「瀧澤信秋」の記事

瀧澤信秋

瀧澤信秋(たきざわのぶあき)

ホテル評論家

ホテル評論家として、国内のホテルを精力的に取材。利用者目線でホテル業界全般や、サービス、ホスピタリティ、クレーム対応、ホテルグルメなどについて、ホテル経営者やスタッフなどへの綿密な取材の上、各種媒体を通じて情報を発信している。また旅行作家としても、ホテルや旅のエッセイなど多数発表している。
今知っておくべき、「進化形カプセルホテル」

瀧澤信秋のいろはにホテル 第6回

今知っておくべき、「進化形カプセルホテル」

2019.05.31

ホテル評論家・瀧澤信秋氏による連載!

オススメの「進化形カプセルホテル」は?

カプセルホテルは「安価で気軽」から「高クオリティ」へ

“カプセルホテル総論”としてカプセルホテルの定義を再考し、業界の変化などにも触れた前回に引き続き、今回は「進化系カプセルホテル」を中心に知っておきたいブランド・店舗を紹介していく。

グルメにフィーチャーする「グランパーク・イン横浜」

横浜駅西口至近という好立地の「グランパーク・イン横浜」は、進化系の一翼として存在感のあるカプセルホテルだ。その立地のよさは、訪日外国人旅行者もひきつけるだろう。系列店には男性専用の「グランパーク・イン北千住」があリスタイリッシュで人気だが、横浜店ではよりデザイン性を高め女性専用エリアも設けたことで更に洗練された印象を受ける。

「グランパーク・イン横浜」

女性も利用するということもあり、導線からアメニティまで気遣いが光るのがこのホテルの特徴だ。使うほどにその気遣いに驚く、ハイセンスカプセルホテルである。何より、グルメなカプセルホテルという点に注目したい。併設されているレストラン「ザ・ブックカフェ」では多彩なメニューをオシャレに楽しめる。

進化系の先鋒にして代表格「豪華カプセルホテル安心お宿」

次に紹介するのは、進化系カプセルホテルの代表格として知られる「豪華カプセルホテル安心お宿」だ。

「豪華カプセルホテル安心お宿プレミア 新宿駅前店」
このホテルは、東京都内の駅近立地で5店舗を展開している。デザイン性の高さを基本としつつ数百種類という圧倒的な無料サービスの提供で知られるが、多様な決済方法やスマートフォン・タブレットなどを活用したloTスマートカプセルホテルなど、カプセルホテルの常識を覆してきたブランドとして常に業界を牽引してきた。

都内の店舗は男性専用であったが、2018年4月に開業した、東京以外では初の店舗となる「豪華カプセルホテル安心お宿 プレミア京都四条烏丸店」は、女性も利用できる、まさに“安心お宿”の名を体現する場所だ。

「豪華カプセルホテル安心お宿 プレミア京都四条烏丸店」

男女別の隠れ家ラウンジでは、高級マッサージチェアをはじめ、漫画や雑誌、味噌汁にフリードリンクなども無料提供しており、ゆったりとした時間を過ごすことができる。また、女性限定の岩盤浴をはじめ、女性フロアのプレミアルームにはフェイススチーマーやレッグマッサージといった美容家電も設置し徹底した女性目線を追求している。

さらにグループで宿泊する女性ゲスト向けのドミトリー部屋「女子会ルーム」は驚愕。4つのキャビンが向かい合って設置されたカプセルホテル業界初のドミトリー部屋だ。ゲスト各々のカプセルキャビンというプライベートスペースが常識だっただけに注目のトライといえるだろう。  

一般ホテルブランドが展開するカプセルホテル

ホテル業界としてもカプセルホテルが注目される中、人気ホテルブランドがカプセルホテルに進出する傾向が続いている。

例えば、以前本連載でも紹介した、大浴場があるビジネスホテルとして人気のドーミーインが展開する「global cabin」がそれにあたる。「カプセルホテルの合理性とドーミーインの快適性」を標榜しており、五反田・水道橋・浜松・横浜中華街と4店舗展開する。ここではカプセルユニットに加え、食事やパソコンワークができる「デスク」を設置したプライベートスペースを確保しており、かつレディースフロアも完備されている。

