「バーチャルYouTuber」の記事

日清×輝夜月×マキシマム ザ ホルモンによる、常識破りの「バーチャルCM発表会」

日清×輝夜月×マキシマム ザ ホルモンによる、常識破りの「バーチャルCM発表会」

2019.03.14

日清が「日清焼そばU.F.O.」の新CM発表会を開催した

CMキャラクターはバーチャルYouTuberの輝夜月さん

発表会場ではVRゴーグルを装着したおじさんがズラリ

日清食品は3月14日、「日清焼そばU.F.O.」の「バーチャルCM発表会」を開催した。今回CMキャラクターに起用されたのは、バーチャルYouTuber(VTuber)の輝夜月(かぐやるな)さんだ。

「日清焼そばU.F.O.」のCMキャラクターに起用されたVTuberの輝夜月さん

ソフトバンクの新製品発売イベントにキズナアイさんが出演したり、グリーの決算発表にいそら真実さんが登壇したりと、企業とのコラボを目にする機会が増えたVTuber。輝夜月さん自身も、すでに「日清どん兵衛」のタイアップ動画や、タペストリー、クリアファイルといったコラボグッズを展開していた。

だが、今回は業界初の「バーチャルCM発表会」である。いったいどのような発表会になるだろうか。

来場者は全員VRゴーグル着用

受付を済ませて会場に入ると、各席に置かれたVRゴーグルの「ハコスコ」が目に飛び込んでくる。どうやらこのゴーグルを用いて会見を視聴するのが今回の趣旨らしい。

会場に置かれていたU.F.O.シール付きVRゴーグル

「まもなく開始です」

係の人の声とともに、来場者はハコスコを持ち上げる。きれいに並んだ椅子に、ハコスコを装着したおじさんたちが座っているという光景は、誰が見ても奇妙なものだっただろう。

そんななかスタートしたバーチャルCM発表会。ハコスコを装着しているので自分の目では確認できないのだが、映像に映された会場の様子を見ることができた。そこから何となく周囲の雰囲気が伝わってくるのだが、やはり、なんとも言えないシュールさがある。輝夜月さんからも「みんな仲良く見てくれてるね。仕事してないみたい」と言われた。

右下には会場の様子が映し出される

あとは、基本的にハコスコでスマートフォンの画面を見ているだけである。何度か「はたして会場に来た意味はあったのか?」という疑問が頭をよぎったが、「完成したCM映像を来場者のみが先行して見ることができる」というメリットがあった。

CMの内容については詳細を書くことができないのだが、輝夜月さんらしいハイテンションかつカオスな仕上がりという印象だ。

輝夜月さんいわく「ソースが濃いU.F.O.の、濃さを表現しました。月の化粧も濃くて、コラボのオリジナルコスチュームもカッコいいから、マジで楽しみにしといてください!」とのことである。

とはいえ、CMの初回放送は、バーチャルCM発表会が行われた本日3月14日の23時30分ごろ。記者と一般視聴者でそこまでの時差はない。『アメトーーク!』の間に放送される予定なので、興味がある人はぜひ。

CMが会場内で放送されているときの発表会映像。CMを見ている来場者の様子がただただ映し出されていた

輝夜月とマキシマム ザ ホルモンの“濃い者同士”がコラボ

そして、今回のCMのもう1つのポイントは、マキシマム ザ ホルモンの曲を輝夜月さんが歌っているというコラボだ。発表会にはシークレットゲストとしてマキシマム ザ ホルモンが登場。両者ともに濃いキャラクターであることは、濃いソースを売りにしているU.F.O.にぴったりなのかもしれない。

シークレットゲストとして登場したマキシマムザホルモン

ちなみに、今回は特に生放送ということもあり、日清側もコンプライアンスを意識。問題発言が起きたらすぐに「しばらくお待ちください」という映像に切り替えることができるようになっていた。

