「藤田真吾」の記事

藤田真吾

藤田真吾(ふじたしんご)

NewsInsight 編集・記者

SUV全盛の時代に個性を求める人へ…ボルボが「V60 クロスカントリー」発売

SUV全盛の時代に個性を求める人へ…ボルボが「V60 クロスカントリー」発売

2019.04.17

新型車はステーションワゴン「V60」がベース

大きな変更点は車高と最低地上高

ステーションワゴンとSUVの“いいとこ取り”で需要開拓

ボルボ・カー・ジャパンは「V60 クロスカントリー」を発売した。ステーションワゴンの「V60」をベースとしつつ、車高と最低地上高を上げた新型車を投入し、ボルボはSUVブームに乗り切れない人たちの需要開拓を狙う。

ボルボの「V60 クロスカントリー」。価格は「T5 AWD」というグレードが549万円から、「T5 AWD Pro」が649万円からだ(本稿で掲載しているのは「T5 AWD Pro」の画像)

「SUVじゃないクルマがほしい人」に提案

「V60 クロスカントリー」はステーションワゴンの「V60」をベースとするクルマだ。V60と大きく違う部分は、車高と最低地上高(地面から車体の最下部までの距離)を上げてあること。車高はV60の全高1,435mmに対しクロスカントリーが1,505mm、最低地上高はV60の145mmに対し同210mmと大幅に高くなっている。

車高が上がると運転席からの見通しがよくなる。最低地上高が上がれば、普通であれば車体の下をこすってしまうような場所でも走れるので、走破性が高まる。それでありながら、全高1,505mmであれば、都会の立体駐車場であっても、高さ制限に引っかかってしまい入れないということは、ほとんどない。「都会、ときどき、自然」というのが、このクルマのコンセプトだ。

「V60 クロスカントリー」のボディサイズは、全長4,785mm(V60に比べ+25mm)、全幅1,895mm(同+45mm)、全高1,505mm(+70mm)。数字上、全幅がかなり広くなっているように見えるが、これは「V60 クロスカントリー」のフェンダーが「V60」に比べ張り出していることに起因しているようだ

ボルボは基本的にV60の内外装を変更せず、車高を上げてV60 クロスカントリーを作った。「クロスカントリー」と聞けば、泥を跳ね上げつつ野山を走るクルマの姿を想像するかもしれないが、そういった“やんちゃなクルマ”に仕上げるため、例えばシートに鮮やかな色味のステッチを施したり、見た目にタフな印象を付加したりするような演出を、ボルボは採用しなかったということだ。

内装は基本的に「V60」のデザインを踏襲

ボルボ・カー・ジャパンの広報によれば、「クロスカントリーでありながら、V60のスタイリッシュな外見をキープして、エレガントな内装もそのままにした点が、事前の試乗会に参加したモータージャーナリストたちからは、意外に好評だった」とのこと。つまり、車高は上げてほしいけれど、いかにも「クロスカントリー」という見た目にはしてほしくないと思っていた人が、結構いたということなのだろう。

走りの面を比べると、「V60」が「ボルボにしては固めな足回り」(ボルボ・カー・ジャパンの商品企画担当)でスポーティーな乗り心地だったのに対し、「V60 クロスカントリー」は「より快適性を重視した」(同)とのこと。エンジンは2.0L4気筒ターボでガソリンのみ、駆動方式は電子制御AWDシステム(四輪駆動)だ

走行安定性や荷室容量といったステーションワゴンの利点は残しつつ、車高と最低地上高を上げて、SUVのような視界と走破性を獲得した「V60 クロスカントリー」は、「ステーションワゴンとSUVの“いいとこ取り”」をしたクルマだとボルボ・カー・ジャパンの商品企画担当は説明する。同社広報の「SUVブームの中で、『そうじゃないモノが欲しい』と思っている人は、きっといるはず」という言葉が、このクルマで同社が訴求したいと考えている客層を物語っていた。ちなみに、ボルボの「V90」と「V90 クロスカントリー」は、前者が6、後者が4という割合で売れているそうだ。

マツダが「ロードスター30周年記念車」を日本初公開! 欲しければ買える?

マツダが「ロードスター30周年記念車」を日本初公開! 欲しければ買える?

