「ゲーム」の記事

VRの「ミライ」を垣間見せるOculus Go/Quest

VRの「ミライ」を垣間見せるOculus Go/Quest

2018.10.16

一口にVR HMDと言っても主に2種類存在する

中でも、PC不要で簡単に使えるオールインワン型が注目の的

オールインワン型人気を牽引するOculus Go/Questについて解説

Facebook傘下のVR HMDメーカーのOculusが自社イベント「Oculus Connect 5」で、同社の最新型VR HMDのOculus Questを発表した。

Oculusは昨年発表したOculus Goも好調で、従来のPCユーザー向けのVR HMD「Oculus Rift」では取り込めていなかったユーザー層の取り込みに成功している。それはなぜなのだろうか?

2つの種類があるVR HMD

VRを利用するために必要なハードウェアと言えば、言うまでもなくVR HMD(Virtual Reality Head Mount Display)だろう。VR HMDは、内部に2枚ないしは1枚のディスプレイパネルが入っており、被った人の目の前に来るレンズに投映することで、まるで人間に自分の周囲に仮想現実(VR)があるような視覚的錯覚を与え、高い没入感でコンテンツを楽しむことができる機器のことだ。

このVR HMD、外から見るとどれも同じゴツいメガネに見えるかもしれないが、実際には仕組みや構造などから2つの種類に分けることができる。1つは単体型で、もう1つがオールインワン型となる。

前者の代表例はHTCから販売されているVIVE(ヴァイブ)シリーズ、Oculus(オキュラス)から販売されているOculus Riftなどがこれに該当する。これらの単体型HMDは、それ自体はディスプレイになっており、そこにコンテンツを表示させるには、PCなどの外部コンピュータが必要になる。

HTC VIVE

そしてもう1つが、Oculusが先日発表したOculus Quest、そして現在も販売しているOculus Goのような製品。さらにはスマートフォンメーカーが販売していた、内部にスマートフォンをセットしてそのディスプレイを利用してコンテンツを表示する、Samsung ElectronicsのGearVRのような製品もこれに該当する。

こちらの特徴はVIVEシリーズやOculus Riftシリーズのような、外部にPCのようなコンピュータを必要としないこと。VRを楽しむのに必要なデバイスが、すべてVR HMDに内蔵されている形になる(だからオールインワンなのだ)。

単体型とオールインワン型、最大の違いは

シンプルにユーザーの視点でこの2つの方式の違いは何かと言えば、それはケーブルの有無だ。HTC VIVEやOculus Riftなどの単体型VR HMDでは、それ単体ではコンテンツを描画したりする機能を持っていないので、必ずPCなどのコンテンツを再生する機器を接続する必要がある。

また、こうした単体型VR HMDでは、ユーザーが装着しているHMDの位置を、外部におかれている赤外線のモーションセンサーで認識する必要がある。このため、センサーを設置する場所が必要になるほか、ユーザーが動ける位置はそのセンサーが感知できる範囲内という制限がある。

もう1つの制約は、利用するPCの性能が高い必要がある点だ。例えば、Oculus Riftの場合は、奨励環境ではPCにNVIDIAのGeForce GTX 1060ないしはAMD Radeon RX 480以上という、GPU(グラフィックスの描画を行なう半導体のこと)を搭載している必要がある。一般的なビジネス向けのPCでは、IntelのCPUなどに内蔵しているGPUしか内蔵していないことが多いため、そのままではVR HMD用のPCとしては利用することが難しい。そこで、PCもゲーミングPCと呼ばれる性能が高いGPUを搭載している必要があるのだ。

なぜそうした高性能なGPUが必要かと言うと、単体型VR HMDに内蔵されているディスプレイの解像度が高いからだ。例えば、HTC VIVEシリーズの最新製品となるHTC VIVE Proに内蔵されているディスプレイの解像度は2,880×1,600ドットになっており、リフレッシュレートと呼ばれる画面をリフレッシュするタイミングは90Hz(1秒間に90回)になっている。多大な数の画素数を1秒間に90回もリフレッシュするので、GPUにかかる演算量は膨大になってしまうため、高速なGPUが必要なのだ。

性能が足りないとどうなるかというと、リフレッシュする回数を減らしたり、描画しなければいけないところを端折ったりして対応するのだが、そうするとユーザーの目にはその端折ったところが不自然に感じたりして、いわゆる「VR酔い」と呼ばれる乗り物酔いと同じような症状が起きる可能性がある。それを避けるためにも、高性能なGPUを利用したPCは必須なのだ。