おそらくだが、前回のどん兵衛コラボ動画のように、輝夜月さんが他社製品をバットでボコボコにするようなことが起きないよう注意していたのだろう。

しかし、実際は下ネタなどを投下してきたマキシマム ザ ホルモンに対して多くの「しばらくお待ちください」映像が使われることになった。

日清がコンプライアンス的にまずいと判断したときに切り替わる映像

また、発表会ということもあり、質疑応答の時間も用意されていた。

「今年の目標は?」という記者からの質問に対しては「U.F.O.の魅力をたくさんの人に伝えるのと、次のCMが決まることです。待ってまーす!」と、答えたかと思えば、好きなU.F.O.の味について聞かれると「たらこがめっちゃおいしい! 子ども! シャケの子ども! え……、待って、ふぐたたらお…え?」と、輝夜月さんらしい一面も見せた。

質問するときもハコスコは装着したまま

以上のような感じで、不思議なバーチャルCM発表会は幕を閉じた。「VTuberを起用する」というだけでなく、「発表会自体をバーチャルにする」という点は斬新なアイデアである。多くの人に話題性を提供できたのではないだろうか。

また、インパクト抜群の輝夜月さんがマキシマム ザ ホルモンの曲とともに地上波のCMに流れることで、きっと多くの人の脳裏にその存在が焼き付けられるはずだ。ノリと勢いが溢れる彼女の活躍には、これからも注目していきたい。

なお、発表会自体の内容については、実際の映像が輝夜月さんのYouTube公式チャンネルにアーカイブとして残っているので、そちらもチェックしてみてほしい。

CM発表会のアーカイブ映像
サントリー公式VTuber 燦鳥ノムさんがもたらす“ファンとのつながり”

サントリー公式VTuber 燦鳥ノムさんがもたらす“ファンとのつながり”

2019.01.10

サントリーが採用した公式VTuberは119歳の女性

企業公式だが、ゲーム実況や歌ってみた動画などマルチな活躍を見せる

話を聞いているなかで「ノムさんが愛される理由」が見えてきた

人類が知らない未開の文明は存在するのか?

その問いに対する筆者の答えはYES。なぜならば、「存在しない」ということを証明できないからだ。深海や地底、宇宙も含めれば、まだ人類が調査できていない場所は多い。というか、実際、先日「水の国」からやってきたというお嬢さんとお話してきたのだから、やはり、答えはYESである。非常に麗しい、119歳のお嬢さんだった。

119歳、水の国出身のバーチャル淑女

「冷蔵庫からこんにちは。水のように清らかに、太陽のようにみんなを照らす。サントリー公式バーチャルYouTuber(VTuber)の燦鳥ノムと申します。『燦々と輝く太陽』の『燦』に、お空を飛ぶ『鳥』で、さんとりと読みます♪」

サントリーまでもが手を出した。そう、今や6000人以上が鎬を削るVTuberだ。ノムさんは、サントリー公式VTuberとして活動する1899年生まれ、119歳のお姉さんである。

サントリー公式VTuberの燦鳥ノムさん。マンガ『夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜』や、ライトノベル『デュラララ!!』のイラストを手がけたヤスダスズヒト氏が、キャラクターデザインを担当した

還暦ダブルスコア目前のノムさんだが、外見はなんともエレガント。丁寧な言葉遣いやおっとりした性格も好感が持てるし、年齢を感じさせない不思議な魅力があるではないか。その愛らしさはいったいどこから来るのだろう。

以前、ロート製薬の根羽清ココロさんに話を伺ったときは、初めてのVTuber取材に面食らった部分もあるが、同じ轍を踏む筆者ではない。もう驚かないぞ。よし、じゃあ早速、サントリー公式VTuberになった経緯など、ノムさんにいろいろと聞いちゃおう。

「私が公式VTuberになったきっかけはスカウトですね。いろいろな飲み物について知りたくて、探しに出たところ、こちらの世界で最初に着いたのがサントリーという会社だったんです。そこで出会ったサントリーの人にスカウトされまして、公式のVTuberをさせていただくことになりました」

