「並木秀一」の記事

並木秀一

並木秀一

巨大プロジェクトで田園都市線の活性化を推進する東急の本気

巨大プロジェクトで田園都市線の活性化を推進する東急の本気

2019.05.17

ショッピング重視の巨大な“パーク”が建設中

官民一体となったプロジェクトで憩いの場を!

東急所有の土地再開発で開業までスムーズに

建設が進むメイン棟。重機や脚立が建設中なのをうかがわせる

東京急行電鉄(以下:東急)は、田園都市線・南町田駅で進める巨大商業施設の建設現場をメディアに公開する内覧会を行った。近年、東急は渋谷ヒカリエや渋谷ストリームといった、渋谷駅周りの開発が目立ったが、郊外での巨大開発に着手。その名称は「南町田グランベリーパーク」(以下:グランベリーパーク)となる。

田園都市線沿いの開発といえば、「二子玉川ライズ」(以下:ライズ)が真っ先に思い浮かぶ。だが、ライズはショッピング、シネコンといった商業施設のほか、レジデンスやオフィスビルも併設されている。

一方、グランベリーパークは、ショッピング施設にほぼ重点を置いている。町田市唯一のシネコンも併設されており、買い物+エンターテインメントを重視した施設といえる。

グランベリーパークの俯瞰図(提供:町田市・東急電鉄)

そしてもうひとつ特徴的なのが、町田市が管理する「鶴間公園」に隣接していること。グランベリーパークの開発に合わせ、鶴間公園も閉鎖して整備。グランベリーパークの開業に合わせて、複合的なショッピング施設+公園としてオープンする。この両施設を合わせると、約22ヘクタールの巨大なエンターテインメントな施設となる。ライズの場合、隣接する公園と合わせると約17ヘクタールなので、それを上回る規模となる。なお、グランベリーパークと鶴間公園の開業は、2019年11月を予定している。

鶴間公園を散策できる「水道道路」。その名のとおり、道の下には水道管が通っている。右は道路の先にある「森の遊び場」

では、なぜ南町田なのか。まず前述したように、田園都市線の駅という理由がある。ビジネスパーソンや若者の集積地である渋谷から集客しやすい(それでも準急で渋谷から40分ぐらいかかるが……)。そして、これが最大の理由だといえるが、グランベリーパークの土地は東急がもともと所有していたところだからだ。

実はライズを開発したときは、用地買収などに時間がかかり、開業までに33年もの歳月を必要とした。一方、グランベリーパークは、「南町田駅周辺におけるまちづくりの推進に関する協定書」が町田市と東急で2014年に締結されてから、2019年11月の開業予定とスムーズに進んだ。

左から東急 開発事業部 南町田開発グループ 課長 青木太郎氏。同課長代理 小川卓夫氏。町田市 都市づくり部 都市政策課 担当課長 辻野真貴子氏。スヌーピーミュージアム 館長 中山三善氏(ミュージアムについては後述)

パーク”と名付けた意味を考察してみる

グランベリーパークが建設される以前は、「グランベリーモール」という商業施設だった。グランベリーモールは、2017年に閉館。その跡地に、グランベリーパークが開業するワケだ。このネーミングに町田市および東急の意図がみえる。これまでの“モール”の場合、商業施設のイメージしかわかない。だが“パーク”なら、町田市が管理する隣接した鶴間公園も含めた意味合いとなる。

では、グランベリーパークの店舗数はどのくらいになるのだろうか。メディア向け内覧会の時点で出店が決まっているのは197店舗。飲食店はいうにおよばず、ファッション、雑貨、ビューティーなど多岐にわたる。いずれは230店舗の入居を目指しているという。

こうしたショップのなかでも、存在感を放っていたのが、モンベルとコールマン、トイファクトリーだ。モンベルはいわずと知れたアウトドアウェアのトップブランド、コールマンはキャンプ用品の老舗だ。トイファクトリーは、キャンピングカー(レンタル可能)やミニベロ(小径の自転車)を扱っている。

