「カルチャー」の記事

復活のテクニクス、世界待望のDJターンテーブル「SL-1200 MK7」投入の真意

復活のテクニクス、世界待望のDJターンテーブル「SL-1200 MK7」投入の真意

2019.01.11

みんなが待ってた「SL-1200 MK7」を今夏に製品化

より多くの音楽を愛する人へ、テクニクスの取り組み

2019年はパナソニックそのものが変わる節目になる

パナソニックは、「テクニクス」ブランドの新製品として、DJなどを対象にした「SL-1200 Mark7 ダイレクトドライブターンテーブル」を発表した。2014年にテクニクスが復活して以来、登場が期待されていたDJ向け製品だ。これによって、テクニクスの事業が新たなフェーズに入ったことを示すことになった。

DJ向けに発売する「SL-1200 Mark7 ダイレクトドライブターンテーブル」

あわせて、Grand Classのネットワーク&スーパーオーディオCDプレイヤー「SL-G700」、Premium Classのダイレクトドライブターンテーブルシステム「SL-1500C」も投入する。これによりテクニクスブランドの製品は23機種にまで広がり、より多様なユーザーに音楽を楽しむ環境を提案できるようになる。

ネットワーク&スーパーオーディオCDプレイヤー「SL-G700」
ダイレクトドライブターンテーブルシステム「SL-1500C」

これらの新製品の発表の場となった家電見本市「CES 2019」(米ラスベガス 1月8日~11日開催)の会場で、テクニクス事業を統括する小川理子執行役員と、パナソニック アプライアンス社 テクニクス CTOの井谷哲也氏に、新製品と事業展望について聞いた。

SL-1200 MK6生産終了から8年、MK7が登場

――2018年は、テクニクスにとってどんな1年でしたか

小川:2018年春に発売した、リファレンスクラスのターンテーブル「SL-1000R」が大きな話題を集めたことがトピックでした。SL-1000Rで実現する音に関しては、技術や企画、デザイン、マーケティングなど、テクニクスに関わるすべての人たちが自信を持って、市場投入したものであり、「この音が、テクニクスの音である」ということを明確に示すことができたといえます。

テクニクスの復活を主導したパナソニックの小川理子執行役員。ジャズピアニストでもある

実際、SL-1000Rは計画の3倍という売れ行きを示しました。アナログの音を最高の環境で楽しみたいというユーザーが多かったことを感じました。最上位のアナログオーディオを実現したことで、「いままでに体験したことのない音が聴こえる」、「アナログの概念を超えた」といった声を、ユーザーの方々やディーラーの方々からいただきました。この製品に象徴されるように、2018年は、テクニクスの取り組みの蓄積がいよいよ実ったといえる1年でした。

――2018年のテクニクス事業全体を振り返って自己採点すると何点になりますか

小川:100点満点で、85点ですね。昨年からは5点ほどあがった感じです(笑)。

2018年は、SL-1000Rによって、テクニクスの音はこういうものだということを定義できましたし、自信をもってお勧めできるものが完成しました。「まずは、ここまでやりたいな」と思った音が実現できました。ただ、やることはまだまだありますから、そのあたりが15点のマイナスになります。

――今回、新たにDJ向けのダイレクトドライブターンテーブル「SL-1200 Mark7」を、2019年夏に発売すると発表しました。この製品はテクニクスにとって、どんな意味を持ちますか

小川:2014年にテクニクスの復活を発表したときに、DJの方々から嘆願書をいただくなど、登場が期待されていたのがDJ向けのダイレクトドライブターンテーブルでした。私たちも、「いつかは製品化したい」と考えていました。その「いつか」というタイミングが、いま訪れたというわけです。このSL-1200 MK7の開発をスタートしたのは2018年1月頃でしたが、このタイミングで様々な要素が揃って、今ならばDJにとって一番いいターンテーブルが投入できると判断し、製品化しました。

ダイレクトドライブのモーターを新たに開発したり、DJ向け製品として搭載する新機能を追加できたりしたことに加え、コストダウンした上でもテクニクスの音を出せるようになったことが大きな要素です。

