「安藤康之」の記事

安藤康之(あんどうやすゆき)

アウディが新型「A6」を発売、大攻勢の2019年は注目モデルが続々

アウディが新型「A6」を発売、大攻勢の2019年は注目モデルが続々

2019.03.20

8世代目に突入したアッパーミドルセダン「A6」

「アウディ クワトロ」のDNAを受け継ぐエクステリア

最新テクノロジーよりも大切なユーザー目線

アウディ ジャパンは新型「A6セダン」およびワゴンタイプの新型「A6アバント」を3月20日より発売する。車両本体価格は「A6セダン」が920万円~1,006万円、「A6アバント」が955万円~1,041万円。フルモデルチェンジを経たアウディ伝統のアッパーミドルセダン(おおよそ全長4,800mm以上のクラスの高級セダンで、いわゆるEセグメント)は、同社3シリーズ目となる電動車として登場した。

新型「A6」の発表会に登壇したアウディ ジャパン代表取締役社長のフィリップ・ノアック氏。A6は2019年3月20日から全国のアウディ正規ディーラーで販売する

アウディにとって3作目となる電動車

「A6」は1968年にデビューしたアウディのアッパーミドル(中大型クラス)セダンの流れをくむモデル。今作は初代モデル「アウディ100」から数えて8世代目にあたる。「アウディ100」と「A6」の両シリーズを合わせた累計販売台数は820万台。新型のグレードは、「A6セダン」「A6アバント」ともに「55 TFSI quarto S line」と「55 TFSI quarto debut package」の2種類だ。

「A6セダン」は「55 TFSI quarto S line」が1,006万円、「55 TFSI quarto debut package」が920万円
「A6アバント」は「55 TFSI quarto S line」が1,041万円、「55 TFSI quarto debut package」が955万円

アウディは「A8」「A7」に続き、新型「A6」に電動化技術を組み込んだ。同社は2019年に6車種のプラグインハイブリッド車(PHV)を導入し、2020年末までに合計12車種の電動パワートレイン車をラインアップする電動化戦略を掲げているが、A6の電化はその一環だ。

A6のパワーユニットは、いずれも3.0リッターV6ターボエンジンにマイルドハイブリッドテクノロジー(MHEV)を組み合わせる。この3.0リッターTFSIユニットは、最高出力340ps/5,200-6,400rpm、最大トルク500Nm/1,370-4,500rpmを発揮する。「A6セダン」が停止状態から時速100キロまでの加速に要する時間は5.1秒(欧州仕様参考値)だ。

「アウディ クワトロ」の遺伝子を受け継ぐエクステリア

発表会でノアック社長が「アウディ車にとって重要なメッセージ」と語ったのがデザインだ。2018年にフルモデルチェンジして登場した「A8」「A7」と同じく、新型「A6」も新たなアウディのデザイン言語を体現しており、「ピンと張った面、キリッと尖ったエッジ、目を引くラインなどが特徴」(ノアック社長)だという。

「A6セダン」のフロントマスク
ボディサイズは全長4,950mm、全幅1,885mm、全高1450mm、ホイールベース2,925mm。長いボンネット、ロングホイールベースなど、造形美が光るプロポーションとなっている

従来モデルよりワイドかつ低く配されたシングルフレームグリルに、フラットなヘッドライト。フロントマスクではエアスポイラーを備えた大型のサイドエアインテークも目を引く。サイドビューは先代モデルと比べて引き締まった印象。力強く張り出したホイールアーチ上の輪郭、長く伸びたルーフラインなど、「アウディ クワトロ」のDNAを受け継いでいることを確認できるポイントは随所で発見できる。

この新たなデザイン言語を読み解くのであれば、バランスのとれたエクステリアプロポーションでエレガンスさを、フロントマスクの造形でスポーティーさを演出している、といったところだろうか。

アウディが考えるユーザー中心の開発とは

「A6を日本市場に導入できることをとても嬉しく思うとともに、誇りに思います」と述べたノアック社長は、日本におけるアウディの戦略にも言及した。

アウディ ジャパンの戦略を語るノアック社長

最初に言及したのが商品攻勢だ。今回の新型「A6」に加えて、新型「RS4アバント」、アウディ ジャパン初のクリーンディーゼルエンジン搭載車となった新型「Q5 40 TDI クワトロ」を発表するなど、積極的な姿勢が目立つアウディ。2019年は今後も、ほぼ毎月、新モデルを投入する予定だという。アウディ初の電気自動車(EV)「e-tron」や新たなセグメントへの参入となる「Q8」など、注目度の高い車種も発表の時を待っている。

