「笠原光」の記事

笠原光

笠原光(Hikaru Kasahara)

NewsInsight 編集長

主にITやデジタル系を追いかけています。
新卒採用 2019年卒も「売り手市場」が鮮明に

新卒採用 2019年卒も「売り手市場」が鮮明に

2018.11.09

2019年卒も新卒採用は売り手市場に

若年人口の減少と団塊引退、外国人材にも課題

企業の採用環境は来年以降も厳しさ続く

人手不足が深刻な社会問題となっているなか、2019年新卒の就職活動でも、企業の採用需要に対して働き手が不足する「売り手市場」が続いていることがわかった。

人材サービスのマイナビが、2019年卒の新卒内定状況について、国内企業3,013社に今年9月~10月の期間で調査を行ったところ、企業が獲得できている内定者数を募集人員で割った「採用充足率」は84.4%と低迷。100人の募集に対し、およそ84人が集まったという数値で、ここ10年で最低だった昨年の83%には及ばないものの、今年も企業にとって厳しい状況であることが鮮明になった。

業種別で見ると「ソフトウエア・通信」業界の採用充足率が77.3%と特に低く、技術系人材や成長産業への手当てが充分ではない可能性が見え隠れする。また、上場企業の充足率が95.9%であるのに対し、非上場企業では76.5%と20ポイント近い差が出ており、非上場企業が特に厳しい状況にある。

調査時点で6割近い企業が「今後も採用を継続する」と回答しているが、既に次年度も売り手市場は継続するという見方が大勢を占めている。母数としての新卒者の減少という人口構造の問題も重くのしかかる。国の調べでは平成30年時点の20~24歳人口は約630万人だが、次世代に控える15~19歳人口は600万人を下回る591万人で、その後も世代人口は減り続ける。さらに、世代人口が937万人で最大の65~69歳は働き手からの引退が進んでいる。

外国人材の活用も議論になっているが、マイナビの調査では、2019年卒で外国人留学生を採用した企業は約1割だった。採用が進まない理由は「日本語能力(24.7%)」や「ビザなどの手続きが困難(14.6%)」よりも、「外国人が活躍できる環境が整っていない(43.2%)」や「現場の受け入れ体制が整っていない(43.8%)」といった、企業の内部要因が大きかったようだ。ただ、2020年卒では10.7%の企業が外国人留学生の採用を予定し、検討中の企業も28.8%と増加する見通しだ。

こういった厳しい採用環境へ備えるため、企業側は新卒採用におけるインターンシップや面接のスケジュールをさらに早める傾向を見せている。マイナビは、「就職戦線は今、学生が受験する企業を絞る『厳選就活』の時代。企業は学生へ魅力を伝え、深いコミュニケーションを築く採用施策が必要になる」と、今後の企業側の施策について指摘している。

トヨタ自動車が国内メーカー初の「クルマ定額乗り放題」 来年から

トヨタ自動車が国内メーカー初の「クルマ定額乗り放題」 来年から

2018.11.02

トヨタが国内勢初のクルマ定額乗り放題サービスを発表

2019年初頭の開始目指し、月額料金など詳細は検討中

サービスの背景に「若者のクルマ離れ」への危機感

トヨタ自動車は、一定の月額利用料を払うサブスクリプション方式で、乗りたいクルマを自由に乗り継げる個人向けサービス「KINTO」を2019年初めをめどに開始する。当初は東京地区の販売店でトライアルを実施する予定。類似のサービスはポルシェやBMW、メルセデス・ベンツらが主に海外で展開しているが、国内メーカーでは初の試みだ。

同社の豊田章男社長は本サービスについて、「クルマが欲しくなったら簡単にクルマライフをスタートし、違うクルマに乗りたくなったら乗り換え、不要になったら返却する。必要な時にすぐに現れ、思いのままに移動できる、まさに『筋斗雲』のように使っていただきたいと考え、『KINTO』と名付けた」と話している。

