「デザイン」の記事

まさかの連続受賞

1974年(昭和49)、第3回「石井賞創作タイプフェイスコンテスト」の結果が発表されると、人々はふたたび驚きに包まれた。スーボで第2回の1位を獲得した写研社員の鈴木勉氏が、もう一度1位に輝いたのだ。20代前半の若手(当時25歳)、それも主催社の社員が2回連続で1位を受賞したのである(応募点数238点)。

鈴木氏は新書体の開発に意欲的だった。スーボの発売に向けて、チーフとして社内制作チームを指揮しながらも、第3回コンテストへの応募準備を進めていたのだ。

第3回の1位となった作品(のちのスーシャ)は、前回のスーボとはおおきく印象の違う、シャープな表情の横組み専用書体だった。

スーシャ(横組み専用)

その制作意図は次のとおりだ。

〈元来日本の文字は縦書き用であるが、現在では横組が相当多くなってきている。しかし、印刷文字においては同一文字を縦横兼用にしているのが現状である。そこで、横組用文字の制作を試みた。(1)横への視線を滑らかにするために正斜体(傾斜角度約86度)とした。(2)横線については、縦線が傾斜している関係で右下がりに見える欠点を矯正し、右上に抜けるような筆法にした。(3)従来の細明朝体よりも力強さを出すため、縦・横の太さの差を少なくした。(4)ベースラインを揃えるため、文字間の重心を下げた〉

2回連続の1位入賞を、橋本さんは「偉大」と讃える。

こうしてスーシャも商品化されることとなり、鈴木氏は20代半ばにして大量の原字を制作することになった(コンテストの応募作品は約200字。書体として発売するには、これを約6000字に増やさなくてはならない)。少しでも制作期間を短くするためにチームが組まれ、鈴木氏がチームリーダーとなった。

当時の原字課は、課長の橋本さんの下に4、5人がいくつかのチームを組んで、文字制作にあたっていた。

「各リーダーのもと、チームごとに机の島をつくって作業していました。鈴木くんもそのリーダーの1人でした。写研が多書体化するにつれ、それぞれ3、4書体を並行して制作しました。書体の統一性や品質の安定性と、生産性などを考慮して、1チームが4、5年で数書体を並行して担当するようにしたのです」

スーシャは商品化にあたり、組み合わせて使えるようゴシック系見出し書体のファミリーも同時に開発された(のちのスーシャB、ゴーシャE)。鈴木氏がリーダーを務めたチームで約5年をかけて3書体の原字を制作したのだ。

スーシャB(上)とゴーシャE(下)

書体名の「スーシャ」は「鈴木さんの斜体」を縮めたもの。「ゴーシャ」はその「ゴシック版」ということで名づけられた

1979年(昭和54)年に発売されると、スーシャ、ゴーシャとも、広告媒体やテレビのテロップなど幅広い場面で用いられる書体となった。

驚きの依頼

業界1位の写研が開催するコンテストにおいて、2回連続で最優秀賞に輝いたことは、快挙だった。書体・印刷関係者以外にも注目され、鈴木氏の記事が新聞や週刊誌に掲載された。朝日新聞の「ひと」欄に掲載されたインタビュー(1974年6月5日付)では、賞金100万円の使いみちについて「私も年ごろ、相当部分は結婚資金になるんでしょうねえ」と答えた。(*1)

そんなある日、橋本さんは鈴木氏から予想外の依頼を受けた。「結婚式で媒酌人をしてほしい」という頼みだった。お相手は同じ写研社員で、スーボの制作チームにいた女性だった。

「鈴木くんは、よく家に遊びに来てくれたんです。ぼくは1963年(昭和38)に結婚したあと、会社近くの巣鴨に住んでいました。写研に入る前から始めた写真の趣味はずっと続いていて、自宅に押入れ暗室をつくって現像していたのですが、その手伝いに来てくれたものでした」

公私ともに慕っていたからだろう、鈴木氏は橋本さんに媒酌人を頼んだ。媒酌人とは、結婚式や結婚披露宴で新郎新婦の紹介をしたり、2人のサポートをしたりする役のことだ。

「ぼく自身も40歳になるかどうか、というときのことです。まだ若造だというのに、鈴木くんとお相手のお母様が、きちんと着物を着て、家にあいさつに来られた。ぼくだって息子みたいなものでしょうに、親というのはすごいものだなあと、感心するやら恐縮するやら。よい人生経験をさせてもらいました。鈴木くんには輝かしい業績がありすぎて、披露宴では紹介する内容を絞りこまなくてはならないという、うれしい苦労もありました」

