「キャラクター・ビジネス」の記事

連載開始から66年、「鉄腕アトム」が現実に誕生

連載開始から66年、「鉄腕アトム」が現実に誕生

2018.09.11

「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」(2017年創刊)の最終号が発売

ついに“リアルアトム”がコミュニケーション・ロボットとして誕生

10月1日からは全国の家電量販店などで完成版ATOMが販売される

漫画家・手塚治虫が『鉄腕アトム』という作品を生み出したのが1952年。連載開始からおよそ66年の時を経て、同作の主人公であるロボット「アトム」が「コミュニケーション・ロボット ATOM」として、ついに現実世界に姿を現すことになった。

現実のATOMは空も飛べなければ、10万馬力もない。しかし、世間話をしてくれたり、手塚治虫先生のエピソードを話してくれたり、天気予報を教えてくれたり、ラジオ体操をしてくれたりと、家族の一員として、さまざまなコミュニケーションをしてくれるのだ。

胸にあるディスプレイで『鉄腕アトム』をはじめとした手塚治虫のマンガの一部を読むことができるほか、アニメ『鉄腕アトム』の視聴も可能。「『アトムマーチ』を歌って」と話しかければ、みごとな歌声を披露してくれる。

「コミュニケーション・ロボット ATOM」(c)TEZUKA PRO/KODANSHA

今回、ATOMを作ったのは、天馬博士でもお茶の水博士でもなく、講談社、手塚プロダクション、NTTドコモ、富士ソフト、VAIOの5社。それら5社は2017年4月4日に、付属するパーツを70号分すべて組み立てればATOMを作れる「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」を創刊した。今回、大地震のあった北海道エリアを除く地域で発売される最終号で、約2万人いる購読者の家でATOMが完成する。そういう意味で考えると、ATOMの生みの親は購読者だと言えるかもしれない。

ATOMに備えられた2つのAI

ATOMのコミュニケーションを可能にしているのは「クラウドAI」と「フロントエンドAI」だ。「クラウドAI」はインターネット上のAIで、オンラインにあるさまざまな情報を検索して教えてくれるというもの。21.8億件以上の対話データと解析技術を用いて構築された、NTTドコモの「自然対話プラットフォーム」が使われており、意図解釈とシナリオ対話に雑談エンジンが加わったことで、ナチュラルな会話を可能にした。

また、ユーザーが与えた情報を記憶する「思い出エンジン」によって、過去の出来事を会話に活かすことができるという。話せば話すほど記憶が積み重なり、ATOMと思い出話に花を咲かせることができるようになるのだ。

「フロントエンドAI」は、周辺環境を認識し、動体識別から属性や自分との関係を判断する富士ソフトの開発したAI。画像や音声など、複数の情報が作用し、個人を特定する。ATOMに近づいてくるものが人か否か、初対面の人か否か、知っている声紋か否かといった判断をわずか0.4秒で行うのだという。ちなみに、「暇だ」と思っていると、あくびをすることもあるそうだ。

なお、これらのAIは、VAIOの製造するメインボードと、「Raspberry Pi 3」によって支えられている。

ATOMの持っている2つのAI

なお、2018年10月1日からは、「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」を定期購読していない人でもATOMを入手できるよう、組み立て済みの「完成品」が全国の家電量販店などで発売される。希望小売価格は21万2,900円(税別)。ATOMの知識が日々更新される「ATOMベーシックプラン」(月額1,000円、税別)に加えて、修理代金が半額になる「ケアプラン50」(月額990円、税別)や、75%割引になる「ケアプラン75」(月額1,690円、税別)などのプランが用意されている。

なおATOMに搭載されている機能は、本体だけで楽しめる「基本機能」と、インターネットに接続すれば楽しめる「拡張機能」、上記ベーシックプランに加入することで楽しめる「発展機能」の3種類に分かれている。

本体を購入するだけでも「自己紹介」などのコミュニケーションは可能だが、せっかく購入するのであれば、ATOMを最大限活用できるよう、ベーシックプランには入っておきたいところだ。

