「アパレル」の記事

ZOZO前澤社長の壮大な「金持ち行動」と成功の所以

カレー沢薫の時流漂流 第14回

ZOZO前澤社長の壮大な「金持ち行動」と成功の所以

2018.11.05

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第15回は、「ZOZO前澤社長の宇宙旅行」について

「前澤社長、月へ行く」

これは「完全にストーリーを消化し終わっているのに惰性で続いている少年漫画の次回予告」ではない。ZOZOTOWNの前澤友作社長が、今度は月へ行くそうである。

「今度は」と言っている通り、前澤社長のスケールのでかい金持ち行動は今に始まったことではなく、2016年にはバスキアの絵画を123億で落札している。1億が123個だ、意味がわからない。

そして、あのレオナルド・ディカプリオも「俺もバスキア好きなんだよ!気が合うじゃん!」ということで、2人はバス友になり、ディカプリオの家に行くほどの仲になったそうだ。123億の絵が買えれば「実はあたしも山崎ハコ好きなんだ」みたいなノリでディカプリオと友達になれるのである。

もちろん持っている高額美術品はこれだけではないし、他にも高級車や高級ワインを愛好しているようだが、このように金を持っている人が金を使うのは実に正しい。むしろ、こういう人が「ダイソーの108円ワインは1000円の価値がある、特にシラーは頭一つ抜けてる」とか言いだしたら、景気はいつまでたっても回復しない。金のない私ですら経済を回すためにソシャゲのガチャを回しているのだから、こういう金持ちの方には、率先して経済を花びら大回転してもらいたいところである。

ZOZOスーツと「福袋」

このようにとんでもない金持ちである前澤社長とは一体何者なのかというと、冒頭言った通り、服の通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社ZOZOの社長だ。

私は無職ゆえ、服を着る必要がないのでZOZOTOWNを利用したことはないが、私のようにZOZOTOWNを使ったことがない人間でも、「ZOZOスーツ」を見たことがある人は多いのではないだろうか。

ZOZOスーツとは、着ると水玉模様の全身タイツ姿になれるスーツのことである。正確には上下に分かれているズボンとシャツなのだが、両方同じ柄なのでどうしてもそう見える。

もちろん「それが楽しい」というわけでない。そのスーツを着用してスマホアプリと連動させると、正確な体の採寸ができ、そのデータを元に、ZOZOTOWNで自分にぴったりあった服を買うことができるのである。

これにより、通販の弱点である「試着が出来ないため、サイズが合うかどうかわからない」という問題が解消される。何より、ZOZOスーツ自体は無料なので、これを普段使いしてしまってもいいのだ。(編集注: 10月31日、ZOZO前澤社長が将来的にZOZOスーツを廃止し、機械学習による体型予測システムを構築すると発表した)

また、ZOZOTOWNはこれと連動して「おまかせ定期便」というサービスもやっている。ZOZOスーツで計測したデータを元に、ZOZO側がアイテムを何点か選んで送ってきてくれるのだ。まるで福袋だが、利用者はそれを試着し、気に入ったものがあれば買い取り、気に入らないものは返品してよい。もちろん全員に「チェンジ!」と言うことも可能だ。

私のように、もはや自分で服を選ぶことが面倒という人間には大変助かるサービスだし、自分が選ぶより確実にマシなものが送られてくるだろう。もし今度服を着る必要性が出たら、ZOZOTOWNを利用してみようかと思う。

日本人初の「宇宙旅行」

このように画期的なことを次々とやっているZOZOTOWNなので、その社長が金持ちなのは当然という気がする。そんな前澤社長が今度は月に行くことにしたらしいのだが、さすがに自分で宇宙船を作るというわけではなく、アメリカの宇宙企業(初めて聞く業種だ)「スペースX」と契約し、そこが開発したロケットで月の周りを回る予定だそうだ。

