「田中省伍」の記事

田中省伍

田中省伍(たなかしょうご)

NewsInsight 編集・記者

テクノロジー、スマホ、シェアリングエコノミー、コミュニティ、若者の働き方などに注目しています。
Twitter:@tSH0G
NewsPics:https://newspicks.com/user/2742773
経営者の妻に聞いた「いらない遺産」ランキング、首位は「会社」

経営者の妻に聞いた「いらない遺産」ランキング、首位は「会社」

2019.03.14

団塊世代の退職が本格化、事業承継が課題に

骨董品より人気がない「会社株式」

経営者夫妻、事業承継でミスマッチが深刻?

日本企業の後継者不足の問題が深刻さを増している。

オーナー経営者にとって、信頼できる配偶者や子供が会社をしっかりと引き継いでくれるなら万々歳だが、理想通りにいくケースばかりではない。経営者とその配偶者は会社の相続について、どう考えているのか。

M&A(合併・買収)仲介サービス大手のストライクが行った調査からは「会社を残したい夫」と「残してほしくない妻」間のミスマッチが鮮明に見えた。

経営者夫が残したいもの、「会社」が上位に

同社が2019年1月10~11日にインターネットを通じて男性経営者に実施した調査によると、「自分が亡くなった時に残したい資産」との質問に対し、「経営する会社(会社の株式)」と答えた割合は約40%で、「現金・預金(68%)」「居住用不動産(42%)」に次いで上位3番目にランクインした。

この結果は続く「保険金(22%)」「不動産(20%)」「有価証券(15%)」「美術品・骨董品(3%)」を大きく引き離しており、苦労して会社を育て上げた経営者は、親族に大事な事業を引き継ぎたいとの気持ちが強いことがわかる。

経営者が妻に残したい資産(夫へのアンケート、複数回答、n=309) 出典:ストライク

妻は「会社はいらない」が断トツの首位

一方、資産を残される側の「経営者の妻」はどう思っているのか。

同社が2018年8月に「ご主人が亡くなる際に残されて困るものは?」と調査したところ、「経営する会社(会社の株式)」と答えた割合が38%で断トツの首位。2位にランクインした「美術品・骨董品」(18%)や3位の「不動産」(9%)を大きく引き離した。事業を家族に引き継いでもらいたいと願う経営者にとっては残念な結果だ。

このミスマッチについて、ストライクの荒井邦彦社長は「経営者の配偶者が会社(自社株)を相続したとしても、今の時代に後継者を見つけるのも売却するのも難しいという不安の表れではないか」と考察している。

経営者の夫が亡くなる際に残されて困る資産は?(妻へのアンケート、複数回答、n=103) 出典:ストライク

反対に「残して欲しいもの」についての調査も実施した。もっとも多かったのは「現金・預金」で、全体の89%にのぼった。以下「保険金」「居住用不動産」「国債などの有価証券」と続き、「経営する会社(会社の株式)」と答えた人は15%にとどまった。

決断迫られる経営者と家族

第一次ベビーブームの時期に生まれた「団塊の世代」の引退が本格化していることもあり、中小企業では事業をどう次世代に伝えていくかが深刻な課題となっている。

経営者が家族に事業を引き継いでもらいたくても、子供は都会で会社勤めをしており、実家に戻って家業を継ぐ気はないケースは多い。多くの配偶者も「経営の経験はない」などとして会社の引き継ぎには積極的ではない。

経済産業省・中小企業庁によれば、中小企業の経営者の年齢分布でもっとも多い層は2015年時点で66歳で、同20年前の1995年時点での47歳から大幅に上昇してしまっている。さらに今後10年の間に、平均引退年齢とされる70歳を迎える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人に上ると言われ、うち約半数の127万人(日本の全企業数の3分の1に相当)は後継者未定とされている。

こういった夫婦間、家族間のミスマッチが「黒字廃業」のケースを増してしまう懸念がある一方、これをビジネスチャンスと見て、後継者不足の解決に向けM&A支援サービスを提供する事業者の動きも活発になりつつある。高齢化がまさに「時間の問題」として進む中、経営者やその家族が決断を迫られる日は近づいている。

