「平井万里子」の記事

平井万里子

生まれ変わった姫路城! 外国人入城者数が3.6倍になった、そのワケとは【後編】

生まれ変わった姫路城! 外国人入城者数が3.6倍になった、そのワケとは【後編】

2017.06.30

世界文化遺産・姫路城。2009年から5年間、大天守部分の修理が行われたが、その工事中の様子を間近で見学できる施設「天空の白鷺」が人気を博した。さらに改修後もARアプリを導入するなど来城者が楽しめる仕掛けが随所に散りばめられ、訪日外国人の数は改修前に比べ3.6倍になったという。マイナビニュースでは関係者への取材をもとに、“平成の大修理ドキュメント”を2回にわたってお届けする。前編はこちら

後編は、グランドオープン後の姫路城の運営・管理について、関係者に話を聞いた。

ARを導入し築城当時の城内を再現

姫路市よりグランドオープン後の運営・管理を委託された乃村工藝社。

まず着手したのが「展示の見直し」だ。改修前は、天守閣内に鎧や火縄銃、文献など多くの展示物が並んでいたが、グランドオープン以降はそうした展示物のほとんどを撤去。そのねらいについて、姫路城運営事務所の浅賀所長は「城の構造上の特性を理解して安全対策を練るとともに、築城当時の姫路城の姿を再現し、文化財としての価値およびその保存・継承の意義を伝えるためです。従来のガラスケースと比べると建物への負荷も少なく、見学者の動線も確保できます」と語る。実際、展示物を撤去したことにより混雑緩和につながり、以前に比べだいぶ回遊性がアップしたという。

乃村工藝社・姫路城運営事務所の浅賀所長

それら展示物を撤去した代わりに新たな展示方法として導入されたのが、最新技術のAR(拡張現実)である。その名もARアプリ「姫路城大発見」。現存しない建物も、3DCGにより当時の姿が再現されている。

展示物を撤去し、ARで説明

「大天守や西の丸櫓郡内を含めた姫路城敷地内城の15カ所に設置された“サイン”に携帯端末をかざすと、映像や解説文が映ります。これにより、口頭のガイドでは説明しにくいポイントもフォローできるようになりました。子供から大人まで、姫路城のもつ“文化力”を楽しみながら学べる展示になっています」(浅賀氏)

サインに携帯端末をかざすと映像や解説文が。これによって展示を減らしつつも、建物の歴史を知ることができる

平成の大修理に続き、このARアプリの開発に携わったのが、乃村工藝社のデザイナー、奥田氏だ。「現実の三次元空間に3DCGを合成し、築城当時の姫路城の姿や城下町の風景を見ることができます。一方、城兵が火縄銃を撃つシーンなどの再現映像もあり、要塞としての城の役割も学べます」

城内には無料Wi-Fiも完備しているため、アプリのダウンロードも簡単。その上、外国人がネットで検索した飲食店を訪れるなどまちなか全体の回遊性向上にもつながった。奥田氏によれば、これらの施策が反響を呼び、現在は他の自治体からの問い合わせもあるのだとか。

また、城内の照明にもこだわりが。「姫路城は文化財なので、建物内で電気工事ができません。漏電が起きれば火災にもつながってしまいます。そのため、従来の蛍光灯より発電量が少ないオリジナル充電式の行灯型LED照明を開発。江戸時代の重厚な空気感を再現しました」(奥田氏)

従来の蛍光灯より発電量が少ないオリジナル充電式の行灯型LED照明を開発

楽しみながら学べる展示が話題を呼び、改修後早々に観光客が殺到。そこで、ホームページで混雑状況や整理券配布状況をライブカメラでリアルタイム発信する「姫路城大入実況」を開設するなど、来城者の安全を最優先しながら、その満足度向上を目指している。