さらに、宿泊特化型からリゾートまで全国へ多彩なホテルを展開する「マイステイズ」ブランドもカプセルホテルへ進出。「MyCUBE by MYSTAYS浅草蔵前」は和の雰囲気が魅力だ。全7フロア中、女性専用は2フロア。カードキーで宿泊フロアだけに停止するエレベーターなど、よりセキュリティを強化している。

オススメしたい“女性専用”のカプセルホテル

男性専用から女性も利用できるエリアを設けてきたことが進化系カプセルホテルでみれらる傾向であることは既に述べたが、遂に女性専用のカプセルホテルも誕生し、支持を得ている。

「NADESHIKO HOTEL SHIBUYA」は館内全体で和を意識しており、和服姿の女性スタッフもいるなど、旅館さながらのおもてなしを受けられるホテルだ。

「NADESHIKO HOTEL SHIBUYA」

そのほか、白やピンク、パステルカラーを基調とした女性らしい内外装で人気なのが「秋葉原BAY HOTEL」。こちらはまさに女性専用カプセルホテルといったイメージだ。洗面台ブースには基礎化粧品などのコスメ類やヘアアイロンなどもあり女性目線の気遣いに溢れている。

「秋葉原BAY HOTEL」 (画像はHPより)

「カプセルホテル」は新たなフェーズへ

ここ数年ホテルの稼働率や料金の高まりが話題となってきた。相変わらずホテル建設・開業ラッシュが続く中で更なる競争の激化がみられ、エリアによっては活況の鈍化も指摘されている。

特に進化系カプセルホテルの料金設定は、ビジネスホテルのボトム料金と被る印象があり、古いビジネスホテルよりはオシャレな進化系カプセルホテルというニーズを取り込んできた。ところが、新しくキレイなビジネスホテルの料金も値頃感が出てきており、不安視するカプセルホテル運営会社の声も聞こえてくる。

過去、安全性や快適性で疑問符がつけられていた宿泊形態が進化し、デザインやサービスなどに気遣った進化系カプセルホテルが台頭してきた。リーズナブルな旅を求める訪日外国人旅行者にも相変わらずの人気だ。

とはいえ、カプセルホテルの基本は“安価で気軽な地元密着の宿泊施設”ともいえる。安心安全な施設として市民権を得つつあるカプセルホテルは、高いクオリティが担保された宿泊業態という新たなフェーズへ突入しているといえよう。更なる進化と共に、それら基本の踏襲にも注目したい。

『瀧澤信秋のいろはにホテル』連載一覧はコチラ

「旅行革命」でカプセルホテルはここまで進化した

瀧澤信秋のいろはにホテル 第5回

「旅行革命」でカプセルホテルはここまで進化した

2019.05.30

ホテル評論家・瀧澤信秋氏による連載!

カプセルホテルは時代の変化に合わせて進化している

魅力がありあまる「進化形カプセルホテル」を語り尽くす

旅行といえば、旅行会社の店舗へ出向きアレンジするのが定番――、というのはもはや一昔前の話だ。

今ではオンライン上で様々な手配ができるようになった。インターネットの普及がもたらした「旅行革命」が、旅の手配ばかりではなく、移動手段の多様化や機能性・利便性の向上をももたらしている。

近年の宿泊業全体でみれば、訪日外国人旅行者の激増等によりサービスも変容し、様々な旅行者のニーズに応える宿泊施設が誕生し続けている。

カテゴリーでいえばシティホテルやビジネスホテルといった伝統的な区分にとどまらず、ワールドワイドなラグジュアリーブランドの進出、ライフスタイルホテルといった新たな概念の広まりや、付加価値を打ち出す進化系ビジネスホテルの誕生など、枚挙に暇が無い(※1)。また、レジャーホテルの一般ユース取り込みなどについても本連載で指摘したところだ(※2)。

