「キャリア」の記事

マーケティングと恋愛が似てるってどういうコト?Facebookで聞いてきた

恋するSNSマーケティング講座 第1回

マーケティングと恋愛が似てるってどういうコト?Facebookで聞いてきた

2018.11.14

Facebook社員に「マーケティングのイロハ」を聞く新連載!

第1回は、講師の紹介と「マーケティングと恋愛」の関係性について

フェイスブック ジャパンのSNS運用コンサルタントに「SNSマーケティング」について聞く短期連載。初心者~中級者に知ってほしい「マーケティングの考え方」について、全5回にわたって説明します。

キーワードは「恋愛」。とっつきづらいマーケティングも、恋愛に喩えて考えてみると、意外とわかりやすいようです。

「恋愛とマーケティングは似ていると思うんです」

FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSを活用したマーケティングは今や企業にとって欠かせないものになっている。

一方で、「どこから始めればいいのかわからない」「そもそもSNSマーケティングって?」といった疑問もまだまだあるだろう。そこで今回は、フェイスブック ジャパンのクライアントソリューションズマネージャ リードを務める丸山祐子さんを講師に迎え、SNSマーケティングを“恋愛”に喩えてわかりやすく解説してもらうことにした。

フェイスブック ジャパンのクライアントソリューションズマネージャ リード 丸山祐子さん

なぜ“恋愛”なのか。それは「日々のお客様とのやりとりの中で、恋愛とマーケティングは似ていると感じることが多かったから」と丸山さんは言う。

丸山さん自身も現在婚活中の身。これまで仕事最優先で生きてきたが、最近になってパートナーを探すべく婚活を開始したという。その過程で感じたのが、前述の恋愛とマーケティングの共通点だったというわけだ。

「流行」は人の手でつくられるモノ

今回は連載初回ということもあるので、まずは講師である丸山さんの経歴から紹介しよう。

東京で生まれ育った丸山さんは、中高大一貫校に通っていた。小学生時代から「自分の知らない世界に行ってみたかった」という丸山さんは、高校時代に初海外となるカナダを訪れる。

「知らない言語で話しかけられたり、東京では見られない地平線や水平線を見たりして、私の知っている世界はなんて狭いんだろうと思いました」(丸山)

海外に魅了された丸山さんは、一念発起してカリフォルニアの大学に進学。そのころ、「ファッションの流行は自然に生まれるのではなく、必ず裏には仕掛人がいる」ということを実感したのがキッカケとなり、「自分も人の心を動かす仕事がしたい」と考えるようになった。

大学卒業後は日本に戻り、人材業界で働くことに。長くアメリカで過ごしていたこともあり、日本の業界事情がつかめない中、「まずはいろいろな業界を知りたい」と考えたためだ。

その後、「リーマンショック」が起こり人材業界の業績が悪化したこともあり、業務を通して興味を持つようになったデジタル業界への転職を決意。転職先は、IT業界を中心にメディアプランニングなどを行う電通の子会社。メディア担当として、デジタル広告のイロハを学んだ。

そこで担当していたクライアントが、当時日本に上陸したばかりのFacebookだった。その後、それまで培ったデジタル広告のノウハウをより活かすべく、フェイスブック ジャパンへ転職し、現在に至る。

広告はラブレター「相手に届かないと意味がないんです」

丸山さんは現在、FacebookやInstagramの広告メニューについて、運用コンサルやメディアプランニングなどを行っている。また、Instagramをより企業に活用してもらうためのプロジェクトメンバーとしても活動しているそうだ。

さて、そんな丸山さんがFacebookのコンサル業務を通して常々感じていたのが「恋愛とマーケティングの共通点」である。

どんな業界でもそうだが、良い製品だからといって何もせずに売れるわけではない。“届けたいメッセージを届けたい相手にちゃんと伝える”必要がある。これがマーケティングの目的だ。

「広告はよくラブレターに例えられます。いくらラブレターを書いても、それがちゃんと届けたい人に、その人の心に響くかたちで届かないと意味がありませんよね。ラブレターを届けるために恋愛にもマーケティングが必要なんです」(丸山)

婚活において“ラブレターを届けるべき相手”とは、まだ見ぬ将来のパートナーだ。その相手はどこかに存在しているはずだが、まだ出会ってはいない状態である。運命の相手と出会うために重要なことの1つは「とにかく出会いの数を増やすこと」だという。

