「田中省伍」の記事

田中省伍

田中省伍(たなかしょうご)

NewsInsight 編集・記者

テクノロジー、スマホ、シェアリングエコノミー、コミュニティ、若者の働き方などに注目しています。 Twitter : @tSH0G
「食事に合う」缶チューハイをつくってしまったストロングゼロの仕掛け

「食事に合う」缶チューハイをつくってしまったストロングゼロの仕掛け

2018.11.20

サントリー「ストロングゼロ」の新商品が11月20日より発売

「食事に合う」を押し続けた広告展開の狙い

-196℃製法は居酒屋の「不味い」チューハイから誕生?

サントリーの缶チューハイ「-196℃ ストロングゼロ」という商品に、どのような印象を持っているだろうか?

飲みやすい、度数が高い、お手頃価格――。さまざまなイメージを想起することかと思うが、サントリーの打ち出すメッセージは、一貫して「食事に合う」だ。特に、「唐揚げとよく合う」という点を全面に押し出した広告を見たことがある、という人も多いのではないだろうか。

確かに、味そのものを広告で伝えるのは難しいし、度数が高いからお得に酔えるとお茶の間に出すのはなんだか気が引けるのも想像できる。とはいえ、コーンポタージュ味のガリガリ君くらいディープなイメージになりかねない「食事に合う」缶チューハイというメッセージも、かなりの勇気が要ったのではないだろうか。

なんで缶チューハイが食事に合うなんて言ってるの? サントリー商品開発センター(神奈川県・川崎市)で聞いてきた

居酒屋の「美味しくない」チューハイがキッカケに

そもそも、ストロングゼロのきちんとした商品名で記載される「-196℃」とは何だろう。これは、果実などを-196℃で瞬間凍結し、パウダー状に微粉砕したものをアルコールに浸漬してチューハイに仕上げるという、サントリー独自の「-196℃製法」を意味するもの。

ストロングゼロの開発に携わるサントリースピリッツ商品開発研究部の藤原裕之氏によると、この製法が誕生したキッカケは、居酒屋での「美味しくないチューハイ」にあったのだという。

「居酒屋で飲む“生絞りチューハイ”って、美味しいですよね。でもある日、レモンは入っているのに、全然美味しくないチューハイがあったんです。なぜ同じ組み合わせなのに、味が変わるのか。それは“自分でレモンを絞る・絞らない”の違いにあったんです」(藤原氏)

「-196℃」製法、誕生のキッカケは居酒屋にあった

つまり、美味しさの要因は「手についたレモンのフレッシュな香り」にある、というのだ。

そこで、「レモンを、丸まる1つ使ったチューハイを作りたい」というコンセプトのもと、「果実」だけではなく、「果皮」に含まれる香り・美味しさ成分まで余すことなく作る製法として、果実を瞬間冷凍し、まるごと砕いてお酒に入れる「-196℃製法」を開発した。同じようなコンセプトのチューハイは他社でも見られるが、この製法はサントリーの特許技術だ。

こちらは「-196℃製法」を再現した実験。写真は液体窒素を容器に流し込んでいるところ
ちなみに、液体窒素の中に花を入れると、すぐに凍ってしまう。軽く握っただけでパラパラと粉々に砕ける
レモンを数十秒いれると、こちらも完全に凍ってしまった。さすがに素手で砕くのは無理だそうで、本来は機械でクラッシュしてパウダー状にしているそう

市場拡大の追い風に乗り、「食中酒」として存在感増す

余談になるが、ここ最近はストロングゼロを筆頭に、「ストロング系チューハイ」がSNSで異様な広まりを見せている。昨年末には「#ストロングゼロ文学」という大喜利ネタが流行り、今年も「#わたしのストロングゼロ」なるハッシュタグが誕生し、盛り上がった。このあたりの話題に興味のある人は、こちらの記事(「ストロング系チューハイ」、なぜ人気? 愛飲者が理由を分析)も読んでみてほしい。

では、なぜここまでの人気がある商品になったのか。それは、市場全体の盛り上がりをタイミングよく追い風にできたことも大きい。

「RTD(Ready to drink:缶チューハイやカクテルなど、フタを開けてすぐにそのまま飲める飲料のこと)市場は、2007年から、10年連続で伸長しています。この傾向は2018年も継続しており、本年度は1~9月だけで、前年比111%増えています」(藤原氏)