つまり、こういうストーリーが思い浮かぶ。まずキャンピングカーをレンタルして、ミニベロを積み込む。モンベルのアウトドアウェアを着用し、コールマンのランタンやガスコンロで夜の灯りをとり、料理をする。翌朝は、ミニベロで付近を散策するというストーリーだ。こうしたイメージをわきやすくさせるためなのか、この3社はメインの建物ではなくウッディな別棟に入居する。つまり、この別棟というのが、存在感の源泉だ。

アウトドア系ショップはメイン棟ではなく、屋外のウッディな建物に入居

近年は、1980~90年頃に訪れたアウトドアブームが再燃している。想像をたくましくさせるならば、当時キャンプを楽しんだ子どもたちが大人になり、子育て世代となる。そして自分たちが子どもの頃に体験したアウトドアを我が子に伝える、という連鎖なのかもしれない。その需要を見越したともいえる。

さてグランベリーパークに戻ろう。“子ども”というワードが出てきたが、グランベリーパークにはその子どもを楽しませる施設を設ける。それが「スヌーピーミュージアム」だ。これまで六本木で開業していたが、南町田に移転することになる。

スヌーピーといえば、ディズニーキャラと並んで、世界中で親しまれている存在だ。子どもだけでなく、大人にもなじみ深いキャラのミュージアムは、家族連れを楽しませるだろう。また「子どもクラブ」という児童館も用意される。

スヌーピーミュージアムの移転を告知する帯広告

ただ楽しむだけではない役割とは

ただ、グランベリーパークが担うのは、“テーマパーク”的な役割だけではない。“まちの防災”という機能も課せられる。災害時、店舗が入居する建物の一部は、帰宅困難者の受け入れ先となり、そのための食料や水が備蓄される。また、消火活動に対応できるように防火水槽を各所に配置。さらに鶴間公園には、断水しても利用可能な災害対応トイレを6基用意するという。そのほか、緊急の物資受入や傷病者をすぐさま搬送できるヘリポートにも利用できる。まさに、災害時の一大拠点となるのだ。

最後に建設状態のグランベリーパークを巡ってみて、少し懸念が生まれた。外装も内装もまだむき出しの建物に、「果たして11月の開業に間に合うのだろうか」と……。その懸念を東急の担当者に伝えると、「絶対に間に合わせます!」と力強い答えが返ってきた。

足場が組まれた建設現場。11月開業に間に合うのか、少し不安にさせる

いずれにせよ、グランベリーパークが開業すれば、町田駅よりも地味な印象だった南町田駅が活性化するのはまちがいない。見学した建設現場が開業後にはどのような姿になっているのか、そのときには、また訪れてみよう。

新感覚宿泊施設を得意とする企業がクラシカルなホテルを開業

新感覚宿泊施設を得意とする企業がクラシカルなホテルを開業

2019.04.26

インバウンドの取り込みをねらって小樽で開業

築90年以上の建築物をホテルにリノベーション

北海道の北西にある街、小樽に新しいホテル「アンワインド ホテル&バー小樽」がオープンした。このホテルをプロデュースしたのは、「未来が見える宿泊体験」というメッセージを掲げたホテル「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」などを運営するグローバルエージェンツという企業だ。

アンワインド ホテル&バー小樽

同社はこれまで、京都・渋谷でホテル事業を展開してきた。そんな中、あえて小樽でホテルをオープンした狙いはどこにあるのだろうか。

ホテルオープンの背景に、インバウンド需要の変化

2018年、訪日外客数は3,000万人を突破した。この数字は今後もさらなる伸長が見込まれており、政府はオリンピックを迎える2020年には訪日外客数を4,000万人にまで増加させる考えだ。インバウンド市場はかつてない程の盛り上がりを見せている。

訪日外客が急増したことで、ここ数年では新たな傾向が強まっている。それは、東京や大阪、京都といったメジャーな観光スポットを巡るルート(いわゆる「ゴールデンルート」)から外れた地におけるインバウンド需要の増加である。

しかし、ここに観光業の悩みが生まれている。宿泊施設の不足だ。特に地方都市に訪日外客が散り始めてからはこの問題が顕著になっているという。グローバルエージェンツはそこに目を付けた。