低価格なオールインワン型・Oculus Goが大人気に

そうした単体型HMDに対するオールインワン型のメリットは、PCや外部モーションセンサーといった外部機器と接続する必要がなく、そうした機能もすべてVR HMDの中に入っていることだ。多くのオールインワン型VR HMDはバッテリーも内蔵しており、すべてワイヤレスで利用することができる。

これまで、オールインワン型の多くは、スマートフォンを内部にセットしてそれをディスプレイや描画装置として使うという形になっていた。Samsung ElectronicsのGearVRがその代表例で、低コストにVR HMDを実現する方法として、コストパフォーマンスを重視する一般消費者に受け入れられてきた。

一歩進めて、最初からスマートフォン相当の機能を内蔵することはできないか?とソリューションを開発してきたのが、スマートフォン向けに半導体を提供している半導体メーカーのQualcommだ。Qualcommは数年前からそうしたソリューションを同社の顧客に対して提案してきた。それが実際の製品として発売されたのが、Oculus Goだ。

Oculus Go

Oculus Goの特徴はオールインワン型のボディに低価格を実現できるLCDパネル、スマートフォンにも使われているQualcommのSnapdragon 821という半導体やバッテリーが内蔵されており、OSもAndroid OSベースとなっている。

つまり、スマートフォンの機能がそのままVR HMDになった、という点にある。かつ価格はストレージが32GBのモデルが2万3,800円(税別)、64GBのモデルが2万9,800円(同)という、従来のVR HMDに比べて圧倒的な低価格が実現されいる。

例えば、Oculus Riftを利用することを考えると、HMDだけで5万円(同)が必要で、さらにゲーミングPCのようなハイエンドの高価なPCが必要になる(多くの場合は10万円台後半~20万円台)。それに対して、上位モデルでも3万円を切った価格を実現したため、カジュアルユーザーやスマートフォンユーザーなどに大受けしてヒット商品になった。

Oculus Goのセンサーを高度化した新製品、来年発売

そして、そのOculus Goの上位版としてOculusが自社イベント「Oculus Connect 5」で発表したのが、Oculus Questだ。

Oculus Quest

Oculus Questは単体型VR HMDに採用されているような高解像度なディスプレイを採用しており、最大の違いはHMDの動きを検出する機能が、Oculus Goでの3DoFから、Oculus Questではより自由度の高い6DoFへと強化されていることだ。

非常に単純化して言うと、Oculus Goの3DoFではせいぜい頭の回転の程度の動きしか検出できないのに対して、Oculus Questの6DoFでは回転に加えて、傾きや前後左右の動きを検知することができる。これにより例えばVRのゲームをプレイするときに、動きの自由度が圧倒的に向上することになる。

Oculus Questではコンテンツを再生するための半導体も強化されている。Snapdragon 835というSnapdragon 821の1世代後の製品で、処理能力や描画性能が大きく向上している。ただし、ゲーミングPCに内蔵されているようなGPUに比べると性能は劣るため、コンテンツの再現力などではまだ差があるが、それはケーブルがないことの自由度とのトレードオフだと言えるだろう。

コンテンツの再現力などの点では単体型に譲るのは事実だが、ただHMDを被るだけで自由に仮想空間を動き回ることができるオールインワン型は、使い勝手の点でも、わかりやすさという意味でも、一般消費者には魅力的な商品と映る。

今後はOculus GoやOculus Questのようなオールインワン型VR HMDが普及していくことはほぼ間違いのない状況だと考えられている。今後は他社もそれを追いかけるような商品を投入しだして、本格的なVR時代がやってくることになるのではないだろうか。

懐かしのゲーム機がミニサイズで相次ぎ復刻! ブームの背景を探る

懐かしのゲーム機がミニサイズで相次ぎ復刻! ブームの背景を探る

2018.10.15

ミニファミコンを皮切りに、小型ゲームハードの販売が相次いでいる

各社のハードに共通する特徴は“エモさ”

単なるレトロジャンルではないスタイルの確立が若年層にも響いた

昨今、「クラシック」や「ミニ」などと称して、往年のゲームハードを小型化したゲーム機の販売が続いています。潮流の先駆けとなったのは、2016年11月10日に任天堂から発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」(以下、ミニファミコン)に間違いないでしょう。この時は、生産終了までに230万台が販売され(※1)、発売当初は全世界で入手が困難となる程の人気でした。つまり、任天堂が想定していた以上に需要があったということです。

実際、「クラシック」シリーズ第2弾となった、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は、2017年10月5日に発売がはじまってから2018年3月31日までに全世界で累計販売数528万台(※2)を記録しています。なお、2018年6月28日よりミニファミコンの販売も再開しました。

ミニファミコン ©Nintendo
ミニ スーパーファミコン ©Nintendo

このような中、かつて、ゲームハード競争のライバルとしてしのぎを削っていたセガゲームスが「メガドライブ ミニ(仮)」の発売を決定。さらに、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)からは、2018年12月3日に「プレイステーション クラシック」(以下、PSクラシック)の発売が控えています。

メガドライブ ミニのイメージ ©SEGA
PSクラシック
©Sony Interactive Entertainment Inc. All rights reserved.
Design and specifications are subject to change without notice.

