「ホテル・旅館」の記事

クリーンな進化系カプセルホテル「ナインアワーズ」が浅草に

クリーンな進化系カプセルホテル「ナインアワーズ」が浅草に

2018.09.25

カプセルホテルのイメージを変えた「ナインアワーズ」が浅草に

同じビルにノルウェーカフェ「フグレン」2号店が入居

気鋭の建築家が手がけたビルと内装を写真で紹介

「カプセルホテル」と聞くと、主に中年男性が泊まる安宿、あるいはサウナに併設された仮眠場所という印象を抱いている人は多いことだろう。そんなイメージを覆し、女性や若者でも気楽に入れるクリーンで現代的な空間を提供しているカプセルホテルが「9h ninehours(以下、ナインアワーズ)」だ。

すでに東京や大阪、仙台などで8つの店舗を展開しているが、9月21日、東京の下町・浅草に9番目となる新店舗「ナインアワーズ浅草」がオープンする。ここでは、19日に開催されたプレス内覧会の模様をレポートする。

浅草を「巻き取る」ユニークな建築

「ナインアワーズ浅草」の外観。ブロックを組み合わせたようなユニークなデザインが印象的。1階と2階にはノルウェー・オスロに本店を構えるカフェ「Fuglen(フグレン)」がある。日本では、渋谷区富ヶ谷の1号店に次ぐ国内2号店だ。

「ナインアワーズ」は、シャワー・睡眠・身支度といった宿泊時の基本行動に特化し、それぞれの機能性と品質を追求する考えで開発されたカプセルホテルだ。施設名は1h(シャワー)+7h(眠る)+1h(身支度)=9hという想定から出した滞在時間からきている。

今回、新たにオープンする「ナインアワーズ浅草」の建築・設計は、気鋭の建築家・平田晃久氏が手がけた。

ユニークな外観は、「歴史ある浅草の風景を、立体的に巻き取る」ようなイメージでデザインされた。岩山のような凹凸感と、14種類の異なる屋根が取り付けられたことで、浅草の街に溶け込みながらも、景観に新たな表現を加えるものとなっている。

まずは、同カプセルホテルを展開するナインアワーズ代表取締役の油井啓祐氏が、「ナインアワーズ浅草」の設計を平田氏に依頼した理由を説明した。ナインアワーズのブランド全体において、総合的なディレクションをプロダクトデザイナーの柴田文江氏が、サインやグラフィックは廣村デザイン事務所の廣村正彰氏が担当しているものの、実は建屋に関しては、毎回手がける建築家が変わっているという。

ナインアワーズ代表取締役の油井啓祐氏

その原則に反して、竹橋(2018年3月開業)、赤坂(2018年5月開業)に引き続き平田氏が"三連投"している。その理由として、「アイデアの段階で毎回感動する」ことと、「設計プランを作るまでの間に、とてつもない思考力を発揮していることが伝わってくる」からだと語った。

また、浅草に出店した理由について質問したところ、浅草は宿泊需要が旺盛でマーケットとして成立するのではないかという判断によるものだという。もちろん、インバウンド需要が高いエリアであることも理由とのことだ。

 

浅草の昼飲みスポットとして有名な「ホッピー通り」から続く道にあり、目の前が「浅草西参道商店街」の入り口という、外国人観光客にとっては堪らないロケーションだ。

続いて、平田氏が登壇し、これまでの竹橋、赤坂、そして今回の浅草に続き、今後オープン予定の浜松町や水道橋、麹町、新大阪でも設計に携わっていることを明かした。

ナインアワーズ浅草のデザインを手がけた、建築家の平田晃久氏。同カプセルホテルの設計は、竹橋、赤坂(ともに東京)に続いて3店舗めとなる。今後オープン予定の浜松町や新大阪などの設計も手がけているそうだ。

平田氏が最初に手がけた赤坂では、周りに雑多な建物や超高層ビルがあり、街の色々なレイヤーが一気に見えるような場所であったため、カプセルが街に投げ出されたようなコンセプトで設計したという。

「カプセルは一見するとニュートラルなものだが、それを通じて街を見ると新鮮に見えることに気づいた」(平田氏)

そして、今回の浅草では、浅草寺や花やしきがみえる眺望の良さを活かし、浅草独特のフィーリングをいかに絡み合わせるかをテーマに設計したということだ。

 

凸凹したデザインがユニークなナインアワーズ浅草の模型。カプセルの塊でできた岩山のようなものに、浅草の周辺の店が三次元に巻き上がったようなものをイメージしたそうだ。

