「藤田真吾」の記事

藤田真吾

藤田真吾(ふじたしんご)

NewsInsight 編集・記者

「XC40」でボルボが二連覇! 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員に要因を聞く

「XC40」でボルボが二連覇! 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員に要因を聞く

2018.12.07

日本に丁度いいサイズ感、ボルボ「XC40」が大賞受賞

トヨタは「カローラ スポーツ」と「クラウン」がベスト10に

選考委員に聞く採点理由と「XC40」の評価

「第39回 2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー」はボルボのSUV「XC40」に決まった。前回の「XC60」に続き、ボルボが二連覇を成し遂げた。トヨタ自動車の「カローラ スポーツ」は2位と健闘したが、得点を「クラウン」と分け合うような格好となった分、あと一歩、XC40には及ばなかった。

ボルボ「XC40」とCOTY受賞を喜ぶボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長

受賞で日本向け増産!? 「XC40」は2,000人が納車待ち

XC40はボルボのSUVラインアップで最も小さいクルマだ。日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の受賞理由にも、「日本の道路環境にちょうどいい扱いやすいサイズ」の一文が入っている。COTYを受賞したボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長は、「XC40は日本で約2,000人のお客様に納車を待ってもらっている申し訳ない状態。この受賞をCEOのホーカン・サミュエルソンに報告し、必ずや、日本向けに2,000台の増産を勝ち取りたい」と笑顔で語っていた。

「2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終結果

COTYでは選考委員(今回は60人)が各25点を持ち、「10ベストカー」(今回はスバルが10ベストカー受賞を辞退したので全9台)に各自の評価基準で配点していく。その際、必ず1台に10点(最高点)を付け、残りの点数をほかのクルマに割り振るのがルールだ。今回、その「10点」を最も多く獲得したのが、トヨタのカローラ スポーツだった。

クラウンと点数を分け合わなければ、カローラ スポーツでCOTY受賞を狙えたような感じもするトヨタだが、広報に聞くと、この結果は「想定通り」とのこと。選考委員に聞いた話によれば、トヨタは最後まで、カローラとクラウンのどちらを“推す”のか、態度を鮮明にしなかったそうだ。どちらも自社のクルマなので、ひいきしなかったということなのだろう。

10ベストカーを受賞する「カローラ スポーツ」の小西良樹チーフエンジニア(右)と日本カー・オブ・ザ・イヤー 実行委員会の荒川雅之実行委員長

COTY選考委員に聞く選考理由とボルボ二連覇の感想

COTY表彰式では、選考委員を務めた数人のモータージャーナリストから話を聞くことができた。

諸星陽一さんは、「いいクルマが多くて悩んだ年」だったと振り返る。カローラ スポーツに10点を入れた理由については、「10年後に今年を振り返ったとき、『カローラが若返った年だった』と分かるクルマだったから」とした。XC40については「すごくいいクルマだと思う。サイズ的には少し大きいけど、ボルボの中では日本に合うサイズのクルマだし、クルマそのもののできもすごくよかった。獲るべきクルマが獲ったという側面もあるのでは」と納得の表情だ。

「イノベーション部門賞」はホンダの「クラリティ PHEV」が受賞

御堀直嗣さんはボルボ・カー・ジャパンの広報活動を評価する。情報発信を担当する社員が商品のアピールポイントをよく理解している上、「10ベストカー」の試乗会にはわざわざ最も安いグレードのXC40を持ち込み、商品の“素”のよさを訴求していた姿勢に好感を抱いたそうだ。

御堀さんが10点を入れたのはクラウンだった。その理由は、「欧州車などと競争できる操縦性を持たせながら、国内専用車として培ってきたクラウン独特の乗り心地、しなやかさというか、優しさというか、そういうものを併せ持っていたので」とする。

「エモーショナル部門賞」はBMW「X2」が受賞

森口将之さんはボルボの二連覇に「驚いた」としつつも、「ボルボのブランドは、一言でいえば“のってる”という感じ。海外のカー・オブ・ザ・イヤーやデザインの賞も受賞しているし、『XC90』から始まった新世代ボルボの商品が確実に評価されているのでは」と分析する。