参照:
※1.なぜ東横インは、宿泊料が一定なのか? 多様化するビジネスホテルの今
※2.時代とともに変わるホテル - ラブホは「レジャーホテル」へ

宿泊業の活況に伴い、稼働率の上昇や料金高騰という事態も指摘されるようになってきた。そのような中、リーズナブルに移動できる手段が流行ったことで、安価で利用できる宿泊施設が大いに注目されている。法律的な区分としては「簡易宿所」が代表例だ。大まかにいうと、料金は一般ホテルと一線を画す安さにして、客室(空間)を多人数で共用するというイメージ。「カプセルホテル」や「ホステル」が知られるところである。

そこで今回は、カプセルホテルに注目した話をお届けしたい。

時代と共に進化してきた「カプセルホテル」、あなたはどれだけ知っていますか?

カプセルは「部屋」ではない

そもそも、カプセルホテルの就寝場所であるカプセルは“個室”ではない。消防法等法令の関係もあり、鍵がかからないようになっている。多くのカプセルが並ぶ部屋全体が“客室”であり、前述の通り1室を多人数で共用する前提により複数のベッド(カプセルユニット)が1室にあるという考え方だ。ちなみにこれはホステルも同様で、1室に二段ベッドが並ぶタイプがよく知られているところだろう。

他の宿泊施設同様に、簡易宿所にも入浴施設(シャワーという場合もある)を設けることが法令で定められているが、そもそもカプセルホテルでは充実設備の大浴場が設けられているケースもよくみられる。露天風呂やサウナ、ジャグジーなど、カプセルの宿泊利用の他に大浴場のみの利用者などへサービスを提供する施設も多い。そもそも温浴施設をメインにしつつカプセルホテルも営業している、という施設もみられるほどだ。

「宿泊業」という点から見ると、簡易宿所は営業許可やイニシャルコストといった点からハードルが低い上に、参入・撤退のスピード感という点も秀でているのが特徴だ。

さらには、国際紛争や経済・環境問題など、様々な要因で一気にクールダウンするリスクを内含するインバウンド需要にも、柔軟に運営対応できる業態ともいえる。ユーザー視点に立っても、ある程度のプライバシーが確保されるカプセルホテルは、簡易宿所でも利用しやすい業態である。

どこからが「カプセルホテル」なのか?

筆者は2014年に、“365日365ホテル”というテーマで毎日異なる宿泊施設へチェックインするミッションを続け、結果として372軒の宿泊施設へチェックインした経験がある。

その過程で東京にあるすべてのカプセルホテルへもチェックインする機会を得たのだが、その進化には驚愕するばかりだった。筆者自身、カプセルホテルといえば終電に乗り遅れたサラリーマンが仕方なく利用するといった「緊急避難」的なイメージを持っていた。そして一般的にも、安全・安心の担保という面から疑問符を持たれていた。

ところが、都心の駅から近い一等地に立地し、デザインやサービスなどに気遣った施設が続々と誕生していたのだ。この状況に衝撃を受けた筆者は、これらを「進化系カプセルホテル」と名付け、メディアで情報発信を行った。その後もかような“ブーム”は続き、カプセルホテル活況といえる状況が進んできた。

「進化形」の増加で、カプセルホテル活況が続く

そしてこのブームは、多様な“カプセルスペース”を誕生させた。ホステルとして営業している施設に木枠で二段の就寝スペースが誕生すると、その光景はまるでカプセルホテルのようだったし、「本」をテーマにした施設では、本棚に囲まれ枠で区切られた就寝スペースがあり、その専有面積はまさにカプセルホテルそのものだった。

一般にカプセルホテルというと、たくさんのカプセルが”カイコ棚”のようになっているイメージは共通しているものの、上述した木枠で組んだベッドスペースも、カプセルホテルを標榜する。かような情況に“そもそもカプセルホテルの定義とは何なのか”と考えるようになった。