橋本さん夫妻はその後、鈴木氏の親しい友人であり写研同期の2組の媒酌人も頼まれたそうだ。

「鈴木くんは結婚したあとも、お正月にはよく遊びに来てくれました。うちの子どもたちも面倒見のよい鈴木くんにはお兄さんのようによくなついて、かわいがってもらったものです」

神のいたずら

20歳で写研に入社し、23歳、25歳でそれぞれ石井賞タイプフェイスコンテストの1位を獲得するなど、はやくから書体設計士としての才能を開花させ活躍した鈴木氏は、1989年(平成元)、40歳のときに写研を退職し、同じく写研を退職した鳥海修氏、片田啓一氏とともに字游工房を設立。1991年(平成3)には制作ツールとしてMacを導入し、ヒラギノ書体の開発などを手がけた。

1995年(平成7)に写研を退職し、フリーランスとなっていた橋本さんに、新たに手がける書体の原字制作を依頼するなど、2人の交流は続いていたが、1997年(平成9)4月、鈴木氏は入院。翌1998年(平成10)5月6日、かえらぬひととなった。49歳という若さだった。

鈴木氏の人と仕事をしのんで制作された『鈴木勉の本』(字游工房、1999年)に、橋本さんはこんな書き出しで寄稿している。

〈「すずきつとむ君」なんと親しみがあり、懐かしさを覚える響きをもった名前で、つい最近まで幾度となく呼んだことでしょう。その鈴木くんを追悼する言葉をこんなに早く綴るのは、全く残念で神の悪戯としか言いようがありません〉(*2)

橋本さんにとって鈴木氏は、ともに書体制作に向き合い、ときに指導しながら、公私ともに深い時間を過ごした後輩だった。橋本さんの代表作とされる本蘭明朝のファミリー化を手がけたのは鈴木氏だった。スーボやスーシャといった個性的な書体から、ヒラギノ書体などのベーシックなものまで。じつに多彩な文字を生み出した書体設計士だった。

「公私ともに、貴重な経験をさせてくれたひとでした」

(つづく)

(注)
*1:「鈴木本」制作委員会編『鈴木勉の本』(字游工房、1999年)
*2:同書 P.97 橋本和夫「鈴木勉くんと私」

話し手 プロフィール

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

これまでの記事一覧ページはこちら

「社会インフラ」と化したフォントの未来を考える

「社会インフラ」と化したフォントの未来を考える

2019.02.14

ここ10年で、フォントがサブスクリプション化

フォントはクリエイターたちにとって「社会インフラ」に

凸版印刷が行う「社会インフラ」への貢献、今後の展望は

印刷される「フォント」から、表示される「フォント」へ。スマホ等の普及やペーパーレスの流れにより、スクリーン上で触れる機会も多くなった「フォント」だが、今や当然と受け止めてしまいがちなこの状況も、直近10年程で変化した結果だ。

一方、印刷物やWebコンテンツを作る側からすれば、フォントを「買い切る」か、「定額利用する」かも大きな変化と言えるだろう。

2月6日~8日の3日間にわたり開催された、印刷業界の展示会「page2019」(東京・池袋)。同イベントでは印刷関連のカンファレンスやセミナーが多数実施されたが、そのなかでも8日に開催された、印刷業界におけるフォント利用にまつわるトークセッション「Adobe Fonts ~これからのフォント環境~」の様子をお伝えする。

フォントをめぐる変化

アドビがホストを務めたこのトークセッションのゲストは、macOSにも標準搭載されているフォント「凸版文久体」を手がけた、凸版印刷 情報コミュニケーション事業部 ソーシャルイノベーションセンターの田原恭二氏と同社の紺野慎一氏。両氏は同フォントの製作統括を担当したという。

凸版印刷の田原恭二氏

まずは田原氏が、凸版文久体について説明した。「目にやさしく、心にひびく。」というキャッチフレーズが付いた同フォントは、戦前からつづく活字の書体をデジタル化したもので、10年前の段階でスクリーン表示を意識して作られた、当時としては先進的な書体であったという。

