「インバウンド」の記事

“日本のなかの外国”ニセコで進むゲレンデの安全管理

“日本のなかの外国”ニセコで進むゲレンデの安全管理

2019.01.30

日本のブランド雪「ジャパウ」を求めニセコに集まる外国人

スキースクール向けのTREK TRACK BIのおもな役割とは?

「いびつな観光産業」が浮き彫りになっているニセコ地区

北海道・ニセコ地区。スキー・スノボの名所であるこの地区は、多くの外国人スキーヤーが訪れる場所でもある。なぜならば「日本の雪」、とくに北海道の粉雪は世界屈指の“ブランド雪”として知られているためだ。「ジャパンパウダー」(ジャパウ)という名で親しまれている。

晴れていたと思ったら、急に降雪になる。実は“雪が降りやすい”ことが、新雪を味わいたい外国人スキーヤーを惹きつけるひとつの要因

バックカントリーを目指す外国人スキーヤー

だが、大きな課題もある。それは、外国人スキーヤーが多いからこそ起きる問題だ。「バックカントリー」といわれる、ゲレンデ以外の場所を滑るスキーヤーが外国人には多いため、遭難の危険が高いのである。確かに“ふわふわの新雪”を滑るバックカントリーの魅力は大きいだろう。だが、一歩間違えれば、遭難する確率が高いことも否めない。つい先日もポーランド国籍の7人が富良野のバックカントリーで遭難し、救助されたばかりだ(全員無事に救助された)。

こうした遭難の対策として、昨シーズン、新潟県のかぐらスキー場で導入されたのが博報堂アイ・スタジオの「TREK TRACK」。これは、デバイスの位置情報を遠隔地から確認できるというもの。万が一遭難してしまった場合、位置情報やSOSを緊急連絡先(スキー場管理者など)に知らせることができる。スキーの現場だけではなく、夏の登山でも活用されている。

スクール加入で貸与されるTREK TRACK BI

信号を発信することで遭難対策になるTREK TRACK BI

そのTREK TRACKに「TREK TRACK BI」が追加された。「BI」とは「Business Intelligence」の略で、その名のとおりB2B向けのサービスだ。これまでのTREK TRACKは、個人が借用を申し出て、それを受けてスキー場などからデバイスが貸与されるというスタイルだった。だがTREK TRACK BIはスキースクールなどにデバイスを提供し、そのスクールが利用者に貸すというスタイルを採る。つまり、これまで任意に申し込まれていたデバイス使用が、スクールに入会することでサービスの一環として貸与されることになる。

スクールのインストラクターもほぼ外国人。スクール入会時、参加者はTREK TRACK BIを装着する

このTREK TRACK BIの運用を始めたのは「二セコHANAZONOリゾート」(以下:HANAZONO)と、キロロリゾート内 「キロロマウンテンクラブ」だ。これらのエリアはバックカントリースキーが盛んな地区で、ゲレンデ以外の滑走範囲も広大。それだけに、スキーヤーの遭難という事故がいつ起こるかわからないという側面を持ち合わせている。

さらに、前述したように、「ジャパウ」を求めて来日した外国人は特にバックカントリーの新雪を楽しみたいという欲求が強い。オーストラリアやニュージーランドなどから訪日した彼らは、長期休暇を利用して長く滞在し、そしてバックカントリーといった“少しムチャ”な区域での滑走を楽しむ。ニセコはそうした外国人スキーヤーにとって“天国”ともいえる場所なのだ。

そうした訪日客の特性や立地にあるからこそ、ニセコやキロロでのTREK TRACK BIの活用が大きな意味を持つ。ただ、TREK TRACK BIは、単に遭難しそうなスキーヤーのためのデバイスではない。こどもたちの居場所を3Dで可視化することにより、保護者に安心してもらうというのがおもな役割だ。