旅行期間は約一週間で、2023年に実行予定だという。費用に関しては公表されていないが、おそらく「高い」だろう。しかし驚くべきことに、前澤社長は一人でも相当な値段であろうこの宇宙旅行に、画家やミュージシャンを6~8人つれて行く予定だそうだ。6人か8人かで費用が億単位で変わって来る気がするが、彼にとっては誤差の内なのだろう。

しかし、宇宙というのは、過酷な訓練を積んだ宇宙飛行士が行くもの、というイメージがある。最近の宇宙船は、一般人が旅行感覚で宇宙に行けてしまうほど進化しているのか、それとも前澤社長たちも事前にトレーニングをしたりするのだろうか。

前澤社長はともかく、ミュージシャンや画家たちは大丈夫だろうか。特に画家なんか台所に鏡月を取りに行くときしか動かない(※個人の感想です)人種なので、トレーニング段階で命を落とす可能性がある。もしかしたら6~8人というのは、それを考慮にいれて出した数かも知れない。

今まで「宇宙に行く」と言った日本の金持ちは何人かいたような気がするが、結局まだ実現には至っていない。それがついに実現なるか、というところである。

しかし私が仮に月に行ける金を持っていたとしても「怖いから行かない」気がする。むしろせっかく金持ちになったのに、月なんか行って死んだらどうするんだと思ってしまいそうだ。

このように「誰もやったことがないことに挑戦する」「ビビらない」ところが、前澤社長が成功した所以なのかもしれない。

「落合陽一×鈴木えみ」が魅せる、現代の東京と服

「落合陽一×鈴木えみ」が魅せる、現代の東京と服

2018.10.19

落合陽一と鈴木えみがコラボ、インスタレーションを実施

東京の街を切り取った光で、”日常”の中の服を演出

「ランウェイを歩くより、恰好いい」と演出に好感触

モデルの鈴木えみ氏がデザインするオリジナル服飾ブランド「Lautashi(ラウタシー)」は10月18日、「Amazon Fashion Week TOKYO」のスペシャルプログラム”AT TOKYO”にて、2019年初夏コレクションをインスタレーション形式(作品の展示方法の1つ)で発表した。

メディアアーティストの落合陽一氏が演出を担当することで注目を集めたこのイベント。開催に先立って行われたインタビューで落合氏は、「『光』にフォーカスした演出を行います。”日本らしいものは出てこないけど、なぜか日本を感じてしまう”演出に注目して欲しい」と話していた。

その発言の意味するところを実感してみようと、会場を実際に取材することにした。

東京の日常の中の”服”を演出したい

イベント会場に入ると、暗闇の中にLautashiの新作に身を包んだモデル達が後ろを向いて立っていた。

「工業社会っぽいが、それが自然に溶け込んできている風景」を演出に組み込んだという落合氏。独特の光を用いた演出に加え、会場そのものの選択にもこだわったようだ

インスタレーションが始まると、モデルが振り返り、”東京の日常に溢れる音”をイメージしたという、騒がしく、どこか聞き慣れた音が鳴り始める。その後、天井や壁、モデルの合間に設置されたいくつものLED照明がさまざまに光り出す。そして、その色を青、赤、灰色と複雑に変化させ、照らす服の印象を次々に変えていく。

光の変化で、服の見え方も変わってくる
インスタレーションが始まり数分経つと、「是非自由に見て回ってください」との場内アナウンスが。モデルの間を自由に歩き回り、服を間近で見ることができた

僕らの日常とは、松屋やセブンイレブンの光

今回のインスタレーションを終え、鈴木、落合の両氏は以下のように語る。

「ファッションショーや雑誌って、服を完璧な照明や状態で見せることが多いんです。でも、日常にはさまざまな光が溢れています。今回のように、服をいくつもの照明条件で見せることで、”日常感”を感じさせられるような演出にしました。来場者が期待以上にモデルに近づいてくれて良かったです」(鈴木氏)

