「アパレル」の記事

アケコンが滑りにくい!? プロゲーマーの声から生まれた「eスポーツウェア」

アケコンが滑りにくい!? プロゲーマーの声から生まれた「eスポーツウェア」

2019.02.20

スポーツアパレルブランドのチャンピオンがeスポーツに参入

プロチーム「Team GRAPHT」所属選手の声を聴いてウェアを開発

アケコン滑り止めやチャック付きポケットなど、ゲーマーニーズを満たす

アメリカンスポーツアパレルブランドのチャンピオンは2月20日、国内のeスポーツ市場に参入することを発表した。練習から試合、移動中にも着用できるeスポーツウェアを2月28日から発売開始するという。

ウェア開発にあたってチャンピオンは、オフィシャルチームウェアパートナー契約を締結したプロチーム「Team GRAPHT」に所属するプレイヤーの声を聴いて、海外ツアーやプレイシーンなどゲーマーニーズを研究。それに、スポーツブランドとして培ったノウハウをあわせることで、eスポーツ用のアイテムを生み出した。

新たに発売されるのは、「GAMING JERSEY」「GAMING SHORTS」「GAMING HOODIE」「GAMING HALFZIP PANTS」の選手着用モデルと一般モデル、加えて「5P CAP」「LAYER LONG T-SHIRTS」「LONG TIGHTS」だ。

今回販売開始されるウェアのラインアップ

ウェアの特徴として同社は「最大限集中するための吸汗・速乾や抗菌・防臭機能」「静電気軽減効果のある縫製糸を採用」「シリコンプリントでコントローラーの滑り止め効果を発揮」「パスポートや携帯電話を収納するファスナー付きポケット」「長時間の移動やプレイのストレスを軽減するストレッチ機能」「UVカット機能も搭載した冷房対策のための上下レイヤー」「集中力や没入感を高めるゲーミングフードのカッティング」を挙げた。海外遠征やツアー、長時間の試合など、過酷な環境でプレイするeスポーツ選手が、いかに快適にプレイできるか考えて設計されたとのことだ。

なかでも目玉は、シリコンプリントによるアーケードコントローラーの滑り止め効果だろう。格闘ゲームの選手は、アーケードコントローラーを膝の上に置いてプレイすることが多い。そのため、激しい操作をした際にも、しっかりとコントローラーが安定していることが大事なのだ。

ウェアを着用した2名のプロゲーマーが着心地を語る

今回、発表に先立って、「Team GRAPHT」に所属するプロゲーマー、GLLTY選手、MOV選手、Dora選手に、ウェアを着用してもらい、2月15日から3日間、福岡で行われた「EVO Japan 2019」の試合に臨んでもらったという。発表会にはGLLTY選手とMOV選手が登壇し、ウェアについての感想を述べた。

MOV選手「滑り止めがついているので、そのおかげで安心してプレイできました。また、今年のEVO Japanは福岡だったのでそこまで暑くはなかったのですが、東南アジアなどの地域で、しかも半屋外のようなジメジメした場所で大会が開催されることもあるので、吸汗・速乾機能は助かります。『将来プロゲーマーになりたいんです』という子どもたちと接するときに、汗臭かったら幻滅されそうですが、このウェアを着ていたら安心してファン対応できるでしょう」

GLLTY選手「スポーツウェアとして非常に洗練されたデザインだと思います。プロゲーマーとして活動していくうえでは、スポンサーのロゴ表記が欠かせません。このウェアであれば、どこにロゴを付けても絵になるのではないでしょうか」

発表会では実際にウェアを着用してデモプレイを行ったMOV選手(左)とGLLTY選手(右)。「GAMING SHORTS」のシリコンプリントが、アケコン滑り止めの役割を果たす
シリコンプリントは車椅子バスケットボール日本代表向けウェアの技術を応用したものだという

また、ウェアのポケットはすべてチャックが付いており、海外遠征時でもパスポートや現金、スマホなどを常に入れておけるようになっている。

MOV選手は「相手のデータを確認したり、急な呼び出しに対応したりといった事態も想定されるので、スマホを試合直前までポケットに入れておけるのはありがたいですね」と満足している様子だった。