ゲレンデの様子を立体表示(左)。デバイスを身につけたスキーヤーの航跡もチェックできる。また、「Go Pro」と連動させ、スキーヤーの視界を映すことも可能だ

家族で来日して、こどもをスクールに預け、それを管理者がチェックできるので、保護者が安心できるというわけだ。

TREK TRACK BIの導入を決めたスキー場の声

日本ハーモニー・リゾート ジェネラルマネージャー 上林宣夫氏

実際にTREK TRACK BIを導入したHANAZONOに話を聞いてみた。HANAZONOを運営する日本ハーモニー・リゾートのジェネラルマネージャー 上林宣夫氏は「これまでHANAZONOで、遭難事案は起こっていない」と前置きしたうえで、導入の背景を語った。

「これまで遭難事案が起こってなかったとしても、やはり、スキー場運営の事業者は安全管理・迷子防止へのオペレーションが不可欠」であり、「バックカントリーを楽しむ外国人が増えれば増えるほど、こうした対策に力を入れなければならない」のだという。

現状はまだTREK TRACK BIを導入したばかりなので、スキースクール向けで使っているが、いずれはバックカントリーの安全確保に用途を広げる可能性もあるだろう。

また、管理外の領域を滑ることを、HANAZONOは肯定も否定もしていないそうだ。これは各スキー場のスタンスによるらしい。同じ北海道のスキー場でも、ゲレンデ以外での滑走をよしとしないところもあれば、HANAZONOのように「ゲレンデ以外の滑走は、推奨はしないけれども、止めもしない。あくまで自己責任」(上林氏)というスタンスのところもある。

冬期のニセコが抱えるもう1つの課題とは

歩行者は、ほぼ外国人というニセコの通り

さて、ニセコには外国人が多いと前述したが、どのくらいなのだろう。夜間にニセコの街を散策して目視したところ、“外国人9割、日本人1割”ぐらいに感じた。飲食店は外国人であふれ、ある店員さんによると朝まで予約が詰まっているとのことだ。また、飲食店が少ないためか、街の中心に位置する「セイコーマート」には、30~40人の外国人がレジ待ちで列を作っていた。以前、あるスキー雑誌の編集長にインタビューした際、“冬のニセコは日本にある外国”と表現していたが、まさにそれを実感した。

実はここに問題もあるように筆者は感じた。「観光客の構造がいびつ」なのではないかと思う。「観光客が集まる冬期のニセコはいい。夏期になると観光客がグッと減ってしまい、宿泊業や飲食店などの雇用維持が断続的になってしまう」と、ニセコ関係者は話す。そのためには、日本人観光客に冬期以外にもきてもらうための観光資源が重要だと指摘する。

これだけ外国人観光客に支持されているニセコだ。筆者はてっきり成功を収めているリゾート地なのだと思い込んでいたが、多くの課題が積み上げられていた。今後もニセコがジャパウを楽しむ観光地であり続けるためには、夏場の集客にも力を入れなければならないだろう。

元劇団四季俳優が、徳川伝説の巨船「安宅丸」を復活させるまで

元劇団四季俳優が、徳川伝説の巨船「安宅丸」を復活させるまで

2019.01.10

東京湾に浮かぶ朱色の舟「安宅丸」復活秘話

仕掛人は、元劇団四季俳優?

時間と空間のプロデュース、カギは「ディズニーと茶室」にあり

運がいいとディズニーランドの花火も見えるんです――。

日の出桟橋から東京湾を遊覧する人気の御座船「安宅丸(あたけまる)」にて、“演出”を担当する森健太郎氏はこう語る。都会の喧騒を忘れて東京湾を優雅に航行することのできるこのクルーズ船は、江戸時代に日本一の帆船と言われた「安宅丸」をモチーフに開発され、現代に蘇った。

日の出桟橋に着港する御座船「安宅丸」

忘年会や新年会など、さまざまなイベントで引っ張りだこなこの船を盛り上げるのが、森氏が演出を手掛ける、飲食と演劇が合わさった「宴」だ。驚いたことに、同氏は元々「劇団四季」の俳優だったそう。俳優の憧れの舞台を離れ、今こうして安宅丸のプロデュースをするに至ったのは何故なのか。実際に船に乗り、その魅力を味わいながら話を聞いた。

