「ホテル・旅館」の記事

今知っておくべき、「進化形カプセルホテル」

瀧澤信秋のいろはにホテル 第6回

今知っておくべき、「進化形カプセルホテル」

2019.05.31

ホテル評論家・瀧澤信秋氏による連載!

オススメの「進化形カプセルホテル」は?

カプセルホテルは「安価で気軽」から「高クオリティ」へ

“カプセルホテル総論”としてカプセルホテルの定義を再考し、業界の変化などにも触れた前回に引き続き、今回は「進化系カプセルホテル」を中心に知っておきたいブランド・店舗を紹介していく。

グルメにフィーチャーする「グランパーク・イン横浜」

横浜駅西口至近という好立地の「グランパーク・イン横浜」は、進化系の一翼として存在感のあるカプセルホテルだ。その立地のよさは、訪日外国人旅行者もひきつけるだろう。系列店には男性専用の「グランパーク・イン北千住」があリスタイリッシュで人気だが、横浜店ではよりデザイン性を高め女性専用エリアも設けたことで更に洗練された印象を受ける。

「グランパーク・イン横浜」

女性も利用するということもあり、導線からアメニティまで気遣いが光るのがこのホテルの特徴だ。使うほどにその気遣いに驚く、ハイセンスカプセルホテルである。何より、グルメなカプセルホテルという点に注目したい。併設されているレストラン「ザ・ブックカフェ」では多彩なメニューをオシャレに楽しめる。

進化系の先鋒にして代表格「豪華カプセルホテル安心お宿」

次に紹介するのは、進化系カプセルホテルの代表格として知られる「豪華カプセルホテル安心お宿」だ。

「豪華カプセルホテル安心お宿プレミア 新宿駅前店」
このホテルは、東京都内の駅近立地で5店舗を展開している。デザイン性の高さを基本としつつ数百種類という圧倒的な無料サービスの提供で知られるが、多様な決済方法やスマートフォン・タブレットなどを活用したloTスマートカプセルホテルなど、カプセルホテルの常識を覆してきたブランドとして常に業界を牽引してきた。

都内の店舗は男性専用であったが、2018年4月に開業した、東京以外では初の店舗となる「豪華カプセルホテル安心お宿 プレミア京都四条烏丸店」は、女性も利用できる、まさに“安心お宿”の名を体現する場所だ。

「豪華カプセルホテル安心お宿 プレミア京都四条烏丸店」

男女別の隠れ家ラウンジでは、高級マッサージチェアをはじめ、漫画や雑誌、味噌汁にフリードリンクなども無料提供しており、ゆったりとした時間を過ごすことができる。また、女性限定の岩盤浴をはじめ、女性フロアのプレミアルームにはフェイススチーマーやレッグマッサージといった美容家電も設置し徹底した女性目線を追求している。

さらにグループで宿泊する女性ゲスト向けのドミトリー部屋「女子会ルーム」は驚愕。4つのキャビンが向かい合って設置されたカプセルホテル業界初のドミトリー部屋だ。ゲスト各々のカプセルキャビンというプライベートスペースが常識だっただけに注目のトライといえるだろう。  

一般ホテルブランドが展開するカプセルホテル

ホテル業界としてもカプセルホテルが注目される中、人気ホテルブランドがカプセルホテルに進出する傾向が続いている。

例えば、以前本連載でも紹介した、大浴場があるビジネスホテルとして人気のドーミーインが展開する「global cabin」がそれにあたる。「カプセルホテルの合理性とドーミーインの快適性」を標榜しており、五反田・水道橋・浜松・横浜中華街と4店舗展開する。ここではカプセルユニットに加え、食事やパソコンワークができる「デスク」を設置したプライベートスペースを確保しており、かつレディースフロアも完備されている。

さらに、宿泊特化型からリゾートまで全国へ多彩なホテルを展開する「マイステイズ」ブランドもカプセルホテルへ進出。「MyCUBE by MYSTAYS浅草蔵前」は和の雰囲気が魅力だ。全7フロア中、女性専用は2フロア。カードキーで宿泊フロアだけに停止するエレベーターなど、よりセキュリティを強化している。