なるほど、採用のきっかけはスカウト。たしかに、山奥で湧き出る水のごとく澄んだルックスのノムさんは、“水と生きるサントリー”をブランドメッセージに掲げている同社にぴったりだ。さすが、サントリー。目の付けどころが違う。

しかし「こちらの世界」ということは、ノムさんはどんな「こちらではない世界」からやってきたのだろうか。

「私の出身地である『水の国』です。お水がとっても豊かで、綺麗なところなんですよ」

水の国……。あ~、知ってる。知ってる。超知ってる。ベネチアだ。……違う? 山梨県の南アルプス市とか、そのへん? ……あ、どちらも違う。では、水の国とは……?

「水の国は、とっても大好きな故郷なのですが……、飲み物がお水以外ないんですよね~。だから、初めてこちらの世界にきたときは、本当にいろいろな飲み物があることに驚かされました。わぁいいなぁ、贅沢だなぁ~と。ワァラ」

ワ? え? 何? ワァラ? water(すごくいい発音で)? え? ……あ、w←これ? これのこと? いわゆる、「ワラ」ってことか。水の国では「ワァラ」と発音するわけだ。そういえば、根羽清ココロさんも「ねばー」という口癖があった。なんというか、皆さんとても個性的である。

結局、水の国がどこなのかは不明だったが、まぁいいとしよう。

ノムさんのw(ウォァルァ)動画。本場の発音はこの動画からどうぞ。ちなみに、こちらの世界で使われる「www(草生える)」は、水の国で「水湧く」と表現するらしい。大草原は大瀑布? 大噴水?

「ほかのVTuberの皆さんも個性的ですよ。動物みたいなお耳が生えている方や、動物そのまま? の方もいらっしゃるんです。日々、驚きの連続ですね!」

たしかに、狐だったり猫だったり、馬にゴリラに、6000人いる“しゃべる個性”のなかで自分の立ち位置を確立することは、そう簡単なことではないのだろう。そのあたりでも、きっとさまざまな工夫や苦労をしているに違いない。

積極的にコラボにも挑戦! 意識するのは視聴者の満足

2018年8月のデビューから約半年、ノムさんのYouTube公式チャンネルでは、チャンネル登録者数が6万人を突破し、動画数はすでに40近い。次はこれらの動画について聞いてみよう。

「毎回いろんな企画を考えて動画を作っています。自分で自分のCMを作ってみたり、新しいキャラクターを開拓したり……。それに、『ゲーム実況』や『歌ってみた』にも、どんどんチャレンジしています!」

サントリー公式VTuberだからといって、サントリーのPRだけをしているわけではない。観る人が楽しめるように、さまざまな動画に挑戦しているのだ。ただし、動画の途中にサントリーの飲料をノムノムして(ノムさんは飲み物を飲むことをこう言う)、その魅力を伝えることは怠らない。

幅広いジャンルの動画を公開しているノムさんだが、特にお気に入りなどはあるのだろうか。

「最初に歌わせていただいたEveさんの『ドラマツルギー』はとても印象深いですね。初めて聴いたときに、いい意味でグサッと心に刺さりました。また、ときのそらさん、富士葵さんと一緒に歌った『檄!帝国華撃団』も心に残っており、自分でもついつい聴き返してしまいますw(ワァラ)」

ノムさんのお気に入り動画「ドラマツルギー」
VTuber3人がコラボした「檄!帝国華撃団」

お気に入りの「ドラマツルギー by 燦鳥ノム【歌ってみた】」は、82万回再生を記録するほどの人気コンテンツだ。たしかに、天然水のごとくクリアな歌声に、ノムさんの踊りで彩る映像美は、一見の価値がある。実際、圧倒的クオリティの動画に対する賞賛のコメントが相次いだ。

