「クラウド」の記事

Adobeが巻き起こす「クリエイターデバイス市場」の大激震

Adobeが巻き起こす「クリエイターデバイス市場」の大激震

2018.10.26

Adobeが「iPad向けPhotoshop」をリリースしクリエイターが注目

既存のモバイルアプリは機能制限があったが、今回はフル機能

Adobeが舵を切ったことで生まれる市場の変化とは

Adobeは、10月15日~10月17日の3日間に渡り、同社の主力製品であるサブスクリプション型クリエイターツールの「Creative Cloud」に関する年次イベント「Adobe MAX」を、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市のロサンゼルス・コンベンション・センターで開催した。

この初日にあたる10月15日に行なわれた基調講演の中で、Adobeは「Photoshop CC for iPad」、「Project Gemini」、「Project Aero」と呼ばれる新製品を、2019年に投入することを明らかにした。

この中でAdobeは、同社の新戦略として「マルチデバイス、マルチプラットフォーム」という新戦略を明らかにした。この新戦略は、今までAppleのMacBookシリーズがリードしてきたクリエイター向けのデバイス市場に、激震をもたらす事になる。

最も注目を浴びた「Photoshop CC for iPad」

AdobeのCreative Cloudユーザー向けの年次イベントとして行なわれているAdobe MAXにおいて、Adobeは18年向けのCreative Cloudアプリケーションの各種アップデートと19年に投入する計画の新アプリケーションについて説明を行なった。この中で最も注目されたのは、「Photoshop CC for iPad」と呼ばれる新製品だ。

これまでAdobeは、モバイルアプリ(スマートフォンやタブレット向けのアプリという意味)として、Photoshopのブランドを冠した製品を複数提供してきたが、いずれも機能は限定的で、プロのクリエイターからは"使えない存在"という扱いをされていた。

多くのクリエイターは、作画などにデスクトップアプリ(PC向けのアプリという意味、WindowsやmacOS向けのソフトウェアのこと)の「Photoshop CC」を長年利用しており、レイヤー(層のこと、作画に複数層をもうけることで書き終わった後の編集などを容易にする)、ブラシ(Photoshopではクリエイターが自前のブラシを作成し、それを利用して効率よく作画できるようになっている)といった、Photoshopを特徴付けている機能を必要としている。従来のPhotoshopブランドのモバイルアプリは、そうした機能が搭載されていないか、一部の機能に限定されていたのだ。

レイヤーやブラシなどPhotoshopの主要機能を実装しているPhotoshop CC for iPadの画面

だが、Photoshop CC for iPadは違う。レイヤーやブラシの機能などは皆搭載されており、デスクトップアプリと全く同じように使える。Adobe MAXのデモでは200のレイヤーを使って編集している様子、そして独自のブラシを利用して作画している様子などがデモされ、詰めかけた「Photoshop使い」のクリエイターから拍手喝采を浴びた。

「フル機能モバイルアプリ」実現の背景

AdobeがPhotoshop CC for iPadのようなモバイルアプリケーションに取り組むには、いくつかの背景がある。

1つは、モバイルデバイスの処理能力がここ数年で大きく上がったこと。AppleのiPhone/iPadに搭載されているAシリーズのSoCは、既にノートPCのCPUやGPUに匹敵するような性能を備えつつあり、メモリも4GBなど大容量に強化され始めている。このため、クリエイターがPhotoshopにさせようと考えているような重たい処理でも十分にこなせる性能になりつつある。

iPadでノートPCに匹敵する処理が可能になり、「フル機能」が実現した。

もう1つは、AdobeがCreative Cloudの導入と共に進めてきたクラウドストレージの活用、そしてクラウドを利用した各種サービスの提供というモバイルアプリを必要とするための前提条件が整いつつあることだ。

モバイルデバイスは、デスクトップPCに比べると大容量のストレージを持っていない場合が多く、同時にOS側の制約でローカルにファイルを保存したりしない仕様になっていることも多々ある。このため、ファイルを更新するときには、ファイルサイズが大きくなってしまい、通信費の増大を招きかねない。

AdobeのPhotoshop CC for iPadでは、「クラウドPSD」という新しい仕組みを導入してこの課題をクリアする。Photoshopでは.psdの拡張子が付けられたPSD(Photoshop format、日本語だとPhotoshop形式)ファイルが標準のファイル形式とされている。このPSD形式で保存することで、レイヤーやブラシなどの情報を含めて保存して、他のPCで続きを編集したりすることができる。Photoshop CC for iPadで導入されるクラウドPSDはそうしたレイヤーやブラシの機能を含みながら差分だけを更新することが可能になっており、iPadのようなモバイル機器でも効率の良い取り扱いが可能になる。

Adobeではこうしたクラウドをハブとして、そこにモバイル向けのPhotoshop CC for iPad、デスクトップ向けのPhotoshop CCがぶら下がり相互にやりとりができる仕組みのことを「マルチサーフェス」と呼んでおり、モバイルとデスクトップ、モバイル同士、あるいはデスクトップ同士でシームレスにコンテンツをやりとりできる仕組みを既に構築している。