オススメしたい“女性専用”のカプセルホテル

男性専用から女性も利用できるエリアを設けてきたことが進化系カプセルホテルでみれらる傾向であることは既に述べたが、遂に女性専用のカプセルホテルも誕生し、支持を得ている。

「NADESHIKO HOTEL SHIBUYA」は館内全体で和を意識しており、和服姿の女性スタッフもいるなど、旅館さながらのおもてなしを受けられるホテルだ。

「NADESHIKO HOTEL SHIBUYA」

そのほか、白やピンク、パステルカラーを基調とした女性らしい内外装で人気なのが「秋葉原BAY HOTEL」。こちらはまさに女性専用カプセルホテルといったイメージだ。洗面台ブースには基礎化粧品などのコスメ類やヘアアイロンなどもあり女性目線の気遣いに溢れている。

「秋葉原BAY HOTEL」 (画像はHPより)

「カプセルホテル」は新たなフェーズへ

ここ数年ホテルの稼働率や料金の高まりが話題となってきた。相変わらずホテル建設・開業ラッシュが続く中で更なる競争の激化がみられ、エリアによっては活況の鈍化も指摘されている。

特に進化系カプセルホテルの料金設定は、ビジネスホテルのボトム料金と被る印象があり、古いビジネスホテルよりはオシャレな進化系カプセルホテルというニーズを取り込んできた。ところが、新しくキレイなビジネスホテルの料金も値頃感が出てきており、不安視するカプセルホテル運営会社の声も聞こえてくる。

過去、安全性や快適性で疑問符がつけられていた宿泊形態が進化し、デザインやサービスなどに気遣った進化系カプセルホテルが台頭してきた。リーズナブルな旅を求める訪日外国人旅行者にも相変わらずの人気だ。

とはいえ、カプセルホテルの基本は“安価で気軽な地元密着の宿泊施設”ともいえる。安心安全な施設として市民権を得つつあるカプセルホテルは、高いクオリティが担保された宿泊業態という新たなフェーズへ突入しているといえよう。更なる進化と共に、それら基本の踏襲にも注目したい。

『瀧澤信秋のいろはにホテル』連載一覧はコチラ

「旅行革命」でカプセルホテルはここまで進化した

瀧澤信秋のいろはにホテル 第5回

「旅行革命」でカプセルホテルはここまで進化した

2019.05.30

ホテル評論家・瀧澤信秋氏による連載!

カプセルホテルは時代の変化に合わせて進化している

魅力がありあまる「進化形カプセルホテル」を語り尽くす

旅行といえば、旅行会社の店舗へ出向きアレンジするのが定番――、というのはもはや一昔前の話だ。

今ではオンライン上で様々な手配ができるようになった。インターネットの普及がもたらした「旅行革命」が、旅の手配ばかりではなく、移動手段の多様化や機能性・利便性の向上をももたらしている。

近年の宿泊業全体でみれば、訪日外国人旅行者の激増等によりサービスも変容し、様々な旅行者のニーズに応える宿泊施設が誕生し続けている。

カテゴリーでいえばシティホテルやビジネスホテルといった伝統的な区分にとどまらず、ワールドワイドなラグジュアリーブランドの進出、ライフスタイルホテルといった新たな概念の広まりや、付加価値を打ち出す進化系ビジネスホテルの誕生など、枚挙に暇が無い(※1)。また、レジャーホテルの一般ユース取り込みなどについても本連載で指摘したところだ(※2)。

参照:
※1.なぜ東横インは、宿泊料が一定なのか? 多様化するビジネスホテルの今
※2.時代とともに変わるホテル - ラブホは「レジャーホテル」へ

宿泊業の活況に伴い、稼働率の上昇や料金高騰という事態も指摘されるようになってきた。そのような中、リーズナブルに移動できる手段が流行ったことで、安価で利用できる宿泊施設が大いに注目されている。法律的な区分としては「簡易宿所」が代表例だ。大まかにいうと、料金は一般ホテルと一線を画す安さにして、客室(空間)を多人数で共用するというイメージ。「カプセルホテル」や「ホステル」が知られるところである。

そこで今回は、カプセルホテルに注目した話をお届けしたい。

時代と共に進化してきた「カプセルホテル」、あなたはどれだけ知っていますか?

