「安藤康之」の記事

安藤康之(あんどうやすゆき)

バイク市場は退潮していなかった? 日本で存在感を高めるトライアンフに聞く

バイク市場は退潮していなかった? 日本で存在感を高めるトライアンフに聞く

2018.12.19

スタンダードモデルとして登場した2台の2019年モデル

トライアンフを躍進に導く3つの成長戦略

野田社長を直撃! 日本でシェアを拡大できる理由とは

国内4大メーカーが圧倒的なシェアを握る日本の二輪車市場。海外メーカーはいわば“オマケ”的な存在で、一部の根強い愛好家の乗り物とか、ファッションでいうところのハイブランドといったようなイメージが一般的なのではないだろうか。そんな中、日本で勢力を伸ばしているのがトライアンフだ。

トライアンフは1902年にイギリスで誕生したブランドで、現存する世界最古の二輪メーカーに数えられる。同社が日本で成長を続けられる理由について、新製品発表会に登場したトライアンフモーターサイクルズジャパンの野田一夫代表取締役社長に聞いてきた。

トライアンフの「ボンネビル」シリーズで最もモダンな「Street Twin」の新型モデルが登場

エンジン性能が大型アップデートされた2019年の新モデル

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、12月15日に2台の2019年モデルを発売した。同社で最も成功を収めたモダンクラシックバイクであり、販売戦略上も重要なモデルという位置付けの「New Street Twin」と、先代モデルに比べオフロード性能が向上した「New Street Scrambler」だ。

右側高めを取り回す2本のエキゾーストパイプが印象的な「New Street Scrambler」

大幅な改良を経て登場した新型モデルだが、中でも両車に共通するエンジンの進化には目を見張るものがある。搭載するのは900ccの高トルク「Bonnevileエンジン」で、最高出力は先代モデルの55PSから65PSへと大幅に向上。特に3,500~5,500回転での出力が高まっているため、その違いは乗った瞬間に感じられるという。さらに、回転数は従来型に比べプラス500回転の7,500rpmに増加している。

先代モデルと比べて18%の出力アップを実現した水冷SOHC並列2気筒8バルブ270°クランクエンジン

同様のアップデートが施された両車だが、吸排気システムの違いからそれぞれ異なる特徴が表れているのも面白い。「New Street Twin」はトライアンフ伝統のブリティッシュパラレルツインのフィーリングが向上。回せば回すほどに、フレキシブルで伸びのある爽快な走りが楽しめる。一方の「New Street Scrambler」は、大音量のスクランブラーサウンドが体に響きわたるような迫力ある走りが特徴だそうだ。

エンジンの出力強化に伴い各パーツも見直した。フロントブレーキには新たにブレンボ製の4ポットキャリパーを採用。フロントフォークはカートリッジ式フロントフォークに変更するなど足回りを強化してある

価格は「NEW Street Twin」が105万600円(税込)からで、「New Street Scrambler」が128万100円(税込)からとなっている。価格の上昇が最低限に抑えられているのは、同社がこの2モデルをエントリーモデルと位置付けているため。トライアンフ入門車として幅広いユーザーに訴求し、いずれは1,200ccなどの他モデルに移行する足がかりとしてもらう戦略だ。

トライアンフの躍進を支える3本の柱

グローバルで見たトライアンフの販売台数は、2007年から2017年までの10年間で160%も伸びている。日本での登録実績は2017年に初めて1,800台を超え、最終的には1,876台を達成した。近年最も成長したブランドの1つといえる。

リーマンショックなどの世界的な大不況の中でもトライアンフの販売台数は堅調に推移してきた

新製品発表会に登壇したトライアンフモーターサイクルズジャパンの野田社長は、同社が日本で成功している秘訣について「ブランドの浸透」「販売店舗の改変」「新商品攻勢」という3つのポイントをあげた。

まず、ブランドの浸透に大きく関係したのがハリウッド映画への登場だ。トライアンフのバイクといえば、古くはスティーブ・マックイーンの代表作の1つ『大脱走』のイメージが強いが、近年も『アントマン』『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』『オーシャンズ8』といった作品で活躍している。いずれも話題作であったため、知らないうちにその姿を目にしていた人も多いはずだ。