そして、ノアック氏が強調したのが、ユーザーを中心に据える「カスタマー・セントリシティ」という考え方だ。

「A6セダン」のコックピット。ドライバー正面とセンターコンソール上部、さらにセンターコンソール下部の3カ所に大型ディスプレイが設置してある

この言葉、ノアック社長は単なる顧客満足度の向上という意味では使っていない。その真意として同氏は、「アウディブランドは新しい技術を駆使し、新たな価値あるものを作り出していきます。ただ、アウディにとってテクノロジーは重要ですが、それ以上に大事なのは、お客様の視点です」と説明した。

どれだけ優れた技術であっても、ユーザーに必要とされなければ、それは不要な技術といえる。新型「A6」は最新のテクノロジーを搭載するが、快適性の向上やドライバーサポートアシスタントシステムの充実、安全性の高さなどは、いずれもユーザーに望まれる技術である。新型車が登場すると新たな機能に注目が集まりがちだが、重要なのは、その機能がユーザーの求めるものであるかどうかだ。

最後にノアック氏は、「今年は本当にエキサイティングな年になると思います。この1年をぜひ、アウディとともにお楽しみください」と語り、記者発表を締めくくった。

自動運転時代の自動車保険とは? 損保ジャパン日本興亜の戦略

自動運転時代の自動車保険とは? 損保ジャパン日本興亜の戦略

2019.02.21

自動運転モビリティ導入支援に参入した損保ジャパン日本興亜

自動車保険のディスラプションはすでに進行中

自動運転の実用化・普及で変わる自動車保険の形

各自動車メーカーがこぞって開発に取り組む自動運転技術。一部のクルマにはすでに、自動運転と呼んでも差し支えないような機能が搭載されてもいる。そう遠くない将来、クルマは人の手を借りずに動く乗り物へと姿を変えるかもしれない。

自動運転技術の普及は、自動車にまつわるさまざまなビジネスに変革を促さずにはおかないだろう。その1つが、自動車保険だ。事故のリスクがゼロに近くなっていく時、自動車保険会社がどのようなビジネスモデルを構築するのかには興味があった。

そんな中、大手保険会社の損害保険ジャパン日本興亜(以下、損保ジャパン日本興亜)は2月15日、国内全域の自動運転サービス実証向けとして、ティアフォーおよびアイサンテクノロジーとインシュアテックソリューション「Level IV Discovery」を共同開発すると発表した。保険会社×自動運転で何が生まれるのか、3社の会見を取材してきた。

左から順に、ティアフォー・加藤真平氏、損保ジャパン日本興亜・西澤敬二氏、アイサンテクノロジー・加藤淳氏の3社代表が業務提携書に署名。「Level IV Discovery」の共同開発がスタートした瞬間だ

自治体での自動運転実用化を支援する国内初の事業

自動運転技術は交通事故のない社会の実現や過疎地域における移動手段の確保など、現代社会が抱えるさまざまな課題を解決する技術として注目されているが、実用化に向けた実証実験には多くの時間とコストがかかるので、思うように進んでいないのが現状だ。

そんな状況の中、自動運転システムを持つティアフォーと高精度な3次元地図データの作成技術を持つアイサンテクノロジーの両社は、これまでに国内外で100カ所を超えるエリアで実証実験を実施している。その実績に加えて、大規模な走行データとノウハウを蓄積できていることも両社の強みだ。

一方、1,300万件の自動車保険契約者を抱える損保ジャパン日本興亜には、交通事故に関する膨大なビッグデータがある。このビッグデータをティアフォーらの自動運転技術と組み合わせてドライブシミュレーターを開発し、高度なデジタルリスクアセスメントを搭載した自動運転実証プラットフォームの構築を目指そうというのが今回の提携だ。

2025年の完全自動運転を見据えたロードマップ

そのほか、本プロジェクトで損保ジャパン日本興亜は、自動運転の実証実験にかかる事故の補償も担当する。具体的には、自動運転車両の走行環境データ分析に基づく専用保険商品の開発および提供を行なっていく。

会見に出席した損保ジャパン日本興亜の西澤社長は、今回の取り組みが「損保ジャパン日本興亜グループが目指す安心・安全・健康のサービスの進化に向けた、モビリティ領域においての大きな挑戦」だと位置づける。

先を見越した損保ジャパン日本興亜の一手

しかし、なぜ保険会社である損保ジャパン日本興亜が、このタイミングで自動運転の実用化に向けた取り組みに加わったのかは疑問だ。自動運転の実用化・普及によって事故が減少した場合、必然的に自動車保険の必要性も下がっていくように感じるからだ。

この疑問に対し、西澤氏からは2つの回答が得られた。まず1つ目が、「自動車保険のディスラプション(破壊)は、すでに始まっているという認識を保険会社は持たなければならない」ということだ。

