「デザイン」の記事

1963年(昭和38)以降1995年までのあいだ、写研で開発したほとんどの書体の監修をつとめてきた橋本和夫さんへのロングインタビュー。前回まで4回にわたり、写研での文字制作について聞いた。今回からは再び、具体的な書体開発の話に戻りたい。

新時代の角ゴシック体

1970年代は写研にとって、タイポスとナールの時代だった。これらの画期的な書体の登場は、新書体ブームを引き起こした。写植機の性能も上がり、デザイナーが写植を用いるようになった。写研の文字は、広告や雑誌の誌面を彩る存在となっていった。それまで描き文字で制作されていた広告や雑誌の見出しを写植で打つことも増え、より多彩な書体が求められるようになっていった。

そうした動きの先がけとなったナール(1972年発売)、ナールD(1973年発売)は、発売されるとすぐさま広く使われる人気書体となった。

「作者の中村征宏さんは、もともとテレビのテロップを描く仕事をしていた方でした。そのときに描いていたのが、ナールのような文字だったんです。1970年(昭和45)に第1回石井賞創作タイプフェイスコンテストを開催したとき、それまではどちらかというと無色透明な書体ばかりだったところに、ナールのような個性を前面に打ち出した書体があらわれた。斬新なスタイルだったナールはみごと第1位に輝き、写研から文字盤として発売されました。ナール、ナールDが完成したあと、写研では、次は中村さんにどんな書体をつくってもらおう? という話になりました」(橋本さん)

このころから写研は多書体化に向けて動きはじめていた。それまでは社内で書体をつくっていたのが、中村氏とのコラボレートのように、社外のデザイナーを起用しての書体づくりを積極的に行う方針になっていた。

「あたらしい丸ゴシック体・ナールを描いた中村さんに次作をお願いするなら、同じくフトコロが広く、明るい表情のモダンな角ゴシック体を描いてもらうのがよいのではないか。写植機で再現できる最大の太さをもつ書体で、見出し用に使える極太角ゴシックをつくってはどうだろうか、と中村さんを含めてコンセプトをかためていきました」

そうして制作されたのが、それまでの写植文字のなかでもっとも太い超特太角ゴシック体「ゴナU」だ。1975年(昭和50)秋の第4回写研フェアで発表された。

ゴナU(1975年)『写研38』より

写研発行の機関誌『写研38』(*1)では、新書体としてこんなふうに紹介されている。

〈超極太ゴシック体「ゴナU」は「ナール」の製作者である中村征宏氏がデザインした近代的ゴシック体です。〉
〈従来のゴシック体ではもの足りなかった豪快な力強さをもち、その中にも親しみと柔らかさを併せもった、多目的に活用できる書体です。〉
〈超特太のため、アミ処理もしやすく、工夫しだいで面白い紙面効果が生まれます。〉

ナールとならび、いまでも人気の高い写研の代表的書体・ゴナは、見出し・ディスプレイ用として、まず一番太い「U」のウェイトから生まれた書体だったのだ。

一方、写研の社内では、橋本さんがメインデザイナーとなって大蘭明朝の制作が進められ、ゴナUと同時期に発売となった。

「ゴナUの太さに対応する、写植文字の明朝体として最大の太さの縦画をもつ超特太明朝体を、ということでつくったのが『大蘭明朝』なんです」

同じく『写研38』では、このように紹介されている。(*2)
〈従来の明朝体では出せなかった力強さとシャープな感覚をもつ見出し用明朝体です。〉

かなの種類はスタンダード、OKL、NKL、ディスプレイの4種類があり、目的や媒体によって使い分けられるようになっていた。縦画が太い分つぶれやすいため、50級(12.5mm角)以上での使用が推奨された。

4種類の仮名をもつ大蘭明朝(1975年)『写研40』より 

(つづく)


注)
*1:1976年2月14日発行/P.38
*2:同上/P.36

話し手 プロフィール

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

これまでの記事一覧ページはこちら

深澤デザインを忠実再現した異彩の冷蔵庫が生まれるまで - AQUA「TZシリーズ」

モノのデザイン 第54回

深澤デザインを忠実再現した異彩の冷蔵庫が生まれるまで - AQUA「TZシリーズ」

2019.05.23

世界的プロダクトデザイナーが手がけた新型冷蔵庫

デザインをいか忠実に商品へ落とし込むかに苦心

日本市場でも家電のデザイン性が増々重要になる?