販売店舗の改変については、「せっかく良いものを買っても、店舗が汚ければ満足度は決して高くはならない」との信念に基づき、かなり力を入れて推し進めているという。2017年に東京都・吉祥寺にオープンした「トライアンフ東京」を例に取れば、1階は黒と白を基調にしたお洒落なデザインで、240㎡を超えるゆったりとした店内にバイクが展示してある。2階は木のぬくもりを感じながらリラックスできるスペースとなっている。

最後に、野田社長が最も強調していたのが新商品攻勢だ。トライアンフは2016年にスタートした「第1弾商品大攻勢」で27モデルを市場に投入。大幅に商品を増やした背景としては、競合ブランドに比べ同社のモデル数が少なかったという事実も指摘できるが、闇雲にリリースしたわけでもないことは、その商品構成を見れば分かる。

以前は長距離走行に適したツアラーなども展開していたトライアンフだが、自社のキャラクターには合わないと判断し、第1弾新商品攻勢では強みとするクラシックモデル路線へと大きく舵を切った。当初は900ccだけだったラインアップも、現在は1,200ccを生産するなど選択肢の幅を広げている。

また、野田氏は今回の2モデルを皮切りに、2019年にかけて「第2弾商品大攻勢」をかけることを発表した。月間1台以上という他メーカーには真似できないペースで新モデルを投入し、さらなる躍進を期する考えだ。

2019年6月頃には“一目見てすごい”と思わせる隠し玉を用意しているとのこと。今後の動向から目が離せない

支払われた対価に対して最大限のリターンを提供

現在、日本の二輪業界では、若者のバイク離れによりユーザーが減少していて、バイク乗りの高齢化も進んでいる。それに伴い、国内販売数も全体的に右肩下がりという厳しい状況だ。こうした現状をどう捉えているか野田社長に聞いてみると、その認識は「ある意味で正しく、ある意味では間違っている」との答えが返ってきた。

「全体でいえば確かに減少傾向にありますが、そのメインはスクーターなどの実用の部分なんです。趣味性の高い大型バイク自体はそんなに販売台数が減っていなくて、年によっては増加しています。トライアンフは『移動体』という部分よりも、趣味性に特化しているというところが、まず1つの大きな成功要因ですね」

発表会場には同社がインスピレーションパッケージと呼ぶカスタム心をくすぐるイメージを展示。こちらはトライアンフのデザイナーによるセレクトだ

確かに、ほぼ日本専用のガラパゴスアイテムといえる50ccバイク(原付一種)は、風前の灯とも思えるほど厳しい状況にある。2020年から始まる次期排ガス規制に対応するためのコスト増や、世界基準の最低排気量125cc以下(原付二種)への移行、軽四輪や電動アシスト自転車へのシフトなどが背景だ。

それに対し、250ccを超える趣味性の高いバイクの需要については、ある程度維持できているというのが野田社長の考えだ。とはいえ、こうした傾向はすべての二輪メーカーに対していえること。その中で、特にトライアンフが成長を続けている理由はどのあたりにあるのだろうか。

「トライアンフが販売台数を伸ばしている理由は、一貫性があって良いものを作り続けているからだと思います。これはオーナー企業だからできることですが、“バカ真面目”というか、ちゃんと良いものをしっかりと作ろうという思いが大きい。時には、ちょっとやりすぎなんじゃないかと思うこともあるほどです」

“For the RIDE”をブランドテーマに掲げるトライアンフのバイク開発は、細かな部分に至るまで一切の妥協がない。そんな同社が月1台以上のペースで新モデルを投入することについて、野田社長は「他メーカーにはできない」と胸を張った

ホンダ、カサワキ、ヤマハ、スズキという世界の4大バイクメーカーを有する日本には、カタログスペックで優れた多くのバイクが乗り継がれてきた歴史があり、日本人のバイクに対する目も肥えている。そんな日本で、厚めに設計したハンドル径や手塗りしたピンストライプの塗装など、細部にまで凝ったトライアンフのバイクづくりが“本物を求める欲求”にマッチした。これが、同社が日本で成功している要因なのではないだろうか。

趣味性の高い大型バイクであるがゆえに、ユーザーは出した対価に対して相応の意味や価値を見出したいと考える。それらを最大化していくことこそ、トライアンフの差別化戦略なのだろう。

「アヴェンタドールSVJ」をアジア初公開! ランボルギーニが日本を重視する理由

「アヴェンタドールSVJ」をアジア初公開! ランボルギーニが日本を重視する理由

2018.11.30

ランボルギーニが最新モデル「アヴェンタドールSVJ」をアジア初公開

ドライバーの要求を高レベルで満たすハイパフォーマンス

日本市場でも販売は右肩上がり、ランボルギーニの戦略とは?