今回、同社が新たにオープンしたホテルのある小樽も、外国人が押し寄せている観光地の1つだ。小樽は札幌や函館のように、宿泊施設が潤沢ではないものの、北海道で屈指の古い街並みが魅力で、訪日外客が集まり始めている。新千歳空港から直通のJR快速エアポートに乗車すれば1時間半ほどで到着するという気軽さも、人気を集める理由と言えるだろう。

築90年以上の建築物は外から眺めるだけでも圧巻

先述した、同社が運営する「ザ・ミレニアルズ」というホテルは、「スマートポッド」と呼ばれる小分けにしたベッドに宿泊する新感覚のホテル。渋谷・京都にあるこのホテルの特徴は、キッチンをほかの宿泊者と共有でき、かつオープンスペースも用意されているため、宿泊者の交流が生まれること。基本的にオープンスペースで過ごし、夜はスマートポッドに就寝するという、若い層を狙ったホテルだ。

小分けにしたベッドに宿泊できる「スマートポッド」

一方、小樽にオープンしたアンワインド ホテル&バー小樽は、ザ・ミレニアルズとは趣を異にする。築90年以上の洋館をリノベーションしてできたこのホテルは、もともと洋館だったこともあり、格式を感じる外観だ。そしてロビーに入ると、レッドカーペットが敷かれた階段が目に入ってくる。ザ・ミレニアルズとは正反対のクラシカルな雰囲気であった。

赤いカーペットもさることながら、手すりも風格がある
広さ15平方メートルのダブルルーム
各部屋に用意してある端末。フロントへの問い合わせや電話が可能だ
グローバルエージェンツの山崎社長

この外観を残した理由について、グローバルエージェンツの山崎剛 代表取締役社長は「小樽という歴史的な景観に馴染ませたかった」と話す。馴染むも何も、90年以上前からある建築物だ。もう街の一部といってもいいくらいだろう。小樽市からも「景観を崩さないでほしい」という要請があったそうだ。

筆者が試泊したのはダブルだったが、15平方メートルとビジネスホテルよりも広くくつろげるという印象を持った。

そして何より「おもしろい」と思ったのは、テレビが用意されていなかったことだ。各部屋にはプロジェクターが設置され、それで思い思いのコンテンツを再生できるようになっている。

たとえば、日中に小樽の街を散策してビデオに収め、それを部屋のプロジェクターで再生という使い方もできる。仮にテレビを置いてしまったら、番組に夢中になり、小樽の夜が東京の夜と変わらなくなってしまう。幻想的な夜の小樽を散策する時間もなくなってしまうことだろう。

「ガラスの街 小樽」の魅力を損なわない宿泊体験

さて、チェックアウトしたら昼間にも小樽散策をしてほしい。

小樽の街は、昼と夜とで異なった表情を見せる。聞くと小樽は「ガラスの街」であるそうで、あちこちにガラス工房があった。考えてみればホテルの食堂の窓もステンドガラスだった。

昼と夜でまったく異なる様相の小樽
ホテル食堂のステンドガラス(左)。ツタの絡まった建物は大正硝子館本店(右)

小樽はまだ、札幌や函館ほどにインバウンドに対する知名度はないが、早晩、外国人観光客が押し寄せてくることだろう。前出の山崎社長も、そうした需要を見越して、この地にホテルを開業したという。実際、このホテルのオープン当初には予約が殺到したそうだ。訪日客数が増加していく中、あえて小樽の観光を選択するような“目の肥えた”人にとっては、観光地の風土に則したこのようなホテルは魅力的に映ることだろう。

東急が実証実験を行う「観光型MaaS」とはいったい何か?

東急が実証実験を行う「観光型MaaS」とはいったい何か?

2019.04.12

実は伊豆・下田と縁の深い東急電鉄

伊豆観光にもってこいのデジタルフリーパスとは?