カプセルは「部屋」ではない

そもそも、カプセルホテルの就寝場所であるカプセルは“個室”ではない。消防法等法令の関係もあり、鍵がかからないようになっている。多くのカプセルが並ぶ部屋全体が“客室”であり、前述の通り1室を多人数で共用する前提により複数のベッド(カプセルユニット)が1室にあるという考え方だ。ちなみにこれはホステルも同様で、1室に二段ベッドが並ぶタイプがよく知られているところだろう。

他の宿泊施設同様に、簡易宿所にも入浴施設(シャワーという場合もある)を設けることが法令で定められているが、そもそもカプセルホテルでは充実設備の大浴場が設けられているケースもよくみられる。露天風呂やサウナ、ジャグジーなど、カプセルの宿泊利用の他に大浴場のみの利用者などへサービスを提供する施設も多い。そもそも温浴施設をメインにしつつカプセルホテルも営業している、という施設もみられるほどだ。

「宿泊業」という点から見ると、簡易宿所は営業許可やイニシャルコストといった点からハードルが低い上に、参入・撤退のスピード感という点も秀でているのが特徴だ。

さらには、国際紛争や経済・環境問題など、様々な要因で一気にクールダウンするリスクを内含するインバウンド需要にも、柔軟に運営対応できる業態ともいえる。ユーザー視点に立っても、ある程度のプライバシーが確保されるカプセルホテルは、簡易宿所でも利用しやすい業態である。

どこからが「カプセルホテル」なのか?

筆者は2014年に、“365日365ホテル”というテーマで毎日異なる宿泊施設へチェックインするミッションを続け、結果として372軒の宿泊施設へチェックインした経験がある。

その過程で東京にあるすべてのカプセルホテルへもチェックインする機会を得たのだが、その進化には驚愕するばかりだった。筆者自身、カプセルホテルといえば終電に乗り遅れたサラリーマンが仕方なく利用するといった「緊急避難」的なイメージを持っていた。そして一般的にも、安全・安心の担保という面から疑問符を持たれていた。

ところが、都心の駅から近い一等地に立地し、デザインやサービスなどに気遣った施設が続々と誕生していたのだ。この状況に衝撃を受けた筆者は、これらを「進化系カプセルホテル」と名付け、メディアで情報発信を行った。その後もかような“ブーム”は続き、カプセルホテル活況といえる状況が進んできた。

「進化形」の増加で、カプセルホテル活況が続く

そしてこのブームは、多様な“カプセルスペース”を誕生させた。ホステルとして営業している施設に木枠で二段の就寝スペースが誕生すると、その光景はまるでカプセルホテルのようだったし、「本」をテーマにした施設では、本棚に囲まれ枠で区切られた就寝スペースがあり、その専有面積はまさにカプセルホテルそのものだった。

一般にカプセルホテルというと、たくさんのカプセルが”カイコ棚”のようになっているイメージは共通しているものの、上述した木枠で組んだベッドスペースも、カプセルホテルを標榜する。かような情況に“そもそもカプセルホテルの定義とは何なのか”と考えるようになった。

メディアもカプセルホテルへの興味は尽きないようだ。筆者はテレビや雑誌と関わる仕事もしているが、「カプセルホテルについてとりあげたい」というオファーは2~3年前から激増した。

話を聞くと、カプセルホテルというワードは視聴者や読者に対してフックがあるのだという。まさにカプセルホテルというワードありきの企画であるが、ワードそのものの持つインパクトは大きいようにも思う。