平田氏は、「角地で細長い敷地なので、カプセルを効率よく並べようとしても凸凹ができてしまう。それを逆手に取り、カプセルの塊でできた岩山のようなものに屋根が所々に掛かったイメージを描き、周辺のさまざまな店をそのまま三次元に巻き上げたようなものを作ってはどうか?という提案をした」とのこと。

5階にある「ジム」には、2台のジョギンググマシンとヨガマットなどが用意され、浅草のシンボルでもある「浅草寺」を眺めながら汗を流すことが可能
7階「ラウンジ」は男女共有スペース。このほか、6階には男性専用のこぢんまりとしたラウンジがある。どちらも飲食可能となっている
8階にはノートパソコンなどで作業できる「デスク」が用意され、コンセントも備わっている

また、宿泊階を中心に3階から8階には共有スペースが用意され、それぞれの階あるいは階をまたいでくつろいだり、ヨガをしたりできる。

平田氏は「立体的な街のようなスペースがカプセルと結合し、カプセルと浅草の街をつなぐ間のような場所になっている」と述べ、「東海道五十三次のように、テーマは共通しているものが、異なる場所に出会うことによって建築が生まれていく。それが面白い」と語った。

宿泊客は建物の北側にあるエレベーターで9階に上がり、9階にあるフロントでチェックインし、支払いを済ませる

日本2店目のノルウェーカフェで朝食も

続いて、「ナインアワーズ浅草」のシステムが説明された。宿泊客はまずエレベーターで最上階の9階へ上がり、フロントにてチェックイン。男性は9階、女性は8階にあるロッカーに荷物を入れ、シャワーを浴びる。その後、各階に降りて自分のカプセルに入る――という流れだ。

シャワールーム(男女別)。シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、バスタオル、フェイスタオル、館内ウエアは用意されている

各階に設けられたラウンジに関して、3階と4階、および6階は女性専用または男性専用となっているが、その他の階は男女共用。これは、ラウンジから浅草の街が一望できるため、宿泊客全員にその眺望を味わってもらうため。その一方で、専用エリアへはカードキーがないと入れない仕組みなので、セキュリティ面は安心という。

エレベーターは男女兼用と女性専用の2機が用意され、男女の動線が分かれるように停止階が異なる
カプセルルームの外観は黒を基調としたデザイン。フロア毎に男女別となっている
3階と4階(女性用カプセルルームのフロア)には「温室(サンルーム)」が用意される。眠れないときのくつろぎタイムなどに

なお、ナインアワーズ浅草の価格は、宿泊が4,900円~(13時チェックイン、翌10時チェックアウト)、仮眠は最初の1時間が1,000円、以降は1時間毎に500円加算~(13時から21時の間で利用可)、シャワーは1回700円(1時間以内、24時間いつでも利用可)となっている。

ノルウェーカフェ日本2号店が階下に

同じビルの1階と2階には、ノルウェー・オスロに本店を構えるカフェ「FUGLEN(フグレン)」が入居。代々木公園の1号店に続く、日本第2号店だ。

ナインアワーズ浅草の1階・2階に入るカフェ「Fuglen」

ビジネスホテル階下の飲食店では、ホテル利用者向けの割安なモーニング提供などが行われる場合もある。「ナインアワーズ浅草」とフグレンの連携があるか訪ねると、現在のところ、宿泊者の優待価格などは設定されていないが、今後検討していくとのことだった。

同店では「ノルウェージャンワッフル」やノルウェーの小麦を使った「カルダモンロール」など、ノルウェー発祥のカフェならではのメニューが用意される

2020年が近づくにつれ、急速に都市圏での出店を拡大しているナインアワーズ。外国人観光客が多く訪れる浅草の地に、既存店舗にはない有名コーヒーカフェとの同居店舗を構えたことで、どのような相乗効果が生まれるか期待したい。

滞在型医療プログラムでアンチエイジングを目指す – その2

滞在型医療プログラムでアンチエイジングを目指す – その2

2018.02.16

前回は、ウィメンズヘルスクリニック東京の浜中聡子医学博士に話をうかがった。このクリニックで診察やカウンセリングを受け、自分の身体やメンタルの状況をチェックする。

その情報をもとに、食事や運動のメニューを決め、宮崎県にあるシーガイアで3泊4日の滞在型医療プログラムを体験するのが、アンファーが提供する「ハッピーエイジング・ドック」の概要だ。このハッピーエイジング・ドックのプログラムについて、簡易的に体験してきた。