「ニシノクラウン」を通じてキンコン西野が感じたトヨタの

「ニシノクラウン」を通じてキンコン西野が感じたトヨタの"凄み"

2019.03.12

キングコング・西野亮廣さんがトヨタとコラボ

話題性を生んだ「情報解禁日を指定しない」という選択

トヨタが世界的企業たる所以は、挑戦し続ける姿勢にあった

トヨタ自動車は3月11日、キングコング・西野亮廣さんとコラボレーションし、高級セダン「クラウン」にオリジナルデザインを施したと発表した。「ニシノクラウン」と称されたこのクルマは、2019年3月12日~17日まで、表参道ヒルズおよびソーカルリンクギャラリー(東京都渋谷区)にて公開される。

トヨタ自動車の東京本社でお披露目された「ニシノクラウン」とキングコングの西野亮廣さん(左)、トヨタ自動車・第2国内販売部長の杉浦宏哉さん(右)

今回のプロジェクトの責任者であるトヨタ自動車・第2国内販売部長の杉浦宏哉さんは、西野さんの協力を仰いだ理由について、「クラウンの革新性をうまく表現してくれると思ったため」と説明した。一方の西野さんは、今回のトヨタとのコラボレーションを通じて「トヨタの凄み」を再認識したという。

発表会を終えた西野さんに、今回のコラボレーションについて、そして仕事をともにしたトヨタの印象について聞いた。

「情報解禁日がない」から生まれた話題性

――発表会、お疲れ様でした。改めて今の心境を教えてください

西野亮廣さん(以下、西野)
実物を見るのは今日が初めてだったのですが、いいものができたな、と思っています。今回のオファーを受けたときには、「あまり深く考えずに受けてしまったけど、クルマのデザインなんてしたことないし、本当に大丈夫か?」という不安もありましたが、振り返ってみると、楽しかったですね。

今回のデザイン案は、僕のオンラインサロン(「西野亮廣エンタメ研究所」。現在約2万2000人の会員がいる)メンバーと一緒に考えたのですが、メンバーが色々と意見を出してくれて、スムーズに進められました。

――「トヨタからオファーを受けた」という話は、ブログでも書かれていましたね。なんでも、オファーを受けて、まだデザイン案が固まっていない頃からサロンメンバーに相談していたとか。そのやり方について、トヨタ側からの指摘はなかったんですか?

西野
そうですね。そもそも、今回のコラボにあたってトヨタさんからは「情報解禁日」を設定されなかったんです。

僕からも、「製作段階から表に出して進めていいですか、オンラインサロンのメンバーと一緒に作ってもいいですか」ということは確認をしていて、「是非やってください」という感じだったので、特に問題もなく進められました。

そのおかげで、今日の発表よりも早いタイミングで話題になり、注目を集められたのは良かったと思っています。

普通、トヨタさんみたいな、いわゆる「大企業」だったら、情報の取り扱いってすごく気にするじゃないですか。それでも、いい意味で”ベンチャー企業のようなノリ“で、今回のコラボを進めていくことを認めてもらったのは驚きましたね。

あんなに大きい企業なのに、守りに入らない姿勢を目の前で見せられて、「改めて凄い企業だな」と感じました。

2月28日には、トヨタから届いた企画書も自身のブログに公開していた(出展:西野亮廣ブログ by Ameba)

コネクテッドを推す「錆びたクラウン」案も

――今回のデザインは、クラウンの「走行性」と「燃費」という2つの特徴から、2本の角を持つ伝説上の生き物「バイコーン」を連想し、ナポレオン・ボナパルトの「二角帽子」にまでイメージを広げ、カラーリングを決めたとか。ほかにもデザイン案はあったんですか?

西野
いくつかありましたね。実は、僕の第一希望の案は「錆びたクラウン」というものでした。

僕がデザインを手がけた新型クラウンは、専用の通信機を備えた「コネクテッドカー」。あらゆるものとネットワークを通じてつながることができるという特徴があります。例えば、クラウンとLINEで会話できる、という機能があったり。

これが非常に面白いなと思ったんです。そこで、「コネクテッド」を押し出すために考えたのが、"結合”という言葉に着想を得た「錆び」でした。錆びは、鉄と酸素がして生まれるもの。今回のクラウンが展示される表参道ヒルズの目の前に、錆びたクルマが置いてあったら、面白いじゃないですか。「革新」がテーマなのに、相反するイメージがある「錆び」を表現すれば、インパクトもある。結局、提案途中でボツにしたんですが(笑)。

最終的に、デザインは「バイコーン」に落ち着き、ナポレオンの帽子と同じカラーリング(紺と金)になった。デザイン案はオンラインサロンメンバーと意見を出し合って決定した

トヨタとのコラボを終えて、次に目指すものは?