一方、筆者はカプセルホテルとはあくまでも“カプセルユニットを用いた業態”と定義づけている。カプセルユニットは、専門メーカーにより研究され、製作・販売されている。快適性や機能性はもちろんのこと、実際にメーカーを取材してみると、安全性担保などの面からも様々な工夫が為されていることがうかがえるので面白い。

「進化系カプセルホテル」の一部を紹介

カプセルユニットといえば、上下2段で正方形の入り口、奥に長い就寝スペースが並ぶ光景をイメージするが、カプセルホテルの進化は多様なスタイルのユニットを誕生させている。

その代表格が横から出入りできるタイプのユニットだ。この形式は以前から存在していたが、横長の側面から出入りできるので楽な上、進化系では大きなテレビを枕と対の壁面に設置することも多くみられる。上下交互に配置すればプライベート空間を確保できるというのもこのタイプの特徴である。

横からスムーズな出入りができるようなつくりのカプセルユニットもある

また、「キャビン」という名称で知られるファーストキャビンでは、比較的広い空間を確保し、かつキャビン内はいずれも直立できる上下空間を確保する。これまたカプセルホテル同様に簡易宿所のカテゴリーであるが、「カプセルホテルでもなく、ビジネスホテルでもない、新しいスタイルのホテル」(公式HPより)としてカプセルホテルとは一線を画している。

ファーストキャビンの余裕ある空間

そのほか、進化系カプセルホテルの特徴として「女性専用エリア」の存在が挙げられる。カプセルホテルといえば、サラリーマンを代表とする「男性専用の施設」と認識される時代が長かった。

しかし、頭書のとおり、旅行の多様化、さらには移動手段の簡便化によって、若年から老年の女性ひとり旅の需要は喚起された。女性が利用できるカプセルホテルの誕生は必然だったのかもしれない。

いまや進化系カプセルホテルでは、女性専用フロアは常識であり女性専用エレベーターまで設置する施設もある。さらには女性しか利用できない施設も徐々に増えている。

安心して利用できるように設置された専用エレベーター

一方で、昔ながらのトラディショナルスタイルのカプセルホテルも根強い人気がある。進化系に対しいわゆる「旧態型」とも表せる施設であるが、何より進化系に比べて安いことが魅力だ。進化系が4~5,000円というイメージに対して、2~3,000円、中には1,000円台といった施設もある(料金は繁閑などで変動する)。

こうしたホテルはデザイン性やサービスなどは限定的であるが、長期利用プランなど低料金の強みを生かした利用形態にマッチしているのが特徴だ。 

昔ながらのスタイル

以上、昨今のカプセルホテルについての話をしてきた。次回は筆者が体験した実際の店舗をいくつか紹介するので、こちらも併せてチェックしていただければ幸いだ。

次回は、「今知っておくべき進化形カプセルホテル」について。ホテル評論家・瀧澤氏がオススメするカプセルホテルとは――?

※掲載は5月31日を予定しています。

連載一覧はコチラから 

新感覚宿泊施設を得意とする企業がクラシカルなホテルを開業

新感覚宿泊施設を得意とする企業がクラシカルなホテルを開業

2019.04.26

インバウンドの取り込みをねらって小樽で開業

築90年以上の建築物をホテルにリノベーション

北海道の北西にある街、小樽に新しいホテル「アンワインド ホテル&バー小樽」がオープンした。このホテルをプロデュースしたのは、「未来が見える宿泊体験」というメッセージを掲げたホテル「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」などを運営するグローバルエージェンツという企業だ。

アンワインド ホテル&バー小樽

同社はこれまで、京都・渋谷でホテル事業を展開してきた。そんな中、あえて小樽でホテルをオープンした狙いはどこにあるのだろうか。

ホテルオープンの背景に、インバウンド需要の変化

2018年、訪日外客数は3,000万人を突破した。この数字は今後もさらなる伸長が見込まれており、政府はオリンピックを迎える2020年には訪日外客数を4,000万人にまで増加させる考えだ。インバウンド市場はかつてない程の盛り上がりを見せている。