訪日外国人を積極的に誘致 パンフレットも19言語に対応

AR導入などの仕掛けが功を奏し、修理後の2015年には日本の城郭入場者で過去最高となる286万人を記録した姫路城。「世界文化遺産をひと目見たい」という訪日外国人の数も、改修前に比べ3.6倍に膨れ上がっている。

長蛇の列が…

その背景には、海外への積極的なプロモーション活動がある。浅賀所長によれば、改修後にはファムトリップによるインバウンド誘致も行ったという。ファムトリップとは、ターゲットとする国から、旅行会社やメディア、ブロガーを招待し、特定のエリアや企業の情報をPRする視察旅行のことだ。

「姫路城が外国の方に人気のポイントのひとつに、外観の美しさも挙げられると思います。特に欧米の方たちからは『“白い城”は自分たちの美的感覚に合う』という感想をよく聞きますね。また、中国人の“爆買い”が体験型観光にシフトしたことも、訪日外国人増加の要因のひとつかと思います」(浅賀氏)

増え続ける訪日外国人対策として、姫路城のパンフレットは日本語を含め20言語に対応。さらにスタッフ入社時には英語の研修を行うなど、引き続きインバウンド対策に力を注ぐ。

「姫路市の経済波及効果は424億円で、特に宿泊・飲食サービス、運輸部門で効果額の半分以上を占めています」(春井氏)

かつての匠たちの技術に敬意を表しながら、ARなど現代の知恵を駆使して生まれ変わった姫路城。ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

生まれ変わった姫路城! 外国人入城者数が3.6倍になった、そのワケとは【前編】

生まれ変わった姫路城! 外国人入城者数が3.6倍になった、そのワケとは【前編】

2017.06.29

世界文化遺産・姫路城。2009年から5年間、大天守部分の修理が行われたが、その工事中の様子を間近で見学できる施設「天空の白鷺」が人気を博した。さらに改修後もARアプリを導入するなど来城者が楽しめる仕掛けが随所に散りばめられ、訪日外国人の数は改修前に比べ3.6倍になったという。マイナビニュースでは関係者への取材をもとに、“平成の大修理ドキュメント”を2回にわたってお届けする。

大天守部分を覆った巨大なメッシュシート

姫路城大天守保存修理事業が立ち上がったのは、2009年6月のこと。その経緯について、姫路市の姫路城管理事務所副所長の春井浩和氏は次のように振り返る。

姫路市の姫路城管理事務所副所長の春井浩和氏

「1964年の“昭和の大修理”から約50年が経過し、漆喰や瓦などの傷みが目立つことから、修理が決定しました。その際、ただ修理するだけでなく、築城以来400年の歴史を誇る文化財そのものを見てもらおうと、保存修理工事そのものを見学させるという構想が生まれました。世界文化遺産修理の常時公開は日本初の試みです」

修理前の姫路城

これが姫路城修理見学施設、愛称「天空の白鷺」(※名称は一般公募により決定)プロジェクトの始まりである。5社による競合コンペが行われた結果、空間創造事業と空間活性化事業を展開する乃村工藝社が内装や展示を担当することに。同社は年間7000件以上プロジェクトを遂行しているディスプレイデザイン会社である。

姫路城修理見学施設「天空の白鷺」

修理見学施設のアートディレクションを手がけた乃村工藝社のデザイナー・奥田龍一氏が提案したコンセプトは「職人の技を伝え、継承すること」。

修理見学施設のアートディレクションを手がけたデザイナーの奥田龍一氏

まず奥田がこだわったのが、修理中の外観だ。城郭を覆う高さ53mのメッシュシートに、実物大の姫路城の線画が描かれた。

「素屋根に描かれた実物大の城の線画は、50年前の大修理の設計図をもとに、工事用メッシュシート約800枚にインクジェット出力したもの。改修中、シートにすっぽり覆われてしまった姫路城を少しでも感じてもらう演出をしました」