RTD市場・アルコール度数別販売状況。ちなみにサントリーが「-196℃」シリーズを発表したのは2005年、ストロングゼロシリーズが生まれたのが、2009年だ

RTD市場の中でも、特に高アルコール(アルコール8%以上のもの)飲料が市場を牽引する存在になっていて、これらは2012年に市場シェア24%だったところ、2017年には33%にまで伸長している。

高アルコール飲料が伸びている理由は「お得に酔える」ことが求められたからと考えられるが、「経済性のみでここまでの伸びがあるとは思えない」と藤原氏は説明する。

「なぜ、高アルコール飲料を飲む人が増えているのか。我々の見解としては、それは『食』にあると考えています。2015年、2018年の『食事中にRTDを飲んでいる数』を比較すると、ここ3年で約5%伸びていることがわかりました」(藤原氏)

特に40~50代の伸びが大きく、これまで食事中にビールを飲んでいた所を、チューハイに置き換える傾向にあるようだ。スーパードライやプレミアムモルツ、一番搾りといった人気ビ―ルの度数は、5~5.5%。そこから流入した層が、「低アルコールのチューハイでは物足りないから」と、高アルコールのものを選ぶようになっているのかもしれない。

そこでサントリーは、「食事に合う」チューハイという立ち位置を明確にする戦略に動いた。味の改良だけでなく、世の中のニーズの変化にも敏感に反応した結果の、「食事に合う」だったのだ。

「食事に合う」というイメージ訴求を続けてきたサントリー

市場を牽引する「ストロングゼロ」、次の一手

サントリーが初めて「-196℃」の缶チューハイを商品化したのが2005年。それ以降、RTD市場の成長に沿って売り上げを伸ばし続けている。特に、-196℃のラインアップに高アルコールの「ストロングゼロ」を追加してからの成長が顕著だ。市場の成長に沿って、というよりはむしろ同社のイメージ戦略も相まって、「市場を牽引している」ともいえるかもしれない。

「-196℃」シリーズの販売実績。ストロングゼロが誕生したの2009年以降、急激な成長を遂げている

「食事中のお酒にチューハイが選ばれるキッカケとなったのは、『レモン』味のフレーバー。今後もレモンをRTD市場の成長のキードライバーと捉え、力をいれていきたいと考えています」(藤原氏)

既存の人気商品「ストロングゼロ ダブルレモン」に続き、ストロングゼロが次に指す一手も、やはり「レモン」だ。さらにレモンを”マシマシマシ”した、その名も「ストロングゼロ トリプルレモン」で、まだ食事中に缶チューハイを飲んでいない新規層への訴求を目指す。

「-196℃ ストロングゼロ トリプルレモン」は、11月20日より販売開始。価格は350mlが141円、500mlが191円(税抜き)
同社が押し出す「食事と合う」チューハイ。見ているだけで仕事を放棄したくなってくる
タイヤ技術でオリパラを支えよ! ブリヂストン、義足の改良に挑む

タイヤ技術でオリパラを支えよ! ブリヂストン、義足の改良に挑む

2018.11.12

オリパラの裏側には、さまざまな最新技術が隠れている

パラアスリートを支える、ブリヂストンの「タイヤ技術」って?

義足用ソールの開発に挑む研究者らに話を聞いた

東京2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の開催まで2年を切った。自国開催ということもあり、現地で観戦しようと考えている人も多いだろう。そこで1つ提案したいのが、オリンピック・パラリンピックを「技術」の視点で見ることだ。

2018年の平昌オリンピック・パラリンピックでは世界初の5Gの実証実験サービスが行われ、開会式ではインテルがドローンによる光のパフォーマンスが行われた。このような派手なものに限らず、大会の裏にはいくつもの技術が隠れている。パラアスリートが用いる器具などがその典型的な例と言える。

そこで本稿では、「ワールドワイドパラリンピックパートナー」であるブリヂストンによる、自社技術の活用によってパラアスリートを支援する取り組み「パラアスリート技術支援プロジェクト」に注目。東京2020を支える技術の裏側に迫る。

タイヤ技術でパラアスリートを支えよ! 