「光の演出には、日常に溢れるさまざまな光景を使っています。例えば、松屋やセブンイレブン、車のヘッドライトなどをあえてぼかして撮影して、(その画像をLEDで映し光源とすることで、街の光を再現した)照明に使っているんです。それらは普段、意識しないと目にも止めないようなものですが、そういうものから出る光が、たとえ人工的であっても、現代においては”自然”な存在となっています。私たちは普段、そういう照明条件で服を着ますよね」(落合氏)

左から、アマゾンジャパン バイスプレジデント ファッション事業部門 統括事業本部長のジェームズ・ピーターズ氏、メディアアーティストの落合陽一氏、モデル・デザイナーの鈴木えみ氏、サウンドアーティストのKAITO SAKUMA a.k.a BATIC氏

イベントの音楽を担当したサウンドアーティストのKAITO SAKUMA a.k.a BATIC氏は、街でサンプリングした音と会場での音を組み合わせることで、こちらも「どこか日本らしい」音楽でインスタレーションを彩っている。

Amazon Fashionを擁するアマゾンからは、日本でバイスプレジデントを務めるジェームズ・ピーターズ氏が来場。「消費者と非常に近い距離で服を見せられる。非常に素晴らしい演出だった」と、感銘を受けたことを語っていた。

落合氏の「なぜか日本を感じてしまう演出」という言葉通り、ありふれているようで、これまでにない体験を得られるインスタレーションとなったのではないだろうか。

アパレル業界に差す光から目を背けるな―― 落合陽一が「服」を演出する意味

アパレル業界に差す光から目を背けるな―― 落合陽一が「服」を演出する意味

2018.10.12

落合陽一とデザイナーの鈴木えみがコラボ

「現代の魔法使い」はなぜファッションイベントに?

落合氏「Amazonが起こしたディスラプションは最高」の真意

「ZOZOの仕組みは凄く面白いし、Amazon Fashionが起こしたディスラプション(破壊)は最高だと思う」

最近のアパレル市場について落合陽一氏はそう語った。同氏はAmazon Fashionの仕掛けるアパレルイベント”AT TOKYO”にて、モデル・鈴木えみ氏がデザイナーを務めるブランド「Lautashi(ラウタシー)」のインスタレーションの演出を担当する。

※インスタレーションとは、作品の展示方法の1つ。作品とその展示する空間との一体感を表せるような環境に展示すること、および作品そのものを示す

メディアアーティスト 落合陽一氏(左)とデザイナー 鈴木えみ氏(右)

メディアアーティストとして有名な落合氏。あまり、ファッションの業界で仕事をするイメージはなかったが、今回、鈴木えみ氏とタッグを組んだのはなぜか。掘り下げてみると、同氏の抱くアパレル業界への期待が見えてきた。

東京の「今」を演出する”At Tokyo”

At Tokyo”は、Amazon Fashionが10月15日~20日に開催する「Amazon Fashion Week TOKYO(AFWT)」において、日本のファッションやデザインのコミュニティへの継続的な支援を目的として実施するプログラム。今年で4回目の開催となり、Lautashiは、同プログラムに参加するブランドとして、10月18日にインスタレーションを実施する予定となっている。 

そもそも両氏が会ったキッカケは、「たまたま美容室が一緒だった」からだそう。美容師の紹介でランチをすることとなり、意気投合。鈴木氏のアプローチで、落合氏がインスタレーションを演出することになった。

「落合さんは、私の抽象的な要望を掘り下げてしっかりと言語化してくれるから助かります。まるでインタビューのように、色々と聞いてくるんです。『一番印象に残っている匂いは? 』とか(笑)。今まで会ったことのないタイプの方だったこともあり、お話してすぐ『一緒に仕事をしてみたい』と思いました」(鈴木氏)

「えみさんは『抽象的な要望』と言いますが、感性が似ているからか、本人が伝えたいことがよくわかるんです。インスタレーションは、えみさんから要望のあった『光』にフォーカスした演出を行います。”日本らしいものは出てこないけど、なぜか日本を感じてしまう”演出に注目して欲しいですね」(落合氏)

なぜ「現代の魔法使い」がファッションイベントに?

