「岡安学」の記事

岡安学

岡安学(おかやすまなぶ)

フリーランス・ライター

ゲーム情報誌編集部を経て、フリーランス・ライターに。ゲーム誌に寄稿しながら、攻略本の執筆も行い、かかわった書籍数は50冊以上。現在は、デジタル機器を中心にWebや雑誌、Mookなどで活躍中。ゲームを中心としたアニメやマンガ、映画なども守備範囲。近著に『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊)。 Twitterアカウント:@digiyas
開幕が近づく『パワプロ』eペナントレース! ドラフト1位は誰の手に?

開幕が近づく『パワプロ』eペナントレース! ドラフト1位は誰の手に?

2018.09.13

野球ゲーム『パワプロ』のプロテストが開催された

オンライン予選を勝ち抜いた96名のうち、ドラフト候補生は36名

9月29日に実際の球団が候補生の中からドラフト選手を指名する

KONAMIと日本プロ野球機構(NPB)は、9月1日に東京ミッドタウンにて「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ」プロテスト東日本選考会を開催した。

同リーグは『実況パワフルプロ野球 2018』(PS4/PSVita)もしくは、ダウンロード専用ソフト『実況パワフルプロ野球 チャンピオンシップ 2018』を使用して行われるeスポーツのプロリーグだ。

7月30日から8月5日の間に行われたオンライン予選の結果、東日本、西日本のそれぞれ上位96名の選手がオフライン選考会へ進出。8月26日には西日本選考会が開催されており、2回目のオフライン選考会である東日本選考会では、参加資格のある96名のうち84名が会場に集結し、14のグループに分かれてリーグ戦を行った。

会場の様子。オンライン予選を突破した猛者が集結し、熱戦を繰り広げた
チェックする側も真剣そのもの。試合結果に間違いがないようしっかりと確認していた

球団の一員になることは、プロ野球選手と同列になること

オフライン選考会では、各グループで成績上位2名が面接審査に直接進み、3位の選手14名のうちオンラインランキング上位10名がプレイオフに進出。プレイオフの結果、6名が面接審査にコマを進めた。

そして、面接審査はグループリーグ1、2位の選手とプレイオフを勝ち抜いた選手合わせて34名で行われ、最終的には「ドラフト候補生」として18名に絞られる。

ドラフト候補生は近日発表の予定で、西日本、東日本から選出された計36名が、9月29日に開催される「eドラフト会議」で読売ジャイアンツや阪神タイガースといった実際の球団に指名されていくという流れだ。

実際に会場には、プロ野球球団の関係者も多く訪れており、高校野球選手権大会や大学野球リーグ、都市対抗野球大会などへの視察と変わらない様相だった。

「eスポーツが注目を浴びており、『パワプロ』リーグの提案が挙がっていると知って、参加したいと考えました。野球のルールをゲームで覚えてもらい、実際にプレイするようになってくれればいいなと。ドラフト候補については、社会人としてのロールモデル、eスポーツを背負って立つのに相応しい人を選びたいと思っています。ファイターズの一員となることは、プロ野球選手と同列になることですから」(北海道日本ハムファイターズ広報部)

プロテストでの使用チームは、オール・セントラルかオール・パシフィックのいずれか。6イニング限定試合で延長戦はなし。コールドは10点で、ケガはなく、選手の調子は「おまかせ」となっている。ポイントは、勝てば3点、引き分けで1点、負けると0点だ。ポイントが同じ場合は、得失点差、得点、総ヒット数、直接対決の結果の順番で判断し、ランキングが決定される。

オンライン予選では20試合が有効ポイントとなり、オンライン予選期間内で獲得ポイントが高かった上位20試合を対象に、総ポイントで争われた。

プロテスト選考会では、オンライン予選の順位を元にグループ分けが行われ、強さに偏りがでないように配慮される。プロテスト東日本選考会もオンライン予選と同じレギュレーションのもと行われ、各グループで5試合ないし4試合行い(Aグループのみ5人参加)、面接審査への切符を賭けて戦った。昨年の王者であるマエピー選手はCグループで参加し、5戦全勝と圧倒的な実力を示していた。

東日本オンライン予選1位のケーバック選手。Aブロックでは惜しくも2位通過となった
昨年王者のマエピー選手。5戦全勝と貫禄をみせた
人力舎所属でお笑いコンビ「美女と野獣」で活躍する嶋崎幹選手(選手名m.o.m.o)。全国対戦ランキング1位になったこともある実力者だ。プレイオフにて面接審査へ進出
面接審査は非公開だったが、特別にマエピー選手の面接時の写真をコナミデジタルエンタテインメントからいただいた