なぜ簡易的かというと本来は3泊4日の滞在となるが、取材ということもあり、特にお願いして1泊2日の日程にしていただいた。短い期間ではあったが、非常に内容の濃いプログラムであることを、体で感じてきた。

まず初日について。初日に行ったアクティビティは、セグウェイと乗馬だ。実は筆者は両方とも体験したことがない。セグウェイは機械だが、乗馬は生きている動物が相手。乗馬に関しては多少不安があったのだが、体験してみるといろいろと発見があった。

では、レポートに移ろう。セグウェイは2000年頃に登場し、当時は「情報インフラを変革したインターネットのように、移動手段を革新する発明」といったニュアンスで騒がれた。テレビなどの報道をみる限り、本当に「それほどスゴイものなのかな?」という、懐疑的な感想を持ったことを憶えている。そして、いつのまにか記憶から消えていた。

セグウェイの楽しさを体感

体幹や足裏感覚のトレーニングになるセグウェイ

それからおよそ18年後、いよいよハッピーエイジング・ドックによってセグウェイに乗れる機会を得た。おそるおそるセグウェイを走行させてみたが、およそ10秒後には「楽しい」という感覚に変わった。操縦する楽しみというのもあるが、走行ルートはシーガイア周辺に広がる約700ヘクタールもの黒松林が中心だ。景観の良さが、より一層、セグウェイの楽しみを高めてくれる。

ちなみに、松林からはリラックス効果があるとされている「フィトンチッド」が放たれているそうだ。昔から国立病院などが森林に囲まれた場所にあるのはこのためだといわれ、「森林浴」という概念もこの成分が関わっているとされる。

ちなみにセグウェイは道路交通法により公道は走行できない。近年、高齢者による自動車事故が増えている背景もあって、セグウェイのようなパーソナルモビリティが公道を走行できる見通しはほとんどない。だが、黒松林のうち、約300ヘクタールがシーガイアの敷地だ。リゾートエリアならば、公道を走行できないセグウェイでも、乗り回せるというワケだ。

続いて乗馬へのアクティビティに移った。“動物が相手なので不安がある”と前述したが、筆者が乗る馬のおとなしい仕草とつぶらな瞳をみたら、その不安はかなり低減された。ただ、踏み台にのぼり、鐙に足をかけて馬の背にまたがってみると、視界がかなり高い。正直、これまで視界に入ってきた景色とは別世界のように感じる。

なお、馬は道交法のうえでは軽車両に分類される。生きている動物にこんな表現ははばかられるが、道交法上は自転車と同じということになる。従って、公道を進むことが可能だ。この乗馬のアクティビティでは、黒松林を貫く公道を進み、海まで向かった。往路は視界の高さによって違和感があったが、復路では高さに慣れ自然に進めるようになった。

左:インストラクターに教わりながら乗馬(提供:シーガイア)。右:目的地となった日向灘。この日は穏やかだったが荒れることもあるらしい

アンチエイジングが考えられたメニュー

さて、ここまでは、単に遊んでいるようにしか思えないレポートだが、セグウェイと乗馬を体験してみてあることに気づいた。それは、ともにヘルスケアを考えているメニューだということ。セグウェイはハンドル操作に体幹のバランスが大事だと感じたし、足裏感覚を鍛えるのにピッタリだと思った。セグウェイは自律して走行できるので、自転車のように転倒することが少ない。事前に講習を受けることも可能なので、セグウェイの楽しみ方を満喫できるはずだ。

そして乗馬。はたからみると、馬に乗ってラクに移動しているだけにみえるが、手綱を操作する腕、馬の腹を挟む脚、背筋を伸ばした姿勢といった要素が乗馬には必要になる。つまり、腕の筋肉、脚の筋肉、腹筋、背筋に負担がかかる。要するに、乗馬は全身運動なのだ。優雅に馬で移動しているようにみえても、その実、全身の筋肉を使うので結構な運動になる。筆者は脚のもものあたりが、軽い筋肉痛になった。アンチエイジングを対象にしたプログラムだけに、メニューにもひとつひとつ意味があるのだなと、素直に思った。

アクティビティのあとはホテルに入り、体を休めるターンになる。宿泊先はシーガイアのなかで一棟だけ高くそびえる「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」(以下、シェラトン)だ。部屋に通されていろいろな驚きがあったが、まずそのゆったりとしたルーム空間が新鮮だった。