将来、自動車保険に起こるであろう変革を見据えて語る西澤氏。まるで、自動車保険業界への警鐘を鳴らしているように感じられた

各自動車メーカーからは、すでにレベル2に該当する部分自動運転(加速・操舵・制動のうち、複数の操作をシステムが行う機能のこと)を搭載するクルマが市場投入されている。例えば、カメラやセンサーを使って、前を走るクルマや車線などを感知し、その情報に基づいて加減速、操舵をクルマ側で行う機能などが、レベル2の範疇に入る。

西澤氏によると、レベル2搭載車が登場している現時点において、すでに事故は減少傾向にあり、特に追突事故については激減している状態にあるという。クルマの買い替えが進み、公道を走るレベル2搭載車の割合が増えていけば、比例して事故も減少していくことになる。つまり、自動車保険のディスラプションは、完全自動運転車の登場を待つことなく、現在進行形で進んでいるのだ。

損保ジャパン日本興亜が自動運転に取り組む2つ目の理由は事業領域の拡大だ。“保険の先へ挑む”というコーポレートメッセージを打ち出していることからも分かるとおり、損保ジャパン日本興亜は保険事業にとどまらず、周辺のサービス領域にまで事業を拡大しようとしている。今回の取り組みもその一環であり、自動運転時のさまざまなリスクや、ユーザーが感じる心理的な不安などをケアできるサービスを開発していく考えだという。

クルマを持たない時代に見出す自動車保険の可能性

自動運転が普及すれば、“保険を何に紐づけるのか”という議論も活発化するはずだ。現在、保険はクルマにかけるものだが、自動運転技術を取り入れたカーシェアリングのようなサービスが一般化したとき、保険をクルマにかけるのか、それとも人にかけるのか、あるいは全く別の方法があるのか、現時点では見通しづらい部分がある。

この点について西澤氏は、あくまで個人的な見解と前置きした上で、「もしかしたら、自動車保険そのものが、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の中に組み込まれる時代がいずれは来るのかもしれない」との考えを示した。この見立てが正しかった場合、自動運転実証プラットフォームを構築しようとする今回の取り組みは、同社にとって強みとなる。プラットフォームに参画すれば、その枠組みに損保ジャパン日本興亜のサービスを組み込むことができるからだ。

今後の自動車業界で間違いなく起こる、自動運転を軸とするイノベーション。その中で、自動車保険はどのような役割を担うことになるのか。今回の取り組みは、その答えを考える上で1つの道しるべとなるかもしれない。

家族で乗れるハイパフォーマンスカー? メルセデスAMGから異色の新型車

家族で乗れるハイパフォーマンスカー? メルセデスAMGから異色の新型車

2019.02.15

メルセデス・ベンツから「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が登場

ファミリーユースにマッチする利便性と快適性を兼備

新たなニーズを掘り起こす起爆剤となるか?

2019年に10車種以上の新型車を投入する予定のメルセデス・ベンツ日本。その第1弾として今回、AMGシリーズ初の4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表した。納車は5月以降を予定。価格はスペックによって異なるが1,176万6,000円~2,477万円となっている。

AMG東京世田谷にてアンベールされた「メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+」。2月14日に注文受付を開始した。発表会にはメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎代表取締役社長(右)とメルセデスAMG社でAMGスポーツカー商品企画を統括するサイモン・トムス氏が登壇

趣味性と利便性を兼ね備えた正統派AMG

2018年の登録実績で前年比6.3%増、台数にして7,606台と日本で好調なセールスを記録している「メルセデスAMG」シリーズ。世界第4位の市場規模を持つ日本は同ブランドにとって重要なマーケットだ。

今回発表となった「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」は、同シリーズが追求するハイパフォーマンスとエモーショナルなデザインはそのままに、4ドアの利便性を兼備している。要するに、スポーツカーの性能を備えながら日常生活における使い勝手にもこだわったモデルであり、今後、同ブランドを牽引する存在として期待されている。

「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」の中では1,176万6000円ともっとも安価なモデル「メルセデスAMG GT43 4MATIC+」

日本でのラインアップは、最大出力21PS、最大トルク250Nmを発生する電気モーター「ISG」(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)と3.0リッター直列6気筒直噴ターボエンジン“M256”を搭載する「メルセデスAMG GT43 4MATIC+」および「メルセデスAMG GT53 4MATIC+」に加え、4.0リッターV8直噴ターボエンジン“M177”を搭載した最上級モデル「メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+」と、専用装備多数の特別仕様車「メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+ Edition1」の計4車種となる。

「メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+」のサイズは全長5,054mm、全幅1,953mm、全高1,447mm、ホイールベース2,951mmだ
4ドアのため乗り降りしやすいのもポイント。加えて、大人が乗車してもゆとりのある設計がなされた後席は居住性も高い

