1963年(昭和38)以降1995年までのあいだ、写研で開発したほとんどの書体の監修をつとめてきた橋本和夫さん。その文字制作について、あらためて聞く第2回。今回は、文字の増やし方についてまとめたい。

基準12文字

日本語の書体では、ひらがなカタカナや英数字、記号類のほか、膨大な数の漢字をつくらなくてはならない。橋本さんが原字部門の責任者をつとめていた当時は、両仮名などもあわせて約5800字の原字が必要だった。

その約5800の文字を、一定のデザインコンセプトのもと、つくりあげなくてはならない。書体づくりは、まず1人のメインデザイナーによる「基準12文字」の漢字制作からスタートした。12文字とは、次のとおりだ。 

基準12文字

「線の太さや間隔など、さまざまなバランスを定められるように、ある程度の部首を網羅して選んだ12文字です」(橋本さん)

基準12文字のデザインが固まると、監修者の橋本さんのもと、鈴木勉氏などがチームリーダーとなり、4~5人のスタッフで分担して一気に増やしていった。漢字を描く順番は一寸ノ巾の順(*1)だった。

「メインデザイナーが基準の12文字をデザインする段階では、感覚なんです。しかしデザイン方針が定まったあとは、横線と縦線は何mm幅など、客観的な判断ができるよう数値化して、効率的に原字制作を進められるようにする。数値化せずに、スタッフそれぞれが感覚で原字を描いてしまっては、ばらつきが出てしまう。感覚的にデザインした書体をいかに生産性というラインにのせられるか  、その規格をつくるのが、監修者とメインデザイナーのひとつの仕事でした」

仮名は別進行

日本語では、文章の約6~7割をひらがな・カタカナが占める。このため、両仮名のデザインは、書体の雰囲気を決める鍵となる。書体制作では、漢字は何人かで分担して制作していくが、両仮名は一人のデザイナーが行う。写研では、漢字を他のチーフデザイナーがまとめている書体も含め、橋本さんが仮名を描くことが多かった。

「不思議なことに、仮名というとぼくに、ということになっていました。漢字は1日何文字という感じで、生産性を考えながらつくっていかなくてはならない。でも、仮名は生産性を重視してつくるものではないんですね。だから漢字の制作と並行して、仮名だけは別にぼくが描くということが多かったんです」

現代のデジタルフォントでも、膨大な数の漢字を制作を進めている一方で、仮名はその制作期間いっぱいをかけて何度も見直しながら、一人のデザイナーが別進行で描くことが多い。ただし、橋本さんは、仮名制作にそこまで時間をかけなかったという。

「以前、仮名書道を習っており、かなアレルギーが少ないということも、短時間で描けた要因のひとつかもしれません。仮名は漢字ができあがるまでにつくればいいということにはなっていますが、1年以上かけて描いたりはしませんでした。一連の仮名原字制作をだいたい1カ月以内、仕事が立てこんでいるときは、注文を受けてから10日間ぐらいで仕上げていました」

ひらがな・カタカナを10日間で仕上げるというのは、現代ではあまり聞いたことのないスピード感だ。橋本さんが「ぼくたちは工場にある原字部門だった」と語る所以がここにある。定められた最小限の期限のなかで、品質管理しながら、工業製品としての文字盤をつくりあげていく。それが写研での書体制作だった。

 (つづく)

(注)
*1:一寸ノ巾:漢字を部首や画数、音訓で並べるのではなく、形状で探し出せるよう工夫された配列。写研の写植文字盤は、この配列でつくられていた

話し手 プロフィール

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

これまでの記事一覧ページはこちら

原字をどう描くか

橋本和夫さんは、写研の創業者・石井茂吉氏が亡くなった1963年(昭和38)以降、1995年(平成7)に60歳で同社を退職するまでの30年以上のあいだ、ほとんどすべての書体を監修した。

ここまででいくつか具体的な書体制作の舞台裏について触れてきたが、ここであらためて、橋本さんが原字部門の責任者だったころの文字のつくり方について聞いてみたい。

「原字制作はまず、薄手の原字用紙に鉛筆でスケッチをするところから始めます。用紙のサイズは48mm枠と80mm枠の2種類でした。48mmのほうは、本文用書体または見出し書体を描くときに使います。80mmは、極太書体や特殊な書体のときに使っていました」(橋本さん)

スケッチを終えると、それをライトテーブルにのせて、さらに厚手の原字用紙を上にのせる。こうするとスケッチが透けて見えるので、原字用紙上に文字のアウトライン(輪郭)をトレースしたあと、中を塗りつぶしていく。アウトラインをとるところから、中を塗りつぶすまでの作業を「墨入れ」という。

「アウトラインをとる道具は、烏口と雲形定規を使う人もいれば、品印という細い面相筆を使う人もいました。面相筆を使う場合は、溝の入った直線定規を使って『溝引き』をするんです。文字は、直線だけではなく、さまざまな曲線で構成されています。雲形定規を使う場合は、ひとつひとつの曲線に合うカーブを定規から見つけて、そのカーブをあてながら烏口で線を引いていく。一方、溝引きは、利き手に筆とガラス棒を同時に持ち、定規の溝にガラス棒を添わせてガイドにしながら線を引いていく。こうすると、微妙な曲線も手で調整しながら引けるんですね。人によって得手不得手がありますので、雲形定規でも溝引きでも、各自の得意な方法で行っていましたが、完全にフリーハンドのみで描く人はいませんでした」

ちなみに橋本さんは、いまでも原字を描くときに溝引きの手法を使うが、現在は筆ではなくサインペンや筆ペンを用いるのだそうだ。

「いまは良い道具がたくさんありますからね。多彩な道具でずいぶん楽になりました」

橋本さんが現在使っている道具。左から、溝引き用の溝差し、サインペン、筆ペン2種類、シャープペンシル、ホワイト用の小筆、墨入れ用の面相筆(品印)

作業を始めるときの伝統

墨入れには、墨汁を使っていたのだろうか?

