「ジャストシステム」の記事

サブスクリプション導入の日本語入力システム「ATOK」、次の展開は?

サブスクリプション導入の日本語入力システム「ATOK」、次の展開は?

2018.12.14

ジャストシステムが「ATOK」「一太郎2019」を発表

スマイルゼミが成長を牽引し、上場以来の最高益を達成

枚方(ひらかた)を「まいかた」から変換できる新機能も

ジャストシステムが日本語入力システム「ATOK」の最新版や、校正機能などを強化した日本語ワープロソフトの最新版「一太郎2019」を発表した。

クラウド型通信教育「スマイルゼミ」が好調のジャストシステムだが、PCユーザーにとっては長らく看板製品となってきた一太郎やATOKのほうが馴染み深い人も多いはずだ。その最新版からジャストシステムの狙いを読み解いていく。

ジャストシステムが最新の「ATOK」や「一太郎2019」を発表

好調な業績を背景にサブスクリプションに移行

2009年にキーエンス傘下となったジャストシステムは、2010年から業績を安定して伸ばしている。2018年度上期の営業利益と経常利益はともに約47億円強で、株式上場以来の最高益を達成するなど好調が続いている。

その好調を支えるのがタブレット端末を利用したスマイルゼミだ。従来の小学生コース、中学生コースに加え、12月1日には小学校入学までの学習需要をターゲットにした「幼児コース」を追加するなど、対象年齢を拡大している。

その好業績を背景に、2017年12月にはATOKのビジネスモデルを大きく刷新した。それが「パッケージからサブスクリプションへの移行」だ。店頭やダウンロードで販売してきたパッケージ版を廃止し、月額制のサブスクリプション「ATOK Passport」に一本化。「ATOK 2017」を最後に、製品名から「2017」などの発売年によるナンバリングがなくなった。

こうしたパッケージからサブスクリプションへの移行は、米Adobeなど大手ソフトウェア企業が採用したことで世界的なトレンドになっている。以前は毎年のバージョンアップで機能を追加し、乗り換えを促してきたのに対し、月額制ではより細かいサイクルで改善していくことが可能になり、安定した収益を確保できるなどメリットは大きいとされる。

グーグルやマイクロソフトは無料で日本語入力ソフトを提供していることもあり、毎月料金を取られることを不満に思う人もいるだろう。だがATOKはクラウドを利用した学習データの同期や、辞書にない流行語を追加するなど、サービスも充実している。日本語の変換効率の高さを重視する人なら、サブスクリプションは納得感のある内容と言えそうだ。

変換に機械学習を取り入れ 課題はiOS

毎年の大きなバージョンアップはなくなったATOKだが、近年は日本語入力の効率を大きく向上させる可能性のある技術が出てきた。それがディープラーニングなどの人工知能分野の技術だ。

日本語は同音異義語が多く、ひらがなを漢字に変換する場合、入力者が思い浮かべた単語をいかにして予測するかが効率を左右する。ATOKは前後の文脈を考慮したルールに基づいて変換してきたが、ディープラーニングによりルールにない日本語の特徴をとらえることができるという。

その「ディープコアエンジン」をATOKは2017年に搭載。さらに今回はサブスクリプションの上位版で利用できるAndroidアプリ版にも搭載し、モバイルの入力効率を改善してきた。画面の大きさに限りがあるスマホでは、文字入力や変換候補の選択がよりシビアになるだけに、確実な効率アップにつながりそうだ。

Android版にもディープコアエンジンを搭載

Windows版の新機能としては「地名入力支援」機能を搭載。「枚方」(ひらかた)を「まいかた」でも変換できるようになった。こうした誤った読みに対応することで混乱を助長する恐れはあるものの、変換できなければグーグル検索で調べることもできないのが現実だ。そこでジャストシステムは漢字には変換しつつ、本来の読みも表示するという方法で要望に応えた形だ。

「枚方」(ひらかた)を「まいかた」でも変換できる

iOS機器での使い勝手向上に期待

一方、大きな課題として残っているのがiOS対応だ。ATOKは最新のiOSでも利用できるものの機能制限は多く、App Storeの評価は5段階中2.8と低迷している。世界でも類を見ないほどiPhoneのシェアが高い日本で、なぜiOS向けに注力しないのか疑問の声は多い。