CES 2019のテクニクス プレスカンファレンスでは、レジデントDJであるSkratch Bastid氏によるデモプレイも披露

テクニクスの再参入当初は、マーケティングの観点から、Hi-Fiオーディオとしてのブランドを確立することを優先し、DJ向け製品の投入は先送りしてきた経緯があります。しかし、この3年間の取り組みを通じて、アナログに対する揺るぎない自信ができたこと、Hi-Fiオーディオとしてのモノづくりをしっかりとやってきたからこその技術やノウハウが確立できました。

そして日本国内のDJを中心に、カナダや英国など世界中のDJの意見も聞き、操作という点での心地よさを追求し、使いやすいものを開発できる環境が整いました。加えて、新たにマレーシアの製造拠点で生産できる体制を敷いたことで、1,200ドル以下という購入しやすい価格の実現にもめどがたちました。さらに楽器店などの新たな販売ルート開拓の体制もできつつあり、DJ向けダイレクトターンテーブルを市場投入するための土壌を、あらゆる観点から整えられたことが背景にあります。

――DJ向けダイレクトドライブターンテーブルは、Hi-Fiオーディオとはモノづくりの手法が異なるのですか

小川:ターンテーブルの技術者は一緒です。そして、SL-1200 MK6の開発者も、今回の新製品の開発に携わっています。ただ、私が開発チームに言っていたのは、これは「楽器」であるということでした。楽器を使う人の声を聞くことが大切であり、それをもとに、楽器として、どんなモノづくりをすればいいのかを追求してほしいといいました。私を含めて、テクニクスの開発メンバーには楽器をやる人が多く、楽器とはどういうものかを知っていますから、この言葉の意味することについては、理解が早かったですね。

井谷:2014年のテクニクスの復活以降、ラインアップしてきたターンテーブルは16ビットのCPUを採用していましたが、今回のSL-1200 MK7では32ビットのCPUを採用しました。また、トルク・ブレーキスピードの調整機能や逆回転再生など、パフォーマンスの可能性を広げる新たな機能も搭載しています。

一方で、新生テクニクスとしての3年間に渡る蓄積も生かされています。2016年に製品化したSL-1200Gをはじめ、アナログオーディオで培ってきた技術を用いて音質を高めています。そしてボタンレイアウトやプラッターの慣性質量など、DJパフォーマンスに影響する仕様についてはSL-1200 MK6を踏襲しているので、過去の製品を使い慣れているDJでも、同様の操作感で使ってもらえます。「楽器」という位置づけですから、手触り感や使い勝手といった点はとてもこだわりました。

2010年に生産終了となったSL-1200 MK6までのシリーズ累計の販売台数は350万台を超えており、いまでも多くのDJに愛用されていますが、そうした方々にSL-1200 MK7を使ってもらったところ、「MK5やMK6に比べて音質がかなり良くなっている」という声をいただけました。

小川:製品化の経緯のなかで、型番に「DJ」と名称をつけようという話もあったのですが、最終的には、これまでの継承性を感じていただけるMK7の型番としました。DJの方々にとって、いままで使っていたものと操作が変わっては使いにくくなってしまうので、その点は継承し、そこに、テクニクスとして新たな機能を搭載しました。継承はしているが、進化をしているというのが、SL-1200 MK7です。

CES 2019の会期中、テクニクスはホテル「ベラッジオ」のナイトクラブを貸し切って「Technics 7th イベント」を開催。多くの招待客で賑わった

2019年は、音楽を愛する多くの人をファンに

――2019年は、テクニクスの復活から5年目を迎えます。どんな1年になりますか

小川:もっと裾野を広げたいですね。昨年後半には、ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「EAH-F70N」や、ワイヤレスヘッドフォン「EAH-F50B」を投入し、ヘッドフォンのラインアップも増やしました。より多くの人にいい音で、音楽を聴いていただきたいという狙いからです。また、今回のCES 2019にあわせて、Premium Classのダイレクトドライブターンテーブルシステム「SL-1500C」と、Grand Classのネットワーク&スーパーオーディオCDプレイヤー「SL-G700」を発表し、ラインアップを拡充しました。

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「EAH-F70N」

テクニクスは、特定の人たちだけにいい音楽を楽しんでもらうのではなく、まさに、「くらしにもっと音楽を」という考え方で製品を投入していきます。現在、23機種のラインアップを、29カ国で展開しています。これをベースに、いままで以上に多くの人にテクニクス製品を届け、ファンになってもらいたいと考えています。

