「笠原光」の記事

笠原光

笠原光(Hikaru Kasahara)

NewsInsight 編集長

主にITやデジタル系を追いかけています。
プラ製ストローの撤去を試験導入中のデニーズ、2月12日から全店で撤去へ

プラ製ストローの撤去を試験導入中のデニーズ、2月12日から全店で撤去へ

2019.01.18

デニーズが全店でプラスチック製ストローの撤去を決定

国内大手飲食でも相次ぐプラ製ストローの廃止の流れ

環境配慮の観点から、世界的にプラスチック製の使い捨てストロー撤廃の動きが加速している。日本国内でもファミリーレストランやコーヒーチェーンを中心に、プラ製ストローの撤去や、代替品への切り替えが検討されているが、セブン&アイ・フードシステムの運営する大手ファミレスチェーン「デニーズ」が、2月12日から全店を対象にプラ製ストローの提供を原則中止することがわかった。

同社はこれまで、昨年11月よりプラ製ストロー提供中止のテストをデニーズ40店舗で実施していた。今回、店内にドリンクバーを設置しているデニーズ全店舗(デニーズ全体の9割に当たる)で、ドリンクバーコーナーのプラ製ストローの設置を中止する。なお、児童などストローを必要とする来店客には、プラスチックを代替し環境に配慮した植物由来素材「PLA」を使ったストローを提供する。

近年、プラスチックごみの廃棄による海洋や生態系への影響が大きくクローズアップされ、外食店のプラ製ストローに批判が集まったことで、環境意識の高い欧米を中心に対策すべきとの流れが盛んになっていた。日本国内では当初、ごみ処理技術への自負から経済性を優先し、対策は遅れるだろうという見方もあったが、行政などパブリックな組織が動く前に、まずは当事者である企業が率先して反応していた。

昨年末にはファミレス最大手のガストがプラ製ストローを廃止し、今月はグループ780店舗のリンガーハットも紙製への切り替えを発表している。一方で検討中や態度保留という企業も多いが、大口の需要家となるチェーンが相次いで具体的な施策に乗り出していることから影響は大きく、今年は国内のプラ製ストロー排除の論調が更に強まると見られる。プラスチック代替素材の開発競争は世界規模だが、日系化学メーカーにとっては国内特需は追い風となる可能性がある。

PayPayが100億円「本日終了」の怪文書で停止? 現在は復旧も大騒動に

PayPayが100億円「本日終了」の怪文書で停止? 現在は復旧も大騒動に

2018.12.13

12月13日夕方、PayPayが全面的に利用できない状態に

100億円キャンペーン終了の噂が原因? Twitterに怪文書

緊急メンテナンスにより復旧したが、今後の心配は?

ソフトバンクとヤフーが展開するスマホ決済サービス「PayPay」。総額100億円のキャッシュバックキャンペーンが話題となり、PayPay狂想曲とも言える状況となっているが、12月13日の夕方頃より、一時的に全機能が利用できない状態に陥った。

PayPayが緊急メンテナンスに入り、13日18時5分~19時26分頃まで利用できなかった。記事を掲載した13日20時現在、PayPayは利用可能になっている

PayPayはこの不具合について、利用者が殺到したことにより、サービスを利用しづらい状況となったため、13日18時頃から~19時30分頃まで、全機能を停止して緊急メンテナスを実施したと説明している。広報担当者は、ここまで利用者が殺到した理由について正確に把握しているわけではないが、夕方の時間帯は利用者が多いという傾向も影響したと話している。

なお、ちょうど13日のPayPay不具合の直前、Twitter上では「PayPayの100億円キャンペーンが本日で終了する」という怪文書が出回り、SNSを中心に大きく拡散していた。出回っていたのはコンビニエンスストアの店舗向けに送付された内部資料を撮影したという体裁の画像で、投稿者もコンビニ関係者であることをにおわせていた。真偽は不明ながら13日の23時59分をもって、キャッシュバック原資が尽きることからキャンペーンを終了するといった内容だ。