AQUA(アクア)から3月に発売された冷凍冷蔵庫の新製品「TZシリーズ」。世界的プロダクトデザイナー深澤直人氏がデザインを手がけた、インテリア性にこだわった新ラインだ。今回は、本製品が企画された経緯やデザインへのこだわり、実現化において苦労したエピソードなどを、同社商品本部 冷蔵庫企画グループ ディレクター 山本陽護氏に伺った。

世界的プロダクトデザイナー・深澤直人氏とタッグを組んで開発されたアクアの冷凍冷蔵庫「TZシリーズ」。サテンシルバーとダークウッドブラウンの2色をラインナップする

深澤直人氏と言えば、auの携帯電話「INFOBAR」をはじめ、無印良品の家電や、家電・生活雑貨のブランド・±0を手掛けるなど、"デザイン家電"を語る上で知らない人はいないであろう、重鎮的存在。そんな深澤氏がデザインを手がけたAQUAの冷蔵庫は、家電というよりもまさに"家具"。ステンレスのような光沢を抑えた落ち着きのあるシルバー調(サテンシルバー)と、イタリアの高級家具を思わせる重厚感ある木目調(ダークウッドブラウン)の2つのラインナップは、いずれも存在感ある個性を放ちながらも、決して主張はしすぎず、備え付け家具のように空間にしっくりと佇む。

木目調で、シンプルでノイズが少ないデザインはクローゼットのようで、言われなければ冷蔵庫と気付かない人もいるかもしれないほど洗練されている

深澤直人デザインの「冷蔵庫」が生まれたワケ

AQUAと言えば、以前から「COOL CABINET」や「SVシリーズ」など独自性があり、スタイリッシュなデザインの冷蔵庫を投入していた印象があるが、このほど深澤氏がデザインを手がけた冷蔵庫を発売した経緯が気になるところだ。山本氏は次のように明かした。

「深澤氏との商品開発は、中国のHaier本社との取り組みがきっかけでした。Haierがグローバル展開を目標に掲げた今までにないまったく新しい商品のプロジェクトがあり、その1つが深澤氏に冷蔵庫のデザインを手がけていただくプロジェクトだったのです。AQUAとしてもちょうど日本で何かまったく新しい革新的な商品を出したいと考えていたタイミングだったこともあり、AQUAブランドとして真っ先に手を挙げ、Haier・深澤直人さん・AQUAの想いが一致してプロジェクトが本格的に始動しました」

TZシリーズの製品化に至るプロセスは、完全にデザイン先行で行われたという。「今回発売したTZシリーズは、外観も内部も深澤さんから最初にご提案いただいたプロトタイプのデザイン画と比べてほとんどそのままです。外観のデザインに関してはAQUAからのオーダーというのはほとんどなく、最初から最後まで『深澤さんのデザインをいかにして実現するか』ということに重点を置いて進めていきました」と山本氏。

他方、AQUAがメーカー側として手を尽くしたのは、"冷蔵庫としての使い勝手"に関する部分。TZシリーズでは、例えば内部の棚割の寸法やペットボトルが効率よく収められる設計、扉などの部品の開けやすさと安全性を両立させる工夫や、手に馴染む角の丸みの施し方といった細かい部分まで抜かりなく配慮が行き届いている。

「海外にはデザインのいい冷蔵庫が多くありますが、使い勝手の部分で不満が残るという製品が少なくありません。しかし、我々には、三洋電機時代から培った技術観点から"こうしたほうがもっと使いやすくなる"といった知見がたくさんありますので、そうしたリソースや技術をうまくアレンジした商品作りができるのが強みです」

外観に関しては深澤氏のデザイン案を忠実に再現した一方、棚割などは内部に関しては、"使いやすさ"を最優先にメーカーの長年が盛り込まれている
通常はボトル収納用の棚が並ぶ形が多い扉の内側のドアポケットだが、チーズなどを収納できるケースを用意し、独自性を打ち出した
下段に独立して設けられることが多い野菜室も、操作動線と見やすさを考慮して、上段の冷蔵ルーム内に。庫内はLED照明をふんだんに用い、透明のケースや棚板を用いることで美しさと視認性のよさを実現した