往年の作品を再販売するというのは今回に限ったことではありません。ソフトに限れば、ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)は「ナムコミュージアム」と称して、80年代にゲームセンターで一世を風靡したゲームタイトルを、プレイステーション向けに販売。この他に、ファミコンのタイトルを携帯型ゲーム機「ゲームボーイアドバンス」向けにリメイクした「ファミコンミニ」シリーズなども2004年にリリースされ、話題となりました。また、往年人気を博した多くのソフトが、最新プラットフォーム向けにダウンロード販売されています。では、これらの試みと、前述の展開とでは何が違うのでしょうか?

「エモさ」がゲーマーの食指を動かした

今回流行している商品群の特徴を、一言で表現すると「エモさ」につきます。とりわけ、これらのハードをかつて実際に所有していた、30代から40代の年齢層に対してです。というのも今回は、ソフトのみが提供されているのではなく、ハードの外観から、外箱パッケージデザインに至るまで、発売当時のものを再現しているのです。ゲーマーにとって、ゲーム体験は、パッケージをショップで手に取った瞬間からはじまるわけですが、これらの商品開発者はまさにその瞬間を再現したかったのでしょう。

PSクラシックのパッケージ
©Sony Interactive Entertainment Inc. All rights reserved.
Design and specifications are subject to change without notice.

さらに、内蔵されたソフトのラインアップも、細心の注意を払ってキュレーションがなされているように見受けられます。とりわけ多くの人にとって思い入れが強いであろう作品をセレクトしているのです。

ミニファミコンを例にとると、任天堂およびセカンド・パーティタイトルとしては、最初期のラインアップだった『ドンキーコング』からはじまり、社会現象となった『スーパーマリオブラザーズ』、そして後半期に話題となった『星のカービィ 夢の泉の物語』まで、サード・パーティタイトルも往年の名作と言える『パックマン』から、傑作アーケードゲームの移植タイトルである『魔界村』や『スーパー魂斗羅』、さらには、ファミコンとともに育まれたIPとも言える『ファイナルファンタジーⅢ』など、ソフトの発売時期、開発元に関わらず「エモい」作品の数々が一堂に集結しているのです。

とは言いながら、全てを当時のままに再現しているわけではありません。ソフト内蔵からはじまり、HDMI接続、手のひらサイズ化、常時セーブ機能設置など、ゲームプレイをセットアップするうえでの「煩雑さ」は完全に排除されました。その結果、プラスの想い出は拡張されながら、マイナスの想い出は除かれる――。まさにこれらのハードは、往年のゲーマーにとっての「エモい」が、そのまま物質化されたものと言えるでしょう。

SIEもその点を充分理解しており、PSクラシックのマーケティング戦略も、まさにかつてのユーザー層に「エモさ」を訴求する手法を採用しています。まずは、発売予定日。オリジナル機が初めて発売された日、すなわち、12月3日にあわせてきました。さらに、関連広告もオリジナル版発売時にお茶の間を席巻した「1・2・3」を連呼する広告に極めて近いものを展開。当時の興奮を完全再現しています。

新規ユーザーにも受け入れられる「アートスタイル」

もちろん、往年のユーザー層に「エモい」体験だけを与えることが、結果につながっているわけではありません。これら各世代で生まれた作品群のサウンドやグラフィック表現が、アートスタイルとして確立したことが、新規ユーザーを取り込むうえで重要な役割を果たしたと思われます。

ファミコン時代やスーパーファミコン時代を象徴するグラフィックは「ピクセルアート」として、サウンド表現は「チップチューン」として、そのスタイルが普及しました。一方、プレイステーション時代の3D表現は「ポリゴンアート」として整理されつつあります。

昨今、個人や小集団でゲームを開発するインディーズのムーブメントが広がっていますが、これらのムーブメントにおいて、前述のような表現を「スタイル」と捉えて、ゲーム開発を進めているチームも多く、これらのジャンルが現在のゲーマーにも受け入れやすくなる土壌を作り上げました。