KINTOは、月額換算では車を普通に購入するよりも割高になる見込みだが、毎月の支払いに税金や保険、車両のメンテナンス等も含めて一定料金とすることで、利用開始のハードルを下げる。利用料金や選択できる車種などが未定で、詳細は検討中というが、「気軽に申し込め、クルマを自由に選べる」サービスになるという。

背景には、若い世代ほど所得が不利になる環境が続いたことや、ライフスタイルが多様化するなかで、クルマが昔ほど消費の優先順位を維持できなかった、いわゆる「若者の車離れ」と表現される国内新車販売の低迷と先細り懸念がある。実際、新車の国内販売台数はここ十年来、およそ500万台前後で頭打ちになっており、一方で車を所有しないカーシェアリングの会員数は急成長し、2018年には130万人を超えたという調査がある。

月額利用料の負担感をどれだけ引き下げられるかが、最初の課題になりそうだ。

新iPad Pro発表 GPU強化のA12Xチップ搭載、MacBook AirとMac miniも新型に

新iPad Pro発表 GPU強化のA12Xチップ搭載、MacBook AirとMac miniも新型に

2018.10.31

Appleが新「iPad Pro」発表、A12のGPU強化版チップを搭載

「MacBook Air」と「Mac mini」も最新ハードウェアに刷新

Appleの”コンピューター”、MacよりiPad重視が鮮明に?

米国時間の10月30日、米Appleがニューヨーク・ブルックリンにて製品発表会を開催した。あえてブルックリンを舞台にした理由を、「ここが世界のクリエイティビティの本拠地だから」と語るとおり、新製品はすべてクリエイターの念願に叶うものだという。

iPad Proの新型が発表された。クリエイター向けを強く意識した製品となっている
Tim Cook(Apple, CEO)が登場しラブ・ニューヨークで発表会が始まる

発表された新製品は3つで、「iPad Pro」、「MacBook Air」、「Mac mini」。3つとも即日オーダー可能となっており、11月7日より出荷する。

「iPad Pro」はA12X Bionicチップ搭載、ホームボタンが消えた

iOSタブレットの新型iPad Proは、SoCチップにA12X Bionicを搭載し、従来機から性能を大きく引き上げた。このチップはiPhone XSで採用していたA12 BionicのGPU強化版と見られ、グラフィックス性能はマイクロソフトの最新家庭用ゲーム機「Xbox One」に匹敵すると説明している。

ホームボタンがなく、全面ディスプレイ化した新型「iPad Pro」

新たに狭額縁なベゼルレスデザインとなり、本体からホームボタンが消えたことも特徴だ。あわせて、顔認証機能であるFace IDに対応した。画面サイズは12.9インチと11インチの2モデルで、従来機から薄型化したほか、ベゼルレスデザインとなったことで外形も小型化している。

ベゼルレスデザインで、従来機(左)にくらべ画面サイズの割に本体は小さい
額縁は細いが、いつものカメラやセンサー類はちゃんと内蔵している

また、Lightning端子が廃止され、代わりにUSB-C端子を採用した。外部ディスプレイに5K映像を出力できるほか、iPad Proのバッテリーから電力を送ることもでき、iPhoneをつないでiPhoneのバッテリーを充電するといった使い方ができる。

SoCはGPUが強力なA12X Bionic
USB-CでつないでiPhoneを充電することも

ペン入力デバイスの「Apple Pencil」も新しくなり、iPad Proの側面に磁石で装着できるようになり、さらにその状態でペンの充電と自動ペアリング、ペンを側面から外すとスリープから復帰し利用できるようになった。従来同様、専用キーボード&カバーの「Smart Keyboard Folio」も用意する。

Apple Pencilを装着。充電中の表示も見える
キーボード&カバーのSmart Keyboard Folio

価格は12.9インチモデルが999ドル(税別111,800円)から、11インチモデルが799ドル(税別89,800円)から。10.5インチモデルの旧型iPad Proも649ドルで併売する。