まだまだプロプレイヤー以外の選手が「ウェアを身にまとって大会に参加する」というシーンは想定しにくい状況だ。しかし、アケコン滑り止めなどの機能に注目した選手が徐々に着用していけば、将来的にはバスケやサッカー、野球のように、eスポーツをする際の一般的な練習着として専用ウェアを着用するようになっていくのかもしれない。

華やかなファッションの祭典「TGC」に託された社会的な役割

華やかなファッションの祭典「TGC」に託された社会的な役割

2019.02.01

地方都市へと活動の場を広げるTGCのねらい

数千人規模の集客が地方に経済効果をもたらす

「SDGs」という国際的な開発目標を強力に発信

きらびやかなステージライトが降り注ぐなか、最新ファッションに身を包んだモデルたちが颯爽とランウェイを歩く……。ファッションイベントとして、毎回大きな注目を浴びる「TOKYO GIRLS COLLECTION」(TGC)ではお馴染みの光景だ。そのTGCの地方イベント「SDGs推進 TGC しずおか 2019」が開催された。

「SDGs 推進 TGC しずおか 2019」のオープニング

単なるファッションショーではない側面

もともとTGCは“日本のガールズカルチャーを世界へ発信”というのがおもな役割といえるだろう。事実、筆者もTGCをそのように捉えていた。だが、数年前から単なるファッションイベントというだけではない側面が目立ち始めている。

ランウェイから観客席にプレゼントを投げる乃木坂46の白石麻衣さん

たとえば福岡県・北九州市で開催されている「TGC北九州」。TGCといえば国立代々木競技場やさいたまアリーナといった、首都圏の大規模会場での開催が目立つ。宮崎県や福島県で開催された例もあるが、“単発”といったイメージが強かった。だが「TGC北九州」は、2015年の開催を皮切りに計4回行われ、地方都市で開催されるTGCとしては、過去最多を誇る。

そして、地方都市開催という流れはより一層加速し、広島県や富山県もTGCの舞台となった。さらに2019年、この年最初に開催されたのが「SDGs推進 TGC しずおか 2019」だ。ちなみに静岡県でTGCが開催されるのは初めてで、4月にはこちらも初となる熊本県開催が控えている。

ランウェイを颯爽と歩くモデル

もちろん首都圏でのTGC開催はメイン路線だろう。それプラス、地方進出を強めている背景は何か。それは“地方創生”にある。TGCは、SNSのフォロワー数が数十万人もいるモデルやアーティストが100~200人参加する。彼ら彼女らがSNS等でイベント告知を行えば、それだけで相当な情報拡散につながる。日本国内だけでなく、海外でも注目されているイベントなので、インバウンドへの影響も少なくないはずだ。これだけでも、地方都市には大きなメリットといえる。

そして直接的な経済効果も十分に期待できる。まず、TGCといえば多くのモデルやスタッフが参加・活動するイベントだ。交通機関や飲食・宿泊施設への経済効果は少なくない。事実、会場となった「ツインメッセ静岡」にタクシーで移動する際、運転手さんは「今日はツインメッセ静岡を目指すお客さんで、朝から会社を挙げてのフル稼働です」と話した。そして、開場ともなれば約7,000人もの観客が会場を目指す。どのくらいの経済効果になるのか、見当もつかない。

「SDGs推進」を強烈にアピール

そして「SDGs推進 TGC しずおか 2019」には、地方創生と並ぶ大きな役割がある。まさにイベントのタイトルにある「SDGs推進」だ。「SDGs」(エス・ディー・ジーズ)とは“持続可能な開発目標”のことで、「貧困」「飢餓」「保健」「教育」「ジェンダー」といった17の国際目標により、「誰一人取り残さない持続可能で多様性と包摂性のある社会」を実現するというもの。2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された開発目標だ。

ステージのスクリーンに映し出された「SDGs」の開発目標
タレントの早見優さんが国連旗を掲げてランウェイを進む(後方の2人は娘さん)。「SDGs」が国連主導の開発目標であることを示す象徴的なシーンだ

この「SDGs」を推進するために、強いメッセージを込めて開催されたのが「SDGs推進 TGC しずおか 2019」なのだ。静岡県知事・川勝平太氏もイベントを訪れ、県を挙げての「SDGs推進」を宣言した。

