うんこミュージアムで一躍話題に、「アソビル」は横浜の新名所となるか

うんこミュージアムで一躍話題に、「アソビル」は横浜の新名所となるか

2019.03.15

「うんこミュージアム」で話題になった横浜の新スポット「アソビル」

体験型コンテンツ、飲食店、クラフト教室など多種多様な内容を展開

目指すは年間200万人来場、コンテンツの試金石として運営

“うんこミュージアム”という強烈なインパクトを持つキーワードが一時SNSを騒がしたが、これは横浜駅東口に3月15日より開業する複合施設「アソビル」の一角にある期間限定コンテンツ「うんこミュージアム YOKOHAMA」のことだ。

内覧会でも一番の賑わいを見せていた「うんこミュージアム YOKOHAMA」

実はこのインパクト大な催し以外にも、「アソビル」では数多くの店舗・エンタメコンテンツに触れることができる。百貨店やショッピングモールが目立つ横浜駅東口エリアには、これまでなかったタイプの施設だ。その開業の狙いについて、施設内の様子を交えてお伝えしたい。

「アソビル」外観

「うんこ」だけではない、エンタメ複合施設

「(うんこミュージアムに関して)ここまでの反響があるとは予想外でした」

「アソビル」を運営するアカツキライブエンタテインメント(ALE) 代表取締役 CEO 香田哲朗氏は、SNSでの盛り上がりについてそう語った。強烈なインパクトの「うんこミュージアム」に注目が集まっているが、「アソビル」は複合型エンターテインメントビルを謳っており、さまざまなコンテンツを提供しているため、そちらも楽しんでほしいともコメントした。

古い歴史を持つ日本郵便別館ビルをリノベーションして作られた「アソビル」。B1F~屋上(5F)の6フロア構成だが、3月15日の開業段階では、以下の4フロアを中心とした営業となる。

■1F:横浜の有名店や都内の人気店が集結

1Fの名称は「横浜駅東口 POST STREET」、飲食店と常設アートのフロアだ。

1店舗ごとのスペースは小ぶりで、軒を連ねる屋台のようなレイアウト

出店ラインアップはシウマイで知られる「崎陽軒」のバル業態をはじめ、「横浜らーめん 壱六家」、「丿貫(へちかん)」といった人気ラーメン店、 「野毛焼きそばセンターまるき」、ピンチョス専門店「Spinx」など、横浜にゆかりを持つ店が集う。

蒸したての崎陽軒のシウマイ盛り合わせが食べられる
ひとつ150円~のピンチョスとワインなどをペアリングして楽しむ「Spinx」

一方で、横浜初出店となる都内の人気店も。麻布十番の人気ドーナツ店「DUMBO Doughnuts and Coffee(ダンボ ドーナツ&コーヒー)」や新宿はじめ都内中心に展開している「もうやんカレー」のほか、青山のチーズ専門店の別業態「DAIGOMI BURGER」など、合計18店舗がオープンする(※一部店舗は3月下旬~4月以降に開業)。

「DUMBO Doughnuts and Coffee」は、シドニー発の「テラボールシェイク」風にドリンクの上にドーナツを載せてInstagramに投稿されることでも知られる人気店。ドーナツは大きさに反して軽い食べ応え
チーズのシズル感が目をひく「DAIGOMI BURGER」

■2F:「うんこミュージアム」ほか体験型コンテンツを提供

2Fは「ALE-BOX」、映画館のシアターのような扉が複数立ち並ぶフロアで、各部屋で異なる体験型コンテンツを楽しむことができる。「うんこミュージアム」があるのもこの階だ。コンテンツは定期的に入れ替わる。

「ALE-BOX」フロアは体験型コンテンツの集合シアターのような趣
インスタ映えならぬ「うんスタジェニック」を狙う一角。このコンテンツは面白法人カヤックがALEと共同で企画。会期は7月15日まで

話題の「うんこミュージアム」、“ミュージアム”と銘打っているが、内覧した感触としては、スタッフのアテンドの仕方や設置内容などが、池袋のナンジャタウンなどの施設に近い雰囲気。「インスタ映え」するスポットも多く、グループや親子連れでの来館向きとなっていた。

オープン時は、SCRAPが提供する脱出ゲームや、キングコング・西野亮廣氏の絵本「えんとつ町のプペル」の世界を表現したVRコンテンツ、体験型ショートフィルム「THE STORY HOTEL」が展開される。

「リアル脱出ゲーム」を提供する「横浜ヒミツキチオブスクラップ」。オープン時には2つのコンテンツが展開される
「えんとつ町のプペル」VRコンテンツは、VRが得意な「奥行き」と「浮遊感」が活かされた構成。脅かす要素はないのでVR初心者でも安心して楽しめる

■3F:作家からレクチャーを受けハンドメイドを体験

3Fは「MONOTORY」、「ものづくりワークショップ」のためのハンドメイド体験フロアだ。

他のフロアと比べゆったりとしたレイアウトとなっており、多数の講師が一度にレクチャーを行える
アクセサリーや彫金加工、陶芸、レザークラフト、食品サンプルなどさまざまなジャンルの手仕事を体験できる

