,880mm、ホイールベース2,850mmだ。

新型「ES」は駆動方式をあまり意識させない外観だった

だが、フロントドア前方の切り欠きとフロントホイールアーチの距離はFRよりもちょっと短くて、やはりFFなんだなとうかがい知れる。もう1つ、ロングノーズ・ショートキャビン(先端が長く、人が乗る部分は短い形)もクルマの普遍的なカッコよさだが、「ES」はフロントピラー(フロントガラス横の柱)を後方寄りにすることで、ノーズを長く見せている。

加えて、リアピラーをなだらかに傾斜させ、サイドウインドーを天地が狭く横方向に伸びやかかつシャープにしてあるので、キャビンが小さく見える。一昔前まで、セダンと言えば箱を3つ合わせたような「3BOX」スタイルが主流だったが、最近のプレミアム・ブランドではクーペルックがトレンド。レクサスも昨年発売の「LS」、そしてこの「ES」が先端を走っている。レクサスにとってフロントマスクのアイデンティティとなっているスピンドルグリルは、縦フィン形状としているのがESの特徴。「Fスポーツ」というグレードでは、グリルメッシュとして差別化を図っている。

レクサスといえばスピンドルグリルだが、「ES」では縦フィン(画像)とメッシュの2種類を用意した

「ラバーバンドフィール」を覚悟していたが……

GA-Kも含め、ハードウエアはトヨタ自動車「カムリ」と共通する部分も多いが、ボディサイズは一回り大きく、ホイールベースも長い。パワートレーンは2種類で、2.5LエンジンのハイブリッドとV6 3.5Lのガソリン車。基本的には「カムリ」同様となる(日本仕様の「カムリ」はハイブリッドのみ)。

レクサスおよびトヨタのハイブリッドシステムは、20年前に市販化されてから基本的な構造に変わりないが、今でも燃費効率では他の追従を許さないぐらいに優秀。だが、運転の楽しさという点ではいまひとつだった。無段変速の電気式CVTは、アクセルをベタッと踏み込んでから然るべき加速体制に移るまでのタイムラグがあり、エンジン回転数が先に上がってあとから速度がついてくる、いわゆる「ラバーバンドフィール」がダイレクト感を削いでいたからだ。

新型「ES」のアクセルを踏み込んでみると……

一頭地を抜く「ダイナミックフォース」の完成度

ところが、「ES」のハイブリッドが搭載する2.5Lエンジンは「ダイナミックフォース」と呼ばれる新世代のもので、熱効率41%と世界トップレベルを達成するとともに、全域での高トルク化やハイレスポンス化が果たされている。

数々の新技術が盛り込まれているが、吸気ポートを真っすぐにすることで、いかにもエンジン燃焼室内に多くの混合気が、理想的なタンブル(縦渦)とともに送り込まれる形状をしているのが見どころの1つ。これは、以前からレーシングカー用などの一品モノでは採用されてきたが、量産化したことはライバルメーカーもビックリという、地味に凄い技術なのだ。

レスポンスの良いハイブリッドエンジンは新型「ES」の見どころだ

だから、従来のレクサス/トヨタのハイブリッドに比べると夢のようにレスポンスがいい。アクセルペダルをスッと踏み込めば間髪入れずに加速が始まり、背中がシートに押しつけられる感覚がある。

アクセルをいっぱいに踏み込むとエンジン回転数が高まるが、ラバーバンドフィールにならないように、4,000rpm(回転数)で時速40~50キロ、5,000rpmで80キロ 、5,500rpmで110キロと段階的に伸びていく。最近のCVTで見られる、有段ギアのようなステップギア制御的なものはないが、ハイブリッドとしては間延びがなく、伸びやかな加速感は気持ち良い。

伸びやかな加速感が気持ち良かった

とはいえ、加速の気持ち良さでは3.5L V6の8AT(8速オートマチックトランスミッション)が圧倒する。さすがは本当の有段ギアといったところで、ダイレクト感にあふれ、最高出力300PSオーバーのエンジンは、回転が高まるほどに咆哮が鋭くなる刺激的なフィーリング。V6としては世界トップクラスの官能性の持ち主だ。

上質な快適性が開発テーマ、高い自在感を実現

パワートレーンが気持ちいいので、ワインディングロードを結構なペースで駆け抜けてみたが、低重心に設計され、ボディ剛性の高さが自慢のGA-Kプラットフォームがもたらす運動性能の高さは本物だった。試しに従来型とも乗り比べたが、進化の幅は大きい。新型はステアリングを通じてタイヤの接地感がクリアに伝わってくるとともに、操作に対してクルマが素直かつ確実に動いてくれる感覚が強くて一体になれる。自在感が高いから、例えゆっくり走らせていても楽しい気分になれるのだ。