10年前といえば、まだiPadがこの世に登場したばかり。従来の紙+活字に加えて、スマートフォンやパソコン等で多くの人がスクリーン上に表示される文字に触れ始め、読書環境にもデジタルが普及し始めた段階だ。

当時は印刷用がメインで、デジタル用はオプション的な位置づけだった。設計段階でWebでの表示を考慮した日本語フォントが少ないことに気づき、凸版文久体の開発に至ったという。

このフォントの開発が行われたのは、大手ベンダーのモリサワが提供する「MORISAWA PASSPORT」など、フォントがサブスクリプション形式で提供され始めた頃。これを機に「フォントを買い切って長く使う」形態から、「フォント利用に対して継続的に投資する」スタイルへ切り替わり、印刷会社、デザイナーなど業界関係者にとって仕事にかかせない、水道や電気のような「産業基盤」となったと言えると田原氏は語った。

凸版文久体は「社会インフラへの貢献」を意識して開発された

また、田原氏は、「凸版文久体で大事にしたこと」として、読むリズムの演出、横組みでの可読性、身体的なタイプデザイン、レガシーの継承、そして社会インフラとしての貢献——の5つを列挙。モリサワパスポートへのフォント提供と、macOSへの搭載(macOS 10.12 Sierraより搭載)、そしてWebフォントサービスの「REALTYPE」への提供についても、社会インフラとしての貢献の一環だと説明した。

こうした同フォントの提供形態の多様化は、凸版文久体が開発された頃はサブ的な扱いだった、Webサイトなど「デジタル利用」といえる範囲の重要性が格段に高くなったことを意味していると言えるだろう。

ここで、このトークセッションの進行役を務めていたアドビ システムズ フィールドプロダクトマネージャーの岩本崇氏が、Adobe Creative Cloudに付帯するサービス「Adobe Fonts」を紹介した。以前は「Typekit」という名称で知られていたが、2018年10月にリニューアルされ、サービス名が「Adobe Fonts」に改められている。

アドビ システムズのフィールドプロダクトマネージャー・岩本崇氏(写真右端)。スライドに写っているのは、アドビ開発の日本語フォント「貂明朝」

フル機能のAdobe Fontsは、月額費用がラインナップ中安価なフォトプランを含む、Creative Cloudのすべての有償ユーザーが利用可能。最大100フォントまでだった同期フォント数が無制限になったほか、1万5000種類以上(日本語フォントは185種類)のフォントが利用可能で、Webフォント利用にも対応している、と紹介した。

そして、岩本氏は、Adobe Fontsの新サービス「フォントパック」についても言及。これはテーマに応じパッケージ化された複数のフォントを手軽にインストールできるもので、日本語3種類を含む15種類がラインアップされ、印刷物やWeb、デジタルサイネージ、映像字幕などでの商業利用も可能とのことだ。

印刷業に携わる人の関心を示すように、大入りとなった今回のトークセッション

印刷業界では、Adobe Creative Cloudに含まれるアプリケーションが既に社会インフラ化していると言っても過言ではなく、そこに付属するフォントサービスであるAdobe Fontsへの関心が高まるのは自然なことと言える。

Creative Cloudに付随するサービスであるAdobe Fontsは、2018年10月のTypekitからの改名のタイミングで、Creative Cloudのすべての有償プランにおいて利用可能となった。また、Adobeは、自社開発のフォントにも近年力を入れており、直近では日本語フォント「貂明朝」に、少し抑揚を抑えてデザインされた本文用フォント「貂明朝テキスト」をリリースするなど、フォントに関しても”社会インフラ化”を推し進めている様子が伺える。

果たしてフォントサービスに関しても、Creative Cloudアプリケーションのように印刷業界のディファクトスタンダートとして受け入れられるのか、注目したい。

印刷業界におけるいまの使い勝手

次に、凸版印刷の紺野氏が、Adobe Fontsで提供されているフォントを使う上での注意点を解説した。

凸版印刷の紺野慎一氏

特に強調していたのは、Adobe Fontsのフォントは、Adobe IllustratorやAdobe InDesign上で「パッケージ機能の対象外」である点だ。Adobe Fontsでは膨大な数のフォントが利用できるが、パッケージ機能でフォントが収集されないとなると、出力センターなどではデータのなかにそのフォントが存在しない状況になるため、トラブルになってしまう。

