日本アニメを“わかっている”Netflixの2019年ラインアップ

日本アニメを“わかっている”Netflixの2019年ラインアップ

2018.11.28

Netflixが2019年のアニメ作品ラインナップを発表

「エヴァ」TVシリーズを独占配信、オリジナル作品も追加

日本アニメを“わかっている”展開で国内市場への影響も高まるか

最近、アニメ配信で存在感を増しているNetflixが、2019年のアニメ作品ラインアップの発表会を開催した。

SVOD(月額制定額オンラインストリーミングサービス)としては初めて「新世紀エヴァンゲリオン」(2019年春)を全世界独占配信する他、Netflixオリジナルシリーズとして女優・多部未華子さんを声優に起用したストップモーションアニメ「リラックマとカオルさん」(2019年4月19日配信)、3DCGでリメイクされた「聖闘士星矢: Knights of the Zodiac」(2019年夏配信)、満を持してのアニメ化となる「7SEEDS」(2019年4月配信)、月刊ヒーローズで連載中のコミックを3DCGでアニメ化する「ULTRAMAN」(2019年4月1日配信)といった作品がラインアップされている。

今回発表されたタイトル
発表会の司会はアニメ好きで知られるニッポン放送アナウンサー、吉田尚記さん

発表会に登壇したNetflixコンテンツアクイジション部門ディレクターのジョン・ダーデリアン氏は、「2018年はNetflixアニメにとって特別な年。多くのワクワクする作品を世界中のファンに届けることができた。2019年はアニメの夢をもっと大きく見たい」と挨拶した。

Netflixコンテンツアクイジション部門ディレクター ジョン・ダーデリアン氏

ダーデリアン氏が述べたように、ここ数年のNetflixは積極的にアニメ制作と配信に取り組んでいる。2018年は「デビルマン crybaby」や「バキ」、「アグレッシブ烈子」、「B: The Beginning」など話題作も目白押し。新宿地下通路をジャックしたり、AnimeJapan2018に出展したりと「Netflixアニメ」を強く打ち出してきた。

その流れがさらに加速する2019年ラインアップは次の通りだ。

「エヴァ」TVシリーズが配信開始

まずはNetflixのようなSVOD(月額制定額オンラインストリーミングサービス)では初となる、「新世紀エヴァンゲリオン」の配信が2019年春よりスタートする。放送から20年以上たっても絶大な人気を誇るアニメ作品だが、改めて見ようとすると意外に選択肢は限られている。

「新世紀エヴァンゲリオン」

若年層の中には「有名なので概要は知っているけれど、実はTVアニメシリーズを見たことがなかった」という人も多いのでは。NetflixのようなSVODで配信されることで再びファン層を拡大することだろう。なお、劇場版である「EVANGELION: DEATH (TRUE)2」と「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」も同時に配信される。

懐かしの作品という点でもう一つ注目なのは、往年の名作「聖闘士星矢」を3DCGでリメイクする「聖闘士星矢:Knight of the Zodiac」。すでに制作は発表されていたが、この日は初めて星矢のビジュアルが公開された。

「聖闘士星矢 Knights of the Zodiac」第2弾ティザーアート

本シリーズでは「銀河戦争(ギャラクシアンウォーズ)篇」から「白銀聖闘士(シルバーセイント)篇」が描かれる予定で、監督は芦野芳晴氏が務める。脚本にはハリウッド映画を手がけるライターも参加するとのことで、国内外からの注目度も高い。2019年夏 全世界独占配信となる。

「リラックマ」脚本は「かもめ食堂」の荻上氏

そしてキーアートや特報映像が公開されたストップモーションアニメの「リラックマとカオルさん」。カオルさんの家に住み着いたリラックマと仲間たちの12ヶ月を描く優しくほろ苦い物語だ。

「リラックマとカオルさん」キーアート

脚本は「かもめ食堂」で知られる荻上直子氏、監督は小林雅仁氏。今回は声優情報が解禁となり、カオルさんの声を女優・多部未華子さんが演じることが明らかになった。映像は4Kで2019年4月19日より全世界独占配信される。

このほか、新規タイトルとして制作決定が発表されたのが「7SEEDS」。2001年から2016年まで長期連載されたコミック作品で、ストーリーが高く評価されている近未来サバイバルSFである。アニメ制作はGONZOが手がけ、監督は高橋幸雄氏が務める。2019年4月全世界独占配信となる。