日本でランボルギーニの販売が始まってから50年以上。ここ数年の国内セールスは右肩上がりだ。11月21日には横浜スーパーファクトリーで「Lamborghini Day 2018」を開催し、最新モデル「アヴェンタドールSVJ」を公開。新車市場が拡大する中国ではなく、日本をアジア初公開の舞台に選んだところからも、ランボルギーニが日本市場を重視していることが伝わってくる。

日本上陸を果たした「アヴェンタドールSVJ」。販売価格5,154万8,373円(税込み)に見合うスペックのスーパーカーだ

予約殺到! 世界が注目するランボルギーニ史上最高の1台

2018年8月のモントレー・カー・ウィークで世界初公開となった「アヴェンタドールSVJ」。「ミウラ」「ディアブロ」「ムルシエラゴ」も名乗ったランボルギーニ伝統の「SV」(スーパーヴェローチェ=超高速)に加え、幻のスーパーカー「Jota」(イオタ)から「J」の文字を受け継ぐ。

その名を見ただけで、モーターファンであればサーキットでの優れた走行性能を想像できるはずだ。ちなみに、ドイツのニュルブルクリンク北コース(1周20.6km)では、市販車最速の6分44秒97という記録を叩きだしている。

全長4,943mm、全幅2,098mm、全高1,136mm、ホイールベース2,700mm
公開されたデザインスケッチ。戦闘機の要素を取り入れたエクステリアは、「アヴェンタドールS」と比べて大幅に変わっている

リファインによって最適化した6.5リッターV12自然吸気エンジンは、最高出力770hp(566kW)/8,500rpm、最大トルク720Nm/6,750rpmを発生する。停止状態から時速100キロへの加速に要する時間はわずか2.8秒。最高速度は350km/hオーバーを記録している。これまで量産車に搭載されたものの中で、最もパワフルなV12エンジンだ。

6.5リッターV12自然吸気エンジン

加えて、カーボンファイバーに代表される軽量素材をモノコックやリアウイング、リアボンネットなど広範囲に活用するとともに、小型の排気システムや軽量ホイールを採用した結果、乾燥重量は1,525kgと大幅な軽量化に成功している。パワーウエイトレシオ(重量を馬力で割った数値。小さいほど加速がいい)は2.0kg/hpを切る1.98kg/hpで、量産車としては驚異的な数字だ。

「ウラカン ペルフォマンテ」で初めて実装されたアクティブ・エアロダイナミクス・システム「ALA」(アラ)の強化版「ALA2.0」を採用する空力性能にも注目だ。ドライバーはサイドフィン付きのフロントバンパーと角度可変式のウイングに備えられた同システムを操作して、空力負荷を積極的に変更できる。コーナリング時には走行安定性をもたらす高ダウンフォースを、直線では高速走行に最適な低ドラッグを得られる。

進化した空力デバイス「ALA2.0」は、電動モーターでフロントスプリッターやエンジンボンネットのフラップを開閉。動的状況に適した空力性能を発揮する
リアウイングの中央に配したリアスポイラーで空気の流れを左右に分ける
コーナーを曲がるとき、内側には最大のダウンフォースをかけ、外側ではダウンフォースを低減することが可能。これによりハンドリング性能が向上する

「アヴェンタドールSVJ」の注目度は高く、すでに100台が完売となっている。初期ロットの日本販売分もすでに予約いっぱいで、キャンセル待ちが出るほど人気が過熱している。

脈々と受け継がれるランボルギーニのDNAとは

ここ数年、全世界で飛躍的な成長を遂げるランボルギーニ。中でも2018年は、セールスなどで過去最高を更新する記録的な年になったという。

そうした現状について、「Lamborghini Day 2018」に本国から駆けつけたアウトモビリ・ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリ氏は、「未来での成功を確信させてくれるものであり、将来に向けた大きな第一歩だ」としている。

アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEO

この傾向は日本市場においても同様だ。ランボルギーニは長年、日本市場で10%以上の成長を継続。2017年度の販売数411台に対して、2018年度は500台超を見込む。

躍進の理由は何か。ドメニカリCEOの言葉を手がかりに探ってみたい。

長年にわたり10%以上の成長を続ける日本市場は、ランボルギーニにとって重要なマーケットといえる

ドメニカリCEOは、ランボルギーニのDNAとは「さまざまな技術を搭載したクルマ」「エッジがきいたフォルムのクルマ」「走りを楽しめるクルマ」「多様な状況で使えるクルマ」だとする。

ランボルギーニは無骨で漢っぽく、運転するのが難しそうなクルマという印象が強い。しかし、近年では操作性能が向上しているし、「ウラカン」に4WDと2WDの双方を用意したり、4ドア5人乗りのスーパーSUVモデル「ウルス」を発売するなど、選択肢も増やしている。そのラインアップは、タウンユースからオフロード、サーキット走行まで、さまざまなニーズを持つユーザーに対応可能だ。

日本導入が始まった「ウルス」も、今後のランボルギーニの成功を担う1台だ

ランボルギーニのDNAを継承しながら、女性層や家族層という新たなユーザーを掘り起こしたこの戦略は、見事に当たったといえるだろう。

また、ドメニカリCEOは日本市場を「ランボルギーニとお客様との素晴らしい関係性を象徴するマーケット」であるとも語る。良好な関係を象徴するかのように、日本では全国規模でサポート体制の拡充を図っており、2018年9月21日には、国内9店舗目かつ東北地方で初となる正規ディーラー店「ランボルギーニ仙台」をオープンした。同店では東北地方から北海道までをフォローする。

過去のブランドイメージから脱却し、さらなる飛躍を期すランボルギーニ。本格的な電気自動車(EV)化の流れが到来し、100年に一度ともいわれる変革期を迎える自動車業界だが、ランボルギーニは今後、日本市場でどのような成長曲線を描くのか。次の一手にも注目したい。

クルマの在り方を変える? IDOMが始める個人間カーシェアの可能性

クルマの在り方を変える? IDOMが始める個人間カーシェアの可能性

2018.11.22

所有から利用へ、業界のトレンドに着目した新サービス

カーシェアリングサービスが抱える課題とIDOMの対応策

まるでマンション? クルマが投資対象になるかも

中古車の「ガリバー」や月額クルマ乗り換えホーダイサービス「NOREL」などを手がける株式会社IDOMは、個人間のカーシェアリングサービス「GO2GO」(ゴーツーゴー)を始めると発表した。2019年4月から東京、神奈川、大阪、埼玉、千葉でサービスを開始し、順次全国に展開する。この新たなサービスからは、クルマの在り方が変化する兆しを感じる。

貸し手・借り手ともにメリット大!

カーシェアリングは成長が見込まれる分野だ。IDOMによると、世界の市場規模は今後約20年で8兆円を超えるという。同社は“近所のクルマを安心、簡単、遠慮なく使える”をコンセプトとし、拡大する市場でシェア獲得を狙う。

カーシェアリングの世界市場予測。2035年には、新車販売で得られる利益を約2兆円上回る規模へと成長する見通しだ

「GO2GO」の仕組みだが、まず、クルマを所有するオーナーはアプリをダウンロードし、クルマの情報や共同使用料(価格は自分で決められる)などの必要情報をアプリに登録する。ドライバーは使いたいクルマに予約リクエストを送り、オーナーが承認すれば取引成立。あとは待ち合わせ場所を決めてクルマを受け渡し、利用後は互いを評価する。借り手がIDOMに支払った共同使用料(別途、自動車保険料も必要)からはプラットフォーム利用料の20%が差し引かれ、残りは翌月末にオーナー指定の銀行口座に振り込まれるという寸法だ。

利用時間は3、6、12、18、24時間単位(以降は24時間ごと)で選べるので、“チョイ乗り”から連日の利用まで、貸し手と借り手の都合・要望に合わせてクルマをシェアできる。加えて、全ての手続きはアプリで行えるので、スマホに慣れ親しんだ若者世代にとっては利用しやすい構造といえる。