本来、Adobe Creative Cloudユーザー同士であれば、InDesignやIllustratorのファイルを開くだけでAdobe Fontsにアクセスし、必要なフォントを自動的にダウンロードしてくれる。

だが、セキュリティ上の観点から印刷会社ではオフライン状況下で作業するため、自動的にフォントを取得する機能を利用できないことが多い。やはりAdobe Fontsのフォントを使う場合は、PDFにフォントを埋め込むか、あるいはアウトライン化(パスで構成されたオブジェクトに変換すること)してからの入稿を推奨すると語った。

印刷会社へ入稿する場合、フォントの同期トラブルを避けるには、PDFによる入稿が対応策として挙げられる

また、印刷業界では、IllustratorファイルやInDesignファイルのネイティブ入稿が依然として主流ながらも、PDF入稿が増えているという。これは前述のフォント同期を解決する以外に、アプリケーションのバージョンが異なっていてもデータを共有できるからという理由がある。ちなみにAdobeでは、出力の処理スピードを大幅に向上し、作業が効率的となる新しいPDF規格「PDF/X-4」の利用を推奨している。

「元号対応」と社会インフラ貢献の推進

2019年4月1日の新元号発表を控え、印刷業界といえばカレンダー対応などが話題になったが、フォントにもその余波は及んでいる。日本語フォントには「平成」などの元号などを1文字で表す合字(リガチャ)が含まれており、各フォントにも新元号の合字が追加されることが見込まれるからだ。Adobeは、新元号に対応する文字を提供するため、新たな文字集合規格である「Adobe-Japan1-7」を作成し、そこに新しい元号の合字を追加する。

凸版文久体の今後の取り組み

田原氏は、凸版文久体のこれからの取り組みとして、「新元号対応」と「社会インフラ貢献の拡大」を挙げた。

新元号対応に関しては「他のフォントメーカーは新元号の合字について公式にはコメントしていませんが、まもなくアナウンスするでしょう。凸版としてもできるだけ早く新元号対応に取り組む所存です」と述べた。

さらに、社会インフラ貢献の拡大についても言及し、「将来的に凸版文久体をAdobe Fontsに提供できれば、(macOSのように同フォントが標準搭載されていない)Windows利用のCreative Cloudユーザーにも利便性を提供でき、社会インフラ貢献の拡大になりうると思うので、検討したい」と述べ、トークセッションを締めくくった。

フォントのサブスクリプション製品といえば「MORISAWA PASSPORT」を筆頭に複数存在する。だが、金額面や収録内容などから、すべてのクリエイターがCreative Cloudなどのアプリケーションに加え、別途月額を支払ってフォントを使うというのはあまり現実的ではない。

凸版文久体のような歴史あるフォントがAdobe Fontsに加われば、日本語フォントの選択肢は広がる。国内クリエイターの「使える」フォントが広がる動きに期待したい。

1位入賞は社員!?

新しい書体デザインの発掘のために開催された「石井賞創作タイプフェイスコンテスト」(隔年開催)は、1位の賞金が100万円ということでも注目を集めた(*1)。写研としても、少なくとも1位の書体は商品化していくということで、自社の商品ラインナップに関わるおおきな意味をもつ場だった。

1970年(昭和45)に発表された第1回の1位は中村征宏氏のナール。そして、1972年(昭和47)に行われた第2回の1位に輝いたのはスーボという書体だ。デザインしたのは鈴木勉氏(*2)。写研の社員だった。

スーボ

東京デザイナー学院を卒業した鈴木氏が写研に入社したのは、1969年(昭和44)4月のこと。橋本さんが責任者を務める文字盤部原字課に配属された。鈴木氏に初めて会ったとき、坊主頭で礼儀正しいその姿に、橋本さんはデザイナーというより「厳格な武道を志す人のよう」と感じたそうだ。しかし、いざ仕事をしてみるとすぐに、文字のデザインに対して繊細な感覚と技能をもつ人だとわかったという。

その鈴木氏が、23歳、写研入社わずか2年目にして、自社主催のコンテストで1位となった。審査会場で179点の応募作品のなかから鈴木氏のパネルが選ばれたとき、事務局は正直なところ「困ったな」という感想だった。社員が応募してはいけないという規定はない。審査はパネル裏面に記された氏名を隠して行われた。だが、1位獲得となると、どうなるのか。

