既成概念を塗り替える書体

時代をひらく新書体を求め、1970年(昭和45)から写研が開催した「石井賞創作タイプフェイスコンテスト」。第1回で1位となった中村征宏氏(*1)の「細丸ゴシック(のちのナール)」は、見たひとに鮮烈な印象を与えた。

第1回石井賞創作タイプフェイスコンテスト1位・中村征宏氏「細丸ゴシック(のちのナール)」『写研19』(写真植字研究所「写研」編集室、1970年5月)

「活字書体に慣れた者にとっては思いもよらないデザインでした。それまで『ありえない』と思われていた形を提示し、既成概念を崩した書体だったのです」

いったいなにが、橋本さんにそこまでの衝撃を与えたのだろうか。

ナールは、1.5mmの線幅で正方形の字面いっぱいに描かれた、フトコロの広い丸ゴシックだ。従来の丸ゴシックといえば、石井丸ゴシックのようなフトコロの締まったスタイルであり、ナールのようなフトコロの広い明るい表情の書体は、それまでなかったのだ。線幅の細さも新鮮だった。

ナール(上)と、石井丸ゴシック(下)

作者の中村氏は、看板店での仕事を通して、文字に出会った。やがてテレビ局のタイトルデザインを手がけるようになり、ニュースやドラマのタイトル文字、スタッフやキャストの名前などをテロップ用紙にデザインして描いた。ニュースタイトルの仕事は、ニュースの内容を要約し、1文字8mm角ぐらいで2行ほどに描くというもので、書体は丸ゴシックに統一されていたという。

その後、広告レイアウトやポスターデザイン、カンプ制作などの仕事にたずさわるようになった。中村氏が石井賞タイプフェイスコンテストの募集広告を見たのは、そのころのことだ。(*2)

ニュースタイトルのデザインを通じて、文字を1字として見るだけでなく、1行としての並びの美しさという感覚を身につけたこと、広告デザインの仕事を通じて従来の書体に「字詰めの問題」を感じていたことが、ナールの発想に結びついた。

当時、広告やポスターの見出し文字などは、字間を詰めて組まれることが多かった。写植機で文字の送りを変えて詰め組みすることもできたが、見出し文字については、印画紙に印字した文字をデザイナーが手で1字ずつ切り離し、字間を詰めて貼って版下をつくることが多く、熟練を要するものだった。

〈ナールの発想時にもっとも強く影響したのは、それまでに経験した字詰めの問題処理にありました。この字詰め作業の時間は非常に多くかかることです。広告の版下制作は、ほとんどが絶対的な時間制限下にありますので、時間が短縮できるということは、作業を進行するうえで、よりスムーズに進められるからです。〉(*3)

著書『文字をつくる』でそう語った中村氏の、「ベタ組みで印字しても字間のバランスがよく、行として美しい書体ができないものだろうか」という発想が、ナール誕生の原点だった。

「ナール登場と前後する時期に、女子中高生のあいだで丸文字や漫画文字といわれる丸っこい文字が書かれるようになりました。若い女性たちのひとつの流行だったのです。ナールは、そんな時代の動きとも軌を一にした書体でした」

橋本さんは、そう時代を振り返る。

しかしナールの制作は、けっして順風満帆に進んだわけではなかった。

(つづく)

 (注)
*1: 中村征宏(なかむら・ゆきひろ)書体デザイナー。1942年、三重県生まれ。看板装飾会社、テレビのドラマタイトルやニュースタイトルなどのテロップ制作、新聞広告や印刷物のカンプや版下制作、レイアウトなどを経て、1970年(昭和45)、第1回石井賞創作タイプフェイスコンテストで1位受賞。以降、1970〜2001年にかけて、写研の原字デザインを19書体手がける。現在も中村書体室として、デジタルフォントの制作・販売を行っている。受賞歴として、石井賞創作タイプフェイスコンテストで1位を1回、3位5回、佳作2回(1970〜1994年)。
http://www.n-font.com/