手仕事のレクチャーのほか、3DプリンタやUVプリンタ、レーザーカッターなどの機材も設置。20ジャンル、200種類以上の「ものづくりワークショップ」を展開予定となっている。

UVプリンタなどの機器も設置されており、ハンドクラフトのみならず、デジタルファブリケーションにも触れられる
内覧会当日は、好みの施設のマスコットキャラと枠を選び、名入れをしてUVプリンタでオリジナルキーホルダーを作るコーナーが展開されていた

■RF:元プロ選手に教わるスポーツ教室を実施

屋上は「マルチスポーツコート」として、フットサル・バスケットのコートを1面ずつとれる広さのコートを用意し、3月1日より運営をすでに開始している。この2競技に限らず野球から最新アクティビティなどの実施も予定する。

駅至近にありながらスポーツを楽しめる

このほか、B1Fにバーラウンジ「PITCH CLUB」(3月15日はプレオープン、グランドオープンは4月5日)、4Fに子供向け施設「Puchu!」(5月初旬オープン)がある。

バーラウンジ「PITCH CLUB」

東口のあらたな目的地となれるか

1つのビルにこれだけ多数の要素の「アソビ」を盛り込んだこの施設だが、横浜東口の開発想定エリア内に位置しており、期間限定の運営を前提として開業する。説明会では「最低3年は営業する」と明言されたが、再開発の動向を見て営業期間を判断するという。

駅出口からアプローチした場合アソビルそのものは見えないため、横浜中央郵便局を目印に、向かって右手にある「みなみ東口通路」を進むことになる

横浜駅東口エリアに隣接するみなとみらいエリアには、資生堂など大企業の本社機能が移転される。そういった意味でも今後、同エリアの人の流れは増加することが予想される。

同施設の各コンテンツに対する予約動向も明かされた。年齢は30代を中心に前後10歳がボリュームゾーンとなっており、男女比率はやや女性が多くなっていたという。予約者の住所は、7割の人が神奈川県、次いで都内が2割、そのほかは日本各地、海外の合計で1割となる。まずは地元民の心をどれだけつかめるかということになりそうだが、ALE香田社長はそのフェーズを越えて「今後はインバウンド含め、旅行の目的地としてより多くの人に来てほしい」と展望を語っていた。

こうした背景を受けてか、初年度の目標は「200万人来館」と大きな数字を掲げる。今後5年以内に日本では主要都市を中心に展開、海外展開も意欲的に行う。「アソビル」は館全体でもフロア単位でも横展開が可能であるとし、この施設での反応を見て、多店舗展開の内容を決めていくという。各コンテンツの反響を見る試金石としての役割を重要視しているようだ。

その一方で、横浜観光という視点でみれば、横浜駅東口エリアはショッピング目的の来訪であれば利便性に長けているものの、観光面での魅力は多いとは言えなかった。

また、同施設ほど近くに大きなレストランを運営している崎陽軒を例にとっても、価格帯が高めであったり、混雑するため予約なしに立ち寄るのは難しかったりと、横浜ならではの飲食店を気軽に利用するのは意外に難しい。そのため、アソビル内の多様な体験コンテンツや飲食店は、観光客にとっても見どころのあるものになっていると感じた。

「アソビル」は「うんこミュージアム」を起爆剤に横浜駅東口の新しいにぎわいを創出できるか、オープン以降の動きに注目していきたい。

NHK受信料「ワンセグ携帯」に支払い義務、最高裁確定で注意すべきこと

NHK受信料「ワンセグ携帯」に支払い義務、最高裁確定で注意すべきこと

2019.03.13

ワンセグもNHK契約義務、初めて最高裁で認められる

テレビと無縁でも契約該当する可能性、心配ならiPhoneを

テレビ離れ進めば、徴収手段もどんどん広がる?

ワンセグ携帯を持っているだけで、NHKと受信契約を結ぶ義務が発生することが確定した。

ワンセグ携帯でのNHK受信契約義務をめぐる訴訟は複数起こされていたが、最高裁は3月13日、そのうちの1件について、契約義務があるとしていたNHKの勝訴を初めて確定した。スマートフォンや携帯電話といった、本来はテレビ視聴を目的としない機器であっても、ワンセグ機能を搭載していればNHKと受信料契約を結ぶ義務が生じると認められた。

NHKは、受信契約義務のある受信機の設置数のうち、「ワンセグ機能付き携帯電話のみを設置されている方の割合は約0.3%と推計しています」と、影響範囲の狭さを説明している。ただしワンセグ機能は、特に国内主要キャリアが近年取り扱った国内メーカー製のスマホ・携帯電話では、ほとんどの機種で標準搭載されてきた。実際には0.3%以上の人に影響が及ぶ恐れもある。

今回の件を受けてワンセグ所持により契約義務が発生した場合、NHKの定める「地上契約」に該当すると考えられ、月額で1,260円から、年額前払い割引でも13,990円の支払いが必要だ。