井谷:SL-1500Cには、コアレスダイレクトドライブモーターや高感度トーンアームなど、テクニクス独自の技術を数多く搭載しています。さらに、フォノイコライザーアンプを内蔵するとともに、Ortofon 2M Redフォノカートリッジも付属し、それでいながら、コストを抑えることにも成功しました。

フォノイコライザーを内蔵することで、配線を短くできるというメリットがありますが、一方で、回路が集中することで発生する課題を解決しなくてはならないという難しさがあります。そこで、フォノイコライザー用の専用電源については、ノイズの影響を軽減するためにモーターや制御回路用の電源から絶縁し、さらに、シールド構造により、外来ノイズの影響を抑制しています。「内蔵でありながら、こういう音まで出せるんだ」ということを言ってもらえるほど、追いこんだ作りになっています。これは大きな挑戦ではありましたが、自信を持ってお勧めできる性能を実現しました。

しかもカートリッジもついていますし、フォノ入力端子のないオーディオ機器につなげても、すぐに聴いてもらえます。これによって、アナログレコードを簡単に楽しんでもらうという新たな提案ができるようになります。

――テクニクスは、2014年に、「Rediscover Music」をメッセージに掲げ、「音楽を愛する人たちに向けたHi-Fiオーディオの実現」を目指してきました。今回のDJ向けダイレクトドライブターンテーブルの投入によって、ユーザーターゲットが広がります。このメッセージも刷新となるのでしょうか

小川:それは変わりません。DJ向けダイレクトターンテーブルも音楽を愛する人に向けた製品のひとつです。むしろ、多くの人に音楽を楽しんでもらう方法はまだまだあると考えています。

次のステップでは、パナソニックのアプライアンス社全体で取り組んでいるスマートホームとの連携などを通じて、「くらし」のなかでさりげなく音楽を楽しんでもらう取り組みや、クルマと家をつなぐなどし、様々な空間にテクニクスの世界観を広げていくことも考えたいですね。クルマは、電動化が進んでいますが、それに伴い、軽量化が課題になっています。車内に重たいスピーカーを10個搭載して高音質を実現するのではなく、音場制御をはじめとしたデジタル技術を活用することで、軽いシンプルな構成で、いい音を鳴らすといったこともできるでしょう。そこにはテクニクス独自のLAPC(Load Adaptive Phase Calibration)の利用も有効だと思っています。

私はテクニクスを復活させてから、毎年のように、「飛躍の年にしたい」と言い続けてきました。2019年も、さらに飛躍する1年にしたいですね。これまでにも、私たちなりには飛躍をしてきたつもりですが、外からみると、小さな飛躍にしかみえないかもしれません。外から見ても、大きく飛び始めたといえるように、さらに大きな飛躍をしたいと思っています。

パナソニック全社が次の100年に向かう節目

――小川執行役員は、2018年1月から、パナソニック アプライアンス社の技術担当副社長および技術本部長も兼務しています。この1年の成果はどうですか

小川:2018年は、パナソニックが会社として100周年を迎え、様々な取り組みが行われた1年でした。「くらしアップデート業」や「知能化」といった新たなキーワードも出しました。そうした節目において、技術本部では、これまで100年の家電のモノづくりを、次の100年のモノづくりにどうつなげていくかということを考えはじめました。

くらしに貢献する技術や製品、サービスのすべてが変換点を迎えていますが、最終製品が変化するためには、まずは技術から変わらなくてはいけません。しかし、100年に渡るモノづくりのプロセスを変えるのには、ものすごい力が必要になるのも確かです。

私たちは、この変化に挑戦していきます。技術本部のなかでは、変えなくてはならないという共通認識ができています。そして、変化をドライブするために開発体制も変更しました。現在、技術本部のなかに、エアコン・コールドチェーン開発センター、ホームアプライアンス開発センター、イノベーティブ・エンターテインメント開発センター、R&Dプランニングセンターの4つの開発センターを設置し、デジタルトランスフォーメーションを推進したり、ソフトウェア技術やネットワーク技術に明るい黒物家電の技術者に、白物家電の開発に取り組んでもらったりといったことをしています。

これまでは、ひとつひとつの商品に向き合って開発してきた人たちが、IoTや知能化、くらしという文脈から、横につながったり、サービスとつながったり、あるいはプラットフォームを活用した新たな開発に取り組むといったことをはじめています。