Adobeの本当の狙いは「モバイルファースト」

このように、モバイル機器の処理能力が向上し、マルチサーフェス戦略によりどのデバイスからでもシームレスにデータにアクセスできる環境が整え終わっているからこそ、Adobeは満を持してPhotoshop CC for iPadを導入できる訳だ。

Adobeの製品面での最高責任者になるAdobe CPO(最高製品責任者) 兼 Creative Cloud担当上席副社長 スコット・ベルスキー氏は、「我々のお客様が欲しがっているモノは、プラットフォームに依存しないということだ」と述べ、Adobeがプラットフォーム(AppleのmacOS/iOS 、GoogleのAndroid、MicrosoftのWindows)に依存しないソフトウェア展開を真剣に検討していると強調した。

このことを素直に解釈すれば、今の時点ではPhotoshop CC for iPadはiPadのみとなっているが、今後はiPhone版も登場するだろうし、Android版もいつかは登場する、そういうことだろう。

これまでPhotoshopのフル機能を使いたいと思っているクリエイターにとっての選択肢はWindowsかmacOSしかなかった。しかし、今後はまずiPad向けにPhotoshop CC for iPadが登場し、将来的にはスマートフォンで使えるようなフル機能のPhotoshopだって登場する可能性がある。

それが何を意味しているのかと言えば、Adobeはデスクトップファーストのクリエイターツールから、今後はモバイルファースト(モバイル優先)でクリエイターツールを提供していく方向に大きく舵を切ったということだ。

もちろん、今すぐデスクトップアプリを廃止する訳ではない。今後も相当な期間、併存していくことになるだろう。だからこそAdobeのメッセージは「マルチデバイス、マルチプラットフォーム」なのだ。

だが、Photoshop CC for iPadがAdobe MAXの最大の発表だったこと、同じくAdobe MAXでデモをした新しいアプリProject GeminiやProject AeroのデモがいずれもiPad版で行なわれたことを考えれば、そこに隠されたメッセージがモバイルファーストであることは明らかだ。

Adobeが舵を切ったことで、市場は大きく変わっていく

こうしてモバイルファーストへとAdobeが舵を切ったことで、クリエイターのデバイス環境はどう変わっていくのだろうか? 1つには、iPad Proのようなタッチとペンが使えるモバイルデバイスへのシフトが発生することは容易に想像ができる。同時に、MicrosoftのSurfaceシリーズのようなiPad Proと同じようにタッチとペンが使える2-in-1デバイスも選択肢になっていくだろう。

Adobe MAXのステージには、Apple ワールドワイドマーケティング担当上級副社長 フィル・シラー氏も登壇し、両社が協力してPhotoshop CC for iPadをアピール。Adobeだけでなく、AppleもiPad Proをクリエイターツールとしていくことに本気だ。

それに対して、トラディショナルなクラムシェル型のノートPCへのニーズは減っていくだろう。AppleのMacBookはiPad Proに代替され、Windowsのクラムシェル型ノートPCは2-in-1型デバイスへと置き換えられていくだろう。クリエイターにとって、その方が生産性は向上するからだ。

これまで、クリエイターのデバイスと言えば、長らくMacBookシリーズが大きなシェアを占めており、その後にWindowsのワークステーションというのが一般的だった。だが、そのクリエイターにツールを提供しているAdobeがモバイルファーストへ大きく舵を切ったことにより、クリエイター向けのデバイスも今後はモバイルへのシフトが進んでいくことになりそうだ。

クルマもAWSの時代、DeNAのMaaSはクラウドの

クルマもAWSの時代、DeNAのMaaSはクラウドの"雄"が支える?

2018.03.29

タクシーの配車アプリや、カーシェアリング、ライドシェアなど、次世代型の交通サービス「MaaS(Mobility as a Service)」の発展が世界的に期待されている。

MaaSは「モビリティのサービス化」とも言われ、移動手段を自動車や自転車という"モノ"としてではなく、人やモノを運ぶ"サービス"として提供することを意味する。MaaSは、既存の業界の枠組みを超えた新たな連携を生み、人やモノの移動手段のあり方を大きく変えるポテンシャルを持っており、日本でも各業界の企業がこの市場に参入し始めている。

MaaSのサービスプロバイダとしての立ち位置を確立すべく、この領域に進出したDeNA。オートモーティブ事業を新たに立ち上げ、次世代物流サービス「ロボネコヤマト」やタクシー配車アプリ「タクベル」などさまざまなサービスを展開している。

特集3回目は、DeNAのオートモーティブ事業にとって必要不可欠なクラウドサービス アマゾン ウェブ サービス(AWS)の日本法人であるアマゾン ウェブ サービス ジャパン 事業開発本部 事業開発部マネージャーの高橋 修平氏と、同 技術統括本部部長 榎並 利晃氏に、オートモーティブ業界に対するAWSの取り組みについて話を聞いた。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン 事業開発本部 事業開発部マネージャーの高橋 修平氏(右)と、同 技術統括本部部長 榎並 利晃氏(左)