ステージに上がった川勝平太静岡県知事(右から2番目)。知事が着用していた遠州織物の展示・販売も会場で行われていた

ではなぜ「SDGs」をTGCが推進するのか。W TOKYO 東京ガールズコレクション実行委員会 チーフプロデューサー 池田友紀子氏は「これまで『TGC 地方創生プロジェクト』を通じて地方の活性化を進めてきましたが、今回は『SDGs推進』という国際的な目標もテーマにしました」と話す。

「『SDGs』は2030年を年限とした開発目標ですが、まだまだ認知度が低いのが現状です。そこで『SDGs 推進 TGC しずおか 2019』を開催することで、若い人たちに少しでも知ってもらえればと思っています」(池田氏)

インタビューに応じてくれた深川麻衣さん

事実、ショーに参加した乃木坂46の深川麻衣さんは、「『SDGs』という言葉にあまりなじみがなかったのですが、今回イベントに参加させていただいて理解が深まりました。今後も『SDGs』に関わる機会があれば、積極的に参加したいです」と話す。またイベントを裏で支えた学生ボランティアも、それまで「SDGs」という言葉を知らなかったという。

前述の池田氏は、「この『SDGs推進 TGC しずおか 2019』が開発目標のとっかかりになればいいと思います。若い世代に『SDGs』という言葉を知っていただき、今後、多くの活動を生み出すきっかけになればと思います」と話す。

2019年は「G20サミット」「TICAD7」(アフリカ開発会議)「初のSDGs首脳級会合」が開かれる。「SDGs」の浸透がさらに進む年になるだろう。

折っても切っても発火しない、ペラペラな電池「Power Leaf」の実力に迫る

折っても切っても発火しない、ペラペラな電池「Power Leaf」の実力に迫る

2019.01.24

スマホ普及の一方で、バッテリー発火事故件数は年々増加

安全なモバイルバッテリーを実現する全固体電池に注目

ソフトバンクと吉田カバンがコラボした全個体電池バッグとは?

今や仕事でもプライベートでも欠かせないモバイルバッテリー。

安全面に何の疑いもなく使っている人は多いと思いますが、モバイルバッテリーの事故件数は年々増加しています。独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の発表によると、ノートパソコン、モバイルバッテリー、スマートフォンに搭載されたリチウムイオンバッテリーに関する事故は、平成24~28年度の5年間で274件(ノートパソコン110件、モバイルバッテリー108件、スマートフォン56件)あり、そのうちの約7割が火災などの拡大被害(製品および周囲が焼損などしたもの)に該当するそうです。

こういった状況を受け、2018年2月1日に経済産業省が「電気用品の範囲等の解釈について(通達)」を改正し、ポータブルリチウムイオン蓄電池(いわゆるモバイルバッテリー)を電気用品安全法の規制対象(PSE法)に含めると発表しました。これにより、2019年2月1日よりPSEマークがついていないモバイルバッテリーの製造・輸入および一切の販売ができなくなります

このような流れから、今後は今まで以上にモバイルバッテリーの安全面に注目が集まると予想されます。そこで、リチウムイオンバッテリーより安全性が高く「釘を刺しても、オーブンにいれても、火の中にいれても爆発しない」という次世代バッテリー「Power Leaf (パワーリーフ)」を開発しているSB C&Sに話を聞きました。

固体電池だから発火も爆発もしない

話を伺ったSB C&S コンシューマ事業本部の工藤英樹さん(写真左)と鈴木礼子さん(写真右)

―― Power Leafは次世代モバイルバッテリーと謳っています。どういったところが次世代なのでしょうか?

鈴木:Power Leafは、セラミックバッテリーを採用しています。セラミックバッテリーは、従来のリチウムイオンバッテリーに比べて、曲げや衝撃に強く、切断しても発火や液漏れが発生しない特性を持っており、その点で次世代バッテリーと呼んでいます。

―― なぜ発火や液漏れが発生しにくいのでしょうか?