今回の新型車で最大の特徴は、AMG GTとして初の4ドア車となり、最大乗車定員が5人になったことだ。これまでであれば、趣味性の高い2ドア2シーターのAMG GTを所有する場合には、これとは別に、家族の移動用に多人数で乗れるクルマを用意する必要に迫られるケースが多かったはず。しかし、「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」であれば、1台で趣味・嗜好を満足させつつ、ファミリーユースの運用も可能になる。

「メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+」のラゲッジスペース。日常使いするには必要十分な積載量が確保されている

利便性の高さを物語っているのが広いラゲッジスペースだ。通常時でも461L(GT43とGT53は456L)の容量を確保しているが、折りたたみ式のリアシートを格納すれば最大で1,324L(GT43とGT53は1,319L)まで拡大できる。ハイパフォーマンスカーでありながら、まとめ買いした日用品を詰め込むことが可能と考えれば、その使い勝手のよさは想像に難くない。

エクステリアは快適な後席環境と積載性を確保すると同時に、メルセデス・ベンツの「Sensual Purity」(官能的純粋)というデザイン思想を踏襲。フロントは伝統的なクーペの構造的特徴であるロングボンネットに2つのパワードームを採用することで、スポーティーさを表現した。

また、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエーターグリルや逆スラントしたシャークノーズ、上下方向に細いLEDリアコンビネーションランプ、リトラクタブルリアスポイラーなど、随所にAMGファミリーの特徴を備えている。

メルセデスAMGのトップモデルに採用される専用ラジエターグリルが存在感を放つフロントマスク

メルセデスAMGシリーズ最速を記録した高性能エンジン

もちろん、走行性能にも抜かりはない。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで叩き出した1週=7分25秒41というタイムは、量産4ドア車で世界最高の記録となった。

サイモン・トムス氏が「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」の詳細をプレゼンテーションした

GT63Sに搭載される“M177”エンジンは、2基のターボチャージャーをV型シリンダーバンクの内側に配置するホットインサイドVレイアウトを選択。これによりエンジンのコンパクト化を図るとともに、低回転域におけるターボチャージャーへの吸排気経路を最適化し、ツインスクロールターボによる優れたエンジンレスポンスを狙った。その結果、停止状態から時速100キロまでの加速が3.2秒、最高時速は315キロというシリーズ最高速度を実現した。

「メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+」が搭載する“M177”エンジン。最大出力は470PS、最大トルクは900Nmだ

その走行性能をいかんなく発揮するため、足回りも強化した。例えば速度が時速100キロを超えると、リアホイールがフロントホイールと同方向に最大0.5度傾いて、走行安定性がアップする。コーナーなどで進行方向を変更する場合には、リアホイールに働く横Gの増加ペースが高まり、ステアリング操作に対するレスポンスが改善されるという。

GT43とGT53に搭載されるIMGは、48V電気システムとの組み合わせにより、ハイブリッド車のように回生ブレーキで発電し、容量約1kWhのリチウムイオンバッテリーを充電する。エンジンの低回転時には、その電力を利用して動力補助を行うことで、高効率で力強い加速に貢献するそうだ。

「メルセデスAMG GT43 4MATIC+」と「メルセデスAMG GT53 4MATIC+」に搭載される“M256”エンジン。GT43は最大出力367PS、最大トルク500Nm、GT53は最大出力435PS、最大トルク520Nmと性能に多少の差がある

“M256”エンジンは、直列6気筒レイアウトの採用で、エンジン左右のスペースに補機類の配置が可能になった。加えて、従来はエンジン回転を動力としていたエアコンディショナーやウォーターポンプなども電動化。エンジン前部のベルト駆動装置が不要になったことはコンパクト化にも効いている。

また、ドライブモードはGT43とGT53で5種類、GT63Sで6種類を用意。モードはセンターコンソールの「AMG DINAMIC SELECT」で変更できる。

発表会場には日本限定20台の「メルセデスAMG GT R PRO」(画像)も展示されていた。販売価格は2,900万円とプレミア級

2019年の日本市場を席巻する可能性も高い

発表会でメルセデス・ベンツ日本の上野社長は、米国の「サーキット・オブ・ジ・アメリカズ」で試乗した自身の経験を踏まえ、AMG GTの新型車を「後ろに席が新たに2つ付いたスポーツカー」と表現。プロレーサーでなくとも小気味よくサーキットを高速走行できる性能を高く評価するとともに、このクルマでAMGの新たな顧客層にもリーチできると自信を示した。

上野氏は「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」でAMGの客層を広げたい考えだ

確かに、クーペの走行性能とセダンの快適性・利便性を併せ持った新モデルが、AMGの間口を広げる可能性は大いにありそうだ。AMG人気の高い日本で、ファミリーユースにも対応するハイパフォーマンスカーがどんな評価を受けるのか、注目したい。