「1人と会ってみて、その人が運命の相手ならラッキーですし、そういうケースもあるでしょう。でも、そうでない場合には、たとえば運命の相手と出会える確率が1/100だとして、10人と会うのと100人と会うのではどちらの方が出会える確率が高いか、言うまでもありません」(丸山)

これはそのままマーケティングに置き換えても同じことが言える。自社の製品を購入してくれる潜在的な顧客の態度変容効果が一緒であるなら、できるだけ多くの人数に広告を届けた方が売上は伸びるはずだ。

「そう考えると、婚活でもせっかくの週末に部屋にこもっているのはもったいないなと思いますよね。積極的に行動をおこして、多くの人に出会う機会を増やすことが大事なんです」(丸山)

一方で、重要なのは数だけではないと丸山さんは言う。多くの人にリーチすることは大前提として、そこからさらに“出会いの効率”を上げていく必要があるのだ。

では「数」に続いて大事なこととは? 次回は効率を上げるために必要な「ターゲティング」について、これまた恋愛と絡めて聞いていく。

第2回「恋するSNS講座」は11月20日に掲載予定です。

新卒採用 2019年卒も「売り手市場」が鮮明に

新卒採用 2019年卒も「売り手市場」が鮮明に

2018.11.09

2019年卒も新卒採用は売り手市場に

若年人口の減少と団塊引退、外国人材にも課題

企業の採用環境は来年以降も厳しさ続く

人手不足が深刻な社会問題となっているなか、2019年新卒の就職活動でも、企業の採用需要に対して働き手が不足する「売り手市場」が続いていることがわかった。

人材サービスのマイナビが、2019年卒の新卒内定状況について、国内企業3,013社に今年9月~10月の期間で調査を行ったところ、企業が獲得できている内定者数を募集人員で割った「採用充足率」は84.4%と低迷。100人の募集に対し、およそ84人が集まったという数値で、ここ10年で最低だった昨年の83%には及ばないものの、今年も企業にとって厳しい状況であることが鮮明になった。

業種別で見ると「ソフトウエア・通信」業界の採用充足率が77.3%と特に低く、技術系人材や成長産業への手当てが充分ではない可能性が見え隠れする。また、上場企業の充足率が95.9%であるのに対し、非上場企業では76.5%と20ポイント近い差が出ており、非上場企業が特に厳しい状況にある。

調査時点で6割近い企業が「今後も採用を継続する」と回答しているが、既に次年度も売り手市場は継続するという見方が大勢を占めている。母数としての新卒者の減少という人口構造の問題も重くのしかかる。国の調べでは平成30年時点の20~24歳人口は約630万人だが、次世代に控える15~19歳人口は600万人を下回る591万人で、その後も世代人口は減り続ける。さらに、世代人口が937万人で最大の65~69歳は働き手からの引退が進んでいる。

外国人材の活用も議論になっているが、マイナビの調査では、2019年卒で外国人留学生を採用した企業は約1割だった。採用が進まない理由は「日本語能力(24.7%)」や「ビザなどの手続きが困難(14.6%)」よりも、「外国人が活躍できる環境が整っていない(43.2%)」や「現場の受け入れ体制が整っていない(43.8%)」といった、企業の内部要因が大きかったようだ。ただ、2020年卒では10.7%の企業が外国人留学生の採用を予定し、検討中の企業も28.8%と増加する見通しだ。

こういった厳しい採用環境へ備えるため、企業側は新卒採用におけるインターンシップや面接のスケジュールをさらに早める傾向を見せている。マイナビは、「就職戦線は今、学生が受験する企業を絞る『厳選就活』の時代。企業は学生へ魅力を伝え、深いコミュニケーションを築く採用施策が必要になる」と、今後の企業側の施策について指摘している。

LINEで転職、「LINEキャリア」は人手不足問題の特効薬となるか

LINEで転職、「LINEキャリア」は人手不足問題の特効薬となるか

2018.10.26

LINEがエン・ジャパンと提携、新サービス「LINEキャリア」を開始

転職市場を勝ち取るカギは、”企業内失業者”にあり

トーク画面での履歴書作成や求人応募が可能に

LINEが転職求人情報サービス「LINEキャリア」を開始した。掲載する求人情報は「エン転職」で知られるエン・ジャパンが提供。両社が共同出資した新会社「LENSA」が運営する。680万人の会員と5000件以上の求人情報を抱えるエン・ジャパンが、LINEの新サービスに協力した狙いはどこにあるのだろうか。