左:宮崎県でもっとも高い建築物となるシェラトン。右:部屋はすべてオーシャンビューで黒松林と海のコントラストが絶景だ

そして、部屋からの眺望。眼下には黒松林が広がり、その向こうには日向灘が横たわっており、緑と青のコントラストがとても印象的だ。ご存じのとおり、松は常緑針葉樹。つまり、晴れていれば年間を通じてこの景色を堪能できる。

左:広く格調高さを感じるツインルーム。右:ガーデンの照明も独創的だった

続いてディナーとなる。今回用意いただいたのは中華料理とのことだが、料理を味わってみて、正直うなった。中華料理は味が濃く、油も多めに使うというイメージがあったが、どれも素材の味を生かした品だった。担当したシェフによると、アンチエイジングを考えれば、塩分や油を控えることは当然だという。かといって味がないかといえばそうではなく、素材の良さを引き出すほんのりとした味付けが施されている。担当シェフは「素材を生かす和食を意識しています。そして、中華料理ではなく中国料理なのですよ」と笑みをみせた。なお、中華料理は日本で進化したメニューで、ラーメンや焼き餃子を提供する個人店が多い。一方、中国料理は、北京ダックやフカヒレ料理を提供する“本場の味”と捉えられている。

いただいたコースメニュー。上段左:「前菜三種盛り合わせ。上段右:薬膳蒸しスープ。2段目左:点心二種盛り合わせ。2段目右:海老のスパイシー炒め ココナッツの香り 佐土原ナス添え。3段目左:ホタテの蒸し物 カニ内子と味噌のソース。3段目右:乾し貝柱のチャーハン。下段左:杏仁とマンゴーの冷たいスープ。下段右:ホテル内の中国料理店「藍海」(ランハイ)の個室

さて、初日最後のアンチエイジングメニューが、いわずとしれた温泉だ。ただ、温泉に関しても豪華の一言。まず、温泉施設である「松泉宮」までの回廊がなんとも風情がある。ここには、いくつか湯船があるが、私が案内されたのは「おゆのみや」という個室温泉だった。湯船の前には畳敷きと板床をミックスさせた部屋があり、ここでくつろいでから入浴できる。もちろん入浴後にほてった体をクールダウンすることもOKだ。なんと、湯船から上がる時間を伝えておけば、かき氷まで提供される。まさに至れり尽くせりの温泉だ。なお、おゆのみやは、小山薫堂氏が提案する「湯道」を体現する初の湯室として誕生した。湯の作法、湯室、湯道具を体験できる場として、国内でも貴重な存在だ。

上段左:温泉のある「松泉宮」までの通路。上段右:個室タイプの湯船「おゆのみや」。小山薫堂氏によるプロデュースだ。下段左:湯船に併設された和室の一部。下段右:湯上がりの時間を指定しておけば、かき氷がそのタイミングで運ばれる

3回目では、2日目の様子をレポートする。

目黒雅叙園が「ホテル雅叙園東京」にリブランディング - 3つの

目黒雅叙園が「ホテル雅叙園東京」にリブランディング - 3つの"文化"でホテル事業を拡大

2017.03.02

2017年4月1日から「目黒雅叙園」の名称が変わる。結婚式場としてのイメージが強い同施設だが、新たに「ホテル雅叙園東京」として、宿泊事業を強化すると発表。新たな歴史を歩むことを決めた同施設の狙いとは?

ホテル雅叙園東京

婚礼の雅叙園から、宿泊の雅叙園へ

目黒雅叙園は、1928年に「芝浦雅叙園」として創業。1931年に現在ある目黒に移転するとともに、「目黒雅叙園」に名称を変更した。創業以降、日本初の総合結婚式場として展開し、これまでに22万組以上が挙式利用をしている。現在でも、売上の半数以上が婚礼事業だという。しかし今回、86年ぶりに施設名称を変更し、新たにホテルとしてリブランディングを進めると発表した。

その背景として、2020年の東京五輪や政府が推し進める観光施策により、訪日外国人数が増加傾向にあることや、一時期の爆買いブームも落ち着きをみせ、宿泊費、飲食費、交通費などの「コト消費」のニーズが高まっていることがあるという。