2019.04.05

マツダが「ロードスター」の30周年記念モデルを日本初公開

世界で3,000台、日本向けは150台の限定モデル

欲しい人は焦らず、あきらめないことが大事

マツダは「ロードスター30周年記念車」を日本で初めて公開した。生産台数3,000台の限定モデルで、日本では150台を販売するとのことだが、欲しいと思ったら買えるクルマなのだろうか、それとも、すぐに売り切れてしまうのだろうか。

マツダが「AUTOMOBILE COUNCIL 2019」(千葉県の幕張メッセで4月7日まで開催中)で公開した「ロードスター30周年記念車」。車体色は同モデルのためにマツダが新規開発した「レーシングオレンジ」だ

限定モデルは368万2,800円から

「ロードスター」は1989年に誕生したマツダのライトウェイトスポーツ。30周年記念モデルの日本初公開にあたり、マツダでデザインとブランドスタイルを担当する前田育男常務は、「ロードスターはマツダのモノづくりの根底にある“人馬一体”を体現するクルマ」であり、「ブランドの象徴」だと語った。今回の30周年記念モデルには「30年の感謝と将来への思いを込めた」という。

「ロードスター」はマツダの“人馬一体”を象徴するクルマだ

マツダがロードスター30周年記念モデルに込めた「将来への思い」とは何か。それは、同社がブランドメッセージとして掲げる「走る歓び」を今後も追求していくということだ。前田常務は「ロードスターは30周年を迎えたが、これからの30年、もっと先までも『走る歓び』を」とし、自動化と電動化で様変わりする自動車業界でマツダが目指す姿を強調した。

マツダの前田常務(左)とロードスターの開発主査兼チーフデザイナーの中山雅氏

ロードスター30周年記念車は専用色を身にまとうほか、シリアルナンバー入りオーナメント、軽量化に貢献する鍛造アルミホイール、レカロ製シート、ブレンボ製ブレーキキャリパーなどの特別装備が施してある。

シートのステッチなどにも、車体色に合わせたオレンジ色が使ってある

選べる仕様は3種類だ。開閉できる屋根の部分が「幌」になっているソフトトップの「ロードスター」は368万2,800円。電動で屋根を開閉できる「ハードトップ」の「ロードスターRF」は、MT(マニュアルトランスミッション)が430万3,800円、AT(オートマチックトランスミッション)が426万600円となっている。

ソフトトップの「ロードスター」は1.5LのSKYACTIV-Gエンジン搭載、フロントエンジン・リアドライブ(FR)、6速MT。ハードトップの「ロードスターRF」は2.0LのSKYACTIV-Gエンジン搭載、FR、トランスミッションは6速でMTかATを選べる

マツダが日本に持ち込む記念車はソフトトップ110台、RF40台。欲しい人はまず、専用サイトで「商談予約」する必要がある。予約受付期間はソフトトップが2019年4月5日~4月15日、RFが同5月27日~6月10日。申し込みが多い場合は抽選となるが、先着順ではないので、焦る必要はなさそうだ。

「ロードスター30周年記念車」が欲しい人はまず、ウェブで「商談予約」しよう

この150台という割り当てだが、実際のところ、商談までたどり着ける倍率はどのくらいなのだろうか。マツダの説明員は「現時点で読めない」としたが、参考として、「先着順で販売した米国では500台が4時間で売り切れた」との話を聞かせてくれた。

なんとなく、日本向けが150台では足りないような気がしたので、説明員にその考えを伝えてみると、「“かたい”数字に見えるかもしれませんが、選べる色は1色ですし、価格も普通に比べると高いので」との回答だった。

日本向け150台は十分な台数なのか、少ないのか

先ほどの説明員によると、記念モデルの母数は3,000台と決まっており、追加生産の予定こそないものの、世界の販売状況によっては、生産したクルマの仕向け先を「数十台くらいは」調整できるかもしれないとのこと。つまり、最初の150台で商談にこぎつけられなかったとしても、追加販売のチャンスがあるかもしれないのだ。このクルマがすぐに売り切れるのか、そうでもないのかは今のところ分からないが、もし買えなかったとしても、すぐにはあきらめない方がよさそうだ。

ラジオの価値を見直すべき時? TBSラジオが音声メディアの研究所を設立

ラジオの価値を見直すべき時? TBSラジオが音声メディアの研究所を設立

2019.04.04

TBSラジオが「Screenless Media Lab.」を設立

聞き手を動機づけられる? 音声メディアの強みとは

広告媒体としてのラジオには大きな可能性がある

TBSラジオは音声メディアの可能性を探求する研究所「Screenless Media Lab.」を設立した。そもそも情報量が多すぎる上、その中身が視覚情報に偏重している現代社会において、ラジオなどの音声メディアが持つ役割と可能性を科学的に見つめなおそうという動きだが、この研究所はラジオに何をもたらすのだろうか。

TBSラジオは「Screenless Media Lab.」の設立を発表した。画像は同社の三村孝成社長

研究所の所長には、社会政治学者で『AIアシスタントのコアコンセプト』という書籍の著者でもある堀内進之介氏が就任した。そもそも、TBSラジオの三村社長が同書に感銘を受け、堀内氏を訪ねたことが研究所の設立につながったそうだ。

研究内容は多岐にわたる様子だが、例えば、どのような言い方、語順、ワード選び、速さ、ニュアンスで聴覚情報を伝えれば、聞き手により深く理解してもらえるか、といったようなことがテーマになるようだ。研究結果はTBSラジオ内だけでなく、外部に向けても発信していく方針。書籍化やセミナーの開催などを検討しているという。

聴覚情報は受け手に意欲を起こさせる?

