「安川幸利」の記事

安川幸利

安川幸利(やすかわゆきとし)

NewsInsight 編集・記者

eスポーツ発展に必要なことは環境整備と草の根活動 - TGS2018

eスポーツ発展に必要なことは環境整備と草の根活動 - TGS2018

2018.09.21

「東京ゲームショウ2018」が開幕

基調講演では5人の参加者がeスポーツの課題について議論

全員が考える最も大きなeスポーツの課題は「プレイヤーの質と量の拡大」

2018年9月20日、幕張メッセにて「東京ゲームショウ2018(TGS2018)」が幕を開けた。TGS2018は、41の国と地域から、668の企業と団体が出展するゲーム展示会。出展タイトル数は、なんと1568にものぼる。最新ゲーム発表や試遊コーナー、プロゲーマーたちのeスポーツ大会、そして可憐なコスプレイヤーなど、見どころ満載のイベントであるが、本稿では、初日に行われた基調講演の様子をお届けする。

基調講演に先立って、まずはコンピュータエンターテインメント協会(CESA) 会長の早川英樹氏からあいさつが行われた。

早川氏「昨今、ゲームには新たな楽しみ方が生まれています。産業としては40年以上の歴史がありますが、今なお成長を続けていると言えるでしょう。なかでも、昨今のゲーム市場を語るうえで外せないのが『eスポーツ』です」

2017年の調査では約15%だったeスポーツの認知度は、今年40%を超えた。なかなか実現しなかった「eスポーツ元年」ではあるが、ようやく日の目を見ることになったのではないだろうか。

早川氏「日本のゲーム産業の規模を考えれば、eスポーツはまだまだ伸びしろがあるでしょう。今後も期待してほしいですね」

コンピュータエンターテインメント協会(CESA) 会長の早川英樹氏

行政連携などが進み、準備の整い始めたeスポーツ

続いて行われた基調講演のパネルディスカッションでは「eスポーツが“スポーツ"として広がるためのロードマップ」をテーマに、日本eスポーツ連合(JeSU) 会長の岡村秀樹氏、カプコン 常務執行役員 eSports統括本部長の荒木重則氏、コナミデジタルエンタテインメント『ウイニングイレブン』シリーズ 制作部長の森田直樹氏、Asian Electronic Sports Federation(AESF) 会長のケネス・フォック氏、日本サッカー協会(JFA) 副会長の岩上和道氏の5人が意見を交わした。

まずはeスポーツの現状や各社、各団体の取り組み内容の紹介から始まった。

岡村氏「日本のeスポーツは、海外と比較すると大きく出遅れています。グローバルの市場規模が720億円であることに対して、日本は5億円未満。視聴者数も世界の3.3億人に対して、382.6万人程度です。ただし、環境は整いつつあると感じています。昨年に比べて認知度や視聴者数が劇的に増加しているだけでなく、家庭用ゲームのネットワーク化やスマホゲームの拡大、法対応、行政連携などが進み、透明性の高いマーケット組成が可能になってきました」

日本eスポーツ協会(JeSPA)、e-sports促進機構、日本eスポーツ連盟(JeSF)の3団体が統合して2018年2月に誕生したJeSU。特に岡村氏の話の中にあった「法対応や行政連携」について、JeSUの役割は大きいだろう。eスポーツの土台部分からサポートしてくれる団体があることで、参加者も動きやすくなり、認知度向上という結果が生まれたのではないだろうか。

日本eスポーツ連合(JeSU) 会長の岡村秀樹氏

荒木氏「『ストリートファイター』では、カプコンプロツアーやカプコンカップなど、さまざまな大会を世界で展開してきました。また、新しい取り組みとして、1対1の対戦だけでなく、eスポーツイベントのRAGEでは団体戦を実施。3人のチームで団体戦を行うことによって、ドラマ性が生まれたと思います。そして、全国各地に我々が出向いて、金の卵を探しに行くRookie's Caravanを開催しました」

森田氏「コナミデジタルエンターテインメントが手掛けるeスポーツ事業は大きく3つ。サッカー、遊戯王、野球です。なかでも『ウイニングイレブン』シリーズは累計1億本を突破。昨年は2対2のコミュニティ大会『PES LEAGUE』の開催をサポートしました」

カプコン 常務執行役員 eSports統括本部長の荒木重則氏
コナミデジタルエンタテインメント『ウイニングイレブン』シリーズ 制作部長の森田直樹氏

フォック氏「eスポーツはジャカルタで行われたアジア競技大会で、初めてデモンストレーション競技として採用されました。ゲームでのアスリートが、伝統的なスポーツと同様に自分の国を代表するようになったのです。これは非常に重要なステップだと思います。またこれからは、eスポーツの発展のために、教育プログラムの構築やアジアにある公式eスポーツ団体の支援を行っていきたいですね」