メディアもカプセルホテルへの興味は尽きないようだ。筆者はテレビや雑誌と関わる仕事もしているが、「カプセルホテルについてとりあげたい」というオファーは2~3年前から激増した。

話を聞くと、カプセルホテルというワードは視聴者や読者に対してフックがあるのだという。まさにカプセルホテルというワードありきの企画であるが、ワードそのものの持つインパクトは大きいようにも思う。

一方、筆者はカプセルホテルとはあくまでも“カプセルユニットを用いた業態”と定義づけている。カプセルユニットは、専門メーカーにより研究され、製作・販売されている。快適性や機能性はもちろんのこと、実際にメーカーを取材してみると、安全性担保などの面からも様々な工夫が為されていることがうかがえるので面白い。

「進化系カプセルホテル」の一部を紹介

カプセルユニットといえば、上下2段で正方形の入り口、奥に長い就寝スペースが並ぶ光景をイメージするが、カプセルホテルの進化は多様なスタイルのユニットを誕生させている。

その代表格が横から出入りできるタイプのユニットだ。この形式は以前から存在していたが、横長の側面から出入りできるので楽な上、進化系では大きなテレビを枕と対の壁面に設置することも多くみられる。上下交互に配置すればプライベート空間を確保できるというのもこのタイプの特徴である。

横からスムーズな出入りができるようなつくりのカプセルユニットもある

また、「キャビン」という名称で知られるファーストキャビンでは、比較的広い空間を確保し、かつキャビン内はいずれも直立できる上下空間を確保する。これまたカプセルホテル同様に簡易宿所のカテゴリーであるが、「カプセルホテルでもなく、ビジネスホテルでもない、新しいスタイルのホテル」(公式HPより)としてカプセルホテルとは一線を画している。

ファーストキャビンの余裕ある空間

そのほか、進化系カプセルホテルの特徴として「女性専用エリア」の存在が挙げられる。カプセルホテルといえば、サラリーマンを代表とする「男性専用の施設」と認識される時代が長かった。

しかし、頭書のとおり、旅行の多様化、さらには移動手段の簡便化によって、若年から老年の女性ひとり旅の需要は喚起された。女性が利用できるカプセルホテルの誕生は必然だったのかもしれない。

いまや進化系カプセルホテルでは、女性専用フロアは常識であり女性専用エレベーターまで設置する施設もある。さらには女性しか利用できない施設も徐々に増えている。

安心して利用できるように設置された専用エレベーター

一方で、昔ながらのトラディショナルスタイルのカプセルホテルも根強い人気がある。進化系に対しいわゆる「旧態型」とも表せる施設であるが、何より進化系に比べて安いことが魅力だ。進化系が4~5,000円というイメージに対して、2~3,000円、中には1,000円台といった施設もある(料金は繁閑などで変動する)。

こうしたホテルはデザイン性やサービスなどは限定的であるが、長期利用プランなど低料金の強みを生かした利用形態にマッチしているのが特徴だ。 

昔ながらのスタイル

以上、昨今のカプセルホテルについての話をしてきた。次回は筆者が体験した実際の店舗をいくつか紹介するので、こちらも併せてチェックしていただければ幸いだ。

次回は、「今知っておくべき進化形カプセルホテル」について。ホテル評論家・瀧澤氏がオススメするカプセルホテルとは――?

※掲載は5月31日を予定しています。

連載一覧はコチラから 

印ベンチャーOYOが手がけるスマホ完結「賃貸サービス」、日本上陸で見えた課題

印ベンチャーOYOが手がけるスマホ完結「賃貸サービス」、日本上陸で見えた課題

2019.04.01

インド発ユニコーン「OYO」が日本でのサービスを開始

スマホ一台での賃貸契約、3日間の試し住みが可能

ホテル評論家の目に映る課題とは?