背景には、iOSがセキュリティ上の理由からサードパーティの日本語入力ソフトの振る舞いを制限している事情がある。スマホの文字入力は個人情報やパスワードを扱うことから最もセキュリティレベルが高い機能と位置付けられており、ジャストシステムとしても手を出せないという。

特に、仕事用タブレットとして大きく進化したiPad ProにおいてATOKの使い勝手の向上を望む声は大きい。ビジネスの現場における生産性向上に期待したいところだが、その実現はもう少し先になりそうだ。

笛吹けど世間は踊らず…プレミアムフライデーに4割「あきらめている」

笛吹けど世間は踊らず…プレミアムフライデーに4割「あきらめている」

2017.04.28

月末金曜日の夕方に載せる記事で言うのも何だが、多くの人たちはプレミアムフライデーに、早帰りすることををあきらめてしまっているらしい。この制度は見限られてしまったのだろうか。

本制度は、消費拡大を目指し、今年の2月から始まったもの。「月末金曜は、少し早めに仕事を終えて、ちょっと豊かな週末を楽しみませんか?」と、プレミアムフライデー推進協議会は、仕事を早めに切り上げ、豊かな週末を過ごすことを促す。

こんな笑顔になりたいものだ

ビジネスソフトウェア大手のジャストシステムは、20代から60代の男女1,057名を対象にプレミアムフライデーに関するアンケートを行った。本アンケートによると、大型連休前のプレミアムフライデーについて、約4割の人が「早帰りをあきらめている」という。「特にいつもと退社時間は変わらないとあきらめている」という人が最も多く、37.3%だった。一方で、「なんとしても15時退社したい」人は4.2%、「できれば15時に退社したい」人は8.4%、「15時は無理なので、せめていつもより早く帰りたい」人は5.5%と、厳しい現実が垣間見える

4月のプレミアムフライデーは15時に帰れる? (出典:ジャストシステム)

さらに、実施の時期においても、約6割が「月末という条件を変えたほうがいい」と回答。確かに、月末月初は仕事が集中する傾向がある。ただでさえ遅く帰っていたのに、いつもより早く帰れと言われても、無理があるだろう。

プレミアムフライデーの実施時期について (出典:ジャストシステム)

プレミアムフライデーが施行されて二カ月、どれだけの人がこの制度を利用できたのだろうか。「15時退社を実行できた」人は、両月ともに約4%。他にも、「いつもより早く退社できた」という人は12%。合計でも16%と普及率はまだ高くないようだ。会社によっては、早く社員を返したくても、得意先がまだ働いているから返すわけにはいかないということもあるだろう。

2、3月のプレミアムフライデーでの行動 (出典:ジャストシステム)

プレミアムフライデーを享受できるかどうかは、企業・個人双方の努力が必要となる。回答者の勤務先での取り扱いについて、18%の企業が、なんらかの具体策を行う、もしくは行う予定であるとしている。また、プレミアムフライデーで15時帰宅をしたことがあると答えた人は、「朝早く出社した」「前の日に残業して仕事を調整した」「翌週に仕事を持ち越した」等、何らかのアクションをおこしていたそうだ。ただ、個人の取り組みのみではやはり限界がある。より抜本的な制度の改正や、企業の努力が重要となるだろう。

会社でのプレミアムフライデーの取り扱いについて (出典:ジャストシステム)
15時に帰宅できた人は、どう行動した? (出典:ジャストシステム)

プレミアムフライデーは浸透するかという質問に対して、「浸透すると思う」と答えた人は5.9%と少なく、「浸透は難しい、もしくは浸透しないと思う」と答えた人は87.9%と非常に多い。多くの人がこの認識では、先行きが不安だ。

プレミアムフライデーは浸透するか? (出典:ジャストシステム)

消費拡大を目指し、導入より二カ月経過したプレミアムフライデー。本制度は、これからの社会にどういう影響をもたらすのだろうか。週休二日制が一般的になったように、これから当たり前の存在になるのか、それとも定着せず一部企業のみが適応するのか。消費拡大につながり、景気向上につながるのか。まだまだ取り組みはまだ道半ばだろう。