「文具女子」って「誰」のこと?

文具の世界の魅力を伝える「文具ソムリエール」として、TVやWebで活躍する菅未里さん。本連載では、そんな菅さんならではの視点で、文具に反映される現代社会の構図や情勢に思いをはせたコラムを展開します。

女性を強く意識した文房具の博覧会「女子文具博」が人気だ。2017年末に東京都大田区の東京流通センターで初開催されたイベントには約2万5,000人が来場。面積を倍に広げて昨年末に行われた第二回イベントには、約3万5,000人が参加したという(いずれも主催者発表)。この春には大阪でも開催予定だというので、大盛り上がりだといえる。人混みが苦手な私は参加できなかったほどだ(マスコミ向けの公開日には行ったのだが)。

「女子文具」が盛り上がる背景には、リーマンショック以降、会社が経費削減のために文房具の購入を控えるようになったことがあると想像される。文房具が支給されなくなった会社員は自分で文房具を買い求めるようになったため、文房具メーカーが会社ではなく個人を意識するようになった。その結果、それまではあまり目立たなかった「文具好きの女性」がターゲットとして浮上してきたということだ。

「文具女子博」ビジュアル

「女子」という言葉にまつわる違和感

ところで、SNSを見ると、イベントはともかく「文具女子」という言葉に拒否反応を示す女性がちらほら見受けられる。「なぜわざわざ『女子』とつけるのか?」というわけだ。「文具男子」とは言わないのに……。

私も「文具女子」という言葉にはどこかズレたものを感じざるを得ない。たとえば、「女子」という言葉に紐づけられる文房具の多くは、いわゆる「可愛いもの」だ。ピンク、パステル、花柄……。なるほど、たしかに可愛いものはよい。私も可愛いものは好きだし、多く持っている。以前書いたように、ピンクも色によっては好きだ。

筆者が所有しているピンク色の文具

しかし、多くの場面で私が使う文房具は、落ち着いたデザインだったりネイビーだったりと、男性が選ぶものとそうは変わらない。というのも、TPOや私の年齢を考えると、「可愛い」ものがふさわしくない場合が多いからだ。何よりも、私が好む文房具がすべて「可愛い」とは限らない。私はピンクも好きだが、同様にネイビーやグレーも好きである。

筆者が愛用しているシックな色合いの文具

「女子」は作られたイメージ?

ところが、「女子」という言葉が見え隠れする取材やイベントで、私が落ち着いた文房具を提示すると、あまり反応が良くないことが多い。「もっと女子っぽいものはないですか?」「華やかなものがあると助かるんですが……」。よくわかる。雑誌なら紙面を、TVなら画面を華やかにする必要はあるだろう。だが、女性たちが皆、いつでも、ピンクや花柄を好むわけではないのだ。

思うに、「女子」という言葉は、男性ばかりだった世界に女性が登場したときに使われるものだ。文房具も本来は主に仕事で使われる道具だったので、女性の就業率が低かった時代が長かった以上、男性の趣味といえる。もちろん女性の文房具ファンはいたのだが、あまり目立たなかった。それが可視化されはじめたので、「文具女子」という言葉が生まれたわけだ。

しかし残念なことに、「文具女子」のイメージは、女性たちが自ら選び取ったものではなく、おそらく男性によって与えられたものだ。他の「何とか女子」と同じように。だが、実際の女性たちは、もっと複雑だ。「文具女子」という言葉が陳腐化してはじめて、文具は真の意味で男女両性の文化になっていくのだろう。

ただ、「女子」というくくりが不要だとは、まったく思わない。くくりがなければ、そもそも女性の居場所がないかもしれない。だが、「可愛いもの」だけを追いかける「女子」は、たぶん存在しないのだ。

男性向けメイクはどんな仕上がり? 「FIVEISM × THREE」発表会で体験してきた

男性向けメイクはどんな仕上がり? 「FIVEISM × THREE」発表会で体験してきた

2019.02.26

男性向けコスメブランド「FIVEISM×THREE」のメイクを体験

メイク初体験の筆者がフルメイクした結果は?