日本初の「スマホひとつで“旅するように暮らす”アパートメントサービス」をうたうOYO LIFE(オヨライフ)が、3月28日にサービスをスタートした。

サービスを運営するOYOはインドのホテルベンチャーで、ヤフーと合弁会社をつくって日本の賃貸住宅事業に参入する。同日開催されたメディア向けの説明会ではOYO CEOのリテシュ・アガルワル氏、OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY JAPAN CEOの勝瀬博則氏、ヤフー株式会社代表取締役CEOの川邊健太郎氏が登壇、日本攻略の展望を豪華なプレゼンで力説した。

OYO CEO リテシュ・アガルワル氏
OYO TECHNOLIGY&HOSPITALITY JAPAN CEO 勝瀬博則氏

既存の業界を大きく変えるOYOはまさに「黒船」だ

まさに華々しい船出ともいえるOYO LIFEであるが、まずOYOとは何なのかを簡単に説明しておこう。OYOはインドのホテルベンチャーとして知られており、10カ国500以上の都市で約18,000軒のホテル・住居などの運営、リース、フランチャイズを業とする。ホテルブランドの規模でいうと世界で7番目の規模で、業界では知られた存在だ。

そのOYOが日本へ進出、ただしホテル業ではなく、ヤフー株式会社と合弁会社を設立、賃貸住宅事業に本格参入するという。OYO LIFEのサービスを展開する主体となるのが、今回新たに合弁会社として設立される「OYO TECHNOLOGY&HOSPITALITY」だ。

ヤフー株式会社代表取締役CEO 川邊健太郎氏

OYO LIFEのサービスで特徴的なのは、スマートフォンひとつで契約が可能な点だ。敷金・礼金や仲介手数料はかからず、家具・家電付き、Wi-Fi通信費等の料金も込み。スマートフォンで物件探しから入居まで、さらに退去の際は書面での通知も不要という(賃貸期間などによって例外もあり)。高い初期費用や不明瞭な料金体系をはじめ、手間のかかる入居手続きといった通常の賃貸借契約と対極をなすシステムだ。

黒船襲来か!?

さらに3日間の“住み試し”も可能といい、実際に住んでから契約の検討ができるというのも斬新。まさに“ホテルのように部屋を選ぶだけ”である。まずは東京都23区を中心にサービス提供を開始するというが、料金は賃貸住宅相場と比較して割高な印象だ。ただし、通常の賃貸借契約で負担する初期費用から勘案すると、1年半までの入居であれば割安になる目安で賃料設定しているという。アナログな日本の賃貸物件事情に警鐘を鳴らす存在とも言えそうだ。

通常、日本で賃貸物件を借りようとする場合にはまず物件探しから始まる。賃貸情報サイトなどで情報収集し不動産会社を訪れるのが一般的だろうか。実際の契約には連帯保証人が求められ、さらに多くの公的書類を揃える。家主や管理会社の審査を経て、敷金、礼金、仲介手数料、保険料なども支払う。昨今では保証会社との契約(保証料の支払い)が必要なケースも多い。実際の引っ越しまでに1ヶ月ほどは要するだろうか。そのようなある種“アナログ”な業界にとってOYO LIFEは黒船襲来ともいえる。

アナログな日本の賃貸物件事情との差別化をはかる

OYO LIFEの抱えるリスクとは?

筆者はホテル評論家を生業とするが、不動産分野の話題にもかかわらずインドの“ホテルベンチャー”ということもあってか、OYO LIFEの正式なリリース前にラジオ番組を皮切りにいくつかのメディアから執筆の依頼もいただいた。

幸運だったのは、ホテル評論家になる以前に、賃貸専門をはじめ不動産管理会社の顧問を務めていた経験もあり、賃貸住宅のリアルな現場を経験していたことだった。直近の寄稿ではOYO LIFEについて“与信”と“サブリース”という点からのリスクについて問題提起した。