貸し手側からすれば、クルマを使わない時間を有効活用できるし、得られる副収入を充てればクルマの維持費も削減できる。国産車や輸入車、キャンピングカーなども対象となっているので、借り手としては、目的に応じて幅広いラインアップの中から車種を選べる。価格は貸し手の設定にもよるが、おそらく、レンタカーなどよりは安く使えるはずだ。つまり、双方にメリットがある。

「GO2GO」について説明するIDOM 経営戦略室 兼 CaaS事業部 CaaSプラットフォーム推進責任者の天野博之氏

IDOMが掲げる初年度の目標は、登録車数1万台だ。アプリのリリース後も、スマートロック(スマートフォンをクルマのキーの代わりとする仕組み)による無人貸し借りをはじめとしたサービス拡充を図っていく。

また同社は、既存サービスである「ガリバー」「Gulliverフリマ」「NOREL」と「GO2GO」の連携によるシナジーも模索する。例えば、登録車両の充実に向けては、顧客が「Gulliverフリマ」に登録した車両を売れるまで「GO2GO」で運用したり、「NOREL」の車両をシェア登録したりといった手法を想定している。「ガリバー」店舗では、クルマの受け渡しを代行するなどのサポートを検討。これらは、IDOMならではの強みをいかした戦略といえる。

例えば「NOREL」でトヨタ自動車「プリウス」を借りて、「GO2GO」で週2日シェアした場合、実質、月間2万円でクルマを短期所有することが可能だとIDOMは説明する

愛車を貸し借りするゆえの課題とは?

いいこと尽くしに思える「GO2GO」だが、課題はいくつかありそうだ。例えば、クルマが持つ特異性ゆえのトラブルも考えられる。

近年はさまざまなモノを対象にシェアリングサービスが増えているが、トヨタ自動車の豊田章男社長の言葉を借りれば、クルマは「唯一、“愛”がつく工業製品」だ。そうであるとすれば、愛着のあるクルマを、すんなりと知らない他人に貸せるものだろうか。そういう人は、サービスを利用しなければいいと言ってしまえば元も子もないが、貸し主のクルマへの愛着が高ければ高いほど、返却時にトラブルが起きる可能性も高まりそうに思える。

また、保険の適用範囲も気になるところだ。万一の事故の場合、どこまで保険でカバーできるのか。また、悪意ある利用者による盗難のおそれはないのかなど、不安点も内包するのが個人間カーシェアというものの特性だ。

これらに対してIDOMでは、ローンチに合わせていくつかの対策を用意している。

クルマを貸し借りすることに対する心理的ハードルを下げてくれそうなのは、ユーザー間の相互レビューや、運転ログを使った運転評価だ。良い評価が多ければ、クルマの貸し主・借り主がどのような人物かを事前に把握できる。とはいえ、ローンチ直後はレビューが少なく、いわば受け身の対策となるため、これらの仕組みが効果を発揮するには時間を要するだろう。

保険はカーシェアリング専用のものを用意するとのことだが、現在は詳細を詰めているところだという。内容については、今後の発表を待って吟味したい。

安心・安全な「GO2GO」の利用に向けたIDOMの取り組み。ローンチ後も随時追加していくそうだ

投資用にクルマを購入する時代がやってくる?

今回の発表の中で「確かに!」と気付かされたのは、クルマと不動産の共通項だ。マンションはクルマよりも高価であるが、賃貸用に所有して利益を上げている投資家も多い。

不動産業界との共通項を示したスライド

シェアリングという考え方が自動車業界に根付いた場合、例えば投資用にクルマを購入するなど、クルマの買い方にも変化が生じるものと思われる。この流れができれば、クルマ離れが叫ばれる現代において朗報といえるだろう。

また、投資目的のマンションにリフォームや家電リースなどのさまざまな業者が介在しているように、投資用のクルマにも、何らかの新たなビジネスチャンスが付随しているかもしれない。

IDOMから誕生する新サービス「GO2GO」が、今後の自動車業界にどのような変化をもたらすのか。期待しながらその続報を待ちたい。