「MacBook Air」は13.3インチRetinaと狭額縁化、Touch IDも

新型MacBook Airは、13.3インチのRetinaディスプレイ(2,560×1,600ピクセル)を搭載し、ディスプレイが従来機よりもはるかに高精細化した。CPUも第8世代の最新Intel Coreプロセッサ(1.6GHzデュアルコア)へと更新された。

新型「MacBook Air」

一方でベゼルレスデザインにより額縁が削減され、本体サイズが小型化したほか、厚さも従来から10%ほど薄型化した。サイズはW304.1×D212.4×H15.6mmで、重量は2.75ポンド(約1.25kg)と、従来のAirよりも持ち運びやすい。バッテリーライフは公称で12時間。

待望のRetina化で高精細に
狭額縁化で、画面サイズ同等でも小さくなった

ほか、独自のセキュリティチップ「T2」を搭載し、キーボード部分に指紋認証機能の「Touch ID」モジュール、ベゼル部にFaceTimeカメラも備える。外部端子にUSB-C(Thunderbolt 3対応)も採用した。

キーボード右上隅にTouch ID搭載
USB-C(Thunderbolt 3)端子も2系統備える

価格は1,199ドル(税別134,800円)から。

「Mac mini」は最新CPUと大容量メモリ搭載で性能を大幅強化

Mac miniの新型は、CPUにモバイル向けではなく、デスクトップ向けの第8世代Intel Coreを採用し、CPUコア数が最大6コア(Core i7)、メモリが最大64GB、SSDが最大2TBまで搭載可能と、ワークステーション用途も視野に入る性能を盛り込んで登場した。

新型「Mac mini」

本体はW197×197×H36mmでいわゆるminiな小型サイズだが、外部端子も4系統のUSB-C(Thunderbolt 3対応)と2系統のUSB-A、HDMI、10Gb有線LANなど豊富で、プロ向けを意識している。

本体カラーは「クリエイター好み」というスペースグレイ
豊富な外部端子。周辺機器を多く接続できる拡張性もプロ向けを意識したもの

価格は799ドル(税別89,800円)からだが、前述のような6コア64GBメモリなど上位構成でオーダーすると、日本円で40万円を超えるような価格になる。

iPadは最も売れたタブレットではなく、最も売れたコンピューターに

Apple製品が世界中のクリエイターから支持を得ていることは言うまでもないが、わざわざブルックリンで開催し、そのクリエイターへの訴求を前面に出した今回の製品発表会で主役として扱われたのは、iPad Proであって、Macではなかったように見えた。

Appleは、好調なiPadのセールスをアピールする際に、他社のタブレットではなく、他社のノートパソコンの販売台数と並べて、「iPadは世界で最も人気のある”コンピューター”だ」と紹介した。

iPadと他社のノートパソコンのセールスを比較。iPadは、最も人気のある”コンピューター”だと紹介

クリエイティビティでもゲーム体験でも、iPadは既存のコンピューターが強かった分野でも十分な性能を獲得し、すでに同じ土俵にあると印象付けられる場面が多かった。例えば発表会では米Adobeのデザイン部門VP, Jamie Myrold氏がゲストで登場し、iPad Proでフル機能のPhotoshopが利用できるというデモンストレーションを披露した。

Adobeのデザイン部門VPがゲストで登場
フル機能のPhotoshopがiPadでスムーズに動く

これは先日のAdobeユーザーイベントで発表されたばかりの「Photoshop CC for iPad」で、デスクトップコンピューター用のPhotoshopの機能は、iPad Proでごく普通に使うことができると、100枚以上のレイヤーを重ねたGB単位のファイルを編集し、編集したファイルをその場でAR化する様を実演して見せていた。

会場で編集したpsdファイルを、その場で会場の風景にAR合成して見せた

世界中でネット接続が当たり前になった時代に、主役がパソコンからスマートフォンに、AppleでいえばMacからiPhoneになったように、今度はクリエイティブデバイスの世界で、iPadがポストMacになっていく流れが強くなるのかもしれない。