不動産賃貸管理の現場における代表的なリスクは家賃滞納だ。家賃滞納自体も問題であるが実際の回収には相当な労力を要す。保証会社の利用が必須という契約も増えているが、滞納賃料の回収に加えて物件の明け渡しも難題。滞納を続けた上、物件に“居座る”ケースは深刻だ。実際に現場を訪問すると契約上の賃借人と異なる人物が居住している場合もあるし、それが反社の人物であったり、組織犯罪のアジトだったこともある。ゆえに入居申込者に対する与信は非常に重要だ。

鍵を交換してしまえばいいという発想もあるが、それは違法であり逆に損害賠償を請求される場合もある。そもそも、賃貸人ではない不動産管理会社による滞納賃料回収や明け渡し交渉は弁護士法に抵触する恐れがある。

OYO LIFEは後述のとおり賃貸人なので直接交渉できるが、一般的にはこのような居座りケースは、明け渡し訴訟から強制執行という法的手続きによる解決となるだろう。費用も期間もバカにならない。同時に未払い賃料の請求訴訟も提起することになるが、判決は得られても財産や給料の差し押さえは困難なケースがほとんどだ。連帯保証人も然り。そもそも連帯保証人に支払い能力があれば訴訟までには至らないだろう。

話を戻して、OYO LIFEはスマートフォンひとつで全てコト足る利便性をうたうが、通常の賃貸物件の契約で、前述したような多くの公的書類が求められたりアナログで煩雑な手続きが伴うのは与信という側面もある。住民票や源泉徴収票・納税証明などの提出は、本人の素性、収入や勤務先の確認といった役割も兼ねている。更に連帯保証人を付することで様々なリスクを回避している。このように、不動産賃貸業界がアナログなのにはそれなりの理由もあるのだろう。

頭書の説明会ではこれらリスクについての説明がなかった。質疑応答の時間でも日本進出の経緯やビジネスモデルなどの質問が相次ぐ中、時間オーバーで打ち切られ、筆者が質問できる機会は得られなかったものの、OYO LIFE Head of Revenueの山口公大氏に質問する機会をいただいた。

「簡単すぎる」がゆえの懸念点はあるも、今後に期待

まず、具体的に「与信」についての質問に「OYO LIFEではクレジットカード決済によりリスクを回避している」という。悪意ある転貸やクレジットカードそのものの利用停止、居座りといった再質問に対しては「実際の事業を進めていく中で解決法を模索していく」と語るにとどまった。

通常の建物賃貸借契約であれば仲介業者を通すのが一般的であることは前述したが、実際の契約に際しては法令の要請で有資格者立ち会いによる重要事項説明がなされる。OYO LIFEがそのような面会を経ずして、スマートフォンひとつで入居から退去まで可能にしているのは、物件のオーナーから借り上げ転貸するサブリースの方式をとっているからだ。すなわちOYO LIFEは仲介業者ではなく賃貸人そのものなのである。

サブリースについては、物件オーナーへの賃料保証が重要なテーマだろう。瑕疵(かし)ある物件でニュースとなった“賃貸アパート経営”の問題では、サブリースに関連し物件オーナーへの賃料保証をうたいながら、事情が変更になったからと契約を反故にした実態も報道された。サブリースの賃料保証について前出の山口氏は「契約期間内の保証は確実に履行していく」とOYO LIFE におけるサブリース契約の安全性について説明した。

諸々懸念について述べてきたが、そもそも日本の賃貸住宅事情を一変させるような革新的なビジネスモデルだけに、OYO LIFEが大いなる可能性を秘めていることは間違いない。ITを駆使した最先端のシステムを掲げるだけに、筆者のような懸念を払拭する革新的システムが導入されることも期待したい。

収支や入居率などをスマホ一つで確認できるような、オーナー向け管理システムのようなサービス提供や、申込者の与信についてもいまの常識では想像がつかないような斬新なシステムが今後開発されるのかもしれない。いずれにせよ、住居だけに安心・安全の担保といった点からもOYO LIFEの展開は注目すべきだろう。