年々高まる男性の美意識、その先にコスメはあるか

THREE(スリー)ブランドを展開するACROは2月19日、男性用総合コスメブランド「FIVEISM × THREE」(ファイブイズムバイスリー)の新商品発表会を開催した。同ブランドは、性別や年齢などの既成概念にとらわれない新しい時代の自己表現を提案することをコンセプトに、昨年9月にローンチされたもの。

今回は3月15日に発売となる春の新商品が発表された他、ランウェイショーも開催された。会場では新商品のタッチ&トライコーナーも設けられ、実際にメイクを体験することができた。

「FIVEISM × THREE」製品群。パッケージはシックな色合いに統一されている

既存商品とは一線を画したコスメブランド

男性用コスメというと、多くの人が真っ先に思い浮かぶのはドラッグストアなどに並んでいるメンズ向け化粧水や乳液といった商品だろう。だが、それらはどちらかといえば「スキンケア」商品であり、女性が日々使用するメイク用品とは異なっている。

「FIVEISM × THREE」はそういった従来のスキンケア商品とは一線を画すコンセプトで登場したコスメブランドだ。ラインナップされているのは、アイライナーやアイシャドウ、ファンデーション、コンシーラーなど、同ブランドの製品だけでフルメイクが可能だ。

もちろん、女性のメイク用品をそのまま男性向けとして提供するのは無理がある。そこで「FIVEISM × THREE」は、製品のデザインをよりシンプルかつスタイリッシュなものにすることで、男性でも手に取りやすいものにした。

また、女性がメイクする際の「白粉をはたくようなイメージ」(ファンデーションなどを塗る動作)は、男性にとって抵抗があると分析。スティック状にすることで心理的なハードルを下げている。

関連記事:
男性の化粧、変化する「常識」 日本発・メンズコスメブランドの狙いは

今回の新作お披露目会で発表されたのは、ガイライナー(アイライナー)の新商品2色とアイシェードトランス新4色、そしてコバートブラシの新商品3種類

ランウェイショーも開催され、性別、国籍、年齢に縛られない多種多様なモデルが登場。テーマでもある「Individuality(個性)」を十分に体現したイベントとなった。

性別や年齢、国籍、ファッションのテイストも様々なモデルたちがランウェイを闊歩。同ブランドのコンセプトを体現したショーとなっていた

また、会場には「FIVEISM × THREE」体験ブースが設けられ、実際にプロのメイクアップアーティストの手で“変身”することができた。

メイク中の一幕

どう変わったのか。さっそくビフォー・アフターをご覧いただこう。

写真を見て「あれ、あまり変わっていないのでは?」と感じた人が多いのではないだろうか。だとしたら、このメイクは“成功”しているということだ。

というのも、筆者のようなメイクに慣れていない一般的な男性にとって「明らかにメイクしているとわかる状態」は避けたいからだ。

今回はフルメイクということで、下地、ファンデーション、アイシャドウ、アイライン、アイブロウ、コンシーラー(目元のクマなど肌の気になる部分をカバーする化粧品)、シェーディング・ハイライト(顔の陰影を演出)まですべて施してもらったが、想像していたよりもずっと自然な仕上がりで、よほどのことがなければメイクしていることはわからないだろうと思えた。

今回使った化粧品一覧。アイシャドウやリップ、アイライナーなど、女性の化粧と遜色ないアイテムが並ぶ。特徴的なのはやはりバータイプのアイテムが多いこと

実際、同ブランドで売れ筋なのは、あくまでもナチュラルに肌を整えて見せることができる商品なのだという。

それを踏まえた上でビフォー・アフターをご覧いただくと、そうはいってもメイクの前後で多少顔の雰囲気が違っていることがわかるだろう。写真で撮るとわかりにくいのだが、肌のキメが整えられ、ひげの剃り跡が薄くなっており、唇もツヤが増している。眉毛もラインが整えられ、眉尻や眉根の濃さが均一だ。輪郭も少しシャープに感じる。

微々たる違いかもしれないが、そもそも顔の手入れとはそういうものである。他人は絶対に気づかないような前髪の微妙な跳ね具合でも、毎日鏡と向き合っている自分自身は気になって仕方なかったりするのだ。

すでに変わりつつある、男性の美意識

今回のビフォー・アフター、個人的には「けっこう変わるな」と思った。しかし、それと同時に「変わったこと(メイクしたということ)をあまり他の人には知られたくない」とも思った。それはやはり、筆者が男性のメイクがまだ一般的なカルチャーとして浸透しきっていない2019年を生きているからだろう。

とはいえ、昨年末あたりから男性用コスメ市場は急激に盛り上がりを見せており、「FIVEISM × THREE」はリーディングブランドとして注目を集めているという。若い世代の男性にはメイクに抵抗のない人も増えているとのことで、今後はさらに市場が拡大していくのかもしれない。