Asian Electronic Sports Federation(AESF) 会長のケネス・フォック氏

岩上氏「我々は、すべての人がサッカーを楽しめる環境を作りたいと考えています。そのため、ゲームをきっかけにサッカーを好きになるという人が増えるよう、eスポーツにも力を入れていきます。eスポーツにおいても、サッカーと同様に普及・育成・強化に取り組んでいく予定です」

日本サッカー協会(JFA) 副会長の岩上和道氏

プレイヤーの質と量の拡大が喫緊の課題

提示された5つの課題

続いて、eスポーツにおいて課題だと考えられる5つのトピックが提示された。どの課題もeスポーツが発展していくためには解決しなければならないものだが、講演の時間が限られているため、この5つのなかでも特に重要な課題だと考えているものについて、2~3回「〇」の札を掲げてもらった。

1つめの「プレイヤーの質と量の拡大」については、なんと参加者全員が札を掲げた。続いて「視聴者やファンの拡大」については荒木氏、フォック氏、岩上氏の3人が重要だと考えており、「eスポーツ向けタイトルの充実」は森田氏1人。「興行としての魅力向上」はフォック氏と岩上氏、そして「日本のeスポーツ業界の国際競争力の向上」は岡村氏が札を挙げた。

「プレイヤーの質と量の拡大」については全員が札を挙げた

そこで、「プレイヤーの質と量の拡大」について、それぞれが考えを述べることに。

岡村氏「もちろん5つとも重要なのですが、最も必要なのがプレイヤーの育成でしょう。日本では、オフラインでの対戦機会が多くありません。JeSU視点では、プレイヤーの切磋琢磨できる環境を作ることが喫緊の課題ですね。この課題を解決できて初めて、ファンの醸成や興行化などにつながっていくのではないでしょうか」

荒木氏「ストリートファイターでは、30年の歴史の中で個性あるプレイヤーが多く生まれてきました。ただし、プレイヤーの量については、今後も獲得していかなければなりません。そのためには、グラスルーツ(草の根)の取り組みが大事だと考えています。いま我々が行っているRookie's Caravanで次のスターを発掘したいですね」

フォック氏「岡村氏や荒木氏の話すように、グラスルーツの活動によってプレイヤーの育つ環境を作ることが大事だと考えています。また、それと同時に教育に入り込むことも重要。学生リーグなどの発足がeスポーツ人口の拡大につながると思います」

岡村氏「ええ、具体的には、法令と照らし合わせてグレーであってはならないので、ホワイトな練習施設の拡充が必要だと考えています。スキルを磨ける環境がないと、スター選手は生まれません。また、地方自治体や中学、高校などの部活動として容認されていくための環境づくりに力を入れていきたいと思います。さらに、海外の有力選手と競い合うことも大事でしょう」

森田氏「選手ファーストで考えていくことが大事だと思います。岡村会長がおっしゃったように、環境整備などを通じて、選手がモチベーションを持ち続けられるようにすることが我々の課題と言えるでしょう」

岩上氏「我々にとって理想的なことはeスポーツもできて、サッカーもできる選手。ただし、すぐには実現できないと思うので、まずはウイイレの上手な人をサッカー界でも育てられればいいなと。また、フットサルとウイイレを同じメンバーで行い、合計点で勝敗を競うような大会ができればおもしろいなと考えています」

日本のeスポーツの歴史はまだ始まったばかり。社会の理解を深めながら、草の根が広がっていけるよう、着実な環境整備が求められている。

重課金勢が歓喜!? Google Playで「魔石」が買えるポイントプログラム開始

重課金勢が歓喜!? Google Playで「魔石」が買えるポイントプログラム開始

2018.09.18

Google Playが新たにポイントプログラムを開始した

ポイントはPlayストアの買い物や対象アプリ内アイテムとの交換に使える

ポイント付与率はステータスに応じて変化

Googleは2018年9月18日、日本ユーザーを対象に、Google Playにおけるポイントプログラム「Google Play Points」を開始すると発表した。

「Google Play Points」のアイコンは魔石のようなデザイン

「Google Play Points」は、Google Play上でアプリやゲーム、音楽、映画、電子書籍などのコンテンツを購入することで、ポイントを獲得することができるプログラム。貯めたポイントは、Playストアのクレジットとして使えるだけでなく、対象ゲーム内のアイテムなどと交換することも可能だ。