また、『檄!帝国華撃団』のように、ノムさんはほかのVTuberと共演するケースも多い。親しみを感じやすい性格だからか、きっとノムさんの周りには人が集まってくるのだろう。

「お友だちはたくさんできましたね。企画で共演したほかのVTuberの方と仲良くなれただけでなく、動画を観てくださる方のコメントが本当にうれしくて。勝手に皆さんのことをお友だちのように感じています」

動画に対するコメントは毎回数百件にものぼり、Twitterのリプライなどを含めると、数えきれないほどのメッセージがノムさんのところへ届く。

「コメントを読むと『頑張らなくっちゃ!』と燃えますね。なかには『こんな企画が見てみたい』といったコメントをいただくことも多くて、なるべく取り入れるようサントリーの人と相談しています」

取材中、楽しそうに話すノムさん

常に読者の要望に応え、楽しませようと努力するノムさん。まさに、YouTuberの鑑のような存在である。

「どの動画も、観た方が楽しい気持ちになれるものだといいなと思っています。わたくし自身どの企画も楽しんでやっているので、それが伝わっていれば嬉しいですね」

ノムさんは視聴者のために動画を作る。たとえ、それが命をかける動画であっても、きっと一歩も引かないだろう。それが帝国華撃団なのだから。

生放送を経験したノムさんが次に目指すものは?

最近では、初の生放送を経験したノムさん。サントリー「クラフトボス ホット」のTV CMに出演している、ゆりやんレトリィバァさんとの共演を果たした。生放送では、ゆりやんレトリィバァさんがバーチャル世界に入り込み、VTuberとしてノムさんと「女子会」を実施。視聴者の恋愛相談や大喜利などを行った。

生放送中のワンシーン

「生放送はすっごく楽しかったです!! リアルタイムで皆さんとやりとりをするのが初めてだったので、最初は焦っちゃいましたが、とても刺激的でした。ゆりやんレトリィバァさんもステキな方で……。ぜひまた一緒に生放送やりたいです!」

ノムさんは生放送を経て、また1つベテランVTuberへと近づいたといえよう。

次々に新しいことにチャレンジしているのが印象的だが、今後の目標などはあるのだろうか。

「目下の野望は、CM出演です! まだ予定はないみたいなんですけど、サントリーの人にお願いしてますw(ワァラ)」

ノムさんは動画で自作CMを考えるほど、CM出演を切望しているようだ。熱烈アピールむなしく、まだ実現できていないようなので、この記事を読んだサントリーの担当者は、ぜひもう一度ノムさんのCM出演を前向きに検討してほしい。

ノムさん、一首詠みます

ところで、そもそもノムさんは、さまざまな飲み物について知りたくて水の国を飛び出してきたはずだ。動画でいくつかサントリーの商品をノムノムするなかで、忘れられない飲み物との出会いなどはあったのだろうか。

「最初にノムノムしたのが『伊右衛門』だったので、思い出に強く残っています。わたくし短歌が趣味なんですが、伊右衛門を飲むと一首詠みたくなりますね~」

なるほど。では、せっかくなので、「今後の決意表明」をテーマに一首詠んでいただいた。


あたたかな 言葉くださる 皆さまの 太陽そして オアシスであれ ――

すでに活躍しているVTuberと企業がコラボするケースは増えてきたが、その場合、一時的な盛り上がりはあれど、継続性はそこまで高くない。公式VTuberを起用して新たなファンを確立すれば、企業との長期的な接点を生み出すことができるだろう。実際、動画に寄せられたコメントのなかには、「ノムさんがきっかけで最近はなんとなくサントリー商品を選んでしまう」といった内容も見受けられた。

しかも、119歳に水の国出身と、ステータスのインパクトも抜群。一度見たらなかなか忘れることはできない。さらにノムさんは、動画のクオリティやビジュアル、声、性格など、さまざまな理由で愛されている。筆者も今回ノムさんの話を聞いて、多くのファンから愛されていることに納得した。穏やかな性格に物腰の柔らかさ、それでいて視聴者を楽しませようとするサービス精神も持ち合わせている。まさに“心のオアシス”のような存在なのだ。