パナソニックの100周年という節目は、技術者の意識を変えるにはいいタイミングでした。そのきっかけによって、次の100周年に向けて、変革をしていくという意識が共通認識として浸透しはじめています。

――パナソニック アプライアンス社では、2021年までに、家電製品の”すべて”のカテゴリーにおいて、知能化した製品を投入する姿勢を明らかにしています

小川:もはや、ハードウェア単品での性能向上や機能強化には、限界があります。ハードのなかに詰め込もうとしていた機能、性能を、クラウドとつないでソフトウェアでアップデートし、ハードウェアを買い換えることなく、くらしに寄り添った家電へと進化させる必要があります。

家電の「知能化」においてはネット接続が前提となり、人の気持ちを察して、ちょうどいいアップデートをしていかなくてはなりません。これをすべてのカテゴリーで展開していきます。また、地域ごとに見ても差がありますから、地域×商品のマトリクスで「知能化」をする必要があります。優先度を考えながら、「知能化」に取り組んでいきます。

パナソニックが、家電業から「くらしアップデート業」に変わって行くには、「100年続いた家電をどう変えていくのか」という意識を全員が持つ必要があります。そして、世界の技術の変化の激しさや、スピードに追随しなくてはなりません。その点では、まだまだ足りないことばかりです。ダイナミックさも足りていません。世界という観点でみると、もっと変えないと変化にキャッチアップできない。今年は、よりダイナミックに、よりスピード感をもって変えていきます。

サントリー公式VTuber 燦鳥ノムさんがもたらす“ファンとのつながり”

サントリー公式VTuber 燦鳥ノムさんがもたらす“ファンとのつながり”

2019.01.10

サントリーが採用した公式VTuberは119歳の女性

企業公式だが、ゲーム実況や歌ってみた動画などマルチな活躍を見せる

話を聞いているなかで「ノムさんが愛される理由」が見えてきた

人類が知らない未開の文明は存在するのか?

その問いに対する筆者の答えはYES。なぜならば、「存在しない」ということを証明できないからだ。深海や地底、宇宙も含めれば、まだ人類が調査できていない場所は多い。というか、実際、先日「水の国」からやってきたというお嬢さんとお話してきたのだから、やはり、答えはYESである。非常に麗しい、119歳のお嬢さんだった。

119歳、水の国出身のバーチャル淑女

「冷蔵庫からこんにちは。水のように清らかに、太陽のようにみんなを照らす。サントリー公式バーチャルYouTuber(VTuber)の燦鳥ノムと申します。『燦々と輝く太陽』の『燦』に、お空を飛ぶ『鳥』で、さんとりと読みます♪」

サントリーまでもが手を出した。そう、今や6000人以上が鎬を削るVTuberだ。ノムさんは、サントリー公式VTuberとして活動する1899年生まれ、119歳のお姉さんである。

サントリー公式VTuberの燦鳥ノムさん。マンガ『夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜』や、ライトノベル『デュラララ!!』のイラストを手がけたヤスダスズヒト氏が、キャラクターデザインを担当した

還暦ダブルスコア目前のノムさんだが、外見はなんともエレガント。丁寧な言葉遣いやおっとりした性格も好感が持てるし、年齢を感じさせない不思議な魅力があるではないか。その愛らしさはいったいどこから来るのだろう。

以前、ロート製薬の根羽清ココロさんに話を伺ったときは、初めてのVTuber取材に面食らった部分もあるが、同じ轍を踏む筆者ではない。もう驚かないぞ。よし、じゃあ早速、サントリー公式VTuberになった経緯など、ノムさんにいろいろと聞いちゃおう。

「私が公式VTuberになったきっかけはスカウトですね。いろいろな飲み物について知りたくて、探しに出たところ、こちらの世界で最初に着いたのがサントリーという会社だったんです。そこで出会ったサントリーの人にスカウトされまして、公式のVTuberをさせていただくことになりました」

なるほど、採用のきっかけはスカウト。たしかに、山奥で湧き出る水のごとく澄んだルックスのノムさんは、“水と生きるサントリー”をブランドメッセージに掲げている同社にぴったりだ。さすが、サントリー。目の付けどころが違う。

しかし「こちらの世界」ということは、ノムさんはどんな「こちらではない世界」からやってきたのだろうか。

「私の出身地である『水の国』です。お水がとっても豊かで、綺麗なところなんですよ」

水の国……。あ~、知ってる。知ってる。超知ってる。ベネチアだ。……違う? 山梨県の南アルプス市とか、そのへん? ……あ、どちらも違う。では、水の国とは……?