春井氏も「乃村工藝社さんのプレゼンは、我々が最も重視していた“外観を楽しむ”というコンセプトに合致したのです」と選定理由を述懐する。

しかし、こだわりは外観だけに留まらない。

修理中184万人が訪れた見学施設のこだわり

城郭内部は8階建てとなっており、1階と7、8階に見学用のスペースが設けられた。「最上階8階はガラス張りにし、職人たちによる瓦や漆喰の修繕作業を間近で見られるようにしました。また天守閣の美しい屋根を臨場感のあるアングルから見ることができる仕掛けも、人気を博した理由のひとつだと考えています」(奥田氏)

そして伝統技術をもつ職人の“技”へのリスペクトも忘れない。「今回の修理工事で重要な役割を担う職人たち。未来へ“技”を継承するため現在の職人に経験を積んでもらう必要があります。その思いを具現化するため、1階のエントランスホールの壁面には、職人たちのシルエットをデザインしました」(奥田氏)

「城郭建築の醍醐味を体感しながら間近で“匠の技”を見学できる仕掛けと世界遺産の話題性が相乗効果となり、開館期間中は184万人の来館を記録しました。当初のねらいであった文化財修理や大規模改修の重要性の啓発につながったと感じています」(春井氏)

こうして2014年にグランドオープンした姫路城。乃村工藝社は、その後の姫路城の管理・運営も担っていくこととなる。【後編へ】

実は男性にうけている「男梅サワー」の秘密

実は男性にうけている「男梅サワー」の秘密

2017.05.31

ここ数年、飲食店で頻繁に見かけるのが「男梅サワー」。「梅酒サワー」ではなく「男梅サワー」だ。そもそも梅酒といえば、独特な甘味と爽やかな味わいが特徴で、どちらかというと女性に人気のお酒というイメージがある。だが男梅サワーは消費者の7割を男性が占めているという。しかもアイデアのもととなったのは、製菓メーカー、ノーベル製菓の“キャンデー”だ。ますます男性からは程遠く思える商品の開発経緯などを、サッポロビール株式会社スピリッツ事業部の伊藤寿俊さんに話を聞いた。

“しょっぱい旨さ”が人気! 男梅サワー誕生の舞台裏

男梅サワーは、2013年4月にサッポロビールから限定発売されたアルコール飲料。ノーベル製菓の人気商品「男梅キャンデー」独特の風味が忠実に活かされている。

「きっかけは、社員のひとりが男梅キャンデーを舐めていて『こんなお酒があってもいいのでは』と思いついたことでした。それまで梅酒風味の缶チューハイはあったものの、梅干風味のお酒はありませんでした。そして梅のお酒というと、“甘い”という印象が強く男性としてはあまり手を出しにくい商品。そこで我々は男性でも飲みやすい“甘くない”梅干しサワーを作ろうと考えたんです」

こうして男梅キャンデーのノーベル製菓に提案を持ちかけ、男梅サワーの開発がスタート。開発中は常に男梅キャンデーを舐めながら(!)試作が行われた。

「他社の商品は、青梅を使ったフレーバーのお酒が多い。僕らはキャンデーの甘さも出しつつ、昔ながらの“塩で漬け込んだ梅干し”の感じを目指しました。ただ塩を使うと缶の裏側が腐食してしまう。塩を使わずにどう“しょっぱい旨さ”を実現するか、開発に苦心しました」(伊藤さん)

こうして試作を重ねて完成した男梅サワー。当初は数量限定商品だったが、反響が大きかったためその年のうちに通年商品として復活。2016年の売上げは過去最高を記録し、今や男梅サワーは同社低アルコール缶飲料部門で出荷量の半分を占める看板商品となったそう。

「その後、飲食店さんでも楽しんでもらえるよう2014年春にグループ会社のポッカサッポロ社から割り材の『男梅シロップ』を、同年夏『サッポロ 男梅の酒』というRTS(リキュール)を作りました。男梅の酒は、自宅でもアルコール度数をアレンジできます。また『男梅サワー』のアルコール度数5%だと物足りないという御意見も反映して9%の『超男梅サワー』という商品をラインナップに加えました。」(伊藤さん)