そんなノムさんであれば、目下の野望である「CM出演」も不可能ではないだろう。地上波でもノムさんの活躍を見てみたいところだ。

バーチャル世界を1つに! 標準3Dアバター規格を普及させる「VRMコンソーシアム」発足へ

バーチャル世界を1つに! 標準3Dアバター規格を普及させる「VRMコンソーシアム」発足へ

2018.12.21

VR業界の13社がVRMの普及を進めるためのコンソーシアム設立を発表

VTuber文化の興隆にともなって新たな権利概念が生まれた

ライセンス情報を内包できるVRMがバーチャル普及のカギに?

IVR、エクシヴィ、S-court、DUO、ドワンゴ、バーチャルキャスト、ミラティブ、Wright Flyer Live Entertainment、クラスター、クリプトン・フューチャー・メディア、SHOWROOM、ピクシブ、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンの13社は「VRMコンソーシアム」を2019年2月に設立すると発表した。目的は、VRMの策定と普及。加入企業は随時募集していくという。

「VRM」とは、VR向けの3Dアバターファイルフォーマット。プラットフォーム共通のファイル形式で、対応しているアプリケーションであれば、異なるサービスでも同じアバターの3Dモデルを使えるというものだ。3Dの事実上の標準フォーマットである「glTF2.0」をベースに、人型モデルを取り扱うために必要な情報の拡張と制約を追加した規格。UnityでVRMファイルを読み書きする標準実装を提供しているが、プラットフォームには非依存で、ほかのエンジンや環境でも取り扱うことができる。

コンソーシアムの事務局を務めるバーチャルキャスト 取締役 COOの石井洋平氏は「今や、誰でも3Dアバターを作成、使用できる時代です。これまでは、複数のプラットフォームを利用する際に、アバターを自由に使える環境が整っていませんでした。そこで、プラットフォームに依存しないで、どこでも共通で3Dアバターを使うための標準フォーマットを作成しようと、今回VRMを提唱しました」と、VRMを提唱することになった背景を語った。

バーチャルキャスト 取締役 COOの石井洋平氏

また、今年に入って飛躍的に市場が拡大したバーチャルYouTuber(VTuber)の存在も大きく関係しているという。

「VTuberの普及によって、3Dモデルの知的財産権・VTuber自身の人格の取り扱いなど、新たな権利保護の概念も生まれました。演じる人の制限やキャラクターの設定など、細かいルールがある場合もあれば、自由に使っていいと自分の作ったモデルを配布するクリエイターもいるでしょう。アバターは誰のものかという新たな権利の概念を考える必要が出てきたのです」(石井氏)

その権利関係を明確にするため、VRMには「キャラクターを演じていいのは誰かという許諾範囲」や、「暴力/性的表現を演じることの許可」、「商用利用の許可」といったライセンス情報を内包することができるという。

コンソーシアムの会員制度としては、各コミッティーでの検討、OSSでのブランチ設定、理事会への上程など、VRM方針兼用に参画でき、議決権を持つ「正会員」、仕様・ガイドラインなどの策定情報について優先的に共有される「賛助会員」、各コミッティーへの参加、提言を行える「オブザーバー会員」の3タイプを設置する予定だという。現在は発起人13社に加えて、オブザーバーとして任天堂が参入を決めている。また、「glTF2.0」を開発しているアメリカのクロノスグループとも連携を進め、世界的にも標準化を進めていく。

VRMコンソーシアムのミッション(案)

VTuberは6000人を超え、2019年1月からはVTuberのアニメ化も決定しており、バーチャル市場はますます盛り上がりを見せる。見るだけだったバーチャルキャラクターも、今では自分で簡単に作れるようにもなった。これからさらにVR業界が発展していけば、誰もが第2の自分として3Dアバターを持つ時代がやってくるかもしれない。