その結果、若いユーザーが、クラシック型ゲームハードやソフトを「懐古モノ」としてではなく、「ある種のスタイル」として認識させるに至っています。もちろん、各ゲーム機のためにセレクトされた作品のゲームデザインも洗練されており、初めてプレイする若い人たちでもじっくりと楽しめるものばかりであるということも重要です。

親子二世代で楽しめるクラシック型ハードのこれから

上記の理由から、親世代が買ってきたものでも、家族全員で楽しめるものになっていることがわかります。最近は「戦隊ヒーロー物」などを親子二世代で楽しむという現象が話題となっていましたが、「クラシック」型ハードは、まさにゲームを親子二世代で楽しめるものにしたと言っても過言ではないでしょう。

スーパーファミコンが全世界で4910万台が販売されていたことを踏まえると、スーパーファミコンミニはその1割に当たる台数を販売したことになります。これはまさに「エモい」体験を望んだこれまでのユーザーと、温故知新を求めた新規ユーザーが購入したことで実現された結果と言えるでしょう。一方、プレイステーションは全世界での累計生産出荷台数が1億台を突破している(※3)と言われていますが、「PSクラシック」がこれまでの「クラシック」型ハードの累計販売台数の記録を更新するかどうかに注目が集まります。

<参照元>
※1 IGN.com  2017年4月の報道による
※2 任天堂  平成30年3月期 決算短信 による
※3 Sony Computer Entertainment 2004年5月19日の報道による(初代PSおよびPS oneの合計)

『ストV』から考える、オンラインでは味わえないゲーセンコミュニティの魅力

『ストV』から考える、オンラインでは味わえないゲーセンコミュニティの魅力

2018.10.12

アーケード版『ストリートファイターV』のロケテが実施された

ピーク時には1時間以上の待ちが発生するほど人気

ゲームセンターならではのコミュニケーションも見られた

10月5~7日の3日間、アーケード版『ストリートファイターV』のロケーションテスト(ロケテ)が行われた。開催場所は「タイトーステーション 新宿南口ゲームワールド店」「プラサカプコン吉祥寺店」「名古屋レジャーランドささしま店」「ラウンドワン福岡天神店」「セガ難波アビオン店」の5カ所。今回は「タイトーステーション 新宿南口ゲームワールド店」に取材をお願いした。

タイトーステーション 新宿南口ゲームワールド店でのロケテの様子

1時間以上の待ちが出た新宿のロケテ

「タイトーステーション 新宿南口ゲームワールド店」は、対戦格闘ゲームの強豪プレイヤーが集まる店で知られており、ロケテ当日も賑わいをみせていた。

ロケテでは、アーケード版『ストリートファイターV』の対戦台が2台用意され、常時4人が遊べるようになっていた。2日目の午後に訪れたのだが、1日目は営業時間中にプレイヤーが途切れることはなく、ピーク時の夕方には、1時間以上の待ちが出るほどの人気っぷりだった。開発担当のタイトー 沢岻裕司氏によると、対戦格闘ゲームのロケテは何度も行っているが、今回はかなりの盛況ぶりだという。

ロケテ参加者の中には、これまでゲームセンターには来たことないが、家庭用の『ストリートファイターV』を遊んでいたので来てみたという人も大勢いた。アーケード初体験の人もゲームセンターの魅力を存分に味わい、楽しんでいったようだ。また、お金を払ってプレイするというシステムがわからず、いきなりゲームを始めようとしてできなかったため、店員に確認していた利用者もいた。

ロケテに参加するために階段に並ぶプレイヤー。平均で30分くらいの待ち時間がかかった
オープン前から並んでいる人たちもおり、店舗前には待機列ができた

今回ロケテで使われた筐体は、「VEWLIX ◆(ビュウリックス ダイヤ)」をベースにカスタマイズされたものを使用。視野角が広く、応答速度も高いフルHDのAHVAパネルを搭載した。さらに、アーケード版『ストリートファイターV』の最大の特徴は「USB Standard-A」の端子を搭載していること。PlayStation 4(PS4)などのコントローラー(いわゆるパッドコントローラー)を持ち込んでプレイすることも可能だ。

これまでPS4版とPC版でのみリリースしていた『ストリートファイターV』から対戦格闘ゲームを始めた人は、PS4のパッドで操作していることも多い。また、ゲームセンターがほとんどなくなった海外でも同様にパッド勢が多いので、アケコンに慣れていない人でも普段の操作で遊べるのはありがたい配慮だ。