――西野さんは、絵本作家、オンラインサロン運営、最近では兵庫県川西市に新たに美術館を建設するなど、さまざまな領域に「挑戦」し続けています。そんな西野さんの目に、今回一緒に仕事をしたトヨタはどう映りましたか?

西野
トヨタさんほどの「歴史」のある企業で、挑戦をし続けているのは本当に凄いと思います。今回のクラウンのデザイン一つとっても、昔からクラウンを愛している人の「そんなことやめてくれ」という声もあったはずです。

守るべきものがたくさんある中で、今回のコラボの話を振ってもらい、さらには比較的自由に動かせてもらったことを考えると、「この会社は、長い歴史の中でずっとこんな『挑戦』を続けてきたんだろうな」と思い、感動しました。

――今回のコラボの経験は、今後の活動にどう影響しそうですか?

西野
僕が受けた仕事がサロンの1つのコンテンツになる、というのは面白いなと思ったので、それは続けていきたいと思います。何か仕事を受けたときに、それをサロンのメンバーに共有して、一緒に進めていく方法ですね。そうすれば、サロンメンバーの満足度にもつながるし、それが新規のメンバーの獲得にもつながるのではないかと思っています。

――次の新たな挑戦は?

西野
2020年には、僕が発売した絵本「えんとつ街のプペル」が映画化する予定ですし、建築に15億円かかる予定の「えんとつ町のプペル美術館」も作り始めています。「エンターテインメントで世界を獲る」という最終目標に向けて、さまざまな挑戦を続けていきます。

長い歴史があって、守るべきものがいくつもあるトヨタさんですら挑戦を続けているんです。それなのに、僕らが守りに入るわけにはいきませんからね。

――今後の活躍にも注目ですね。ありがとうございました

西野さんの手掛けた、「ニシノクラウン」は、2019年3月12日~17日まで、表参道ヒルズおよびソーカルリンクギャラリー(東京都渋谷区)にて公開される。西野さん曰く「インスタグラムで#ニシノクラウン を付けて投稿すると、僕がすべて『いいね』しに行きます」とのこと
Fitbitは復活したのか? 変性するウェアラブル市場で勝機見出す

Fitbitは復活したのか? 変性するウェアラブル市場で勝機見出す

2019.03.11

Fitbitが日本市場に新商品を追加

人気のスマートウォッチ「Versa」の廉価モデルも登場

ラインナップ、販売チャネル拡大で再成長を目指す

フィットビットは日本国内向けに、新型フィットネストラッカー(活動量計)の「Inspire」「Inspire HR」「Ace 2」、および新型スマートウォッチの「Versa Lite」を発表した。Ace 2のみ2019年夏より発売、他3製品は3月より発売する。

左から、フィットビット・ジャパン合同会社 カントリーゼネラルマネージャーの千川原智康氏、AuB代表取締役社長で、元Jリーガーの鈴木啓太氏、フィットビット アジア太平洋地域 マーケティング・バイス・プレジデントのジェイミー・ハードレー氏、フィットビット 副社長兼アジア太平洋地域事業部長のスティーブ・モーリー氏

活動量計市場の縮小に伴い一時は業績不振に陥いったフィットビットだったが、2017年に「Fitbit Ionic」を皮切りにスマートウォッチ市場に参入し、2018年にはスマートウォッチ「Fitbit Versa」がヒットしたことで、かつての勢いを取り戻しつつある。同社の成長戦略を紐解きたい。

売れ筋の「Versa」の廉価モデルが登場

「Fitbit Versa Lite」は、ヒットモデル「Versa」の機能をよりシンプルにすることで、より低価格帯を狙った新製品だ。フィットビットのスマートウォッチの新たなエントリーモデルと言える。価格は2万5290円(税込)。