また、会員は利用率に応じて5段階のステータスに分けられる。現状、初期ステータスは「ブロンズ」からスタート。「ブロンズ」の場合は100円につき1ポイントの付与率だが、「ダイヤモンド」までランクアップできれば100円につき2ポイントが付与されるようになる。

さらに、「パズドラで100円使うたびに4ポイント付与」「FFBEをインストールすると5ポイントゲット」といった、週ごとのポイント増量キャンペーンも実施される予定だ。

同プログラムの利用は無料。入会特典として、利用開始から7日間限定で100円につき3ポイント付与というキャンペーンが実施される。

会員のステータス一覧
Play Pointsの画面イメージ。ホーム画面では、自分のステータスとポイント残高、現在のキャンペーン内容などを確認できる
Google Play Lifecycle Programs & Partnership DirectorのEunice Kim氏

発表会に登壇したGoogle Play Lifecycle Programs & Partnership DirectorのEunice Kim氏は「日本ユーザーに感謝の気持ちを示したいと思い、このプログラムを開始いたしました。日本には強力なデベロッパーも多く、そのパートナーシップを活用すれば、日本ユーザーに喜ばれるユニークなプログラムを提供できるのではないかと考えました」と、日本エリアのみで同プログラムを開始することになった経緯を述べた。

 

連携パートナー一覧

夢中になっているゲームであれば、ついつい課金してしまうのが人の性。このポイントプログラムを機に、今まで「欲しいアイテムが手に入るイベント中のみ課金」していたユーザーも、「ポイントが多く貯まる今のうちに課金して魔石を貯めておこう」という思考になる可能性が高い。「あと1回課金すれば、ポイントでもう1回ガチャができるぞ」という人も出てくるだろう。Androidユーザーはますます課金がはかどること間違いなしだ。

つい先日iPhoneの新機種が発表されたばかりではあるが、重課金勢にとってこのプログラムはAndroidへの乗り換えを検討する重要なファクターになり得るのではないだろうか。

なお、Google Playのギフトカードでチャージして決済した場合でも、ポイントを貯めることが可能とのことなので、「すでにカードを購入してしまった」という人も安心してほしい。

「40代になっても続けたい」- プロコスプレイヤーえなこさんが仕事観を語る

「40代になっても続けたい」- プロコスプレイヤーえなこさんが仕事観を語る

2018.09.14

好きなコスプレを続けていたらいつのまにか「プロ」になっていた

コスプレだけでなく幅広いジャンルで活躍するえなこさん

これからも好きなコスプレの仕事をメインでやっていきたい

ある人は初音ミクのコスプレをし、ある人は八九寺真宵で噛みました。僕と契約をして魔法少女のコスプレをする人もいれば、水着ニトクリスだと布をかぶる人もいるだろう。ポプ子とピピ美になって中指を立てる人もいるかもしれない。

近年、アニメやマンガ、ゲームなどのキャラクターに扮する「コスプレ」は、1つの文化として定着しつつある。アニメ関連のイベントなどでは、必ずと言っていいほど会場を歩くコスプレイヤーの姿を見かけるようになった。なかには、趣味の枠を越え「プロ」として活躍する人まで出てきている。

そんなプロコスプレイヤーに謁見するチャンスがあると聞いて、北電子のパチスロ新機種『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)』の発表イベントに駆けつけた。ゲストはプロコスプレイヤーのえなこさん。ダンまちのキャラクターである女神・ヘスティアさまのコスプレで登場だ。

イベントに登場したプロコスプレイヤーのえなこさん

ダンまちは、原作小説がシリーズ累計発行部数900万部を超える作品。2015年4月にテレビアニメが放送されると、ヘスティアさまのトレードマークである“例の紐”がアニメショップで販売されるほど、大きな話題を呼んだ。もちろん、えなこさんも例の紐はバッチリ再現。紐がなければヘスティアじゃないと言わんばかりの存在感を出していた。

ヘスティアさま
例の紐を見せるえなこさん

趣味のコスプレが気づいたら仕事に

今回の新機種発表会のように、プロコスプレイヤーとして多方面から引っ張りだこのえなこさん。ヘスティアの姿でイベントに華を添えるだけでなく、アニメの魅力を語り、パチスロの新機種をPRする。なるほど、プロモーションとしてはこれ以上ないくらい頼もしい存在かもしれない。しかし、本来趣味というイメージが強いコスプレで、どうすればプロと呼ばれるようになるのか。直接えなこさんに聞いてみた。

「明確な定義があるわけではないのであくまでも個人の意見ですが、言葉通り、コスプレをするお仕事をもらえるようになれば、それはプロコスプレイヤーと呼んでいいと思います」

