「ダイハツ」の記事

女性向け商品を“盛らずに”開発、ダイハツの新車「ミラ トコット」

女性向け商品を“盛らずに”開発、ダイハツの新車「ミラ トコット」

2018.06.25

ダイハツ工業が新型軽乗用車「ミラ トコット」を発売した。顧客として「若い女性」に思い切ってフォーカスした新型車だが、あえてダイハツは“カワイイ”を封印し、“盛らない”クルマづくりに取り組んだという。その背景には、若年女性市場に対するどのような分析があるのか。

ダイハツが発売した新型軽乗用車「ミラ トコット」(Mira TOCOT、画像は全てダイハツ工業の提供)

“盛る”のではなく“素の魅力”で勝負

ミラ トコットの開発を担当したダイハツ製品企画部の中島雅之チーフエンジニア(CE)は、このクルマを「“盛る”のではなく、新しい女性の感性に合わせ“素の魅力”、シンプルに向けて作りこんだ」とする。若年女性をターゲットにした商品が陥りがちな“カワイイ”の罠を回避したといったような口ぶりだが、このようなクルマづくりを決めた背景には、ダイハツ女性社員のプロジェクトチームによる調査結果があった。

「トコット」(TOCOT)というネーミングは、「TO Character」(自分らしさの表現)、「TO Comfortableness」(安心・安全、運転しやすさ)、「TO Convenience」(使いやすさ)の最初の3文字(大文字部分)から考えたという

「かわいすぎて、自分には無理かな」。女性社員プロジェクトチームの一員で、ミラ トコットの開発に携わったダイハツ製品企画部の木村友喜氏は、ダイハツ「ミラ ココア」などの“カワイイ”クルマが自分には合わないと感じている女性の意見を紹介した。顧客の声を徹底的に聞きこみ、商品に反映させるのがダイハツの強みと語る木村氏は、「近年は女性、特に初めてクルマを購入する若年層から、『自分に丁度いいクルマが見つからない』という声が聞かれるようになった」とし、「ベース車両に『かわいさ』や『格好よさ』といった要素を加える『盛る』という発想を転換し、徹底して素の魅力にこだわり、シンプルにしていくという考え」でクルマづくりに取り組んだという。

かわいすぎてクルマが売れないこともあるようだ

若年女性市場の見方をアップデート

木村氏は調査の中で、近年の若い女性の感性が変化していることに気づいた。具体的には「流行に左右されず、異性や他人にこびず、自分らしさを表現したい。一昔前の『もてファッション』、女性らしさというトレンドから、シンプルでありながら自分らしさの軸を持つ女性が増えている」という。

基本はシンプルな「ミラ トコット」だが、好みに合わせてクルマに個性を持たせられる「アナザースタイルパッケージ」をダイハツは用意している。左は「スイートスタイル」、右は「エレガントスタイル」だ

「女性向け」であることを前面に打ち出すダイハツだが、男性客についてはどう考えているのか。中島CEは「戦略的には割り切っていかざるをえない」とし、「ダイハツとしては若年男性、子育てから離れた夫婦などにも十分に勧められる商品と認識しているが、若い世代のお客様が欲しいというのが最大のポイントなので、最重要ターゲットとして若年女性という旗を揚げた。違うことを言うと、商品そのものがぼけて伝わってしまうので」と戦略的判断の背景を説明した。

そんな経緯で誕生したダイハツのミラ トコットとは、どういうクルマなのだろうか。

ミラ トコットのキーワードは、肩肘はらず、自然体でいられるという意味で「エフォートレス」としたそう。開発にあたり中島CEは、女性が安心して運転できるようさまざまな部分に気を配り、初めてクルマを購入する女性にも無理のない価格設定を目指したそうだ。

「ミラ トコット」のキーワードは「エフォートレス」だ

3つの安心にこだわったクルマづくり

クルマに乗る女性からは、必要に迫られて毎日のように運転しているが「怖い」との声をよく聞くという中島CE。ミラ トコットでは、「座って安心」「乗って安心」「もしもの時に安心」の3点にこだわったという。

