プロeスポーツチーム「野良連合」と交流できる「ゲーミングハウス」の入居者募集

プロeスポーツチーム「野良連合」と交流できる「ゲーミングハウス」の入居者募集

2019.02.07

ゲームに没頭できるシェアハウス「ゲーミングハウス」に入居者募集

ゲーミングPCからチェアまでゲーム環境を完備

駆け出しゲーマーが個人で住むにはちょっとお高い?

オフライン練習での相乗効果を考えるとチームでの入居がよさそう

eスポーツ関連業務を手がけるe’sPROは2月7日に、シェアハウス「ゲーミングハウス」の入居者の募集を開始した。物件は、東京都町田市玉川学園に位置するマンション。ゲームの練習環境と共同生活に必要な設備を整えて、選手やチームに提供する予定だという。

そのゲーミングハウスの目玉の1つが、e’sPROがスポンサーをしているプロゲーミングチーム「野良連合」との交流。今回入居の募集を開始したゲーミングハウスの近所には「野良連合」がチームで入居しているシェアハウスがあり、各種eスポーツイベントを定期的に開催する予定だ。

プロゲーミングチーム「野良連合」

住居にはゲーミングPC、モニター、ゲーミングチェア、デスクが完備されているだけでなく、「NURO光」の回線でオンラインゲームができるようになっている。そのほか、1棟の物件(入居者4~7人)に対して、キッチン、レンジ、炊飯器、キッチン用品、ダイニングスペース、シャワールーム、洗面台、トイレ、洗濯機、乾燥機、掃除機なども準備されており、身の回りの品だけあれば、ほかには何も持っていく必要がなさそうなほどである。

キレイなキッチン
部屋にはベッドも

気になるお家賃は、月々10万円。入居時に必要な費用は、敷金1ヶ月+仲介手数料(賃料1ヶ月分)+前家賃1ヶ月分だ。

これだけ手厚い環境がすでに完備されているのだから、10万円という家賃はむしろ安いくらいだが、これからプロを目指したい「イチ駆け出しゲーマー」には正直ちょっと厳しい金額である。

また、プロゲーマーを志す人たちで共同生活を送ったとしても、同居人とまったく異なるタイトルのプレイヤーだと、メリットは少なそうだ。野良連合は、レインボーシックス シージ、フォートナイト、オーバーウォッチ、コール オブ デューティという部門を擁するゲーミングチームである。交流戦を行うとなれば、それらのタイトルをプレイすることになるだろう。

そのため、入居するならチーム単位で検討するのがいいのではないだろうか。もしくは、これを機に特定のタイトルで仲間を集めて、eスポーツチームを新たに作るという選択肢もアリかもしれない。チームで入居する場合には、チームをスポンサードする企業とのマッチングにも協力してくれるという。

もちろん、個人でも入居は可能なので、「とにかくゲームに没頭できる環境がほしい」と考えている人にはこれ以上ない環境といえよう。

なお、e’sPROは、2019年4月までに東京都内に14棟70室のゲーミングシェハウスをオープンすべく、準備しているとのことだ。

オンラインで世界中のプレイヤーとゲームができる時代になったが、やはり試合の反省や戦略の相談など、オフラインで顔を見ながら話さなければ伝わりづらいこともある。本気で世界のトップレベルを目指すのであれば、仲間と議論を交わしながら、ゲームだけに打ち込める環境に身を置くのが近道ということだろう。

プロゲーミングチーム「父ノ背中」と契約したアイ・オー、ゲーム領域にも本腰

プロゲーミングチーム「父ノ背中」と契約したアイ・オー、ゲーム領域にも本腰

2019.01.31

アイ・オー・データ機器が新たなスポンサードを発表

契約相手はプロゲーミングチーム「父ノ背中」

今後は新しいカテゴリーでのゲーミングデバイスも提供していく予定

アイ・オー・データ機器は1月29日に記者向けのセミナーを開催し、2019年の戦略を発表した。そのなかで、同社のeスポーツ市場への取り組みについても触れられたので、そちらを中心に紹介する。