なお、グループリーグを突破した選手は以下の通り。

【Aグループ】<1位>ねお <2位>ケーバック
【Bグループ】<1位>イッキー <2位>ゆーてぃす
【Cグループ】<1位>マエピー <2位>わいきゅん
【Dグループ】<1位>じゃむ~ <2位>フサマント
【Eグループ】<1位>ダクゥー// <2位>乃木坂の申し子
【Fグループ】<1位>ころころ <2位>ちゃむぎ
【Gグループ】<1位>スンスケ <2位>くや
【Hグループ】<1位>まさまさ <2位>Reset
【Iグループ】<1位>ヒデナガトモ <2位>ガブ
【Jグループ】<1位>CPBLオタク <2位>TOKING
【Kグループ】<1位>えぞひぐま <2位>ふが
【Lグループ】<1位>TKDえる <2位>JOY戦士
【Mグループ】<1位>tell <2位>グランツ
【Nグループ】<1位>めし原 <2位>dolls
【プレイオフ突破】U・ω・U、アールグレイ、九曜巴@えるてー、わたるん、m.o.m.o、ひらD

この34名から面接審査を通過した18名と、プロテスト西日本選考会の面接審査を通過した18名が、9月29日に行われる「eドラフト会議」にかけられる。ドラフトは各球団が3位まで必ず指名。取材時に聞いた関係者の話によると、選手側は意中の球団以外から指名されたとしても、基本的に拒否権はなく、指名された球団に入団するということだ。ここが通常のドラフトと違うところだろう。 

いったい誰が、どの球団からドラフト指名を受けるのか。eスポーツの歴史にまた、新しい1ページが記される。

国体のeスポーツ競技が『ウイイレ』に決定! 金メダリストも参戦の意向

国体のeスポーツ競技が『ウイイレ』に決定! 金メダリストも参戦の意向

2018.09.07

茨城県とJeSU、JFAは2019年の茨城国体でeスポーツ競技を開催

競技タイトルは『ウイニングイレブン2019』に決定

同郷のメンバーをいかに確保するかが勝負のカギになる?

茨城県とJeSU、日本サッカー協会(JFA)は9月4日、JFAハウスにて、2019年に「いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会」の文化プログラムで開催予定のeスポーツ競技の大会について、共同記者会見を行った。

本大会は、「第74回国民体育大会」および、「第19回全国障害者スポーツ大会」の開催に合わせ、国民体育大会文化プログラムとして開催される全国初の「都道府県対抗eスポーツ大会」だ。

今回の記者会見では、大会名「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」のお披露目とともに、大会種目が『ウイニングイレブン2019』であることが発表された。さらに、大会のロゴマークについて、大井川茨城県知事から「デザインは日の丸と月桂樹から。フォントはデジタルらしい角張った書体で、色は日本国旗の赤と茨城県章の青からとっています」と発表された。

茨城県の大井川和彦知事
全国都道府県対抗eスポーツ選手権ロゴ

国体の開催でeスポーツの認知と裾野の拡大に期待

大会形式は3人1組による団体戦で、プラットフォームはPS4を使用する予定。部門は、年齢制限のない「オープンの部」と、高等学校等に在籍する者を対象とした「少年の部」の2つだ。

2019年4~7月に、JeSUとJFAによるオンライン/オフライン大会形式の予選会が実施され、各都道府県代表が選出される。都道府県ごとの予選会の方法は2019年2月から随時発表する予定。本大会の開催日は2019年10月4~6日で、開催場所は茨城県内だ。

会見にはJeSUの岡村秀樹会長とJFAの田嶋幸三会長の2人も出席し、意気込みを語った。

「eスポーツの認知、裾野の拡大のため、国体での開催は喜ばしいこと。アジア競技大会では、eスポーツ6タイトル中の1タイトルに『ウイニングイレブン』が選ばれ、日本チームが優勝しました。彼らも国体への参加を希望しています。また、他のタイトルも検討中です」(岡村会長)

JeSUの岡村秀樹会長

「年齢、性別、障害の有無に関係なく参加できることに感銘を受けています。サッカーとサッカーゲームには相乗効果が見込めるでしょう。eスポーツでサッカーに興味をもっていただき、サッカーを始めてもらえれば嬉しいですね」(田嶋会長)

JFAの田嶋幸三会長

記者会見の最後には、9月15日に茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会の開催1年前を記念し、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」の前哨戦となる「茨城プレ大会」の開催を発表した。会場は、つくば国際会議場。茨城県民を対象に『ウイニングイレブン2019』を使用して、オープンの部、少年の部の2部門で開催する予定だ。

なお、今回の会見では未発表だったが、参加条件や大会のレギュレーションなどの話も関係者から伺うことができた。

県代表となるには、その県に在住する者、もしくは学校や職場が所在していること、もしくはその県の出身であることが条件だという。さらに大会は3v3での対戦で、アジア競技大会で行われた1v1、2v2の対戦形式ではないそうだ。これらの詳細は、東京ゲームショウ中、もしくはその後に公式発表があるらしいので、そちらを待つのが確実だろう。

プラットフォームがPS4であることからもわかるように、基本的に戦いの場はオンライン上だ。したがって、今大会の最大のハードルは、「チームを組むこと」だと言っても良いかもしれない。同じ県の代表資格を持つ強豪プレイヤーと、どうやってコンタクトを取っていくのかが問題だ。ただし、代表選出の詳細が発表されていないので、もしかしたら個人で予選に参加し、県予選上位3名で代表チームを組む可能性もある。その場合は、そこで初めて顔を合わせるわけなので、チームワークの構築が課題となるだろう。

