デザイン、知名度、キャッシュレス…話題は尽きない「紙幣のデザイン刷新」発表

カレー沢薫の時流漂流 第39回

デザイン、知名度、キャッシュレス…話題は尽きない「紙幣のデザイン刷新」発表

2019.04.22

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第39回は、「 紙幣のデザイン刷新」発表について

令和の話題が落ち着いたかと思いきや、今度は紙幣のデザインが刷新されることが発表された。

元号が変わるからついでに紙幣も変えよう、という謎のセット販売かと思いきや、紙幣は偽札防止のため20年ごとに刷新されるのが通例であり、それがたまたまかぶっただけだそうだ。実際、紙幣が変更されるのは2024年でまだ先の話である。ただ、前回の刷新時よりも3年ぐらい発表が早いようなので、そういう意味で改元に「合わせた」可能性はある。

では、さっそく新紙幣の「顔」になったイカれたメンバーを紹介しよう。

企業のことなら俺に任せろ、資本主義はワシが育てた、ろくろが唸る、新一万円札「渋沢栄一」。舐められたくなきゃアタイの車に乗ってきな、女子教育の始祖、津田塾大学初代ヘッド、新五千円札「津田梅子」。誰が稲造やねん!こちとらペスト発見しとるっちゅうねん! 日本細菌学の父、新千円札「北里柴三郎」。

以上だ。この三人が発表されるや否や、ツイッターでは「誰?」というつぶやきが相次いだ。

私のような第三次産業の末端にいる人間を殺したければ、「カレー沢? 知らね」と言ってやれば即死だが、日本の偉人を知らないと明言するのは、己の無知を露呈しているようなものである。

それなのに何故、私のようにググったのち「前から知ってた風」を装うこともせず、脊髄反射で「知らねえ~」と自信満々に言えるのか。日本は「自分に自信がない国」と長らく言われていたが、この新札における反応を見るに、日本人の己への自信、自尊心はすくすくと育っているようである。

これは過去の偉人を知らないことよりもずっと喜ばしいことである。これこそが、令和を生きる新しい日本人の反応と言えよう。ウィキペディアを見て覚えたての偉人豆知識を披露するのは平成の人間のやることであり、知らないより恥ずかしい。

ともかく新札に選ばれたのは、必ずしも「誰もが知っている」という人物ではなかった。だがそれ以上に話題なのが、新札のデザインだ。これが軒並み「ダセえ」と絶不評なのだ。

我々が新札をダサいと感じる理由は主に数字の位置とフォントだ。今までの札は、左中央に「壱万円」大きく漢数字が書かれ、上部の両端に小さく「10000」という英数字が書かれていた。今回、そのポジションが逆になったのだ。

見慣れぬ英数字が大きくなった上、そのフォントがお世辞にも「クール」とは言えないため、多くの人間が、違和感という名のダサさを感じることとなってしまった。

しかし、今や日本には多くの外国人がいるし、観光で訪れてもいる。日本でしか通じぬ漢数字より、外国でも通じる英数字を大きく書くのは、もはや自然の摂理と言えるだろう。デザインとしてはダサくなったかもしれないが、紙幣として「明快になった」のは確かである。

それに何せ金である。どんなにダサい札でも、それに書いてある額の買い物ができちゃうとわかれば、愛着がわくに決まっている。

福沢諭吉が「諭吉」と呼ばれ、女にモテて男に好かれるという「憎いね旦那」としか言いようがない地位を長らく保持していたのも、彼がイケメンだからではない。文字通り彼に「価値」があったからであり、これからは「栄一」が日本国民の彼ピッピになるのだ。

日本のキャッシュレス化を妨げる「フェチ」

だが、紙幣のデザインがダサい以前に、紙幣を持つこと自体ダセえよ、と諸外国に思われている可能性がある。

実際、日本は先進国の中でも、キャッシュレス化の遅れが異常だそうだ。

原因は、日本は治安がよく偽札や盗難の恐れが少ないため、現金を持つことに抵抗がないからと言われている。また、クレジットカードや電子マネーを使えるようにするには専用端末をつける必要がある。そのコストと、店負担のカード決済時手数料を嫌がり、導入しない店舗が多いのもキャッシュレス化遅れの原因だそうだ。