2018年に売上が約2.5倍まで伸びたゲーム領域

同社はディスプレイやストレージ、ネットワークの商品を提供する精密機器メーカーだ。ゲームに特化したデバイスとしては「ゲームキャプチャー」と「ゲーミングモニター」の2つを展開している。

アイ・オー・データ機器が展開する2つのゲーミング製品

2017年に2.9億円だった同社のゲーミングモニター「GigaCrysta」の売上は、“eスポーツ元年”と言われた2018年に、12億円と4倍近くまで増加。キャプチャーデバイスを含めた売上では約2.5倍に成長した。2019年には、キャプチャーの売上が約7億円、モニターの売上が19億円まで伸びると予想している。

アイ・オー・データ機器のゲーム領域の売上推移

非常に成長している同社のゲーミング製品だが、おそらくゲーミングブランドとしての参入は業界でも後発組だ。なぜこの領域に力を入れるようになったのか。

アイ・オー・データ機器 執行役員 事業戦略本部 企画開発部 部長の加藤光兼氏は「キャプチャー製品は、もともとビデオの映像をデジタル保存する用途として販売していたのですが、実際は4割以上の方がゲームのプレイ映像を保存する目的で購入されていました」と、話す。

アイ・オー・データ機器 執行役員 事業戦略本部 企画開発部 部長の加藤光兼氏

HDMIで映像を録画する「GV-HDREC」では、「1フレーム単位のコマ送り機能」や「キャプチャー時の低遅延」などが評価され、ゲーム動画を保存する目的で購入するユーザーが増えていったのだという。

元々ゲーム用デバイスとして販売していたわけではないが、ユーザーの声を聴いていくうちに、自社製品がゲーミング領域に適していると気づき、今ではゲーム実況者やコアゲーマーをターゲットとして商品を展開するようになったわけだ。

「特に格闘ゲームの復習に最適だというフィードバックをいただくことが多かったですね。そのように、ユーザーのご意見から気づきを得られたという背景があるので、今後も引き続きゲーマーとコミュニケーションを繰り返していき、eスポーツに貢献できるような製品を手がけていきたいと考えています」と、加藤氏は引き続きeスポーツ領域に力を入れていく姿勢を示した。

また今後は、ゲームをするうえで必要なSSDやハードディスクといった、すでにゲーミング領域として提供しているディスプレイ、キャプチャー以外のカテゴリーの製品でも、ゲーム領域にマッチする形に進化させて、提供していく予定だ。

新たにゲーミングチーム「父ノ背中」とスポンサー契約も

ゲーミング市場へのプロモーションの一環として、セミナーでは、プロゲーミングチーム「父ノ背中」とスポンサー契約を締結したことも発表された。

アイ・オー・データ機器 代表取締役社長の濱田尚則氏(左)と、父ノ背中 リーダーのてるしゃん選手(右)

すでにアイ・オー・データ機器は、『Overwatch』などで活動するプロゲーミングチーム「Green Leaves」と、北陸初のプロゲーミングチーム「TSURUGI TOYAMA」のスポンサードをしている。今回「父ノ背中」のサポートを開始することで、同社のスポンサードするチームは3つになる。

アイ・オー・データ機器 事業戦略本部 販売促進部 販売促進課の西田谷直弘氏は「父ノ背中がゲーミングディスプレイを買い替える際に、当社の製品を採用していただいたことがご縁になり、今回スポンサードさせていただくことになりました。父ノ背中はストリーミング配信などによるファンへの発信力が高いので、ファンの皆さんに当社の商品を伝えていければと考えています」と、契約の背景を語った。