これを受け、同社も"婚礼"事業が中心の"目黒"雅叙園から、"ホテル"事業に力を入れた"東京"の雅叙園へと新たな舵を切ることを決定した。

「和敬清心」の新エグゼクティブフロア

今回のリブランドに伴い、宿泊施設を大きくリニューアルした。従来は6階23室のみだった客室に加え、7階24室をリニューアル、8階13室をリノベーションし、全60室を有するホテルとして、運営を強化する。客室は3月1日から運営を開始した。

今回新オープンした7Fと8Fの客室フロアは、豪華絢爛なメインフロアとは打って変わり、「和敬清心」をテーマに落ち着いた空間イメージとなっている。茶道のわびさびに代表される精神性や、自然への思いなどをコンセプトに、客室自体を和室、そこに通じる廊下とEVホールを茶庭に見立ててたインテリアを施した。チェックイン時には、抹茶や煎茶といったウェルカムドリンクで宿泊者をもてなす。

客室をリニューアル
エグゼクティブスイートルームでは、披露宴も行える
ウェルカムドリンクの抹茶は、目の前で点てた物をいただけるため、目でも楽しめる

また、8階「エグゼクティブラウンジ -桜花-」では、ティータイムやカクテルタイム、バータイムなど、時間帯に応じて異なったサービスを実施。今回のリニューアルで大きな目玉となるのは、同ラウンジで提供する朝食だ。「1日の最初の食事である朝食は、栄養素のバランスを考えた内容が好ましい」との考えから、契約農家から取り寄せた新鮮な野菜などの食材をふんだんに使ったメニューを提供する。

8階「エグゼクティブラウンジ -桜花-」
フードシナジーを考慮した朝食メニュー

また、食べ合わせによるフードシナジー(相乗効果)を考慮。例えば、アボカドとトマトのサラダは、トマトのリコピンとアボカドの脂質を一緒に取ることで、リコピンの吸収力がアップする効果を狙っている。これらの栄養面を強調したメニューで、他社との差別化を図る。

新鮮な食材を使ったスムージー
神奈川県伊勢原産「寿雀卵」とほうれん草のオムレツ

同フロアには、「エグゼクティブラウンジ -桜花-」のほか、プライベートパーティーやカンファレンスルームとしても利用可能な「プライベート ダイニング -紫翠 SHISUI- 」や、「ライブラリーラウンジ -椿 TSUBAKI-」といった施設も併設。客室は、80~120平米の全室スイート仕様となり、1室1泊あたりの価格帯は18万円から。冠婚葬祭の家族利用や、企業の宴会利用を狙っている。

ライブラリーラウンジ -椿 TSUBAKI-

3つの「文化」を伝える雅叙園

ホテル雅叙園東京は、リブランドに際し、従来からの強みである「ハード(建物)」「食」「文化(婚礼)」の3本柱を強化していく考えだ。

「百段階段」は、国の登録有形文化財に指定されており、各部屋の天井や欄間に描かれた作品は、美術館の貯蔵作品にも劣らない価値を持つ。その空間で食事や宴会を行える同施設は、その豪華絢爛さから「昭和の竜宮城」とも呼ばれているという。スタジオジブリの長編アニメ映画「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルになったとも言われ、海外からも高い人気を誇る。

国の登録有形文化財に指定された「百段階段」

また、飲食事業では、和食はもちろん、婚礼事業で培ったイタリアンや中華といった分野でも強みがある。さらなる強化のため、朝食の新メニューのほか、クラブラウンジ、イタリアン料理、パティスリーなど、複数レストランのリニューアルを発表。また、飲料顧問にエグゼクティブソムリエの石田博氏を迎えるなど、サービス向上に勤める。さらに、併設するオフィスビルのアルコタワーでも4月21日から、健康食をコンセプトにしたカフェの運営を開始する。

同社の1番の強みである婚礼事業では、和婚や着物といった、日本特有の伝統文化を強調したプランを用意することで、国内外の「コト消費」を狙う。ブライダルサロンを昨年リニューアルしたことで、数年間低迷していた婚礼数もV字回復を果たしている。また、訪日外国人向けのブライダルプランも用意し、新たな消費も狙う。

目黒雅叙園 代表取締役社長の本中野 真氏

同社の本中野社長は、「今回のリブランドにより、3つの"文化"を発信していくことで、2020年以降も愛される、個性的な施設を作り上げたい」と述べた。婚礼施設としてのイメージが強い同社だが、歴史のある有形資産を上手に活用しながら、老舗ブランドを再構築することで、複合施設として展開。今後は、婚礼事業に加え、訪日外国人やファミリー層の利用増加を狙う。