ちなみに、店舗では新たに筐体を購入しなくても、近年発売されたビュウリックス筐体があれば、『ストリートファイターV』のアーケード版を導入できるという。

ロケテで使われたビュウリックス ダイヤ BLACK。ゲームセンターではギャラリーが出ることもあり、ナナメからでもしっかり見られるように視野角の広さも重要
初搭載となるUSB端子。PS4のパッドだけでなく、慣れ親しんだアケコンも持ち込んで使える
PS4のデュアルショック4を接続して使用。当初はロケテではUSB接続は非対応とのことだったが、使えるようになっていた

備え付けのアーケードコントローラーは、ボタンが8つ用意されている。これもコンシューマ用のアケコンを使っている人への配慮。同時押しボタンなどを設定している人は、ゲームセンターでも同じように使える。

今回は右上のボタンにパンチ3つ同時押し、右下のボタンにキック3つ同時押しが設定されていたが、本稼働時には自由に設定したり、ボタンをオフにしたりできるとのこと。ただ、毎回設定を行うのは、時間がかかりすぎてしまうので、NESiCAを利用するのがいいだろう。NESiCAと連携したモバイルサイトなどで、あらかじめ7つ目と8つ目のボタンをどのボタンの組み合わせにするか登録しておくことで、すぐに自分の設定したボタンが使えるようになる方向で検討しているそうだ。

当然、NESiCAや電子マネーに対応予定だが、今回はオフラインでの接続だったため、これらの機能は使えなくなっていた。

今回のロケテで使われていたビュウリックス ダイヤ BLACKのコンパネ。ボタンが8個あり、ボタンとレバーの間隔も従来のものに比べてほんの少しだが広めになっている
今回NESiCAと電子マネーは使用できなくなっていた

ゲームは基本的に、現バージョンをそのまま使用しているので、ほとんど変わらない。タイトル画面が専用のものに変わっていることと、対戦モードとトレーニングモードの2種類しかないことが、コンシューマ版との違いだ。DLCキャラクターを購入することなく、全キャラクターが使用できるのもアーケード版ならでは。今回のロケテスト版では5連勝でゲームオーバーとなる仕組みだが、本稼働時の連勝制限は店舗によって異なる。

実際にプレイした感覚では、当然だが、PS4版、PC版との違いは感じられなかった。筐体と一体化したコントローラーの安定感はさすがで、コマンド入力が格段にしやすく感じた。

アーケード版『ストリートファイターV』のインストラクションカード。対人戦は5連勝までと書いてあるが、正式リリース時には変更される可能性もある
必殺技のコマンド表。これを見るとアーケード版であることをしみじみと感じる
コマンド表その2。コンシューマ版と違い、すべてのキャラクターを自由に使用できることもアーケード版をプレイする理由のひとつ。PS4版やPC版でDLCを購入する前に、まずアーケード版で試すことができる

ゲーセンにはコミュニティを育む土壌がある

プレイするために並んでいるときはもちろんのこと、プレイし終わっても、しばらくその場にとどまり、プレイを観ている客がほとんどだった。人のプレイを観てうまい人に教えてもらったり、同じ趣味を持つ人との接点になったりと、コミュニティづくりにひと役買っていることを確認できた。

ゲームセンターが廃れていくのが世の流れである中、今回のロケテでは次世代に良いアピールができたのではないだろうか。ともすれば、オンラインで済んでしまうことを、わざわざゲームセンターに足を運んでまでする意味が「ゲームをすること」だけではないとしたら、それを気づかせてくれるきっかけとしてアーケード版『ストリートファイターV』があるのかもしれない。

オンラインでは対戦のみに特化しすぎてしまうのが実情だ。しかし、ゲームセンターであれば、集まったプレイヤー同士でコミュニケーションをとり、自分の弱点や強敵の対策などをアドバイスしあえるようにもなるだろう。そこまでガチでプレイしていない人も、同じゲームが好きな仲間と会える場所として機能していくことで、オンラインにはない楽しみを享受することができるハズだ。

また、ゲームセンター単位での店舗大会など、これまで以上にゲーム大会ができるという可能性にも期待したい。なんにせよ、2019年の本格始動が待ち遠しいところだ。

<今回ロケテ取材をしたお店>
タイトーステーション
新宿南口ゲームワールド店

住所:東京都新宿区新宿3-35-8
営業時間:10:00~翌1:00

 

©CAPCOM U.S.A., INC. 2016, 2018 ALL RIGHTS RESERVED.
©TAITO CORPORATION 2018. ALL RIGHTS RESERVED.