Twitterで出回った問題の投稿文書。投稿は既に消去されているが、「13日でキャンペーンが終了する」「13日22時まで極秘」などと記載されている。PayPay側は「弊社が公開したものではない」と説明 (宛名部分には編集部でぼかしを入れています)

PayPay側はこの怪文書と利用者が殺到したことの因果関係について判断しかねるとし、また内容についても「弊社が公表したものではない」と話している。

同キャンペーンは2019年3月31日までの期間限定であるが、期間内であっても利用者へのキャッシュバック総額が100億円に到達した場合は終了するとされている。PayPay側は今回の騒動のなかで改めて、期間内の終了がある場合、「事前にホームページ上で告知した上で終了する」と説明している。

追記: 12月13日22:00、PayPayは、"100億円キャンペーン"の還元額が上限に達したため、同日23:59にキャンペーンを終了するとWebサイト上で告知した。同時刻に配信されたプレスリリースによれば、「今後も新たなキャンペーンの実施を予定している」とのこと。

マツダ、新型「Mazda3」を世界初公開 - アクセラがフルモデルチェンジ

マツダ、新型「Mazda3」を世界初公開 - アクセラがフルモデルチェンジ

2018.11.28

マツダが新型「Mazda3」をワールドプレミア

新エンジン「SKYACTIV-X」を初めて採用

Mazda3ではじまるマツダの新世代商品群

マツダは11月28日、新型「Mazda3」を世界初公開した。米国で11月30日から始まるロサンゼルスオートショーでの一般公開を予定する。北米では2019年初頭から順次販売を開始する。

新型「Mazda3」。ボディタイプはセダン(左)とハッチバック(右)の2種類

Mazda3は2003年のデビュー以来、マツダの商品群のなかでも中核を担ってきたグローバル戦略車。日本の現行車種ではアクセラに相当する。新型Mazda3でも引き続きハッチバックとセダンの2種類のボディタイプを用意し、メーカー各社がしのぎを削る激戦のCセグメント市場に投入される。

新型Mazda3のハッチバックタイプ
ハッチバックタイプは特にCピラーからリアフェンダーにかけてのデザインが独特
新型Mazda3のセダンタイプ
NDロードスターに似た雰囲気も感じる
内装の質感がかなり上がっている

特に今回の新型Mazda3は同社の新世代商品の第1弾と位置付けられており、デザイン面では「日本の美意識の本質を体現する」ことを目指したという、深化した魂動デザインを採用した。以前に同社の「魁(カイ) CONCEPT」で示されたような、線よりも面を活かし、シンプルながら繊細に仕上げたボディ造形により、光の陰影や反射によって表情を変えるエモーショナルな外見をつくりあげた。

新型Mazda3で採用される「ポリメタルグレー (Polymetal Gray)」。光のリフレクションやシャドウが映える新色だ

車両構造技術も新世代の「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」に移行し、搭載するエンジンも「SKYACTIV-G」(ガソリン)、「SKYACTIV-D」(ディーゼル)に加え、燃焼方式に「SPCCI (火花点火制御圧縮着火)」を採用し燃費や出力を高めた「SKYACTIV-X」を初めて搭載する。

新世代の車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」

北米向けに公開された主要諸元は以下の通り。全長×全幅×全高はハッチバックが4,459×1,797×1,440mm、セダンが4,662×1,797×1,445mm。ホイールベースは共通で2,725mm。エンジンはSKYACTIV-G 1.5、SKYACTIV-G 2.0、SKYACTIV-G 2.5、SKYACTIV-D 1.8、SKYACTIV-X。トランスミッションは6速MTまたは6速AT。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リアがトーションビーム。タイヤは16インチまたは18インチ。

同社の丸本明社長は今回の発表に際し、「新型Mazda3からマツダの新世代商品が始まる。クルマを所有する価値を飛躍的に高めたこの新世代商品を通じ、ブランド価値をさらに引き上げていく」と話している。