審議にものぼったが、公正に行われた審査であること、だれもに平等な機会が与えられるべきという審査員の声によって、社員であってもよいと受賞が認められた経緯がある。(*3)

くい込み処理で極太書体を実現

スーボは、それまでだれも見たことがなかったような書体だった。

第2回石井賞創作タイプフェイスコンテストに応募したときに鈴木氏が記した制作意図は、次のとおりだ。

〈写植文字・活字を含め、これといったユニークなディスプレイがないのに着目し、今までにない太さの丸ゴシック体を創作した。従来、太い書体は画数が多い場合、その部分を細くして処理していたが、この書体では“くい込み”の方法をとり、なるべく太さを均一に保つようにした。〉

〈結果的にはこの“くい込み”が面白い効果となったと思う。また、ディスプレイタイプの太い書体は字間が目立つためそれを防ぐ意味で字面を大きくした。利用範囲は限られると思うが、それがかえって印刷物をひきたてることになるのではないか〉

漢字の偏が重なり合う部分や、かなの濁点を重なり合わせることで(くい込み)、太さを均一に保った。

橋本さんは語る。

「極太の画線は線がたてこむとつぶれてしまい、文字として識別できなくなるため、制作ができないと思われていました。それを鈴木くんは、線を重ね、くいこみのデザインをするというアイデアで、文字の識別を可能にしたのです。この丸っこい書体は、『書は体を表す』という言葉のとおり、鈴木くんの姿そのものでした」

鈴木氏の斬新なアイデアでデザインされたスーボは、なんとも明るくユーモラスで、柔らかくおおらかな印象の丸ゴシック体となった。彼を知る人は口をそろえて「鈴木くんのイメージにそっくり」と言った。当時、コンテストの事務局をつとめていた写研の新井孝氏も、こんなふうに書いている。

〈この書体はまさに「書は体を表す」で彼の若き時のイメージにそっくりである。思い切りコロコロ太った柔らかい丸ゴシック、画数の多い文字や濁点がつぶれないように「くい込み」をする細かさ。見かけは豪放磊落だが、本当は神経質な面をもち人にやさしい鈴木君を表しているようだ〉(*4)

1位受賞後、写研社内では鈴木氏を中心に制作チームが組まれ、原字制作が進められた。そして2年後の1974年(昭和49)7月、写研からスーボが発売された。発売されるや、ポスターやチラシ、新聞広告、子ども向け雑誌など、さまざまな媒体で使用される大ヒット書体となった。ふつう、新書体はまず東京で流行し、それが地方に広がっていくものだった。ところがスーボだけは、なぜかまず地方で販売量が伸び、それが東京に浸透していったのだという。(*5)

「以降、スーボは日本のディスプレイ書体におおきな影響を与えました」(橋本さん)

書体名は「スーボ」。「鈴木氏のボールド」という意味だ。この書体名も、「鈴木くんの姿そのもの」といわれる絶妙な名前だった。

(つづく)

(注)
*1:賞金は、石井賞(1位)100万円、2位30万円、3位10万円で各1点ずつ、佳作(若干)は1万円だった。
*2:鈴木勉(すずき・つとむ) 書体設計士。1949年(昭和24)1月、横浜生まれ。東京デザイナー学院卒業後、1969年(昭和44)、株式会社写真植字機研究所(1972年、写研に社名変更)入社。原字制作にたずさわる。1972年(昭和47)、第2回石井賞創作タイプフェイスコンテスト1位入賞(のちのスーボ)。1974年(昭和49)、第3回石井賞創作タイプフェイスコンテスト1位入賞(のちのスーシャ)。ゴーシャ、秀英明朝、ゴナファミリー、本蘭明朝ファミリーなどの制作に従事し、1989年(平成元)写研を退職。同年、同じく写研を退職した鳥海修氏、片田啓一氏とともに字游工房を設立する。以降、ヒラギノ明朝体・角ゴシック体ファミリーなどを制作。1998年(平成10)死去。
*3:「鈴木本」制作委員会編『鈴木勉の本』(字游工房、1999年) P.16-18
*4:同書 P.93 新井孝「『スーボ』誕生の瞬間」
*5:同書 P.103 杏橋達磨「鈴木さんと書体デザイン」

話し手 プロフィール

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

これまでの記事一覧ページはこちら