「水の国は、とっても大好きな故郷なのですが……、飲み物がお水以外ないんですよね~。だから、初めてこちらの世界にきたときは、本当にいろいろな飲み物があることに驚かされました。わぁいいなぁ、贅沢だなぁ~と。ワァラ」

ワ? え? 何? ワァラ? water(すごくいい発音で)? え? ……あ、w←これ? これのこと? いわゆる、「ワラ」ってことか。水の国では「ワァラ」と発音するわけだ。そういえば、根羽清ココロさんも「ねばー」という口癖があった。なんというか、皆さんとても個性的である。

結局、水の国がどこなのかは不明だったが、まぁいいとしよう。

ノムさんのw(ウォァルァ)動画。本場の発音はこの動画からどうぞ。ちなみに、こちらの世界で使われる「www(草生える)」は、水の国で「水湧く」と表現するらしい。大草原は大瀑布? 大噴水?

「ほかのVTuberの皆さんも個性的ですよ。動物みたいなお耳が生えている方や、動物そのまま? の方もいらっしゃるんです。日々、驚きの連続ですね!」

たしかに、狐だったり猫だったり、馬にゴリラに、6000人いる“しゃべる個性”のなかで自分の立ち位置を確立することは、そう簡単なことではないのだろう。そのあたりでも、きっとさまざまな工夫や苦労をしているに違いない。

積極的にコラボにも挑戦! 意識するのは視聴者の満足

2018年8月のデビューから約半年、ノムさんのYouTube公式チャンネルでは、チャンネル登録者数が6万人を突破し、動画数はすでに40近い。次はこれらの動画について聞いてみよう。

「毎回いろんな企画を考えて動画を作っています。自分で自分のCMを作ってみたり、新しいキャラクターを開拓したり……。それに、『ゲーム実況』や『歌ってみた』にも、どんどんチャレンジしています!」

サントリー公式VTuberだからといって、サントリーのPRだけをしているわけではない。観る人が楽しめるように、さまざまな動画に挑戦しているのだ。ただし、動画の途中にサントリーの飲料をノムノムして(ノムさんは飲み物を飲むことをこう言う)、その魅力を伝えることは怠らない。

幅広いジャンルの動画を公開しているノムさんだが、特にお気に入りなどはあるのだろうか。

「最初に歌わせていただいたEveさんの『ドラマツルギー』はとても印象深いですね。初めて聴いたときに、いい意味でグサッと心に刺さりました。また、ときのそらさん、富士葵さんと一緒に歌った『檄!帝国華撃団』も心に残っており、自分でもついつい聴き返してしまいますw(ワァラ)」

ノムさんのお気に入り動画「ドラマツルギー」
VTuber3人がコラボした「檄!帝国華撃団」

お気に入りの「ドラマツルギー by 燦鳥ノム【歌ってみた】」は、82万回再生を記録するほどの人気コンテンツだ。たしかに、天然水のごとくクリアな歌声に、ノムさんの踊りで彩る映像美は、一見の価値がある。実際、圧倒的クオリティの動画に対する賞賛のコメントが相次いだ。

また、『檄!帝国華撃団』のように、ノムさんはほかのVTuberと共演するケースも多い。親しみを感じやすい性格だからか、きっとノムさんの周りには人が集まってくるのだろう。

「お友だちはたくさんできましたね。企画で共演したほかのVTuberの方と仲良くなれただけでなく、動画を観てくださる方のコメントが本当にうれしくて。勝手に皆さんのことをお友だちのように感じています」

動画に対するコメントは毎回数百件にものぼり、Twitterのリプライなどを含めると、数えきれないほどのメッセージがノムさんのところへ届く。

「コメントを読むと『頑張らなくっちゃ!』と燃えますね。なかには『こんな企画が見てみたい』といったコメントをいただくことも多くて、なるべく取り入れるようサントリーの人と相談しています」

取材中、楽しそうに話すノムさん

常に読者の要望に応え、楽しませようと努力するノムさん。まさに、YouTuberの鑑のような存在である。

「どの動画も、観た方が楽しい気持ちになれるものだといいなと思っています。わたくし自身どの企画も楽しんでやっているので、それが伝わっていれば嬉しいですね」

ノムさんは視聴者のために動画を作る。たとえ、それが命をかける動画であっても、きっと一歩も引かないだろう。それが帝国華撃団なのだから。

生放送を経験したノムさんが次に目指すものは?