AWSからみたオートモーティブ事業におけるDeNAの強み

クラウドコンピューティングの代表格であるAWSは今や、IT業界だけでなく製造業やサービス事業など業種・業界を超え、活用の広がりを見せている。もちろん、オートモーティブ業界とて例外ではない。

AWSは特に、コネクテッドビークルや自動運転システムの開発環境、音声認識AIアシスタント「Alexa」を利用したコンシューマー向けサービスなど計6つのエリアにフォーカスし、オートモーティブ業界に対する取り組みを進めている。たとえば独BMWは、自動車のセンサデータを収集し、地図情報を動的にアップデートしていくという新たなコネクテッドカー向けのアプリケーションにAWSを採用している。

小さなサービスを組み合わせて利用するマイクロサービス アーキテクチャのAWSだが、そのサービス数は現在100を優に超える。いかに効率良く、そして使いやすく組み合わせてシステムを構築できるかが肝要になるが、コネクテッドカーなどの複雑なビジネスロジックを考えていくうえでは、どう実現したらよいかわからないという声もあるそうだ。

そこでAWSは、昨年12月からコネクテッドカー向けのクラウド環境を簡単に利用できるコネクテッドカー・リファレンスアーキテクチャの提供も開始している。Fintechやセキュリティといった時流に合わせたものはもちろん、ECサイト運用やログ解析といった従来はIaaSで運用してきたサービス向けまで幅広くリファレンスアーキテクチャを提供しているAWSだが、まだ未熟な領域に対しても迅速に提供しているのはAWSならではといえよう。

こうしたなかでDeNAのオートモーティブ事業部は、各サービスにおける車両情報を集約する基盤に「AWS IoT Core」を採用している。AWS IoT Coreは、さまざまなデバイスをAWSクラウドへ簡単かつ安全に接続するためのIoTプラットフォームで、数十億個という大量のデバイスに対してスケーラブルに利用できるのが特徴だ。

「特にコネクテッドカーなどオートモーティブ領域では、大量のデバイスから接続が想定されます。スケーラビリティがあり、なおかつ安全に相互通信できるAWS IoT Coreの特徴は、重要なポイントになっていると思います」(榎並氏)

オートモーティブ業界全体が今、これからの方向性やマネタイズについて模索している状況のなか、「トライ&エラーでさまざまなビジネスを検討しやすいクラウドの環境は、現在のオートモーティブ業界に適しているのでは」と高橋氏は話す。

特にIT大手であるDeNAは、もともとクラウドの価値に対する理解があり、クラウドを利用してトライ&エラーを繰り返しながらシステムを開発していくための土壌がある。これは、数年単位の時間をかけて製品開発を行う自動車メーカーに対して強みとなる部分だろう。

コネクテッドカーを含め、IoTシステムを実現するためには、モノそのものだけでなく、モノからクラウドへの接続、さらにはクラウド上に収集されたデータを活用するインテリジェンスも含めて考えていかなければならない。IoTにおけるデータ活用について、榎並氏は「課題設定が非常に重要です。今あるデータをどう使うかという発想では、イノベーションは起きにくい」と指摘する。

「たとえば、『気温と湿度のデータを使って何をやるか』と考えるのと、『居心地の良い環境を作るためにはどのようなデータを取るべきか』と考えるのとでは、結果が大きく異なってくると思いませんか。前者では想像の範囲を超えるものは生まれてきません。IoTにおいては特に、何を実現したいのかきちんと課題設定をして、インテリジェンスの部分を設計していくアプローチが適していると思います」(榎並氏)

DeNAも、今後はGPSなどによる経路情報や車載センサーのデータといった、あらゆるソースを活用して、オートモーティブ事業の各サービスを発展させていくとみられる。そこには、MaaSを実現し、日本の交通問題を解決していきたいという目的がある。データから価値を生み出し、目的を達成するという意味でも、やはりクラウドのメリットを生かしてトライ&エラーの精神で取り組んでいくことが重要となる。

AWSとしての今後の取り組み

一方でAWSとしても、車載、ネットワーク、クラウド、アプリケーションという4つのレイヤーにおいて、コネクテッドカー・車載サービスの実現に向けて取り組んでいるが、今後オートモーティブ業界に対してどのようにアプローチしていくのだろうか。高橋氏は次のように語る。

「安心・安全に関わる車の制御の部分は、我々としてはタッチするのが難しい領域ですが、Alexaを用いたインフォテイメントなどコンシューマ向けのサービスは、クラウドとの親和性が非常に高く、早い段階からお客様とともに取り組みを進めています。また、自動運転システムの開発領域においても我々がサポートできる部分は大きいと考えています。一方で、将来的に自動運転の運用に関わる領域については、我々としてはまだ見えない部分が大きいです。お客様のフィードバックをいただきながら、AWSとして価値提供できるのはどこなのか、今まさに検討を始めているところですね」(高橋氏)