「ATOM」、aiboの対抗馬なるか

これまで個人的には、もしロボットを買うなら「aibo」がいいと考えていた。かつて実家で犬を飼っていたこともあり、「ペットがほしい」という欲求があったためだ。大豪邸に住んでいるわけではないので、場所を取るような大きなロボットは置けないし、無機質で景観を損なうデザイン性の低いものは置きたくない。それであれば、愛らしいしぐさで仕事に疲れた心を癒してくれるaibo以外にはないのではないだろうか。そう、考えていたわけだ。

しかし、ATOMはサイズ的に問題ないだけでなく、「アトム」というキャラクターが、少年の心を呼び起こすような気がする。思い出エンジンによって、話せば話すほど仲良くなれるというのも魅力的だ。個人的に、aiboの対抗馬として大きく存在感を示す結果になった。

ただし、20万円近くの資金を捻出する余裕はもちろんないので、当分の間は、かわいいルンバに「ただいま」を言うことになるだろう。

楽天も進めるQRコード決済、手間を超えて普及させる工夫とは

楽天も進めるQRコード決済、手間を超えて普及させる工夫とは

2018.09.04

人気キャラクターを活用してカフェをオープン

QRコード決済により電子マネーカードに対抗

手間のかかるQRコード決済に活路を出せるか

国内でもキャッシュレスへの関心が高まる中、多くの事業者が参入しているのがQRコード決済だ。国内の規格統一に向けた動きもある中で、楽天は「楽天ペイ」の展開を進めている。

楽天が期間限定でオープンした「お買いものパンダCafé」

8月22日に楽天は、人気キャラクター「お買いものパンダ」をテーマにしたカフェを期間限定でオープンした。このカフェに仕掛けられた、QRコード決済の普及に向けた工夫をご紹介する。

QRコード決済の隠されたデメリットとは

楽天の「お買いものパンダ」は、若い女性を中心に高い人気を誇るキャラクターだ。プロデューサーである楽天 顧客戦略統括部 ヴァイスジェネラルマネージャーの山岡まどか氏によれば、カフェの予約席の倍率は8倍に達したという。

カフェ内では「お買いものパンダ」限定グッズの販売も行われる

レジでの支払い手段は、現金や各種クレジットカードなどのほかに「楽天Edy」と「楽天ペイ」に対応する。楽天EdyはSuicaなどと同じ「FeliCa」を用いた非接触式の電子マネーであるのに対し、楽天ペイは実店舗での利用時にはQRコードを使うのが特徴だ。

QRコード決済には、スマホのカメラで用意されたQRコードを読み取る方式や、スマホの画面に表示したQRコードを店舗側がリーダーで読み取る方式がある。カフェでは、店舗のタブレットに表示したQRコードをスマホアプリから読み取る、前者の方式を採用した。

店舗側のタブレットに表示されたQRコードを読み取る

実際にはQRコードを介して取得した情報を用いて、楽天に登録したクレジットカードで決済が行なわれる仕組みだ。店員にクレジットカード番号を知られることがなく、安全性も高い。

QRコード決済では、対応するスマホの機種も幅広い。「おサイフケータイ」対応機種に限られる楽天Edyとは異なり、QRコードならスマホのカメラで読み取りができるため、旧モデルのiPhoneやSIMフリー機など、ほとんどのスマホが対応している。

カフェでは楽天グループのサービスをアピール

こうしたメリットがあるとはいえ、QRコードには手間がかかるというデメリットもある。スマホのロックを解除し、アプリを起動。そこからQRコードの表示や読み取りの機能を呼び出す必要があるなど、一瞬のタッチで終わるFeliCaに比べてはるかに面倒だ。