*2:中村征宏『文字をつくる』(美術出版社、1977年)

*3:同書 P.18

話し手 プロフィール

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

これまでの記事一覧ページはこちら

絶滅させるにはあまりに惜しい! 再考したい2ドアクーペの魅力

森口将之のカーデザイン解体新書 第10回

絶滅させるにはあまりに惜しい! 再考したい2ドアクーペの魅力

2019.01.08

2人乗りが優勢の2ドア勢力図

「ザ・ビートル」終焉にも影響? 海外の2ドア4/5人乗り事情

乗れば忘れがたい魅力、無駄も豊かさと感じさせるクルマ

多くの自動車ブランドがSUVを送り出し、クーペのようにスタイリッシュな4ドアを登場させる一方で、減り続けているボディ形状があることに皆様はお気づきだろうか。それは、4/5人乗りの2ドアクーペだ。このまま絶滅の道を歩ませるにはあまりに惜しいので、このボディを愛する者のひとりとして魅力をつづってみたい。

4/5人乗り2ドアクーペの美しさをあらためて見つめなおしたい(画像は左の青いクルマからいすゞ自動車「117クーペ」、トヨタ自動車「セリカ」、三菱自動車工業「ギャランGTO」)

新型「スープラ」も2人乗りに変身

2019年に復活するトヨタ自動車「スープラ」の事前試乗会でプロトタイプに触れて、残念なことがひとつあった。ボディがリアシートのない2人乗りになっていたことだ。

新型スープラを復活させるにあたりトヨタは、「直列6気筒エンジン」と「後輪駆動」という初代からのパッケージングを守るため、BMWのスポーツカー「Z4」との共同開発という道を選んだ。Z4は2シーターのオープンカーであり、プラットフォームやパワートレインの基本を共有するとなれば、スープラも2人乗りになることは予想できた。

新型「スープラ」プロトタイプ(画像)は2シーターになっていた

しかもスープラは、以前の記事で紹介したように、モデルチェンジのたびにホイールベースと全長を短くしてきた、珍しい車種である。その目的のひとつがスポーツ性能の向上であり、この方向性を推し進めた2シーター化は理解できる。

この結果、日本で販売される日本車の2ドア2人乗りは日産自動車「フェアレディZ」、本田技研工業の「NSX」と「S660」、マツダの「ロードスター」と「ロードスターRF」、ダイハツ工業「コペン」を加えて7車種となる。

一方、同じ2ドアながら4/5人乗りの車種は、トヨタ「86」、スバル「BRZ」、日産「GT-R」、レクサス「RC」「LC」の5車種にとどまる。使い勝手の面では明らかに不便な2人乗りの方が多数派という、異例の状況になったわけだ。

希少な存在になりつつある2ドア4人乗りクーペのレクサス「LC」

昔のことを振り返ると、スープラのベースとなった「セリカ」をはじめ、2ドア4/5人乗りの車種はかなり多かった。逆に、同じ2ドアの2人乗りはフェアレディZやトヨタ「MR2」くらいしかなく、そのZさえ「2by2」という名の4人乗りを用意していたほどである。

日本車にも2ドア4/5人乗りの車種が多い時代はあった(画像はホンダ「プレリュード」)

欧米でも減り続ける2ドア4/5人乗りの車種

実はこれ、日本に限った話はではない。我が国以上に2ドアクーペが根付いていたアメリカでも車種は減っているのだ。日本で輸入しているモデルを見てみると、2人乗りがシボレー「コルベット」のみで、4人乗りは同じくシボレーの「カマロ」しかない。

シボレー「カマロ」

ヨーロッパではスポーツカー専門ブランドや1,000万円以上の高価格車を除くと、ジャガーとアルファ・ロメオではかつてあった4人乗りが消滅して2人乗りの「Fタイプクーペ/コンバーチブル」と「4C/4Cスパイダー」のみになり、プジョーやボルボでは2ドアそのものがなくなった。レンジローバー「イヴォーク」はSUVクーペという姿が鮮烈だったが、新型は5ドアのみとなった。