それもあるだろうが、単純に日本人が「紙好き」なのも原因の一つな気がする。外国人からは「何で日本人はあんなに紙フェチなんだ、さすがHENTAIという言葉を生み出した国だけあるぜ」と別の意味で一目置かれている可能性さえある。

前回取り上げた転売ヤー問題も、チケットを電子化すれば、スマホを端末ごと転売する必要が出てくるので、かなり防げるはずなのである。それにも関わらず「紙」という、転売しやす過ぎなツールを使い続けるのは、もはや「紙が好きだから」以外、理由が思い浮かばない。どうせ物理チケットにするなら、100キロの銅板とかにした方が転売対策にはなるだろう。

とはいえ、我々作家も「電子書籍より紙の本が出せることに価値がある」と考えがちだし、読者も「紙で欲しい」と言う人が多い。もしかしたら、これも日本特有の考えかもしれない。

もちろん紙には紙の良さがあり、紙にしかできないこともある。トイレットペーパーを電子化すると言われたら困るだろう。しかし「紙を使うことにデメリットがある」場合は、こだわりを捨ててペーパーレス化する必要がある。

ちなみに、マイナビに提出する請求書も紙である。この様式が面倒くさいと同業者間でも絶不評なので、早く電子化してくれないだろうか。

関連記事
ミラノのデザイン展示会で注目を集めた日本企業の新提案

ミラノのデザイン展示会で注目を集めた日本企業の新提案

空気の可視化に挑戦したダイキン

素材の新たな可能性を見せた住友林業とINAX

話題のパナソニック 透過ディスプレイの展示も

4月9日よりイタリア・ミラノで開催された「ミラノサローネ国際家具見本市」と「ミラノデザインウィーク2019」。そこには、数多くの日本企業が出展していた。

ミラノで開かれたこのデザイン系のイベントは、CESやIFA、CEATECなどテック系の展示会のように、最新技術にフォーカスしたものではない。各社の展示では、コンセプチュアルな提案や、企業としての哲学をインストラクションとして発表するものが多く見られた。

今回は、日本企業による代表的な展示をいくつか紹介したい。

多くの日本の企業が出展していたデザインウィークの「SuperDesign Show 2019」

ダイキンは空気を可視化すると言う試みに挑戦

昨年に続き、4年目の「ミラノデザインウィーク」への出展を行ったダイキン。エアコンをはじめとする空調メーカーとして世界的にも知られ、実は年商2兆円のうち、約8割を海外で売り上げている。

欧州や中国など世界各国で事業を展開しているが、その中でも強いのが開催地であるイタリアだ。「ミラノデザインウィーク 2019」では、現地法人のダイキンイタリアが中心となり、同社の哲学を伝えるためにインスタレーションの展示を行っていた。

ダイキンとnendoがコラボしたインスタレーションには、常に行列ができていた

2019年のダイキンは昨年に引き続き、佐藤オオキ氏を中心とするデザインオフィス「nendo」とコラボレーションした展示を行っていた。今年の展示タイトルは「breeze of light」。テーマは「空気」だ。実際に会場となった「TENOHA MILANO」を訪れ、体験してみた。

真っ暗な廊下を抜けた後、目の前に広がったのは約32m×18mの大空間。そこには偏光板で作った約1万7,000本の花が並んでいる。来場者がその中にある小道を進んで行くと、天井にセットされた115灯の照明の光がゆっくりと動く。すると、それを受けた偏光板の花が作り出す光と影も動き出す。

空間内に入ると静寂の中にふわっとした空気を感じた。それは空気を視覚的に感じていたためだと後でわかった

まるで風が吹いているかのような感覚にとらわれるが実際には吹いていない。偏光板という存在を通して光が空気を感じさせてくれているのだ。会場の奥の方には"もや"をかけており、空間の広がりも感じられるようになっていた。

偏光板で作った1万7,000本の花。花が薄くなったり濃くなったり、影ができたりを繰り返す

ダイキンのインスタレーションで試みられていたのは「空気の可視化」だ。実際に空間の中で風は吹いていない。しかし、光と影がそれを感じさせてくれる。今そこに空気があると自然に認知できるのだ。