森健太郎氏。劇団四季出身、ライオンキングやアイーダなどに出演する。2012年退団後、アートカンパニーピエロを設立。2013年に株式会社オフィスピエロを設立し、代表取締役に就任。東京湾御座船安宅丸の演出を担当している

元劇団四季の俳優が「宴」をプロデュースするに至るまで

――今日はよろしくお願いします。非常に豪華な船ですね

森健太郎氏(以下、森):ありがとうございます。安宅丸での「宴」を楽しんでください。

乗船すると、「千と千尋の神隠し」の「油屋」のような光景が広がる

――森さんは以前、劇団四季の俳優だったと聞きました

森:はい。2005年から2012年まで在団していました。退団後、独立をして企画制作の仕事を行う中で、偶然出会ったこの船の演出を手掛けるようになったんです。

――劇団四季から独立したのはなぜですか?

森:色々と理由はありますが、「俳優が活躍できる新たなマーケットを作りたい」と思ったのが大きな理由の一つです。

演劇のマーケットは他のマーケットと比べると小さいんです。そのため、俳優がステージに出ながら食べていくということは難しく、技術や想いがあってもなかなか活躍の場がありません。

そこで、どうすれば俳優が活躍できる場所を作れるか考えました。劇場で勝負しても、すでにある市場を食い合うだけで俳優の救済にはつながらないので、それならばと「大衆が演劇に触れる機会を増やす新しい方法」を考えました。その一つが、この「宴」というわけです。

――俳優にとっては新たな活躍できる場所ができ、普段劇場に足を運ばない人にとっては、クルージングをして食事を楽しみながら、気軽に演劇に触れられる場所になる――、win-winな形ですね

安宅丸では、「WAGAKU」と呼ばれる役者が宴を盛り上げる。毎回3人の役者が出演し、中には劇団四季を退団後この船に携わる人もいるそうだ

多額の借金から始まった、安宅丸の厳しい船出

――安宅丸のプロデュースを始めたのはいつからですか?

森:2014年からです。初めて安宅丸に出会ったのは2013年のことで、この船に出会ったときには一目惚れしましたね。「ここなら俳優を使った新たなマーケットを作れる! 」と。その後、船の運営会社(両備ホールディングス)と何度も交渉を重ね、今のような運営形態をとることになりました。

交渉を重ねる中で、船の会社にイメージを伝えるためにプレゼン公演という形で、単発イベントも行いました。もちろん知名度も何もないので、最初は小劇団のように、知り合いに声をかけて来てもらうところから始まったのですが、そのイベントを好評で終えることができ、手ごたえを感じました。

――では、初めから順風満帆だったのでしょうか?

森:いえ、現在で運営開始から4年が経過しているのですが、初めはとにかく大変でした。プロデュースを始めて3カ月が経ったころには、1000万円ほどの借金を背負ってしまいました。

――!!! 1000万円ですか……

森:起業をする上で1000万円という額はそこまで驚かれないかもしれませんが、演劇というビジネスを行う中では驚きでした。当時は苦労しましたね(笑)。

左が両備グループ代表 兼 CEO 小嶋光信氏、右が水戸岡鋭治氏(画像は内装リニューアル後に行われたメディア向けクルーズ体験時のもの)

でもそれから、少しずつサービスの改良を重ね、徐々にお客さんも増やすことができました。元々、この船の内装も今のものとは全然違ったんですよ。今の内装は2017年に作られたもので、JR九州の「ななつ星」をデザインした、インダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治さんに手掛けて頂いたものです。

ほかにも、かつてシャッター街同様だった場所をプロデュースし「恵比寿横丁」として復活させた、浜倉的商店製作所ともタッグを組みました。そういった多くの人たちの協力もあり、徐々に多くのお客様に足を運んでいただけるようになりました。

――乗船客はどういった方が多いのでしょうか?