冷蔵庫市場の潮流にあえて逆らったカタチに

500Lクラスで最薄となる635mmの薄型設計を採用している点も大きな特長として挙げられる。大容量が求められる傾向にある昨今の日本の冷蔵庫市場においては、それを実現するために横幅を狭くして奥行を深くするという手法が採られた製品が主流だ。しかし、次のような理由から、TZシリーズではあえてその潮流に逆らい、奥行を浅くして、そのぶん横幅を830mmと広くするという方法が採られている。

使い勝手を考えると奥行は深すぎないほうがいいと考え、思い切って規格外の浅めの奥行を採用。容量を確保するために、そのぶん横幅を広げることに

「実現したかったのは、薄型で幅広のデザイン。冷蔵庫の奥行が深いと、棚の奥のものを取り出しにくかったり、引き出しも深くなり、扉を開けた時に冷蔵庫前のスペースが狭くなり、人が通れなくなるなどのデメリットがあります。そこで"使いやすさ"にこだわると、奥行は浅いほうが正解。そこで横幅を広くしてでも薄型の設計に徹底的にこだわりました。中国市場でも展開している薄型フレームを一から設計し直し、扉の部分は極力薄く、閉じた時に家具のように一枚扉にみえるよう上下の扉の隙間を狭くするなど細かな調整を数多く行っています」

閉じた時に一枚板に見せるために、極力薄く、隙間を狭くしなければならなかった扉部分。一方で、開け閉めの際の指のかかりやすさや、安全性を両立させなければならず、角の角度はミリ単位で調整されたという

内部のレイアウトも独特な特徴がある。大まかに上半分が冷蔵室、下半分が冷凍室という構成は、一般的な日本の冷蔵庫と変わらないが、冷凍室部分が扉を開くと中が左右縦に2つに分かれた構造。さらにそれぞれ引き出し式の3段の棚を備えており、下半分がすべて引き出し式で構成される日本の冷蔵庫の主流とは大きく異なる。Haierグループ内部では"T型"と呼ばれている冷蔵庫のプラットフォームで、アメリカや中国でもメインで販売されているレイアウトの商品だという。

"T字デザイン"と呼ばれる独自のレイアウトを採用した冷凍庫。左右の扉を開けると左右2列にそれぞれ3段の引き出し式の冷凍ルームになっている

「我々AQUAとしてもいつかは日本市場に投入してみたいと思っていた形でした。しかし、深澤さんのデザイン図に基づいて忠実に商品に落とし込もうとすると、思った以上に大変でした。全体的に美しい曲線が特長ですが、強度や安全性とのバランスを保つのが非常に難しく、中でも特にチャレンジングだったのは"成型"です。商品の見た目はシンプルですが、製造現場からはこんなに難易度の高い冷蔵庫はかつてないと言われてしまったほど、製造泣かせのデザインでした(笑)」

外観だけでなく、見た目の美しさと手で触れた際のなじみやすさを考慮し、棚やケースなど内部の部品も曲線にこだわり設計されている

構造状の課題となった「省エネ」との両立を目指して

デザインと冷蔵庫の機能・性能をきちんと両立させるためにもう1つ難しかったのは、"省エネ性"の確立だ。というのも、省エネ性の観点からは不利な条件が揃ってしまうのだという。

「横幅が広くなることで、扉の開口部も自ずと広くなってしまいます。そうすると、庫内の冷気が逃げやすくなってしまうため、まずは幅広の真空断熱材をふんだんに使って断熱性を強化しました。フリーザーが大きいことも省エネ性を高めにくい条件のひとつです。霜取り運転時に使用するヒーターの暖かい空気が庫内に流れ込んでしまう問題があり、"フレッシャー・シールド"と呼ばれる風路を遮断する機構を採用するなど、さまざまな技術を組み合わせることで省エネ性を確保しました」と山本氏。