SUVクーペという姿が鮮烈だったレンジローバー「イヴォーク」

クーペとはいえないかもしれないが、フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」が販売を終了するのにも、似たような理由があると思っている。同じように古き良き時代のベーシックカーをリバイバルさせたミニが「クロスオーバー」などを展開し、フィアットは「500」(チンクエチェント)に「500X」という5ドアを追加していく中で、オリジナルの面影を継承した3ドアにこだわったのがザ・ビートルだった。しかし、その点にこそ、このクルマがおよそ80年にも及ぶ歴史に終止符を打つことになった要因があるのではないかという気がするのだ。

ミニ「クロスオーバー」
フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」

SUVブームも遠因に? 2ドア4/5シーターが減った理由

2ドア4/5シーターがここまで減ってしまった理由は何か。簡単にいえば、4ドアでもカッコいいクルマが作れるようになったことが大きいだろう。

そのひとつはSUVだ。中でも、それまでスポーツカー専門だったポルシェが2002年に送り出した「カイエン」の影響力は大きかった。

ポルシェ「カイエン」

ポルシェを代表するスポーツカーは「911」だが、この1台で全てをカバーできる人は少ない。ほとんどのユーザーは、別に他社のセダンやワゴンを持っていた。ポルシェは911オーナーの“もう1台需要”を狙うべく、SUVを企画したのではないかと思っている。

ところがカイエンには、それとは異なるユーザーが殺到した。2ドアは生活シーン的に無理という人々が、4ドアのポルシェとしてカイエンを選ぶようになったのだ。以前、あるカイエンオーナーに話を聞いた時、「ポルシェは好きだけれど911には興味がない」と言い切っていたのは印象的だった。

ポルシェの成功が、他の多くのプレミアムブランドをSUV参入になびかせる理由のひとつになったことは間違いない。ジャガー「Eペイス」(E-PACE)のように、セダンの「XE」よりスポーツカーの「Fタイプ」に近いデザインを取り込んで、4ドアのスポーツモデルとしてアピールする例も多い。

ジャガー「Eペイス」

「2ドアは買えない」と考える人のためのスポーツモデルという立ち位置を各社が持たせたことは、SUVがヒットした理由のひとつだと思っている。

4ドアクーペ登場も退潮の要因に

もうひとつの理由は、4ドアクーペの登場だ。こちらは1950年代の米国車に設定された4ドアハードトップをルーツとしており、日本車も1970年代以降、このボディを多数用意した。少数派ではあるが、1960年代の英国車にも4ドアクーペはあった。

もともとハードトップとは、オープンカーに装着する(幌ではなくて)固い屋根のことだったのだが、その後、サイドウインドーの窓枠を持たないクーペをこう呼ぶようになった。セダンと比べるとルーフが低く、前後のウインドーの傾きが強いことが多く、2ドアの流麗さと4ドアの実用性を兼ね備えたような車体だった。

しかし、日本車の4ドアハードトップは「車内が狭い」とか「ボディ剛性が低い」といった理由で21世紀初めに消滅する。すると、入れ替わるように登場したのが2004年発表のメルセデス・ベンツ「CLS」だった。続いてBMWが「6シリーズ・グランクーペ」、アウディが「A7スポーツバック」と、ドイツ勢が相次いで4ドアクーペ(A7はリアゲートがあるので5ドアともいえる)をリリースしてきた。

アウディ「A7スポーツバック」

もっとも、彼らは依然として2ドアのクーペも用意していたのだが、一方で、SUVにも低く流麗なルーフラインを特徴とする「SUVクーペ」を設定していた。こちらには最初から2ドアがなく、4ドアのみだった。このことからも、2ドア4/5人乗りクーペの販売台数が減少していたことは容易に想像できる。