森:日本人と外国の方で、半々くらいといった感じです。さらに人気を爆発させるには、インバウンドの取り込みがもっと必要になるかと思っています。また、企業が懇親会のために利用する、というパターンも多いですね。メインのステージの部屋が108席、別室にはビップ席も用意していて、総席数は188席あります。リピーターになってくれる人も増えてきて、中には1年間で100回以上乗ってくれた方もいらっしゃいました。

船の外に出ると、東京湾の夜景が広がる。日の出桟橋から出航してしばらくすると、レインボーブリッジや東京タワーも見ることができる

演出の根幹は「ディズニーと茶室」

――安宅丸に一目惚れしたのはなぜですか?

森:元々、時間と空間の演出をしたいと思っていて、例えるならば、『ディズニーランド』のような空間を作りたかったんです。駅を降りたところから夢の国が広がる――。そういう、“入口から出口まで一貫した世界観”を演出したいと考えていた中で、初めて安宅丸を見たときにこの船で『千と千尋の神隠し』のような世界を作りたいと思ったんです。「ここなら、自分の描く時間と空間の演出ができるぞ! 」と確信した瞬間でした。

――確かに、船に入った瞬間から、乗船する前と見える景色、周りの雰囲気が一気に変わったのが印象的でした

森:安宅丸では、お出迎えの瞬間から演出された空間が広がるように努めています。役者もホールスタッフも巻き込み、もちろん「飲食」にも力を入れて、乗船した瞬間から日常とは異なる体験をしてもらえるようにしています。

食事は、いくつかのコースから選ぶことが可能だ (安宅丸 Facebookページより)

森:今は、スマートフォンさえあれば、無料で気軽にいろいろなサービスを受けられる時代です。当然、スマートフォンの利用者は多く、アプリ・サービスを開発している企業も多い。そこにはとても大きなマーケットが形成されています。一方、僕たちが提供しているものは、「人のコミュニケーション」によって生まれる価値です。

当然、ITの世界と比較するとマーケットは小さいです。無料でさまざまなサービスを受けられる時代、モノに溢れている時代に、たった1.5時間~2時間という短い時間で、お客様を満足させる必要があるからこそ、パフォーマンスのみならず「時間と空間の演出」が重要なんです。この考え方に至るには、ディズニーランドのほかに、「茶室」に影響を受けました。

――茶室?

森:茶室は「非現実」の空間を作るために、さまざまな工夫を凝らしているんです。待合室に入り、そこから造りこまれた庭を通って、躙口(にじりぐち)と呼ばれる、低い入口から茶室へと入る――。茶室に入るまでの行動を演出することで、緩やかに日常から、非日常へと誘うのです。

限られた時間の中で、食事や演劇をただ楽しんでもらうだけではなく、その前後の時間も演出することによって、より満足度を高めたい。朝起きたときからワクワクして、駅を降りたところから楽しめるような世界を作りたい。そんな演出を実現するために、ディズニーと茶室のエッセンスを取り入れたんです。

森さんオススメのシャッターチャンスは東京ゲートブリッジを抜け、船が折り返したこの瞬間。恐竜が向かい合っているような特異な形状をしている事から「恐竜橋」とも呼ばれるこの橋の全景を見ることができるスポットだ

「生産性の先」にある感動を目指して

――人気が右肩上がりの安宅丸ですが、今後はどういったことに取り組んでいく予定なのでしょうか?