「スモールモビリティ部門賞」はダイハツ工業「ミラ トコット」が受賞

二連覇を成し遂げたボルボからは、ここ数年のマツダとの共通点を感じるというのが森口さんの感想だ。一時期、経営危機にあったマツダは、2012年にSUV「CX-5」を発売して以降、“新世代商品群”と称して次々に新商品を世に問い、評価を高めていった。実際のところ、新世代商品群からは「CX-5」「デミオ」「ロードスター」の3台がCOTYを獲得してもいる。

ボルボもCX90以来、新しいクルマの市場投入を続けており、今回、COTYで二連覇を達成した。経営危機にあったマツダと、一時期は伸び悩んでいたボルボ。その両社が、逆境にあっても守りに入らず、ものづくりをゼロから見つめなおした姿勢を評価したいと森口さんは話していた。

レクサス「UX」の開発責任者に聞く「ミレニアル世代とクルマ」

レクサス「UX」の開発責任者に聞く「ミレニアル世代とクルマ」

2018.11.29

レクサスが小型SUVの新型車「UX」を日本で発売

若者とレクサスの「新たな接点」に? 「UX」の使命とは

加古チーフエンジニアに聞いたクルマのこと、レクサスのこと

レクサスが新型車「UX」を日本で発売した。人気の小型SUV(レクサスではコンパクトクロスオーバーと分類)であり、同社の中では手頃な価格設定でもある「UX」について、レクサスインターナショナルの澤良宏プレジデントは、若者や女性といった幅広い顧客とレクサスの「新たな接点」になると期待を寄せる。

ドイツ勢も含め、自動車業界のラグジュアリーブランドにとって顧客層の若返りは共通の課題だが、レクサスは「UX」で若者たちと出会うことができるのだろうか。このクルマのチーフエンジニア(CE)を務めた加古慈(かこ・ちか)さんにも話を聞いたので、あわせてお伝えする。

レクサスの新型車「UX」。左が澤プレジデント、右が加古CE

「UX」が豊かなライフスタイルの「きっかけ」に?

全長4,495mm、全幅1,840mm、全高1,540mmのUXは、都市部でも乗りやすそうなサイズ感の小型SUVだ。税込み価格は2.0Lガソリンエンジンを積む「UX200」が390万円~474万円、ハイブリッドの「UX250h」は425万円~535万円。どんな乗り味のクルマなのかは、モータージャーナリストの清水和夫さんから届いた国際試乗会レポートを以前掲載しているので、そちらを参考にしていただきたい。

加古CEが掲げるUXのコンセプトは「Creative Urban Explorer」(CUE)。このクルマが「生活の変化を期待する人の背中を押し、豊かなライフスタイルを送る『きっかけ』(英語でいうとcue)になってほしい」との思いを込めたという。

80カ国で発売予定の「UX」。日本では月間販売目標の約6倍となる5,500件の事前受注を獲得済みだ

UXの開発当初、ラグジュアリーブランドのクルマを所有する「ミレニアル世代」に話を聞いて参考にしたという加古CE。幅広い年齢層の顧客をターゲットとするUXだが、若者がレクサスと出会う玄関口になるという重要な役割も担っている。加古CEはミレニアル世代について何を感じていて、若い人たちにレクサスブランドをどう訴求していくべきだと考えているのか。

「UX」の開発責任者を務めた加古CEは、レクサスインターナショナルのExective Vice Presidentでもある

ステータス性でクルマを選ばない世代が登場?

まず、ミレニアル世代とはどんな考え方を持っていて、どんなものを欲しがる人たちなのだろうか。加古CEは、UXの開発にあたり話を聞いた米国在住の夫婦を例に取り、以下のように分析する。

「『tech savvy』(テックサビー、現代のテクノロジーに精通した人)とも呼ばれるミレニアル世代は、小さい頃からパソコンをおもちゃにして遊んでいて、情報収集能力に長け、自分にとって重要な情報を吸収、分析、咀嚼して、次につなげる人たちです。物を選ぶにしても、背後にあることをよく理解して、自分に合ったものを選んでいます」

レクサスは「UX」発売日の夜、東京ミッドタウン日比谷で「LifegenicTable by LEXUS UX」というイベントを開催。アーティストの小林健太さんやDJ/エディターのLicaxxxさんらがゲストとして登壇し、「共創社会における自分らしさ」などのテーマでトークを行った。ゲストや来場者の雰囲気から、個人的には「これがミレニアル世代というものなのか!」といった印象を受けた(画像はイベントの様子)