「7SEEDS」キーアート

また今回、同作に登場する「夏のBチーム」の声優が発表となった。

東山奈央(岩清水 ナツ役)、福山潤(青田 嵐役)、小西克幸(麻井 蝉丸役)、沢海陽子(早乙女 牡丹役)、阿澄佳奈(天道 まつり役)、石田彰(守宮 ちまき役)、悠木碧(草刈 螢役)、井上和彦(百舌戸 要役)(敬称略)

「夏のBチーム」キャスト一覧

フルCGのウルトラマン新作、神山監督が意気込み語る

最後に言わずと知れた特撮ヒーロー「ウルトラマン」のその後をフル3DCGで描く「ULTRAMAN」のティザー映像とキービジュアルが公開された。月刊ヒーローズで連載中の同名コミックをアニメ化した作品で、かつてウルトラマンだった早田進の息子・早田進次郎が新世代のウルトラマンとなるべく奮闘する新たな物語となっている。

「ULTRAMAN」第2弾ティザーアート

アニメ制作はProduction I.GとSOLA DIGITAL ARTS、監督は神山健治氏と荒牧伸志氏が手がける。発表会では両監督からのメッセージも届けられた。

神山監督は「アクションシーンを長くたっぷりやれるのはセルではできなかったこと。原作ファン、特撮のウルトラマンファンに喜んでもらえることを目指している」とコメントし、荒牧監督は「ウルトラマンってなんだろうともう一度考えてつくった作品。アニメの気持ちよさを加味した動きが実現できている」と完成度に自信をのぞかせた。

日本アニメを「理解」したNetflix

2018年に続き、2019年も充実のラインアップをそろえてきたNetflix。発表会で司会を務めた吉田尚記アナウンサーも述べていたが、「ULTRAMAN」に神山健治監督と荒牧伸志監督を起用したり、「7SEEDS」をGONZOが手がけたりと、Netflixは非常に日本のアニメを“わかっている”感がある。

また、世界中にファンを持つ「聖闘士星矢」をリメイクしたり、2020年の「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」を見越して「新世紀エヴァンゲリオン」を“SVOD初”という話題性で打ち出してきたりと、すべての国と世代にリーチできる隙のない作品群だ。

2018年にはオリジナルコンテンツ制作に9,000億円を投じたとも言われているNetflix。日本のアニメ市場への影響は来年以降もさらに増していきそうだ。

勝負は「0.013秒」 クリエイティブで第一印象をコントロールせよ

恋するSNSマーケティング講座 第3回

勝負は「0.013秒」 クリエイティブで第一印象をコントロールせよ

2018.11.28

Facebook社員に「マーケティングのイロハ」を聞く新連載!

第3回は、広告効果に大きな影響を与える「クリエイティブ」について

広告の第一印象は13ミリ秒で決まる?

フェイスブック ジャパンのFacebook/Instagram広告運用コンサルタントに「SNSマーケティング」について聞く連載。初心者~中級者に知ってほしい「マーケティングの考え方」について、全5回にわたって説明します。

キーワードは「恋愛」。とっつきづらいマーケティングも、恋愛に喩えて考えてみると、意外とわかりやすいようです。

本連載ではこれまで、恋愛においてもマーケティングにおいても、「多くの人にリーチすること」「ターゲットとタイミングを考えてアプローチすること」で、“より質の良い出会い”を増やすことができるということを聞いてきた。

しかし、まだそれらに加えて考えるべき重要な要素があるという。それは相手に自分の何をアピールするのか、さらにはそれをどうやってアピールするのか、ということ。情報を相手に届けるための手段が写真なのか、動画なのか、はたまた文字なのか。それらを組み合わせて、どんな内容に仕上げていくのか。

ということで、今回は広告効果を上げるためのクリエイティブ」についての話を聞いてきた。

今回も、フェイスブック ジャパンのクライアントソリューションズマネージャ リード 丸山祐子さんに話を聞きます

物事の判断は「0.013秒」で行われる

丸山さんによると、「どのようなクリエイティブがリーチしたいオーディエンスに刺さるのか」というのは「プラットフォームの特性」によるところが大きいのだという。

たとえば、テレビCMは非常に多くの人に届けることができる反面、細かくユーザーをセグメンテーションすることは難しい。駅張りのポスターであれば「その駅を利用する人」に向けてピンポイントで情報を伝えることができるが、何百万人という人数に向けて大規模な告知をするのは難しいだろう。