パラアスリート技術支援プロジェクトは、同社のオリンピック・パラリンピックのパートナー契約締結を機に『タイヤやゴムの技術をアスリートのために活かせないか』という想いから発足したという。ではその技術で何を作っているのかというと、1つの例が義足用の「ソール」(地面に接する部分、靴底)だ。

今回話を聞いた、ブリヂストン 先端企画本部 先端技術推進部 先端技術企画推進第1ユニット 主任部員の小平美帆さん(左)とオリンピック・パラリンピックマーケティング推進部 アクティベーション推進ユニット 課長 鳥山聡子さん(右)

「当社では、パラトライアスロン選手の秦由加子さんの義足用ソールを開発しました。現在も定期的に本人と話し合いの場を設けながら、当社の技術でサポートできる部分はないか、ということを模索しています」(鳥山さん※以下、鳥山)

秦由加子 選手。1981年生まれ。千葉県出身。3歳から10歳まで水泳を習う。13歳で骨肉腫を発症し、右足の大腿部切断を余儀なくされたが、2007年に障がい者水泳チームで水泳を再開。2013年にパラトライアスロンに転向した。大腿部切断でパラトライアスロンを行っている唯一の日本人選手だ

なぜ同社がソール部分に注目するようになったかというと、「タイヤ技術との親和性の高さ」が理由だと小平さんは語る。

「もともと当社では、タイヤはもちろん、ゴルフシューズや農業機械用のゴムクローラなど、『地面と接する部分』の製品開発に強みを持っております。ソールも同じく、地面と接するモノ。そこで当社の持つ技術との親和性が高いと感じ、注目するようになりました」(小平さん※以下、小平)

さらに、ソールの素材はゴムと高分子の複合体であり、これは同社の製品でもよく使われる素材であった。タイヤ製品で培った技術を活用することで、選手をサポートできるのではないか? と考え、新ソールの開発を始めたというわけだ。

義足イメージ。ランニングシューズの底のように、特有なパターン(模様)の入っている部分が、ブリヂストンの開発したソール

「ランニングシューズを切って、義足に貼る」が当たり前?

そもそも、義足用のソール開発に力を入れている企業というのはグローバルで見ても少ない。義足を必要とする人は多くいる一方で、切断箇所や筋肉量の違いなど、個人個人によってのニーズが異なるために、高ロットでの生産ができず、なかなかビジネスとして成り立たないことが原因だという。では、秦選手の使用していたソールには具体的にどのような課題があったのか。

「これは秦さんに限らず、ほとんどのパラアスリートに当てはまることなのですが、それぞれが個人に最適化されたツールを使えていないという課題がありました。もともと、多くの種類が市場に出回っているわけではないので、パラアスリート向けの『高品質な製品』自体が少なく、モノによっては、開発されて数十年経っている”最新モデル”もあります」(鳥山)

驚くべきことに、世界大会で活躍する秦選手のような人であっても、ランニングシューズを買って、ソール部分を切り取り、義足に貼り付けて使っていたのだとか。そのように「売られているものを転用して使う」というパラアスリートは少なくないそうだ。

「当たり前ですが、ランニングシューズのソールは、義足を必要とする人向けに開発されたものではありません。地面と接触した際にかかる力は違うし、耐摩耗性が求められる箇所も異なります。秦さんは以前、雨の中でのレースで、『滑るのが怖くて、思い切って走ることができなかった』という経験をしたそうです。そうした意見を聞き、どんな状況であっても安心して走れるようなソールを開発したい、と考えるようになりました」(小平)

タイヤ開発のノウハウを詰め込んだソール開発

しかし、いくら「地面と接するモノ」だからといって、タイヤとソールで求められる技術が一緒だとは思えない。どのようにブリヂストンの持つノウハウをソール開発に適応させたのか。

「はじめはゼロからの挑戦でした。そもそも、『義足のソールに求められることって何? 』という疑問からのスタートなんです。勉強の日々でしたね。どうにか当社の技術を活用できないか、と考え、まずは走る際にかかる力を測るために、タイヤ開発に使用する測定器を使って圧力測定を行いました」(小平)

圧力測定時の様子。ランニング時、ソールへの力のかかり方がどう変化するかを調査した

ほかにも、使用した後の摩耗部分の分析などを行い、グリップ力を上げつつ摩耗を抑えられるソールはどのようなゴム材料・溝形状にすればよいかをひたすら考えたそう。

さまざまなデータから見えた課題に対して「どうブリヂストンの技術を適応させれば良いか」と考え、試行錯誤を重ねた後に、ようやくソールを開発。2017年4月、初めて秦選手に新ソールをつけた義足で走ってもらうことになった。

「私たちのソールで走ってみた秦さんには『全然違う! 』と、すぐに気に入っていただきました。その1カ月後には早速、新ソールで大会にも出場していただきました。その大会もあいにくの雨だったのですが、確実に滑りにくくなっているとのフィードバックをいただき、手応えを感じました」(小平)