鈴木:セラミックバッテリーが固体電池だからです。そもそも、リチウムイオンバッテリーがなぜ発火をするのかというと、リチウムイオンバッテリーは、正極(プラス)と負極(マイナス)を電子が行き来することで電流を生み出します。正極と負極のあいだは液体の電解質で満たされているのですが、この電解質が発火などの原因となります。

それに対してセラミックバッテリーは、電解液の代わりに固体電解質を採用しているため発火もしませんし爆発もしません。

工藤:こちらが、Power Leafです。名刺サイズの大きさで100mAhあります。これを、折り曲げたり、はさみで切ったり、釘を打ち込んだり、オーブンで加熱したり、火の中にいれたりしても、発火・爆発はしません。正確にいうと一瞬だけショートはするのですが、そこから発火につながることはないので、非常に安全性が高いバッテリーになっています。

―― なるほど。それにしても薄いし、触ってみるとやわらかいですね。

工藤:やわらかいですよね。湾曲した状態でも使用できるので、パイプのような円柱形のものにも組み込めます。

―― Power Leafはどれくらい前から開発に取り組まれているのでしょうか?

鈴木:4年ほど前ですね。Power Leafは、はじめて個体電池の製品化に成功した、台湾のプロロジウム テクノロジー社と開発を続けてきた製品です。2017年7月にネームタグ型バッテリー「Tag」を発表し、同年11月にiPhone X用の手帳型バッテリーを発売しました。

吉田カバンとコラボした肩掛けタイプの「PORTER SLING SHOULDER BAG × Power Leaf」

そして、第3弾製品として、吉田カバンとコラボしたPower Leaf搭載バッグを開発しました。

苦節2年。吉田カバンとイチからつくったバッグ

―― では、吉田カバンとコラボした背景を教えてください。

鈴木:Power Leafは「常に持ち歩ける」をテーマに商品開発をおこなっています。まずはバッグにつけられるタグをつくって、次に皆さんが必ず持ち歩かれるスマートフォンのケースをつくりました。次はなにをつくろうか考えたときに、「バッテリーを常に持ち歩けるようにバッグをつくろう」と決まりました。そこで、吉田カバンさんに声をかけさせていただいたのです。

―― 吉田カバンとは付き合いが深かったのですか?

鈴木:いえ。深かったわけではないんですけど、別の部門でたまたまお付き合いがあり、そこから「一緒に面白い商品をつくりませんか?」と提案しました。吉田カバンさんは、こういったテクノロジーとのコラボをほとんどしたことがなく新鮮に感じてくれたようで、共同開発がはじまりました。

そこから約2年かけてやっと商品化にこぎつけた形になります。

―― 2年……。ということは既存製品をベースにしたとかではなくイチから?

工藤:はい。イチからつくっています。

―― イチから手がけられたなかで、どんな点に苦労しましたか?

工藤:そもそも僕らはアパレル系のアイテムをつくったことがなかったので、イチからつくることでさまざまな苦労がありました。ショルダーに設置したコントローラー部分。そもそもどの場所につけたほうが良いとか、どういう風につければバッテリーとコントローラーを繋ぐケーブルが邪魔にならないかなど、吉田カバンさんとともに試行錯誤を繰り返しました。

ショルダーバッグに関しては、肩当てのパット部分を普通のバッグより長くしています。パッドが通常の長さだとコントローラーが肩のあたりにきてしまい操作しにくいので、細かく調整してもらいました。

鈴木:リュックに関しては、右利き左利きどちらも操作しやすいように、左右どちらにもコントローラーがつけれるようになっています。これは吉田カバンさんのこだわりです。

―― Power Leafもバッグにあわせて調整をしているのでしょうか?

鈴木:ショルダーバッグもリュックも、3,550mAhの容量を搭載しているのですが、大容量にするにあたって、いかに薄くするかに焦点を絞って調整しました。その結果、世界でも最薄レベルを実現できたと自負しています。

薄く広くしているのと、面積比で考えると軽いこともあり、バッグを背負ってもバッテリーの存在感もそんなに感じないと思います。

Power Leafから話はそれますが、こだわりの部分でいうと、弊社が発売しているスマートトラッカー「tile」専用のポケットも作ってもらいました。キーホルダーみたいにつけるわけでもなく、tileを入れてることすら忘れてしまうような状態にしていただいて、例えば、酔ってバッグをどこかに忘れてしまった、というような事態でもすぐに見つけられるようにしています。

―― 今回は吉田カバンとコラボしてバッグを発売されていますが、この先も他業種とのコラボをしていくのでしょうか?

工藤:そうですね。まだ具体的にはなっていないんですけど、身につけるものだけではなく、例えばソーラーであったりEVであったり、そういった方面への進出もしていきたいと思います。