つまり、プラットフォームの特性をしっかりと理解して、そこに合ったクリエイティブを作る必要があるというわけだ。

丸山さんによると、FacebookやInstagramは“ビジュアルコミュニケーションプラットフォーム”であり、テキストよりも画像や動画で情報を伝えることに適しているのだという。

「社内調査で、人は13ミリ秒(0.013秒)で見ているものの情報処理を行っているということがわかりました。かつては人の情報処理速度はもっとスローでしたが、スマートフォンが普及したことで、今は画面をスクロールしながら、高速で情報を処理できるようになってきています」(丸山)

確かに、たとえば旅行などで情報を集めるとき、これまでは検索エンジンを使うのが一般的だったが、現在はInstagramを検索して情報収集するという人も増えている。テキストを読み込むよりも画像の方が一瞬で判断できるため、高速で情報を処理する今という時代に即しているからだろう。ITの進化に合わせて、いつの間にか人も進化しているのだ。

商品の「売り出したい点」と相手に「響く点」を見極めよ

FacebookやInstagramなどのSNS広告には画像や動画が適していることはわかった。そうなると次に考えるべきは、「どのようなクリエイティブを作るべきか」ということだ。もう一度、これらのプラットフォームの特性を考えてみよう。

Facebookにはグローバルで22億人、日本で約2900万人の利用者、Instagramではグローバルで10億人、日本で2000万人のアクティブアカウントがあるため、どちらも幅広い層にリーチできるプラットフォームと言える。加えて、どちらも細かくセグメンテーションして広告を出すことができるため、大勢の中から広告を届けたい相手を絞って広告を出すことが可能だ。

続けて丸山さんは「テレビやラジオなどの広告とは異なり、広告を届けたい相手によってクリエイティブを変える、どういったクリエイティブが最適であるかをテストできる、といった点がSNS広告の強みです」と説明する。

例えば、缶コーヒーの広告を出すにしても、「こだわりの豆を使っている」といった商品のメリットを出すパターンもあれば、「寒い朝に温かいドリンクで安らぎを」といった、ブランドの訴求をするパターンもある。デジタル広告の場合には、これらの広告を複数用意・掲載することによって、“どのセグメントに、どのクリエイティブが刺さるのか”ということをテストすることができる。

「相手が求めるものに合わせて、どの部分をアピールするか変えるのが効果的というのは、恋愛でも同じですよね。でも相手が何を求めているのかわからない場合には、自分の中にあるいくつかの要素(『仕事が好き』とか『料理が好き』など)を出してみて、反応をテストするのがいいかなと思います(笑)」(丸山)

複数のクリエイティブで広告効果を向上させる

広告を届けたい相手に合わせてクリエイティブを細かく分けて成功したFacebook広告の例として、日産自動車の『セレナ』が挙げられるという。

セレナには「狭い場所でも開くデュアルバックドア」、「足をかざすとドアが開くハンズフリーオートスライドドア」、「暗い場所でも足元を照らすロングステップ」といった様々な特徴があるが、日産はこれら一つひとつについてクリエイティブを用意し、ターゲットの年齢性別や興味関心といった属性に合わせて表示する広告を変えた。

ペットを飼っている人に向けた「ロングステップ」の訴求、駐車場スペースが限られている人に向けた「チュアルパックドア」の訴求など、異なるターゲットに刺さるクリエイティブを複数用意(facebook business 日産の事例より)

さらに、同じアピール内容でも、属性によって使用する写真やシチュエーションを変えるなど徹底。この施策により、広告効果は大幅に向上したという。

なお、日産は本稿で紹介した以上にクリエイティブを用意している。詳しくは、facebook business の日産の成功事例より確認できる。

プラットフォームに則ったクリエイティブで広告効果UP

また、広告を出す先によってクリエイティブの見られ方が異なることにも注意しなければならない。

「テレビのような大画面で動画を見るのと、モバイルで同じものを見るのとでは利用者の受け取り方も変わります。例えば、テレビの映像は横長なのでモバイル広告用にそのまま転用すると小さくなってしまいます。そこで、モバイルに最適化することが重要になってくるんです」(丸山)

たとえばInstagramでは、横長だけではなく、1:1などの画面占有率の高いクリエイティブの掲載が可能であり、かつストーリーズ広告では縦長フルスクリーンのフォーマットを活かしたクリエイティブの作成ができる。