「座って安心」でこだわったのは運転のしやすさだ。水平基調のレイアウト、少し(垂直方向に)立ったフロントピラー(フロントウィンドウとサイドの間の柱)、しっかりと正面を向いたヘッドランプなどが特徴だという。運転する時にはボンネットの先端が見やすく、車両感覚がつかみやすいそうだ。

ボンネットの先端が見やすい「ミラ トコット」。斜め後方のクルマも確認しやすそう

「走って安心」については、軽自動車で初めて「パノラマモニター」と「コーナーセンサー」の双方を搭載。つまり、駐車時やすれ違い時には、モニターでクルマを上から見たような画像を確認できて、センサーで障害物を検知できるということだ。女性に訴求しているだけあり、ステアリングは徹底的に軽さにこだわっているという。

軽自動車で初めて「パノラマモニター」と「コーナーセンサー」の双方を搭載した

「もしもの時に安心」という面では、ステレオカメラを用いた衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を装備した。衝突警報、緊急ブレーキ、車線逸脱警報、誤発進抑制制御などの機能がミラ トコットの安全性向上に寄与する。安全面で特筆すべきは、軽自動車で初めて「サイドエアバッグ」と「カーテンシールドエアバッグ」が全グレードで標準装備となっている点だろう。

「サイドエアバッグ」と「カーテンシールドエアバッグ」が全グレードで標準装備となる

男性が乗ってもおかしくないところも魅力か

気になる価格は、税込みで107万4,600円~142万5,600円から。同社の軽自動車「ミラ イース」と比べると、だいたい10数万円は高い印象だが、中島CEは「サイドエアバッグが全グレードでついていたりするので、中身を考えると10万円を余計にもらえるネタはしっかり入っている」とする。月間販売目標は3,000台だ。

「ミラ トコット」が見据える若年女性市場に開拓余地は

では、実際のところ、若年女性市場には開拓の余地があるのだろうか。「まだまだ開拓できる」と話す中島CEは、「若い女性・新卒女性の平均年収を調べると、正規雇用率が下がっているので、平均すると落ちてきている。それなのにダイハツは、わざわざ高いクルマを続けてきた格好になっているので、価格にこだわってクルマづくりをしたいと考えた」とし、価格面でも若年女性に訴求できるとの認識を示した。

日本全国でいくと、都道府県の半分近くで軽自動車比率が5割を超えるか、それに近い水準らしい。ミラ トコットが都会よりも圧倒的に地方で売れると見る中島CEは、「高校を卒業し、大学に行きたいが電車では遠いところが結構ある」のが地方の現状であり、そういうところだと「家に行くとまず大きめの輸入車があって、大きなワゴンがあって、あとは『軽』が止まっていて、それと『ハイゼット』みたいなパターンが多い」とする。その軽自動車需要を狙うのがミラ トコットだ。

そういう家では結局、軽自動車がファーストカーの地位を占めることになりがちだそう。輸入車やワゴンは家族で遠出する時に乗って、その他のケースは軽で済ませるという家族は確かに多そうだ。家族全員で運転することを考えると、ミラ トコットのシンプルさは強みになるし、例え男性であったとしても、オシャレに乗れそうなところも魅力の1つといえるだろう。

ダイハツ「ハイゼット トラック」が軽トラ初の装備を採用した理由

ダイハツ「ハイゼット トラック」が軽トラ初の装備を採用した理由

2018.05.21

ダイハツ工業は軽商用車「ハイゼット トラック」を一部改良し、軽トラックで初めてとなる「衝突回避支援ブレーキ機能」(いわゆる自動ブレーキ)を搭載した。この機能の体験会では、ダイハツが軽トラックに自動ブレーキを付けた背景についても話を聞くことができた。