またNHKは受信料契約について、生計をともにする同一世帯では、受信機器の数にかかわらず1件の世帯ごと契約でかまわないとしているが、単身赴任や、大学生(未成年含む)の子供のひとり暮らし、2世帯家族で生活費が別々などの場合は、家族であっても別途の受信料契約が必要(家族割引あり)になる場合があるとしている。家族の所持するスマホについても、ワンセグ機能の有無を確認しておく必要があるだろう。

NHKの視聴はしないが、スマートフォンは無いと困るという場合は、海外メーカーのスマートフォンであればワンセグ機能を搭載しないモデルを選べることがあり、特にアップル社のiPhoneであれば全機種でワンセグ機能を搭載していない。スマートフォンの細かな機能などを把握できないのであれば、iPhoneを選んでおけば間違いないだろう。

NHKは従来から、「NHKのテレビの視聴が可能なパソコン、あるいはテレビ付携帯電話についても、放送法第64条によって規定されている『協会の放送を受信することのできる受信設備』であり、受信契約の対象」と説明してきた。

またNHKは、2019年4月の開始を目指し、テレビ放送のインターネット常時同時配信の準備を進めている。放送法の不備を指摘したい人々の間では「インターネットに接続するだけで契約義務が生じるようになる」と喧伝する声も根強いが、インターネットというネットワークの相互接続で成り立っているインフラを利用する側にいながら、その上でいちコンテンツ提供者以上の何らかの権利を主張できるはずがない。

「文具女子」って「誰」のこと?

文具の世界の魅力を伝える「文具ソムリエール」として、TVやWebで活躍する菅未里さん。本連載では、そんな菅さんならではの視点で、文具に反映される現代社会の構図や情勢に思いをはせたコラムを展開します。

女性を強く意識した文房具の博覧会「女子文具博」が人気だ。2017年末に東京都大田区の東京流通センターで初開催されたイベントには約2万5,000人が来場。面積を倍に広げて昨年末に行われた第二回イベントには、約3万5,000人が参加したという(いずれも主催者発表)。この春には大阪でも開催予定だというので、大盛り上がりだといえる。人混みが苦手な私は参加できなかったほどだ(マスコミ向けの公開日には行ったのだが)。

「女子文具」が盛り上がる背景には、リーマンショック以降、会社が経費削減のために文房具の購入を控えるようになったことがあると想像される。文房具が支給されなくなった会社員は自分で文房具を買い求めるようになったため、文房具メーカーが会社ではなく個人を意識するようになった。その結果、それまではあまり目立たなかった「文具好きの女性」がターゲットとして浮上してきたということだ。

「文具女子博」ビジュアル

「女子」という言葉にまつわる違和感

ところで、SNSを見ると、イベントはともかく「文具女子」という言葉に拒否反応を示す女性がちらほら見受けられる。「なぜわざわざ『女子』とつけるのか?」というわけだ。「文具男子」とは言わないのに……。

私も「文具女子」という言葉にはどこかズレたものを感じざるを得ない。たとえば、「女子」という言葉に紐づけられる文房具の多くは、いわゆる「可愛いもの」だ。ピンク、パステル、花柄……。なるほど、たしかに可愛いものはよい。私も可愛いものは好きだし、多く持っている。以前書いたように、ピンクも色によっては好きだ。

筆者が所有しているピンク色の文具

しかし、多くの場面で私が使う文房具は、落ち着いたデザインだったりネイビーだったりと、男性が選ぶものとそうは変わらない。というのも、TPOや私の年齢を考えると、「可愛い」ものがふさわしくない場合が多いからだ。何よりも、私が好む文房具がすべて「可愛い」とは限らない。私はピンクも好きだが、同様にネイビーやグレーも好きである。

筆者が愛用しているシックな色合いの文具

「女子」は作られたイメージ?

ところが、「女子」という言葉が見え隠れする取材やイベントで、私が落ち着いた文房具を提示すると、あまり反応が良くないことが多い。「もっと女子っぽいものはないですか?」「華やかなものがあると助かるんですが……」。よくわかる。雑誌なら紙面を、TVなら画面を華やかにする必要はあるだろう。だが、女性たちが皆、いつでも、ピンクや花柄を好むわけではないのだ。

思うに、「女子」という言葉は、男性ばかりだった世界に女性が登場したときに使われるものだ。文房具も本来は主に仕事で使われる道具だったので、女性の就業率が低かった時代が長かった以上、男性の趣味といえる。もちろん女性の文房具ファンはいたのだが、あまり目立たなかった。それが可視化されはじめたので、「文具女子」という言葉が生まれたわけだ。

しかし残念なことに、「文具女子」のイメージは、女性たちが自ら選び取ったものではなく、おそらく男性によって与えられたものだ。他の「何とか女子」と同じように。だが、実際の女性たちは、もっと複雑だ。「文具女子」という言葉が陳腐化してはじめて、文具は真の意味で男女両性の文化になっていくのだろう。

ただ、「女子」というくくりが不要だとは、まったく思わない。くくりがなければ、そもそも女性の居場所がないかもしれない。だが、「可愛いもの」だけを追いかける「女子」は、たぶん存在しないのだ。