「はじめてのSlack 超活用マニュアル」の記事

Slackで通知設定を変更する

はじめてのSlack 超活用マニュアル 第15回

Slackで通知設定を変更する

2018.12.27

Slackの通知設定を変更する方法を紹介

通知のタイミングやサウンドを変更することができる

特定のキーワードを含んだメッセージ投稿の通知も可能

Slackには、「新しいメッセージの投稿があったとき」や「DM、メンションなどが届いたとき」に、音やバッジで通知する機能がある。デフォルトではすべての新規メッセージが通知の対象だが、メンバーやチャンネルが増えるに従い、通知の数も増えていくだろう。そうなってくると、すべての投稿を確認していたら手間がかかるので、重要度の高いチャンネルに限定して通知設定をするのがオススメだ。今回はその方法を紹介する。

通知のタイミングを指定する方法

通知設定はワークスペースの「環境設定」から行うことができる。画面左上にあるワークスペース名をクリックして、環境設定を選択しよう。

ワークスペース名から「環境設定」をクリック
環境設定画面を開いたら「通知」を選択。通知のタイミングを選ぼう

環境設定では通知のタイミングについて、「すべての新規メッセージ」「ダイレクトメッセージ&メンション&キーワード」「なし」の3種類から選択できる。

「すべての新規メッセージ」に設定しておくと、文字通りすべてのメッセージが投稿されるたびに通知が届く。メンバーやチャンネルが少ない場合はこれでも十分運用できるだろう。また、管理者としてすべてのメッセージを把握しておきたい場合などに便利だ。

「ダイレクトメッセージ&メンション&キーワード」は、ある程度メッセージ数が増えてきた場合に設定するといいだろう。「マイキーワード」では、そのワードを含む投稿があった場合に、通知するように設定できる。「このカテゴリーのメッセージにはこのワードを入れておく」など、チャンネル内でメッセージをルール化している場合にはとても有効な機能だ。

「ダイレクトメッセージ&メンション&キーワード」を選択した場合で、キーワードを含むメッセージを通知してほしい場合にここへ入力する。英数文字で大文字と小文字の判別はしないので、文字列だけを入力すればよい(複数の場合はカンマで分ける)

「なし」を選択すると、通知は届かない。ただし、新しいアクティビティがあった状態を示す「バッジ」は引き続き表示される。

また、オプションとして「フォロー中のスレッドに返信があった時に通知する」「モバイル端末に別の設定を使用する」も設定可能だ。

スレッドのフォローは、任意のメッセージの「…(その他)」から行うことができる。自分がスレッドに何かしらの返信をした場合は自動でフォローされるが、「…(その他)」からフォローを外すことも可能だ。

「おやすみモード」では、任意の時間帯を自動的にすべて非通知に設定することが可能だ。就寝時などに設定しておくといいだろう。

通知のサウンドやプレビューの設定

「サウンド&表示」では、Slackからの通知アクション方法を編集できる。プレビューをオンにしていると、通知時に内容の一部が表示されて便利だが、その反面、離席時などにはメッセージをほかの人に見られてしまうリスクもある。人の行き来が多いエリアでは、チェックを外しておくといいだろう。

通知時のサウンドを変更することも可能だ。「サウンドを再生する」の右側にある(変更)をクリックすると、通知音の一覧が表示されるので、実際に聞きながら好みの音を選ぼう。

「サウンド&表示」の設定画面
設定できるサウンドの一覧。右側のメガホンアイコンをクリックするとサンプルが流れる

「デスクトップでアクティブでない時...」からは、「非アクティブ状態が一定時間経過しているときに通知があった際、メールを自分宛に送る」という設定が可能だ。リスト枠で非アクティブ時間を指定し、「自分宛にメール通知を送信する」にチェックを入れればよい。

チャンネルごとに通知の有無を変える

「チャンネル特有の通知設定を追加する」では、チャンネルごとに通知ルールを設定できる。関係ないチャンネルの通知をオフにできるので、きめ細かい管理が可能だ。

「チャンネルを追加する」をクリック
選択枠の「▼」をクリックするとチャンネルがリスト表示されるので、追加したいチャンネルを選択し「次へ」をクリック
「チャンネル全体をミュート」にチェックを入れるとそのチャンネルの通知は届かなくなる。ほかの必要な項目をチェックボタンで管理し「終了」をクリックすれば設定は完了だ

「はじめてのSlack 超活用マニュアル」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/slackmanual

Slackの画面テーマを変更する

はじめてのSlack 超活用マニュアル 第14回

Slackの画面テーマを変更する

2018.12.21

Slackの画面は好みに合わせて配色を変更することができる

背景色やテキスト色など、画面テーマの設定方法を紹介

Slackでは、サイドバー背景やメニュー背景、テキストなどの配色をカスタムすることができる。配色によっては全体の雰囲気もガラリと変わるので、自分の好みに合わせて設定してみてはいかがだろうか。

あらかじめ用意されたテーマから配色を変える

まずは、Slackで用意されたいくつかのテーマ色を紹介する。「チョコミント」や「オーシャン」など、あらかじめ決められた配色のテーマから1つ選択するだけで、全体の画面テーマを変更することが可能だ。ワンクリックで設定できるので、簡単な気分転換などにも使えるだろう。また、ユニバーサルデザインに対応した配色設定も用意されている。

画面左上のワークスペース名をクリックし、メニューから「環境設定」を選択する
環境設定で「サイドバー」を選択すると、画面の中ほどに「テーマ」が出てくる。あらかじめいくつかのパターンが用意されているので好みに合わせて選択してみよう
環境設定の画面を閉じると選択したデザインテーマに変わる