ダイハツが軽商用車「ハイゼット トラック」を一部改良し、軽トラ初となる自動ブレーキを導入した

軽トラでトップシェアの秘訣は

「ハイゼット」はダイハツで最も歴史の長いクルマで、「ハイゼット キャディー」やバンの「ハイゼット カーゴ」など、いくつかのボディタイプがある。「ハイゼット トラック」は1960年に初代が登場し、これまでの累計販売台数は420万台を超えている。この8年は軽トラでトップシェアだ。

多彩なカラーバリエーションも特徴の「ハイゼット トラック」(左)。価格は税込みで68万400円~139万8,600円からだ。右は「ハイゼット カーゴ」

「ハイゼット トラック」の強みは何か。ダイハツの鈴鹿信之チーフエンジニアは「頼れる、仕事がしやすい、安い」の三本柱に加え、キャビンを拡張した「ジャンボ」や天井を高くした「ハイルーフ」、特装車(例えば保冷車)などの豊富なバリエーションを挙げる。徹底的な市場リサーチに基づく車両開発にもこだわっているそうで、2014年のフルモデルチェンジで誕生した現行「ハイゼット トラック」では、開発に際して「全国各地、各業種」の顧客に話に聞いて、「さびに強い、しっかり走れる、収納が欲しい」(鈴鹿チーフエンジニア)などの要望を集めて商品に反映させたという。

鈴鹿チーフエンジニア

軽トラ市場で高まる安全性への要求

軽トラ初の自動ブレーキ搭載に踏み切った背景にも顧客の声がある。鈴鹿チーフエンジニアによれば、軽トラの近年の用途としては、買い物などの日常生活全般で使う人が増えているとのこと。ユーザーの年齢層としては60代以上の高齢者が増加しているそうだ。そういった状況から、乗用車同様に自動ブレーキが欲しいとの声が多くなっているという。

軽トラの市場動向を見ると、主に乗用で使用する比率が高まっており、ユーザーの年齢層は60代以上が拡大しつつある。次に軽トラを購入する際には「安全面」を重視するという人も増えているそうだ。ちなみに「ハイゼット トラック」は、ステレオカメラを活用した「前方誤発進抑制制御機能」も搭載。オートマチック(AT)車でのペダル踏み間違えによる事故を防ぐ装備だ

そこでダイハツでは、今回の改良で「ハイゼット トラック」に衝突回避支援システム「スマートアシストⅢt」を採用し、軽トラ初でありダイハツのMT(マニュアル・トランスミッション)車としても初めてとなる衝突回避支援ブレーキ機能を搭載した。

自動ブレーキの仕組みとしては、フロントガラス中央上部に取り付ける世界最小サイズのステレオカメラで前方の車両および歩行者を認識し、衝突の危険性がある判断すると、まずはブザーで警報を出す。さらに危険性が高まると事前ブレーキが作動し、最終的には緊急ブレーキがかかる。

自動ブレーキのデモの様子。ごく当たり前の話だとは思うが、数十回は繰り返したであろうデモでは百発百中で自動ブレーキが作動していた

日本の軽トラ市場は農家が減っていることもあり少しずつ縮小しているというが、それでも地方では足代わりとなっている側面もあり、一定規模の根強い需要がある。そんな軽トラ市場では、ユーザーの高齢化や女性ユーザーの増加といった流れもあるので、クルマ選びで安全性を重視する購入者は増えていくだろう。軽トラ初の自動ブレーキが、そういう消費者に響くのは間違いなさそうだ。

ダイハツ「ハイゼット カーゴ」がマイナーチェンジ、改良の目玉は?

ダイハツ「ハイゼット カーゴ」がマイナーチェンジ、改良の目玉は?