森:例えるならば、「サグラダファミリア」のようなものを作り続けていきたい、と思っています。まだ足りぬ 踊り踊りて あの世まで――、とは、歌舞伎役者の六代目 尾上菊五郎さんの言葉ですが、これが僕には非常に印象的でして。「芸」に終わりはなく、一つ課題を乗り越えると、さらに違うものが見えてくるもの。それを一つずつ超えた先により大きな感動が生まれ、その取り組みの精神性そのものもまた、新たな感動を生むと思っています。

安宅丸にはまだまだ伸びしろがあります。段階を踏みながら、少しずつサービスの質を上げていき、より多くの人を感動させられるような空間を作っていきたいですね。

――また時間をおいて、安宅丸に乗船するのが楽しみです。貴重な話をありがとうございました

クルージングの最後は、WAGAKUによる歌や舞を楽しめる

***

数百年の時を越えて現代に蘇った「安宅丸」。森氏の話を聞き、その人気の秘訣は「生産性の先に生まれる感動」にあると感じた。

「僕らの業界は生産性が非常に低いと思っています。ビジネスの仕組みという意味では生産効率を上げる努力はしなくてはいけません。一方で生産性を越えたところに大きな価値が生まれ、そこに人は感動すると思うんです。終わりのない非生産的な探求。そこを追い続けていきたいですね」(森氏)

一瞬で世界中の人々とコミュニケーションをとれるITの世界と比べると、クローズなコミュニケーションが求められる演劇や飲食というマーケットは必然的に小さくなる。しかし、そこには単なる「効率の良さ」や「生産性の高さ」では測れない、血の通った人間だからこそ生み出すことのできる感動がある。

そこに価値を見出し、多くの人を魅了するコンテンツを創り上げるのは、「元俳優」という経験を持つ森氏だからこそできることだろう。同氏が「空間演出」を手掛けるのは、安宅丸に限らない。今後の安宅丸の動向はもちろん、森氏が仕掛ける、次の一手にも期待が膨らむ。

本当にラブホテル? 飽くなき探求心が生んだ宿泊業の新しいカタチ

瀧澤信秋のいろはにホテル 第4回

本当にラブホテル? 飽くなき探求心が生んだ宿泊業の新しいカタチ

2019.01.05

“一般ホテル化”が進むレジャーホテル、人気の秘密を探る

高級シャンパンも用意! 「WATER HOTEL」の感動的なルームサービス

スイーツのショーケースもある「ホテル&スイーツ フクオカ」

レジャーホテルの枠を超えた「HOTEL Mai Sakura」とは

「レジャーホテル(ラブホテル)」の“一般ホテル化”が進んでいる。

その理由は宿泊業全体の活況にある。業態としては「レジャーホテル」に区分されるものの、淫靡な雰囲気は皆無で、リゾートホテルレベルのクオリティを担保できるような施設が増えてきているのだ。こうした流れについて、詳しくはこちらの記事で詳しく説明している。

今回はそんな、一般ホテル的なコンセプトやサービスなどを持つ“特徴的なレジャーホテル”を紹介し、そこから見える各ホテルの人気のポイントについて考察していこう。

水をモチーフにしたレジャーホテル

ラグジュアリーリゾートホテル「WATER HOTEL S国立」(東京都国立市) 

レジャーホテル業界でも、クオリティの高さとラグジュアリー感でその名を知られるのが「WATER HOTEL S国立」(4号営業)。中央道の国立府中インターチェンジ至近に位置する。いわゆるラブホテルをイメージするような淫靡な雰囲気は皆無だ。ホテル名のとおり、至る所で水をモチーフにした設備や仕掛けがあり、客室で供されるミネラルウォーターにまで気遣う。

客室はスタンダードからデラックス、スイートまで様々なタイプがある。最も安い客室で休憩利用が6,900円から、平均で9,000円~1万円といったところ。最も豪華な「フォーシーズンズスイート2」になると1万8,000円から、宿泊は3万2,000円~で設備も豪華だ。露天ジャグジーやスチームサウナブース、カラオケ(DAM)に60インチ4K液晶TVなどを備える。

ルームサービスの供食体制も感動的。高級シャンパンやワインなどホテルとは思えない驚きの低価格で提供されている。

厳選された食材を使ったバラエティに富んだメニューは、本格的な厨房で調理される。原価率はなんと60%を超えるというから驚くが、そもそもレジャーホテル業界では、料理や飲み物で利益を出すという発想がない。駐車場には品川ナンバーなどの高級車も目立つ。最高級ルームで豪華な食事をしても都心のラグジュアリーホテルの素泊まり料金でお釣りが来る。“わかっている人”のリゾートなのだろう。