最近では、初の生放送を経験したノムさん。サントリー「クラフトボス ホット」のTV CMに出演している、ゆりやんレトリィバァさんとの共演を果たした。生放送では、ゆりやんレトリィバァさんがバーチャル世界に入り込み、VTuberとしてノムさんと「女子会」を実施。視聴者の恋愛相談や大喜利などを行った。

生放送中のワンシーン

「生放送はすっごく楽しかったです!! リアルタイムで皆さんとやりとりをするのが初めてだったので、最初は焦っちゃいましたが、とても刺激的でした。ゆりやんレトリィバァさんもステキな方で……。ぜひまた一緒に生放送やりたいです!」

ノムさんは生放送を経て、また1つベテランVTuberへと近づいたといえよう。

次々に新しいことにチャレンジしているのが印象的だが、今後の目標などはあるのだろうか。

「目下の野望は、CM出演です! まだ予定はないみたいなんですけど、サントリーの人にお願いしてますw(ワァラ)」

ノムさんは動画で自作CMを考えるほど、CM出演を切望しているようだ。熱烈アピールむなしく、まだ実現できていないようなので、この記事を読んだサントリーの担当者は、ぜひもう一度ノムさんのCM出演を前向きに検討してほしい。

ノムさん、一首詠みます

ところで、そもそもノムさんは、さまざまな飲み物について知りたくて水の国を飛び出してきたはずだ。動画でいくつかサントリーの商品をノムノムするなかで、忘れられない飲み物との出会いなどはあったのだろうか。

「最初にノムノムしたのが『伊右衛門』だったので、思い出に強く残っています。わたくし短歌が趣味なんですが、伊右衛門を飲むと一首詠みたくなりますね~」

なるほど。では、せっかくなので、「今後の決意表明」をテーマに一首詠んでいただいた。


あたたかな 言葉くださる 皆さまの 太陽そして オアシスであれ ――

すでに活躍しているVTuberと企業がコラボするケースは増えてきたが、その場合、一時的な盛り上がりはあれど、継続性はそこまで高くない。公式VTuberを起用して新たなファンを確立すれば、企業との長期的な接点を生み出すことができるだろう。実際、動画に寄せられたコメントのなかには、「ノムさんがきっかけで最近はなんとなくサントリー商品を選んでしまう」といった内容も見受けられた。

しかも、119歳に水の国出身と、ステータスのインパクトも抜群。一度見たらなかなか忘れることはできない。さらにノムさんは、動画のクオリティやビジュアル、声、性格など、さまざまな理由で愛されている。筆者も今回ノムさんの話を聞いて、多くのファンから愛されていることに納得した。穏やかな性格に物腰の柔らかさ、それでいて視聴者を楽しませようとするサービス精神も持ち合わせている。まさに“心のオアシス”のような存在なのだ。

そんなノムさんであれば、目下の野望である「CM出演」も不可能ではないだろう。地上波でもノムさんの活躍を見てみたいところだ。

「コミケ有料化」の経緯と“DB”の哲学

カレー沢薫の時流漂流 第20回

「コミケ有料化」の経緯と“DB”の哲学

2018.12.17

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第20回は、盆暮れにやってくるオタクの祭典「コミケ」の有料化について

来年の話になるが、2019年からコミケことコミックマーケットが有料化するそうだ。

このニュース、「ガタッ」と席を立った人と興味ゼロな人、真っ二つだと思う。私だって「渋谷ハロウィン有料化」と言われたら、「別にいいんじゃないすか、知らんけど」と答えるだろう。

コミケの「入場料」、参加者の反応は

まずコミケとは同人誌即売会の事である。よく知らない人からすれば、アニメや漫画のキャラクターを使った破廉恥極まる漫画、すなわちDB(ドスケベブック)が並んでいる場所というイメージがあるかもしれないが、その印象はまったく間違っていない。

しかしDJB(ドスケベじゃないブック)もあるし、手作りのグッズやアクセサリーを売っている人もいる。また企業の参加も多く、もはや、どんたくやねぶたに並ぶ大きな「祭」と言っていいだろう。