2017.11.13

ダイハツ工業は軽商用車「ハイゼット カーゴ」および軽乗用車「アトレー ワゴン」をマイナーチェンジして発売した。「マイナーチェンジと言えどフルモデルチェンジに近い」(ダイハツの松林淳専務)という今回の改良だが、目玉は衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」の採用だ。

マイナーチェンジを受けて発売となった軽商用車「ハイゼット カーゴ」

全面改良に近い追加要素

1960年に発売となった軽商用車「ハイゼット」は、農業や建設業、配送業など、幅広い業種で使われるクルマで、累計生産台数は400万台を超える。ダイハツにとって最も歴史のあるモデルだ。

ハイゼット カーゴは1961年の発売で、現行モデルは10代目となる。フルモデルチェンジからは13年が経過しているが、ダイハツ取締役で専務執行役員の松林淳氏は、「マイナーチェンジと言えどフルモデルチェンジに近いくらい色んなアイテムを盛り込んだ」と今回の改良に胸を張る。

マイナーチェンジの発表会に登壇したダイハツの松林専務

外観を一新したほか、こすりやすいバンパーの角の部分を着脱可能な「コーナーピース」とするなど改良点は多いが、マイナーチェンジの目玉はステレオカメラを用いた衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」(スマアシⅢ)の採用だろう。

こすりやすいバンパーの角は20mm切り上げた。色が黒いので傷は目立たないし、修理するとしても着脱可能なので従来よりは安く済むという

安全装備の充実を打ち出す自動車メーカー

昨今、新車の発売やモデルチェンジでメーカーが安全面を強調する事例が増えている。例えばホンダは、軽自動車「N-BOX」のフルモデルチェンジで安全運転支援システム「ホンダセンシング(Honda SENSING)」を全タイプ標準装備としていたし、ダイハツも軽乗用車「ミラ イース」をフルモデルチェンジした際、低価格や低燃費といった従来の競争軸を押さえた上で、「安心・安全」を新たな軸とするとして「スマアシⅢ」の初採用を強調していた。

軽商用車にとっても、安心・安全は重要な競争軸になっているようだ。

50年超の歴史を持つハイゼット、変わるユーザー像

ダイハツによると、ハイゼット カーゴが属する軽キャブバン市場の規模は、ここ10年で大きく変わらず、19万台前後で推移しているという。しかし、ハイゼット カーゴはフルモデルチェンジから13年が経過し、使われ方や使う人が変わっているようだ。ダイハツはマイナーチェンジに際して、社会情勢の調査やユーザー調査などをしながら企画立案を行った。

軽キャブバンの市場環境

ダイハツの調査によれば、ハイゼット カーゴを使う業界ではユーザーの忙しさが増している。例えば東京オリンピックを控えた建設業であったり、ECが増えた配送業であったりといった具合だ。使う人は高齢化しつつあり、就業率が向上している女性が運転するケースも増えているという。そんな状況もあって、クルマの「安心・安全」に対するユーザーの関心がますます高まっているそうだ。

ハイゼット カーゴを使用するユーザー像にも変化がありそうだ

事業主にとっても買いたいクルマに?

ダイハツが今回、軽商用車としては初めて搭載した「スマアシⅢ」は、ステレオカメラにより、歩行者も認識して作動する衝突回避支援ブレーキが特長だ。他にも車線逸脱警報機能であったり、誤発進抑制制御(前・後方)といった機能がある。

ダイハツ広報に聞くと、例えば事業主として軽商用車を購入する顧客は、客先に出向くクルマで事故などを起こしたくないという意識があるので、安全装備を欲しがるケースが多いという。また、そもそも法人向け車両を供給しようと考えた場合、対人のブレーキ支援が付いていなければ、そもそも入札に参加できないというケースも存在するそうだ。

「ハイゼット カーゴ」の価格帯(税込み)は93万4,200円~149万5,800円。「スペシャル」というグレードの4AT、2WDで比べると、スマアシⅢの有無で価格差は6万円強だ

軽自動車は価格の上昇が販売に大きく響く車種なので、新たな装備を搭載するにも制約があるはずだ。しかしダイハツでは、「先進技術を皆のものに」(松林専務)という考えのもと、「軽自動車やコンパクトカーなど、より経済性を重視されるカテゴリーでも、顧客に喜んでもらえる機能と価格で、これらの(先進)装備を届けること」(同)を重視していくという。