訪日外客が急増したことで、ここ数年では新たな傾向が強まっている。それは、東京や大阪、京都といったメジャーな観光スポットを巡るルート(いわゆる「ゴールデンルート」)から外れた地におけるインバウンド需要の増加である。

しかし、ここに観光業の悩みが生まれている。宿泊施設の不足だ。特に地方都市に訪日外客が散り始めてからはこの問題が顕著になっているという。グローバルエージェンツはそこに目を付けた。

今回、同社が新たにオープンしたホテルのある小樽も、外国人が押し寄せている観光地の1つだ。小樽は札幌や函館のように、宿泊施設が潤沢ではないものの、北海道で屈指の古い街並みが魅力で、訪日外客が集まり始めている。新千歳空港から直通のJR快速エアポートに乗車すれば1時間半ほどで到着するという気軽さも、人気を集める理由と言えるだろう。

築90年以上の建築物は外から眺めるだけでも圧巻

先述した、同社が運営する「ザ・ミレニアルズ」というホテルは、「スマートポッド」と呼ばれる小分けにしたベッドに宿泊する新感覚のホテル。渋谷・京都にあるこのホテルの特徴は、キッチンをほかの宿泊者と共有でき、かつオープンスペースも用意されているため、宿泊者の交流が生まれること。基本的にオープンスペースで過ごし、夜はスマートポッドに就寝するという、若い層を狙ったホテルだ。

小分けにしたベッドに宿泊できる「スマートポッド」

一方、小樽にオープンしたアンワインド ホテル&バー小樽は、ザ・ミレニアルズとは趣を異にする。築90年以上の洋館をリノベーションしてできたこのホテルは、もともと洋館だったこともあり、格式を感じる外観だ。そしてロビーに入ると、レッドカーペットが敷かれた階段が目に入ってくる。ザ・ミレニアルズとは正反対のクラシカルな雰囲気であった。

赤いカーペットもさることながら、手すりも風格がある
広さ15平方メートルのダブルルーム
各部屋に用意してある端末。フロントへの問い合わせや電話が可能だ
グローバルエージェンツの山崎社長

この外観を残した理由について、グローバルエージェンツの山崎剛 代表取締役社長は「小樽という歴史的な景観に馴染ませたかった」と話す。馴染むも何も、90年以上前からある建築物だ。もう街の一部といってもいいくらいだろう。小樽市からも「景観を崩さないでほしい」という要請があったそうだ。

筆者が試泊したのはダブルだったが、15平方メートルとビジネスホテルよりも広くくつろげるという印象を持った。

そして何より「おもしろい」と思ったのは、テレビが用意されていなかったことだ。各部屋にはプロジェクターが設置され、それで思い思いのコンテンツを再生できるようになっている。

たとえば、日中に小樽の街を散策してビデオに収め、それを部屋のプロジェクターで再生という使い方もできる。仮にテレビを置いてしまったら、番組に夢中になり、小樽の夜が東京の夜と変わらなくなってしまう。幻想的な夜の小樽を散策する時間もなくなってしまうことだろう。

「ガラスの街 小樽」の魅力を損なわない宿泊体験

さて、チェックアウトしたら昼間にも小樽散策をしてほしい。

小樽の街は、昼と夜とで異なった表情を見せる。聞くと小樽は「ガラスの街」であるそうで、あちこちにガラス工房があった。考えてみればホテルの食堂の窓もステンドガラスだった。

昼と夜でまったく異なる様相の小樽
ホテル食堂のステンドガラス(左)。ツタの絡まった建物は大正硝子館本店(右)

小樽はまだ、札幌や函館ほどにインバウンドに対する知名度はないが、早晩、外国人観光客が押し寄せてくることだろう。前出の山崎社長も、そうした需要を見越して、この地にホテルを開業したという。実際、このホテルのオープン当初には予約が殺到したそうだ。訪日客数が増加していく中、あえて小樽の観光を選択するような“目の肥えた”人にとっては、観光地の風土に則したこのようなホテルは魅力的に映ることだろう。