ダイキンはエアコンや加湿器、空気清浄機などを取り扱い、温度や湿度を調整して、快適な空気を作り出そうとしている会社だ。今回の展示は、空気を可視化し、デザインしていくというダイキンの哲学を表したものだった。

木材を活かす住友林業、水と人の文化をみせたINAX

住宅メーカーの住友林業と、住宅設備を取り扱うLIXILグループのINAXの展示を紹介したい。両者に共通するのは、それぞれ「木材」と「水」という、事業の根幹となる素材をテーマにした展示を行っていたことだ。

今回がミラノデザインウィークへの初出展だったという住友林業は、(以下で挙げる)木材が持つ7つの効能を紹介していた。

(1) 思考力を持続させる
(2) 緊張を和らげ、集中力を持続
(3) 脳を活性化する水平の木目
(4) ストレスを溜まりにくくする
(5) 時の流れを短く感じさせる
(6) 目に優しい反射光
(7) 記憶の想起

会場には、これらの効果・効能を実際に形にした木製プロダクトとして、卓上パーテーションと天蓋を出展していた。住友林業によると、例えば病院の待合室などにこの天蓋を配置することで、待ち時間を短く感じられるようになり、ストレスを下げる効果が期待できるという。

ウォルナット、オーク、チーク、チェリー、スギ材で制作された天蓋。確かにこれが頭上にあると不思議な優しさを感じる

また、パーテーションは木目の方向にも意味があり、縦向きの場合は集中力が増し、横向きの場合はリラックス効果が得られるといい、設置する空間によって使い分けられるとしていた。ともに、木材が持つ可能性を感じさせてくれる展示だった。

様々なサイズ、形状のパーテーションを用意。仕事場でも使えそうだ

一方、バスルームなどを手掛けるINAXのブースは、「The Rituals of Water」(水の文化)をテーマに、同社の歴史的な記録や製品の数々を紹介するとともに、ショートムービーなど様々なアプローチでINAXの考える水の世界観を提案していた。

明治時代に作られた染め付けの便器。トイレへの美意識の歴史がわかる

さらに会場ではアジア各国に販売を予定しているトイレ、浴槽、洗面器、そして金具やタイルなどで構成された新コレクション「S600LINE」と「S400 LINE」のお披露目も行っていた。「日本の美意識を現代のスタイルで取り入れた」というプロダクトになっており、新しさと懐かしさの両方が感じられるものに仕上がっていた。

新作の「S600LINE」のバスタブ。日本的な美しさを感じられた

このほかにも日本の多彩な水の文化を表す展示として、日本の水景をモチーフに様々な仕上げが施された薄型洗面器などのプロダクトも紹介していた。

日本各地をイメージしたカラフルなセラミック製の薄型洗面器「CERAFINE」

パナソニックは透過OLEDをひっそりと公開

今年のミラノサローネにパナソニックは参加していなかったが、スイスの家具メーカー Vitraのブースで、パナソニックが同社と連携して開発した透明ディスプレイを見ることができた。

電源オフでは背景が透けて見え、電源を入れると映像が映るパナソニックの透明テレビ

パナソニックの透明ディスプレイは、今年の3月に中国・上海で開催された「AWE 2019」でお披露目されていたが、ミラノで展示されていたものはデザインが少し異なり、周囲を木の枠に囲まれた姿で登場。注目度は高く、多くの来場者が足をとめて透明ディスプレイに見入っていた。

日本でよく知られた企業の展示を紹介してきたが、いずれも国内の展示会で見せる顔とは一風変わったものばかり。各社のデザイン理念が体験できるものとなっていた。ここで披露された展示や製品が、国内で「逆輸入」的に注目を浴びることもあるため、今後の展開にも期待したい。

関連記事
LINEがあえて「LINE Pay」専用アプリをリリースした背景

LINEがあえて「LINE Pay」専用アプリをリリースした背景

2019.04.18

LINEが「LINE Pay」のサービスや機能を強化

対応店舗のマップ表示やクーポン機能などが利用可能に

まずはAndroidのみでスタート、iOS版は追ってリリース予定

4月17日、LINEはモバイル決済「LINE Pay」の発表会で、2019年4月後半に実施する「平成最後のキャンペーン」を発表した。注目すべきは、LINE Payの決済に特化した専用アプリのリリースだ。