ここで広告を出すとなると、横長のテレビ素材を応用するだけでは、上下にムダな余白が生じてしまい、縦長で没入間のあるフォーマットを活かしきれないことが多い。「モバイルで見られること」を念頭に置き、クリエイティブのフォーマットを変更する必要がある。

「ストーリーズ」の形に合わせたクリエイティブを作成し、スマホの画面いっぱいを利用した動画を流すことで広告効果の向上に成功(Instagram businessより)

丸山さんは、このストーリーズ広告で成果を出した一例として、化粧品ブランドのSK-IIを紹介した。

もともとInstagramとFacebookのフィード広告で高い効果を上げていたが、ストーリーズ広告の併用でさらに広告想起率を大幅に高めたのだという。

「これまでInstagramは若年女性層向けのブランディングメディアというイメージがありましたが、今はユーザーが拡大しており男性も4割に上ります。そのおかげでECや金融、旅行、人材などダイレクトレスポンス系の広告も増えており、成果を上げている状況です」(丸山)

なおSK-IIの事例は、Instagram business SK-IIの成功事例より確認できる。

広告も恋愛も結局、“第一印象”が重要

ターゲットごとに異なるクリエイティブ、フォーマット、また配置先やABテストを重ね、目的に沿ったクリエイティブを作成する有用性はわかった。では、SNS向けのクリエイティブでそれ以外に意識すべき点はあるのだろうか。

「スマホユーザーが広告に興味関心を持ってくれるかは、最初の1秒で決まります。恋愛も第一印象である程度判断しますよね。恋愛も広告も第一印象が大事、というわけです」(丸山)

***

連載第3回にして、ターゲティング、クリエイティブと、マーケティングを考える上での基礎知識は抑えることができた。

これまでの話で、SNSマーケティングは「マスとセグメント」両方の良いところどりができる、ということがわかったが、だからといって他の広告が必要なくなるわけではない。

次回は、「テレビとSNS広告の相乗効果」というテーマで話を聞く。丸山さんによると「テレビ広告とSNSと組み合わせることによって、広告効果を大幅に上げられる」とのことだが、その方法、および考え方ははどういったものなのだろうか。

第4回「恋するSNSマーケティング講座」はコチラ

連載バックナンバーはコチラ

そのセグメント、ちょっと待った! 本当は怖いターゲティングと恋の落とし穴

恋するSNSマーケティング講座 第2回

そのセグメント、ちょっと待った! 本当は怖いターゲティングと恋の落とし穴

2018.11.21

Facebook社員に「マーケティングのイロハ」を聞く新連載!

第2回は、効率を上げるために必要な「ターゲティング」について

恋愛もマーケティングも、まずは「ブロードリーチ」が必要?

フェイスブック ジャパンのFacebook/Instagram広告運用コンサルタントに「SNSマーケティング」について聞く連載。初心者~中級者に知ってほしい「マーケティングの考え方」について、全5回にわたって説明します。

キーワードは「恋愛」。とっつきづらいマーケティングも、恋愛に喩えて考えてみると、意外とわかりやすいようです。

前回に引き続き、フェイスブック ジャパンのクライアントソリューションズマネージャ リード 丸山祐子さんに話を聞きます。今回もよろしくお願いします!

「恋愛とマーケティングは似ている」という前回の話に引き続き、今回もフェイスブック ジャパンのクライアントソリューションズマネージャ リードを務める丸山祐子さんに、マーケティングを考える上で重要なことを聞いてきました。今回のテーマは、「ターゲティング」です。

闇雲にリーチを増やしても意味がない

「広告において重要なのは、できるだけ多くの人にこちらの情報を届けること。もちろん『数』だけではなく、誰に届けるかという『質』の部分も重要です」(丸山さん:以下、丸山)

広告の目的は、顧客となりうる層に商品やキャンペーンなどの情報を届けることであり、さらにいうと、最終的なゴールは“購入”などのアクションにつなげることである。

これを“恋愛”に置き換えると、「パートナーとなりうる層に自分の情報を届けて、最終的に“好きになってもらう、付き合う”などのアクションにつなげる」ことと言えるだろう。恋愛も広告も、まずは存在を認知してもらわなければ「コンバージョン」につながる確率はゼロのままだ。知ってもらわないことには、一向に話が始まらない。

とはいえ、絶対譲れない条件があるのに闇雲に合コンを重ねてもムダなように、広告でリーチする相手も「質」が重要だ。ターゲティング次第で広告の成果は大きく変わる。

「その点、FacebookやInstagramはユーザーデータに基づいて細かく広告を出す先を変えることができます。例えば30代を対象とした化粧品の場合、『都内に住む30代の女性で化粧品に興味を持っている層』にのみ広告を出すことも可能です」(丸山)

細かすぎるセグメントは時に機会損失につながるかも?