こういう人たちは、ラグジュアリーブランドのクルマを選ぶにしても、おそらく「ステータス性」には重きを置かないはずだ。ブランドの背後にあるもの、例えば歴史や価値観、思想などに共鳴したとき、その食指は動くのだろう。競合車に比べ速いとか、燃費がいいとか、高度なメカを搭載しているといった売り文句のほかに、語るべきストーリーを持っているブランドは有利だ。

「まさに、レクサスはそういうブランドを目指しています。クルマだけではなく、レクサスというブランドとともにあることで、知りえなかったことを知ることができたとか、経験するチャンスがなかったことに初めて出会えたとか。今日のイベント(「LifegenicTable by LEXUS UX」のこと)で生まれたネットワークもそうなんですけど、レクサスを通じて新しい出会いがあって、そこからクリエーションが始まるといったような『きっかけ』をいろいろと提供していけたらと思います」

レクサスは顧客に「きっかけ」を提供したいと考えていて、それを「UX」が体現している、ということだろうか

レクサスと比較されがちな「ジャーマンスリー」(メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ)には、少なくとも語るべき歴史=ストーリーがある。レクサスには追いつけないポイントだ。それでは、「まだまだ若いブランド」であり、「独自の世界観」を構築する途上にあることを自認する同社は、いったい何を語るのか。

「やはり、『チャレンジ』なのではないかと思います。日本にある老舗にも、ジャーマンスリーにも共通することなのですが、常にチャレンジして、新しく変わっていくことで伝統を守っている部分があります。その意味でレクサスは、彼らより“とんだ”ことに挑戦しても、許される部分があると思うんです。常に新しいことを追い求めて、新たな価値を発信していくことが、これから最も重要になります」

歴史の長短でいけば、レクサスは逆立ちしてもジャーマンスリーにかなわない。しかし、チャレンジ精神であれば今後、勝つチャンスはいくらでもある。そういうことなのかもしれない。

すでに多くの競合車が存在する小型SUV市場に、ほぼ最後発で乗り込んだこともチャレンジといえばチャレンジだ(画像は「UX」)

では、実際問題として、若者にクルマを買ってもらうには、何が大事なのだろうか。少なくとも、これまでと同じやり方では、振り向かせるのが難しい世代に見える。

「同じではいけないでしょうね。例えば、若い人たちに(一見すると入りづらそうな)レクサスの店舗に足を運んでもらうことですら、すでに無理があるような気もしています。レクサスがどんなブランドで、どんなことを考えていて、どんな背景がある商品を取り扱っているのかをネットで発信していくこともひとつの方法ですし、こういった開かれたスペース(取材は東京ミッドタウン日比谷1階の『LEXUS MEETS...』 (レクサスミーツ)で実施)で、ブランドを知ってもらうきっかけを提供することも大事です」

そもそも、どうやって若い人たちに存在を知ってもらうかは、自動車メーカーがこれから取り組むべき大きな課題だ(画像は「UX」)

「UX」はレクサスブランドの伝道者になれるか

人気の小型SUVではあるし、レクサス車としては価格も低めなUXは、ラグジュアリーブランドのクルマを初めて買う人にとって、魅力的な選択肢の1つとなるかもしれない。うまくいけば、多くの人の目に触れるクルマになるだろう。レクサスにとってUXは、自身のブランドイメージ、世界観を伝道させるのにうってつけの存在だといえそうだ。

日本におけるUXの事前受注が5,500件に達しているのは前述の通りだが、発表前に注文が入っていることから考えると、その中身はレクサスオーナーか、少なくともレクサスあるいはクルマに詳しい人たちである可能性が高い。今後、UXの販売台数が伸びるかどうかは、若者も含めた新規顧客をどれだけ取り込めるかにかかっている。UXをひと目見てレクサスの世界観を感じるかどうかは受け手次第だが、送り手にとってみれば、接点が多いに越したことはないはずだ。