転職市場でLINEとエン・ジャパンがタッグを組んだ。LENSA 代表取締役会長 上土達哉氏(左)はLINE HRサービスの事業部長を務めており、代表取締役社長の寺田輝之氏(右)はエン・ジャパンの執行役員だ

「企業内失業者」が人手不足解決のカギに

寺田氏は国内の労働市場について、「有効求人倍率は8月に1.63と高い水準にあり、未充足の求人は121万人と増加の一途をたどっている。人手不足による倒産も昨年を上回るペースにある」と、人手不足が多くの企業にとって大きな課題となっていることを説明する。

人手不足による倒産が増加

日本の社会問題となっている人手不足と転職市場の関係は根深い。総務省によれば2017年の転職者数は311万人だが、潜在的な需要として「企業内失業者」が465万人いることに寺田氏は注目する。

企業内失業者とは、いわゆる窓際族と呼ばれる人々で、かつては中高年層が中心だったが最近では20〜30代の若手にも広がっているという。その背景には、リーマンショック後の人員削減などにより、若手を教育するベテラン人材の不足があるとされる。

潜在的な顕在意識しか持たない「企業内失業者」が転職市場の需要に

この「本来、活躍すべき人が活躍していない」状況を解決すべく、転職へのハードルを下げ、新たな入り口を設けるのが狙いだ。

そこでエン・ジャパンは、エン転職で扱うすべての求人情報をLINEキャリアにも掲載。エン転職では担当者が企業を1社ずつ訪問して取材した生の声を発信しており、時にはポジティブではない情報も含まれる。転職後に「こんなはずではなかった」と感じるギャップをなくすことが入社後の活躍や定着につながるとする、同社ならではのやり方だ。こうしたポリシーは、LINEキャリアにそのまま受け継がれる。

求人の背景や職場の雰囲気について詳しく書かれている

LINEは人手不足問題を解決するプラットフォームへ

LINEは2015年に「LINEバイト」でアルバイト情報事業に参入しており、1400万人の会員を誇る。同サービスで注目すべき点は、「面接率」の高さにある。

なぜLINEバイトは面接の確率が高いのか、その秘密はLINEメッセージにあるという。「Eメールは埋もれがちで見落とすことが多い中で、LINEのメッセージは開封率が高く、面接の案内を見逃すことが少ない」と上土氏。たしかに、LINEが主要なメッセージツールとなった今、普段よく使うLINEでコミュニケーションをとれる方が、Eメールでのやり取りよりも便利で、ユーザーにとって大きなメリットがある。

もちろんこの特徴はLINEキャリアにも活かされている。まずはアルバイト情報事業から始め、そこでの知見をもとに、次のステップへと踏み出した形だ。

「LINEメッセージ」で面接の案内を見落とすことがない

また、LINEキャリアは既存のLINEアプリをそのまま使うため、追加のアプリインストールや会員登録が不要という点も特徴。LINEのユーザー基盤は7600万人で、実に6500万人が毎日アクセスしている。その巨大プラットフォームに新たなサービスを追加できるという、LINEの強みを活かした。

既存のLINEアプリ内から「LINEキャリア」にアクセスできる

LINEキャリアでは、トーク画面での履歴書作成や、求人の閲覧・検索・応募ができる。また、希望の職種や年収に答えていくだけで求人を絞り込むことが可能で、手軽な作業で転職企業の候補を選ぶことができる。将来的には、ユーザーの同意を得た上でLINEが持っている個人情報も活用していく予定だという。

アルバイト、転職ときて、今後の展開として気になるのが「新卒採用市場」への進出だ。LINEは若年層のユーザーも多く、かつエン・ジャパンでは新卒学生向けのスカウトサービス「iroots」も提供しており、新卒市場でのLINE活用にも身を乗り出す可能性は低くない。

LINEキャリアでは今後、企業からのダイレクトオファー機能も追加する予定であるという。そこにLINE側が持つ個人情報の活用が重なれば、転職に限らず、人材領域全般においてのサービス拡大が見込まれそうだ。

LINEは日本を襲う人手不足を解消するためのプラットフォームとなり得るのか、今後の動きに注目したい。