戦いの火蓋が切られた「クラロワリーグ」- 世界5地区すべてで開幕

戦いの火蓋が切られた「クラロワリーグ」- 世界5地区すべてで開幕

2018.09.06

「クラロワリーグ アジア」のシーズン2が開幕

今回はアジアと中国を含めた、世界5地区で開催

シーズン1からレギュレーションは大きく変更された

ゲーム会社のSupercellは『クラッシュ・ロワイヤル(クラロワ)』の公式eスポーツリーグ「クラロワリーグ アジア」シーズン2の開催を決定した。クラロワは、カードゲームやマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)などを融合させたリアルタイムストラテジーゲーム。8枚のカードでデッキを構築し、それらのカードを使いながら相手のタワーを倒していくというゲームだ。

ゲーム画面イメージ

5つの地区すべてでクラロワリーグが開幕!

「クラロワリーグ アジア」は、10の国と地域が参加するプロリーグで、日本4チーム、韓国4チーム、東南アジアの国と地域4チームの計12チームで編成されている。約3カ月にわたり、お互いの国や地域を行き来し、総当たり戦で優勝チームを決定する。

8月26日に日本でも開幕した「クラロワリーグ アジア」シーズン2

4月27日~7月15日まで行われたシーズン1では、日本チームのPONOS Sportsが優勝し、同じく日本チームのGameWithが2位となった。

「クラロワリーグ」はアジアだけでなく、合計5つの地区で開催されるが、シーズン1は準備期間としての意味合いもあり、開催されたのは「中国」と「アジア」の2地区のみ。ヨーロッパ、北米、ラテンアメリカの3地区は今回からの開幕となった。つまり、「クラロワリーグ アジア」では今回がシーズン2だが、5つの地区によるリーグ戦が本格始動したのは今回からということだ。

「クラロワリーグ アジア」に参加する日本チームは、チームもメンバーもほとんどシーズン1と変わらず、PONOS Sportsに1人Rolaporon(ロラポロン)選手が加わり、全19選手でリーグ戦が開催された。

ちなみに今後、5つの地区の優勝チームが一堂に会して世界一の座を奪い合う「世界一決定戦」も予定されているが、詳細は未定。アジアと中国の2シーズン分の結果がどう影響するかも決まっていないようだ。

シーズン1で優勝したPONOS Sports
プレイオフで敗れたものの、シーズン1をトップで通過したGameWith
シーズン2で巻き返しをはかるDetonatioN Gaming
シーズン1でベスト2v2ペアのタイトルをとったFAV gaming

大きく変更されたレギュレーション。チーム全体の底上げがカギに

シーズン2からは、大きくレギュレーションが変更。タイブレーカールールなど、新たなルールが採用された。シーズン1では、3戦2先勝利方式で、1on1(1対1の対戦)、2on2(2対2の対戦)、1on1の順番で対戦が行われていたが、シーズン2では、3戦2先勝利方式自体は変わらないが、試合形式が2on2、1on1の順番で行われ、3試合目はKING OF HILL形式(1on1形式の試合の勝ち抜き戦で、3ゲーム先取で勝利)によって決着が付くことになった。KING OF HILL形式では、最低でも3試合する必要があるため、よりエキサイティングな戦いが楽しめる。

また、出場するプレイヤーの規約も変更され、1試合目の2on2に出場した選手は次の1on1で出場することができなくなった。つまりチーム全体の実力の底上げができないと、勝ち抜くことが難しくなったわけだ。

2v2と1v1で連続して出場できなくなり、チームの采配がより重要になった。シーズン1最多勝利プレイヤーみかん坊や選手(写真左)と天GOD選手(写真右)
王子の愛称で人気の高いShun選手
アジア競技大会予選では日本代表として参戦したけんつめし選手
けんつめし選手との対戦に勝利した天ぷら選手

シーズン1から引き継いだルールとしては、対戦相手に使わせないカードを1枚決定するBANシステムがある。相手の得意なカードや現時点で最強クラスのカードを封じられるため、カードデッキの対応力や、組み立ての応用力などが必要となる。

「クラロワリーグ アジア」シーズン2は、8月24日に台湾で開幕し、翌25日には韓国で、さらに翌26日に日本でも開幕した。

26日には、「GameWith対PONOS Sports」「FAV gaming対DetonatioN Gaming」「GameWith対FAV gaming」の3戦が行われ、GameWithとFAV gamingが1勝1敗、DetonatioN Gamingの1勝、PONOS Sportsの1敗という結果となった。

9月2日は、日本で総当たりとなる残りの組み合わせで対戦し、9月7日からの3日間に韓国での日韓戦が行われる予定だ。

リーグ戦は10月28日まで行われ、11月4日にワイルドカード決定戦、11月11日にプレイオフが行われる。

いよいよレギュレーションも固まり、5つの地域すべてで開幕され、世界大会も見えてきた。「クラロワリーグ アジア」もシーズン1以上の盛り上がりが期待できるので、配信動画で「クラロワリーグ」を要チェックだ。

クラロワリーグ アジア 公式Youtubeチャンネル