LINE Payのアンバサダーには女優の今田美桜さんを起用した

これまでLINEは、ほとんどのスマホに入っているLINEアプリを窓口として、さまざまなサービスを提供してきた。なぜこのタイミングで、流れに逆行するような専用アプリを出すに至ったのだろうか。

正味の還元率は20%から15%に低下

LINE Payの国内登録ユーザーは3,200万人。LINE Pay 取締役COOの長福久弘氏は「国内No.1を自負している」と強気を示す。特に注力してきたのが毎月の後半に実施する還元策「Payトク」で、バーコードやQRコードによるコード支払いの利用者は21倍に増加したという。

還元キャンペーン「Payトク」でコード支払いは21倍に

平成最後となる4月後半は「実質最大20%還元」として、4月18日から30日までの期間中に1人あたり最大5,000円を還元する。

気になるのは「実質最大」という表現だ。正味の還元率は15%で、そこに利用量に応じて決まるマイカラー制度やコード支払いのポイント増量を加えて合計20%という建て付けになっている。

3月後半には正味で20%還元だったことに比べれば、4月は還元率を下げたことになる。午前中の発表会では「2万5,000円の支払いで5000円分を還元」としていたが、夕方になって「15%分の還元として最大5,000円分」に訂正。つまり、5,000円分の還元を得るには約3万3,333円の利用が必要になる計算だ。

「平成最後」は実質最大20%還元に(2万5,000円のお支払いという表現は後に訂正された)

還元率15%が破格のオファーであることは間違いないものの、他の事業者が20%還元を継続する中、実質最大という表現でお茶を濁した印象は否めない。高い還元率をいつまでも続けるわけにはいかず、そろそろ息切れが近いのだろうか。「令和最初」は還元率20%の復活を期待したいところだ。

専用アプリでシンプルかつ便利になった「LINE Pay」

還元率がややトーンダウンした一方、LINEが新たに発表したのがLINE Payの決済専用アプリだ。4月後半のPayトク期間中にこのアプリをコード支払いに使うことで、還元上限が2倍の1万円に増加することからも、見逃せない点だ。

LINE Payの決済専用アプリをリリース

なぜ、通常のLINEアプリとは別に、LINE Pay専用のアプリを出す必要があったのだろうか。背景にはLINEアプリの複雑化がありそうだ。

LINEの月間アクティブユーザーは6,600万人に達しており、日本国内のほとんどのスマホにLINEアプリが入っていることは大きな強みだ。だが、1つのアプリに多数の機能やサービスを盛り込んだことで、目当ての機能を見つけにくいとの指摘は増えている。

もともとQRコード決済はかざすだけのFeliCaに比べて手間がかかるのに加え、LINEアプリ自体の複雑さが面倒さを助長していたといえる。そこで登場したのが、LINE Payの決済専用アプリというわけだ。

LINE Payアプリ。コードの読み取り、コードの表示の両方に対応する

アプリを起動すると、画面の上半分にはQRコードを読み取るためのカメラが、下半分には読み取ってもらうためのバーコードとQRコードが表示される。また、30万円までならFace IDやパスワードによる認証なしで支払えるようになった(認証を必須にする設定も可能)。

ほかにもアプリ内には、LINE Pay対応店舗を表示する地図や、すぐにアクセスできるクーポン画面を備えており、ライバルのPayアプリに見劣りしない使い勝手を実現している。かざすだけのFeliCaより手間はかかるものの、決済だけでなく情報提供もできる点はアプリ決済ならではのメリットだ。

LINE Pay対応店舗の地図機能や、クーポン機能を備える

ただし、Android用アプリを即日提供したのに対し、iPhone用アプリは「近日中」との表現にとどまった。アプリ開発をぎりぎりのスケジュールで回している際にはよくある話だが、アップルの審査を待っているなど、不確定要素が多く明言できない印象だった。

質疑応答にこたえる長福久弘COO。iOS版の提供時期は明言できなかった

4月末までのキャンペーンに利用したいiPhoneユーザーからは不満の声が上がっているものの、長期的な視点ではコード支払いの手間が減ることは大きな前進だ。これをきっかけにQR決済の普及に弾みが続くかどうか、注目したい。

関連記事