4ドアでは得られない独特の魅力とは

でも筆者は、2ドアクーペには4ドアにはない良さがあると信じている。2人乗りの所有歴はないものの、4/5人乗りクーペは現在の愛車であるルノー「アヴァンタイム」を含め3台と付き合っており、独特の世界観に魅せられているひとりであるからだ。

車内の広さというと、後席のスペースを指すことが多い。逆に前席は、スポーティさを出すべくタイトに仕立てる例が目立つ。しかし、2ドアクーペのドアを開ければ、そうではないことに気づくはず。そこには前席優先の空間が広がっているからだ。この開放感、一度味わってしまうとなかなか離れることができない。

2ドアクーペに乗り込むと、独特の開放感が感じられる(画像はレクサス「LC」)

しかも、ドアを開けると前後どちらの席にもアクセスできる。後席に人が乗る場合は前席の背もたれを倒さなければならないけれど、荷物を置くだけならそのままでいい。狭い場所では長いドアが開け閉めしにくく、乗り降りしにくいという声もある。それに対しては、愛車アヴァンタイムのようにドアヒンジをダブルとして、前方にせり出しながら開く手法があることをお伝えしておこう。

ルノー「アヴァンタイム」のダブルヒンジドア

このパッケージングは、流麗なフォルムを生み出すことにも貢献している。4ドアはどうしても後席の居住性に配慮するから、クーペと名乗っていてもルーフラインはセダンに近くなる。一方、2人乗りのスポーツカーでは走りを突き詰める結果、全長もキャビンも短くなるので、流れるようなラインは描きにくい。

とはいえ、2ドア4/5シータークーペが無駄にあふれたクルマだという事実は、認めざるを得ない。でも、これはクルマに限った話ではないが、無駄こそ豊かさを感じさせてくれるものなのではないだろうか。カッコよさと使いやすさの両立は、多くの人が望むことかもしれない。ただ、その結果として大事なことを置き去りにしているようなら、それは残念なことである。

日立があえて行った、縦型洗濯機の「控えめ」なリデザイン(後編)

モノのデザイン 第49回

日立があえて行った、縦型洗濯機の「控えめ」なリデザイン(後編)

2018.12.20

日立の縦型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」最新機種

デザインと耐久性の両立など、細部にまでこだわりが

日立の家電全体が目指す「控えめ」なデザインを体現した

洗浄力の高さで定評のある縦型洗濯機。今年11月、同カテゴリに属する日立アプライアンスの「ビートウォッシュ」シリーズに、最新機種が登場した。中でも最上位モデル「ビートウォッシュ BW-DX120C」は、機能面での進化に加え、外観上も大きく変わった。

同製品のデザインや設計・機構を担当したのは、日立製作所研究開発グループ 東京社会イノベーション協創センタ プロダクトデザイン部のデザイナー・二宮正人氏と、日立アプライアンス 家電・環境機器事業統括本部 多賀家電本部第一設計部技師の宗野義徳氏。前回の記事に引き続き、一見しただけでは気づきにくい、細部にまでこだわり抜かれた要素やそれを実現するまでの苦労、問題を克服した方法について語っていただいた。

日立アプライアンスから11月に発売された縦型洗濯乾燥機の新製品「ビートウォッシュ BW-DX120C」。デザインを担当した日立製作所研究開発グループ 東京社会イノベーション協創センタ プロダクトデザイン部のデザイナー・二宮正人氏(右)と、機構・設計部分を担当した、日立アプライアンス 家電・環境機器事業統括本部 多賀家電本部第一設計部技師の宗野義徳氏(左)に、製品化に至るまでのデザインにまつわるエピソードを伺った

難しかった「光」の調整

既存機種からの象徴的な変更として、天面のガラスパネル部分に操作部が移動し、タッチパネル式のディスプレーが採用された新製品。この変更については前回伺ったが、実はLEDの光らせ方自体にもこだわりがあるという。