落合氏がファッションイベントに関わるのは今回が初めて。鈴木氏からの誘いがあったとはいえ、なぜ今回の役割を引き受けることにしたのか。

「もともと洋服は好きなんです。それは趣味としても、研究対象としても。AI(人工知能)を用いて洋服をつくってみたり、テクスチャ(物体の表面における質感や光の反射など)の研究をしたりしていましたから」(落合氏)

たしかに、今年の5月に開催された「Advertising week Asia」の基調講演で同氏は、「ファッションショーなどから洋服の画像データを集め、AI技術を用いて、新たにイメージを生成する」という研究について紹介していた。

そう考えると、研究者としてファッションへの知見を多く持ち、かつ表現者としても活躍する同氏が今回のイベントで演出を担当する、というのはあまり不思議ではないように思う。

「Advitising week Asia  2018」での基調講演では、「機械学習でヨウジヤマモトの服を読み込ませ、”それっぽい”デザインをつくることに成功した」という話が語られていた(画像は「Advitising week Asia  2018」、落合氏の基調講演時のもの)
ちなみに「Advitising week 2018」で落合氏は、愛用の「ヨウジヤマモト」の服を着用していた

テクノロジーの進化で、”人と洋服の関わり方”が変化した

テクノロジーの進化によって、アパレル業界はここ数年で急速な変革を遂げている。Amazonや楽天、メルカリなどを代表するサービスによって国内EC市場は急成長。実店舗型のアパレルショップは勢いを失った。さらには、”サイズ問題”を解消するための「ZOZOスーツ」やスマホ一台での採寸を実現するサービスなども続々登場し、アパレル市場におけるEC比率の成長を助長している。

ファッションテック企業が次々と登場したことによって、洋服の売り方や作り方が変わったのと同時に、”人と洋服の関わり方”も変わってきていると落合氏は分析する。

「これまでのアパレル業界では、その多くが”ファッションモデルが着て、それをメディアが拡散して、消費者が購入する”というモデルで動いていました。しかし、ECの普及で店舗を構えなくても洋服が売れるようになったことで、企業は浮いたコストを、コンタクトポイント(顧客接点)増加させるために使えるようになりました」(落合氏)

今回のAT TOKYOも”ファッションとテクノロジーの融合によって誕生した新たなコンタクトポイント”の1つだ。売り手にとっては、「店舗を構えずに洋服を売れるようになった」ことで、浮いたコストを使ってイベントを開催できるし、顧客にとっては、「スマホで情報を簡単に見つけられる」から、気軽に参加できる。

「人が新しい洋服と出会えるファッションショーやインスタレーションといったイベントは、これまで『コストが多くかかるから』と実施することを躊躇されがちでした。それが、テクノロジーの進化によって、比較的低コストで開催できるようになった。そういったイベントが『スーパーブランドの特権』ではなくなりつつある中で、”洋服との出会い方”が変わってきているように思います」(落合氏)

「ディスラプションって、悪いことだけじゃないんです」

ZOZOの仕組みは凄く面白いし、Amazon Fashionが起こした業界のディスラプションは最高だと思う――。

落合氏の発言の裏には、これらのファッションテック企業が業界に与えた影響は、消費者やデザイナーにとってプラスであった、という意味が込められている。

「ディスラプションって、悪いことだけじゃないんです。アパレル業界の変革に伴い、新たな可能性がたくさん生まれています。今回のように、新たな洋服と出会える場を開くことができるのは、デザイナーや一般の方にとっては好ましいことでしょう。僕の演出した空間で、鈴木えみさんがデザインした洋服の魅力を直接感じてもらいたいですね」(落合氏)

終始カメラを手にしていた落合氏。インスタレーションでは自身が撮った画像・映像を使用するそうだ

インスタレーションのレポートはコチラ

「落合陽一×鈴木えみ」が魅せる、現代の東京と服(2018.10.12)