スイーツショップのようなレジャーホテル

次は、2017年1月に開業した「ホテル&スイーツ フクオカ」。福岡で話題のレジャーホテル(4号営業)だ。

「ホテル&スイーツ フクオカ」(福岡県福岡市)

ロビースペースに隣接するのはスイーツのショーケース。白を基調とした清潔感溢れる空間はまるでスイーツショップだ。ロビーにはカフェスペースもある。ショーケースには美味しそうなスイーツが並び、後ろにはガラス越しのスイーツキッチンもある。

とはいえここはレジャーホテル。店員はいない。ショーケースの後ろにトレーが置かれておりゲスト自らスイーツをピックアップする。このシチュエーションで想像するのは、ショーケースの前で彼女が指さすスイーツを向こうにいる彼がトレーにピックアップしている光景だ。リゾート感ある外観や空港近くという立地もあり、スイーツ目的のゲストなど一般ユースの需要もあるという。

スイーツブッフェはデイユース・宿泊共料金に含まれており、滞在中はカフェスペースでもゲストルームでも、好きなだけスイーツを楽しむことができる。

大きな窓から注ぎ込まれる自然光には、レジャーホテルの雰囲気は皆無。レジャーホテルの定番にして、得てして食べるのに難儀するローテーブルを採用しているミスマッチホテルは多いが、このホテルのこのナチュラルな客室には計算されたくつろぎの仕掛けがある。ソファとテーブルの高さは食事をするのに抜群のバランスで、自宅のようにくつろげる。

ブックショップのあるレジャーホテル

立地によっては“ホテルのご当地フィーチャー”の傾向は強まっている。京都でいえば古都の雅といったコンセプトの一般ホテルは多く、奈良に立地する「HOTEL Mai Sakura」はレジャーホテルにして、随所に古都をイメージするデザインがある(新法営業)。

「HOTEL Mai Sakura」(奈良県奈良市)

ロビーから客室まで至る所で雅に触れることができる一方、驚いたのはおおよそレジャーホテルには見られない施設、設備のラインアップである。複合型ホテルを謳う進化型レジャーホテルだ。

エントランスを入ると真正面には、なんとブックショップ&ラウンジ「桜書店」があり、食、旅、美や洋書など幅広いジャンルの本が並ぶ。書店に隣接するのは、寝転べる畳スペースとコミックコーナー。家族での利用もあるというホテルにして、子供がはしゃげそうなエリアである。その他、カラオケやゲームコーナー等のアミューズメントスポットも併設、全て無料である。レジャーホテルの雰囲気を残しつつ、もはやその枠を超えている。

奈良駅から徒歩5分という好立地にして、奈良公園や東大寺といった有名スポットへも好アクセス。新法ホテルで出入り自由ということもあり、観光やビジネス目的の利用も多く、それぞれに対応する客室が用意されている。訪日外国人旅行者の利用も増加する中、一般ユースの需要が3割を超えるというから驚く。

一般的にレジャーホテルは回転率が命といわれるが、こちらではフリータイム等の時間拘束に余裕を持たせており、一般利用の使い勝手も良いのだろう。

***

業界の既成概念を覆した融通無碍な発想は、宿泊業としての価値を見いだす現代のレジャーホテルに新風を吹き込んでいる。ホテルはハード・ソフト・ヒューマンといわれるが、人的サービスの希薄な業態だからこそ、ゲストが何を望み欲するのかというあくなきヒューマンの探求が続く。人間の"本能"に根付き直結する業態だけに解を導き出す努力にはリアリティがある。

「瀧澤信秋のいろはにホテル」、次回は最近話題沸騰の「カプセルホテル」について。進化し続けるカプセルホテルの最前線とは?

瀧澤信秋のいろはにホテル、すべての記事はコチラから