実は20代に選ばれるクルマだった! 「シボレー カマロ」に新型登場

実は20代に選ばれるクルマだった! 「シボレー カマロ」に新型登場

2018.11.22

GMジャパンが第6世代「カマロ」の新型を発売

購入者を年代別に見ると驚きの事実が

「競合車」の概念が変わる? クルマ選びの実態とは

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)が開催した新型「シボレー カマロ」の発表会で、驚きのデータが判明した。アメリカを象徴するマッスルカー「カマロ」を買っているのは、多くが20代の若者だというのだ。なぜ若者に「カマロ」が受けているのだろうか。

伝統のV8エンジンを積む「シボレー カマロ SS」。総排気量は6,153cc、最高出力は453馬力だ

6世代目「シボレー カマロ」がマイナーチェンジ

「シボレー カマロ」は1967年に発売となったアメリカンクーペで、現行モデルは6世代目だ。GMジャパンは2016年末に6代目カマロの予約受付を開始し、2017年に発売した。今回の新型モデルは、6世代目カマロがマイナーチェンジを受けたものだ。

オープンカーになる「シボレー カマロ コンバーチブル」。2リッターターボエンジンを積む。パワートレインは「LT RS」というグレードと一緒だ

6代目カマロには伝統のV8エンジンを積む「シボレー カマロ SS」のほか、直列4気筒ターボエンジンを搭載する軽量モデル「シボレー カマロ LT RS」とオープンカーになる「シボレー カマロ コンバーチブル」がある。今回のマイナーチェンジでは、全てのクルマがフロントとリアのデザインを刷新。「SS」は新開発のパドルシフト付き10速オートマチックトランスミッションを搭載した。価格は税込みで「SS」が680万4,000円、「コンバーチブル」が615万6,000円、「LT RS」が529万2,000円だ。

画像は新型の誕生を記念した限定モデル「シボレー カマロ LAUNCH EDITION」。「LT RS」は限定20台で税込み561万6,000円、「SS」は30台限定で同712万8,000円だ

購入者の7割超が新規、そのうち3割近くが20代!?

発表会でGMジャパンの若松格(わかまつ・ただし)社長は、6代目カマロの販売状況に関する興味深いデータを示した。このクルマを購入した人のうち、74%が新規顧客(GMのクルマを買うのは初めてという人)であり、その新規顧客の内訳を年齢別で見ると、割合としては20代が28%で最多だったというのだ。

6代目「シボレー カマロ」の顧客分布。74%が新規顧客で、そのうち28%が20代だったという

もちろん、カマロは年間数万台を販売するクルマではないし、この6代目も数百台というボリュームだとは思うのだが、「若者のクルマ離れ」といわれて久しい中で、こういう内訳となっているのは意外だった。アメリカ車を買う人といえば、「若い頃に映画などでアメリカ文化にしびれた」世代、年齢でいえば40~60代あたりが中心だろうと思っていたからだ。

6代目「カマロ」の購入者は初代「カマロ」(画像)に憧れた世代が多いのかと思ったら、そうでもないらしい

なぜ、6代目カマロは若者に受けたのか。若松社長によれば、このクルマの販売ではSNSなどを用いたデジタルマーケティングに注力したので、それが響いたのかもとのことだったが、この結果については、社長も喜びつつ驚いていた。

GMジャパンの広報からは、現代のクルマ選びに関する示唆に富む話も聞けた。カマロを実際に購入した人の多くは、必ずしもアメリカのクルマを対抗馬(競合車)として検討していなかったというのだ。日本車とカマロで悩む人もいれば、アメリカの文化が好きだということで、バイクのハーレーとカマロを比べる人すらいたという。フォードが日本から撤退したので事情が変わったのかもしれないが、「カマロ」と比べるなら「マスタング」(フォード)とか、何かマッスルなクルマだろうと思っていたのだが、その想像は間違っていた。

若者が何をきっかけに「カマロ」の購入を検討し始めたのかは気になるところ。6代目の発売時期から考えると、ロックスター・ゲームスの「グランド・セフト・オートV」をプレイして、マッスルカーが欲しくなったという人がいてもおかしくない

新しいクルマが登場すると、「このクルマの競合車は何だろう?」という視点で考えがちな自分にとって、カマロ購入者のクルマ選びに関する話は目からウロコだった。ひょっとすると、クルマについて既成概念や先入観を持たない若者がクルマを買う場合には、同クラスの似たような車種を比べて決めるのではなく、「これが欲しい!」という“指名買い”が多くなるのかもしれない。そんな風に感じた新型カマロの発表会だった。