伊豆をもり立てようとする東急やバス会社

東急電鉄とJR東日本は、「観光型MaaS」(Mobility as a Service:需要に応じて利用できる移動サービス)の実証実験を伊豆の下田で開始する。実施期間は2019年4月1日~6月30日と、9月1日~11月30日の計6カ月間。渋谷~横浜をつなぐ東横線、あるいは渋谷~中央林間を結ぶ田園都市線など、少しローカルなイメージだが、五反田~蒲田を結ぶ池上線といったように、首都圏屈指の私鉄企業として知られている。

その東急がなぜ下田でMaaSの実証実験を行うのか。実は東急と伊豆の関係は深い。東急創業者の長男が、伊豆急行の前身である「伊東下田電気鉄道」の取締役社長に就いていたからだ。なお、現在も伊豆急は東急グループの一員で、東急は伊豆半島でのホテル経営や観光資源開発に注力している。かつて東急は、西武鉄道と伊豆の覇権を巡って争ったことがあり、下田に東急系ホテルやプリンス系ホテルがあるのはその名残だ。

さて、歴史はさておき観光型MaaSに移ろう。東急は今年の初め「郊外型MaaS」の実証実験を実施した。ハイグレード通勤バスを利用し、たまプラーザ~渋谷を結ぶ実証実験を行ったのだ。通勤時間帯に住宅地のたまプラーザから、企業集積地の渋谷に向かうには、大変な通勤ラッシュに遭遇する。それを少しでも緩和できないかということで郊外型MaaSが試された。

東伊豆から中伊豆を巡るコースで実証実験

だが、観光型MaaSはそれとは異なる。読んで字のごとく、対象は観光客だ。JR東日本がこの実験に加わるのは理由がある。東京から出発した観光客は、新幹線や東海道本線を利用して熱海まで行く。そしてJR伊東線で伊東駅へ。そこから先は伊豆急の出番で、下田まで送客するという筋書きだ。

東京と伊豆を結ぶJRの「踊り子」号

そして下田に着いてからは、スマホで行先を選び配車する「AIオンデマンドバス」や自転車、レンタカーで観光する。なお、伊豆箱根鉄道や伊豆箱根バス、東海バスも実験に参加。下田への往路は伊豆急で、復路はバスを乗り継ぎ、修善寺から三島まで伊豆箱根鉄道で移動するという、循環型の観光コースができあがる。そしてJRで東京に帰るという図式である。

AIオンデマンドバス。要はワンボックスカーだが、下田の山や海岸に囲まれた細かい道で取り回ししやすい

ここでポイントとなってくるのが「Izuko」(イズコ)というデジタルフリーパス。「デジタルフリーパス・Izuko イースト」(3,700円)、「デジタルフリーパス・Izuko ワイド」(4,300円)の2種類が用意される。前者は伊豆急全線+伊東市内および下田駅周辺の路線バスが乗り放題になり、後者は伊豆急に加え伊豆箱根鉄道駿豆線、下田および修善寺周辺の路線バスが乗り放題になる。さらに「下田海中水族館」や「伊豆シャボテン動物公園」などの入場券にもなる。これだけの内容で3,700~4,300円は、かなりお得といえるだろう。

Izukoの使用イメージ(提供:東急電鉄)

なぜ、これほどの企業が伊豆をもり立てるのか。この取り組みは、ある意味「DMO」(Destination Management Organization)といえるのではないか。DMOは“地域の稼ぐ力”を引き出すために、観光資源に精通した法人がかじ取り役となり、多くの関係者と地域振興を進めること。基本的には地域自治体が連携している場合が多い。伊豆半島においては「美しい伊豆創造センター」がDMOの活動に取り組んでいるが、東急を中心にした“交通系DMO”といえなくもない。

日本開国のキッカケになったペリー来航は、ある意味、歴史的な観光資源だ。右は下田海中水族館のイルカたち。多くの観客の歓声を浴びていた

最後に、東京急行電鉄は、この9月に「東急」と改称する。その際に鉄道事業は分割され、こちらは「東急電鉄」と名乗ることになる。東京急行電鉄は単なる鉄軌道の企業ではない。「渋谷ヒカリエ」や「渋谷ストリーム」という不動産事業、ホテル・リゾート事業、百貨店やストアといったリテール事業など、多岐にわたる。“急行電鉄”を取り去るのは、当然かもしれない。