では、「量と質、どちらにウェイトを置くべきか?」というと、それはケース・バイ・ケースだと丸山さんは言う。大切なのはバランスなのだとか。

「商品のターゲットがF1層だったとして、最初からそこでバシッとセグメントしてしまうと、34歳から35歳になった途端、広告は届かなくなります。だけど34と35で人はそんなに変わりませんよね。セグメントすることで、実は機会損失になってしまっている、というケースも少なくありません」(丸山)

そこでオススメする方法の1つが、まずはターゲットを詳細に定めず広範囲で広告を出して、そこから反応のある層に絞ってアプローチをしていく方法だという。この方法で広告を出すことによって、機会損失の減少につなげられるとのこと。

Facebook、Instagramでは、広告に対する反応率をユーザー属性ごとに細かくチェックすることができるため、広範囲で広告を打った結果「30代に刺さると思っていたら、実際には20代の方が反響が大きかった」といったことがわかることも多いのだという。細かくセグメンテーションするのは、反響が大きい層の目星を付けてからでも遅くないというわけだ。

ちなみに丸山さん自身も、婚活においてこの「量」と「質」の罠にハマってしまった経験があるそう。

「昔は、国際感覚があって、ロジカルシンキングができて……など、色々と相手に求める条件を考えていました。でも、『自分が思うすべての条件を満たす人なんてこの世にいないんじゃないか』『そもそも本当にこの条件って必要なのか』といったことを考えはじめ、最近はあまり固く考えすぎない方がいいのかな、と思うようになりましたね」(丸山)

「マーケティングは得意なのですが、恋愛はまだまだ勉強中です……」

その後丸山さんは、まずは条件を細かく定めずに「月に10人と会う」ことを目指しているのだとか。好きな人探しの“ブロードリーチ期”というわけだ。

恋愛も広告も、タイミングが重要

ターゲティングに加えて意識しておくべきは、タイミングであるという。

恋愛においてもタイミングは重要で、相手が今どんな関係を求めているのかを意識して行動、関係性を築くことが求められる。

それは広告においても同じことが言える。セグメンテーションが適切でも、たまたまそのとき関心がないことは十分に考えられる。例えば、「若い女性に人気の旅行スポット」の情報を、ただ若い女性向けに配信しても、その人が旅行を計画しているタイミングでないと、思ったように刺さらない。ユーザーの質は良かったのに、タイミングを間違えたケースである。

「量」と「質」と「タイミング」を考えてターゲティングする――。なかなか難しそうに思えるが、これこそがFacebook・Instagram広告の得意分野だと丸山さんは言う。

「FacebookやInstagramには人ベースのターゲティングができ、リーチの数も質も親和性が高い形で届けることができるのです。ニーズが顕在化している層だけでなく潜在層にもリーチできるのが、Facebook・Instagram広告ならではのメリットです」(丸山)

広告は「一方通行」ではない

もっとも、自分のデータを勝手に参照されて広告が出ることを良しとしない人もいるだろう。興味のある記事を読んだり、シェアしたりしていると、その内容に似た広告が表示された、という経験がある人も多いと思う。ただ、Facebookではプライバシーセンター機能により、「見たい広告」「見たくない広告」を利用者側で設定することもできる。

これは、「広告は決して一方通行ではなく、広告主と利用者の『見たいもの』と『見せたいもの』がお互いにマッチすることによって、質の高い利用体験につながる」というのがFacebookの考えであるため。プライバシーセンターは、その世界を実現するための機能の1つだ。

***

今回は、マーケティングについて重要な「ターゲティング」の話を聞いてきた。しかし、「これで広告を届けるべき“質の高いユーザー”にリーチができるようになったから万々歳」……というわけにもいかないようで、次は「引きのある広告内容」について考える必要があるとのこと。

ということで、第3回では「効果的なクリエイティブのつくりかた」について聞いていこうと思う。

第3回「恋するSNSマーケティング講座」はコチラ

連載バックナンバーはコチラ