QRコード決済の普及に向けて、この手間をどう乗り越えてもらうかが課題となっている。楽天のアプローチを次に見ていこう。

手間を上回るメリットを打ち出せるか

楽天によるお買いものパンダCaféでは、楽天ペイを使った場合に会計から200円を値引きしている。あくまで限定的なキャンペーンであり、恒久的な値引きは期待できないものの、ほかの支払い手段より安いとなれば消費者がQRコードに関心を持つきっかけになるだろう。

次に、ポイントの使いやすさがある。他の電子マネーを使うとき、支払いとは別にポイントカードを出すのは面倒で、ポイント付与をあきらめることもあった。だが楽天ペイなら、アプリに楽天ポイントの機能が統合されており、ポイント付与を受けることも、ポイントでの支払いも簡単だ。

カフェ内ではQRコードに親しむ仕掛けも用意されていた。QRコードを読み取ると独自のアニメーションを楽しめるので、ついついQRコードにカメラを向けてしまうというわけだ。LINEのID交換で使うためQRコード自体の認知度は高いが、活用シーンが広いことを知ってもらうのに役立っている。

QRコードに親しむ仕掛けも随所に用意

店舗側のメリットとして、アプリの活用が挙げられる。Suicaなどの電子マネーでは、決済端末に打ち込んだ金額を支払ってもらうことしかできない。だがアプリを介することで、キャンペーン情報やクーポンなどを見せるチャンスがあることになる。

消費者視点で見れば、ほとんどの客は、よほど愛着のある店舗でもない限りそれほど多くの情報提供は望んでいないだろう。だが、クーポンのようにお得な情報があれば興味を持つ人は増えそうだ。

このようにQRコード決済は、現金やFeliCaに比べて手間が多いというデメリットはたしかにある。だがポイントやクーポンで消費者にもメリットがあるという認識が広まれば、普及に向けて勢いがつきそうだ。

タニタが「セガサターン体組成計」を発表、なぜコラボ商品を出すのか

タニタが「セガサターン体組成計」を発表、なぜコラボ商品を出すのか

2018.04.13

タニタは、セガホールディングスを中核とするセガグループとコラボレーションした体組成計「セガサターン体組成計」を4月26日に発売する。家庭用ゲーム機のセガサターンのデザインを忠実に再現したものとなるが、なぜタニタはコラボ商品を手がけたのか。

「セガサターン体組成計」はデザインを忠実に再現(C)SEGA

コラボ体組成計が生まれたきっかけ

セガサターン体組成計が誕生したのは、タニタとセガグループの公式Twitterアカウント同氏のやりとりがきっかけ。Twitterでのやりとりをもとにタニタがセガグループに話を持ちかけたところ両社の考えが一致し、商品化が実現したという。

セガサターンは1994年に発売された家庭用ゲーム機で、3次元CGで人気を得た対戦格闘ゲーム「バーチャファイター」がプレイできる次世代ゲームとして登場し、多くのファンを掴んだ。「セガサターン体組成計」はセガホールディングス監修のもと、デザインを忠実に再現しており、30代から40代のセガサターンファンがノスタルジーに浸りながら楽しく健康管理に取り組める体組成計づくりを目指した。

タニタが目指す健康管理の楽しさ

今回の新商品は一時の話題づくりのように思えるが、タニタでは健康づくりのうえで「楽しく続けられる」ことを重視した商品を継続的に展開している。これまでもに、TVアニメ「おそ松さん」とコラボした「おそ松さんオリジナル体組シェー計」ほか、「進撃の巨人」、「TIGER&BUNNY」、「弱虫ペダル」、「東京喰種」、「ジョジョの奇妙な冒険」など様々なアニメ・漫画作品とのコラボ商品を展開してきている。「楽しく続ける」に価値観を置いたタニタからは、これからもコラボ商品が期待できそうだ。

なお、「セガサターン体組成計」は体重、体脂肪率、BMI、内臓脂肪レベルを計測。タニタオンラインショップで26日より販売を開始。価格は税別6000円。販売台数はセガサターンの発売日となる11月22日にちなみ1122台となる。ヴィレッジヴァンガードの一部店舗では本日4月13日から先行販売が行なわれている。