小平さんや鳥山さんは、秦選手と密にコミュニケーションを取りながら、フィードバックを元にソールの改良を続けた

さまざまな領域での技術活用も視野

そのレース以来、秦選手は変わらずブリヂストンが開発したソールを使い続けている。現在のソールは2代目で、2017年に開発したモデルから、パターンと材質を変更しているそう。

しかし、いくら製品の改良を実現したと言っても、事業化につなげられなければ、同社の「パラアスリート支援」は一過性のものになってしまう。同社は今後、この取り組みをどのように続けていく予定なのか。

「秦さんとの協力によって生まれた技術が将来、当社製品のブレイクスルーにつながる可能性はあると考えています。将来的には、さまざまな領域での技術の活用も視野に入れております。ですが、何よりこの取り組みは、当社がグローバルメッセージとして掲げる『CHASE YOUR DREAM』を体現するもの。

CHASE YOUR DREAMとは、ブリヂストンが、さまざまな困難を乗り越えながら「夢に向かって挑戦し続けるすべての人を支えていく」という想いを表現したメッセージ

そのため、必ずしも『将来的なリターン』を求めてこの活動をやっている訳ではありません。私たちの取り組みが社内外に広がり、当社の『夢に向かって挑戦し続けるすべての人を支えたい』という想いに触れていただき、一緒にオリンピック・パラリンピックを応援してくれる仲間を広げていくことを目指しています」(鳥山)

「2020東京」まで1歩ずつ、2人3脚で

現在、すでに秦選手用の最新ソールは完成しているそうだが、まだまだブリヂストンの挑戦は続く。

「最新モデルは、秦さんの要望を満たし、かつさまざまなデータから考えられる問題点を解決した自信作。しかし、パラリンピックまではまだ時間があります。今後も本人のフィードバックをもとに、より改良を続けていきたいです」(小平)

パラアスリートと一緒に夢を追い続けるブリヂストン。今回紹介したのは、同社の秦選手との取り組みだけだが、それに限らず、ほかにも多くのアスリートを支援しているそうだ。

オリンピック・パラリンピックでもっとも日の目を浴びるのは選手。しかし、その周りには、選手たちを支えている多くの人たちがいる。来る2020年、パラリンピックでは、選手の義足や車椅子などにも注目し、そこに隠れた技術の背景を想像してみるのも楽しみ方の1つだ。

ブリヂストンと秦選手の挑戦をこれからも応援したい
Airbnbは、日本の伝統工芸の救世主となるかもしれない

Airbnbは、日本の伝統工芸の救世主となるかもしれない

2018.11.09

日本の伝統工芸に危機が迫っている

観光客との関わり方の変化から、突破口を見つける職人たち

Airbnbは「体験」サービスで新たな可能性を見出しつつある

漆に染物、能面、造園、提燈、つまみ細工――。日本には、長年受け継がれている幾つもの技術や美術、工芸がある。

そんな伝統工芸に危機が迫っている。伝統的工芸品産業振興協会の調査によると、生活様式の変化や、安価な輸入品の増大などが影響し、需要が低迷。昭和50年台のピーク以降、生産額は年々下がりつづけているという。企業数、従事者も減少に歯止めがきかない状況にあり、このままでは、日本の伝統工芸品はその多くが姿を消してしまう。

そうした状況の中、日本に救いの手を伸ばす企業がある。民泊で知られている世界最大級の旅行コミュニティプラットフォーマー「Airbnb」だ。「民泊と伝統工芸がなぜつながるか」と疑問に思う人も多いことだろう。もしかするとAirbnb自体もこうなることは予想していなかったかもしれない。

「伝統工芸品を知ってもらう機会が増えたんです」

2018年6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行から数か月、Airbnbは、ホームシェアに関する情報提供と新規ホストの育成を目的として、国内10都市を巡る全国キャラバンを開始した。

キャラバンの初回となる京都では、京都で提灯を作る「小嶋商店」の小嶋俊氏、同じく京都で髪飾りや小間物などを作る「京都おはりばこ」の北井秀昌氏、Airbnb 執行役員の長田英知氏が参加するトークセッションを実施。

Airbnbの「体験サービス」(現地に住む人がホストとなり、その地特有の体験をゲストに提供するサービスのこと。Airbnbは2018年7月30日より、この「体験サービス」の提供地域を全国へ拡充している)を提供するホストが自身の体験と、今後のAirbnbに求めることを語った。