こうしたムーブメントについて、信じられないと感じる人もいるだろう。特に上の世代はそうかもしれない。

しかし、考えてみればここ数十年で男性の美意識はずいぶん様変わりした。たとえば眉毛を整える男性は今や珍しくないし、メンズネイルも少しずつ浸透してきている。

具体的な数字で言えば、冒頭で述べた男性用のスキンケア市場は2018年時点で1175億円まで拡大しているのだ。こうした美意識の高まりのさらなる延長線上に、「FIVEISM × THREE」のようなコスメがあるのではないだろうか。

文具の世界の魅力を伝える「文具ソムリエール」として、TVやWebで活躍する菅未里さん。本連載では、そんな菅さんならではの視点で、文具に反映される現代社会の構図や情勢に思いをはせたコラムを展開します。

「文具ソムリエール」としてメディアで文房具の紹介をしている私のところには、たまに、文房具メーカーさんからサンプル品が送られてくる。根っからの文房具好きの私にとっては、ありがたいお話だ。

ところが、あるとき妙なことに気づいた。送られてくる文房具が、ことごとくピンク色なのだ。今の文房具はカラーバリエーションが豊富で、相当数の色を揃えてある場合が多い。それなのに、メーカーを問わず、ピンポイントでピンク色が送られてくる。なぜだろう?

私は少し考え、思い当たった。私が女だからだ。

女性=ピンク好き?

これらは、筆者が気に入っている「考えられた」ピンク色の文具。しかし、世に出ている文具の中には「美しくない」物もあり…。

女性=ピンク、という発想は根強いらしい。女性とピンクの関係について論じた『女の子は本当にピンクが好きなのか』(ele-king books)という本が出ているくらいだし、書店で女性向けの本の棚に行くと、一面がピンク色だ。

しかし、本当に女性はピンク好きなのか? 

たしかに、ピンク色が好きな女性は少なくない。たとえば、私がそう。だけど、メーカーさんには一言も、自分がピンク好きだとは明かしていなかった。それでもピンク色が送られてくる理由は、女性=ピンク、という発想があるからだろう。

だが、繰り返しになるが、本当に女性たちは皆、ピンクが好きなのだろうか? それは偏見ではないのか?

ピンクへの無理解

ピンクの文房具について、もう一つ気になることがある。それは、ピンクの扱いが雑である点だ。より平たく言うと、“美しくないピンク”の使い方がまま見受けられる。

一般に、無条件に美しい色というものはない。青も、赤も、緑も、美しく見える使い方もあれば、そうではない場合もある。あるペンケースでは、キャンバス地にパステルピンクを配していた。こうした素材選びや配色は、女児向けのピンクの使い方だ。子供向けではないペンケースでこのようなピンクの使い方をするのは、明らかにおかしい。

このペンケースは8色展開だったのだが、ピンク以外のカラーは、ごく普通のデザインだった。ピンクだけ、大人の女性に向けて、女児向きの色を使うという問題があったのだ。

もちろん、ピンクを上手に使った文房具も少なくない。たとえば、スケッチブックで有名なマルマンの大人向けブランド「グランジュテ」の一筆箋と封筒にピンク色のものがあるのだが、やや落ち着いたピンクがアクセントになっている金色のラインと調和し、「上質なピンクの文具」になっている。

マルマン「グランジュテ」の一筆箋と封筒

知られざる「女性」

このようなケースは少なくない。冒頭のように女性=ピンクという思い込みがあり、かつ、先ほどのペンケースの例のように、ピンクへの理解がない。大人の男性に向けて、男児向きのデザインをしてしまった例は聞いたことがないが、大人の女性に、女児向きのデザインを作ってしまうことは起こっている。つまり、女性を年齢・属性問わず同一視しているようなのだ。

だが、実際の女性たちは当然ながら多様だ。全員が全員ピンク好きではないし、仮にピンク好きでも、すべてのピンクを無条件に好むわけではない。女性が歳を重ねれば、好むピンク、似合うピンクは変わる。あるいは、ひとりの女性に限っても、複数の顔を持つのが普通だ。母親、子、ビジネスパーソン、妻、ひとりの女……。

難しい話ではない。男性だって多様ではないか。それなのに、なぜ、女性はそう見られないのだろうか。

ぱっとしないピンク色の文房具を見るたびに、ひとりのピンク好きの女として、残念に思うのだ。