「写研では墨を擦って使っていました。各自、小さな硯を持っていて、作業を始めるときに水をすこし注いで、まず墨を擦りました。墨を擦るには10分から15分ぐらいはかかります。墨汁を使えば注ぐだけだから、時間短縮になりますよね。新しく入った人には『どうしてこんなことをやるのか』とよく言われました。すでにインクとペンを使っている会社もあったのですが、写研では、墨を擦ることが伝統になっていたんです」

墨の種類にもこだわりがあったのだという。

「松煙墨(しょうえんぼく)と油煙墨(ゆえんぼく)があるんですが、油煙墨のほうが粘るんですね。一日中ずっと原字を描くのに、途中で粘ってしまったら、描けなくなってしまいます。だからできるだけさらさらした、粘らない墨を使う。写研では松煙墨を使っていました」

頭のなかの文字を描く

原字制作では、鉛筆のスケッチをむずかしく感じる人と、そうは感じない人がいるそうだ。

「鉛筆のスケッチをむずかしいと感じる人は、その段階で完璧な下描きをして、そのとおりになぞってアウトラインをとろうと考えている人です。一方で、スケッチをそこまでむずかしいと感じない人は、鉛筆ではある程度のところ……、概念を描いておいて、修正しながらアウトラインを描いていく人です。おそらく、後者のほうが多いのではないかと思います」

鉛筆でのスケッチは、線に多少あやふやなところがあっても成り立つ。しかし墨でアウトラインをとるときには、きちんと形を決めていかなくてはならない。

「原字を描く人は、描いたり消したりしながら原字をつくっていくわけではありません。『描く』行為ができるということは、その時点ですでに、頭のなかに文字の形があるということなんです。ただ、実際に描いてみたら丸みが強すぎたというような、『消して直す』作業が出てくるというだけ。『あ』なら『あ』という文字の形が、頭のなかにある。それをどういうスタイルで描くのかという話です」

「文章も同じですよね。文章は、まず頭のなかで構成したものを、パソコンや手書きで文章として定着させているわけです。つまり、文章を書くという作業は、ほとんど頭のなかで行っている」

そして描く・書くときだけでなく、文字を評価する際にも、対象となるものが頭のなかに入っていることが必要だという。

「自分の頭のなかにあるものといかに合致するかによって、対象の良し悪しを判断し、評価するわけです。だから評価能力を上げたいときには、頭のなかの引き出しをできる限り増やさなくてはいけない。制作にあたってよく『いろいろなものを見なさい』と言われるのは、そういうことなのだと思います」

(つづく)

話し手 プロフィール

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

これまでの記事一覧ページはこちら

文字界最強バッテリー

時はおそらく1970年(昭和45)過ぎのこと。東京・石神井公園近くにあった毎日新聞社グラウンドで、ある野球の試合が行われた。

キャッチャー・橋本和夫(写研=当時)
ピッチャー・桑山弥三郎(グループ・タイポ/代表書体はタイポス)

ほかに参加したのは、次のようなメンバーだ。

小塚昌彦(毎日新聞社=当時/代表書体は小塚明朝・ゴシックや毎日新聞書体)
水井正(書体デザイナー/代表書体はナウ)
石川忠(タイプディレクター)
吉田佳広(グラフィックデザイナー/著書に『基本レタリング字典』グラフィック社など)
杏橋達磨(写研 広報担当=当時)

文字界のレジェンド勢ぞろい。まさに、文字界ドリームチームである。

日本レタリング協会の公募展応募作品をまとめた『日本レタリング年鑑1969』表紙(日本レタリングデザイナー協会編、グラフィック社刊、1969年)

「あれはいつごろだったかな……。1969年(昭和44)に写研がタイポスの文字盤を発売した後だと思うから、1970年以降かな。ぼくが30代後半から40歳ぐらいのころに、日本レタリングデザイナー協会の仲間が集まって、野球をしたことがあったんですよ。石神井公園のすこし先に、毎日新聞社の野球場があってね」(橋本さん)

同じく試合に参加した小塚昌彦氏によれば、この日は文字関係者が集まって2チームに分かれ、試合したのだという。

「ぼくは学生時代、野球部でキャッチャーをやっていたんです。それでこのときにもキャッチャーをやりました。ピッチャーは桑山さん。みんな、打球が塀を越えたらホームランだ! なんて大きいことを言いながら、わいわいやった覚えがあります」(橋本さん)

野球の思い出を語る橋本さん

残念ながら試合はその一回だけだったので、チームのロゴをデザインするまでには至らなかったようだが、仮にロゴをつくることになったら、そうそうたるメンバーのなかでだれがロゴのデザインを手がけるのか、みんな頭を悩ませたに違いない。

日本レタリングデザイナー協会は1971年(昭和46)、広義のタイポグラフィ発展を願って「日本タイポグラフィ協会」に改称し、現在に至っている。

橋本さんはしばらく協会に参加していたが、写研自体が乗り気でなかったためか、自然消滅のようなかたちでいつのまにか退会となっていた。以降、写研は直接一緒に仕事をする相手以外に、あまり外部デザイナーとの交流をもたなかった。

(つづく)

話し手 プロフィール

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

これまでの記事一覧ページはこちら