仕事としてコスプレをする人がプロコスプレイヤー。まぁ当然のことと言えば当然だ。えなこさんレベルになれば、さまざまなイベントに呼ばれることもわかる。しかし、その域に到達するのは簡単ではないはず。実際えなこさんは、どのようにしてプロになったのだろう。

「私の場合、ずっと趣味でコスプレをしていて、いろいろなご縁があった結果、今の事務所に所属することになりました。気がついたら仕事になっていたという感じですね。なので、プロになりたいとか、コスプレを仕事にしようとか、そういうことを考えていたわけではありません。自分でもびっくりしています」

もちろん人知れず努力や苦労もしただろう。しかし、何よりも「好き」という気持ちが原動力になり、コスプレを続けたことで、いつのまにかえなこさんはプロコスプレイヤーとして活動するようになったのだ。

自由に楽しむプライベートとより気合の入る仕事

プロコスプレイヤーでありながらも、えなこさんはプライベートでも一般のコスプレイヤーとしてイベントなどに参加している。まさにコスプレ漬けの日々だが、趣味と仕事では何かが違うものなのだろうか。

「趣味でコスプレをする際は自由にやっています。徹夜で衣装を作ったり、前日までウィッグがセットできていなかったりしても、自己満足の部分もあるのであまり問題ないでしょう。ただし、仕事のコスプレはそうはいきません。やはりいっそう気合が入りますよね。中途半端なものは、作品の公式さんはもちろん、ファンの方にも失礼です。そのため念を入れて準備しますよ」

仕事では気合の入り方が違うというえなこさん。コンテンツを楽しむ側から楽しさを伝える側になることで意識も変わるようだ。

「お仕事によっては公式さんに衣装を作ってもらうこともあるのですが、フィッティングをする際に『ここはこうしたほうがいい』『このキャラっぽさを出すためにはこうしよう』という意見も出します。また、コスプレイヤーは、キャラが作中でやらないようなポーズは取らないので、キャラの研究も怠りません」

パチスロ『ダンまち』の発表会では、ヘスティアTシャツを身にまとって登場したワーナー ブラザーズ ジャパン テレビアニメ ダンまち 宣伝プロデューサーの前田有希氏(写真左)と、年間およそ300作品のアニメを観ているアニメ研究家でフリーアナウンサーの中倉隆道氏(写真右)とともに、アニメ『ダンまち』の魅力を語り合った

40代になっても好きなコスプレを軸に仕事をしていきたい

コスプレだけにとどまらず、ゲーム『フォートナイト』をプレイしたり、テレビ番組の「逃走中」に出演したり、CD「OOps!!」を発売したりと、多方面での活躍が光るえなこさん。最近の仕事について次のように話す。

「最近は、今までやったことのないようなお仕事をする機会が増えましたね。これまで苦手だと思っていたことにもチャレンジするようになりました」

たしかに、テレビや雑誌などで、えなこさんを見かける機会が増えたという人も多いのではないだろうか。それほどまでマルチに活動しているのであれば、慣れない仕事があるのも当然だ。ちなみに、苦手なこととはどのようなジャンルの仕事なのだろう。

「演技ですね。セリフを覚えるのが苦手で、これまで演技の勉強をしたこともなかったので、いままで演技は無理だと思っていました。でも、ありがたいことにお仕事をいただいたので挑戦してみることにしたのです」

コスプレをきっかけに、えなこさんは新たな領域にも踏み出した。苦手なことにも臆さず挑戦していく姿勢。それもまたプロ意識の1つといえよう。これからも新たな領域を開拓していくのだろうか。

「う~ん、そうですねぇ。でもやっぱり、コスプレをするのが好きなので、今後もアニメやゲームのお仕事に携われたらいいなと思います。それこそ40代になっても!」

えなこさんはまだまだコスプレイヤーとして、コスプレをメインに仕事していくことを力強く宣言した。話を聞いていても、本当にコスプレが好きなんだということが伝わってくる。

「また、今後はたくさんのコスプレイヤーさんが増えればいいなと思っています。そのなかで、お仕事としてコスプレをやっていきたいと思う人が増えて、プロコスプレイヤーが増えていけばいいなと。そのためにも、私自身がテレビや雑誌などのメディアに出て、コスプレの世界をもっと多くの人に知ってもらいたいと思っています」

今までなかった「プロコスプレイヤー」という概念を生み出したえなこさん。次に目指すのは「コスプレの魅力をもっと多くの人に知ってもらうこと」だという。多方面で活躍しながらも、えなこさんがコスプレイヤーであり続けることは、コスプレはもちろん、アニメやゲームなどさまざまなジャンルの発展に大きな影響を与えそうだ。