それよりも「ES」のキャラクターに合っていると思ったのが、あらゆる動きがスムーズで乗り心地がいいことだ。上質な快適性が開発のテーマだったというが、それもうなずける。静粛性の高さもさすがはレクサス。最近は欧州車も静粛性に力を入れてきているが、アドバンテージはまだある。

レクサスの静粛性は欧州勢に対するアドバンテージだ

「LS」「GS」「IS」ほどには走りにこだわるキャラクターではない「ES」だが、一世代前のFR系よりはしっかりとしていて素直に走り、何より極上の快適性がある。意外と日本でも人気が出そうなモデルだ。

いよいよ発売のレクサス新型「LS」は高級車のイメージを変えられるか

いよいよ発売のレクサス新型「LS」は高級車のイメージを変えられるか

2017.10.20

フルモデルチェンジを経ていよいよ発売となったレクサスのフラッグシップセダン「LS」。開発を担当した旭利夫チーフエンジニアは「高級車の概念を再定義すべく、全てを根本から見直した」と語る。それでは、新型LSは既存の高級セダンと何が違うのだろうか。

1989年に登場した初代から数えて5代目となる今回の新型「LS」。発売日は10月19日、価格は税込みで980万円から1,680万円だ

デザイン・走り・安全性で高級車を再定義

「高級車の概念を再定義」すると語る旭氏に、既存の高級車の概念と、新型LSが示す既成概念との違いを尋ねると、同氏はまず、これまでの高級フラッグシップセダンの在り方として、「例えばデザインでは伝統的なスリーボックス」であり、パワートレインについては「大排気量の大きなエンジンでパワーを稼ぐ」のが一般的だったとした。

では、新型LSは何が違うのか。まずデザインを横から見ると、クルマの後部にかけて流線型を描くクーペスタイルが印象的だ。確かに、エンジンルーム、キャビン、トランクルームに分かれるスリーボックスカーとは一線を画している。

クーペスタイルが特徴

パワートレインはというと、新型LSが搭載するのはV型6気筒3.5リッターのツインターボエンジンとマルチステージハイブリッドシステムの2種類であり、ダウンサイジング(旭氏はスマートサイジングと表現)を実現している。そうなると、高級車らしい動力性能が担保されているのか心配になるが、旭氏によれば、ツインターボエンジンと「Direct-Shift 10AT」(10速オートマチックトランスミッション)の組み合わせにより、競合する「V8ターボと同等以上の」加速性能を持たせることができたという。

また、先進の安全技術についても、新型LSでは先進技術を押し売りするのではなく、乗る人とクルマが対話・協調するような、人に寄り添う安全技術を目指したとのことだ(新型LSの高度運転支援システムについて、詳しくはこちら)。

これまでの高級セダンとは一線を画す存在だとレクサスが自信を示す新型LS。では、どのような顧客をターゲットとし、どのくらいの販売台数を目指していくのだろうか。

富裕層の嗜好に変化?

まず高級車市場の需要は「底堅い」(レクサス国内営業部長の渡瀬修氏)し、国内の自動車市場全体が漸減していくとすれば構成比は増えていきそうな情勢だというのがレクサスの見方。ただし、需要には質的変化が見られるらしく、旭氏は「ラグジュアリーカー市場に転換期」が訪れているとの考えを示した。具体的には、この市場ではモノの所有よりも経験が、そして、モノそのものが発信するストーリーが重視されるようになりつつあるそうだ。

この流れを受けて、新型LSでは定量的なクルマづくりから離れて、デザインや走りの気持ちよさなど、数字に表れにくい「感性価値」を高めることにこだわったという。レクサス自体も、高級車ブランドからライフスタイルブランドへの転換を図っているらしい。

旭チーフエンジニア(左)と須賀厚一プロジェクトチーフデザイナー

新型LSで反転攻勢を仕掛けるレクサス

新型LSの事前受注は7,600台だと明かされたが、月間販売600台を目標とするクルマとして出足は好調なようだ。事前受注のうち8割はLSからの乗り換えだという。どんな顧客がターゲットかという問いに渡瀬部長は、「レクサスオーナーはもちろん他社、特に輸入車に乗っている人」にアピールしたいと答えた。新型LSが再定義した高級車の新たな概念に、輸入車オーナーがどのような反応を示すかが、新型LSの売れ行きを左右しそうだ。

日本におけるレクサスの販売台数を見ると、2017年1~6月は約2万2000台で前年同期比77%と伸び悩んでいる。要因としてはLSのほか、SUV「NX」とコンパクトカー「CT」でもマイナーチェンジを控えていたため、モデル末期の台数減が影響したという。NXもCTもマイナーチェンジ後の受注は好調とのこと。渡瀬部長は2017年後半の販売を加速させるべく、新型LSを起爆剤にしたいと意気込みを語っていた。