Airbnbのキャラバンカー。この車が全国をまわり、Airbnbに興味がある人と、既存ホストがコミュニケーションをとれる機会を提供する

「Airbnbのおかげで、外国の人たちに伝統工芸品を知ってもらう機会が増えました。私はもともと、旅行客に空部屋を提供する宿泊ホストとしてAirbnbを利用していたのですが、そのときに感じたのは、Airbnbを利用して日本に来る人は、『知的好奇心が高い』ということ。そのため、クリエイターの方の割合が高く、私たちのものづくりに興味を持ってくれる人が多くいました」(北井氏)

Airbnb、体験ホストによるトークセッション。左から提灯職人の小嶋俊氏、つまみ細工職人の北井秀昌氏、Airbnb 執行役員の長田英知氏

伝統工芸品の需要が低迷している今、職人達には”新しいこと”を始め、新たな需要を創出することが求められている。経産省も「観光業などの異分野との連携、海外への展開」などを勧め、そこに補助金を出すなどしてサポートしているが、職人にとっては、申請が面倒であったり、なによりこれまでに経験のない挑戦であったりと、なかなかとっつきづらかった。

そこにうまくはまったのが、「人と人」をつなぐプラットフォーム、Airbnbであったというわけだ。これまでの観光客は、指定されたツアーに行ったり、自分の行きたい場所をあらかじめ調べて置いたりと、”一定のルート”を辿りがちであったし、そもそも日本人は英語を積極的に話そうとしない傾向にある。これまでの観光客は主要な観光地を巡り、満足して自国へと帰っていた。

しかしAirbnbは、同社の掲げる「暮らすように旅をしよう」というメッセージからも伝わるように、宿泊ホストにお勧めの場所を聞いたり、体験ホストとその地でしかできない体験を共有したりと、現地の人々の暮らしを体験できるようなサービスを提供している。その結果、外国人ゲストとの関わりが増えた職人たちは、自身のものづくりを知ってもらう機会が増えているのだという。

ブレイクスルーに必要な”新しい視点”

提灯職人の小嶋氏は、まだAirbnbのホストとしての経験はなく、これから体験サービスを提供していく予定。まだホストになるための手続きを終えたばかりで、サービスの開始には至っていないそうだが、同氏はすでに広がる未来を見据えている。

「外国の人たちは、見慣れない提灯を見て、日本人とは変わった視点で評価してくれます。伝統工芸品、というよりはむしろ『芸術品』として見てくれて、実際に購入していく人も少なくない。これまで私たちの提供する提灯は、日本の神社や仏閣、お祭りで飾るものがほとんどでした。でも、その反応を見ていると『もしかすると海外でも売れるのでは』と考えるようになりました。これから体験ホストとなることで、外国人ゲストと交流していくことは、私たちのものづくりにいい影響を与えていくでしょう」(小嶋氏)

小嶋商店では、これまでの提灯のあり方を見直し、提灯にプロジェクターで映像を映し出すといった見せ方の工夫を試みたり、夜の鴨川を散歩する外国人客用に提灯を貸し出したりと、積極的に新たな需要を生み出している。

内外の建築家とのコラボも考えているそうで、「Airbnbがそういった、外国の職人(クリエイター)達と出会える場となれば」と、今後の体験ホストとしての活動への期待を語った。

人と人が繋がり生まれる、小さなオープンイノベーション

日本には、長年受け継がれている幾つもの技術がある。しかし、需要が減少し続けている今、店をたたんでしまったという職人たちは多い。歴史の長さが故、新たな需要を作り出すという視点に切り替えにくいことも原因だろう。

血液循環が悪くなってしまった企業を救うのが、その技術に可能性を見出した異業種、異分野の大学や企業、自治体などとのオープンイノベーションであれば、日本の伝統工芸(ひいては職人達)を救うのは、外国人クリエイターをはじめとした、外からの目線と技術による”小さなオープンイノベーション”かもしれない。

民泊から始まったAirbnbは今、そこに「体験」のサービスが加わったことにより、眠っていた観光資源に脚光を当てただけではなく、日本の伝統工芸の復興という新たな可能性も見出しつつある。

Airbnbは、日本の伝統工芸を後世に残すキッカケを作り出すかもしれない

これはAirbnbによって紡がれたストーリーの1つにすぎない。Airbnbは人と人をつなぐプラットフォームであるが故に、その地にいる人が、新しい視点を持った人とコミュニケーションをとることによって、課題点の突破口を見出すキッカケとなる。日本でのキャラバンは全国10都市で行われる予定で、まだ始まったばかり。

急速に広がるAirbnb経済圏は、 これからも各地に眠るさまざまな資源を掘り起こすキッカケを作り出しそうだ。

Airbnbキャラバンカーは京都(10月26日)を皮切りに、全国10都市をまわる予定