オリジナルのカスタムテーマを作る

テーマの配色は自分で指定することもできる。こだわりのある人にオススメだ。また、ここで作ったデザインをほかのメンバーに共有することもできるので、我こそはと思う人は率先してデザインを考えて、メンバーと配色をそろえてみてはいかがだろう。

サイドバー背景やテキストなど、各パーツのカラーを決めていく
カラー部分をクリックすると、パレットが表示される。設定した色はその場で変更される
作ったテーマカラーは最下部にカラーコードとして記録される。これをコピーすれば、メンバーなどにメッセージでカラーを共有することができる
受け取った相手は「サイドバーのテーマを変更する」ボタンをクリックするだけでオリジナルデザインが反映される

「はじめてのSlack 超活用マニュアル」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/slackmanual

Slackのリマインダー機能の使い方

はじめてのSlack 超活用マニュアル 第13回

Slackのリマインダー機能の使い方

2018.12.20

Slackにはリマインダーを送る機能が搭載されている

リマインドするメンバーや時間の指定方法などについて紹介する

リマインダー機能の使い方

Slackには、リマインダーの機能が搭載されている。リマインダー機能では、自分や特定のメンバー、特定のチャンネルに向けて、メッセージの送信予約を行うことができる。基本的にメッセージ欄に「/remind」と入力、以降に通知する内容と、通知時間を打ち込んでいけばよい。また、投稿済みのメッセージをリマインド設定して、再度通知することも可能だ。

通知時間については後述するが、「at 8:30am」や「in 10 seconds」などと入力。時刻だけでなく「今から何分後」という設定も行える。また、「Everyday」と入力すれば、繰り返してリマインドすることも可能だ。時刻の指定がない場合は基本的に9:00に通知が届く。

リマインドを実行する際のメッセージは自分のみにしか表示されないので、書き込む場所はどのチャンネルでもかまわない。ただし、投稿後にリマインダーを削除するケースなどもあるので、メッセージ量の多いチャンネルではなく、自分宛のスペースに書いておくと、すぐに発見できて便利だ。

・自分に対してリマインドを送る
自分に対してリマインドを送る場合は、「/remind me ~」と入力する。

メッセージ欄に「/remind me 日報を確認 Everyday」と入力して送信。すると、「毎日 9:00に、あなたにこれをリマインドします:“日報を確認”」というメッセージが表示される

・メンバーへリマインダーを送る
特定のメンバーへリマインドを送る場合は、「/remind @メンバー名 ~」と入力する。

メッセージ欄に「/remind @Yamamura 月末のリポート忘れないでください 2018/11/30」と入力して送信。このメッセージ自体は自分だけに表示されるが、設定した時間になると、該当メンバーにリマインドされる

・チャンネルへリマインダーを送る
チャンネルへリマインドをする場合は、「/remind #編集aチーム-企画会議用 ~」と#“チャンネル名"を入力する。

メッセージ欄に「/remind #編集aチーム-企画会議用 週例会議あります Monday」と入力した

【リマインダーを送る相手の指定】
me (自分にリマインドする)
@メンバー名 (特定のメンバーにリマインドする)
#チャンネル名 (チャンネルにリマインドする)

・書き込まれているメッセージをリマインドする
Slackでは、すでに投稿済みのメッセージを、再度リマインダーとして自分宛に送ることができる。メッセージを指定して、「その他(…)」から、「後でリマインドする」を選択。20分後、1時間後、3時間後など、リマインドする時間を指定すれば準備完了だ。忙しくて今すぐは確認できないが、後で忘れずに内容をチェックしたい場合などに有効だろう。

メッセージを選択して「…」をクリック。メニューから「後でリマインドする」を選択後、リストから任意の時間を指定
リマインダーの準備が完了したら、自分だけにメッセージが表示される

リマインダー機能のさまざまな時間指定方法

リマインダー機能では送り先のメンバーやチャンネルを指定できるほか、詳細な日時まで選ぶことができる。特に日時はさまざまなフォームがあるので、以下でいくつか紹介する。

【経過時間を指定(今から何分後)】
in 10 seconds  (10秒後)
in 12 minutes  (12分後)
in 3 hours  (3時間後)
in 5.5 hours (5時間半後)

【時刻を指定】
at 8:30am  (12時間制で午前8:30に)
at 15:00  (24時間制で15:00に)
at midnight  (午前0時に)

【日付を指定】
2018/12/10(西暦/月/日に)

【毎週繰り返してリマインドを行う(スヌーズ)】
every weekday(平日毎日)
every Monday, Wednesday, and Friday (月・水・金に)

【隔週の繰り返し指定】
every other Monday (隔週月曜日に) 

リマインダーを確認・編集する

リマインダーの数が多くなると、不要なリマインダーの整理やスヌーズの切り替えなどをすることもあるだろう。その際、任意のリマインダーから「リマインダーを表示する」をクリックするか、「/remind list」と入力すると、設定中のリマインダー一覧を表示させることができる。

一覧からは、不要なリマインダーの削除や、スヌーズの指定などを行うことができる。

リマインダーリストの例。この表示からリマインダーの管理ができる

なお、設定した時間になると「slackbot」からリマインドが表示される。通知を受け取らない設定にしている場合、リマインドに気づかないことがあるので、おやすみモードや通知の設定を確認しておくのがオススメ。通知の設定は画面左上、ワークスペース名の右側にあるベルマークの「通知」から行える。

「はじめてのSlack 超活用マニュアル」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/slackmanual