二宮氏は、「通常、LEDというのは、ベース(下地)が黒であれば、コントラストも出しやすいというのが定説なんです。しかし、本体が白である本製品では、視認性を確保しつつも、LEDが消灯した際には見えないように隠すという調整がかなり難しかったのです。デザイナーとしては非常にこだわった部分です」と明かす。

確かに、本製品では使われているLEDは橙色と青色の2色だが、ガラス素材を通すことでかなり見え方は変わる。新製品の場合、橙色LEDを用いているが、ガラスを通すことでピンクがかった色味に見え、ソフトな印象を与える。

橙色をメインに、2色のLEDを採用したガラスパネル上の操作・表示部。白く透過性のあるガラス素材越しとなることで、輝度によっても見え方が大きく変わる。視認性を確保しつつデザイン上の違和感がない光らせ方の調整にも苦心したとのこと
操作部のボタンやインジゲーターのレイアウトやデザイン案。いくつものパターンが検討されたという

本製品では、機能がデザイン的にうまく昇華されている例が少なくない。その1つが操作パネルの裏側。基板が入っているために出っ張った構造になっているが、取っ手を付けることによって、掴みやすさとデザイン性を両立させている。

また、天面のフタが手前に向けてわずかに反りあがった形状になっているのも特徴だ。二宮氏曰く、「開けやすくするためであると同時に、デザイン上のアクセントにもなっています。反りあがっていることで、お客様の心理的になんとなく触れたくなる、開けたくなる効果というのもデザインで体現しているんです」とのこと。

宗野氏も「フタを開けた時の佇まいは、シャープでありながらも角に少し丸みを持たせたデザインになっています。尖ってはいるけれど危なくはなく、かっこよく見せるギリギリのところまで"R(角の丸み)"を小さくしました。完全に尖った感じではなく、少し丸みがあるほうが空間とも調和しやすいという狙いもあります」と続ける。

天面のフタの手元部分に配備されたシルバーの縁取りは、デザイン上のアクセントであり、ビートウォッシュのデザイン意匠。手前方向に反り上がりをあえて設け、ユーザーが触れたくなる衝動を掻き立てるとともに、シャープな印象を持たせて、全体のデザインを引き締める役割も担う。シャープさを損ねないレベルに角を丸くして、安全面への配慮と空間調和も図られている

デザインと耐久性の両立を目指した「洗剤投入口」

洗剤投入口にあたる部分も、デザイン上のこだわりが詰まった場所である。洗剤用のタンクは、取り外すとそのまま自立して置けるように設計。セットした際には、フタを閉めるとタンクが中に押し込まれて完全にはまる仕組みになっている。また、運転中にフタが振動で開いてしまうのを防ぐために、内側にはマグネットが埋め込まれ、吸着する仕組みが採用されている。

いずれもユーザーの操作性をよりよくするためにこだわり抜かれた工夫ではあるものの、一方で担保されなければならないのが耐久性だ。フタというのは、開け閉めが頻繁になされる部分でもあり、一般に壊れやすい。これを解消するために、設計・機構担当者とデザイナーとの主張は食い違う。宗野氏はその際の攻防を次のように明かした。

「設計・機構を担当する側としては、タンク取り付け部のフタは最低限タンクに覆いかぶさる部分だけに留めたいんです。最小限の面積にすることで、お客様はフタの重さを感じずに開け閉めできますし、耐久性もよくなります。しかし、デザイナー側からすると、フタの部分を途中で割ってしまうことですき間ができてしまう上に、デザイン上もシンメトリーではなくなり美しさが損なわれてしまうと主張されてしまいました(笑)。そこで、最終的にはフタは全体を覆う形の本体と同じ長さにしました。面積が大きくなることで壊れやすくなるという課題は、フタの素材を見直し、より硬めの素材を選定することで解決しました」