そのコミケだが、東京オリンピックの影響を受けて、長らく会場として使っていた東京ビッグサイトが使えなくなり、中止になるのではという噂があった。結局、中止されることはなかったが、東京ビッグサイトと青海展示場の2か所を会場とし、期間を4日にして開催される予定のようだ(従来は3日)。

しかし、従来のコミケより規模を縮小することには変わりなく、収益は例年より減るのに、警備費などの費用がいつもよりかかると予想されており、DBなどを売る側である「サークル」から徴収する「サークル参加料」だけでは採算がとれないので、買う側である一般入場者側からも金をとることにしたようだ。

これに関しては概ね「仕方ない」という反応が多いそうだ。虎穴に入らずんば虎児を得ずと同じように、入場料を払わなければDBを得られないと言われれば払うしかない。また、そうしないとコミケ自体が成り立たないと言うなら、参加者として協力せざるを得ないだろう。

だが、オタクが金を惜しまないのはあくまでDBもしくはDJB本体に対してだけだ。DBを買う時に「値札を見る」というのは「集中力に欠ける」としか言いようがない。表紙の破廉恥極まる推しの姿以外が視界に入るようではまだ青い。

また、同人誌即売会で売られる本というのは「数に限りがある」。よって目当ての本というのは「買えるか買えないか」でしかなく、「いくらか」は関係ない。

たとえページ数に対し割高な値段であろうとも、どうせ明日には転売野郎が同じ商品を法外な値段でオークションに出すのだ。それだったら相場の何倍だろうが、「目が眩むほど推しを破廉恥に描いてくださったご本人」の懐に入ってくれた方がありがたい。むしろその金を元手にもっと描いて欲しい。

別の例で言えば、ライブのチケットでも、まずチケットが取れたことが嬉しく、チケット代がいつもより安いとか高いとかはあまり考えないだろう。しかしイープラスなどに払う「手数料」までどうでも良いかというと、「てめえはダメだ」という人も多いのではないか。

コミケも、その入場料でDBが1、2冊多く買えたと思えば、惜しいと感じなくもない。そのため、コミケ有料化自体は容認しても、それを引き起こした東京五輪に対して怨嗟の声をあげている者はいるようだ。

門外漢からすれば「どう考えても東京五輪の方が重要じゃないか」と思うかもしれないが、これは「野球中継でDB(ドラゴンボール)が見られない」のと同じことなのだ。野球という名の東京五輪に興味がない者にとっては、そのせいでDB(ドラゴンボール)という名のDB(ドスケベブック)が買えないとなると、東京五輪を苦々しく思わずにはいられない。

DBとDJBの境界線

だが有料化によるメリットもあるようで、特に「年齢確認が楽になる」といわれている。

当然だが、DBは18歳未満には売ってはいけない。よって、販売時には身分証明書を提示するというのが一応の決まりになっているが、混雑時に一人ひとり確認するのは手間だし、だからと言って確認せず18歳未満に売ってしまったら、売った方が怒られる。

2019年開催のコミケでは、入場料を払った時点で入場者にはリストバンドが渡され、それが2会場の入場券の代わりになる。入場料支払い時点で年齢確認を行い、リストバンドの色などで18歳以上か未満かわかるようにすれば、いちいち売り場で確認しなくても済む。

この18歳以上を示すリストバンドは、私もコミケじゃない同人誌即売会で利用したことがある。入場料を払う時ではなく、入場待機しているところに係の人が回ってきて、「18禁本を買う予定の18歳以上の方は挙手してください」というシステムだった。

「我々はスポーツマンシップに則りエロ本を買います」と選手宣誓をしろということになるが、同人誌即売会に来ておいてDBを買うことを隠したいというのは、ヌーディストビーチに来ておいて「脱がなきゃダメ? 」と言っているようなものだ。

続々と手があがり、その場で免許証などによる年齢確認が行われ、確認が済んだ者には「エロ本買えますリストバンド」が渡された。これは売り場での年齢確認制より格段にスムーズであり、1分1秒を争う会場内では実に便利であった。

コミケでなくても、「ゾーニング」は大きな問題となっている。有料化と2会場化を機に、DBとDJBの線引きがさらに厳格化していくのかもしれない。