横幅が広がることで、扉の開口部も大きくなり、冷気が逃げやすくなり、庫内の温度が上がりやすくなってしまった問題に対処するため、内側には幅広の真空断熱材が敷き詰められている
霜取り運転時に作動するヒーターによる暖気が庫内に流入するのを防ぐため、"フレッシャー・シールド"と呼ぶ風路を一時的に遮断できる機構が設けられている

冷凍室の性能を表す基準には、"フォースター"と呼ばれるJIS規格がある。平均冷凍負荷温度-18℃以下、冷凍食品保存期間の目安が約3カ月、100Lあたり4.5kg以上の食品を24時間以内に-18℃以下に凍結できる"フォースター"は最高レベルの冷凍能力に与えられるが、実はTZシリーズではつ6あるすべての冷凍室ボックスがフォースターの仕様だ。山本氏によると、すべての冷凍室がフォースターを獲得している製品は実は市場にほとんどない、とのことだが、省エネ性という面では不利な条件が多いにもかかわらず、それを実現したのは「AQUAだからこそ、と言ってもらえるよう、冷凍品質にもこだわりたかった」からだという。

上部の左右のドア下にもLED照明を設置。冷凍ルームを全体的に明るく照らすことで、ライトアップ的な見た目の美しさとともに、食品を見やすく、探しやすくして使い勝手も向上させている

デザイン性の高い家電が日本でも増々流行る?

世界的プロダクトデザイナーとのコラボレーションから生まれた、AQUA(アクア)の冷蔵庫の新ライン。深澤氏のデザイン画を忠実に再現しながらも、家電メーカーとして"使い勝手のよさ"には決して妥協しなかった。そこには、アクアにおける、家電製品全体のデザインに対する思想や共通した考え方があるためだ。

「AQUAブランド全体の考え方としては、"心地よさ"というのが大きなテーマです。日々の生活が心地よくなるようなデザイン・性能を目指しています。具体的には "ユーザーのライフスタイルと空間に溶け込むデザイン"。インテリアになじむ、生活空間を邪魔しないものを考えています」

TZシリーズの企画・開発の包括的な責任者として製品を担当した、AQUA 商品本部 冷蔵庫企画グループ ディレクター 山本陽護氏

家電製品の中でも、冷蔵庫は耐久消費財と呼ばれ、買い替えサイクルは長い。「冷蔵庫はお客様にとってタッチポイントが非常に長い商品です。冷蔵庫は日に何回も開け閉めし、10年以上使われるお客様もいます。だからこそ、見た目にも中身にも妥協しないよいものをご提供したい。今回のTZシリーズは今までにはなかった商品として開発できました」と思いを語る。

山本氏によると、日本はHaierグループ内でもとても重要視されているマーケットとのこと。「日本発の家電メーカーとして冷蔵庫、洗濯機の開発・製造・販売に長年携わっている我々だからこそ、企画できる商品というのがまだまだあると考えています。今回の商品を皮切りに、第2弾、3弾とイノベーティブな商品を世に送り出していくつもりです」と今後への意気込みも話してくれた。

ここ数年、日本の消費者の間でも家電にデザイン性やインテリア性を求める人が増えつつある。そんな中で、世界的デザイナーと高い技術力を持つ日本のメーカーの一蓮托生で生まれた、ひと際異彩を放つ今回の新商品。実用化までに至る経緯や過程を聞く限り、想像していた以上に革新的でチャレンジングだったようだ。

1963年(昭和38)以降1995年までのあいだ、写研で開発したほとんどの書体の監修をつとめてきた橋本和夫さん。その文字制作について、あらためて聞く第4回。今回は、文字盤の製作についてまとめたい。

詰め組みは原字部門泣かせ

写植が広告などでよく使われるようになった1970~80年代、「詰め組み」が流行した。「詰め組み」とは文字どおり、字間を詰めて組むこと。この時代、広告のキャッチコピーやタイトルなどの大きな文字は、とりわけ“詰め詰め”で組まれたものだ。 

1970年の広告から、詰め組みの例。文字がくっつくかどうかのギリギリまで詰めている

「詰め組みは、ぼくたち原字描きにとっては罪な流行りでしたね……。ベタ組みであれば、字間がすこし空きますから、隣り合う文字同士の線の太さに多少の差があっても目立たない。ところが詰め組みの場合、文字がくっつくかどうかのところまで詰めていましたから、隣り合う文字同士の線を比較するようなことになり、線の太さや黒みのムラが目立ってしまったんですね」