機構・設計的には、自動洗剤投入用のタンクに直接かぶさる部分だけに留めたかったと明かされた、手前側のフタの部分。シンメトリーを保つ外観の美しさはもちろん、凸凹や隙間を失くすことで汚れにくさや、手入れのしやすさも両立させたという。面積が大きくなったことでフタの部分に負担はかかりやすくなるが、強度のある素材を採用することで堅牢性を担保したという

ちなみに、新製品の本体サイズは、幅と高さに関して従来モデルと変わっていない。自動洗剤投入機能を搭載した関係で、奥行のみ70ミリほど増加している。だが、パッと見た目の印象は若干小ぶりにも見える。その点を指摘すると、二宮氏はデザイン上のトリックを次のように説明した。

「前のモデルに比べると、ガラスパネルの幅自体や位置を本体ギリギリのところまで伸ばして無駄な要素を省いたことで、スリムに見える効果が生まれています。それ以外では、先ほど述べたパネルの反り上がり形状で全体をシャープに見せているのと、正面から見ると絞られた印象になるよう最適なバランスを考えて、本体の洗濯槽側のほうにも傾斜をつけたりもしているので、より小さく見えるのだと思います」

前機種(右)に比べて、数値上は正面からのサイズは同じ。ガラスパネルの幅や位置を本体端側のギリギリまで拡大したり、微妙な傾斜をつけたりすることなどにより、新製品(左)のほうが視覚的には心なしかスリムに見えるようにデザインされている

新製品の"機能美"について改めて問いかけたところ、「すべて機能美で組みあがっている」と二宮氏。確かに、無駄やノイズをなくしてシンプルに研ぎ澄まされたデザインというよりは、ひとつひとつの機能が、目にわかるかたちでデザインとして昇華されていると感じる。

一見控えめであっても、人を魅了するデザイン

今回のビートウォッシュシリーズのリニューアルに先駆け、2016年にドラム式洗濯乾燥機「ビッグドラム」シリーズのデザインも一新している日立。しかし、今回の縦型洗濯機におけるデザインの刷新はそれに次ぐ流れではなく、まったく別のプロジェクトのもとで進められたのだという。

日立アプライアンスでは、今年2月に社長の德永俊昭氏が記者会見の席で、日立の家電全体のデザイン改革を進めていくという意向を発信しており、ビートウォッシュのデザインの変更はその一環として位置づけられている。

日立は家電全体で"一見控えめであっても、人を魅了するデザイン"を目指すべく、"Less,but Seductive"というデザイン共通言語を策定した。二宮氏は「気付かないけど、"感じる"というのがデザインとして成功していると思います。日立では、今までも使いやすさにこだわったものづくりを続けてきました。新製品ではその哲学を継承しつつも、日々の負担となる洗濯を少しでもポジティブにするための洗濯機を徹底して追及し、衣類をキレイに洗い上げるという性能を表すために、外観上も美しく清潔な佇まいを目指してデザインしました」と、製品全体としてのデザインコンセプトを総括した。

"一見控えめであっても、人を魅了するデザイン"を目指すべく策定された全社スローガン"Less,but Seductive"が昇華された新製品。ただシンプルに要素をそぎ落としていくというのではなく、パッと見それとは気づかない機能美をさりげなく散りばめつつも、違和感がなく心地よさを感じるという、デザインの真髄を体現したプロダクトと感じる

筆者は、10月に行われたビートウォッシュの新製品発表会でひと目見るなり、「この製品は奥が深そうだ」という印象を持った。実際に、開発経緯やエピソードを伺ってみると、満ち溢れた想像を超える作り手側のこだわりに、感心するばかりだった。今回の取材では、日立が家電全体で掲げた"一見控えめであっても人を魅了するデザイン"というデザインコンセプトが、製品に行き渡りはじめているのだなという実感を得ることができた。