アイ・オー・データ機器 事業戦略本部 販売促進部 販売促進課の西田谷直弘氏

また、同社はスクウェア・エニックス『FINAL FANTASY XIV』のファンフェスティバルへの協賛をはじめ、セガゲームスが開催する「ぷよぷよチャンピオンシップ」や、茨城国体の文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」の『ウイニングイレブン 2019』予選大会でのゲーミングモニター提供など、イベントにも積極的に参加している。

eスポーツの盛り上がりをチャンスととらえ、今後も本腰を入れて取り組んでいく姿勢だ。

プロ2名による解説の様子

ちなみに、セミナーの後には、参加者による「ぷよぷよ大会」が開催された。しかも、『ぷよぷよ』のプロである、くまちょむ選手とKuroro選手を招待して、ゲームのコツを紹介してもらったり、解説をしてもらったりするという贅沢なものだった。筆者も参加させてもらったが、結果は惨敗。ろくに連鎖できず、プロの人が解説しにくいような地味なプレイをしていたに違いない。紹介してもらった連鎖のコツは、何1つ実践できなかった。

PCの周辺機器を手がけるメーカーの場合、やはりeスポーツの影響は大きいだろう。それは、実際にアイ・オー・データの売上が2.5倍になったことが物語っている。

しかし、一見親和性がなさそうな業界でも、eスポーツが新たなスポンサー先の選択肢として検討されるようになってきたとも感じる。最近では、サプリメント事業を展開するわかさ生活が、日本eスポーツ連合(JeSU)のスポンサーに就任したと発表された。それ以外にも、すでに日清やサントリーといった大手企業が、積極的にeスポーツをサポートしているのだ。

もちろん、ターゲットや戦略にもよるだろうが、いくつ広告を投下してもなかなか売上に結びつかないと悩んでいる企業は、eスポーツスポンサーという手段を候補の1つとして検討してみるのもいいかもしれない。

販売不振が影響? ソフトバンクもiPhone XRを値下げ

販売不振が影響? ソフトバンクもiPhone XRを値下げ

2019.01.25

2019年に入り「新型iPhone」販売不振のうわさが世間をにぎわせた

ソフトバンクが1月30日からiPhone XRを約1万円値下げ

各社が取り組む値下げキャンペーンから見える需給の不一致

ソフトバンクは1月30日から「iPhone XR ハッピープライスキャンペーン」と銘打った、機種代金の割引キャンペーンを実施する。2019年に入り「米AppleのiPhone売上減少」の観測が相次いでおり、今回のキャンペーンもその話題と無関係ではなさそうだ。

内容は、iPhone XRを購入し、通話基本プランの2年契約、2年契約(フリープラン)、またはハートフレンド割引(通話基本プラン)に加入したユーザーを対象に、iPhone XRの機種代金から1万800円を割引するというもの。昨年、実質的に8000円程度の値下げを行うと発表したNTTドコモに続いて、ソフトバンクもiPhone XRの値下げキャンペーンを実施する形だ。

実はこのような値下げの流れは、日本だけに限った話ではない。北米市場では、Appleからのバックリベートを原資にしたとみられる「iPhone XRの割引販売」などの施策が続いている。新型iPhoneが高価格化したことで、販売が伸び悩む姿が鮮明になってきた。

そんな、売れ行き不振の影響が、日本でも表面化してきたのだろうか。ソフトバンクの広報担当者は、今回のキャンペーンを実施するに至った背景を、「販売戦略上、さまざまな検討をした結果実施することにしました」と説明している。

もちろん仮に、販売不振が原因で値下げをせざるを得ない状況があるとしても、それを表立って言うことは難しいだろうが、「売れすぎて品薄状態が続いている」のであれば、あえて値下げに踏み切る必要がないことも事実だ。

しかし、1万円の値下げされると言っても、iPhone XRはユーザーにとって「それでも決して安くはない買い物」であることは間違いない。64GBモデルの本体価格がやっと10万円以下になるという水準だ。

また、純粋な価格面だけでなく、新型iPhoneの販売不振の背景には、「中国製品の台頭による、iPhoneの相対的な影響力低下」や「現行iPhoneユーザーが抱く新機種への期待値を超えられなかったこと」なども挙げられるだろう。ともすると、値下げだけでこの現状を打破するのは、少し難しいかもしれない。