文字品質の追求がシビアに行われるなかで、それにこたえる原字をつくっていくには、とにかく「見る目をよくすること」だったと橋本さんはいう。

「スケッチして墨入れをして原字を描くという実技も大事でしたが、原字部門の人には、原字を比較し、どうしたらよく見えるのかを評価する能力も求められました。どんな文字同士を組み合わせても組版にムラの出ない、品質の高さをもつ文字をつくるためには、どう修正したらよいのか。そういう目で原字を評価し、制作していましたからね。だから、当時の写研の原字部門にいた人たち(現在も書体デザイナーとして活躍している藤田重信氏や鳥海修氏、今田欣一氏、小林章氏など)は、書体を見る目がかなりあるのではないかと思います。そういう教育をされていたので」

奥歯を噛み締めた文字をつくる

「見る目をよくする」教育とはどういうことだったのだろう?

「監修者のぼくやチーフの検査を受けるだけでなく、制作している人同士が互いに評価していたんですね。自分が描いた原字を評価してもらう一方で、人が描いた原字の評価も行う。この、『人の原字も評価する』ということが大切なんです。自分の描いた原字しか見ていないと、自己満足でなんでもよくなってしまう。けれど人の描いた原字を見ると、岡目八目じゃないけれど、かえってその出来がはっきり見えるんですね」

橋本さん自身、描くというより監修という立場だったからこそ、文字の出来不出来がよくわかったという。

「ひと目見てパッとわかるんですね。『あ、これはダメ』と。そうやって厳しく品質管理をしていましたから、写研から出した書体にはあまり『ええっ?』と思われるようなものはないのではないかと思います。写研の書体は、ウイークポイントが少ないというか、訴求力があるというか。どんなコンセプトのものでも、その書体なりにまとまっていたのではないでしょうか」

「ぼくは原字の人たちによく『奥歯を噛み締めた字をつくりなさい』と言いました。身体の力を抜いた状態ではなく、奥歯をグッと噛みしめると、精神が少し締まって緊張する。そういう状態で対峙したほうが、文字の出来がはっきりと見える。だから、奥歯を噛み締めたときによく見える文字をつくりなさい、と伝えていたのです」

文字盤製作というブラックボックス

原字制作についてはいろいろ話してくれた橋本さんだが、文字盤の具体的な製作工程の話になったとたん、言葉を濁した。

「そこは一番の企業秘密で、写研が外部に明らかにしなかったことなんです。特に明かさなかったのは、ネガフィルムをつくる部分ですね。写研には時々見学者がいらしたのですが、原字部門や後工程については、廊下からも窓ごしに作業の様子が見られるようになっていました。しかし文字盤のネガフィルムをつくる部門だけは、そのフロア自体にそもそもエレベーターをとめず、見学コースからはずしていました」

サブプレートと呼ばれる写研の小さな文字盤には、横21×縦13で273文字が収録されていた。この書体は「タイポス45」

写植機をつくるところも見学可能だったというから、原字を文字盤のネガフィルムにする部分は、写研にとってもっとも秘密にしたい心臓部であったといえる。

「機械は入手して分解すれば、どういうしくみになっているかがわかります。原字を描く作業も、他社でも行っていることなので、だいたい想像がつく。しかし原字を縮小撮影して文字盤用のネガフィルムにする工程は、撮影していることは想像できても、具体的にどのようにして精度を出しているかは、フィルムを見ただけではわからない」

「写研の見学者はまず、原字制作を見せてもらう。『手で描くんですか、大変ですね』なんて言いながら部屋をのぞく。そして次に通される部屋では、原字はすでに文字盤になっており、『これが完成した文字盤です』『そうですか』というやりとりが交わされるという流れでした」

筆者は、これまで写研関連の文献を読んでいても、文字盤制作のところだけがぼんやりしていて具体的な工程が見えないと感じていた。その理由が、橋本さんの言葉からようやくわかった。

 (つづく)

話し手 プロフィール

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

これまでの記事一覧ページはこちら