しかし、なぜここまで男梅サワーが男性にウケているのだろうか。伊藤さんはこう分析する。

「自分の父親もそうですが、焼酎に梅干しを一粒入れて、箸で潰して飲んでいる男性って多いんですよね。焼酎のお湯割だと味気ないと感じていたり香りや果肉感を楽しみたい人たちにとって、他のサワーには出せない男梅サワー独特の“しょっぱい旨さ”がウケているのではないかと感じています」(伊藤さん)

「類似商品がないのが最大の強み」と話す伊藤さん。飲食店で飲み放題のメニューにも入っているため、珍しがって注文する人もいるのだとか。「お客様のアンケートを見ると『しょっぱいからおつまみが要らない』『ダラダラ飲みするのにちょうどいい』という声がありました。中には『野球の試合の打順で例えると、4番ではなく5番のようなお酒』なんていう声もありましたね(笑)」(伊藤さん)

果実仕立ての梅のお酒 女性に人気の“ウメカク”

男梅サワーが男性に人気の商品だとすれば、女性、しかも若年層を確実にねらったのが“ウメカク”だ。甘い梅酒をベースに、さまざまな果汁を加えた梅酒ベースのアルコール飲料で、2015年9月発売の「ウメカク 果実仕立ての梅酒カクテル ピンクグレープフルーツ」(びん)を皮切りに「白桃」「レモン」と続き、昨年9月からは同ブランドから缶チューハイ(ピンクグレープフルーツ、白桃)も発売し、先日5月16日には限定品の「宮崎産 日向夏」が発売されたばかり。

「20代~30代の女性から高い支持を受けている梅酒。ウメカクは、梅酒と果汁の両方の良さが伝わるように、ベストバランスな味わいに仕上げました。中でもピンクグレープフルーツは、もともと女性に大人気のフレーバー。パッケージのレトロ感も人気の要因です。」

そう語るのは、同社スピリッツ事業部の野村祥子さん。商品最大の特徴は「濃厚な味わい」だと語る。

「ウメカクはロックで飲む方がいる一方、ソーダやヨーグルトで割っている方もたくさん。こうした様々なアレンジが楽しめるのも、ウメカクの特徴のひとつです」(野村さん)

そして興味深いのは、最初は缶ではなく、びんで売り出したという点だ。スーパーマーケットやコンビニの常温酒のコーナーは、普段はなかなか立ち寄らない場所だが……。

「お酒を楽しむ人の裾野を少しでも広げるため、若い女性をターゲットにしたかわいらしいパッケージにしました。SNSでも商品の写真を載せるお客様が多いんですよ。ここ数年の家飲みブームも手伝って、売れ行きも好調です」(野村さん)

この家飲みブームに乗って、前出の男梅サワーも飲み方提案などを積極的に行っている。4月には、東京と大阪で「男梅屋台」なるイベントを開催した。

「イベントでご提案したのは『梅落とし』(梅干しを一粒落とす飲み方)や『梅涼し』(串切りのレモンを落とす飲み方)など、春夏秋冬の季節ごとに適した4種類の飲み方。イベントは大盛況で、2会場合計4100人の来場者があり、約6,000杯を売り上げました」(伊藤さん)

(左から)男梅担当の伊藤寿俊さん、ウメカク担当の野村祥子さん

従来のアルコール飲料にはなかった“しょっぱい旨さ”で新感覚の味覚を打ち出し、自分流に味覚をアレンジできるのが家飲みブームともマッチした男梅サワーとウメカク。

最後に「男梅サワーに関していえば、ノーベル製菓さんのブランド力もお借りしながら、今後も新しいお酒の楽しみ方が提案できるようなアイデアを考えていきたいですね」と締めくくった伊藤さん。このブレイク事例をモデルケースに、異業種とのコラボ飲料が増えるかもしれない!?