「Fitbit Versa Lite」

見た目はVersaとほぼ変わらず、アプリや文字盤のダウンロードが可能なほか、ディスプレイサイズ(1.34インチ)、バッテリ性能(4日間以上)、心拍センサ搭載などといった仕様もVersaと同じだ。

操作に用いるボタン数は減少した。従来、操作に用いられていた本体右側面にあった2つのボタンはなくなり、画面のタップやスワイプによって操作できるようになっている。

画面のタッチやスワイプで直感的に操作できる

機能面で「Versa Lite」の「Versa」との大きな違いは、NFC方式のモバイル決済や内蔵音楽ストレージに対応していない点、階段昇降段数や水泳時の往復回数の計測ができない点、「Fitbit Coach」による画面上でのエクササイズ表示機能がない点だ。

これらの機能は、いざ使ってみると便利さを感じる部分ではあるが、「最初のスマートウォッチ」として使う分には、そこまで気になるものではないだろう。それよりも、価格を下げることによる入手のしやすさを重要視し、新規ユーザーを取り込もう、というのが同社の狙いだ。

Versaシリーズの機能の違い

ラインアップ、販売チャネル拡大で再成長を目指す

また、フィットネストラッカーの「Inspire」(1万1790円)「Inspire HR」(2万1470円)と、子供向けの「Ace 2」(1万1790円)の3モデルも新たに投入する。

「Inspire」
「Inspire HR」
「Fitbit Ace 2」

Inspire、Inspire HRともに、歩数や消費カロリーの計測、ウォーキングやランニング、水泳といったアクティビティの自動認識に対応しているほか、スマートフォンからの通知も表示できる仕様となっている。バッテリはどちらも最大5日間駆動する。

両機の大きな違いは、心拍センサの有無だ。Insupire HRには心拍センサが搭載されており、常時脈拍を測定できる。これによって「睡眠の深さ」も計測できるのが特徴だ。また、Insupire HRのみ、スマートフォンのGPSを利用することで、ユーザーの歩行距離やペースを測定することもできる。

「Insupire HR」には心拍センサが付いており、「Inspire」と比較すると少々分厚い印象

Ace 2は2018年に発売された「Fitbit Ace」の後継モデル。「子供向け」というコンセプトを前面に打ち出す。

基本機能は前モデル(Ace)と同等で、歩数や活動時間の記録、睡眠の計測が行えるほか、設定した目標(運動時間など)を達成するとお祝いメッセージが表示されるといった機能もある。

また、表示画面に「アバター」を設定できたり、ファミリーアカウントを作成すれば子供の運動量を随時確認できたりと、子どもは楽しみ、親は安心して使えるような製品とした。

アバターは、モンスターや花、ロケットなど複数

ラインアップの拡充に合わせ、販売チャネルも拡大することで相乗効果を見込む。

従来、フィットビットはAmazonのほか、ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店での販売をメインとしていたが、新たに「On time」などの時計店での販売も開始する。3月~4月中に、およそ150店舗に展開するとのことだ。

販売チャネルに、新たに時計店を追加

急成長するウェアラブルデバイス市場で勝機は?

IDCによれば、2018年第4四半期(10~12月)における世界ウェアラブルデバイスの出荷台数は、前年同期比31.4%増の5,930万台となり、これまでの四半期最高記録を更新したという。

中でも、スマートウォッチは前年同期比で55.2%成長し、全体の34.3%を占める、今後の更なる成長が見込まれる分野だ。さらには、リストバンド型端末も市場の30%を占めており、引き続き無視できない重要な分野である。

2018年第4四半期における、ウェアラブル市場上位5社の出荷量、市場シェア、前年比成長率(出展:IDC)

フィットビットはウェアラブル市場で全体の約6割を占める「スマートウォッチ」と「リストバンド型端末」のどちらにも強みを持つ。ウェアラブルブームの頃に比べれば主要プレイヤーは限られてきており、市場全体の成長率次第という要素は残るが、海外主導で予防医療の観点からウェアラブルに再度注目が戻るなど、兆しは見えている。今回の日本における新商品の投下、および販売チャネルの拡大は、フィットビット再成長の「のろし」となりそうだ。