TBSラジオの三村社長は、聴覚情報は視覚情報に比べ、受け手を動機づける効果が高いところに着目している。研究の結果、こういった特性をうまく活用することができれば、TBSラジオは広告媒体としての価値向上を狙えるかもしれない。

広告を流す場合、視覚情報と聴覚情報では、内容の伝わり方が異なる。視覚情報の強みの1つは「一覧性」だ。例えば、軽自動車が欲しいと思っている受け手に対し、「●●社には××や■■といった軽自動車があります。それぞれの値段はご覧の通りです」といった内容を一覧にして見せる広告を流せば、おそらく、広告としての効果は高い。ただし、こういった広告は、軽自動車の購入に対して意欲を持っていない人には刺さらない。

堀内所長によれば、視覚偏重で情報量も多い現代社会において、情報の受け手である人間は「情報疲れ」の状態に陥っており、多すぎる情報に参ってしまった結果、無関心化、無欲化が進んでいるという研究結果がある。情報の受け手は情報を「知る」ところまでは到達するが、それを「分かる」とか、「理解する」とかいうところまでは時間を割けないので、その情報をもとに何かを「意欲する」こともない。そんな分析があるそうだ。

先進国では消費者の無関心化が進んでいるそう

一方、一覧性がなく、聞き終わるまでに時間のかかる聴覚情報には、聞き手が「受け取った情報について自分で考えて整理する必要があるし、分かろうとする気持ちが無意識に引き起こされる」(堀内所長)という特徴がある。つまり聞き手が、情報に対して自ら関わろう、分かろうとすることが、聴覚情報の強みだ。

「音声は購買意欲が芽生える前の『意欲前領域』、そこにアプローチできる」。三村社長は視覚情報に対する聴覚情報の強みについて、このように語る。それが本当であれば、先ほどの自動車メーカーは、すでに軽自動車の購入を考えている消費者ではなく、これから軽自動車の購入を考えるかもしれない潜在的な顧客に語りかけることができる。人数を比べれば、軽自動車の購入を考えている顕在化した消費者よりも、後者の潜在的顧客の方が多いことは明らかだ。もちろん、聞き手が聴覚情報を「聞き流す」ことも多いだろうが、そうさせない聴覚情報とはどのようなものなのかは、研究テーマの1つになるはずだ。

聴覚情報と視覚情報には、それぞれに得意な領域がある。例えば電話で、「●●の方は『1』を、××の方は『2』を押して下さい」という長い音声案内を聞くのは、フラストレーションが溜まるものだ。この手の案内を一覧にして瞬時に見せられる点では、視覚情報に強みがある。TBSラジオが設立した研究所では、聴覚情報をもって視覚情報を置き換えていくのではなく、「視覚情報と聴覚情報のバランスを考えていく」(堀内所長)という。

「Screenless Media Lab.」の堀内所長

広告媒体としてのラジオの可能性を考えた時、思い出すのは数年前によく耳にしたKINCHOのコマーシャルだ。殺虫剤の宣伝だったのだが、登場人物である「大沢くん」と「高山さん」の関係性と今後の展開が気になり、新作の放送を楽しみに待っていたリスナーは少なくなかったはず。聞き手の心を動かした聴覚情報の好例といえそうだ。

あるいは、「ラジオショッピング」というシステムが実際に成り立っている現状にも着目すべきかもしれない。テレビショッピングやネットショッピングなどに比べると、商品の画像が見られないことは大きなウィークポイントだと思われるのだが、「返品率がとても少ない」(三村社長)というラジオでの買い物。確かに、好きで聴いている番組のパーソナリティーがおいしそうに食べる「(切れ子)明太子」や「(はねだし)梅干し」に、購買意欲を刺激された経験は筆者にもある。音声メディアに人を動かす力があるからこそ、この時代でもラジオショッピングが成立しているのだろう。

情報過多の時代に、受け手を動かす情報の伝え方とはどのようなものか。「高度化した情報化時代で、無欲化、無関心化が進んでいる中、広告主にとって音声情報は、ますます必要になってくると思う。『意欲前』(購買意欲が湧く前の状態)に対して、どのようにアプローチするかが大事。ラジオに限らず、音声情報をどう使うかは、広告主にとって今後、最大のテーマになるかもしれない」というのが三村社長の考えだ。